ランドローバー レンジローバーイヴォーク 2019年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ランドローバー > レンジローバーイヴォーク 2019年モデル

レンジローバーイヴォーク 2019年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:レンジローバーイヴォーク 2019年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
First Edition P250 2019年6月1日 フルモデルチェンジ 2人
満足度:3.50
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:2人 (試乗:2人)
  1. 5 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.50 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.00 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 3.50 4.13 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 3.00 4.21 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 3.50 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 無評価 3.89 -位
価格 総合的な価格の妥当性 2.00 3.88 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

レンジローバーイヴォーク 2019年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:127人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能2
走行性能2
乗り心地3
燃費無評価
価格3

【エクステリア】
レンジスポーツ・イヴォーグ・ヴェラール等、もはや何が何だか詳しい人でなければわからない。
最初にイヴォーグが出てきた時は衝撃でしたが、もう見慣れてしまい新鮮さはなくなりました。でも迫力あるエクステリアは
嫌いではないです。

【インテリア】
OP次第だとは思いますが、1stEDはとても良いと感じました。でもタッチパネルに指紋が付くのは私にはどうも・・・。最近の流行りなのでしょうけどピアノブラックのパネル等、指紋の付きやすい仕上げは私は嫌です。

【エンジン性能】
良く言えば軽くて軽快なエンジン。悪く言えば安っぽいエンジン。

【走行性能】
アクセル・ステアリングが軽すぎ。踏めば十分な加速はしますが決して良い音とは言えない唸り音が響きます。

【広さ】
旧型でもそうでしたがサイズの割にはかなり狭いです。荷物もあまり乗りません。ゴルフバッグは後部席倒さないとNGです。

【乗り心地】
15分程度の国道走行ですので何とも言えませんがアスファルトでは普通です。レンジのような乗り心地は期待してはダメです。

【価格】
おおよそ800万。デザインに惚れたのであれば買う価値はあると思いますが、実用性や走りで買う車ではないわと思いました。

【総評】
日本でも比較的扱いやすいミドルサイズのSUV。ライバルは欧州車ではマカン、Q5、X3、XC60等だと思います(余談:最近車を見歩いていて気付いたのですが、キャデラックのXT5が断トツ素晴らしかったです。もしこのカテで探されている方がいらっしゃったら是非一度試乗してみてください)。
デザイン重視で若い世代で彼女と2人でドライブする車かなぁと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

素人車さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:178人
  • ファン数:1人
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格1

パソコン見てたら偶然イヴォークがフルモデルチェンジしたとのことで家から歩いて10分のところにあるランドローバーに見に行ってきました。


【エクステリア】
前のモデルと代わり映えしないようだか、斜め後ろに以前のイヴォークが展示してあったので比べて見たが結構違う。
全体的により凹凸が無くなりスマートで無駄を省いた感じになっている。
横幅が大きくて全長が短い。で、タイヤが四つ角にデン!と収まってて格好よくて可愛らしい感じがだいぶ日本車とは違うなぁと感じた。

でもシーケンシャルウィンカーは要らないかな(個人的感想です)。


【インテリア】
これこそ近未来コックピットって感じ。
10インチのタッチパネルと、その下にまた液晶があってまたその下に温度設定の回すスイッチがあってスイッチの中も液晶。
メーター部も液晶。

なんじゃこら!?って感じ苦笑。

すごく良いのだが、物理ボタンが少なくスイッチが一杯あるのが好きなおじさんにとって少し寂しく感じた苦笑。

でもパワーウィンドウのスイッチの台座部分が樹脂剥き出しの感じが少し勿体ない。

しかしこのメーター部の液晶ってもし壊れて映らなくなったらどうなるんだろう?


【エンジン性能】
今回試乗させてもらったのが2Lのターボなんだそうだが、レクサスのNXと違ってラグがなく、踏んだらすぐ加速していくのがとても楽しかった。
エンジン音も室内にはあまり入ってこず気がついたら100qなんてことになるかも。


【走行性能】
初外車なのだが、やはり四つ角にタイヤがあるおかげなのか安定感が違う。
段差を乗り越えるときいくらか揺れを感じるのだが、収まりが早くてすぐ安定する。
コーナリングも踏ん張ってる感があって安心してハンドルを切っていける。
レクサスのUXに近い感じだ。


【乗り心地】
ゴツゴツ感が少なくてUXのFSPORTSより乗り心地は良い。
ロードノイズも少ないしエンジン音も遠くで聞こえる感じだ。
ただUXほどではないが、全長が短いから後席はかなり狭い。
4人で長距離はちょっと微妙かな。
荷室も少し狭いし、あと10cm全長が長かったらとても良かったのだが。


【燃費】
無評価


【価格】
460万円からとパソコンに載ってあったので以外と買えるかもと思っていたのだが…
必要最低限の安全装備、盗難防止装置等々付けていくとあらビックリ!600万円越えになった苦笑。

試乗したのがファーストエディションだったのだが、なんと800万円!!
レクサスRXの高い方が買える苦笑。800万円の価値があるかないかは個人個人の判断にお任せするが、私には買えない苦笑。
見た目の可愛らしさと値段のギャップが大きすぎて庶民にはホントに高嶺の花である。


【総評】
値段は別にして日本車には無い魅力がてんこ盛りなイギリス車である。
全長が4.3mちょっとのわりには以外と後席もガマン出来るし、うちのような夫婦二人ならピッタリの車だとは思う。
思うが平凡なサラリーマンの我が家では夢のまた夢でした。

まあ良い経験が出来たという事で苦笑。

レビュー対象車
試乗

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

レンジローバーイヴォーク 2019年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

レンジローバーイヴォーク
ランドローバー

レンジローバーイヴォーク

新車価格帯:470〜836万円

中古車価格帯:458〜772万円

レンジローバーイヴォーク 2019年モデルをお気に入り製品に追加する <123

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意