G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック] レビュー・評価

2018年 5月24日 発売

G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック]

  • キー1つ1つにスイッチやバネを持たせ、打鍵感にこだわったゲーミングメカニカルキーボード。7000万回の耐久テストをクリアしたスイッチ「Romer-G」を採用。
  • 航空機体にも使用されるアルミ‐マグネシウム合金をトップケースに採用し、プラスチック製と比べ高い耐久性を持ち、eスポーツの激しいプレイにも対応する。
  • 個々のキーにバックライトを搭載し、LIGHTSYNCに対応。ロジクールゲームソフトウェアを組み合わせて、配色や発光パターンをカスタマイズできる。
G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック] 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥― (全国40店舗)最寄りのショップ一覧

キーレイアウト:日本語108 キースイッチ:メカニカル インターフェイス:USB G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック]の価格比較
  • G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック]の店頭購入
  • G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック]のスペック・仕様
  • G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック]のレビュー
  • G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック]のクチコミ
  • G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック]の画像・動画
  • G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック]のピックアップリスト
  • G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック]のオークション

G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック]ロジクール

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年 5月24日

  • G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック]の価格比較
  • G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック]の店頭購入
  • G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック]のスペック・仕様
  • G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック]のレビュー
  • G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック]のクチコミ
  • G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック]の画像・動画
  • G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック]のピックアップリスト
  • G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック]のオークション

G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.48
(カテゴリ平均:4.05
レビュー投稿数:4人 (試用:1人)
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.48 4.27 -位
キーピッチ キーピッチ(大きさ)は十分か 5.00 4.29 -位
ストローク キーストローク(深さ)は十分か 4.83 4.17 -位
キー配列 ボタン配列は適切か 4.83 4.06 -位
機能性 機能ボタンなどの装備 4.74 4.00 -位
耐久性 耐久性は十分か 1.00 3.76 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

しこでーさん

  • レビュー投稿数:60件
  • 累計支持数:254人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

SSD
4件
0件
ケースファン
4件
0件
キーボード
3件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
キーピッチ5
ストローク4
キー配列4
機能性4
耐久性1

耐久性の低さに驚いたので再レビュー

新規に組んだ自作PCのために購入。
昔組んだ自作PCでは取引先が廃棄しようとしていたIBMの5576-A01を大量に譲り受けて使用していた。
しかし、自作PCから離れて長らくノートPCばかりを使用してきてAutoHotKeyでWinキーを使用したスクリプトを大量に組んでしまい、Winキーの無い5576が使いづらくなってしまった。
とりあえずのつなぎとしてBuffaloの1000円キーボードを使用していたもののカッコ悪いし、使用感も悪いしで泣く泣く5576に別れを告げ新しいキーボードの購入を決意。
RazerのOrbWeaver Chromaで光るキーボードの便利さに目覚め、普通に使えるゲーミングキーボードを物色。
東プレのRealforce RGB AEAX02と迷ったものの光り方の設定が全く使えない感じだったため本製品を購入。
使用してきたノートPCは基本的にThinkPadのみでたまにLet's Note。
あまりゲームをするわけではなくプログラミングや3Dモデリング等も行うのでできる限り普通のキーボードが欲しかった。

【デザイン】
マットなキートップ、天板から生えたフローティングキー、ヘアライン仕上げでガンメタリックのアルミ天板が非常にカッコいい。
キートップの色を簡単に変えられるので自分の好きなデザインにアレンジできる。
ただ、せっかく英字のみのキートップなのだから「半角/全角」、「無変換」、「変換」および「ひらがな/ローマ字」キーもアイコンなりにしてほしかった。
ここだけ日本語っていうのはどうなの?と思ってしまう。
あと欲を言えば右上の「G」マークも光ってほしかった。

【キーピッチ】
割と手が大きめのほうだが問題ない。
非常に標準的なキーピッチで全く普通のキー配列と相まって打ち間違いが少ない。
ホームポジションに手を置いた瞬間からずっと使ってきたようにしっくりくる。

【ストローク】
基本的に5576-A01との比較と思っていただきたい。
アクチュエーションポイント(1.5mm)がかなり浅めに感じる。
押下特性(45g)もちょっと軽すぎかな。
ホームポジションに手を置いてボンヤリすると必ず「S」キーを押しっぱなしにしてしまう。
ストロークも浅めで底付き感がある。
ただ、使いにくいとは感じない。

【キー配列】
わけのわからないゲーミングな配置のキーボードではないのがいい。
いい意味で普通であるため、普通のキーボードを使用してきた人は普通に使用できると思う。
右Altキーの場所にFnキーがあることを除けば特に変わった点はない
優秀な普通のキーボード。

【機能性】
なんといってもキーの色を変えられる。
アプリごとにキーの色を変えられる。
一つ一つのキーの色を変えられる。
CapsLockなどのインジケーターの色も変えられる。
これはたまらん。

光り方を編集するソフトについては他のレビューやメーカーホームページで見られるので割愛する。
あと、Orb Weaver Chromaと違いアプリごとの光り方の切り替えが速い。
OrbWeaverのSynapse2.0はバグだらけでダメ。
Razerは基本的に技術力が低いのでOrbWeaverが欲しい場合を除いて他の製品は絶対に買っちゃダメ。

Fn+F5〜F8は光り方やWinキーの無効化などゲーミング関連の設定を変更できる。
Fn+F9〜F12およびPrintScreen、ScrollLock、Pauseキーはマルチメディア関連の操作が可能。
Winキー無効化時は右上のインジゲーターが光る。

USBケーブルの先は二股になっていて片方はUSBパススルーという要するにUSB延長ケーブルがついている
キーボード右上にUSBのコネクタがあり、そこにマウスのレシーバーやら充電器やらUSBメモリーやらを差せて便利。
ただUSB2.0なのはちょっといただけない。
あと、USBパススルーのせいでケーブルが極太。

ウェーブなどの効果もあるが興味なし。
なんでかNumLockのインジケーターがない。
NumLockオンオフ時にテンキーの色を変えられるようにしてほしい、もちろんCapsLockも同じようにして欲しい。
Shiftキーを押すと色が変わるとかもあったら素敵。
ファームウェアのアップデートとソフトウェアのアップデートで何とかなりそうな気がするので出来るなら是非とも実現してほしいところ。

あと欲を言えばSleepキーがあったらよかったのにとは思う。

【耐久性】
使い始めたばかりなので無評価。

【総評】
まさにゲーミングっぽい優秀な普通のキーボード。
下手にゲーミングを売りにせず仕事で使える光るキーボードといったほうが売れるんじゃないのと思ってしまう。

タクタイルは押し心地はメンブレンのようでメカキーのような不思議な感覚だが、使いにくいわけではない。
クリック感はあるがかなり控えめ。
高速入力時は打鍵音が小さめでメンブレンのようだがエンターキーをターン!とハードパンチするとメカキーの打鍵音がする。
ガチャガチャうるさくクリック感旺盛で押下特性が重ためのメカキー好きにはG512のクリッキーのほうがいいかも。
自分にはちょっと不思議なキータッチだが普通の配列と普通のキーピッチのおかげで違和感はあっても全く使いにくくない。
そういった意味でかなり優秀なキーボードなんだと思う。

【再レビュー】
耐久性が恐ろしく低い。
2018年9月に購入し、2019年11月に複数キーのチャタリングが発生。
さらにテンキーの3のLEDが青だけ発光しなくなった。
保証期間内であったため、交換を要求して受理された。
ところが2021年1月から左CTRLキーのチャタリングが発生。
どちらも保証期間分も保たないとは1年と2ヶ月で壊れる法則でもあるのだろうか。
タクタイルのスイッチはオムロンの開発らしいが、これが現在の日本の製造業のレベル。
特殊なキースイッチを使っているため、Cherry MX互換のキースイッチは使えない。
最初のG512から廃棄する前にキースイッチのはんだを剥がしてキースイッチをとっておいた。
それで修理して使えるようにはなったが修理品は予備に回し、G512-CKを新たに購入。
こちらはCherry MX互換っぽいのでいつでも修理可能だろう。

参考になった4人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

SEZOPONさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:20人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
130件
ゲーム機本体
1件
36件
ヘッドセット
1件
31件
もっと見る
満足度4
デザイン4
キーピッチ5
ストローク5
キー配列5
機能性無評価
耐久性無評価

G413を使って2年と1ヶ月で一部のキーが反応悪くなり、同じG413を再度購入しようかと
思って値段をみてみると、この後継機種G512より値段が高いので迷った結果、
LED色もカラフルにする事もできるし、キータッチも3種類から選べると言う事で、
今回このG512のTactileを購入しました。


@LEDについて

最初、キーボードを接続するとカラフルなLED(色ウェイブ-左から右)で
ちょっと自分好みではないなと思いソフトを入れて変更する事にしました。

LEDとか変更するには「LGS」をインストールしないといけないのですが、
今使っているマウスの設定もLGSで設定に変更になり細かい設定とか
動作も使いづらいので、LEDのみ変更したらアンインストールしようと思い
インストールしLEDのみ変更後にアンインストールしました。
その後に「LGHUB」もインストールしてみましたが、こちらは今使っているマウスは
対応してないので、今のままでマウス設定は使えました。
LGSにはLEDの光り方を「本体に保存」がありLGSをインストールしてなくても、
その設定でLEDは光るのですが、LGHUBの方にはその「本体に保存」が
無いような感じで(私が見つけていないのかも?)
光り方をキーボード本体に保存できませんでした。

暫く使っていてネットでG512に取説を発見し見てみたら、キーボード単体で
LEDの光り方を変更できるではありませんか!
(よくよくキーボードの刻印をみてみるとそれらしいマークになっています)

一応、やり方
ライト効果変更は[FN]+[F5]を押すたびに7種類の光り方を変更できます。
色ウェイブ(左から右)、色ウェイブ(右から左)、色ウェイブ(中心から外側)
ブリージング、色サイクル、リップル、ソリッドカラー(シアン)
この7種にソフトで保存したパターンを入れると8種類ですかね、しかしソフトで
本体に保存した後にライト効果をキーボードで変更すると設定は無効になり
7種類に戻ります。
輝度変更は[FN]+[F7]を押すごとに、100%、75%、50%、25%、0%(OFF)です。

あとキータッチ等は人それぞれですのでお店で試してみて自分好みのキーを
選べばいいと思います。
私はTactileで満足しています。

あとは長く持ってくれればいいなと思います。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

silvia-r240さん

  • レビュー投稿数:2669件
  • 累計支持数:6997人
  • ファン数:13人
満足度5
デザイン5
キーピッチ5
ストローク5
キー配列5
機能性5
耐久性無評価

耐久性に期待が持てそうなキーボードを模索していていろいろと試していますがこちらの製品は当方の理に叶ってるかなと思えました。外観に関してはフローティングタイプのキーなので見慣れないと違和感を感じるかもですがキー打ちした時の感触や音、早打ちした際のレスポンス等、実用面に於いては秀逸で作業性は悪くなかったです。室内の光量を落した状態で打ち込みしないといけない状況もあるのでバックライト付きという点もありがたいですが派手なイルミは不要かなぁ・・・(笑)。また、ヘアライン調のパネルを採用しているのでデザイン的にもかなり洗練されていてチープさがなく、ケースに合金素材を使っている点から強度的にも期待が持てそうです。一番稼働させるキーに関しても結構ヘビーなテストをクリアしていると謳っているので両面を鵜呑みにするとかなりのものではないかなって気がします。元々マウスも含めてLogicoolの製品にはかなり散財していてこちらの使用の都合上、短命ながらも使い勝手の良さがドンピシャにハマっていて社内で使用している機材の大半を導入してきました。今回はリースで試してるのであまり長い時間は使えませんでしたが今まで仕入れてきた一般レベルの商品だと長く持たず、早ければ3か月くらいで何個かキーがダメになるのでそれなりの耐久性と持ち運びも多いので筐体自体が高剛性であることを望んでいるのでこれであれば難民生活に終止符が打てそうな気もしますがもう少し精査して導入を決めたいと思います( ^ω^ )。

以下、本製品の主な特徴になります。

正確性が求められるゲーミングで真価を発揮する、高性能のメカニカルキーボード
PUBG JAPAN SERIES 2018推奨ギア
確かな打鍵感が特徴のタクタイルキーを採用
安定した正確な押下が可能で、Eスポーツ大会やFPSゲームに適している
航空機体にも採用されるアルミ - マグネシウム合金をトップケースに採用。
7000 万回のキーストロークテストをクリアした、高耐久・ゲーミング仕様
利便性とスピードを両立。USB パススルーポート搭載
個々のキーのバックライト色と、発光パターンをカスタマイズ可能

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

terumhさん

  • レビュー投稿数:94件
  • 累計支持数:131人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

マウス
10件
0件
PCモニター・液晶ディスプレイ
8件
0件
キーボード
7件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
キーピッチ5
ストローク5
キー配列5
機能性5
耐久性無評価

【デザイン】
シンプルでいてかっこいい、右上のGマークが光ると良かった。

【キーピッチ】
普通に使いやすい。

【ストローク】
自分には、ちょうどいい感じです。

【キー配列】
日本語表記がなく、シンプルでいい。

【機能性】
可もなく不可もなしと言ったところです。

【耐久性】
まだわかりません。

【総評】
チェリーの茶軸(コルセア)からの乗り換えです質感は似てますが、こちらの方が若干反発が強いような?
メカニカルの中では一番自分にしっくりきます。
同じタクタイルでもG910rの方が押し加減が軽く感じました、結果これにしたわけですが。
ナンバーロックの点灯表示もほしかった。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック]
ロジクール

G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年 5月24日

G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard (Tactile) G512-TC [カーボンブラック]をお気に入り製品に追加する <61

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

monoka
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[キーボード]

キーボードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(キーボード)

ご注意