ルンバi7+ i755060 レビュー・評価

2019年 3月 8日 発売

ルンバi7+ i755060

  • 掃除が終わると本体のダスト容器のゴミをクリーンベース内の密封型紙パックに自動で排出するロボット掃除機。ゴミ捨ての手間が省け、ホコリが舞い散らない。
  • 「Imprint スマートマッピング」により、部屋の状況を学習・記憶し、最適な清掃パターンを選択。リビングからキッチンへのルートなども賢く判断する。
  • スマートスピーカーにも対応するアプリでどこからでも操作が可能。スケジュール管理のほか、清掃状況や清掃履歴が確認でき、手入れ方法が動画で見られる。
ルンバi7+ i755060 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥119,700

(前週比:+1,945円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥121,626

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥119,700¥146,099 (25店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥119,800 〜 ¥119,800 (全国39店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ロボット アプリ連携:○ ルンバi7+ i755060のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

※認定販売店以外で購入された場合、メーカー保証が受けられない可能性がございます。保証に関しては購入ショップへお問い合わせください。

ご利用の前にお読みください

  • ルンバi7+ i755060の価格比較
  • ルンバi7+ i755060の店頭購入
  • ルンバi7+ i755060のスペック・仕様
  • ルンバi7+ i755060のレビュー
  • ルンバi7+ i755060のクチコミ
  • ルンバi7+ i755060の画像・動画
  • ルンバi7+ i755060のピックアップリスト
  • ルンバi7+ i755060のオークション

ルンバi7+ i755060iRobot

最安価格(税込):¥119,700 (前週比:+1,945円↑) 発売日:2019年 3月 8日

  • ルンバi7+ i755060の価格比較
  • ルンバi7+ i755060の店頭購入
  • ルンバi7+ i755060のスペック・仕様
  • ルンバi7+ i755060のレビュー
  • ルンバi7+ i755060のクチコミ
  • ルンバi7+ i755060の画像・動画
  • ルンバi7+ i755060のピックアップリスト
  • ルンバi7+ i755060のオークション

ルンバi7+ i755060 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.29
(カテゴリ平均:4.21
レビュー投稿数:20人 (プロ:3人 モニタ:8人)
  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 3.95 4.29 84位
使いやすさ ボタンの配置や、機能など 4.18 4.20 58位
吸引力・パワー ゴミを吸い取るパワー 4.46 4.27 35位
静音性 運転時の騒音 3.90 3.45 33位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 3.57 4.11 86位
手入れのしやすさ 掃除のしやすさ 4.56 4.02 10位
取り回し 取り回しのしやすさ 3.81 4.09 80位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ルンバi7+ i755060のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
モニタレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:117人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
108件
デジタル一眼カメラ
1件
7件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
使いやすさ5
吸引力・パワー5
静音性3
サイズ4
手入れのしやすさ4
取り回し3

【デザイン】
丸くて未来的なデザインで良いと思います。インテリアとして置くものではないですが、部屋にもマッチしています。ただし、ホームベースもそれなりの大きさなので置く場所は選びますね。

【使いやすさ】
まだ、一回しか使っていませんが、機能、性能とも優秀ですね勝手に動いて掃除をしてくれるなんてすばらしい。

【吸引力・パワー】
使い始めたばかりなので比較はできませんが、掃除機としては十分でしょう。

【静音性】
すこし耳障りな感じがしますが、基本無人の部屋で動かすことを考えると問題ないと思います。ただし、ホームベースへ戻った際に、ゴミを吸引する音はかなり大きいです。集合住宅の場合にはちょっと気を遣うかもしれません。時間的には1分ぐらいでしょうか?

【サイズ】
本体も少し、大きいように思えます。ただし、その大きさに合わせて家具の配置、モノを片付けることをすればちゃんと動いてくれます。

【手入れのしやすさ】
毎回、手入れをせずに、ホームベースで吸引してくれるのはいいですね、これはほんとに手軽です。ただし、本体の汚れなど出てくれば、ちょっと面倒かなと思います。

【取り回し】
高さはともかく、横幅はそれなりにあるので、家具の配置は選びますね、ただし、それをカバーするプログラムがすごい、しっかり部屋の隅まで掃除してくれます。

【総評】
値段は確かに高い、しかし、満足感はあります。手入れの手間、掃除の頻度を考えれば、これは非常に便利でいい買い物をしました。完成された掃除機だと思います。

掃除面積
20〜39m2
頻度
毎日

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

か。か。く。こむさん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:88人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
18件
掃除機
3件
16件
ビデオカメラ
2件
13件
もっと見る
満足度4
デザイン5
使いやすさ5
吸引力・パワー4
静音性5
サイズ3
手入れのしやすさ2
取り回し4

※価格.comモニタレビューは評価用製品による試用レビューです。販売されている製品仕様と一部異なる場合があります。
※価格.comモニタレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

2週間程度のモニターに当選したので試させていただいた。
そのままいただきたい。。

【デザイン】
e5もそうだが、以前の機種より相当洗練されている。
開始・終了音も従来機種のロボット的な電子音から、
音を奏でている風な音に変わった。

【使いやすさ】
基本、留守中にスケジュールで動かしているだけで運用は旧機種と変わらない。それでも毎日、掃除が終了した旨をマップと共にアプリに通知してくれるのは進化を感じるし、満足感は確実に高まる。
動きもかなり洗練されている。ふいに立ち止まって考え事をしているかのような動きもしたり。見ていて飽きない。
部屋を指定して掃除を指示するとその部屋に向けて一直線!完全に回りが見えている。スケジュールでも任意の部屋を指定することが可能。
例)月曜日の9時は子供部屋。月曜日の11時からは残りの部屋全部。等も可能。スケジュール件数はアプリで無尽蔵に増やせそう。ありがたいことに、スケジュールを詰めすぎると充電時間は取るように警告も出る。
従来機種は一日1回時間のみ指定だったのと比較すると次元が違う。

【吸引力・パワー】
800番台より更に進化しているような気がする。

【静音性】
800番台も500番台より静かになったが、更にもう一段静かになった。

【サイズ】
カタログ上の高さは従来機種と同じだが、どうも高く感じる。
我が家にある従来機種の足回りがへたってきているだけなのか。。

【手入れのしやすさ】
ダストカップのごみを毎回吸い出してくれるのはありがたい。今までは定期的にチェックしたり、満タンサインが出てから捨てていた手間が省けて助かる。ただし、吸い出しの音は相当な大きい。今のダイソンよりうるさい。子供が怯える。
家庭それぞれの状況次第だが、大きなデメリットに気付いてしまった。
我が家で使っている従来型ルンバではダストビンの中身をゴミ袋にあける時に
レゴのパーツや小さなキーホルダー等が頻繁に発見され、
救出されているということである。
毎朝ざっと床をチェックしてでかけているものの、
どうしても見落としがあるようだ。
つまり、そのチェックが行えず、ルンバに吸われたおもちゃの
パーツ類は毎回、粛々と紙パックの中に蓄積していき、
紙パックが満タンになって捨てる際に、
それを切り裂いてチェック、救出するしかないということになる。
当てはまる方は、クリーンベース無しのi7が現実的な選択肢になるかも知れません。


【取り回し】
サイズは従来から変わらず。
大きさ故、他の国産機種よりは取り回しは劣る。

【総評】
我が家はワンフロアだが一台で一気に掃除するのではなく、LDKとそれ以外で二台のルンバで運用している。理由は、廊下や子供部屋は夏暑く冬寒いからLDKのドアは不在時は常に閉めておきたいから。このルンバは当然全フロアを一台でカバーはできるのだが、そのためにはLDKのドアを開けたままにしなくてはならず、真冬の帰宅時のLDKが寒いということになってしまう。ルンバが悪い訳ではないが、そういった制限で考えるとe5等の廉価品(それでも高いけど)を二台というのも選択の一つかも知れない。

掃除面積
60m2〜79m2
頻度
毎日

参考になった12人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

3winさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
0件
10件
ノートパソコン
0件
5件
スキャナ
0件
4件
もっと見る
満足度2
デザイン3
使いやすさ1
吸引力・パワー3
静音性5
サイズ3
手入れのしやすさ5
取り回し3

購入して5ヶ月の間に100回ぐらいの掃除頻度で使っています。以前の機種と比べても静かになったし、マッピングは安心感があります。
なぜか掃除の途中で停止するとか戻れない(ゴミが詰まったりしたわけではない)が起こるようになり、入院し6月に戻ってきました。
今度は、iPhoneからの開始指示にもかかわらず、開始早々に停止。コールセンターに電話して再度入院予定です。

掃除面積
60m2〜79m2
頻度
週3〜4回

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

emiy55さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

掃除機
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
使いやすさ5
吸引力・パワー4
静音性4
サイズ4
手入れのしやすさ5
取り回し5

【デザイン】
シンプルで良い。黒は埃が目立つのでこまめに本体も埃を取っています。
【使いやすさ】
ボタン一つで携帯からも操作できて簡単。
【吸引力・パワー】
たまにブラシで重いゴミ弾いてしまうことはありますが気になるホコリ、髪の毛はきれいに取り除いてくれます。
【静音性】
気になりません。
【サイズ】
もう少し薄ければクローゼットや開きの下も掃除できるのですが、入れないところがありました。
【手入れのしやすさ】
とても簡単にブラシを取り外せるので、説明書見なくてもお手入れができます。
【取り回し】
そんな毛足の長いラグではありませんが、絡んで動けなくなってしまったのでルンバのために撤去。薄いラグは押しのけてしまいます。
【総評】
仕事から帰ってきてホコリが落ちてない床を見るのが楽しみです。たまにこのゴミ無視するんだ、と思う時もありますが全体的にきれいになりとても満足です。
掃除する時間が減りとても楽になりましたが、ルンバが気になりかわいくて追いかけてしまいそれほど時短になっていない日もあります。買って良かったです!

掃除面積
60m2〜79m2
頻度
毎日

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

orangeeeeeee39さん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:102人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

掃除機
3件
1件
自動車(本体)
0件
3件
布団乾燥機
1件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン4
使いやすさ5
吸引力・パワー4
静音性5
サイズ5
手入れのしやすさ無評価
取り回し5

3年前に購入したルンバ980の買い替えです。

【デザイン】
980と比べてスッキリしたデザインになりました。
本体のボタンがタッチセンサー式になり、本体に付着した埃をふき取りやすくなりました。

クリーンベースは高さがあり、目立ちます。
個人的には、クリーンベースはルンバ本体に埃が付着しにくいように
屋根になるような形状にしてほしかったです。
本体のカメラに埃がたくさん付くと上手く動いてくれなくなりそうなので。

【使いやすさ】
ルンバは本当に便利です。
掃除機掛けがほとんど要らなくなりました。
980からの買い替えにきっかけにもなったクリーンベースのおかげで
ダストボックス内のゴミ出しが無くなりました。
ダストボックス自体も洗えるようになったので衛生的です。

【吸引力・パワー】
980より音が小さくなりました。
なんとなく980の方が吸引力があったのでは?と感じてしまいます。
クリーンベースがあることで、1回の清掃で
どれだけゴミが取れたのかが分からなくなってしまいました。
980では、ダストボックスがいっぱいになるくらい埃が溜まっていたのが
確認できたのですが、クリーンベースは紙パックなので見えません。
そこが便利になったけど、残念な部分でもあります。
床は綺麗になっていますので、十分な吸引力はあるかと思います。

【静音性】
980と比べてですが、小さくなったので満足です。
クリーンベースへの吸引時はかなりの音です。
短時間なので苦にはなりません。
掃除機全般ですが夜中や寝ている人には配慮した方がいいと思います。

【サイズ】
クリーンベースは大きいです。
省スペース、紙パックの取り出しやすさを
考慮しての高さだと思っています。
ルンバには大変お世話になっているので
サイズ、大きさに不満はありません。

【手入れのしやすさ】
ダストボックス内のゴミ出し手間が無くなりました。
また、ダストボックスも洗えるのが有難いです。
ダストボックス内の隅っこの掃除がしにくいので改良を望みます。

【総評】
ルンバ980からの進化を感じ取ることが出来ました。
家事の働き方改革になりますよ。
高価かもしれませんが部屋に段差が少ない方には
おすすめしたい商品です。

掃除面積
60m2〜79m2
頻度
週1〜2回

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Rey12さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

掃除機
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
使いやすさ5
吸引力・パワー5
静音性3
サイズ4
手入れのしやすさ4
取り回し4

871から買い換え。海外ではS9+が発売され、話題になっているが、やはり店頭で見たi7+の黒くて上品なデザインに惚れて購入。
それに、日本に上陸するまでi7もかなり間が空いてたし(5ヶ月くらい)そんな待てないしね。
まあ値段は高い。でも、その分しっかり進化してくれていると使ってみて感じた。最近の技術の進化の速さは凄い。
ガンダムで例えるなら、エントリーモデルがジムならこれはジェガンくらい。
カメラ付きなので、起動させると辺りをキョロキョロ見回したりする。これがまた人間臭い。
部屋を細かく行き来して効率よくゴミをしっかり取ってくれるし、
しかも871より早く掃除を終わらせてくれるのでかなりありがたい。
しかもマッピング機能が搭載されているのである程度は障害物は避けてくれる。(たまに勢いよく突っ込む)
音に関しても静かで、甲高いモーターの音のような不快な音ではないので耳障りになることはないと思った。(クリーンベースにゴミを吐いてる音は安い掃除機並みにうるさいが)

蛇足な話だが、私は単体の部屋でしか使っておらず、これではただの宝の持ち腐れなので、いつか実家で使いたいと思う。
皆もこのルンバを購入したら絶対に使い倒そう。きっとルンバも望んでいるはずだ。一つの部屋だけじゃ多分コイツは本気出してくれない。

掃除面積
20m2未満
頻度
毎日

参考になった14人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ゆきさん55さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

掃除機
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
使いやすさ3
吸引力・パワー4
静音性3
サイズ3
手入れのしやすさ4
取り回し3

ルンバ500シリーズからの買い替えです。
ブラシに絡みつく髪の毛の除去に悩まされていたので、それから解放されるが幸せ。
スケジュールで掃除させて外出した場合に何かトラブルがあればスマホにお知らせが来るのもありがたい。
掃除中の音は前より静かになりましたが、紙パックにゴミを吸い上げる時の音は結構うるさいです。
今までもこれからもルンバは我が家に欠かせません。

掃除面積
20〜39m2
頻度
毎日

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

サムライギョウさん

  • レビュー投稿数:39件
  • 累計支持数:112人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

掃除機
4件
0件
シェーバー
1件
3件
デジタル一眼カメラ
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
使いやすさ5
吸引力・パワー5
静音性5
サイズ3
手入れのしやすさ5
取り回し5
   

それほど存在感を主張しないかも

   

【デザイン】
リビング据え置きでも、違和感ないです
【使いやすさ】
4回ほど使ってみて、スマホアプリが優れものです
【吸引力・パワー】
前の530と比べ、ブラシからゴムになり、密着度が
上がっている気がします
【静音性】
やはり前機種と比べ、静かです
最後の吸い取りは、けっこう大きい音がします
【サイズ】
椅子の間は、くぐりませんが、黒いためか、
置いてあっても、それほど気になりません
【手入れのしやすさ】
4-5回ではまだ、フィルター交換のサインは、出ません
【取り回し】
他の部屋への据え置き移動はせず、マップの設定で、勝手に走って行ってくれます
【総評】
AIが賢いのか、無駄なく短時間で、お掃除が完了します
最初の2回だけ、マップを覚えさせるため、すべての部屋をいっぺんに掃除しましたが、その後は、2回に分けて、椅子を移動したりして、お掃除させます
使い易いです

掃除面積
20〜39m2
頻度
週1〜2回

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ロボット掃除機の脇で見てる人さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

掃除機
1件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン4
使いやすさ5
吸引力・パワー5
静音性4
サイズ4
手入れのしやすさ5
取り回し5

買って数回使用しました。
まだローラーの掃除はしてません。
おそらくローラーに髪の毛などが絡みつくのは同じかなーと思いますが、ダストボックスの掃除の手間がないのは凄くいいです。
ベースは確かに大きいですが、占有面積的には以前とそんなに変わらない気もします。
動きも900シリーズに比べ、ちょっとだけやんちゃになり、乗り越え能力もアップしていると思います。
音は多少小さくなりました。
あとは、夜間暗いところでも使用できれば最高です。
neatoは暗くても使えるので、夜間就寝中、会社で夜間不在時などはこちらがオススメです。

掃除面積
60m2〜79m2
頻度
週1〜2回

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

多賀一晃さん

  • レビュー投稿数:110件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール家電評論家。スマート家電グランプリ審査員。

主催する『生活家電.com』を通じ、家電の新製品情報、使いこなし情報他を発信中。
過去、某メーカーでAVメディアの商品企画を担当、オーディオ、光ディスクにも精通。
また米・食味鑑定士の…続きを読む

満足度5
デザイン4
使いやすさ5
吸引力・パワー5
静音性3
サイズ3
手入れのしやすさ5
取り回し5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

充電タワーとルンバ。アメリカンサイズで、少々大きい。

軽過ぎたため掃除時にめくれ上がったラグマット。取り替えた。

三週間使用したアクションブラシ。髪の毛のからみなし。

三週間使用した時点での、機内汚れ。問題ないレベル。

部屋の境界線はスマホアプリで入れる。

充電タワー内の紙パック。やや厚手で丁寧な造り。

iRobot社の創始者であり、CEOのコリン・アングル氏が、「私はこのルンバを目指していた。」と言ったルンバ。
メーカーより3週間レンタルさせてもらい、いろいろテストしてみた結果、ルンバ i7+ は、使い方さえ間違えなければ、アングル氏が理想とした「人に掃除という家事を意識させない」に、近いレベルに達していると言える。ただしルンバには流儀があるため、それに馴染む必要もある。

使う時のポイントの1つは、ロボット掃除機を使うための部屋造りだ。2019年2月8日 東京消防局から、ロボット掃除機が、スィッチの入ったままの電気ストーブを押しながらソファーが燃えるところ近くまで移動させるシーンが公開された。ただ、これは極端な例だ。ロボット掃除機は多くの場合、人がそこに居ないときに使われる。このため、スィッチONのままの電気ストーブに遭遇することはレアケース。また自分が居る時だったら、ロボット掃除機のスィッチを切るか、電気ストーブのスィッチを切ればイイわけであるから問題は起きない。トイレに行く間位なら、ストーブ付けっぱなしという可能性もなくはない。そう言った意味でのレアケースだ。ただし、東京消防局がこの映像公開に踏み切ったということは、ロボット掃除機が原因で火事が多くなっているということだ。この様なことをなくすために必要なのが、ロボット掃除機を使うための部屋造りだ。ペットを飼い始めたとき、赤ちゃんが産まれた時、部屋を共同生活できる様に変えるのと一緒だ。

具体的に、どうするのかというと、ルンバを最初にセットして掃除を開始したとき、後に付いて行けば良い。ルンバがトラブルところを、トラブらないようにしてやるのだ。子供の「初めてのお使い」は、よく親が後ろから見守るように付いて行き、トラブルが起きそうな所は助けてやるのだが、それと同じ事をルンバの「初めてのお掃除」の時、すれば良いというわけだ。電源ケーブルに引っ掛かったら、引っ掛からない工夫をするだけでいい。ルンバがお掃除して、充電ステーションに帰ってこられる部屋。今後の部屋の常態にもなるわけですから、ついでに自分の使いやすいように部屋を見直すチャンスでもある。片付け時に、ちょっとホコリが出ても、後でルンバが頑張りますので問題はありません。

ここまでは、今までのルンバと同じ。新モデルは、何が違うのかというと、何度も部屋を掃除している間に、自分の掃除マップ、「スマートマップ」を作ること。だいたい5回位掃除すると出来上がるマップだ。その後、ルンバは、このスマートマップに基づき掃除をする。このため、掃除時間はどんどん短縮されていく。私の場合、当初:20分だったのが、8分と約半分になった。要するに、マップで効率を上げていくわけだ。ただ、机など大きなモノを動かししたりした場合は、マップを再度作り直した方がよい。

このスマートマップは、専用アプリにより、エリア(部屋)毎に区切り、名前を付けてやることが可能。すると、そのエリアだけの掃除が可能でになる。ルンバは、AIスピーカーからの命令もできるので、子供に「部屋を片付けなさい」というが如く、ルンバに「子供部屋を掃除して」と言えば、子供部屋だけ掃除してくれる。これは今までにない機能だし、汚れたと感じたら、すぐ掃除させられるのでとても便利だ。

さて、ここまではルンバ本体(本体のみは「ルンバ i7」として販売される)の話。i7+はそれに充電タワーが付きます。タワーは充電ステーション兼紙パック掃除機になっており、ルンバのダストボックスがある程度いっぱいになると吸引する。要するに自動ゴミ捨て機と同じ機能だ。紙パックはだいたい半年程度で取り替える感じだそうで、テストした3週間では1/10も溜まっていなかった。元々ロボット掃除機は、ダストボックス系で設計されてる。このためロボット掃除機=自動と言っても、1〜2週間に1度はゴミ捨てを行わなければならない。このため頭の片隅には、「掃除機の掃除」という家事が引っ掛かることになる。これでは掃除を忘れて自由になるなんてことはできない。そのための対応だ。私が感心したのは、紙パックを採用したこと。ハウスダストなどが大量にあるゴミをそのままゴミ箱に叩き込むと、必ずお釣りをもらいます。少しですがハウスダストが舞い散るのだ。これはアレルギー体質者にとって鬼門。紙パックだと、触らずに、吸い込まずに捨てることが可能だ。これは大いに評価できるところだ。

ルンバは、真の自動化を目指して来たロボット掃除機で、いろいろな特徴を持っている。今までで、一番スゴいと思ったのは、掃除機のヘッドに纏わり付く髪の毛の問題を解決した「AeroForce デュアルアクションブラシ」。今回のテストでも、髪の毛一本絡まっていません。このような徹底した開発が、長期掃除機単独で掃除をし続けることができることを支えている。その頂点モデル「ルンバ i7+」は、真に掃除を忘れさせてくれる力量を正に持つと言える。

ルンバに合うように部屋を整える初回の手間を惜しまなければ、きちんと答え、掃除を全く意識しないでも済むようになる。それが3週間使用した私が得た結論。ルンバi7+は、買って損のないロボット掃除機なのだ。

参考になった36

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

名もなき羊さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:109人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
0件
42件
デジタル一眼カメラ
1件
28件
レンズ
1件
25件
もっと見る
満足度4
デザイン4
使いやすさ4
吸引力・パワー4
静音性3
サイズ4
手入れのしやすさ4
取り回し4

※価格.comモニタレビューは評価用製品による試用レビューです。販売されている製品仕様と一部異なる場合があります。
※価格.comモニタレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

再生する

製品紹介・使用例
動作音の参考にして頂きたい。彼の操作はスマートフォンで可能だ。

なかなか堂々としたサイズである。高さがあることから場所を選んでしまう。

質感はなかなかだ。決してチープではない。かと言って値段ほどの高級感も感じない。

電源ボタンは白色のLEDで彩られる。クリック感はなくタッチセンサー式になっている。

 

たまったゴミは外してポイだ。廃棄時にダストが舞わないよう工夫されている。

我が家のルンバ880とのツーショット。大きさはあまり変わらない。

 

掃除機の概念を覆したルンバに知能が宿った。
こいつはいよいよ意思を持ち、掃除という生活行為を一変させてしまいそうだ。
これまでルンバには人間による視覚の代償が必用であった。
例えば、この領域に入るな!という場合は、別途「お部屋ナビ」と呼ばれる障壁(バーチャルウォール)を作る機器を設置する必要があった。
この「お部屋ナビ」にはもう一つの機能「ライトルーム」があり、この機能を使うことで部屋の掃除の順序を教えていた。
私の持っているルンバは「880」というやや古いモデルであるが、880は「お部屋ナビ」の助けがなければ、ユーザーが意図した掃除はしてくれないのである。
また、880はやたらめったらに進み、障壁に当たっては方向を変え、ただし、進んできた道筋は記憶している(ホームベースに戻るとそれはリセットされるorz)という、やや粗雑なアルゴリズムであり、決して賢いとは言えなかった。
私にとっては、未だおもちゃなのである。
ただし毎日一生懸命働く姿は、愛らしくも感じられ、親しみをもって我が家に鎮座している。
だが、今回のルンバi7(以降、彼)は違う。
冒頭に述べたように知能が宿った。
彼は人間と同じように探索行動から学習し、次の行動を変えることができるのだ。
部屋の位置と形状を記憶し、指定した部屋を掃除することができる。
部屋の形状を認識するという事は、行動を最適化できる。
やたらめったら進み、無駄な動きの多かった我が家のルンバだが、彼は実に合理的な行動をとるため、掃除時間を短縮できるのである。
そして彼の行動はすべてスマートフォンを経由し我々に報告される。
そう、彼は意思を持ったのだ。
これこそが今回のルンバの大きな目玉と進化である。
これらの機能の詳細な説明は他の方が大いにレビューされているので本稿では割愛する。

もう一つの大きなアピールポイントは、ごみ捨てから解放されることである。
いよいよ「ルンバに完全に掃除を任せる」という真のゴールに近づいているのである。

さて、少しネガティブな面も述べておく。
まずはその価格だ。
3月30日時点での最安値は約125,000円である。
仮に365日3年間働いてもらっても、毎日114円を彼に支払わなければならない。
少なくとも私にとって、これは決してコストパフォーマンスが高いとは言えない。
次に、動作音についてである。
動作音は880と比較し、やや静かにはなっているが、未だ改善の余地がある。
この辺りは人によって評価が分かれるだろうが、私にはやはり煩く感じる。
また、アピールポイントにあげた、ドックでのゴミの吸引時の動作音は相当に煩い。
これはスマートではない。
洗練された彼の数少ない欠点である(動画を参照下さい)。
それから、あと、もう少し本体を低く、小さくできればなお良いと考える。
彼の行動範囲がより広がるからだ。
彼のセンサーはより進化しているようだが、やはりまだ家具にぶつかる。
次はぶつからずとも方向転換を行う機能を持って欲しい。

その他添付の画像にも少しコメントを残した。

最後に、彼と過ごしてみて、掃除機の未来を感じた。
いやもう彼はただの掃除機ではない。
私達のライフスタイルを構築する家族になった。


注釈:私はルンバi7を彼と呼んでいるが、彼女でも一向にかまわない。


ここに書くべきではないかと思うが、価格コムのレビュー投稿のシステムは本当にひどい。
再編集をしたくても、再レビューしか選べない。
記入画面も非常に書きづらい。
長文を書くことを考慮されていない。
本当に残念なシステムだ。
書く人のことをまったく考えていないのだろう。

掃除面積
100m2以上
頻度
毎日

参考になった41人(再レビュー後:38人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

岡安学さん

  • レビュー投稿数:238件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジモノ誌やウェブで活動するフリーライター。
デジカメ、テレビ、レコーダーなどデジタル機器を中心に
白物家電やPCまで執筆対象を拡げている。
また、ゲームやアニメ、ホビー、トイなど、サブカルチャーも扱う。
近著に『INGRESSを…続きを読む

満足度5
デザイン5
使いやすさ5
吸引力・パワー4
静音性4
サイズ4
手入れのしやすさ5
取り回し5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

i7+とクリーンベース

クリーンベース内の紙パック

i7+本体

   

i7+背面

   

発表会に参加し、その後メーカーから2週間ほどお借りしました。


【デザイン】
ルンバ自体は、既存のモデルと大きな変化はなく、いわゆるロボット掃除機然とした佇まいです。
クリーンベースはかなり大型ですがインテリアを崩すようなことはなく自然な感じで設置できます。


【使いやすさ】
ロボット掃除機としては、これまでのルンバと使い勝手はかわりません。
一番の相違点はやはりクリーンベース。
我が家で使っているルンバはだいたい2〜3週間でゴミを除去するのですが
クリーンベースであれば半年以上はゴミを除去する必要はなさそうなのです。
しかも、クリーンベースは紙パックにゴミを溜めるので、
ゴミの除去も楽で、手も汚さずに行うことができます。
元々掃除が楽になるルンバですが
さらにルンバの手入れまで楽になってしまうわけです。


【吸引力・パワー】
ルンバが掃除した後は、髪の毛や埃がほとんどなく、満足のいく掃除力を発揮してくれます。
スティック掃除機で手動で掃除した後と比較しても
そんなに大きな差があるとは感じません。


【静音性】
そこそこの音がするので、使う時間は考えた方が良いかもです。
特に深夜帯は別の部屋にいたり、違う階にいたとしても
気になる人は気になると思います。


【サイズ】
本体サイズは既存のルンバと変わりはありません。
クリーンベースは大型なので、通常のホームベースよりは
置き場所が必要となりますが、そこまで大きな差はありません。


【手入れのしやすさ】
ルンバで日々の掃除もタイマーで任せてしまうと、
ルンバ自体の手入れを忘れてしまうこともあります。
ゴミが除去サインが出ることもしばしば。
クリーンベースがあれば、その状態になるのも半年に1度くらいなので
手入れは格段に楽になります。
ダスト容器も水洗いできるのも便利です。


【取り回し】
我が家のルンバは、ホームベースを壁際にしっかりと設置していないと、ルンバ自体の接触で上手く乗らない時がありました。
i7+の場合はクリーンベースに安定感があるので、壁際に置いておかなくてもルンバによって動かされることがなく、戻ることができます。


【総評】
我が家のルンバはスマホアプリでマップを確認できませんが、i7+はマップで確認できるので、掃除した場所を視認できるのもありがたい。また、今までのルンバはマップを記憶せず、毎回マッピングすることで障害物などの検知をしていましたが、今回のはマッピングしたうえで最適解を見つけてくれます。ルンバ自体の掃除力の差か、マッピングにより効率的に掃除ができるようになったのか、掃除時間は格段に減っていました。
見た目のインパクトでクリーンベースに目が行きがちですが、ルンバ自体もかなり性能が向上しているのがわかります。
発表会ではロボット掃除機の普及率が4.5%とのことでした。世の中の95.5%は時間と労力を無駄にしていると言っても過言ではないと思えるのがこのi7+を使っての率直な感想ですね。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

神野恵美さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールライター・編集者。
書籍編集者、雑誌記者・編集者を経て、2004年にセミリタイアと称して渡仏。以降、現地にて言語を学ぶ傍ら、フリーランスで日本のメディア向けの取材活動、現地邦人向けのメディアなどにも関わる。帰国後は、新聞、雑誌、ウェブ媒…続きを読む

満足度5
デザイン5
使いやすさ5
吸引力・パワー4
静音性4
サイズ3
手入れのしやすさ5
取り回し4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

紙パックをセットしたクリーンベース内部

グレーの部分を引っ張り上げるとスライドして開口部が閉まる仕組み。秀逸!

本体裏面。左下にクリーンベースと接合するパッキンを備える

フィルターを外して水洗い可能なダストボックス。900ユーザーとしては悔しい(笑)

ルンバが作成したマップ。任意でエリアを区切って間取りを区別できる

エリアを指定した掃除履歴の例

ロボット掃除機の"元祖"・アイロボット社のルンバシリーズ最新最上位モデル。2月に行われた記者発表会を取材した上で、メーカーからお借りした実機を自宅にてテスト。

発表会でお披露目された新ルンバを見て、既に900シリーズを所有している消費者の1人としては正直涙目になったほど。まずは、昨年秋に先行して発売された普及モデルe5と同様に、ダストボックスの水洗いが可能になり、長年のルンバの不満点は最上位モデルでも解消されたかたちだ。

それ以上に大きな進化は、何と言ってもまずはゴミ捨て不要の"クリーンベース"システム。充電ドックにルンバのダストボックス内のゴミを吸い出し、紙パックに格納する機能が新たに搭載されたかたちだが、確かにゴミ捨ての手間が不要になったことは便利だが、個人的には一長一短。というのも、まずはこのシステムを備えるために充電台が非常に大きくなってしまい、設置場所の制約を受けるようになってしまったこと。物理的な大きさに加えて、前後左右の空間も必要なため、これまで以上に設置場所が限られてしまう。自宅が広い家なら気にならないだろうが、都心の集合住宅に住む身としては、設置スペースという点で大きく引っかかる。また、戸建ての広い住居であっても、充電台を気軽に移動させられないため、難点がないとは言えないだろう。このあたりは、ゴミ捨ての手間が不要という利便性とのトレードオフの関係で、消費者が何を優先するかや、交換用の紙パックのランニングコスト、ゴミ以外のものを吸い込んでしまった場合の取り出しやすさなども考慮した上で、実用性は左右されるところだろう。

もう1つの進化はナビゲーションとマッピング機能だ。ルンバは900シリーズからSLAMとカメラを搭載し、自らの位置を認識できるようになったが、この機能の進化は他メーカーの製品を含めてこれまで試してきた中では、群を抜く。900シリーズでも既に十分賢く、満足していたが、i7におけるそれは間違いなく最高峰のレベル。ルンバは、既に900シリーズで自ら掃除したエリアをかなり正確に地図表示できていたが、今回はそれをスマホのアプリ上で区切ることができる。これにより、ルンバが従来から得意としていた複数の間取りを掃除できる機能がさらにレベルアップ。同じフロア内をエリアを区切り、指定した場所のみを掃除ができるのだ。例えば我が家の場合、野球の練習から帰った子どもが脱衣所で服を着替えるたびに、床が砂だらけになり、その都度部分的にスティッククリーナーで掃除をしていたが、この機能によって脱衣場のみを指定して、ルンバにおまかせ。さらに、指定した範囲だけを掃除できるので、全体を掃除するよりももちろん時短でき、必要に応じて使い分けができる。

900シリーズではルンバのマッピング機能は実は毎回稼働の度にリセットされていた。そのため、どこを掃除したのかという履歴の確認に留まっていた。それはそれで充分役に立つ機能ではあった。

しかし、i7が実はスゴイのは、作成された地図がリセットされずに保存されること。それはそれで、家具の配置が微妙に変わったり、予期せぬ障害物が置かれてしまった場合には不利にならないのだろうかと懸念していたが、マップは毎回"更新"されていくとのこと。掃除をするごとに学習し、例えば配置が変わったりした場合にも、間取りなど変わらないものとそうでないものをルンバ自身が判断して識別できるようになるという。まさに"AI"と言うべき賢さで、空間認識技術において他メーカーの追随を一気に振り切るかのような進化だ。

ただし、賢くなるには数回使いしなければならない。正直最初のうちは、自宅で使用している900シリーズのルンバでは起きなかったエラーが少し発生し「アレ?」と思っていたが、使い続けるうちに問題なく動くようになった。観察する限り、最初のうちは暗所は少し苦手なようで、廊下などは電気をつけて明るくした状態で動かすことが肝。最初の段階で「いかに学習させるか?」がこれまで以上に重要で、初期のうちはなるべく条件を整えた上で稼働させたほうがよさそう。しかし、一度学習してしまえば、暗い場所で電気がついていなくても問題なく動く。

それ以外、初めて稼働した際に感じたのは、従来のルンバシリーズに比べて運転音が静かになっていること。動きに関してもこれまではどちらかと言うと"無骨"な印象だったのが繊細になり、機敏かつ障害物への体当たりも少なくなった印象だ。

とにもかくにも、現行のロボット掃除機としては最高峰。唯一の不満を挙げるとすれば、900シリーズのオーナーからすると、この機能と性能をこの価格で発売したことぐらいかも(笑)。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マロンシールドさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:47人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

掃除機
2件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン3
使いやすさ4
吸引力・パワー4
静音性3
サイズ2
手入れのしやすさ5
取り回し3

※価格.comモニタレビューは評価用製品による試用レビューです。販売されている製品仕様と一部異なる場合があります。
※価格.comモニタレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

現在パナソニックのスタンダード版ロボット掃除機 RULO MC-RS20を使用しているのですが、昨年はモニターとして最上位機種のRULO MC-RS800を使用させて頂きましたので、パナソニックのロボット掃除機の2つとの比較と感想をコメントします。
【デザイン】
今回初めて丸デザインのルンバを使用したのですが、やはり部屋の角の掃除についてはRULOに比べると劣るように思います。RULOは三角デザインと左右にブラシが付いているので、部屋隅のごみをしっかり掃除してくれる雰囲気がありますね。
また、クリーンベース(自動ゴミ収集機)の大きさにはちょっと驚いてしまいました。一般的なマンションの大きさですと、クリーンベースを置く場所をわざわざ用意する必要があります。
【使いやすさ】
以前からロボット掃除機を使用しているので、箱から出してすぐに使用する事ができました。スマホに導入したアプリもとても使いやすく「さすがルンバ」と思いました。接続も非常にスムーズでした。
モニタで使用したRULO MC-RS800のアプリには色々な問題があってガッカリしていたのですが、ルンバのアプリはいいですね。「Clean map」は機能が充実、部屋のカスタマイズ機能も満足いくものでした。どの部屋を掃除したかのレポートもわかりやすくとてもいいですね。
【パワー】
吸引力は十分かと思います。ルンバはブラシが付いている側で必ず掃除するよう動作するので、部屋の端についてしっかり掃除してくれています。
ベットの下についてもRULOが掃除できないところはグングン入っていって掃除してくれていましたので、なかなか掃除できない場所もしっかり掃除してくれていました
問題は角部分ですね。RULOでは2つあるブラシがルンバでは片側しかなく、丸デザインなので部屋の角部分の掃除はRULOのほうが優れています。
【静音性】
スタンダード版のRULO MC-RS20に比べると静かです。ただRULO MC-RS800と比べると少し煩いと思います。また私には聞こえな買ったのですが、妻が動作中気になる音を発生させていると言っていたので、人によっては動作音が気になってしまうかもしれません。
【サイズ】
日本のマンションに設置された標準の什器(壁面収納)のすきまに入れない高さで、掃除できない場所があったり、RULOが掃除できた家具の足回りの間に入れない大きさがあるため、満足いく掃除をしてもらうには大きさや高さの改善が必要かと思います。
【手入れのしやすさ】
ダストボックスは大きいですし、掃除終了の後クリーンベースにて排出するのでダストボックスの取り外しは一切不要です。クリーンベースも大量のゴミを収集できようですし、専用の紙パック内に収納されるので捨てる時もとても楽です。
【取り回し】
取り回しの評価については掃除動作としてのコメントとします。初期動作ではぶつかりながら動作する事が多かったですが、学習後の動作については素晴らしかったです。掃除後にクリーンベースに戻るときなど学習能力が発揮されていました。
RULOではキッチンマットの掃除が苦手で、マットの上を掃除する事ができないことが多かったのですが、ルンバはキッチンマットの段差を軽々と乗り越えて掃除してくれました。またRULOは勉強机下の電源コードに絡んで止まってしまう事があるのですが、ルンバは自動で絡まりを防いでくれているようです。掃除中に止まることはほとんどありませんでした。
【その他】
クリーンベースからルンバが離れて掃除を開始する際、1m程バックして動作を開始します。結果クリーンベースを設置する場所は1m以上の広さが必要です。マンションで設置する場合はクリーンベース用の場所を用意する必要があります。あとは掃除後にダストボックスからゴミを回収する時の音は昔の掃除機を動作させている騒音です。
玄関の段差(4p)はRULO MC-RS800と同じく認識するができません。玄関に落ちて玄関内を掃除するだけになっていました。この点だけは段差を認識できているパナソニックのスタンダード版ロボット掃除機 RULO MC-RS20が優れています。
バーチャルウォールを設置して落ちないようにしましたが、玄関の横にバーチャルウォールの機器が置いてあると少し違和感があります。
【総評】
使いやすさや吸引力、手入れについては高評価ですが、クリーンベースの大きさ、玄関の段差(4cm)を認識しない、部屋の角やRULOができている隙間の掃除、家具の足回りの掃除が期待通りではなかったマイナス評価もあったので、満足度としては「3」になります。

掃除面積
80m2〜99m2
頻度
毎日

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kasutさん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:77人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
17件
カーナビ
1件
10件
デジタル一眼カメラ
0件
8件
もっと見る
満足度4
デザイン4
使いやすさ5
吸引力・パワー4
静音性2
サイズ4
手入れのしやすさ5
取り回し4

※価格.comモニタレビューは評価用製品による試用レビューです。販売されている製品仕様と一部異なる場合があります。
※価格.comモニタレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

再生する

製品紹介・使用例
かべ際もきれいに掃除しようとします。

ルンバを2回動かした後でも、コードレスクリーナーでごみが取れました。

うすいラグはもみくちゃにします。

クリーンベースは優れものです。(その2)紙パックは便利です。

階段は落ちませんでした。

紙やうすいプラスチックはもみくちゃになります。注意

背の高さは低いといろいろ入っていってくれていいですね。

 今回、価格comのモニターを希望して使う機会が与えられ、使ってみました。
 あまり期待していなかったのですが、やんちゃによく掃除してくれます。無理をするので、普段より部屋が片付きました。ロボット掃除機は初めてなので、他の掃除機との比較や掃除そのものについて気づいたことを書きます。

【吸引力・清掃力】
 見た目は全体的にきれいなります。生活していると髪の毛や衣服の綿ごみが毎日のように目につきます。それがボタン一つだけできれいになります。これは、画期的です。物で動きづらい部屋でも、何か別のことをしながら、少し手助けをすれば、全体を掃除してくれます。わたしは、毎朝、朝食の用意をしながら、ダイニングキッチンで動かしました。少し物を寄せれば、全体をきれいにしてくれます。何となく気分がいいです。清掃力は高いと思います。
 ただし、あまり使っていなかった部屋で2回ルンバを動かし、その後、コードレスクリーナーで掃除をしてみました。(写真)のように、コードレスクリーナーで思ったより多くのごみが取れました。ルンバは基本ブラシで掃き、ローラーで取り込む方式なので、吸引力は劣るようです。
 ルンバを使い始めたら、部屋に広がっていたものを大雑把に片づけ部屋がきれいになったような気がします。やんちゃ坊主のように無理に掃除をしてくれます。容赦ないので、最終的にはありがたい掃除法です。多少の段差は超えますし、袋小路でもなんとか戻りますが、ホットカーペット用のカバーなどはかなり荒らしてくれます。(写真)時々整えてあげないとなりません。

【静音性】
 これは思ったよりうるさいです。特に木の床板は動力ローラーと掃除ローラーの両方の音だと思いますが、かなり気になります。コードレスクリーナーの普通モードの方が静かだと思います。
 子供が寝ている時や、テレビや音楽を見ているときはたとえ2階と1階でも気になります。やや古い家なので、建物の静音性が悪いことも原因かもしれません。畳の上でも気になりますが…。

【使いやすさ・サイズ】
 部屋を移動するときは、やや大きいかなと思います。しかし、高さが低いので、高さの狭い空間にも無理に入っていくので、部屋をきれいにしてくれると思います。キッチンの扉の下やキャスター付きの小物置きの下も潜り込め、掃除をすることができます。(写真)


【デザイン】
 良くも悪くもルンバのデザインだと思います。パナソニックのおむすび型も合理的なような気がします。


【手入れのしやすさ】
 これが、今回のルンバの大きな改善点だと思います。ダスト容器が小さく、紙パック式クリーナーのように圧縮する力も少ないので、頻繁にごみ捨てが生じます。それを、充電スタンドについている紙パック式掃除機(?)で、吸い出して、ダスト容器の掃除を自動化(写真)しています。すばらしいアイデアだと思います。これをサイクロンクリーナーでも実用化してくれるとありがたいと思ったほどです。コードレスの場合どうしても、キャニスタータイプの紙パック式より、掃除の回数と、ほこりに触れる機会が増えるので他のメーカーでも考えてほしいところです。ロボット掃除機を最初に一般化したメーカーの開発力かなと感心しました。

【その他】
・ 壁際は、波線のように動くことがあります。多分取りづらい所をきれいにとるための動きだと思います。(動 
  画)よく考えていると思います。
・ 階段では、落ちないようになっていました。当然のつくりですが、最初に使ったときは不安でした。少し、本
  体の一部が外に出ます。ビクッとしました。その後戻って何もなかったように掃除の続きを。
・ デュアルバーチャルウォールという、目に見えない境界線や、集中して掃除をする場所を示すアイテムがつ
  いています。簡単で便利です。
・  段差は思ったより越えます。少し面取りしてあれば、1cmくらいは問題なく乗り越えています。かなり力があります。
・ ごみを掻き出すエッジクリーニングブラシかデュアルアクションブラシかどちらの原因かわかりませんが、紙
  やうすいプラスチックシートで吸い込めないものは、切れたり、折れ曲がったりして、ボロボロになります。(写
  真)台の下に注意
【まとめ】
        ルンバ   コードレス  キャニスター
クリーン度    〇      ◎      ◎
簡便性      ◎      ◎      〇
集塵管理     ◎      〇     ◎(紙パック)
価 格       △      〇      ◎

 私は、家電品が好きな部類なので、ロボットクリーナーがやはりほしくなりました。
 コードレス掃除機を使い始めたとき、その便利さに目からうろこでしたが、ロボット掃除機も同じでした。たぶん、今までの日本(?)の掃除機は、吸引力で、隅々まで吸い込むこと(潔癖性)に主眼が置かれていたよう思いますが、簡単に毎日きれいする方が大切で、快適な生活といえると思います。その意味では、吸引力重視のキャニスター(コード式)より、機動性のコードレスクリーナーや自動化のロボット掃除機は良いと思います。
 家の床に凸凹が少なく、置物や柔らかいラグなどが少ない家庭、共働きなどで、家を留守にしている時間が多い家庭にはロボット掃除機はベストだと思います。特にこの新しいルンバは、手入れが簡単でよいと思います。そこまででなければ、メインをコードレスクリーナーにしてお金に余力があれば、ロボット掃除をサブでというのが理想でしょうか。私の家はこのタイプかな!
 ともかく、「根こそぎ」より、「より簡便に、こまめに」掃除ができる掃除機がメインとすることが部屋をきれいに保つこつだし、大切だと気付きました。
 最後に、この価格は高いです。当分はコードレスクリーナーが主体の掃除ライフかな!
ロボット掃除機は見送ることになると思います。
 でも………。安い物を買おうかな?使うと気持ちが残りますね。!!!

掃除面積
40〜59m2
頻度
毎日

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

ルンバi7+ i755060のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

ルンバi7+ i755060
iRobot

ルンバi7+ i755060

最安価格(税込):¥119,700発売日:2019年 3月 8日 価格.comの安さの理由は?

ルンバi7+ i755060をお気に入り製品に追加する <830

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[掃除機]

掃除機の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(掃除機)

ご注意