Core i7 9700K BOX レビュー・評価

2018年10月20日 発売

Core i7 9700K BOX

  • 8コア8スレッドで動作する、ソケットLGA1151対応のデスクトップ向けCPU。基本クロックは3.6GHz、最大クロックは4.9GHz、TDPは95W。
  • 「インテル UHD グラフィックス 630」を搭載。最大解像度は4096×2304で、3画面出力もサポート。
  • 「Optane メモリー」に対応。データの読み込みを高速化し、システムの応答時間を短縮できる。
Core i7 9700K BOX 製品画像

画像提供:Amazon.co.jp

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥41,980

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥41,980

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥41,980¥58,780 (34店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥43,970 〜 ¥45,730 (全国74店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Core i7 9700K/(Coffee Lake-S Refresh) クロック周波数:3.6GHz ソケット形状:LGA1151 Core i7 9700K BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Core i7 9700K BOXの価格比較
  • Core i7 9700K BOXの店頭購入
  • Core i7 9700K BOXのスペック・仕様
  • Core i7 9700K BOXのレビュー
  • Core i7 9700K BOXのクチコミ
  • Core i7 9700K BOXの画像・動画
  • Core i7 9700K BOXのピックアップリスト
  • Core i7 9700K BOXのオークション

Core i7 9700K BOXインテル

最安価格(税込):¥41,980 (前週比:±0 ) 発売日:2018年10月20日

  • Core i7 9700K BOXの価格比較
  • Core i7 9700K BOXの店頭購入
  • Core i7 9700K BOXのスペック・仕様
  • Core i7 9700K BOXのレビュー
  • Core i7 9700K BOXのクチコミ
  • Core i7 9700K BOXの画像・動画
  • Core i7 9700K BOXのピックアップリスト
  • Core i7 9700K BOXのオークション

Core i7 9700K BOX のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.37
(カテゴリ平均:4.67
レビュー投稿数:11人 (試用:1人)
  1. 3 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
処理速度 処理速度は速いか 4.73 4.51 28位
安定性 安定して動作するか 4.45 4.72 43位
省電力性 発熱は少ないか、バッテリを消耗しないか 3.18 4.29 49位
互換性 対応マザーボードは豊富か 3.55 4.35 50位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Core i7 9700K BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人
満足度2
処理速度4
安定性2
省電力性2
互換性1

cpuとマザボを友人より拝借しましたので
テストレビューです。
以下最新ゲーム(2019/11月末現在)2つの場合だとcpuが常時100%使用率となりプチフリや、カクツキが発生しました。

1.RED DEAD REDEMPTION II
2.Call of Duty:Modern Warfare

ネットで調査した所
Apex Legends
などでも同様の現象が発生するとの事。
注意が必要そうです。
当方のマシンでは
Apex Legends
の上記問題は発生しませんでした。
また、
cpuを9900kに変更した所問題はありませんでしたのでcpuの問題が強いかと思われます。
またネット上でも同内容が散見する事ができましたので
ゲーム目的で購入される方はくれぐれも注意された方がよろしいかと思います。

最後に構成です
マザー:ASUS PRIME Z390-A
cpu:これ
グラボ:GeForce RTX 2080 Ti GAMING X TRIO
メモリ:32GB(16×2)
電源:Toughpower Grand RGB 1050W Platinum PS-TPG-1050F1FAPJ-1

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

夏のひかりさん

  • レビュー投稿数:89件
  • 累計支持数:1009人
  • ファン数:39人

よく投稿するカテゴリ

SSD
21件
3972件
自動車(本体)
6件
2297件
デジタルカメラ
3件
396件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性無評価

S-specはSRG15

CPU表面

CPUグリス

Core Temp

CPU-Z

【処理速度】★★★★★
・速そうだけど使用条件が軽いので体感はありません。

【安定性】★★★★★
・安定して動作しています。

【省電力性】★★★★
・OCはしないのでBIOSはデフォルトで使っています。
・Core Voltageは0.684Vなので非常に低い電圧で動作しています。
・Core Speedは3600MHzと4900MHzを繰り返しています。

【互換性】☆☆☆☆☆
・無評価

【総評】★★★★ 
・購入前にS-specが気になりましたがSRG15が届きました。
・CPUクーラーファンは耳を近づけてもほぼ無音です。
・以前はi7-6700Kを使っていましたがi7-9700Kにしても体感は変わりません。

【購入記録】
・注文日:2019-09-25(水)
・配達日:2019-09-27(金)
・購入先: Amazon Japan G.K.
・商品名: i7-9700K
・購入価格: 45,232円(税込)
・保証期間: 3年

【PC構成】
・CPU : Intel Core i7-9700K(SRG15)
・M/B : ASUS TUF Z390M PRO GAMING (MicroATX)
・Cool: Cooler Master Hyper H412R RR H412 20PK R2
・RAM : Corsair DDR4 2666 8GBx2 (16GB)
・VGA : Onboard
・SSD : Samsung 970PRO,960PRO,850PRO,850EVO
・PSU : Seasonic FOCUS 650W SSR 650FX
・Case: Fractal Design Core 1100 (MicroATX)
・OS : Windows 10 Pro 64bit

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

豚焼定食980円さん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:165人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

CPUクーラー
5件
0件
マザーボード
3件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
3件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性2
互換性無評価
   

空冷+定格で高負荷時70度は越えるが…。

   

〇使用環境
CPU: Core i7-9700K(非殻割、定格)
CPUクーラー: Noctua NH-U12a
マザーボード: Gigabyte Z390i AORUS Pro WIFI (mini-ITX)
メモリ: G.Skill Trident Z(F4-3200 C16D-16GTZSW)
電源: Seasonic SSR-650TR(650W)

【処理速度】
8700K(定格)と比較して、体感で変わる事は何一つない。
性能に対する影響はハイパースレッディングより物理コアの方が大きい事は周知の通りですが、ベンチのスコアに多少反映されるだけ。
たぶん、軽めのMMORPGをGTX1050ti〜1060あたりでフルHD前提でやるのであれば、6700Kとか7700Kと比較しても体感で変わる事は無いと思います。
8700Kや8086Kを持っている人は買い替える価値無し、6700Kや7700K持ちは動画編集など、クリエイティブな用途であれば買い替えてもいいかな、程度。

【安定性】
定格運用なので全く問題なし。

【省電力性】
定格かつTDP95W制限を掛けた状態で使用。
8700K比で2割増しくらいです。
消費電力200Wとかアホな記事もありますが、OCしているか、出荷時のマザーボードの設定によるものでしょう。
騙されて無駄に容量のデカい電源を買わないように注意です。

【互換性】
無評価。

【総評】
価格が45000円を切るようになってきたので、メインストリームのCPUとして大体射程に入るのかな、と思います。
流石に50000円超えだと手を出しにくいけど、4万円台前半なら買ってもいい。

自分は今回、割らずに運用しているのですが、温度面はそこまで悪くないと思います。
8700K(殻割クマメタル)<9700K(非殻割)<8700K非殻割)みたいなイメージ。
グリスバーガー状態の8700Kを黙らせる性能のCPUクーラーを持っているなら、問題なく運用できます。
今回は割りにくくなった事もありますが、(後々中古販売も考慮して)割らずに使うなら8世代より9700Kを買った方が良いのは明白。

同時期に発売された超絶9900Kの影に隠れてしまった感が強く、最近のRyzenの猛攻の前に存在感の薄い9700Kですが、価格や性能のバランスを考えると悪い買い物ではないです。
現時点でゲーマー向けCPUの最有力候補としてオススメです。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

野良猫のシッポ。さん

  • レビュー投稿数:46件
  • 累計支持数:151人
  • ファン数:13人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
3件
1739件
薄型テレビ・液晶テレビ
5件
683件
グラフィックボード・ビデオカード
5件
675件
もっと見る
満足度5
処理速度4
安定性5
省電力性4
互換性5
   

動画再生中

   

室温38.7℃ 湿度45% 

録画した.ts動画再生中の温度です。
熊kryonaut+Corsair H115iにて冷やしていますが、60℃行かないので、まぁ、冷えているんでしょう。

ターボブーストが有効だと、周波数が上がりっ放しで、CPUFANがブオンブオンブン回って気になってしまうので、BIOSでOFFにしています。
有効にしたままだともっと温度が上がりそうですね。
この辺の挙動はマザボの問題なんだと思います。

2019/02〜2019/07 絶賛稼働中ですが、点けっ放し稼働で安定動作してくれています。

(*´Д`) にしても暑いな〜!

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

HRMK4423さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
1件
0件
無線LANアダプタ
1件
0件
マウス
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性3
互換性2

【構成】
CPU : Core i7 9700K
M/B : ROG STRIX Z390-F GAMING
Cool : Corsair H150i PRO RGB
RAM : CMW16GX4M2C3000C15W DDR4-3000
VGA : ASUS ROG STRIX RTX2070 O8G GAMING
SSD : WDS500G2X0C
PSU : Corsair HX850i
Case : COUGAR CONQUER
OS : Windows 10 Home 64bit


【処理速度】
それなりの値段がするだけあって処理能力不足を感じたことはない。Apex Legendsを高めの描画設定でプレイし、全コア使用率100%で問題なく動く。

【安定性】
問題なし。

【省電力性】
消費電力は詳しく見ていない。

【互換性】
Intel 300シリーズチップセットが必要。

【総評】
OCせずに冬〜春でCPU温度70℃以下に抑えながら全コア4.9GHzもの動作クロックを出せる。値段や電力を気にせずに使用しているが、文句なしのCPU。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

アイルトン・アレジさん

  • レビュー投稿数:60件
  • 累計支持数:149人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
7件
29件
SSD
15件
0件
CPU
7件
5件
もっと見る
満足度4
処理速度5
安定性5
省電力性3
互換性4

【FAN】無限五 リビジョンB SCMG-5100

【M/B】GIGABYTE Z390 AORUS ELITE


i5-9600kより買い替えました。
まだ数日ですが軽くレビューします。

以前より少し価格は下がりましたが、まだコスパは悪いですね。
シネベンチR15は1500ぐらいで、9600kより350から400上がりました。
さすがにインテルはクロックが高く性能は良いです。

夏場なので定格クロックで使用しています。
電圧もAUTOですが定格でも結構電圧は高めです。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sun8さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:25人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

腕時計
4件
7件
CPU
1件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度4
処理速度5
安定性5
省電力性3
互換性4

去年購入しました。動作は安定しており、ブルースクリーンになることもないです。

マザボはZ390を使用しています。I9ほど爆熱でもなく、虎徹で普通に冷えていますがオーバークロックするといっきに熱々になります。オーバークロック前提なら水冷にした方がいいのでしょうが特に必要性感じませんのでOCせずそのまま使っています。

金額が高いこと以外は特に文句ないです。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ダルフィーさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:38人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
32件
イヤホン・ヘッドホン
0件
3件
SSD
0件
2件
もっと見る
満足度5
処理速度4
安定性5
省電力性5
互換性5
 

【HWiNFO64】x265エンコード実行中のCPU情報

【HWiNFO64】TMPGEnc VMW7 x265エンコード中

 

【Case】Antec P193
【M/B】ASUS ROG STRIX Z390-F GAMING
【CPU】Intel Core i7 9700K
【CPU Cooler】Themallright AXP-200R + ENERMAX UCCLA14P
【CPU Grease】Themal Grizzly Kryonaut
【MEM】CFD W4U2666BMS-8G 8GB×4(32GB)
【VGA】ASUS TORBO-GTX1080TI-11G
【SSD】Sandisk SDSSDXPS-240G(OS用)
    Sandisk SDSSDXPM2-500G(Game・キャッシュ用)
【HDD】計3台
【OS】Windows10 Pro 64bit
【室温】レビュー計測時20℃

普段はM/Bの設定でTurbo Boostの上限を全コア駆動4.2GHzにしていますが、レビュー用に全コア駆動4.5GHzで動かしております。
温度の参考になればと思い、この時のみ自分の主観で五月蠅く感じない上限のCPU Fan Speedを55%に固定しています。

巷では水冷でないと冷やしきれないと言われていますが、空冷でも十二分に冷やせるみたいです。
TMPGEnc Video Mastering Works 7にてx265出力(CUDA有効)を9分ほど出力した際の情報が添付した画像です。
一瞬だけ4.5GHzを維持できず落ち込んでいますが、温度を見る限りはサーマルスロットリングが発生してクロックダウンしている訳ではなさそうです。
この感じですと上限4.4GHzにすれば、Package Powerは標準の95W以内に収められそう?
普段の4.2GHzだとPackage温度52℃前後、Package Power 70W前後なので空冷でも十二分に安定して運用できています。
CPUクーラーも大型サイドフローで無いにもかかわらずこの結果ですので、常用4.2GHzで駆動するのは大満足です。

Core i7 4790Kからの乗り換えですが、エンコードが劇的に早くなったとは感じませんでした。
体感で1.5〜1.8倍ぐらいなので、まぁ妥当なスペックアップになったのかなとは思いました。
これで暫くは組み替えることは無さそうです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

k.K258さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性3
互換性4

ケースの紹介

X99環境からの乗り換えです。。本来9900Kを予定してましたが・・・品薄で買えず待てませんでした(笑)
GPUのほうで今は繋ぎの980を使用してますので今更Maxwellのベンチはいらないだろうということでとってません(笑)
MSIの2080Tiを年末に投入予定。使用方法としてはほぼゲームの為選択肢としてはこちらのCPUも間違いないのかなと思っております。

【構成】

【CPU】 Core i7 9700K
【M/B】 MSI MEG Z390 Z390GODLIKE BIOS1.30にあげてあります。
【Cool】 Corsair H115i PRO RGB (ファンをHD140に換装)
【RAM】 CMD16GX4M2B3000C15(3200OC)
【VGA】 ASUS GTX980 (2080Tiに交換予定)
【PSU】 Corsair HX1000i
【Case】 Level 20 XT CA-1L1-00F1WN-00
【OS】  Windows 10 Pro 64bit


ケースの方が相当でかいのでそのうちKRAKEN X72かCorsairのH150iの360mmの簡易水冷に交換予定です。。
フロントに200mm×2トップにラジエーター+排気ファン2 リアに排気ファン1の構成です。エアフロー等はそこまで気にしてないので見た目重視ですね。見直せばもう少し温度の方は頑張れるかもしれません。
CPUの感想としては以前までは6850Kを使用していた為メインストリームで6コア、8コアが降りてきたかという感想が一番です。

LINPACKのAVXありは5分経たずに85度到達でエラーでした。。全コア4.9Ghz 電圧1.3Vで今調整中です。
エンコード等しないのでまぁこれで常用していけたらなと思っております。

定格でも6850Kよりベンチマーク等の性能はいいので買ってよかったと思っております。
グラボが980ということで早く2080Tiに換装してゲームを楽しもうかと思っております。
あまり参考にならないと思いますがOCCTのストレステストの方の画像を添付しておきます。


レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sakki-noさん

  • レビュー投稿数:48件
  • 累計支持数:467人
  • ファン数:31人

よく投稿するカテゴリ

CPU
5件
1083件
マザーボード
2件
634件
グラフィックボード・ビデオカード
7件
576件
もっと見る
満足度4
処理速度5
安定性5
省電力性3
互換性4

CINEBENCH R15

TimeSpy

FireStrike

FF14 蒼天

FF14 紅蓮

FF15

今回はIntelが「ゲーミングCPU」なる謳い文句掲げ満を持して発表した第9世代CPUの中でもNo.2の座にあるCore i7 9700Kを今現在のメインマシンのRyzen 7 2700Xとの比較を中心にレビューしていきたいと思います。

【構成】

【CPU】 Core i7 9700K
【M/B】 MSI MEG Z390 ACE(Ver.7B12v121[Beta version])
【Cool】 NZXT KRAKEN X62
【RAM】 CMD16GX4M2B3000C15(3333MHzで動作)
【VGA】 Palit Microsystems GeForce GTX 1080 Ti 11GB Super JetStream
【PSU】 Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Gold
【Case】 NZXT H500
【OS】  Windows 10 Home 64bit

【CINEBENCH R15】

9700K マルチ1545cb/シングル211cb
2700X マルチ1828cb/シングル180cb

スレッド数が2700Xの半分の9700Kですが、マルチのスコアは2700Xの84.5%とほどと健闘していて、シングルのスコアは2700Xの117.2%とやはり9700Kが大幅に上回る結果となりました。
2700XがAll Core 4GHzなのに対し、9700KはAll Core 4.6GHzと大幅にクロックが高いこととIPCが高いことによる結果ですね。

【HandBrakeによるエンコード】

 設定 H.264/1080p/30fps/平均ビットレート指定/Preset=Fast
 9700K 平均 72.3FPS
 2700X 平均 73.9FPS

 設定 H.265/1080p/30fps/平均ビットレート指定/Preset=Fast
 9700K 平均 45.4FPS
 2700X 平均 29.8FPS

エンコードソフトにもよりますがさすがIntelはエンコードに強く、H.264ではスレッド数で劣るのにほぼ互角、H.265に関してはなんと700Xの約1.5倍の速さです。

【TimeSpy】

 9700K = Graphic 9784 / CPU 8408 / Total 9549
 2700X = Graphic 9889 / CPU 8903 / Total 9727

DX12のTimeSpyはRyzenが好結果が出るベンチですし、スレッド数もRyzenが上回っていることもあり2700Xに軍配が上がりましたが、9700Kも頑張っていてかなり肉薄した結果になりました。

【FireStrike】
 9700K = Graphic 28810 / CPU 19074 / Combined 11961 / Total 23665
 2700X = Graphic 28928 / CPU 20610 / Combined 6986 / Total 21044

FireStrikeの評価基準が私は実はわかってないんですが(笑)、Graphic・CPUでは肉薄しているもののCombinedで9700Kがかなり上回っているため、総合でも9700Kに軍配が上がる結果となりました。

【FF14】

 1920×1080 / 2560×1440
 9700K = 蒼天 25115 / 18525 紅蓮 21191 / 17652
 2700X = 蒼天 21161 / 17646 紅蓮 17923 / 15687

GTX1080Tiクラスのグラボでは特に1920×1080解像度ではCPUがボトルネックになるのでゲーム強いとされるIntel のスコアは上がる傾向ですがかなりの差が出ましたね。ただやはり解像度が上がるとその差は縮まる傾向があるようです。

【FF15】

 1920×1080 / 2560×1440
 9700K = 10909 / 8285
 2700X = 10621 / 7420

かなり重いと言われるFF15ですが2560×1440解像度で1割以上9700Kが上回る結果となりました。
FF15のスコア÷100が大体平均FPSなので、9700Kの方が大体1割高FPSでプレイできるということになりますね。

【発熱などについて】

9900Kに比べてHTが無い分発熱はそれほど高くないだろうと高をくくっていたのですが、これが結構熱対策に苦労するCPUだと言うのが私の実感です。基本的に私のマザーでは電圧AutoではALLCore TB時の電圧が結構高いので電圧を1.20Vに設定しての結果となります。

■CPU Core Voltage 1.200V(負荷時にはLLC Mode2で1.25V位)/室温25℃
□CPU:OCCT 平均 61℃ / Max 71℃
□CPU:LINPACK AVXチェック無し 平均 69℃ / Max 73℃ 
□CPU:LINPACK AVXチェック有り 数分でで90℃に達してしまうので終了

試しに少しだけOCしてみたのでその時の発熱は以下のとおりです。(定格ですら発熱が高すぎるので、CPU:LINPACK AVXチェック有りは試していません。)
ただし、私はこのCPUをOCして常用する気にはとてもなれないのでほんの参考程度に結果を載せておくだけにとどめておきます。

4.8GHzにOC
■CPU Core Voltage 1.210V(負荷時にはLLC Mode2で1.35V位)/室温25℃
□PU:OCCT 平均 65℃ / Max 74℃
□CPU:LINPACK AVXチェック無し 平均 78℃ / Max 84℃ 

4.9GHzにOC
■CPU Core Voltage 1.220V(負荷時にはLLC Mode2で1.35V位)/室温25℃
□CPU:OCCT 平均 68℃ / Max 78℃
□CPU:LINPACK AVXチェック無し 平均 80℃ / Max 89℃ 

5GHzにOC
■CPU Core Voltage 1.250V(負荷時にはLLC Mode2で1.35V位)/室温25℃
□CPU:OCCT 平均 73℃ / Max 83℃
□CPU:LINPACK AVXチェック無し 数分で90℃に達して終了させた 

--- 発熱について追記 ---

その後CPUグリスをシルバーグリスからThermal Grizzly Kryonautに変更しましたところ、かなり温度を下げることができました。

定格
■CPU Core Voltage 1.200V/室温22.5℃
□CPU:OCCT 平均 52℃ / Max 56℃
□CPU:LINPACK AVXチェック無し 平均 62 / Max 64℃ 
□CPU:LINPACK AVXチェック有り 平均 72 / Max 74℃

【とりあえずの総評】

HTがない9700KですがSMTのある2700Xに対して処理させるものによってはマルチスレッド性能においても健闘しており、ゲームに関しては多くの場合でリードできる実力があると思います。
ただ、打倒Ryzenを意識しすぎたのかかなり無理して8コアを詰め込んだと言うか、さらにクロックも無理に上げているので、定格でもフルロードではかなりの発熱と消費電力になっていしまっています。

そういった意味も含めIntelさんが謳う「ゲーミングCPU」9700Kは、確かにゲーム性能が高い、でも全コアが全開にならないゲーム等での使用では発熱は気にならないけど、フルロードでは発熱が高くてかなり冷却に気を使わなかければならない使い手を選ぶCPUだと思いました。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった56人(再レビュー後:35人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

HIGH-Fiveさん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:168人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

CPU
3件
17件
グラフィックボード・ビデオカード
6件
14件
ノートパソコン
1件
0件
もっと見る
満足度4
処理速度5
安定性3
省電力性2
互換性3

Core i5-8600K / Core i7-9700K

PC内部

CINEBENCH R15 - 9700K定格 MCE

 

Multicore Enhancement 有効

Multicore Enhancement 無効

 

勘違いなどがありましたので、訂正の意を込めて追記します。大変申し訳ないです。

先ず、記載当初の「67℃程度を推移していた」のはサーマルスロットが発生していました。
Multicore Enhancement (以下、MCE)を有効化しますと、定格周波数よりアグレッシブに周波数が上がります。CPUクーラーにH80i v2を使用していますが、「MCEを有効化しながらTBに張り付ける」ことは冷却性能が追い付かずにサーマルスロットが発生する、と結論付けられます。
MCEを無効化すると、有効化時のような周波数の上昇はないものの、高負荷時は3.9〜4.1GHz程度に落ち着き、有効化時のような3.6GHz、ベースクロックまで落ちることは殆どありませんでした。

〇PC構成〇
【CPU】 Core i7-9700K
【CPU/C】 Corsair H80i v2
【DRAM】 DDR4-2666 4GB×3
【VGA】 GeForce RTX 2080
【M/B】 ASRock Z370M Pro4 P3.10
【PSU】 KRPW-GK650W/90+ Gold
【OS】 Windows 10 Home 64bit


【処理速度】★★★★★
上記の通り8600Kを使用していて、初めて8コアCPUに乗り換えましたが、申し分ないです。
以下、小数点切り捨てです。

※stock状態は「Multicore Enhancement」を有効化しています。
■CINEBENCH R15 [multi/single]■
8600K stock - 1089cb / 188cb
8600K 4.8GHz - 1203cb / 210cb
9700K stock - 1532cb / 214cb
9700K 4.8GHz - 1601cb / 211cb

■CPU-Z Bench [multi/single]■
8600K stock - 2863 / 514
8600K 4.8GHz - 3451 / 576
9700K stock - 4389 / 582
9700K 4.8GHz - 4514 / 573

■PerformanceTest 8.0 CPUMark■
8600K - 12955
9700K - 16925

■3DMark CPU [Timespy/Firestrike/Skydiver]■
8600K stock - 5834 / 13841 / 13281
8600K 4.8GHz - 6357 / 15300 / 14571
9700K stock - 7496 / 18476 / 17056

■FinalFantasy 15 Bench■
8600K stock - 10745
8600K 4.8GHz - 11067
9700K stock - 11180

Core i7-9700KのOCベンチマーク結果をもう少し掲載しておきたかったですが...後程。
8600K比の9700Kは、定格で1.3〜1.5倍程度マルチスレッド性能が高いです。シングルスレッドも強力。


【安定性】★★★☆☆
Multicore Enhancementを有効化するとかなりじゃじゃ馬です。クーラーがH80i v2クラスですと、無効化したほうがベースクロックまで周波数が落ちずに、パフォーマンスが出るかと。


【省電力性】【発熱】★★☆☆☆
性能上昇の代償に、この2点が大きな犠牲に。まあ、このクラスのCPUを購入する方はあまり気にしない、この2つにロマンがある、なんて感じてしまう人も...すごい。

■Windows起動後5分放置した時の消費電力■
8600K 46.2W
9700K 46.5W

■OCCT CPU負荷■
8600K 124W
9700K 213W

両者定格で、Multicore Enhanced有効化+電圧設定「自動」。ワットチェッカー読みです。
9700K負荷時の消費電力がかなり増大していて、OCCTにて負荷を1分ほど掛けていたら77℃程度に達しました。


【総評】★★★★☆
性能には満足できるが、発熱や消費電力が増大したCPUです。シングルスレッド・マルチスレッド性能共に強力。

がしかし、環境によっては...安価なマザーボードでの運用や、上手く冷却できなかったりすると安定しなかったり、PCが落ちることが予想できましょう。
ソルダリングCPUですが、これがグリスだったらと...想像したくありません。

8600KにてH80i v2を使用していて結構冷えている印象があったので、「9700Kもこのままイケそう」なんて思っていたものの、大きな誤算でした。
今後、クーラーとマザーボードの換装予定がありますので、機会があればこちらに追記いたします。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった24人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Core i7 9700K BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Core i7 9700K BOX
インテル

Core i7 9700K BOX

最安価格(税込):¥41,980発売日:2018年10月20日 価格.comの安さの理由は?

Core i7 9700K BOXをお気に入り製品に追加する <1105

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意