AVR-X2600H レビュー・評価

> > > > > レビュー・評価
2019年 6月中旬 発売

AVR-X2600H

  • Dolby Atmos、Dolby Atmos Height Virtualizer、DTS:X、DTS Virtual:Xに対応した7.2ch AVサラウンドレシーバー。最大出力185Wのパワーアンプを搭載。
  • 4K Ultra HDパススルー(60p/HDCP 2.3/BT.2020/HDR10/Dolby Vision/HLG/eARC/ALLM)、4Kアップスケーリングに対応。HDMI端子は8入力/2出力を装備。
  • Amazon Alexa、音楽ストリーミングサービス、インターネットラジオ、5.6 MHz DSD、ハイレゾ、AirPlay 2、Wi-Fi、Bluetoothなどに対応している。
AVR-X2600H 製品画像
最安価格(税込):

¥59,202

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥59,202¥75,350 (10店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥90,000

店頭参考価格帯:¥75,350 〜 ¥75,350 (全国39店舗)最寄りのショップ一覧

サラウンドチャンネル:7.2ch HDMI端子入力:8系統 オーディオ入力:4系統 AVR-X2600Hのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • AVR-X2600Hの価格比較
  • AVR-X2600Hの店頭購入
  • AVR-X2600Hのスペック・仕様
  • AVR-X2600Hのレビュー
  • AVR-X2600Hのクチコミ
  • AVR-X2600Hの画像・動画
  • AVR-X2600Hのピックアップリスト
  • AVR-X2600Hのオークション

AVR-X2600HDENON

最安価格(税込):¥59,202 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 6月中旬

  • AVR-X2600Hの価格比較
  • AVR-X2600Hの店頭購入
  • AVR-X2600Hのスペック・仕様
  • AVR-X2600Hのレビュー
  • AVR-X2600Hのクチコミ
  • AVR-X2600Hの画像・動画
  • AVR-X2600Hのピックアップリスト
  • AVR-X2600Hのオークション
ユーザーレビュー > 家電 > AVアンプ > DENON > AVR-X2600H

AVR-X2600H のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:2.77
(カテゴリ平均:4.46
レビュー投稿数:4人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.11 4.33 11位
操作性 リモコンや本体の操作のしやすさ 2.77 3.86 15位
音質 臨場感、音質の良さ 3.15 4.46 15位
パワー 最大音量の大きさ 3.15 4.46 15位
機能性 機能が充実しているか 3.03 4.39 14位
入出力端子 端子の数 4.20 4.34 11位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 4.37 4.00 3位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

AVR-X2600Hのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
1件
12件
自動車(本体)
0件
13件
スマートフォン
0件
12件
もっと見る
満足度5
デザイン4
操作性5
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子5
サイズ4

【デザイン】無骨です。
     ザ・AVアンプというデザイン。

【操作性】アマゾンエコー端末に対応しており、さっそくエコードットを購入して
     ペアリングしてみました。電源オンオフ、音量調整、
     ストリーミングのアマゾンミュージックなどはアレクサで操作できます。
     電源に関しては、eARC接続で対応テレビと接続してるので、
     オンオフはテレビ連動で行っております。
     操作に関しては、いまや本体やリモコンではなくアプリの
     AVR remoteやHEOS、アレクサといったアプリや
     音声認識端末で行うことが殆どであると思いますが
     これらの使い勝手もすこぶるいいですね。
   
     

【音質】現在DALIのzensor3の2chのみで聞いてるので本来の評価は
    できませんが地デジやBSの音声は明瞭で聞きやすいです。
    you tubeやアマゾンプライムなどの映画、
    音楽コンテンツは2chにも関わらず素晴らしい音で迫力満点ですね。
    音楽に関しては、うちに大きい音で恐がる室内犬がいることや、
    よく聞くジャンルがジャズであることから
    重低音重視のDENONより中高音がきれいだという評判の
    マランツのNR1710か後継機のNR1711にしようと思ってました。
    しかし設置場所の奥行が無いため、1710をあきらめX2600Hを
    購入しました。
    アマゾンミュージックで音楽を聴いた感想ですが、
    クラリネットやサックスのかすれた音やピアノの音も
    豊かに再現されていて、私程度の耳にはピュアオーディオは
    必要ないと思わせるほどで買って大正解でした。
    低音はこれ以上いらないと思わせるほどのものがありますが、
    かといってドンシャリではなく十分艶やかです。
    ただこれはzensor3との組み合わせなんでスピーカー次第でまた
    印象は変わってくるかと思います。

【パワー】十分です。
     一戸建てで隣まで20mほど距離が有りますが、持っているパワーは
     まず使いきれません。近所迷惑です。
     映画のサラウンドでの重低音がDENONの特徴でしょうが、
     最大出力が185wもあるので低音にも余裕がありますね。
     3000ccの車が40km/hで走ってても太いトルクが体感できるように
     音量を小さくしても小さいなりの迫力があります。

【機能性】ドルビーアトモス対応であることはもちろん、
     4Kコンテンツの音声を劣化なしに視聴できるeARC接続、
     ハイレゾ対応、アマゾンエコー端末などによる音声コントロールや
     アマゾンミュージック、スポティファイなど数種類のストリーミングを
     プレインストール、ネットラジオ対応など機能面では隙がありません。
     私はまだ契約してませんが、アマゾンミュージックHDにも対応してるので
     CD音源と同等品質のストリーミングができるということで、先述しましたが
     マニアでなければ最早ピュアオーディオは必要ないと思います。

【入出力端子】 HDMI入力が8つあるのでまず不足しないと思います。
        

【サイズ】  一般的なAVアンプのサイズだと思います。
       当初マランツのNR1710を購入しようと思ってましたが、
       設置環境が壁に作り付けのラックで奥行が無いため諦めました。
       NR1710、後継機のNR1711はサイズが小さく設置性の良さも
       評価されてますが、高さはX2600Hと比べて6cmほど低いが、
       じつは奥行きは逆にNR1711の方が4cmほど長く、
       しかもNR1711はAC電源が背面にコネクターで差すタイプのため
       実質、更に5cmほど長くなるので、設置環境に奥行きが
       あまりない場合は注意が必要です。
       私の場合は、音の好みやメーカーの印象より、
       サイズの問題でNR1711をあきらめX2600Hを買ったという
       数少ないケースじゃないでしょうか?
       

【総評】   近いうちに7.2chまで拡張しようと思ってますが、
       2chの現在でさえ、当機のその良さの片鱗を感じられます。
       新型のX2700Hとの違いはNHKBS4Kのみで採用されている
       MPEG-4 AAC規格に対応してるかどうかと、
       PS5などで採用されているHDMI2.1規格の有無ですが
       私にはいずれも必要のないものなので、迷うことなく値段が
       こなれている旧型のX2600Hを購入しました。
       この場を借りて、購入に際していろいろアドバイスを下さった
       プローヴァさん有難うございました。

比較製品
DENON > AVR-X2700H
マランツ > NR1711 [ブラック]
設置場所
リビング

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

のりっくるさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:18人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プロジェクタ
1件
2件
AVアンプ
1件
0件
イヤホン・ヘッドホン
0件
1件
もっと見る
満足度1
デザイン3
操作性1
音質3
パワー3
機能性1
入出力端子4
サイズ3

YAMAHAの880と相当迷った挙句、評価の高さと価格でこちらの商品を購入しましたが大失敗でした。

『ダメダメポイント』
映画やテレビの声がこもって聞き取りづらい。センターだけ上げるとバランス壊れる。

HDMI連動が効かなくなることが月に一度は起きる。

Bluetooth送信も接続が月に一度は切れる

オーディオ雑誌の評価は当てにならないと思い知らされた商品でした。

設置場所
リビング

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

使者誤入さん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:491人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
421件
レンズ
2件
132件
ブルーレイ・DVDレコーダー
6件
80件
もっと見る
満足度1
デザイン5
操作性1
音質1
パワー1
機能性1
入出力端子3
サイズ5

電源オンと同時にバリバリ!と言うノイズ、
そして、無音。
電源を入れ直してやっとでた音は、ひどい音!
穴ぐらでの話を穴の外で聞いているような不鮮明さ。

サポートとやりとりしてみて、デフォルトで
ドルビーサラウンドに設定されていることを知り、
リモコンでDIRECTに変更しました。
音は少し改善されましたが、
やはり500から600ヘルツあたりでピークを作り、
1000から1500Hzあたりでボトムを作って、
4000ヘルツ以上ではスコッと高域がカットされる印象。
モノーラルのアナウンスなど、ブーミーな声と言いますか、
低音が声全体にかぶって「声」の解像が著しく悪い。
言葉を聞き取れるように調整すると、
全体として音がやたらと大きくなる。

一番まともなのはPURE DIRECTですが、
このモードでも、このアンプのブーミーな印象は消えない。
おまけにPURE DIRECTにすると、
アンプの表示がすべて消えてしまって、
どのレコダーをどのモードで再生しているのか、
全く情報が得られない。

まる3日間、音質調整に没頭しましたが、
この音質の欠点をカバーする方法は見当たりませんでした。

一般的な放送の場合、低音をカットして送り出している場合もあり、
問題のないこともありますが、
NHKのニュースウォッチのような
比較的低音までリニアに出力されたアナウンスでは、
低音に邪魔されて言葉が聞きづらくなり、
ちょうど、ついたて越しに人の話を聞いているようなストレスがたまります。
そして、通常、低音が入ると人の声が軟らかくなるのが
一般的ですが、このアンプはなぜか声が硬調になります。
これはデノンの基本的な音質と思いました。
かつての伝説的なカートリッジDL-103Lの音から
デノンというメーカーを過信していたようです。

更に、このAVアンプ、バイアンプ接続が出来るという「仕様」になっていますが、
このバイアンプに接続されるのはウーフアー、ツィーター共に同じアンプだとの
サポートの回答。
つまりディスクリートアンプではなく、「疑似バイ・アンプ方式」
バイ・アンプというものを全く理解していない。
呆れ返りました。
これで音響メーカーとは!

テレビはあくまでもモニターで、音はアンプからという生活を50年間してきた間、
今までアンプの音に不満を感じたことはありませんでしたが、
これはあまりにひどすぎます。
2019年BEST BUYでしたか、
このアンプに一位を与えた評論家たちからは、
評論家としての資格をはく奪すべきでしょう。

設置場所
リビング

参考になった45

このレビューは参考になりましたか?参考になった

NaoLove7さん

  • レビュー投稿数:199件
  • 累計支持数:417人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

プレイステーション4(PS4) ソフト
57件
2件
ニンテンドー3DS ソフト
26件
5件
プレイステーション3(PS3) ソフト
19件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン4
操作性4
音質4
パワー4
機能性5
入出力端子5
サイズ5

本体後ろ

安くて古いスピーカー

スピーカーの型番

【デザイン】
黒一色で統一されているので馴染はいいです。

【操作性】
ボタンは少ないものの、取説がペラペラで基本的にはネットで見る感じなので、年配でネット慣れしていない人にはわかりにくいかもしれません。

【音質・パワー】
前回の比較製品に追加したONKYO製よりもパワーが劣る製品ですが、同じスピーカーでもかなり変わりました。
転勤で引越が多いため、未だに最低限のサイドとセンタースピーカーですが、それでも表現が豊かになったなぁと感じられます。

【機能性】
15個もボタンがあるので機能は満載です。
ホームネットワークでもWi-FiでもBluetoothでも繋がるし、ラジオアンテナも付属していますが、ネットに繋げばネット経由で地方のラジオまで聞けるので、見慣れないロゴを楽しんでいます。

【入出力端子】
さすがに十年ぐらい前のものと比べたらすっきりしたものになりました。
基本的にHDMIですが、光ケーブルなどもちゃんとついています。
Wi-FiとBluetoothのアンテナは我がとしては見えない状態で斜めに設置せざるをえませんでしたが、アホなXperiaXZ3でもちゃんと途切れることなく受信してくれています。

【サイズ】
前のONKYO製とそんなに変わらず、ちゃんと定位置に入ってくれましたので新しい割にはコンパクトです。

【総評】
ホームネットワークでPC内のiTunesやMediaGoなどが聞きたくて買換えを検討していました。
まだnasの構築はしていませんが、ホームネットワークを有線LANでPCのiTunesやMediaGoなどでアクセスしようとしてみましたが、有線は結果的に安定していません。
iTunesはAirPlayだかなんだかで共有するのですが、再生できない曲が何個かありました。

MediaGoはアンプの設定でネットワーク接続し、PCを起動した状態だとHEOSボタン→ミュージックサーバーで、表示される時とされない時があります。
恐らく、IPが変更されてしまうからなのでしょうが、DHCP自動でも何度も接続しなおさないとなので面倒です。
プロバイダの相性が悪い様で、固定化すると今度はネットが繋がらない現象が起きるので保留中。

さらに、仮に有線でも無線でも繋がったとしても、PCから操作しても、XperiaXZ3やiPhoneXMAX共に、スマホ経由で再生しても、2回に1回は音量の上下ができなくなりました。
現象としては、0〜30ぐらいだったかまでは音量があがりましたが、画面上ではボリュームが上がっていることになっていても、実際に出されている音は30ぐらいで止まり、特にスマホから流した場合は音が小さくて楽しめません。
購入して4日程度なので勝手がわからないというのもありますが、ボリューム関係が調整できなくなるのはとても困るので、☆を減らしています。

あと、ゲーム機、Blu-ray機器などをアンプに通して、TVに出力するのですが、接続は間違っていないのにTVの音が直接出てきません。新品のHDMIを交換判定してみましたが、問題なく出力されているので、ケーブルの不具合というわけではなさそうです。
Blu-rayレコーダー経由でTVは、ちゃんとアンプから出てきているんですけどね。

時代に合わせて機能が増えて求めた分、前のONKYO製がシンプルだったせいか、ちょっと使い勝手が悪いなぁと感じてしまいました。
音の方はいいんですけどね……と、音楽に疎い私では音よりも設定の大変さの方がネックでした。

比較製品
ONKYO > TX-SA605
設置場所
リビング

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

AVR-X2600Hのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

AVR-X2600H
DENON

AVR-X2600H

最安価格(税込):¥59,202発売日:2019年 6月中旬 価格.comの安さの理由は?

AVR-X2600Hをお気に入り製品に追加する <198

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[AVアンプ]

AVアンプの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(AVアンプ)

ご注意