B450 Pro4 レビュー・評価

2018年 7月31日 発売

B450 Pro4

  • 「B450」チップセット搭載のAMD製CPU対応ATXマザーボード。Ryzenシリーズに対応している。
  • 2つのM.2スロットを装備し、データ転送速度を最大32Gb/sまで上げるSATA3 6Gb/sおよびPCIe Gen3 x4 Ultra M.2インターフェイスに対応。
  • D-Sub、DisplayPort、HDMIと3つのグラフィックス出力端子を装備。HDMIポートは4K再生にも対応している。
B450 Pro4 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥9,579

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥9,579¥13,780 (26店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥11,480 〜 ¥11,480 (全国28店舗)最寄りのショップ一覧

フォームファクタ:ATX CPUソケット:SocketAM4 チップセット:AMD/B450 メモリタイプ:DDR4 B450 Pro4のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • B450 Pro4の価格比較
  • B450 Pro4の店頭購入
  • B450 Pro4のスペック・仕様
  • B450 Pro4のレビュー
  • B450 Pro4のクチコミ
  • B450 Pro4の画像・動画
  • B450 Pro4のピックアップリスト
  • B450 Pro4のオークション

B450 Pro4ASRock

最安価格(税込):¥9,579 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 7月31日

  • B450 Pro4の価格比較
  • B450 Pro4の店頭購入
  • B450 Pro4のスペック・仕様
  • B450 Pro4のレビュー
  • B450 Pro4のクチコミ
  • B450 Pro4の画像・動画
  • B450 Pro4のピックアップリスト
  • B450 Pro4のオークション

B450 Pro4 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.49
(カテゴリ平均:4.39
レビュー投稿数:4人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
安定性 安定して動作するか 5.00 4.51 -位
互換性 パーツとの相性など 4.51 4.40 -位
拡張性 拡張性スロットやポートは十分か 3.35 4.10 -位
機能性 付加機能は十分か 4.02 4.24 -位
設定項目 設定項目は豊富か 3.39 4.20 -位
付属ソフト 付属ソフトの質と量は適切か 3.48 3.77 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

B450 Pro4のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:46人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
3件
0件
デジタルカメラ
2件
0件
マウス
2件
0件
もっと見る
満足度4
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性5
設定項目5
付属ソフト3

CPU: Ryzen 5 2600X
Video: Asus PHGTX1050TI4G
電源: Antec NE550GOLD
SSD: WDS550G2X0C

という組合せで自作。

【安定性】
半年ぐらい使っていますが、特に問題なし。
Store MIで運用していますが、それについても特に問題なし。

【互換性】
こちらも特に問題なし。

【拡張性】
ゲームはやらないのでB450で十分と思っていましたが、
SATAなどの数も違うのですね。
SATAは6個全て使ってしまっているのでもう少しあっても良かったと思います。
1.DVD
2.HDD(データ保存用、StoreMI Slow tire)
3.SSD(データ保存用、StoreMI Fast tire)
4.HDD(バックアップ用)
5, 6: OWL-IE5CB を接続

【機能性】
充分です。LED用端子とかは低価格モデルなのでなくても良いぐらいです。

【設定項目】
オーバークロックとはかライトにしかやらない自分にとっては充分です。

【付属ソフト】
ASRock App Shopというアプリで、BIOSを含むアップデートが簡単にできますが、広告が邪魔なので-1。
A-Tuning というオーバークロックやファンの制御などを行うソフトは英語なのは別に良いのですが、「Operation Mode」という電源プランを切替える機能が、Ryzen用電源プランに対応していないので、-1。

【総評】
ASRockは変った製品という印象があったのですが思ったよりも堅実な製品でした。
とにかく安いので、SATAなどの拡張性に問題なければ買いだと思います。
次世代Ryzenに対応してくれれば更に良いのですが・・・

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

利他心さん

  • レビュー投稿数:26件
  • 累計支持数:233人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
34件
PCケース
5件
5件
モニターアーム
2件
5件
もっと見る
満足度4
安定性5
互換性4
拡張性無評価
機能性3
設定項目2
付属ソフト無評価

現在、ASRockのB450 Pro4(https://kakaku.com/item/K0001076790/)とRyzen 7 2700Xの組み合わせでPCを稼働させておりますが、
UFEIからSMT(AMDのマルチスレッド技術)を無効にすると、スリープに移行できなくなる症状を確認しました。
→厳密には、スリープに移行できなくなるのではなく、Windows上でスリープ設定の項目自体が表示されなくなります。
(コマンドプロンプトからpowercfg /aを実行すると、S1、S2、S3、S0いずれも、”システム ファームウェアはこのスタンバイ状態をサポートしていません。”と表示されます。)

Ryzen 7 2700Xのレビューにおいて、SMTを無効にすることによって、当該CPUは『個性』が変わり、ホームユースにも適合すると記載したのですが、本MBではRyzen 7 2700Xを8C8Tで常用することは難しいの実情です。
→8C16T稼働であればなんらの問題もありません。

MSIのB450 GAMING PLUSの口コミでの報告によると、
本MBのほか、Asrock AB350 Gaming K4、Asus Zenith Extreme(X399)といったMBにおいても、SMTを無効にするとWindows上でスリープに対応できなくようです。

一方、ギガバイトのX470 AORUS GAMING7 WIFIでは、SMTを無効にした状態でも何らの問題もなくスリープ移行するとのことですからASUSとASRockの仕様みたいですね。
MSIについては今のところ回答が得られておりません。

メーカーサポートに問い合わせを行ったところ、単に仕様ですとの回答が返ってきました。
SMTを無効にしたまま常用される方は決して多くはないと思いますが、Ryzen 7 2700X等を8C8Tで稼働させたい方はご注意ください。

UFEIの詳細タブ以下、深い階層にある設定項目の説明に下記の記載がありました。


can be used to disable symmetric multithreading.
to re-enable SMT, a power cycle is needed after selecting the auto option.
warning - s3 is not supported on systems where smt is disabled.



ここまで記載してあるなら製品情報ページにも記載して欲しかったですね。
メーカー側が承知していたにもかかわらず、それを適切にアナウンスしないというのは、ブランドに対する不信の感が拭えません。

ASRockマザーを愛用していただけに残念です。

――――

サイズに関してですが、縦は一般的な305mmですが、横は224mmなので、一般的なATXマザーボードよりも10mm〜20mmほど短くなっています。

したがって、マザーボードの一番右端はケースのスタンドオフネジと固定することができず、24ピンケーブルを抜き差しするときなどは基盤が反るため、少し気を使う必要があります。

――――

この価格帯なので当たり前といえば当たり前ですが、VRMの温度を拾うことができないのでオーバークロックには向いていません。

第二世代のRyzenはそもそも動作周波数決め打ちのオーバークロックには向いていないのですが、遊んでみたい方は注意してください。

要するに、本品はオーバークロック含めて機能性が簡略化されているので、『普通』にパソコンを使う用途に適している製品です。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった8人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

毎朝腹痛さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性4
拡張性3
機能性5
設定項目3
付属ソフト4

Asrock B450 Pro4
久々の自作なだけにミドルオブミドルスペック
そんな言葉通りの仕様にしました。
M/B:Asrock B450 Pro4
CPU:AMD Ryzen5 2600
MEM:Curusial DDR4 2600 8GBx2
System:サンディスク 480GB SSD SATA
VGA:Sapphire RX 570 4G
ミドルで満足、まさにミドルエンドw
AMDxAsrockは3代目かな。

このM/Bを買った経緯はズバリ「買い間違え」でした。
本当はMの方を買いに行ったんですね。
もうミドルタワーいらんだろう、と。
5店舗くらい回って売り切れだったんですよ。
ここでなかったらどうしようかなーと入った店で平台に積まれており即確保。
Ryzen5 2600と同時購入で割引してもらいメモリとケースを探しに行こうとした処・・
気づいたのです、「箱、なんかデカくね?」
よく見たらMナシ! パッケージのデザインがほぼ同じで間違えて購入したわけです。
まぁ、ケース買ってなかったんで問題ありませんでした。
でも、この似たり寄ったりパッケージは二度とやらないで欲しいです。

板の評価としては、とにかく安い!必要最低限な感じなのでお手頃価格。
素直!クセがなく多少の物足りなさを覚えるものの非常に扱いやすい。
最近じゃぁM社のほうが面倒かもしれませんね。勝手に電圧盛るんじゃねぇぞ!
戸惑ったのがPCIeレイアウト。最上段にx16ではないと。まぁ、実害はなし。
ATXにした時点でBMD Decklink studio 4K搭載が確定したのでPCIeスロットは多少気を使います。x16が2本とx1が4本なので後は細かいものしか増設できません。
ゲームやデッキからの取り込み、エンコードなどなどが主な用途ですがハードに使い込んでもM/Bの温度も上がりにくいので満足しています。
重箱の隅をつつくより、自分の使う機能を満たしているので大満足です。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

鯉心さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性3
機能性3
設定項目無評価
付属ソフト無評価

二代目、AMD製のCPUでは初めての自作
i5 4460からの買い替えです

CPU:AMD Ryzen5 2600
メモリ:G.SKILL F4-3200C16D-16GSXKB
を使用しました

OCなどに挑戦するつもりもなく、ゲーム用途に特化する必要もないのでこれを選択しました
不慣れながらも説明書を見ながらで問題なく組み立ても問題ありませんでした
メモリも相性問題なども起きず、2枚挿しでは無事XMPでの3200MHzで動作しています

B450搭載のASRock製のATXのマザボでは最廉価帯の商品ですので機能、性能では他の商品の方がいいですが、価格なりに十分満足できる商品だと思います

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

B450 Pro4のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

B450 Pro4
ASRock

B450 Pro4

最安価格(税込):¥9,579発売日:2018年 7月31日 価格.comの安さの理由は?

B450 Pro4をお気に入り製品に追加する <106

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[マザーボード]

マザーボードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意