SSD 660p SSDPEKNW010T8X1 レビュー・評価

2018年 9月21日 発売

SSD 660p SSDPEKNW010T8X1

  • 容量1TBのPCIe NVMe 3.0 x4インターフェイス対応のM.2 SSD。
  • 4bit/セル方式(QLC方式)の多値記憶を導入した3D NANDフラッシュメモリを採用。
  • 順次読み出し速度は最大1800MB/s、順次書き込み速度は最大1800MB/s。
SSD 660p SSDPEKNW010T8X1 製品画像

画像提供:コジマネット

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥12,015

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥12,015¥23,655 (27店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥12,280 〜 ¥12,480 (全国65店舗)最寄りのショップ一覧

容量:1024GB 規格サイズ:M.2 (Type2280) インターフェイス:PCI-Express タイプ:3D NAND QLC SSD 660p SSDPEKNW010T8X1のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • SSD 660p SSDPEKNW010T8X1の価格比較
  • SSD 660p SSDPEKNW010T8X1の店頭購入
  • SSD 660p SSDPEKNW010T8X1のスペック・仕様
  • SSD 660p SSDPEKNW010T8X1のレビュー
  • SSD 660p SSDPEKNW010T8X1のクチコミ
  • SSD 660p SSDPEKNW010T8X1の画像・動画
  • SSD 660p SSDPEKNW010T8X1のピックアップリスト
  • SSD 660p SSDPEKNW010T8X1のオークション

SSD 660p SSDPEKNW010T8X1インテル

最安価格(税込):¥12,015 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 9月21日

  • SSD 660p SSDPEKNW010T8X1の価格比較
  • SSD 660p SSDPEKNW010T8X1の店頭購入
  • SSD 660p SSDPEKNW010T8X1のスペック・仕様
  • SSD 660p SSDPEKNW010T8X1のレビュー
  • SSD 660p SSDPEKNW010T8X1のクチコミ
  • SSD 660p SSDPEKNW010T8X1の画像・動画
  • SSD 660p SSDPEKNW010T8X1のピックアップリスト
  • SSD 660p SSDPEKNW010T8X1のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > SSD > インテル > SSD 660p SSDPEKNW010T8X1

SSD 660p SSDPEKNW010T8X1 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.33
(カテゴリ平均:4.45
レビュー投稿数:4人 (プロ:1人)
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
読込速度 読込速度の速さ 3.67 4.62 -位
書込速度 書込速度の速さ 3.00 4.38 -位
消費電力 省電力に優れるか 5.00 4.48 -位
耐久性 信頼感・壊れにくさ 5.00 3.98 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

SSD 660p SSDPEKNW010T8X1のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:29人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

SSD
2件
0件
PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
0件
CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
読込速度3
書込速度3
消費電力5
耐久性5

何にも入れずに計測

FF15は 107GBもある

使用環境
【 OS 】win10 pro
【CPU】 i5 9600k(4.3〜4.8GHz 6→1core)
【 MB 】Asus Z370-G gaming
【cooler】SST-TD03-RGB
【MEM】corsair 3000oc 8GB×4 計32GB
【GPU】Asus strix GTX1080
【M.2】intel 760p256GB(os)/660p1TB(ゲーム用)
【2.5ssd】WD 3D NAND 500GB(雑用)
【HDD】WDのやつ3っつ(6+6+4)計16TB
【電源】玄人志向 650Wの85+ のやつ
【ケース】SilverStone sst-ft03t

ゲーム用のストレージが手狭になってきたので
600pの512GBからコレに換装

【読書速度】
最新のnvmeに比べれば見劣りしますが
ゲーム用では必要にして十分かと

【消費電力】
低そうだなぁ・・・

【耐久性】
QLCとやらで寿命は短いそうですが
200TBWで5年保証・・・ん〜十分っ!!
目指せ書き込み上限♪

やらなくて良いといわれてる通常フォーマットをした所
50℃で張り付き、それより上にはいきませんでした

【総評】
やはりコイツの強みは価格ではないでしょうか
現状ライバルとしてはcrucialのやつになると思いますが
やっぱり安定のintelを選んじゃいますよね☆

最近のAAAタイトルはとにかくデカい

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

関口 寿さん

  • レビュー投稿数:163件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール東京都練馬区在住。小学生の時に読んだ科学雑誌に触発され電子工作を始める。学生時代は自動車整備に明け暮れ、その後はサーバー/ネットワークエンジニアを生業としながら、2002年よりPC自作、改造、電子工作の記事を執筆。近年はLEDや電子回路を…続きを読む

満足度4
読込速度4
書込速度5
消費電力4
耐久性無評価

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

Windows標準ドライバでも動作するが、ライトが遅くなってしまう

Intelドライバ適用後は、ライト性能が大幅に向上

SATA SSDと同様に純正ユーティリティで一元管理できる

 

冷却なしでも最大50℃と、発熱も少なめ

インストール後はデバイスマネージャでドライバを確認しておこう

 

2019年8月に購入、自宅で使用。

【読込速度】
良い
シーケンシャル・リードではSATAの3倍強となる1,900MB/s台をマーク。
SATA SSDを使っているひとでも、違いが体感できる速さだ。

【書込速度】
非常に良い
リードが速くてもライトは遅めがお約束なのに対し、落ち込みは1割程度とごくわずか。
大容量の動画編集などにも適した製品である。

【消費電力】
良い
アクティブ時1Wは標準的だが、アイドル時は0.040Wと省電力仕様。
熱の影響を受けやすいパーツだけに、消費電力の少なさは大きなアドバンテージといえよう。

【耐久性】
購入から1か月ほどと短期間なため無評価としたが、ベンチ直後で50℃と発熱控えめなので期待できる。

【総評】
リード3,000MB/s超の製品が多く存在するいま、爆速とは表現できないものの、SATAとは一線を画す速度にストレスは皆無である。
手ごろな価格、CPUメーカー製である安心感も相まって、NVMeデビューを考えているひとにお勧めしたい一品だ。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

HouseRisingSunさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:61人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
3件
0件
CPU
3件
0件
SSD
3件
0件
もっと見る
満足度5
読込速度4
書込速度4
消費電力5
耐久性5

HDD時代は操作ミス以外でデータロストを経験したことがない幸運な人生でしたが、SSDではSATA/NVMeの区別なくSamsung / SanDisk / Crucial と代表メーカーいずれも手痛いデータロストを経験しました。
とあるフォルダ以下が開かなかったりある日ルートディレクトリにRecoveryフォルダが出きていたりと何でもありでした。
そんななかIntelのSSDは2.5inchSATAの時代からNVMe/PCIEx4までデータロストをしたことがない唯一のブランドです。
『たまたまとちゃう?』と問われればそうかも知れませんが、Intelの660pシリーズはベンチマークは劣るものの冷却さえ完備すれば安定して動いてくれています。爆速Samsung/WD Blackよりスペック上は劣りますが、データがすっ飛んでしまえばベンチも何もありません。PC構成の都合で660pの1TBからAGIの960G SSDに切り替えたことがありますが体感上あまり変わらない=SATAと変わらないデバイスに予算を追加投入しているんか?という疑問(疑念)がちらつきましたが、2.5インチSSDはケース内部に収まっていますのでどんな強風を浴びせても50度に達すること頻繁です。M.2/2280/NVMeはチップが露出しているためピンポイントで冷却可能で、2.5インチSSDよりはるかに温度コントロールしやすいです(わたくしの環境では)。

IntelはCPUでは殿様商売を継続して高い値段設定を続けていますが、600p/660pは相当安い価格で大容量が入手できます。NVMeタイプはPCIeインターフェイス直結=他のPCIe拡張スロットとPCIレーンの奪い合いになります。512Gを2枚使用したくても&PCIex4またはM.2を2枚挿せても現在のCoffeelake / Ryzen世代はグラボにx16を割り振ると僅かな残りレーンでやりくりするしかありません(これはAM4以降、たとえばAM5の登場またはTR4をメインストリームに持ってくるまで解決しません。Intelは、なんか新しいソケットタイプを持ってくるでしょう)。

本アイテムは1024Gで現時点で1万2000円&税まで下がっています。さよならSATAデバイス価格です。拡張時には先のレーン数制限から1TBをもう1枚買うのではなく2TB1枚で済ませたいところです。1デバイスに2TBのデータを保持してふっ飛ぶと遠い国に旅立ちたくなるとおもいますが、『ベンチより安定』を考慮するなら本アイテムは頼れる存在として仕事/趣味を支えてくれると思います(ただし冷却の工夫は必須です)。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

uPD70116さん

  • レビュー投稿数:30件
  • 累計支持数:147人
  • ファン数:44人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
3件
8432件
グラフィックボード・ビデオカード
0件
4784件
CPU
2件
2280件
もっと見る
満足度3
読込速度4
書込速度2
消費電力無評価
耐久性無評価

Amazonマーケットプレイスのパソコン工房にて25,480円で購入。

CrucialのMX300の525GBからの乗り換えです。
25GBがネックで1TBにしました。(減らしても良かったのですが)
4ビットMLC(俗に言うQLC)なので寿命が心配で無駄に寿命を減らすだけのベンチマーク等は実行していません。
ただ普段使いでは特に書き込みを減らそうとかは考えていません。
速度はMX300を基準にした体感です。

Nox AppPlayerを使っていますが、読み込みが圧倒的に速くなりました。
ただそこより速いものは幾らでもあるので速さの評価は下げています。

と読み込みに関しては良かったのですが、暫く使っているとハイブリッドスリープが遅くなってしまいました。
普段は1分も掛からないところを数分掛かる様になってしまいました。
何時まで経っても終わらないなと思っていたら、そう言えばごみ箱消去等Trimコマンドが発行されていない状態ではなかったかと考えて、デフラグ(SSDにはTrimを実行)をしたら当初の速度に戻りました。
当初の速度なら書き込み速度もSATAのときと違いを感じられなかったのですが、落ち込んだときにはMX300より遅かったです。

耐久性や消費電力は測定出来ないので不明です。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

SSD 660p SSDPEKNW010T8X1のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

SSD 660p SSDPEKNW010T8X1
インテル

SSD 660p SSDPEKNW010T8X1

最安価格(税込):¥12,015発売日:2018年 9月21日 価格.comの安さの理由は?

SSD 660p SSDPEKNW010T8X1をお気に入り製品に追加する <223

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[SSD]

SSDの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(SSD)

ご注意