B450 AORUS ELITE [Rev.1.0] レビュー・評価

2018年11月 2日 発売

B450 AORUS ELITE [Rev.1.0]

  • B450チップセット搭載のAMD製CPU対応ATXマザーボード。ゲーミングPCに向いた作りとなっている。
  • デュアルNVMe M.2 PCIe SSDでRAIDを構築可能。M.2サーマルガードで、M.2のサーマルスロットリングとボトルネックを防ぐ。
  • ハイブリッド・デジタル電源フェーズ設計を採用。従来のフェーズ設計と比べ、AMD第2世代Ryzenプロセッサー環境において、より低発熱・長寿命化を実現。
B450 AORUS ELITE [Rev.1.0] 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥― (全国8店舗)最寄りのショップ一覧

フォームファクタ:ATX CPUソケット:SocketAM4 チップセット:AMD/B450 メモリタイプ:DDR4 B450 AORUS ELITE [Rev.1.0]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • B450 AORUS ELITE [Rev.1.0]の価格比較
  • B450 AORUS ELITE [Rev.1.0]の店頭購入
  • B450 AORUS ELITE [Rev.1.0]のスペック・仕様
  • B450 AORUS ELITE [Rev.1.0]のレビュー
  • B450 AORUS ELITE [Rev.1.0]のクチコミ
  • B450 AORUS ELITE [Rev.1.0]の画像・動画
  • B450 AORUS ELITE [Rev.1.0]のピックアップリスト
  • B450 AORUS ELITE [Rev.1.0]のオークション

B450 AORUS ELITE [Rev.1.0]GIGABYTE

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年11月 2日

  • B450 AORUS ELITE [Rev.1.0]の価格比較
  • B450 AORUS ELITE [Rev.1.0]の店頭購入
  • B450 AORUS ELITE [Rev.1.0]のスペック・仕様
  • B450 AORUS ELITE [Rev.1.0]のレビュー
  • B450 AORUS ELITE [Rev.1.0]のクチコミ
  • B450 AORUS ELITE [Rev.1.0]の画像・動画
  • B450 AORUS ELITE [Rev.1.0]のピックアップリスト
  • B450 AORUS ELITE [Rev.1.0]のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > マザーボード > GIGABYTE > B450 AORUS ELITE [Rev.1.0]

B450 AORUS ELITE [Rev.1.0] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.49
(カテゴリ平均:4.42
レビュー投稿数:13人 
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
安定性 安定して動作するか 4.40 4.54 -位
互換性 パーツとの相性など 4.76 4.42 -位
拡張性 拡張性スロットやポートは十分か 4.32 4.13 -位
機能性 付加機能は十分か 4.43 4.27 -位
設定項目 設定項目は豊富か 3.97 4.23 -位
付属ソフト 付属ソフトの質と量は適切か 3.08 3.78 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

B450 AORUS ELITE [Rev.1.0]のレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

自作erGomaさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
0件
10件
ノートパソコン
0件
7件
CPU
1件
6件
もっと見る
満足度4
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性5
設定項目4
付属ソフト2

【安定性】
B450なので十分安定している。
【互換性】
特に問題なし。初代〜第5世代まで対応とのことなので凄いと思う。
【拡張性】
USBポートも8個あり個人的には十分である。ただUSB−Cが無いので使いたい場合は拡張カード等で対応する必要あり。ATX規格なので特に問題はない。ただショートタイプのATX(希少)なので右側が若干不安定になる。
【機能性】
豊富である。LED系の端子も充実しているしケースファンのピンも少ないということはない。あとは普通のB450マザーと変わらない。両ラッチなのもいい
【設定項目】
可もなく不可もなく。ただ固有名詞が英語のままだったりと分かりづらいところが多々ある。あと設定が反映されなかったりする。
【付属ソフト】
作り込みが甘い。色々なソフトがあっていいのだが,如何せん作り込みが甘く絶妙に使いづらい。ここはGIGAの改善点か。
追加:付属ソフトはブルスクの原因になり使えたものではない。よって星を2に減らさせてもらう。
【総評】
豊富な機能でこの価格,そしてソフトの作り込みが甘いところが良くも悪くもGIGABYTEらしさを演出している。
安くてキラキラしたpcが作りたいという方,GIGABYTEが使いたい!という方,USB-Aがたくさんついていたほうがいい!という方にはもってこいである。ただATXじゃなくてもいい,そこまで光らなくていい,拡張性を多少犠牲にしてもいいという方はSteeleLEGENDやTUFゲーミングを購入したほうがいいと思います。私は比較して購入したのでこのマザーで満足していますが…

レベル
初めて自作
重視項目
コスト重視

参考になった1人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

とび〜さん

  • レビュー投稿数:42件
  • 累計支持数:775人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
5件
18件
タブレットPC
2件
7件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
6件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性4
設定項目4
付属ソフト4

2020年の初売りで、3600Xとセット品として購入。

このマザーで、グラボ2種類、SSD2種類、メモリー2種類使ってみたが、どれも安定稼働。

最近CPUを5600Xに交換したが、対応BIOSにアップ後なので、何も考えずにCPU交換だけでOK。

唯一の欠点は、BIOSアップデート時に、設定がリセットされること。
以前Intel CPUを使っていた時は、ASROCKやASUSのマザーだったが、どちらもBIOSアップデート時に設定がリセットされることはなかった気がする。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

rukatoさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
2件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性5
設定項目4
付属ソフト2

CPU: Ryzen5 3400G
RAM: Crucial DDR4-3200 8GB x2
SSD: Sunbow 320GB
GPU: CPU内蔵
CPU Cooler: 虎徹MarkU

【安定性】
B450 Steel Legend からの乗り換えですが、流石はGigabyte、相性もあるのでしょうが最も安定しています。
【互換性】
2021/09購入時でBIOSのバージョンはF51でしたが、Ryzen3000シリーズまでは完全にサポートしてます。BIOSをF61以降へUPDATEすると、Ryzen4000/5000シリーズにも対応する為、対応の幅は広いです。
【拡張性】
必要な物は一通り揃っています。
反面、通常9〜10本あるケースへの固定用ネジ穴が7本しかなく、右側が固定できない状態になります。実害はありませんが、マザーボード右側にある端子にあまりを力を入れたくなくなります。
【機能性】
気になるところはありません。OCなどやりたいことは大体やれます。他のB450マザーに比べて、I/Oパネルがマザーボード一体型なのが良いです。
【設定項目】
Asrockに比べるとBIOSの見た目がやや分かりにくかったり、BIOS画面でのマウス操作が効かないことがありました。尚、マウスの挙動はBIOSの最新化(F63b)でひとまず正常化したように見えます。
【付属ソフト】
沢山付いており、無駄にゲーミングな見た目でカラフルな感じですが、全て不要です。基幹ソフトである筈のAPPセンターが只の「プログラムと機能」画面の焼き直しだったのは思わず苦笑いです。
【総評】
廉価で安定性のあるB450マザーとしては上位に位置すると思います。個人的には要らないのですがLEDもしっかり搭載しており、流行り物は押さえている印象です。マザーボード固定ネジ穴や付属ソフトなど細かい部分で雑に感じる時もありますが、総じて値段の割には高級感を感じる造りになっており満足です。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

しこでーさん

  • レビュー投稿数:67件
  • 累計支持数:296人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

キーボード
4件
0件
マウス
4件
0件
SSD
4件
0件
もっと見る
満足度3
安定性2
互換性5
拡張性4
機能性4
設定項目2
付属ソフト1

ROMライターでBIOSを書き戻し

GIGABYTEにはBIOSを書き換えるためのピンがない

Nexperiaのチップが載った良品

   

TIのチップが載った不良品

   

長らく余ったノートPCにUSB HDDを繋げてファイルサーバーとして使用してきたものの、性能的にちょっと厳しくなったので一台組むことにした。
当初はIntelのi3-8100で組もうかと思ったが、Intelの世代ごとの互換性のなさに嫌気がさしていた。
そこで世代間の互換性が抜群のAM4ソケットを持ち、巷で話題のRyzenで作ろうと思い立った。
現在所有のi5-8400では物足りなくなったときRyzen3700X辺りに乗り換えて8400をサーバーにするという先々を見据えての自作。

スペックは以下の通り
CPU Ryzen3 3200G
M/B B450 AORUS ELITE[Rev.1.0](ショップでBIOSを最新版にしてもらった)
MEM crucial CT2K8G4DFS8266 (8GBx2)
SSD crucial MX500 CT1000MX500SSD1/JP(500GB)
HDD メーカーと容量が色々の余り物x7台
OS Windows10 Pro 64bit DSP

【安定性】
定格で安定して動きさえすれば何の問題も無い。
ほんの少しの性能向上のためにOCメモリーを使って不安定で低コスパになるより、品数が多く安定したメモリーで高コスパを維持する方がマシという判断。
このPCではゲームしないからなおさら。
ディスプレイどころかキーボードもマウスも繋がず、リモートデスクトップでメンテする完全なサーバー用途。
BIOSバージョンF42cにアップデートしたら大問題が発生したため安定性を下方修正(詳細は追記)。

【互換性】
AM4が素晴らしい。
ZEN3も動くといいなぁ

【拡張性】
今時はオンボードで載ってないものはほとんどないので普通に使う分には十分な拡張性なんじゃないかと思う。
SLIができない、M2スロットとSATAの排他的使用など注意すべき点がいくつかあるが廉価グレードでは普通と言えば普通。
ただ、ASRockのSteel Legendと比べるとあらゆる箇所が少しずつ劣ってる。
あと、USBがちょっとイマイチかも。

【機能性】
現状ではサーバー用途なので光らす予定はないが5VのアドレサブルLEDと12VのLEDを光らせるポートが2つずつ付いている。
ただ、12Vのうち1つは通常の4ピンではなく白色LEDを含む5ピンであり変換ケーブルが付属しない。
なお、アドレサブルLEDの方はジャンパの変更で12VのアドレサブルLEDも使えるらしいが、巷にあるアドレサブルLEDはほぼ5Vなのであんまり意味は無いかも。
あと、安いのにM2のヒートシンクが付いているのがいい。

【設定項目】
定格で使用するのでOC周りはよくわからないが、通常使用でいじりたい部分は過不足無くそろってる。
ただ、設定が非常に解りづらい。
MSIは判りやすかったのに。

【付属ソフト】
ゲーミングな見た目の付属ソフトはホント止めてほしい、使いにくい。
そして、GIGABYTEのユーティリティはホントに使いにくい上に低機能で低速。
統合インストールソフトはユーティリティなどはインストールできてもドライバーは検索すらされない。
そして、いらないユーティリティにデフォルトでインストールのチェックが付いているので油断するとノートンアンチウイルスというウィルスが侵入してくる。

【総評】
悪くない、悪くはないのだが悪い意味でGIGABYTEの伝統を引きずっている。

なんといってもサイズがおかしい。
奥行きが通常のATXマザーボードより1cmほど短く、通常は9本のネジでケースに固定するはずだが6本分の穴しかない。
電源コネクタ周りにスペーサーネジが無いので電源取り付けの際、マザボがしなって恐ろしいので背面にスペーサーの高さに合わせて切った消しゴムを貼り付けた。
こんなのおかしすぎるでしょうよ。

自作から長らく離れていて忘れていたが、機能豊富で安くて細かいところの出来が悪いのがGIGABYTEの伝統だった。

【追記】
BIOSをF42cにしたら、BIOSが吹っ飛んだので再レビュー。
BIOSバージョンF42aで安定していたもののF42cが出たのでアップデートしてみた。
CMOSクリア後、BIOS上のQFLASHからUSB経由でアップデートし正常にアップデートされたので再起動。
BIOS画面に入り以下の設定をした。
SVM Mode=On
CSM Support=Disable
Initial Display Output=IGD Video

設定保存の後、再起動したところPOSTにすら届かなくなった。
確認すると基板上のMEMのLEDが点灯。
メモリー1枚で試してみるもダメ、一応他のPCでメモリーを試してみたところ問題無し、CMOSクリアしてもダメ。
一度はF42cで起動できているのでアップデート自体は問題なかったはず。
その後の設定により吹っ飛んだと考えられるが上記の通り大した設定はしていない。

ROMライターは持っていたものの1.8vのFlashROMに書き込むためのアダプターを持っていなかったのでAmazonで購入。
ところが届いたのは2.3vまでしか対応していないTexas Instrumentの74ALVC164245が載っている不良品。
返品して再購入の後、1.5vまで対応したNexperiaの74ALVC164245が載った良品が届いた。
バックアップしてあったBIOSバージョンF42aに書き戻して正常に起動するようになった。
上記の設定を施しても問題なく起動。

ちなみにこのマザボには基板上にBIOSを書き換えるためのピンがない。
MSI、ASUS、ASRockにはBIOSチップのそばにBIOSにアクセスするためのピンがある。
あと、RyzenはCPUをマザボから外さないとBIOSの書き換えができないので面倒。
IntelはCPUが載った状態でも書き換えられる。

もう一度F42cにアップデート後に同様の設定をしたところ、やはりBIOSが吹っ飛んだ。
一応、代理店(旭エレクトロニクス)に連絡したところ何の調査もせず、また保証期間内にもかかわらず
「修理するから金出せ、以上」
とのこと。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった9人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

w4ter27さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性4
拡張性4
機能性5
設定項目4
付属ソフト3

CPU: Ryzen7 2700X
RAM: Crucial 8G x2
SSD: CFD NVME 500GB
GPU: ASUS ROG Strix 2070
クーラー: 無限五

【安定性】
通常運用のみですが、安定して動いています。
マザーボードの発熱も気になるところはなく、安定した温度を保っています。
発熱が気になる方は、空気の流れなどを見直してみるといいと思います。

【互換性】
オンボード出力用の端子だとHDMIとDVI-D端子がついており、DPがついていないようなモニターでも使えるというところは嬉しい人もいるところではないのでしょうか。

【拡張性】
拡張性は値段の割にたくさんあり、一般的な使用方法ではできないことはほぼないと思います。
デザインのいいM.2のヒートシンクや、一般使用では十分な数のコネクタ類などはしっかりついています。

【機能性】
このマザーの魅力の一つはやはり、電源フェーズ設計なのかと思います。
発熱に関しては上記にもありますがやはり問題はありません。
さらにこの値段で割ときれいに光ります。
最近のGIGABYTEさんでは力を入れている部分でもあり、とてもいいと思います。
特に自作初心者で、光るかっこいいパソコンをコスパ良く作りたいという人にはぴったりだと思います。

【設定項目】
BIOSなどは割とわかりやすいです。

【付属ソフト】
RGBの制御ソフトが少しいじりにくいですが、慣れてしまえばそこまで気になりません。
その他に関しては不満はないです。

【総評】
B450で一万円を切るマザーボードとしてはとても性能も見た目も満足度は高いです。
必要なものはそろっているし、Ryzenでコストパフォーマンス良く組む時にはとてもぴったりなマザーになると思います。
主な比較対象としてASUS TUFやASROCK RO4がありますが、しっかりとGIGABYTEさんならではの特徴と安さを兼ねそろている印象も高いです。
低価格で安定性とビジュアルが欲しいというような人にはベストマッチなマザーです。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

sy476さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性4
設定項目無評価
付属ソフト無評価
   

起動してから少し経った温度(55度)からゲーム(DbD)起動の温度(65度以上)

   

CPU  AMD Ryzen 7 2700X
GPU  ZOTAC GeForce RTX 2080 Ti AMP/Triple Fan
メモリ CMW32GX4M2C3200C16×2
SSD  Patriot Hellfire 800GB NVMe PCIe SSD M.2
     KLEVV SSD NEO N600 480
HDD  TOSHIBA DT01ACA300

・安定性
特に問題なし

・互換性
少し古いHDDやSSDでも特に問題なく使える
メモリーもOC仕様でも特に問題なし

・拡張性
B450ということもありスロットルとSATA関係はほどほど
普通に使う分には十分

・機能性
PWM制御と電圧制御のPCファンを特に考えずに使用できるスマートファン5は扱いやすい
RGBfusionについては未確認

・気になった点
レイアウトの都合上NVMe PCIe x4はグラボの排熱をもろに受けるためにかなり温度が高くなる
特に何もしてなくても55度、ゲームをすれば65度
読み込みが入れば一瞬で70度、サーマルスロットリングがすぐ起こる
もしNVMeの力を存分に味わいたいならGPUを外すか
PCファンの風を当てるようにするか、エアコンの温度を下げるか
GPUを水冷式にして熱を逃がすことを考えた方が良いかもしれない


少なくともよっほどこだわりが無ければコスパ良しの良い製品だと思う

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

優菜のパパさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
0件
12件
マザーボード
2件
8件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
8件
もっと見る
満足度5
安定性4
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目4
付属ソフト無評価

構成
CPU Ryzen 5 2600 BOX(定格運用)
MB B450 AORUS ELITE
メモリ F4-3000C16D-16GSXWB(XMP設定読ませてから3200に設定)
GPU Radeon RX 570 ARMOR 8G
SSD SSD 760p SSDPEKKW256G8XT
HDD WD20EZAZ-RT
    WD5000AAKX(流用)
CPUクーラー 虎徹 MarkII
PCケース MasterBox Lite 5 RGB(窒息ケースだったので下記に変更)
       MasterCase MC500P(フロント吸気14センチファン3個・トップ排気12センチファン2個・リア排気12センチファン1個)

【安定性】
CPU定格運用なので安定している
【互換性】
Zen 2を買う予定なのでその時に改めて
【拡張性】
ATXマザーなので拡張性はあると思いますが、色々付けて不安定にさせたくないので付けてません。
【機能性】
機能性とは?
【設定項目】
BIOSに色々あるが8年ぶりの自作で浦島状態だから特にいじってません。
【付属ソフト】
インストールしていません
【総評】
GIGABYTE公式にフェーズ数聞いてみました。
見た目は8+3フェーズありますが、CPU4フェーズとアンコア部に3フェーズです。
フェーズ数を少なくして価格を抑えながらも高TDPのCPU搭載しても安定動作できて尚且つVRM周りの発熱も抑えれる設計です。
質実剛健マザーだということです。
GIGABYTEさんも良い製品作ってるのに、なぜ価格ドットコムの人気は下のほうなんだろうか...

以下公式原文記載

ハイブリッド・デジタル電源フェーズ設計と呼ばれる物です。
VCORE 4フェーズながら、8フェーズ並みの電流許容量を実現するため、チョークコイルやMOSFETが通常の2倍搭載されています。
なお、PWM信号自体は4つのため、4フェーズです。(1つのPWM信号を、ダブラーなしで共有している形です。)

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった2人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

のりとたまごさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性3
設定項目4
付属ソフト無評価

【安定性】
動作が不安定になるといった事が無かったので安定性はあり。

【互換性】
パーツ間どの相性は起きてない。

【拡張性】
ATXで、PCIEにはグラボ以外積んでいないので、拡張性は充分。SATAも6つあるので基本的には困らない。

【機能性】
光らせるのに多くのRGB対応のファンやストリップに使われている4ピンではなく5ピンだったため、
そのまま接続出来ず変換ケーブルが必要だった。
上位のマザーには変換ケーブルが入っているみたいですが・・・
RGB fusionですが、キーボードやマウスのRGB制御も出来るユーティリティを入れた途端に動作が不安定になり、PCを立ち上げてから一瞬タスクに出て来てすぐ落ちる・・・を繰り返す様に。
RGBfusion含めRGB制御をするソフトをアンインストールして数日間放置した後同じソフトを再インストールしたら問題なく動いたので何だったのか・・・
また、GIGABYTEに問い合わせしたら、とりあえずOSごとクリーンインストールしてくださいとの回答・・・

【設定項目】
UEFIの設定項目は見つけやすいが、設定の仕方が少し分かりにくい感じがした。

【付属ソフト】
付属ソフトは利用してないので未評価

【総評】
RYZEN5 2600で運用してますが、CPUやメモリを軽くOCしたりしても問題なく動作してるので、コスパがよく、結構遊べるマザー。
バックパネルがマザーボードと一体型になっており、取り付け時の手間が少し省けたり、
メモリスロットに関して、他メーカーは片側ラッチだがGIGABYTE製品は両側ラッチで片側ラッチより個人的に取り付けがしやすかったり、
分かりにくいケースとの配線も色分けがされていたり、
自作をする人に配慮した設計になっているので、自作初心者の方でも組みやすい製品。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

パソコン自作大好きさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
電源ユニット
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性3
互換性4
拡張性4
機能性5
設定項目無評価
付属ソフト4

今回、初めての自作で使いました。

安定性
あまり安定していません。再起動の時2回に1回失敗して電源が切れる事がありました。今は大丈夫なのですが、なんとなく心配です。
互換性
特に問題ありません。
拡張性
PCIexpress×16がもっとあった方が良かったのですが、B450なのでしょうがないでしょう。
機能性
スマートファン5や、ファンストップは、けっこう役立っています。
付属ソフト
SDOSDがインストールできませんでしたが使いそうにないのでいいでしょう。RGBfusionやeasytuneは、とても役立ちます。
少し心配はありますが、9000円代で買えるならとてもいいでしょう。また、私のは初期不良か、ソフトの問題でしょう。

レベル
初めて自作
重視項目
スペック重視

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

moto3manさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:108人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性4
設定項目5
付属ソフト無評価

DRAMタイミング

CPUクロック

CBR15スコア(Multi-Threadはリアルタイムモード)

【安定性】
Prime95で安定性テストを行いましたが問題ありませんでした。
ゲーム中のフリーズ落ち等も定格であれば問題なく、OC使用でも各種調整によって安定したので問題ありません。
【互換性】
以下の構成で起動していますが現状全く問題ありません。
CPU:Ryzen 5 2600@4.2GHz(全コア)
MB:本製品
メモリ:G.Skill Sniper X 3600C19 16GB kit (3333MHz C18-19-20-38@1.35vで使用中)
グラボ:GTX1070 Aorus
【拡張性】
B450としてはこんなものだろうというレベルです。
【機能性】
Dual-Biosではないというのが少し残念でした。
【設定項目】
欲を言えばLLCの設定が欲しかったですが、廉価マザーなので仕方がないかと。どこぞのB450マザーには実装されているけど...
【付属ソフト】
付属ソフトはほとんど使用していないので無評価。
【総評】
当方はじめてのAMD CPUでの自作となりましたが、特に問題もなく起動してくれました。
廉価なB450マザーボードなので正直4GHzすら出せないかもしれないと考えておりましたが、実際に触ってみるとCPUは4.2GHz、メモリーも3333MHzまで到達できたので満足しています。
またAMDのVRM周りは爆熱だと聞き及んでいた(友人のB350マザーボードでR5 1600定格で70℃超え)ので心配でしたが、こちらのマザーボードはフェーズ数が4と少ない割に発熱量が少ない(vCore 1.35v設定で最大55℃)為驚きました。
2700Xや2700をOCするためには少々不安ですが、2600レベルのCPUで常用OC設定であれば充分に安定して動作可能なマザーボードであると言えます。
【余談-OC設定】
vCore offset(DVID) 設定:+0.252v (1.332v〜1.380vで動作)
CPU Ratio:x42.00
DRAM Ratio:x33.33
vCore SOC offset 設定:+0.102v (1.180v〜1.210vで動作)
DRAMタイミングはXMPとDRAM Calculator for Ryzenを用いて当たりを付けて設定しました。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

マッピーNさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:32人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
2件
SSD
1件
1件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性4
互換性4
拡張性4
機能性4
設定項目3
付属ソフト3
   

   

PCの構成
CPU:Ryzen 5 2600
CPUクーラー:虎徹 MarkII SCKTT-2000
M/B(ATX):ギガバイトB450 AORUS ELITE [Rev.1.0]
ビデオカード:MSI SRadeon RX 570 ARMOR 8G[PCIExp 8GB]
メモリ:CDF Crucial純正メモリー Ballistix W4U2666BMS-8G[DDR4 PC4-21300 8GB 2枚組]ヒートシンク付き
SSD:M.2 (Type2280) crucial P1 CT1000P1SSD8JP
電源:玄人志向 KRPW-BK750W/85+
ケース:Versa H26
OS:Windows10 home(64bit)  1809

ギガバイトのマザーボードを選んだ理由は
丈夫で安定して長く使用できるからです。
(オーバークロックはしません。
前のPCも2台ともマザーボードはギガバイト製で8年使用しましたが
現在も問題なく使用しております。
とにかく年中、扇風機などで冷やして使用するとパーツの寿命は伸びますね。)

ATXとしては幅が少し短くPCケースへのねじ止め穴が6か所しかなく
固定するのが少し不安でした。
電源のケーブルの抜き差し時にマザーボードがしなるので注意が必要です。
マザーボードのマークが黄色に光ります。
メモリテストは1PASSを確認しました。
OSはWindows10 home(64bit)1809で安定して動作しています。
組み立て後、8時間以上連続稼働でフリーズやエラーは発生なしを確認しました。

M2AソケットはPCIe(x4 x2)でヒートシンクが付いています。
M2BソケットはPCIe(x2)です。
M2AソケットにPCIeのSSDを使用するとASATA3_0とASATA3_1が使用できなくなる。
(確認はしていませんが排他になる仕様)
一つ問題は熱の放熱で拡張スロット(PCI Expressx16)にビデオカードをさしますが
拡張スロットの下にM2AソケットのSSD(Cドライブ)があるので
ゲームなど思い処理をやるともろにSSD(Cドライブ)の温度が上昇していまうので、
DCファン(SYS_FAN3)を横に付けて常時冷やすようにしました。
これで夏も乗り切れそうです。

とても安くOSやアプリの起動とファイル読み書きも早く満足しています。
起動を待たなくていいのでノートPCを使わなくなりました。

後ほど
興味本位でBIOSをF2からF5へ書き換えました。
(安定していればやる必要はないと思います。)
興味本位でドライバーを更新しました。
Chipset:AMD Chipset Driver17.40.3602   Win10 ver.1809 supported.
Audio:mb_driver_realtek_6.0.1.8597      Win10 ver.1809 supported.
LAN:mb_driver_lan_realtek_10.31.0828.2018 Win10 ver.1809 supported.
特に問題なく動いています。

以 上

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

TNKBTさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
メモリー
1件
0件
SSD
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

初めての自作でしたが、何事もなく起動しました
[構成]
CPU :Ryzen7 2700X
メモリ :G.SKILL F4-2666C19D-16GNT
GPU :PALIT GeForce GTX 1070 Dual
電源 :玄人志向 KRPW-AK650W/88+
HDD :Seagate ST2000NC001
SSD :Kingston SA1000M8/240G
     SanDisk SDSSDA120G
[追記]
SSDを追加しようとしたところ認識せず。何がいけなかったのかいろいろ手探りしたところM.2の2スロット目とSATAスロット6分の4が排他となっていた。
M.2の2スロット目のみに入れるとSATA 0/1しか使えなくなるため、大人しく1スロットから挿しましょう

レベル
初めて自作
重視項目
コスト重視

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アナキン@自社待機中さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:152人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
0件
153件
デジタル一眼カメラ
1件
136件
ノートパソコン
0件
33件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト無評価

A75マザー+初代 APU A8-3850 機に特に不満がないまま、7年間も使い続けてしまったのですが、昨年は Ryzen2 ベースの魅力的な APU がいよいよ出たため、7年ぶりに本 M/B で自作しました。

===================================
CPU : AMD Ryzen 5 2400G
ビデオカード : - (APU利用)
メモリ : DDR4-3200 8GBx2 「G.SKILL F4-3200C16D-16GTZR」
ストレージ : M.2 NVMe SSD 1TB 「WD Black NVMe WDS100T2X0C」
OS : Windows10 Home 64bit DSP版
===================================
(以下は流用)
PCケース : 星野金属 Altium II 400W Silver
ATX電源 500W : Owltech M12 SS-500HM
===================================

久しぶりの自作だったので浦島太郎状態で、「M.2 SSD ってどこに挿すの!?」「XMP ってなによ?」 でしたが…

自作は K6-2 でデビュー後(?)、当機で6機目ですが、これホド安定して問題なく組めたのは初めてじゃないかと言って良いくらいで...

AMD 系はメモリ周りで苦労することが正直多かったですが、今回は組上げ当初から1ヶ月間、DDR4-3200 で全く安定稼働中で、TSUKUMO の相性保証が無駄になりました。 (APU は定格使用)

当初の目的は 4K 出力を得ることで、問題なく 4K 60Hz YCbCr444 で出力できていますが…

自分的に大きかったのは、前マザーでは REGZA Z7 の外付け HDD 録画番組がホームネットワーク経由で再生不可だったのが、本マザーで DTCP-IP 周りが全てクリアできたせいか、視聴可になりました。

===================================
サウンド : YAMAHA A-S801(USB接続)
ディスプレイ : EIZO EV2785 (HDMI接続)
視聴ソフト : SONY PC TV Plus
===================================

HDMI2.0+HDCP2.2 対応を仕様で明確に謳ってるのは GIGABYTE マザーだけだったのが、本マザーを選んだ最大の理由です。

※ 一点、自分は不要であるため、敢えて★は減らしませんでしたが、最新マザーは USB-TypeC 端子を備えていることが多いですが、本マザーは持たないので、その点はご注意を!(個人的にはノートPC、ディスプレイには必須ですが、デスクトップ機には不要です)


再レビュー1 : 4K 出力可を追記
再レビュー2 : 4K 出力仕様詳細、USB Type-C無しを追記

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった7人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

B450 AORUS ELITE [Rev.1.0]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

B450 AORUS ELITE [Rev.1.0]
GIGABYTE

B450 AORUS ELITE [Rev.1.0]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年11月 2日

B450 AORUS ELITE [Rev.1.0]をお気に入り製品に追加する <103

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意