『ヌルゲーマーはこれで十分です。』 インテル Core i7 9700K BOX 豚焼定食980円さんのレビュー・評価

2018年10月20日 発売

Core i7 9700K BOX

  • 8コア8スレッドで動作する、ソケットLGA1151対応のデスクトップ向けCPU。基本クロックは3.6GHz、最大クロックは4.9GHz、TDPは95W。
  • 「インテル UHD グラフィックス 630」を搭載。最大解像度は4096×2304で、3画面出力もサポート。
  • 「Optane メモリー」に対応。データの読み込みを高速化し、システムの応答時間を短縮できる。
Core i7 9700K BOX 製品画像

画像提供:Qoo10 EVENT

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥41,980

(前週比:+419円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥41,980〜¥49,940 (28店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥― (全国69店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Core i7 9700K/(Coffee Lake-S Refresh) クロック周波数:3.6GHz ソケット形状:LGA1151 Core i7 9700K BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Core i7 9700K BOXの価格比較
  • Core i7 9700K BOXの店頭購入
  • Core i7 9700K BOXのスペック・仕様
  • Core i7 9700K BOXのレビュー
  • Core i7 9700K BOXのクチコミ
  • Core i7 9700K BOXの画像・動画
  • Core i7 9700K BOXのピックアップリスト
  • Core i7 9700K BOXのオークション

Core i7 9700K BOXインテル

最安価格(税込):¥41,980 (前週比:+419円↑) 発売日:2018年10月20日

  • Core i7 9700K BOXの価格比較
  • Core i7 9700K BOXの店頭購入
  • Core i7 9700K BOXのスペック・仕様
  • Core i7 9700K BOXのレビュー
  • Core i7 9700K BOXのクチコミ
  • Core i7 9700K BOXの画像・動画
  • Core i7 9700K BOXのピックアップリスト
  • Core i7 9700K BOXのオークション

『ヌルゲーマーはこれで十分です。』 豚焼定食980円さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Core i7 9700K BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:30件
  • 累計支持数:237人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPUクーラー
5件
0件
マザーボード
5件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
3件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性2
互換性無評価
ヌルゲーマーはこれで十分です。
 

殻割りクマメタル+銅製IHS

これで酷暑の夏は凌げるかなw

 

銅製IHSを追加購入し、割り直して最レビュー。

【処理速度】
オーバースペック過ぎ。
自分の使い方なら5年後も現役で稼働してそう。
むしろ使っている本人が先に逝くかも(笑。

【安定性】
定格なのでド安定。
今年の夏は酷暑だと思いますが、TB無効にすれば安全でしょう。
TB無効でもオーバースペックには変わりない。

【省電力性】
定格でも負荷を掛けるとそれなり。
8700K比で1〜2割増しくらいで悪化。
通常使用ではTDP制限などが必須と思われます。

【互換性】
無評価。

【総評】
8世代と比べ、ダイは厚く、ヒートスプレッダは軽い。
故に、単純に割ってハンダ除去してクマメタルでも、構造的に冷えにくいのだと思います。
9世代が出て間もない頃、ダイを削って温度を下げるネタもあったのですが、価格が価格だけに素人は怖くてやる勇気がないです。
そこで、純正ヒートスプレッダのバッファとしての機能がイマイチなので、9世代のトレンドは銅製IHSへの換装らしいのです。
実際、定格運用で、非殻割り時より10度以上の温度低下を確認できました。
9700Kはどうせ割るなら、とことん資材に投資した方が満足できると思います。

9世代は殻割りで目に見える効果を実感する為に、より経費がかかります。
裏を返せば、評判が微妙だったソルダリングもそれなりであり、OC用途に足枷にはなっても定格なら殆ど支障が無いレベルだという事。
冷却面で考えれば、割らずにCPUクーラーに投資するのもアリかと。
どの道、今自作で組むのは予算の配分が難しいです。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった14人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性2
互換性無評価
想像以上に優秀だったソルダリング(笑。

非殻割、室温13.5度。

殻割クマメタル+オリジナルヒートスプレッダ、室温12度弱。

前世代よりダイが厚くなった。

予算ができたので殻割、追加でレビューします。

【処理速度】
8700Kと比較して体感で何も変わりません。
ゲーム関係のベンチでは多少上下するものの、概ねベンチの結果が若干良くなる程度。

【安定性】
現在は定格、メモリもネイティブ2666で運用しているので至って安定。

【省電力性】
定格かつ高負荷時で8700K比で1割〜1.5割増しくらい。

【互換性】
無評価。

【総評】
オーバークロック関連のネタは他の人が山程書いてくれる(と思う)ので、あくまで定格での評価です。
結論としては、ノーマルと殻割クマメタル+オリジナルのヒートスプレッダ使用で同様のテストを行っても、温度は5度も低下しない。
8世代以前の殻割のように20度クラスの劇的な改善は見られず、コスパ的にガッカリする人も多いのでは?と思います。
ちなみに資材類は断捨離して何もなかったので、一から買い直したら(殻割諸経費として)12,000以上かかりました。
この結果を踏まえると、巷では評判の悪いintel 9世代のソルダリングはそれなりで、8世代以前のグリスよりも明らかに優秀だと思います。

9世代(9400Fなどは8世代と同様らしいですが)の殻割は、半田の除去に追加で予算と労力が掛かります。
温度が下がりにくい要因は発売当初から言われているように、ダイが厚い為だと思いますが、ここから素人が削っていくのはリスクが高すぎ、現実的とは言えません。
殻割ツールも汐見板金製ではなく、ROCKITシリーズを使用していた人は9世代を割る為に買い直すと思うので、どうせそこまで経費を掛けるなら銅製IHSも購入した方が満足度が高いと思います。
もし、貴方が勇者ならダイ直フレーム+クマメタルという選択も面白いかもしれません。

最後に、OC常用などを考える場合は流石に話が変わってくると思いますが、定格運用前提なら時間と予算を掛けて無理に割る必要はないと思います。
また、8700Kや8086Kを持っている人なら買う価値はなく、前述のCPUから買い替えを検討している場合は思い切って9900Kを買うでしょう。
以前のレビューでも書いた通り、あまり存在感の無いCPUである事は確かですが、それでも今の自分には十分過ぎる程オーバースペックです。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった2

満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性2
互換性無評価
あまり存在感の無いCPUだけど。
   

空冷+定格で高負荷時70度は越えるが…。

   

〇使用環境
CPU: Core i7-9700K(非殻割、定格)
CPUクーラー: Noctua NH-U12a
マザーボード: Gigabyte Z390i AORUS Pro WIFI (mini-ITX)
メモリ: G.Skill Trident Z(F4-3200 C16D-16GTZSW)
電源: Seasonic SSR-650TR(650W)

【処理速度】
8700K(定格)と比較して、体感で変わる事は何一つない。
性能に対する影響はハイパースレッディングより物理コアの方が大きい事は周知の通りですが、ベンチのスコアに多少反映されるだけ。
たぶん、軽めのMMORPGをGTX1050ti〜1060あたりでフルHD前提でやるのであれば、6700Kとか7700Kと比較しても体感で変わる事は無いと思います。
8700Kや8086Kを持っている人は買い替える価値無し、6700Kや7700K持ちは動画編集など、クリエイティブな用途であれば買い替えてもいいかな、程度。

【安定性】
定格運用なので全く問題なし。

【省電力性】
定格かつTDP95W制限を掛けた状態で使用。
8700K比で2割増しくらいです。
消費電力200Wとかアホな記事もありますが、OCしているか、出荷時のマザーボードの設定によるものでしょう。
騙されて無駄に容量のデカい電源を買わないように注意です。

【互換性】
無評価。

【総評】
価格が45000円を切るようになってきたので、メインストリームのCPUとして大体射程に入るのかな、と思います。
流石に50000円超えだと手を出しにくいけど、4万円台前半なら買ってもいい。

自分は今回、割らずに運用しているのですが、温度面はそこまで悪くないと思います。
8700K(殻割クマメタル)<9700K(非殻割)<8700K非殻割)みたいなイメージ。
グリスバーガー状態の8700Kを黙らせる性能のCPUクーラーを持っているなら、問題なく運用できます。
今回は割りにくくなった事もありますが、(後々中古販売も考慮して)割らずに使うなら8世代より9700Kを買った方が良いのは明白。

同時期に発売された超絶9900Kの影に隠れてしまった感が強く、最近のRyzenの猛攻の前に存在感の薄い9700Kですが、価格や性能のバランスを考えると悪い買い物ではないです。
現時点でゲーマー向けCPUの最有力候補としてオススメです。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった6

 
 
 
 
 
 

「Core i7 9700K BOX」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
初めての自作PC用に  5 2020年6月9日 00:37
マザボで大人しめにしてもまあまあいい感じです  5 2020年3月17日 19:27
ヌルゲーマーはこれで十分です。  5 2020年2月21日 01:33
ハイスペックゲーム用途には向かない  2 2019年12月11日 19:27
★S-specはSRG15でした。  5 2019年10月10日 19:42
WS Z390 PROに載せてます。  5 2019年7月26日 14:26
十分な性能  5 2019年7月14日 17:46
コスパは良くないです。  4 2019年6月24日 19:28
悪くはない  4 2019年6月1日 09:08
言われているほど熱くはない?  5 2018年12月26日 16:14

Core i7 9700K BOXのレビューを見る(レビュアー数:13人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Core i7 9700K BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Core i7 9700K BOX
インテル

Core i7 9700K BOX

最安価格(税込):¥41,980発売日:2018年10月20日 価格.comの安さの理由は?

Core i7 9700K BOXをお気に入り製品に追加する <1234

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
qoo10
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意