『本製品は、SMTを無効にするとスリープに移行しなくなります』 ASRock B450 Pro4 利他心さんのレビュー・評価

2018年 7月31日 発売

B450 Pro4

  • 「B450」チップセット搭載のAMD製CPU対応ATXマザーボード。Ryzenシリーズに対応している。
  • 2つのM.2スロットを装備し、データ転送速度を最大32Gb/sまで上げるSATA3 6Gb/sおよびPCIe Gen3 x4 Ultra M.2インターフェイスに対応。
  • D-Sub、DisplayPort、HDMIと3つのグラフィックス出力端子を装備。HDMIポートは4K再生にも対応している。
B450 Pro4 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

フォームファクタ:ATX CPUソケット:SocketAM4 チップセット:AMD/B450 メモリタイプ:DDR4 B450 Pro4のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • B450 Pro4の価格比較
  • B450 Pro4の店頭購入
  • B450 Pro4のスペック・仕様
  • B450 Pro4のレビュー
  • B450 Pro4のクチコミ
  • B450 Pro4の画像・動画
  • B450 Pro4のピックアップリスト
  • B450 Pro4のオークション

B450 Pro4ASRock

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年 7月31日

  • B450 Pro4の価格比較
  • B450 Pro4の店頭購入
  • B450 Pro4のスペック・仕様
  • B450 Pro4のレビュー
  • B450 Pro4のクチコミ
  • B450 Pro4の画像・動画
  • B450 Pro4のピックアップリスト
  • B450 Pro4のオークション

『本製品は、SMTを無効にするとスリープに移行しなくなります』 利他心さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

B450 Pro4のレビューを書く

利他心さん

  • レビュー投稿数:42件
  • 累計支持数:443人
  • ファン数:9人

よく投稿するカテゴリ

CPU
2件
37件
PCケース
5件
7件
ハードディスク・HDD(3.5インチ)
5件
3件
もっと見る
満足度4
安定性5
互換性4
拡張性無評価
機能性3
設定項目2
付属ソフト無評価
本製品は、SMTを無効にするとスリープに移行しなくなります

現在、ASRockのB450 Pro4(https://kakaku.com/item/K0001076790/)とRyzen 7 2700Xの組み合わせでPCを稼働させておりますが、
UFEIからSMT(AMDのマルチスレッド技術)を無効にすると、スリープに移行できなくなる症状を確認しました。
→厳密には、スリープに移行できなくなるのではなく、Windows上でスリープ設定の項目自体が表示されなくなります。
(コマンドプロンプトからpowercfg /aを実行すると、S1、S2、S3、S0いずれも、”システム ファームウェアはこのスタンバイ状態をサポートしていません。”と表示されます。)

Ryzen 7 2700Xのレビューにおいて、SMTを無効にすることによって、当該CPUは『個性』が変わり、ホームユースにも適合すると記載したのですが、本MBではRyzen 7 2700Xを8C8Tで常用することは難しいの実情です。
→8C16T稼働であればなんらの問題もありません。

MSIのB450 GAMING PLUSの口コミでの報告によると、
本MBのほか、Asrock AB350 Gaming K4、Asus Zenith Extreme(X399)といったMBにおいても、SMTを無効にするとWindows上でスリープに対応できなくようです。

一方、ギガバイトのX470 AORUS GAMING7 WIFIでは、SMTを無効にした状態でも何らの問題もなくスリープ移行するとのことですからASUSとASRockの仕様みたいですね。
MSIについては今のところ回答が得られておりません。

メーカーサポートに問い合わせを行ったところ、単に仕様ですとの回答が返ってきました。
SMTを無効にしたまま常用される方は決して多くはないと思いますが、Ryzen 7 2700X等を8C8Tで稼働させたい方はご注意ください。

UFEIの詳細タブ以下、深い階層にある設定項目の説明に下記の記載がありました。


can be used to disable symmetric multithreading.
to re-enable SMT, a power cycle is needed after selecting the auto option.
warning - s3 is not supported on systems where smt is disabled.



ここまで記載してあるなら製品情報ページにも記載して欲しかったですね。
メーカー側が承知していたにもかかわらず、それを適切にアナウンスしないというのは、ブランドに対する不信の感が拭えません。

ASRockマザーを愛用していただけに残念です。

――――

サイズに関してですが、縦は一般的な305mmですが、横は224mmなので、一般的なATXマザーボードよりも10mm〜20mmほど短くなっています。

したがって、マザーボードの一番右端はケースのスタンドオフネジと固定することができず、24ピンケーブルを抜き差しするときなどは基盤が反るため、少し気を使う必要があります。

――――

この価格帯なので当たり前といえば当たり前ですが、VRMの温度を拾うことができないのでオーバークロックには向いていません。

第二世代のRyzenはそもそも動作周波数決め打ちのオーバークロックには向いていないのですが、遊んでみたい方は注意してください。

要するに、本品はオーバークロック含めて機能性が簡略化されているので、『普通』にパソコンを使う用途に適している製品です。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった13人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度3
安定性5
互換性4
拡張性無評価
機能性無評価
設定項目1
付属ソフト無評価
本製品は、SMTを無効にするとスリープに移行しなくなります
 

SMTを無効にして、powercfg /aを実行した結果

この説明文は「OCツール」タブのSMT設定や製品ページに記載すべきでは…

 

現在、ASRockのB450 Pro4(https://kakaku.com/item/K0001076790/)とRyzen 7 2700Xの組み合わせでPCを稼働させておりますが、
UFEIからSMT(AMDのマルチスレッド技術)を無効にすると、スリープに移行できなくなる症状を確認しました。
→厳密には、スリープに移行できなくなるのではなく、Windows上でスリープ設定の項目自体が表示されなくなります。
(コマンドプロンプトからpowercfg /aを実行すると、S1、S2、S3、S0いずれも、”システム ファームウェアはこのスタンバイ状態をサポートしていません。”と表示されます。)

―――――

Ryzen 7 2700Xのレビューにおいて、SMTを無効にすることによって、当該CPUは『個性』が変わり、ホームユースにも適合すると記載したのですが、本MBではRyzen 7 2700Xを8C8Tで常用することは難しいの実情です。
→8C16T稼働であればなんらの問題もありません。

MSIのB450 GAMING PLUSの口コミでの報告によると、
本MBのほか、Asrock AB350 Gaming K4、Asus Zenith Extreme(X399)といったMBにおいても、SMTを無効にするとWindows上でスリープに対応できなくようです。

一方、ギガバイトのX470 AORUS GAMING7 WIFIでは、SMTを無効にした状態でも何らの問題もなくスリープ移行するとのことですからASUSとASRockの仕様みたいですね。
MSIについては今のところ回答が得られておりません。

SMTを無効にしたまま常用される方は決して多くはないと思いますが、Ryzen 7 2700X等を8C8Tで稼働させたい方はご注意ください。

現在ASRockのメーカーサポートの回答待ちです。
進展があればまた報告させていただきます。

―――――

UFEIの詳細タブ以下、深い階層にある設定項目の説明に下記の記載がありました。


can be used to disable symmetric multithreading.
to re-enable SMT, a power cycle is needed after selecting the auto option.
warning - s3 is not supported on systems where smt is disabled.



ここまで記載してあるなら製品情報ページにも記載して欲しかったですね。
メーカー側が承知していたにもかかわらず、それを適切にアナウンスしないというのは、ブランドに対する不信の感が拭えません。

ASRockマザーを愛用していただけに残念です。

―――――

UFEIに上記の説明文があったのと、MSIのB450 GAMING PLUSの口コミでの報告があったので、十中八九私の環境由来ではないと思いますが、念のため私のパーツ構成等の情報も記載しておきます。

【バージョン情報】
エディション:Windows10 home
バージョン:1809
OSビルド:17763.379

【パーツ構成】
CPU:[AMD] - Ryzen 7 2700X
VGA:[ASUS] - GT710-SL-2GD5-BRK(GeForce GT 710)
MB:[ASRock] - B450 Pro4(BIOS ver. 1.80)
RAM:[crucial] - CT2K8G4DFS8266(DDR4 2666MHz 8GB×2)
PSU:[Seasonic] - SSR-450RMS(450W)
SSD:[Western Digital] - WD BLACK SN750 NVMe 250GB(M.2 NVMe)

【その他】
B450最新のチップセットドライバーの適用(Windows 10 - 64ビット版, AMD Chipset Drivers, Revision Number 18.10.1810)

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった0

満足度3
安定性5
互換性4
拡張性無評価
機能性無評価
設定項目1
付属ソフト無評価
本製品は、SMTを無効にするとスリープに移行しなくなります
   

SMTを無効にして、powercfg /aを実行した結果

   

現在、ASRockのB450 Pro4(https://kakaku.com/item/K0001076790/)とRyzen 7 2700Xの組み合わせでPCを稼働させておりますが、
UFEIからSMT(AMDのマルチスレッド技術)を無効にすると、スリープに移行できなくなる症状を確認しました。
→厳密には、スリープに移行できなくなるのではなく、Windows上でスリープ設定の項目自体が表示されなくなります。
(コマンドプロンプトからpowercfg /aを実行すると、S1、S2、S3、S0いずれも、”システム ファームウェアはこのスタンバイ状態をサポートしていません。”と表示されます。)

―――――

Ryzen 7 2700Xのレビューにおいて、SMTを無効にすることによって、当該CPUは”個性”が変わり、ホームユースにも適合すると記載したのですが、本MBではそのような運用はできないことになります。

MSIのB450 GAMING PLUSの口コミでの報告によると、
本MBのほか、Asrock AB350 Gaming K4、Asus Zenith Extreme(X399)といったMBにおいても、SMTを無効にするとWindows上でスリープに対応できなくようです。

一方、ギガバイトのX470 AORUS GAMING7 WIFIでは、SMTを無効にした状態でも何らの問題もなくスリープ移行するとのことですからASUSとASRockの仕様みたいですね。
MSIについては今のところ回答が得られておりません。

SMTを無効にしたまま常用される方は決して多くはないと思いますが、Ryzen 7 2700X等を8C8Tで稼働させたい方はご注意ください。

現在ASRockのメーカーサポートの回答待ちです。
進展があればまた報告させていただきます。

―――――

UFEIの詳細タブ以下、深い階層にある設定項目の説明に下記の記載がありました。


can be used to disable symmetric multithreading.
to re-enable SMT, a power cycle is needed after selecting the auto option.
warning - s3 is not supported on systems where smt is disabled.



ここまで記載してあるなら製品情報ページにも記載して欲しかったですね。
メーカー側が承知していたにもかかわらず、それを適切にアナウンスしないというのは、ブランドに対する不信の感が拭えません。

ASRockマザーを愛用していただけに残念です。

―――――

UFEIに上記の説明文があったのと、MSIのB450 GAMING PLUSの口コミでの報告があったので、十中八九私の環境由来ではないと思いますが、念のため私のパーツ構成等の情報も記載しておきます。

【バージョン情報】
エディション:Windows10 home
バージョン:1809
OSビルド:17763.379

【パーツ構成】
CPU:[AMD] - Ryzen 7 2700X
VGA:[ASUS] - GT710-SL-2GD5-BRK(GeForce GT 710)
MB:[ASRock] - B450 Pro4(BIOS ver. 1.80)
RAM:[crucial] - CT2K8G4DFS8266(DDR4 2666MHz 8GB×2)
PSU:[Seasonic] - SSR-450RMS(450W)
SSD:[Western Digital] - WD BLACK SN750 NVMe 250GB(M.2 NVMe)

【その他】
B450最新のチップセットドライバーの適用(Windows 10 - 64ビット版, AMD Chipset Drivers, Revision Number 18.10.1810)

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった0

満足度1
安定性5
互換性1
拡張性無評価
機能性無評価
設定項目1
付属ソフト無評価
本製品は、SMTを無効にするとスリープに移行しなくなります
   

SMTを無効にして、powercfg /aを実行した結果

   

現在、ASRockのB450 Pro4(https://kakaku.com/item/K0001076790/)とRyzen 7 2700Xの組み合わせでPCを稼働させておりますが、
UFEIからSMT(AMDのマルチスレッド技術)を無効にすると、スリープに移行できなくなる症状を確認しました。
→厳密には、スリープに移行できなくなるのではなく、Windows上でスリープ設定の項目自体が表示されなくなります。
(コマンドプロンプトからpowercfg /aを実行すると、S1、S2、S3、S0いずれも、”システム ファームウェアはこのスタンバイ状態をサポートしていません。”と表示されます。)

―――――

Ryzen 7 2700Xのレビューにおいて、SMTを無効にすることによって、当該CPUは”個性”が変わり、ホームユースにも適合すると記載したのですが、本MBではそのような運用はできないことになります。

MSIのB450 GAMING PLUSの口コミでの報告によると、
本MBのほか、Asrock AB350 Gaming K4、Asus Zenith Extreme(X399)といったMBにおいても、SMTを無効にするとWindows上でスリープに対応できなくようです。

一方、ギガバイトのX470 AORUS GAMING7 WIFIでは、SMTを無効にした状態でも何らの問題もなくスリープ移行するとのことですからASUSとASRockの仕様みたいですね。
MSIについては今のところ回答が得られておりません。

SMTを無効にしたまま常用される方は決して多くはないと思いますが、Ryzen 7 2700X等を8C8Tで稼働させたい方はご注意ください。

現在ASRockのメーカーサポートの回答待ちです。
進展があればまた報告させていただきます。

―――――

UFEIの詳細タブ以下、深い階層にある設定項目の説明に下記の記載がありました。


can be used to disable symmetric multithreading.
to re-enable SMT, a power cycle is needed after selecting the auto option.
warning - s3 is not supported on systems where smt is disabled.



ここまで記載してあるなら製品情報ページにも記載して欲しかったですね。
メーカー側が承知していたにもかかわらず、それを適切にアナウンスしないというのは、ブランドに対する不信の感が拭えません。

ASRockマザーを愛用していただけに残念です。

―――――

UFEIに上記の説明文があったのと、MSIのB450 GAMING PLUSの口コミでの報告があったので、十中八九私の環境由来ではないと思いますが、念のため私のパーツ構成等の情報も記載しておきます。

【バージョン情報】
エディション:Windows10 home
バージョン:1809
OSビルド:17763.379

【パーツ構成】
CPU:[AMD] - Ryzen 7 2700X
VGA:[ASUS] - GT710-SL-2GD5-BRK(GeForce GT 710)
MB:[ASRock] - B450 Pro4(BIOS ver. 1.80)
RAM:[crucial] - CT2K8G4DFS8266(DDR4 2666MHz 8GB×2)
PSU:[Seasonic] - SSR-450RMS(450W)
SSD:[Western Digital] - WD BLACK SN750 NVMe 250GB(M.2 NVMe)

【その他】
B450最新のチップセットドライバーの適用(Windows 10 - 64ビット版, AMD Chipset Drivers, Revision Number 18.10.1810)

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった0

満足度5
安定性5
互換性無評価
拡張性無評価
機能性無評価
設定項目無評価
付属ソフト無評価
MSIやASUSと比較して堅牢な造り。ただし、課題もある。

重視項目がその他にしてありますが、私の重視項目は、『コストパフォーマンスをベースにした実行性能重視』です。
→価格度外視の絶対性能重視ではなく、ベンチマークを筆頭とするピーク性能重視でもありません。

――

マザーボードはギガバイト、ASUS、MSIの使用経験がりますが、今回初のASRockです。
RyzenのレビューサイトでたびたびTaichiを見かけていたので、前々からASRockのマザーボードが気になっていました。

今回、Ryzen7 2700Xで組むにあたり、B450チップセットの中でもVRMフェース数が多い本品を選びました。
レビューの数ではMSIのB450 GAMING PLUSが多いのですが、これはMSIがレビュー投稿で◯◯をプレゼントといった旨のキャンペーンを行っていたためで、多少の価格差はありますが、VRMフェーズ数やELNA 製オーディオコンデンサ等を筆頭に、コスパを勘案したコンポーネントで選ぶなら本品に若干の分があります。

しかし、メモリやグラフィックカードを直感的に装着できるのはASUSやMSIですね。
本品を用いた組み立てにおいて、メモリの装着やグラフィックカードの装着で少し躓きました。
厳密には躓いたというよりかは、”これできちんと装着できているのかな?”という疑問を懐きながらの作業でした。

これまでなんらの疑問も抱かずにメモリやグラフィックカードをセットアップしてきましたが、
おそらく些細なギミックを一つをとっても特許や実用新案が絡んでいて、分かり易く、組み立て易く、が実現されているのでしょうね。
この部分ではASRockは劣っています。

個人的には、評価のとおり本品を購入して大満足です。
昔のASRock製マザーボードというと、ASUSと差別化を図るために尖った設計思想が目立っていたのですが、昨今は職人的な方向の堅実な設計思想のようですね。

さすがにLANはInterではなくRealtekですが、これは価格的に致し方ないことでしょう。
もとい、最近のCPUは優秀ですから、ホームユースでは以前ほどInter製にこだわる必要もなくなってきました。

最近のASRockのマザーボードは、わりと拘りをもって設計されているように感じます。
寧ろ、MSIのB450 GAMING PLUSが安っぽく感じるくらいです。

次回のマザーボードもASRockにしよう。
そんな気持ちが沸き起こる程度には、本品はコストパフォーマンスが優れています。

Ryzenの登場及びB450が登場して時間も経っていますから、BIOSも相当にこなれてきています。
草創期にはMSIに分があったと思いますが、今の時期なら文句無しにASRockを薦めます。

ただし、自作が初めての方はASUSやMSIの方が、取付感が分かりやすいと思いますよ。

――

これからRyzenで自作される方への情報ですが、
大まかにいうと、Ryzenは、CCXという”コアが4つのCPU”が1個か2個載っているCPUなのですが、CCXが2個載っている場合(コア数が4を超える場合)、単純な計算作業では、メモリのクロック数に比例して性能が向上します。

したがって、メモリはシングルランクの2枚刺しで、最低でもDDR4-2666以上、できればDDR4-2933以上のメモリを購入するのが良いと思います。

また、ハイスペックのグラフィックカードを積む予定の場合には、メモリの動作クロックがフレームレートに影響してくるので、GTX1080以上のグラフィックカードを使用する際は、メモリの動作クロックはDDR4-3400〜DDR4-3600をお薦めします。
反対に、GTX1060やRX580といったミドルスペックのグラフィックカードを利用するときは、メモリに投資するよるよりもグラフィックカードに投資した方が快適な環境に近づくでしょう。

――

使用したメモリはCT2K8G4DFS8266で、ポン付けで起動OKでした。
(購入したメモリはW4U2666CM-8Gですが、詳細はこちらの口コミ参照してください→https://bbs.kakaku.com/bbs/K0001022093/#22505013

――

私はCPUもメモリもオーバークロックする予定がないので、B450で十分です。
オーバークロックで遊びたい方は素直にX470の高耐久モデルを購入するのが良いと思います。

また、余談ですが、2019年の夏(おそらく7月7日頃)には第3世代のRyzenがリリースされますから、2019年の春を迎えるこの時期に第2世代Ryzenを購入するのはあまい良い買い物ではないかもしれません。

――

今回、満足度と安定性のみのレビューですが、
利用使途にあったマザーボードの選定ですので、必要な機能があるか否かは事前に調べています。
事前に調べたものが当たり前に実装されているわけですから、星のつけようがありません。
したがってほとんどの項目が無評価です。
付属CDにいたっては開封すらしていません。

安定性は通常稼働の安定性なのか、OC耐性なのか判断に悩みます。
ただB450でOCを狙うのはズレてると思うんですよね。
安定性は星5をマークしていますが、BIOSアップデートが正常に完了したことを前提として、通常稼働での評価です。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった4

 
 
 
 
 
 

「B450 Pro4」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
AB350Pro4からの買い換え  3 2021年1月29日 06:53
無事これ名馬なり  4 2021年1月26日 10:31
ごくごく普通のマザーボード。コスパ抜群。  5 2020年11月11日 17:24
安定重視でwin7からマザー入替を機にパーツ流用でwin10へ  4 2020年8月7日 15:52
満足です。  4 2020年1月12日 07:49
2600X⇒3700Xで利用中。Steel Legends以前の鉄板マザー?  4 2019年12月11日 00:14
コスパがいいです  4 2019年6月9日 13:39
本製品は、SMTを無効にするとスリープに移行しなくなります  4 2019年5月21日 23:45
変態じゃなくて優等生  5 2019年4月22日 14:50
とりあえず満足  5 2018年8月27日 21:31

B450 Pro4のレビューを見る(レビュアー数:10人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

B450 Pro4のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

B450 Pro4
ASRock

B450 Pro4

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年 7月31日

B450 Pro4をお気に入り製品に追加する <156

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意