マツダ CX-30 2019年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > マツダ > CX-30 2019年モデル

CX-30 2019年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:CX-30 2019年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
20S 2021年10月28日 マイナーチェンジ 1人
20S 2021年4月26日 マイナーチェンジ 1人
20S 2019年10月24日 ニューモデル 7人
20S (MT) 2020年12月17日 マイナーチェンジ 1人
20S (MT) 2019年10月24日 ニューモデル 2人
20S 100周年特別記念車 2020年7月1日 特別仕様車 2人
20S 100周年特別記念車 2020 WCOTY TOP3選出記念モデル 4WD (MT) 2020年12月17日 特別仕様車 1人
20S 100周年特別記念車 4WD 2020年7月1日 特別仕様車 1人
20S L Package 2021年10月28日 マイナーチェンジ 1人
20S L Package 2021年4月26日 マイナーチェンジ 1人
20S L Package 2019年10月24日 ニューモデル 15人
20S L Package (MT) 2019年10月24日 ニューモデル 1人
20S L Package 4WD 2020年12月17日 マイナーチェンジ 1人
20S L Package 4WD 2019年10月24日 ニューモデル 2人
20S PROACTIVE 2019年10月24日 ニューモデル 3人
20S PROACTIVE (MT) 2019年10月24日 ニューモデル 1人
20S PROACTIVE 4WD (MT) 2019年10月24日 ニューモデル 1人
20S PROACTIVE Touring Selection 2021年10月28日 マイナーチェンジ 1人
20S PROACTIVE Touring Selection 2021年4月26日 マイナーチェンジ 2人
20S PROACTIVE Touring Selection 2019年10月24日 ニューモデル 35人
20S PROACTIVE Touring Selection (MT) 2021年4月26日 マイナーチェンジ 1人
20S PROACTIVE Touring Selection (MT) 2019年10月24日 ニューモデル 1人
20S PROACTIVE Touring Selection 4WD 2020年12月17日 マイナーチェンジ 1人
20S PROACTIVE Touring Selection 4WD 2019年10月24日 ニューモデル 9人
X L Package 2021年4月26日 マイナーチェンジ 1人
X L Package 2020年1月16日 ニューモデル 2人
X L Package 4WD 2020年1月16日 ニューモデル 1人
X L Package 4WD (MT) 2020年1月16日 ニューモデル 2人
X PROACTIVE 4WD 2020年1月16日 ニューモデル 1人
X PROACTIVE Touring Selection 2021年1月1日 マイナーチェンジ 1人
X PROACTIVE Touring Selection 2020年1月16日 ニューモデル 4人
X PROACTIVE Touring Selection 4WD 2020年1月16日 ニューモデル 2人
X PROACTIVE Touring Selection 4WD (MT) 2020年1月16日 ニューモデル 1人
XD 100周年特別記念車 2020 WCOTY TOP3選出記念モデル 2021年1月1日 特別仕様車 1人
XD 100周年特別記念車 4WD 2020年7月1日 特別仕様車 1人
XD Black Tone Edition 2021年10月28日 特別仕様車 1人
XD Black Tone Edition 4WD 2021年10月28日 特別仕様車 1人
XD L Package 2021年10月28日 マイナーチェンジ 1人
XD L Package 2021年4月26日 マイナーチェンジ 2人
XD L Package 2019年10月24日 ニューモデル 12人
XD L Package 4WD 2021年1月1日 マイナーチェンジ 1人
XD L Package 4WD 2019年10月24日 ニューモデル 9人
XD PROACTIVE 2019年10月24日 ニューモデル 3人
XD PROACTIVE Touring Selection 2021年10月28日 マイナーチェンジ 1人
XD PROACTIVE Touring Selection 2021年1月1日 マイナーチェンジ 1人
XD PROACTIVE Touring Selection 2019年10月24日 ニューモデル 11人
XD PROACTIVE Touring Selection 4WD 2021年10月28日 マイナーチェンジ 2人
XD PROACTIVE Touring Selection 4WD 2021年1月1日 マイナーチェンジ 2人
XD PROACTIVE Touring Selection 4WD 2019年10月24日 ニューモデル 3人
満足度:4.33
(カテゴリ平均:4.28
レビュー投稿数:169人 (試乗:52人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.57 4.33 15位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.62 3.92 13位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 3.93 4.12 50位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.24 4.20 45位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.14 4.04 38位
燃費 燃費の満足度 3.60 3.87 88位
価格 総合的な価格の妥当性 3.97 3.86 36位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

CX-30 2019年モデルのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

ゴーオフロードさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:38人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

洗濯機
0件
1件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア2
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

納車して半年経ちましたので、レビューします。
前車はCX-5、KFのディーゼルプロアクティブ2WDです。
他に所有してるのはヤマハのWR250Rというバイクで、サーキットからオフロード走行までやってますので、足回りには結構うるさいほうだと思います。

CX-5と悩まれているという方に参考になるレビューであると考えています。


【エクステリア】
マツダのスモール商品群で最も好きなデザインです。特にリアのデザインが好みで、CX-5のリアデザインがストンと落ちていたのに対して、くびれのようなフォルムなのがぐっと来ます。
【インテリア】
ここは便宜上使い勝手とデザインに分割させてもらいます。
→【使い勝手、機能性】
正直CX-30に対する評価で最も厳しい部分です。
マツダは骨盤を立てること=歩行時の状態を運転中の人体に適用する、という思想のもとでシートを作り込んでいますが、それは即ちシッティング状態で骨盤を立てる=背筋が伸びる&シートが起きるという事です。
確かにバイクでオフロード走行するときに近い姿勢で、人馬一体という点では素晴らしいシートなのは間違いないですが、肝心のルーフ部分が寝ているCX-30とは些か相性が悪いのです。頭上のスペースが狭い。かといってシート高を下げると、アイポイントが下がり、SUVの利点を殺してしまいます。身長173cmでWRに乗っていて足が付きますので、決して足は短くない方ですがこの有様なので、購入される際はマツダの提唱する乗車姿勢を試した上で、納得することをおすすめします。CX-5もマイナーチェンジでシートが変わっているはずなので、私が苦言を呈した点ではCX-5に分があると思います。
→【デザイン】
かなり良い方です。不満があるとすれば、レザーパッケージだけメッキ加飾が増えますが、ハンドルは交換できないくせしてメッキが無いと寂しいデザインなので、全グレード加飾しろよと思いました。最も目につく部分ですし。ですが、全体的にはCX-5より洗練されていて、上質と感じています。
【エンジン性能】
必要にして十分です。CX-5より車体の剛性が高いのか、加速感は無いですが、しっかりと速度は乗ってきます。他の方も言っている通り、100km/hを超えている状態からの加速はやはり排気量の差か、ターボユニットの数か、CX-5より劣っています。総じて町中に最適化されたエンジンですね。ただ…もう少し過給圧上げても良いのでは?トルクがもう少し欲しいです。大人が大量に乗る機会が多いなら、不満が出るかもしれません。
【乗り心地・足回り】
トーションビームという言葉が先行していますが、このくらいの車重ならこれで良いのでは?まずサーキットに持っていって限界性能を引き出すわけでも、峠を走るような車でもないですし。方式そのものよりも、ブッシュの特性やバネのレートが重要だと思います。

前置きが長くなりましたが、間違いなくコーナリング性能はCX-5よりも良いです。SUVというよりはワゴンに乗っている感覚を覚えます。AWDなのでカーブで制御が入っているからかもしれませんが、ディーゼルでフロントヘビーにも関わらず、とにかく楽しさが違います。高速の出口などでは他の車のコーナリングが遅すぎるように感じるほど、安定しています。
カーブを楽しむか、直線を取るか、まるでミニバイクとビッグバイクのような関係ですね。
乗り込む度に頭上狭えと思いますが、カーブを駆け抜ける度に変えてよかったと思えます。
【燃費】
CX-5は実燃費17前後でしたが、AWDにも関わらず同条件で18前後出ています。2WDなら20近く行くのではないでしょうか?
【価格】
価格はCX-5とそんなに変わらないです。単純な車格という観点からはコスパ悪く感じるかもしれませんが、いざ乗ると、これらは互換の関係だと思っています。CX-5のレビューの時も書いたのですが、そもそもコスパだとか、リセールだとか気にするなら、ハリアーやアルファードに乗るべきだと思います。マツダ車は人馬一体やデザインに惚れ込んだなどのユーザーエクスペリエンスのために買う車なのでは無いかと。
【その他】
・突き上げ感はあまり感じません。ディーゼルでAWDなので、重量に合わせてサスもセッティングを出してる事から、あまり感じないんですかね?
・マツコネは本当に変わりましたね。あのパナが開発したとは思えないレスポンスの良さです。前作がアレすぎたので、要件定義がばっちり的確だったんでしょうね。
・バック連動ミラーは片側しかできないのはなぜ?
・オートハイビームのスイッチが最高です。CX-5でモヤモヤしてた部分が解消されてます。
・メーターパネルはもう少しカスタマイズの幅が欲しいです。燃料計2つはいらないです。かといって無くすとスカスカ。
・なぜか、トランクにいろいろ乗ります。開発陣がIKEAで試行錯誤した結果ですかね。すこし工夫するとあんなものやこんなものが乗ります。
・クルコンはレーンキープアシストが強力になりました。割込車には弱くなりました。
・キャンプ場でオフロードトラクションアシストに助けられました。山奥キャンプ場に行く人にもおすすめです。
(追記)ディーゼルのガラガラ音が消音できてないという人が散見されますが、CX-5も含めて「音楽がない環境では」消音できません。そもそも気密を上げても、ガラガラ音=振動=重低音には無力だからです。なので、マツダはオーディオの質を上げる方向(誤魔化す方向)に舵を切っているのです。
普段オーディオかけてない人でエンジン音に神経質な人はHVか、EVをおすすめします。
【総評】
頭上の狭さ以外は総じて欠点の無い車です。
この事から、私よりも高身長で足が長い人や、大の大人複数乗車が常という人にはCX-5を勧めます。
(公道で普通の速度の中で)カーブを駆ける喜びを味わいたい方や、速いバイクや車に普段乗っているような人(普段サーキットに籠もってるような人も)、またデザインが気に入った方はこちらをおすすめします。
マツダさん、フォレスター位のサイズ感でcx-60を出しませんか?笑

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2022年2月
購入地域
千葉県

新車価格
317万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
20万円

CX-30の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった38人(再レビュー後:38人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

観音デジイチファンさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:35人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
23件
スピーカー
0件
9件
自動車(本体)
1件
5件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格3

納車後1年間ほぼ毎日乗り続け、1万5千q走行したレビューです。

【エクステリア】
美意識というものは人それぞれながら、CX-30は「世界で最も美しいSUV」を目標にデザインされただけあって、エクステリアの造形は本当に素晴らしいと思う。
SUVにしては長めのノーズ、彫りの深いフロントマスク、S字に反射するボディサイドの造形、凹凸が印象的でボリューミーなバックの造形、塊感あふれるボディ全体の印象…数え上げればキリがなく、昨今の国産車の中でもデザインのよさは際立っている。
クルマから降り、駐車したCX-30をいまだに何度も振り返ってしまう。「魂動デザイン」と名づけられただけのことはある。

【インテリア】
ソフトパッドが多用され、質感とデザイン性が高い。メッキ加飾やピアノブラックのパネルが程よく配置され、上品で落ちついた雰囲気を演出している。
コックピットに座ると、マツダが標榜するBMWを彷彿させるようなドライバーオリエンテッドのデザインに包まれる。
オーソドックスな意匠のメーター類や空調関係のスイッチ類は機能的で、昔のカーラジオをオマージュしたような意匠にどこか安心感を覚える。
また、ウインカーの音は、上質で品がある。コツッ…コツッ…と音を聴いているだけで心が落ち着く。ディミニングターンシグナルと名付けられたウインカーは、パッと光った後ジワッと減衰し、心電図・心臓の鼓動を表現するため開発されたとのこと。昨今ハヤリの流れるウインカーよりも上品に感じる。
操作系のこだわりは、ウインカーだけでなく、空調類のスイッチを押したときのクリック感にも宿り、運転の愉しさ、操作する歓びをとことん追求した開発陣に敬意を表したい。

【エンジン性能】
世界で初めての技術が投入されたスカイアクティブX。評論家筋には、金額に見合うような高性能ではないと手厳しい。
しかし「世界初」「高価」という先入観を排除すれば、素直に良質なエンジンだと思う。ガソリンとディーゼルのいいとこ取りのエンジンだけあって、軽快に回るし、トルクも十分感じられる。
190PSは、ボディサイズを考えれば必要以上。PWRで換算しても7.8。最大トルクの24.5の数値などを見るにつけ、コンパクトSUVのパワーユニットではないと思う。

【走行性能】
街乗りよりも郊外、さらに高速道路などで走行性能を発揮する印象をもつ。
年金をもらうような年齢になったこともあり、あまりアクセルは踏み込まないが、それでも高速道路で側道から侵入するクルマを避けるため、素早くレーンチェンジし、右脚に力を入れると、スカイアクティブXは即座に反応し、あっという間に想定速度に達する。
また、街乗りではあまりスカイアクティブXの能力を発揮できないものの、ちょっとしたカーブで思い描くようなコーナリングができるのは、快感だ。ハンドルを曲げた分、曲がるというのは本来当然のことだが、CX-30のオン・ザ・レール感覚、トレース感といったものを体験してしまうと、他のクルマのコーナリングが、どこかダルく感じられる。
いろいろな意味でバランスよい走りが楽しめ、運転好きの人にはオススメできる。

【乗り心地】
ドイツ車志向のマツダは、全体的に足回りが固いと聞く。CX-30も例外ではなく、55%の扁平タイヤの影響もありCX-30の乗り心地は、固めにセッティングされているようだ。実際にコツ、コツと段差を拾ってしまう。大きな段差を乗り越える直前には、不快な突き上げを予想してつい身構える。
ただ、納車直後のことを考えれば、3〜4千qを超えたあたりから馴染んできたのか、多少マイルドになってきており、タイアの空気圧を少し下げるだけで乗り心地を優しくもできる。
乗り心地とは、走行安定性とのバランスの問題であり、最後はドライバーの好みという他はない。

【居住性】
CX-30は、主に毎日の通勤と仕事回りで使っている。休日には、ときどき妻を助手席に乗せてドライブをする程度なので、やや狭いと言われている後部座席やラゲッジのスペースに不満はない。ゴルフバックを横置きできないのには驚いたが、ゴルフはやらなくなったので問題にはならない。後部座席などは、ちょっとした荷物を気軽に放り込めるため便利なスペースだ。最大2人しか乗らないライフスタイルを考えれば、モノが案外たくさん積める機能的なツーシーターと捉えることができる。
運転席や助手席に着座すると窓が小さく、開放感には欠ける印象。しかし、コックピットたるもの、私のような運転好きにとってタイトな感じは案外心地よく、このあたりは好みの問題だと思う。

【燃費】
どんなエンジンでも燃費を特定することは難しい。他の人に訊かれたとき、細かく説明するのが面倒なので、13q前後と答えている。
スカイアクティブXは、条件によって振れ幅が大きい印象。13qを基本とし、エアコン使用(ー1〜2)、気温の変化(±1.5)、信号の多さ(±2)の加減で大体収まるような気がする。
ちなみに私は、エコ運転をする方なので、荒い運転をする人は、さらに(ー1〜2)換算する必要があると思う。
なお、スカイアクティブXは高速道路の巡航が得意で、22qあたりまで伸びるのは嬉しい。
ただ、このエンジンは高価なハイオク推奨なのが玉にキズ。燃費にこだわる人には、あまりオススメできないが、個人的には金額的なことは二の次で、様々な条件で変化する燃費性能に興味が沸く。

【価格】
スカイアクティブXは、ガソリン車に比べれば70万円ほど高い。エンジン性能の項目でも書いたように、金額に見合ったエンジン性能を期待するとガッカリするかも知れない。
私はCX-30を選ぶ際、サンルーフ付きを条件にしていたため、結果的にスカイアクティブXを購入することになった。高価なシグネチャースタイルのオプションは、さすがに見送ったが、それ以外のオプションはほとんどつけ、トータルで417万円。
コンパクトSUVにしては、かなり高額になったものの、私にとって恐らく人生最後のクルマ。降りてからも振り返るほど美しく、運転していて楽しいCX-30には大満足で、高価でも後悔はしていない。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年8月
購入地域
愛知県

新車価格
347万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

CX-30の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった27

このレビューは参考になりましたか?参考になった

価格初心者9999さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
16件
シェーバー
0件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格5
 

 

【エクステリア】
悪くない。一目惚れ。
賛否両論あるけどそれは、個性
自分は好き。カッコ良き!

【インテリア】
運転席周りはシンプルで且つまとまっていて、非常に使いやすい。前席に関しては、ハードプラが少なく非常に質感高い!後席は子供乗ったり等考えるとハードプラ多めの方がメンテが楽なのかな!?
ドアの重厚感はフロントに比べるとリアは軽く感じてしまうが、ほんとに音楽を爆音でかけてもほとんど漏れないくらい密閉というのかな?が高い
音にこだわり持ちすぎてなければ純正で感動出来るくらい良い音出る。
イコライザの設定でパーフェクトとかイヤガズムエクスプロージョンで検索したのを真似して設定してみてください。バケます。
低音足りなければ、サブウーファー足してみてください。

【エンジン性能】
ディーゼルですよ。外ではディーゼル中入れば相当吸音されてるのか、静か。
走りはトルクあるので軽快です。信号坂道でも車体の重さ感じない。

【走行性能】
最初なので足固めですけど、トーションにしては落ち着いていると思います。前車デミオから比べるとすごい違いにビビってる
車重の分ブレーキの効きが悪く感じてしまうのが怖いかな。

【乗り心地】
シートポジションの自由度が高いし、シートの座面も長く、ホールドも良いので運転し易い。
何より静か。

【燃費】
ディーゼル約400kmすす焼き2回ですが19.0なので北関東としては燃費良いかな

【価格】
コスパは最高レベルだと思います。最近買った人だとそれなりに値引きも出ていると思うので、330万前後でしょうか。それなりにオプション盛っても350くらいでしょう。軽に200万の時代ですからね。

【総評】
個人的には憧れだった車を買えて非常に満足しております。
タイミング合わないと、高い買い物ですし買えないですからね。賛否両論あるでしょうけど、好きな車買うことが精神衛生上も満足度も高いし良いでしょう!

頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2022年2月
購入地域
群馬県

新車価格
300万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
0円

CX-30の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

シングライクトークさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:29人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格4
   

   

納車後約4ヶ月、4000km走りました。
満足度は★4つなので、私自身は満足度は高いのですが、不満点や、こういうユーザーには向かない、というようなことを書いた方が参考になると思い、マイナスポイントを中心にレビューします。

後部座席は狭いです。小学生の子供なら良いですが、大人の普段乗りは想定しない方がいいです。

運転時のアイポイントの高さは、一般的なSUVのそれではありません。
私は前車が2.4LのSUVだったので、とても低く感じました。視界も狭いです。
因みに後方視界も狭いです。

ゴルフに行く人には向きません。
荷室にキャディバッグがきついです。

車高を抑えてあるので、開口部が低く乗り込みにくい。

オートブレーキホールドが、エンジンOFFの度にリセットされる。

そんなところでしょうか。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2022年3月
購入地域
岐阜県

新車価格
293万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

CX-30の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった29

このレビューは参考になりましたか?参考になった

脱サラサラリーマンさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:53人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
108件
PCスピーカー
0件
4件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費2
価格4

【エクステリア】
欧州車に負けないハイレベルデザイン。
大人っぽさ、落ち着き、優雅、力強さ、タフといったイメージ。最初に言ってしまうとこの車の肝は全てここに集約されている。自宅、出先で駐車してある自分の車を眺める満足感がこの車の最大の魅了。
【インテリア】
内装も外装のイメージを裏切らずハイレベル。ただ気になる点も。窓が小さく前方後方とも視界が悪く、オシャレなダッシュボードが座席に向かって厚み高さがあり、圧迫感の要素の一つとなっている。
【エンジン性能】
2.0CGエンジン街乗りでは十分。低速程よいレスポンス、45キロオーバーから70キロまでの中速での加速が一番気持ちが良い。120キロの高速も問題ない。スポーツモードは高回転をキープし明確な違い。エンジン音のブォーと吹き上がり素晴らしく心地い。

【走行性能】
全体の走行性能は走るとまる、曲がる全てにおいて合格圏。細かい点は以下の通り。
ハンドリング操作は常に滑らか。ワインディングはジーベクタリーの効きがあるが、その挙動は好き嫌いが分かれるとおもう。かかるべきGがかからないのは良いことでもあり悪いことでもあるのだ。
高速
高速で直進巡航にやや不満あり。ハンドルが柔らかさ高速ではフワフワした違和感。エンジンブレーキがきかないので高速でアクセルを離してもどこまでも滑るようにすすんでしまう恐怖心あり。
ブレーキタッチは細かい操作可能な玄人向けで自分には◎。一方踏み込みが甘いとブレーキホールドを効かせらてなく焦る場面も。
追従機能について
渋滞や、高速時、披露が溜まったときに右足を、休ませるのに活用している。非常に便利。


【乗り心地】
ハンドル操作はマイルドな(ゆったりと滑らかさ)を感じる。
下からの突き上げはやや硬め。安い硬めのベットのスブリングを思い出させるような反発感。この車の最大の弱点と言える。サスペンションのマルチリンク問題はよほど車に肥えた人でなければ問題ないといいたかったが、…段差の入力は確かにコツコツと、入る。すこし荒れた路面で、車体全体のバタつきが目立つ。Gベクタリングは個人的には微妙。傾きが和らいでいるのは実感できるが、一方自分が思っているG(重力)がかからない車の挙動とには違和感。素直にGが働いたほうが、運転はしやすく、心地よい可能性あり。

後部座席
目立ちにくいがアームレストはただついているだけでなく大きめなので実用的で快適。

【燃費】
リッター10キロ割る、車体サイズからみて普通。
【価格】
外車に比べこの値段帯300万から400万円で装備充実、外装も満足でコスパ高い。同じ質感、装備を外車で求めると500万超えは確実。
ただしエンジンを一番ハイグレードスカイアクティブXにすると、値段跳ね上がる。

【総評】内外装はハイレベル、乗り心地に課題も

良い点悪い点のまとめ

良い点

1ドアを閉める音、外側からドスゥと重厚、内側はバフッと気密性○

2コンパクトとはいえ、SUVらしい高い剛性感

3アームレスト広く心地よい、質感も○

4ウインカー素敵、曲がるたびに、ほら見てご覧と通行人にさり気なくアピール可(笑)

5装備充実(安全装置、追従、座席電動など装備の充実)ただ運転するだけじゃなく楽しい

6トランク電動で開閉が楽

7安全装置が賢い(バッグカメラ、360℃カメラ見やすくて◎、狭い路地など接近、走行中にカメラに自動切り替え○、サイドミラー接近ランプ○)

7ダミーじゃない二本の本物マフラーがスポーティでかっこ良い

8遮音性
防音室のように外の音はかなり遮断、特別な空間を演出

9ディープブルー色は黒や青に光加減によって色合いが変化

10ブレーキは強弱をコントロールできて良い

11つけててよかったオプション
ウエルカムライト、これ秀逸

12CDは録音可能、今時だがお気に入り音楽収録できて地味に嬉しい

13ドアロック、手かざしセンサーで自動解除・ロック便利

14エアコン花粉フィルター付き

15洗車、黒樹脂部分は拭けばいいから楽

16エンジン音がうるさ過ぎず、上品かつスポーティで心地良い

悪い点
1窓の位置、フロント高い。窓の位置が高く全体的に圧迫感がある。窓の位置に合わせてフロントのダッシュボードのいちも高く、座席をやや高めにしないと、視界に影響。後方の視界よりもむしろ前方視界が気になる。他車と比べ前方窓の狭さは気にすべきことだともう(例えばスバルのXVと比べるとその差は歴然)。
また窓の位置が高いから運転席の窓側に肘をかけられない(手すりよりも上に肘を起きたいときに置き場所がない)

2ヘッドアップディスプレイをオフにするのが手間取る、運転席周りのスイッチでオンオフできないのは不便。またエンジンかけ直すとリセットされてしまう。(表示オンがデフォルト)。結局ヘッドアップディスプレイはスピードメータ、ナビが二重表示で運転視界の邪魔なだけ。目新しさになれると邪魔の一言。目が疲れ運転の披露の原因にも。自分はHUDを遮断してからようやくこの車(エンジン、乗り心地など)と真の対話が始まった。

3ダッシュボードが異様に熱くなる。冷房いれてもダッシュボードの温度は下がらない。真夏は恐ろしいことに?

4段差、荒れた路面の突き上げが強い。例えば、継ぎ目が多い首都高を走ると一目瞭然。弱点が露呈。街なかでも段差などで大げさにバタつきあり、トーションビームの課題。


5エンジンかけ直した時に設定がリセットされるものがある

6座席と中央パネルの間に隙間があり物を落とすと拾うのが困難(ここは隙間埋めクッションで必須)

7ヘッドアップディスプレイがオフの状態でも日光角度でフロントガラスに反射が継続発生

8マツコネタッチパネルじゃない
数字の入力ダイヤル式。

9ハンドルについているボリュームや音楽ソースのボタンがアップ、ダウンと真ん中の押し間違いがしやすい。(真ん中ボタンとの節度感が悪い。)

10Boseサウンドは音質はよくありません

11自分が運転中に美しい外装見ることができない(これは褒めてます)

使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2022年2月
購入地域
東京都

新車価格
239万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

CX-30の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった35人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

こたまるやきさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:86人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
0件
液晶テレビ・有機ELテレビ
1件
0件
掃除機
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費3
価格5

見た目もよく、性能も最新で一目惚れでした。トヨタとかホンダとかはオプションになりますがマツダは安全設備とかコミコミの値段だし、全車標準装備だからコスパ良いですよね。

ここからは、2年半乗ってみての感想です。
デザインはいつ見ても飽きずにかっこよく、内装も良いです。ウィンカーも好きですし、ドアの開閉の部分もほかの車にはあまりない珍しいシステムですよね。ただ、改善してほしい点は、ホールド機能のスイッチを毎回押さないといけないこと、ナビがタッチ操作でないこと、たまにエンジンが引っかかるような感じがすること(初期のエンジンなのもあるかもですが)、ですかね。値段的にみてもあとは申し分ないとは思います。
いずれにせよ、買って後悔はしておらず(ディーゼルにさたらよかったとは思いますが)とても気に入ってる車です。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年11月
購入地域
三重県

新車価格
273万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

CX-30の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった47人(再レビュー後:21人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

yutak0801さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:134人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
109件
スピーカー
0件
6件
ミニコンポ・セットコンポ
1件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

購入後2年半、約26000km走行後の再レビューです。(2.0TS,FF,AT)

購入時、同じ2リットルで馬力や燃費が上のラブフォーが気になりましたが、サイズ感含めライフスタイルや好みでこの車を選び、その後もたくさんのSUVが登場していますが今買うとしても間違いなくこれ一択です。当初のレビューに書いた感性をくすぐる車との感想は全く変わりません。

下記の項目ごとの感想も変わりませんが、燃費の評価のみ、電動化を含む低燃費傾向の進展も踏まえ、5→4とさせていただきます。ただし、一部に20Sの燃費を酷評する書き込みもありますが、どんな乗り方なのかホントに測ってるのかわかりませんが、書かれた数字含め全く共感できません。

【エクステリア】
ちょっと恥ずかしいけど、このクルマ買ってから服装や部屋のインテリアまで、好みのものを選ぼうとする意識が強くなり、なんていうか、自分のセンスのちょい上にあって、ライフスタイルをちょっとだけ引き上げてくれるような気がしています。

こだわりのデザインで個性的だけど主張しすぎず、なんとかついていけそうで、そういう意味でもちょうどいいです。

【インテリア】
たまたまかもだけど、このクルマに乗るようになって、他のクルマでも、後ろに座った人からけっこう広いねとよく言われます。以前よりシート前寄りで背もたれ立ててるからと思うけど、運転しやすい姿勢をとることは同乗者の居心地の良さにもつながることに改めて気づきました。後席の人からはオーディオの音が良いこともよくほめてもらえるなど、前後席問わず気持ちよく乗れるクルマです。

ただ、目線が少しだけ高いこともあり、もうちょっとグラスエリアの下端が低いと開放感が高まるのに惜しいなと思うところもあります。インテリアはいうまでもなく素晴らしいですが、パーキングなんかで窓を開けて行う操作がしにくいこととか、グラスエリアの取り方は、魂動デザインの今後の進化が期待されるところです。

気になるついでに、外気導入の状態でウォッシャーを使うと液の臭いが勢いよく車内に入ってきます。気になる人は外気導入オフで使いましょう。

【エンジン性能】
数値的にも体感的にも驚くような力強さはないけどよく調教されていて、発信もスムーズで、アクセルに応じて意のままに必要な力を引き出すことができます。雑誌や口コミでよく力不足と言われるし、自分も買う前はラブ4のエンジンのスペックにとどかないことが気になったけど、おそらく大多数の人にとってはこれで十分です。

スカイXにも試乗しましたが、まちなかや短時間の高速では正直なところ大きなパワーやトルクの差は感じられず、現時点では、むしろ、より回転の雑味や異音が少ないなど、熟成されたスカイGの良さを再認識しています。

【走行性能】
前車BMアクセラ1.5の軽快な走りが気に入っていたのでスカイGにしましたが、全くひけをとりません。直線はさらにどっしりと、ワインディングのコーナーなんかは軽快かつより安定して曲がることができ、乗るほどに、走りの楽しさを実感しています。

【乗り心地・静粛性】
乗り心地の良さや静粛性は当初から家族にも好評です。自分はもう慣れてしまいましたが、けっこう飛ばしてコーナー曲がっても怖がられなくなったこと、後席でいつもゲームをする子供が酔わなくなったこと、長時間のドライブの後でも家族が疲れを見せなくなったことから、やっぱり乗り心地はいいんだと思います。

走行の安定性や乗り心地の良さは、おそらくGVCプラスの効果が大きく、地味だけど、一番のお気に入りポイントです。

【燃費性能】
高速で90〜100km程度で巡航すると1リットル17〜17.5キロ、70キロ制限の自動車専用道を流れに乗って走ると18〜19ぐらいいきます。

近場の買い物なんかでは踏みすぎると一気に悪化しますが、うまくトルクに乗せて走れば前車アクセラと大差ありません。燃費はラブ4とのスペック差もありあまり期待してなかったけど、ガソリン2LNAの18インチSUVとしては、相当よいと思います。

【価格】
前回レビューにも書きましたが、間違いなく価格以上です。

【総評】
おそらくマツダは、パワーや燃費、空間の広さといったわかりやすいスペック以上に、クルマ自体の存在感や運転のしやすさ、楽しさといった、乗る人の感性を重視していて、マツダ3やcx-30からは、そういう考えをこれまで以上に突き詰めようとする思いが伝わってくるような気がします。

個人的には共感できるし、内装を選べること含めより自分の感性にあうcx-30を選びましたが、客観的なスペックに頼らないマツダの考え方は、もう少し分かりやすく発信しないと単に好き嫌いの話となり、デザインの押し付けだとか、意に反してメーカーの傲慢と受け止められてしまう危うさも秘めていると思います。

とはいえ、万人受けを宿命付けられる大手他社と同じやり方に未来はないし、マツダはマツダの道を突き進んでいってほしいと思います。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
エコ
価格
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年11月
購入地域
奈良県

新車価格
273万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

CX-30の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった126人(再レビュー後:33人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

帝国麺軍さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:61人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費5
価格5

100周年WCOTYのAWD・MT
一年が経ち、2万キロを走りました!

今年もメートル越える雪が積もった、当方の住まいですが、オフロードトラクションアシストは使わない
スタックすること全く無かった!
緩やかなカーブを雪道で攻めたら振られましたが、それも立て直し早くて安心安心。

来年こそは、オフロードトラクションアシスト使いたいような…たくないような…


あと燃費もスノータイヤ17インチの時もリッター15キロで安定してて、夏タイヤに変えた今はリッター17キロくらい意図せず行くので、軽油であった前車からの絶対的なアドバンテージはないものの、全然満足してきました!

ただやっぱトルクの無さは全車と強く比較してしまうなー。


あと、車中泊よくするのですが、
後ろのシート倒して工夫してフラットにしたとしても、178センチが寝るにはかなり辛い笑
寝れなくもないけど。
知ってて買ってるんだけど。

アームレストのところに脚を伸ばす形でなんとか最近は落ち着いてます。




以下は前回のものです。

エクステリア
お尻が大好きです。テールランプの光り方とか、艶めかしい。
すれ違いの他カラー見ると、良い色やなぁと見とれてしまいます。が、きっと自分が他の色選んでいたら、逆にウルレッドが良かったなぁ。って絶対言っているはず。まぁ、赤レザーが良かったので、その時点でボディカラーは白か赤かの二択だったので後悔しようもないけども。


インテリア
ドア持ち手のポケット無いところ以外は120点。赤レザーに赤のフロアカーペット、白の差し色に、ところどことメッキの加飾。CX-30は少し大きめだけど、一応コンパクトSUVの部類かなと認識しておりますが、その中では群を抜いてるでしょこれ。
もちろんこの価格帯なら…という条件はある程度ついての上ですけど。
UXとか純粋に同じ部類の車から比べたらこれは秀逸じゃないかなと。
ドアポケットの点と、センターコンソールとシートの間にモノを落とすと拾うのが難儀な点はマイナスかな。
大き目なセンターコンソールですが、ボタン類のシンメトリーな感じが、MTシフトレバーの常に真ん中に・直上を向いている感じと相まっていい感じ
自動開錠がエンジン切った時だけじゃなくて、ニュートラルで手動で電パ入れたときにも設定できないかな。しなっと毎回手動で開錠させるのがストレスたまる。


エンジン性能
満足はないけど、、大きな大きな不満はないかな特に。
CX-5の2.2XDが当たり前になっていた人間からするとです。
なんだろ、個人的な感想の前置きですけど、
CX-5の低トルクからメーターに書いてある速度内まで絶え間ない爆発的な加速も無ければ、
ほれ込んだロードスターの軽さとか高回転をキープさせながら非力エンジンを使う感覚が、
同じことをCX-30ですると非力とも言い難く、それなりのスピードがでてしまって…
なので、不満無く自然に使える、というのがこのエンジンの武器なのかなー。
嫁がRCオデッセイ乗ってるけど、そことの比較では車重の兼ね合いですごく良い
2.2XDから比較すると分が悪すぎるだけかな


走行性能
エンジン性能で述べたことと同じ。
カーブでのロール感はCX-5<CX-30<<RCオデッセイ
これも車高とかに起因するしなぁ。


乗り心地
よく言われる段差の突き上げ感は確かに。ここでもごめんなさい。比較対象はマルチリンクのCX-5になってしまうわけですが、CX-5では気にもしてなかった道路上の段差を、CX-30では確実に拾うようにはなったかな。
一回一回拾じっていなしてる感じ。RCオデッセイもアブソで乗り心地が散々言われている車種だけども、RCオデッセイの場合は同様の段差は、確実に拾うし、且つ、いなさない感じ笑
あ、でもシートは良い!
残念ながら多分まだ自分のベスポジを見いだせていないけれど、サポート感とか良い。


燃費
AWD・MTで大体15q〜17q/ℓ
この燃費の幅は、モロにMTで低ギア入れてるときと普通に運転してるときの気分の差
AWDだし良いほうだとは思う。
前車は2WDだったのもあって17.5q/ℓが軽油で、燃費モンスターだったけど、
MT楽しみながらAWDでこれだけならまぁ満足かな。
絶対評価をするなら星三つで。


価格
値引き前で370万切るくらい。オプション込々で。
そっから値引きと爆発的な下取りで…。
そもそもAWD・6MTにこだわってこの車にたどり着いているし、
この車より安くて同条件を満たす新車なかったし、
あとは、グレート間でのコスパの問題だけだったので、大満足。

レビュー対象車
新車
購入時期
2021年2月
購入地域
石川県

新車価格
338万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
5万円

CX-30の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった26人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

matuba_soichiroさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格3
 

 

CX-30 X Smart Edition 2WD を試乗(高速含む)後購入
【購入意図】
コンパクトSUVのはしりであるDUALISに19万km乗った。車検が近い。
SUVの高い目線と趣味のロードバイク(自転車)がスッポリ乗ること。
妻がハイブリッドにこだわったこと。
【比較車】
SUVではないがFREED。後部座席が広くウオークスルーできるが、それ以外はCX-30とレベルが違いすぎで、即CX-30に決定。
【購入動機】
前記に加えて外観のカッコよさ。走りの滑らかさ。コーナリングの良さ。
【欠点】
・バックで駐車する際に斜め後ろが見にくい。バックビューモニタと警告音でなんとかなるか。
DUALISは警告音が無く、何度もぶつけた。お金ムダにした・・・

・外観で下部の黒い樹脂の幅がありすぎとの意見ありますね。
スタイリィッシュに見せるためにしょうがないですが、オプションでサイドロアガーニッシュを設定すれば解決できる。見かけ薄く見えるし高級感も更に増すはず。添付にCGで再現してみました。
いかがでしょうか。


乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
その他
レビュー対象車
新車

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

cxcxさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:25人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格5

初期型KF 25S Lパッケージからの乗り換えです。CX-5との比較で違うところレビューします。

【乗り心地】
乗り心地の性格はCX-5と基本的に同じと思いますが、車高が低いからか頭が揺さぶられるような動きは少ないです。
またCX-30の方がどっしりと安定しているが、一方カーブではスルッと曲がる。タイヤが頑張る感が無い。

【加速】
多分設定でしょうが、同じように踏むと、CX-30の方が発進加速は良い印象。
80Kmくらいからの加速はCX-5の方が余裕を感じる。

【静粛性】
明らかにCX-30の方が静かです。
ちなみにチョイ乗りですが、新型のCX-5はもっと静かで乗り心地も良かった。

【AT】
CX-30の方が滑らか。
私のCX-5固有かもしれませんが、1速→2速が滑らかではなく、ショックが気になっていました。

【LAS】
CX-5はLAS、CX-30はLASとCTSでどうやって使い分けているか判らなかったのですが、CX-5は60Kmを超えるとLASが強制的に有効になり、確かに運転中に邪魔と感じることもあった一方、CX-30のLASはレーンキープの性格をひそめてその役割をCTSに譲ったようです。

分かりにくいと思いますが、CX-30では60Kmを越えてもハンドル制御は積極的に行いません。
MRCC+LASでも同じで速度制御のみ。MRCC+CTSでCX-5のLASっぽい動きになります。

MRCCは、全般に初期型KF CX-5より滑らかと思います。

【オーディオ】
購入したのは標準オーディオですが、明らかにCX-5より音が良いです。

【燃費】
CX-5 +3〜5Km/L という感じです。

【ブレーキホールド】
CX-5は軽くブレーキを踏むことで、アイドリングストップはさせずにブレーキホールドできたのですが、CX-30はこれが難しい。一方エンジンが止まっても復帰時の衝撃が少ないので、アイドリングストップしてもいいかなとも思います。

今一つだなと思うところは、

・フロントウインドウの真ん中あたりの視界が悪い。→ 車高が低いので仕方ないですが。
・荷室狭い → これもしょうがないですけど。
後席のシートを倒す機会も多くなるので、荷室から倒せるレバーは付けて欲しかったです。
・センターメーターパネルの表示設定が貧弱 → ナビは出さなくてもいいですが、情報の組み合わせに柔軟性がほしい
・ディーラーオプションが貧弱 → 室内照明暗いとか、オプション充実させれば解決すると思うのですが。
・ワイパーが上がらない(操作が必要)

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2022年3月
購入地域
東京都

新車価格
273万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
5万円

CX-30の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった18人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ふくちゃんろくまるさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:35人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費3
価格4

納車前は試乗というくくりだそうです。知りませんでした。再度アップします。
cx30ガソリン車、20S、マニュアル、白を2月に注文しました。ゴールデンウィーク前に納車予定らしいです。
2年前の試乗より、明らかに足回りが向上していました。以前はcx5の方が良かったですが、乗り味は甲乙つけがたいです。
マツダ車でマニュアルを選ぼうとすると、ディーゼルが中心になります。
ガソリンは、マツダ2かマツダ3、cx30になります。2000cc車となると、cx30のみ。
cx5よりも車重が軽い分、4WDよりも2WDは車重が軽い分、軽快ですね。
同じエンジンを積む車なら、車重が軽い方が乗り回しは良いでしょう。
私は高齢者なので、完全上とボケ予防の為、マニュアル選択しました。昔に帰ります。
おそらく、今回が人生最後の車です。

良いところ
20Sエントリーモデルでも、質感高いです。
上位モデルと見た目は余り変わりません。
アルミホイールの色、シートがパワーシートでない、リアゲートが手動。分かりやすい違いは、こんなところです。
前席シートは、日本のメーカーの中で、おそらく一番良い。腰への負担が少ない。
一人乗りなので、後席は気にしません。
悪いところ
ガソリン車の燃費、もう長距離乗らないので、これは我慢です。
ステアリングヒーターやシートヒーターが、エントリーモデルにはOP設定がない。後席のリクライニングがない。この辺ですね。

家族みんなが乗るなら、cx5いいですよ。特に新型は。静かで、安心感あります。
一人なら、距離を乗らないなら、ガソリンのcx30をお勧めします。品の良い、美しいスタイルに、萌えってなりますから。
皆さま、よろしくお願いします。

レビュー対象車
試乗

参考になった35人(再レビュー後:28人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

機械式マンさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:23人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

腕時計
1件
18件
自動車(本体)
1件
10件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費1
価格3

2022年3月納車のブラックトーンエディション2WDガソリンです。前車プリウスαから乗り換えの評価させていただきます。

ディーラー営業からは強くCX5を勧められたが仕事で使う関係から都内乗りまわし多用のためな小柄が希望でした。

内装は本当に素晴らしいにつきます。外装はどの車種も似ているので...。

唯一酷評させていただくなら、セカンドは相当狭いです「大人は座るのに相当厳しい」
また昨今の燃料高騰により燃料費を考えるなら候補してはいけません。ちなみに都内・下道オンリーで実燃費10.3ℓです「相当エコ運転心掛け」

その他は本当によく出来た車だと思います。MPVも乗ったが、その頃より100倍良くなったと思います。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
レビュー対象車
新車

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぐっさん0531さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:210人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能2
乗り心地4
燃費無評価
価格3

【エクステリア】
本体下部のプラ部分の比率は好きではありません。ただし、外観はあまり重視しないので。

【インテリア】
前席はいい。上手くまとまってます。
出来れば後席も同じようにまとめて欲しかった。

【エンジン性能】
SkyACTIVE Gに乗りました。
音もパワーも、普通によかですね!
ココは文句ありません。

【走行性能】
アクセルは全く問題なし。むしろ、いい!!
問題はブレーキ。この車の前に試乗したCX-5(ディーゼル)と同じ感覚で踏んでも全然効かない。私の感覚とのズレが大きいだけかも知れませんが、コレは個人的にアカンやつ。

【乗り心地】
一緒に乗った長男曰く『全然いい!』。
広すぎず、狭すぎず、いいバランスです。

【燃費】
試乗のため未評価。

【価格】
ブレーキ以外は価格相応かと。

【総評】
ブレーキだけが非常に残念。
あくまで私個人の感覚ですが、このブレーキが改善されない限りは候補に入れられない。
まぁ、別の理由で今回マツダさんは見送りなのですが、ちょうどよいパッケージングなだけに、ブレーキだけは是非改善して欲しいです!

レビュー対象車
試乗

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

レオン親父さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:129人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費1
価格4

【エクステリア】
CX-30の前では、名ばかりのクーペSUVは尻尾を巻いて逃げるかな?
ノーマルで何も付け足さないエクステリアが全方位で格好良いです。
【インテリア】
上質な素材や高価なパーツを使わずとも、上手く上質感を表現されてます。
満足度を得られると思います。
標準のオーディオは、ボリューム
を上げてもビビり音は皆無で
イコライザーでカスタマイズ出来るし、流すソースに合わせて良い
音楽が楽しめます。
【エンジン性能】
2000ガソリン仕様ですが、アクセルをキックダウンスイッチ迄踏み込むと、軽く背中をシートに持って行かれます。登坂道でもストレス無く乾きめのエンジン音と共に
登ってくれます。
【走行性能】
前車がCX-5でしたので、ロールが
格段に少なくなりました。
吸い付くように走ってくれます。


【乗り心地】
トーションビーム式のサスペンションは揶揄される方も居ますが
目隠しされて乗ったら、マルチリンク式と区別がつかないと思います
粗目や荒れた道は、ロードノイズ
や段差のショックを感じますが、
全体的には滑らかに走ってくれます。

【燃費】
此処は、残念です。
街乗り主体で1桁です。
MAZDAは、ハイブリッドやEVと
いった飛び道具的なエンジンが
無いし我慢ガマンですね
【価格】
庶民には、車は高くなりました。
知らんけど笑。
【総評】
MAZDAのベンチマークは
BMWとAudiらしいです。
エクステリアやインテリアは
良い感じになってきたと思います
但し、コックピットのデジタル化とインフォメントシステムは
1歩も2歩も遅れてる感があります
頑張れMAZDA。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年12月
購入地域
京都府

新車価格
279万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
20万円

CX-30の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あばれうまさん

  • レビュー投稿数:269件
  • 累計支持数:673人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ニンテンドーDS ソフト
13件
0件
Wii ソフト
11件
0件
Nintendo Switch ソフト
10件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格3

【エクステリア】
外観はとにかく洗練されていて至高。CX-5のようなやんちゃさがなくて研ぎ澄まされている。
【インテリア】
ドリンクホルダーがちょっと遠かったり、スマホの置き場所に困ったり、いくつかやや使い勝手の悪いところがあるが概ね良好。
【エンジン性能】
ディーゼルの4WDなので抜群。
【走行性能】
なめらかな走り心地とアダプティブクルーズコントロールシステムやレーンアシストシステムなどに助けられて運転がとても楽。
【乗り心地】
前がMAZDA2だったので格段の違い。
【燃費】
リッター15〜18くらいかな。
【価格】
いい値段するなあと思います。
【総評】
レーダーや超音波によるアシスト機能が北海道の冬の荒天に耐えられないのがちょっとつらいけど、サイズ感や美しいフォルムなど素晴らしい車です。燃費も悪くないし、安全性能も第三者評価が非常に高く、大変気に入っています。

レビュー対象車
新車
購入時期
2022年2月
購入地域
北海道

新車価格
324万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

CX-30の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

CX-30 2019年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

CX-30 2019年モデル
マツダ

CX-30 2019年モデル

新車価格:239〜391万円

中古車価格:172〜348万円

CX-30 2019年モデルをお気に入り製品に追加する <443

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

CX-30の中古車 (573物件)

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意
CX-30の中古車 (573物件)