Core i7 9700F BOX レビュー・評価

2019年 6月 7日 発売

Core i7 9700F BOX

  • 8コア8スレッドで動作する、ソケットLGA1151対応のデスクトップ向けCPU。基本クロックは3.0GHz、最大クロックは4.7GHz、TDPは65W。
  • 「インテル 64 アーキテクチャー」に対応し、物理メモリー、仮想メモリーともに4GB以上のアドレス空間を利用可能。
  • 「Optane メモリー」に対応。データの読み込みを高速化し、システムの応答時間を短縮できる。
Core i7 9700F BOX 製品画像

画像提供:Qoo10 EVENT

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥35,980

(前週比:-760円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥35,980

ドスパラ

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥35,980¥40,865 (14店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥35,980 〜 ¥37,780 (全国71店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Core i7 9700F/(Coffee Lake-S Refresh) クロック周波数:3GHz ソケット形状:LGA1151 Core i7 9700F BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Core i7 9700F BOXの価格比較
  • Core i7 9700F BOXの店頭購入
  • Core i7 9700F BOXのスペック・仕様
  • Core i7 9700F BOXのレビュー
  • Core i7 9700F BOXのクチコミ
  • Core i7 9700F BOXの画像・動画
  • Core i7 9700F BOXのピックアップリスト
  • Core i7 9700F BOXのオークション

Core i7 9700F BOXインテル

最安価格(税込):¥35,980 (前週比:-760円↓) 発売日:2019年 6月 7日

  • Core i7 9700F BOXの価格比較
  • Core i7 9700F BOXの店頭購入
  • Core i7 9700F BOXのスペック・仕様
  • Core i7 9700F BOXのレビュー
  • Core i7 9700F BOXのクチコミ
  • Core i7 9700F BOXの画像・動画
  • Core i7 9700F BOXのピックアップリスト
  • Core i7 9700F BOXのオークション

Core i7 9700F BOX のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.00
(カテゴリ平均:4.66
レビュー投稿数:3人 
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
処理速度 処理速度は速いか 4.33 4.51 36位
安定性 安定して動作するか 5.00 4.72 9位
省電力性 発熱は少ないか、バッテリを消耗しないか 3.67 4.28 35位
互換性 対応マザーボードは豊富か 3.33 4.35 42位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Core i7 9700F BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:21人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
1件
4件
CPUクーラー
3件
1件
ケースファン
0件
3件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性3
互換性3
 

ASRock B365M Phantom Gaming 4

MSI MPG Z390M GAMING EDGE AC

 

【処理速度】
中負荷程度のゲームをRTX2070SUPERのグラボで遊んでいますがとても快適に動作しているので早いと思います

【安定性】
1ヶ月ほど使用していますが特に問題ありません

【省電力性】
使い方と設定次第

【互換性】
R0ステッピング確定なので対応マザーでもBIOSアップデートが必要な場合があります

【総評】
intelのデータシートどおりに電力制限(power limit duration)をかけているかそうでないかで評価が割れると思います。
実際に高負荷時にCPUの挙動を制限しているUEFI上の項目は以下の部分ですが
 @Long Duration Power Limit(ワット数)
 ALong Duration Maintained(秒数)
 BShort Duration Power Limit(ワット数)
これはターボブースト時の電力消費量と維持する時間を意味しています。

ちょうど本CPUの購入を契機にB365Mマザー(ASRock B365M Phantom Gaming 4)からZ390Mマザー(MSI MPG Z390M GAMING EDGE AC)に買い替えたため、上記項目のUEFI設定を比較してみました。

添付画像の通りMSIマザー(Z390M)ではTDP65Wなにそれ?位の勢いでガン無視されていますが、ASRockマザー(B365M)はAUTOとなっており数値がわかりません。
そこで、HWiNFO64でCinebench R20実行中の各種数値をロギングして見たところ、ASRockマザーではAuto時は以下のような感じに設定されていそうでした。
@ 65
A 8
B 155

比較にはCinebench R20のスコアを使用したいと思います。

【電力制限項目をすべてマザボの初期設定の場合】
  [AsRock B365M Phantom Gaming 4]
   2596pts
  [MSI MPG Z390M GAMING EDGE AC]
   3162pts

【以下はASRockマザーの@とBをそれぞれ手動で130、155で設定した際のスコア】
   3283pts

というように、TDP65Wの本CPUですがマザボの上記設定次第で如何ようにも変わるため、理解して設定すればCPUの性能の範囲内で使用者の思うような消費電力とパフォーマンスを発揮させることができます。
ただし、Zシリーズ以外のマザーは基本的にOCを前提としてないので回路や電源フェーズ、熱対策が弱いものが多いのであまり大幅な変更はおすすめしませんが…

あくまでも上記の項目はターボブースト時の消費電力と維持時間であって、当たり前ですが瞬間的な処理能力にそこまで大きな差異はありません。
動画編集などのエンコード時間等にはそれなりに影響してくるとは思いますが自分はやらないのでわかりませんし、ゲーミングでも動画配信をしながらとかしない限りは体感でわかるものではないと思います。

上記から、タイトルの通り「使うマザーボード(主にチップセット)と使用者のリテラシーで評価が割れるCPU」だと思います。

個人的にはOCにもあまり興味がありませんし、遊んでいるゲームも十分快適に動いてくれるようになったのでとても良いCPUだと思います。

比較製品
ASRock > B365M Phantom Gaming 4
レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Loveマシンさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デスクトップパソコン
1件
0件
CPU
1件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度4
処理速度4
安定性5
省電力性5
互換性3

とても良いCPUだと思います。
8コアでTDP65Wは素晴らしい。
ブーストでかなりクロックも伸びます。
安定性も抜群で、欠点は特にないです。 k付より安いのもよい。OC非対応なのでマザボはB365でOK。
グラボは現在は適当にミドルレンジのものを組み合わせて使っています。

しかしながらRYZEN 7 3700X という素晴らしいCPUがすでにこの世には存在します。
物理コア数は8と同じながらスレッド数は倍の16。TDPも同じ65W。
ゲーミングの最適化はインテルが現在は優勢とはいえ、総合的な用途を考えれば3700Xに軍配は上がる気がします。

core i7 9700FとRyzen 7 3700Xの価格差は3000円くらいです。少しでも安いほうがいい、インテルが好きな方にはおすすめです。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった6人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

静音ユーザーさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:123人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
1件
1件
自動車(本体)
2件
0件
ノートパソコン
0件
1件
もっと見る
満足度3
処理速度4
安定性5
省電力性3
互換性4

5年ぶりにWindows7+i7-4790K(定格)から一部組み換えしてみました。

FF14をしつつ、消費電力を抑えることと、熱を抑えることを大きな目標に設定して購入しました。

結論だけ言えば、おすすめしません。

現在のPC構成
CPU:intel Core i7 9700F BOX
メモリ:G.SKILL F4-3600C19D-16GSXWB
マザボ:ASUS TUF Z390M-PRO GAMING
SSD:サムスン 970 EVO Plus MZ-V7S500B/IT
グラボ:MSI GTX 1070 ARMOR 8G OC(流用)
ケース:Antec P100(流用)
OS:Windows10 HOME
他省略

【処理速度】
4790Kでもさほど不便は感じていませんでしたので特に気になるようなことはありません。

【安定性】
問題なし。

【省電力性】
TDP65wですが、4790K(88w)環境より消費電力は増えました。正直言うと期待はずれです。CPUクーラーも流用したのですが、温度も上がってしまい、こちらも残念です。ただ、気になるほど上昇しているわけではありませんので誤差の範囲ということで。

【互換性】
新ステッピングのものですので、Z390でもBIOS対応が必要です。中古品等買う場合はBIOSが対応しているか確認しましょう。

【総評】
わかっていたことだが買う時期が悪かった。私のように2019年6月に買うのはやめましょうw

Ryzen3シリーズがすぐ出るのにそれを待ってからでも良かったのだけれど、FF14の漆黒に間に合わせたかったというだけの理由。漆黒が出てからシステムの変更するとかめんどくさいじゃないですかヤダー

K無しシリーズであれば、GPU内蔵版のほうが良いですし、F版はもっと値段が下がってから買いましょうね。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Core i7 9700F BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Core i7 9700F BOX
インテル

Core i7 9700F BOX

最安価格(税込):¥35,980発売日:2019年 6月 7日 価格.comの安さの理由は?

Core i7 9700F BOXをお気に入り製品に追加する <192

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
qoo10
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意