Ryzen 7 2700 BOX レビュー・評価

Ryzen 7 2700 BOX

  • 8コア16スレッドで動作する、ソケットAM4対応CPU。基本クロックは3.2GHzで、最大ブーストクロックは4.1GHz。TDPは65W。
  • 冷却性能が高いだけでなく、無音に近い動作を実現したRGB LED照明付きCPUクーラー「AMD Wraith Spire Cooler」が付属。
  • AMD SenseMIテクノロジーによって、ユーザーの好みと、動作するアプリケーションに合わせてCPUの性能がカスタマイズされ、常に最適なパワーでの動作を実現。
Ryzen 7 2700 BOX 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥23,738 (前週比:-996円↓)

  • メーカー希望小売価格:¥―
  • 発売日:2018年 4月19日

店頭参考価格帯:¥24,732 〜 ¥26,438 (全国75店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 7 2700 クロック周波数:3.2GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:4MB Ryzen 7 2700 BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen 7 2700 BOXの価格比較
  • Ryzen 7 2700 BOXの店頭購入
  • Ryzen 7 2700 BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 7 2700 BOXのレビュー
  • Ryzen 7 2700 BOXのクチコミ
  • Ryzen 7 2700 BOXの画像・動画
  • Ryzen 7 2700 BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 7 2700 BOXのオークション

Ryzen 7 2700 BOXAMD

最安価格(税込):¥23,738 (前週比:-996円↓) 発売日:2018年 4月19日

  • Ryzen 7 2700 BOXの価格比較
  • Ryzen 7 2700 BOXの店頭購入
  • Ryzen 7 2700 BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 7 2700 BOXのレビュー
  • Ryzen 7 2700 BOXのクチコミ
  • Ryzen 7 2700 BOXの画像・動画
  • Ryzen 7 2700 BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 7 2700 BOXのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen 7 2700 BOX

Ryzen 7 2700 BOX のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.94
(カテゴリ平均:4.66
レビュー投稿数:14人 
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
処理速度 4.81 4.50 17位 処理速度は速いか
安定性 4.94 4.72 8位 安定して動作するか
省電力性 4.78 4.30 6位 発熱は少ないか、バッテリを消耗しないか
互換性 4.67 4.35 5位 対応マザーボードは豊富か
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 7 2700 BOX

Ryzen 7 2700 BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:53人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
1件
CPUクーラー
2件
0件
SSD
2件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度4
安定性5
省電力性4
互換性5
   

ベンチマーク

   

初の自作の初のAMDRyzenCPUを使って組みました。
Ryzen1700、2700Xとこの商品とで、どれにしようか悩んだ結果。
第二世代のRyzenCPUが出るため、1700を使うのはちょっとと思い、且マザボに関してちょっと心配に(B350チップセットマザーでTDP105Wは大丈夫かなと)思い、このRyzen 7 2700 に選定しました。
第一世代に比べて、色々な情報から性能は上がっていると聞きどうなっているか、少しだけベンチをしてもみました


【構成】
電源 玄人志向 750W ATX電源 KRPW-AK750W/88+
マザーボード MSI B450 tomahawk (以前 MSI B350 PCMATE)
CPU AMD Ryzen 7 2700
CPUクーラー サイズ 虎徹 MarkU
GPU 玄人志向 GEFORCE GTX 1060 6GB
メモリGSK F4-3600C18D-16GTZRX(DDR4 PC4-28800 8G×2)(OC 3333MHz)
  (以前 Corsair CMK16GX4M2B3000C15 [DDR4 PC4-24000 8GB 2枚組] (OC 3200MHz))
SSD1 CORSAIR Force MP500 240GB
SSD2 CFD CSSD-S6B05GMG4VT
HDD HGST 0S03565 1TB
ケース Thermaltake VIEW 22 TG
OS Windows 10 Home 64bit

【処理速度】

CINEBENCHR15のみでしかベンチを見ていないですが、
1700に比べるとシングルは、20%、マルチは、10%程性能が上がっています。
TDPは1700とそのままで、これだけ性能が上がり、且オーバークロック(4000MHz)をすると、シングルは変わりませんでしたが、マルチでは1758と、Ryzen 7 2700X に近い数値が出ました。
オーバークロックをしても伸びしろがあり、また定格仕様でも、順当にRyzen 7 1700から性能が向上しています。

【安定性】

OCCTを24分だけ掛けましたがエラーは出ず、外気温は24度ほどで空冷のクーラーながら温度は52度までしか上がりませんでした。もっと時間をかけて検証した際またレビューに追記します。
OC時のOCCTはちょっと怖いので…新しくマザボを買ったらするかもしれません。

【省電力性】

Ryzen 7 1700 や他社製の無印CPUと同じTDPのため、それなりだと思います。65W以下にしたいという方にはおすすめできないかもです。

【互換性】

X370、B350、A320そしてX470、また今後出るB450チップセットのマザーボードでも使用できるため、どっかのCPUよりは互換性が豊富だと思います。

【総評】

順当に第一世代から進化したRyzen 7 2700 、他の人気な2700X、2600Xに比べベースクロック・ブーストクロックは低く
魅力的ではないと思われがちですが、こちらには 2700Xよりも少し安く買える同等のコア・スレッド数、TDPは据え置きで、OCの伸びしろもあると言う、2700Xにはない魅力もあります。

どんどんとAMD製のCPUが出て来て、第一世代、第二世代、APU色々迷う所があると思います。
この商品だけではなく、使用したい方の用途に合わせたRyzenを使って自作してみるのはいかがでしょうか?

【追記】

画像が間違っていたので再レビューしました。
定格使用のOCCTで、周波数は3250MHz前後、CPU温度は最大56.5度(室温22度)でした。
周波数もそれなりに安定していて、温度も60℃いかないくらいと安定してくれています。
OCでのOCCTは今のところ考えていません。ごめんなさい><

【追記2】

購入してから3ヶ月くらいが経ちました。価格が2万7000円程度にまで落ち、Ryzen7 1700 とRyzen7 2700Xの価格のちょうど中間くらいの価格になりました。また、B450チップセットマザーボードも発売され、B350チップセットマザーを使用しての第2世代ryzenの運用時、BIOSのバージョンを気にすることなく、また無償でAMD StoreMIストレージ・アクセラレーション・テクノロジー(SSDとメモリを使ってHDDを高速化するもの)が使えます。

販売当初よりもお手軽な値段で、8コア16スレッドのCPUが手に入り、それなりのグラボも積めばゲームもサクサクできて、ついでに動画配信をしながら、動画の録画をしてもそうへこたれません。
新しくAMDのCPUとマザーボードでパソコンを自作するならとても良いものだと思います。

【追記3】

使用から11か月経ち、9月にマザーをMSI B350 PCMATEから、MSI B450 tomahawkにマザーを変更し、CPUを常用OC3.9GHzにして半年運用していますが、不具合を起こすことなく正常に使用できています。
一時期の他社製CPUの品薄により去年の秋口から年明けまでにかけて、値段が高騰していましたが、現在では3万円を切る値段にまで落ち着いています。

値段の近いRyzen7 2700Xもありますが、そちらにくらべて、このCPUは、低発熱・省電力性・価格においては、勝っており、自作初心者の方にも扱いやすいCPUだと思います。
この30年弱の人生でAMD製のCPUを初めて知って使ってみましたが、信じてた(る)ものと差異がなく使えてコスパもいいのでとても満足です♪

【追記4】

遂にZEN2アーキテクチャを搭載した、Ryzen 3000シリーズが発売され、2000シリーズの値段も落ちてきています。

性能については、3000シリーズが上のようですが、

こちらのR7 2700や他2000シリーズのryzenを選ぶメリットとしては、コスパの良さ、対応M/Bの多さ、BIOS(特にメモリの安定性)だと思います。

コスパも良さは言わずもがな、発売時に比べ2700は1万4千円程度安くなっています。
また対応するマザーボードはX399チップセットマザーを除いた、全て(A320,B350,X370チップセットはBIOS更新が必要)のマザーボードで使用できます。
また、第3世代Ryzenは第1世代Ryzenと似たメモリの相性問題が出ているようです。それに比べ第2世代Ryzenは比較的問題なくメモリが使用できます。

デメリットはやはり性能面で、ゲームでFPSを意識される方、高性能なGPUを使う方、レンダリング等される方は、こちらではなく第3世代Ryzenをオススメします。(尚、近日第3世代Ryzen購入予定)

その点を踏まえた上で第2世代か第3世代かで購入を検討してみるのがいいと思います。
今回のレビューを最後のレビューとさせていただきます。そのついででCINEBENCHR20の結果だけ載せておきます。

比較製品
AMD > Ryzen 7 2700X BOX
AMD > Ryzen 7 1700 BOX
レベル
初めて自作
重視項目
コスト重視

参考になった39人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

それは言っておかないとさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPUクーラー
2件
0件
PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
0件
CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5

【処理速度】
文句のつけようがありません。ネット・事務仕事の普段使にはオーバースペックですけど、速いほうが良いですよね。オーバークロックはしません。定格運用です。

【安定性】
ややメモリの相性がありました(微妙に不安定)。今はBIOSアップして安定してます。

【省電力性】
贅沢な悩みですが、アイドル時にもう少し低いと嬉しかったです。

【互換性】
対応BIOS必要ですが、どのAM4マザーボードでも動くはずです。

【総評】
昨年10月ごろ導入しました。それまでインテル(i7 3770k)使いです。これでも十分に速いですが、マザーボード故障時の入手性に不安もあり(中古でも高いですよね)、こちらで新規に組みなおしました。

Zen2のレビューはこれから沢山あがってくると思いますが、発熱はZen+よりある(のかな?)ようで、スルーを決め込んでます。まだまだこれを使い込みます。

Zen3はAM4で継続か?だとして対応BIOSは出してくれるの?未知数ですが(X370・B350は望み薄?)マザボとセットでお値打ちな(投売りな)Zen+で当面は運用、Zen3でシステム更新もアリですよね。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

xing_yahさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
2件
11件
薄型テレビ・液晶テレビ
0件
4件
冷蔵庫・冷凍庫
1件
3件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5
   

温度は安定しています

   

2019/6上旬に税込24,798で購入。PCまるっと一式新調です。

【処理速度】これまでが、Q9550+GT440、あるいはN3700のファンレス省電力マシンだったのでサクサク感は雲泥の差です。ゲームはやらないので、デジカメで撮影して動画、静止画が編集できて、DVDなどの動画がヌルヌル見られれば満足です。
すべての動作が快適です。

【安定性】くみ上げて電源ONで普通に動いています。XMP3600選択しても再起動繰り返して2133動作。これはマザーの問題のようです。

【省電力性】旧環境(Q9500+GT440)と比べても消費電力(2700+RX570)は少ないようです。(UPSの電力使用状況インジケータで大まかに確認)

【互換性】対応マザーは豊富だと思います。AM4で当分使い回せそう。候補としてB450のMicroATXマザーから選択した(ASRock_B450MSteel Legend)ので組上げ即起動確認できました。マザーのメモリ設定を変更反映するためにUEFIの更新(2.0→2.1)が必要だったことくらいです。UEFI v2.1のコメントに第2世代のRyzen対応と記述してあったのでここまで上げて互換性評価するべきかな…。まあ、今更アップデートが必要なのは残念ですがCPU側のせいではないですね。

【総評】Speccyと言うツールではCPU温度が高く(90℃前後)表示されるようです。HWinfoで確認したところ、マザーやグラボと大差ない温度(アイドル時 室温25度で37〜41℃)で表示され安心しました。 純正のCPUクーラー、静かで良いです。 久しぶりにAMDでPC組みましたが、長く楽しめることを期待しています。 今の所大満足です。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった1人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

rootedさん

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:35人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
4件
4件
マザーボード
4件
4件
CPUクーラー
5件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性4

特価品を購入出来たので値段が下がる前に2700xを処分して入れ替えました

2700xと比べてもハードな使い方をしていないので使用範囲内では違いは感じません
動画のエンコード等パワーが必要な時はOCをしていますがさすがに選別品と比べると発熱します
付属品のクーラーではOCには耐えられないので別の物を使用しています
購入したものは4.1Ghzまでベンチが通りました

新品購入時だと値段差があまり無いのでRGBクーラーも付属している2700xの方が売れていると思いますが
値段が安ければ此方もありだと思います

x370等でファンコンの温度設定が2700xの場合面倒な点も解消できました
(温度オフセットが設定で回避できないのでオフセットされた温度で設定しないと行けない)
クロック制御で温度が跳ねる事もないので使いやすいです

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

メモリRCさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:42人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
2件
1件
メモリー
2件
0件
プリンタ
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5

【処理速度】
・サクサクです。普段使いにおいて何の問題もありません。

【安定性】
・昔のAMDの印象は完全に払拭され、安定しています。

【省電力性】
・コンパネの電源設定でプロセッサの電源管理>最小のプロセッサの状態を5%に設定しています。IntelほどMultiplierは落とせませんが、アイドルではかなり電力を抑えられます。負荷時のワットパフォーマンスも良好で、発熱も少ないです。

【互換性】
・第3世代(Zen2)以降のRyzenに期待が高まります。楽しみですね!

【総評】
・コストパフォーマンス良好です。上位プロセッサの2700Xに対してもTDPでアドバンテージがあり、バランスの良いところに位置していると思います。迷ったらコレ! と言えるオススメのCPUです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ケースはまな板さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
2件
0件
CPU
1件
0件
CPUクーラー
0件
1件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5

格安で手に入れたVega56グラボにあわせて
ブル6コアから久しぶりのAMD CPUで組んでみた
以前は4770kです
【処理速度】
ベンチ上はかわるが、体感は変わらん
【安定性】
メモリ3200で動いてくれてるので十分
【省電力性】
アイドル時は4770k+Nanoよりちょっと高いくらいかな
【互換性】
AM4ソケットの未来に期待
【総評】
OCする予定もないのでタスクマネージャーで16窓見れるだけで十分です
付属のCPUクーラーがイイ!

CPU:AMD Ryzen 7 2700
CPUFAN:Wraith Spire with RGB LED
マザボ:ASUS ROG STRIX B450-F GAMING
メモリ:ESSENCORE KLEVV KM4Z8GX2A-3200-16-18-18-38-R
SSD:Plextor M6e 512GB
HDD:Seagate ST2000LX001
グラボ:ASUS ROG-STRIX-RXVEGA56-O8G-GAMING
電源:Seasonic SSR-850PX
ケース:玄人志向 SEIGI-3GOU
OS:Windows 10 Pro

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

キンちゃん1234さん 銀メダル

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:42人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

CPU
3件
853件
デスクトップパソコン
0件
340件
グラフィックボード・ビデオカード
0件
273件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5
 

34倍定格ベンチ 無限二重反転仕様

2700X仕様 38.5倍 二重反転仕様

 

適当に ダラダラと書いていきます。

取り敢えず時代は8コア16スレッドに突入したと感じて〜
6コア 12スレッドのRyzen1600から乗り換えました。

単純にCPUを交換しただけであります。

安物のASROC AB350mマザー
適当な 2400のメモリーで 4Gx2+4Gトータル12G搭載。
電源は・・Corsair 650W
まぁ 安物の寄せ集め?

ケースは 熱がこもるだろうってキューブです。

9900Kや9700K そしてRyzen2700X=どれもこれも 爆熱仕様。

私は個人的に ウルサイPCはダメ、熱が出るのもダメ。
静かで、熱が出ないで〜でもって〜高性能。

ここらが私の個人的自作の目標。

なもんで〜 爆熱仕様の上に書いた8コアCPUはキャンセルであります。

定格オートで使用すると 本来は付属のクーラーで十分に冷えるらしい。
しかし、もっと冷えて もっと静かになってほしいので〜

あえて 無限5(8700Kに使っていて 結構いじって納得をしてるので)
定格オートでCINEベンチかけて 1440程度。

ここらは8700Kの定格とほぼ同じです。

これで十分な性能はあります。

まぁ 少しはOCでも試そうかって意味もあって 無駄に無限五 リビジョンB SCMG-5100です。
おまけに やってしまえ〜で8700Kと同じく 三重反転仕様 トリプルファンであります。

ここまでは・・・いらんのですけどね。

36倍までOCすると、CINEベンチで1600台にのる、これは8700Kの50倍の数値。
十分かと。
ここらまでなら まだ熱はそれほどではない。
上げても ここらまでが限度と私は考える。

定格なら・・・
今現在で室温12℃程度、CINEベンチで100%負荷をかけて36℃ほど。
ん〜何も熱なんぞ出ない。

え〜特筆すべきは・・ベンチ中のファンの回転速度にご注目。
なんと、100%負荷をかけても わずか656回転(MAX)
ほぼ無音であります。

普通ね〜冷える水冷とか、重量級ハイエンド空冷クーラーでも 100%負荷をかけると〜
1000回転オーバーで 唸るはずです。
しかし、私のは うならない、静かなままです。

負荷がかかるという OCCTで全項目チェックいれて15分ほど回しても〜
MAX42℃程度。
これでも ファンは600回転台。

マザーでsilent設定。
回らないように設定の上に、回転数の低い‥回らないファンをクーラーにつけております。

でもって ケースファンなんぞ、つけない。

それでも 十分に冷えております。

静かで・・冷えて・・高性能。これが私のスタイル。

処理速度。
1600から乗り換えて、レスポンスが上がった。
8700Kと比べて、1600は微妙に鈍かったのが・・8700Kと同等に体感はなった。

安定性
問題なし(定格オート使用時)

互換性
ん〜モニターソフトの 温度表示が一部おかしい・・・
まぁ 350マザーのまま バイオスアップだけで付けてるので‥ここらが原因かと。

総評

熱と戦うのが嫌・・高いクーラーを買いたくない、素のままで真夏も問題なしに遊びたい。
そういう人には これが一番おすすめです。

2700X買う気なら、2700を買って〜そこそこのCPUクーラーを買えます。
虎徹クラスでも CINEベンチ程度なら 100%の負荷でも、50℃ほどで今の時期なら収まるはず。

2700Xとか買うと 70℃は行きますよ(10000円オーバーの空冷や20000円コースの簡易水冷つかって・・)

9900Kとか 9700Kだとね〜OCCTでチェック入れ入れでやると〜
恐ろしく熱が出る模様。

2700だと オート(定格なら 余裕で冷える)
私の環境だとOCCTでチェック全部入れても・・ 43℃で収まる。

おまけに轟音のファンの音なんぞ聞かなくて済みます。
僅か600回転台。 実に静か。
素晴らしい・・

ってね。

ケースはキューブ、ケースファンなし、でっかいグラボとでっかいCPUクーラーで、ギチギチです。
空気の流れ? なんじゃそれ?
問題ない・・冷えてるんだから。

気楽に8コアを楽しみたいなら・・これしかない。 
お勧めしますよ。

12/9 追記

十分に冷えてるのですが え〜最初のレビュー時 実はRyzen1600を取り外したときに〜
スッポンとCPUごと、クーラー(付属のクーラー)が抜けてしまいましてね。
「あ〜これが噂のスッポンか〜」
で?
このまま2700を取り付けて大丈夫なのか?
無事に軌道するのだろうか?
なんて 焦っていたのでしょうね〜
取り敢えずチェック、って2700乗せて 無限5を取り敢えず取り付けて起動チェック。

本来は2〜3回グリスは塗り直して普段は温度チェックを行うのですが〜
十二分に低いため そのまま放置しておりました。

が グリス塗り直そうか〜ではずしたら 無限5の保護フィルムが‥付いたままでした。
ね〜 慌てていて 剥いでなかった。
それでも 冷えてるんですから これは冷え冷えです。

フィルムを外しすと当然温度は下がりましたね。
一時的にNH-D15(ツインタワー最強クーラー)を取り付けていました。

まぁ もともと温度低いCPUなので必要もないのですが〜
9900Kを購入するかもで 爆熱との噂があるため対抗策として購入してました。

無限5よりも高負荷時は10℃以上温度は下がりました。
びっくりした。

しかし本日 本来の場所 9900K機に移転のため、取り外して再度無限5に戻しました
ん〜気温も非常に低いしトリプルファンはいらないか〜で二重反転 ツインファンに変更。

疑似2700X仕様 38.5倍OCで使うもよし。
素の2700仕様 34倍で使うもよし。
私の環境では、疑似2700X仕様にすると CINEベンチで15℃程度 温度が上がりますね。

9900Kも購入して一通りチェックはしてみています。

体感 普段使いでは 9900KもRyzen2700も 価格は倍違いますが〜
私的には 同じですね。

ベンチスコアは オート仕様 で 9900K 1900台 2700は1400台(CINEベンチ)
OCでは、9900Kは50倍で2100台 2700は42倍で1800台 

発熱、消費電力など考えると 余程クロックの高さが必要な使い方をしないなら。
Ryzen2700は 必要十分だと 私は思います。








比較製品
インテル > Core i9 9900K BOX
レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった14人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

yshimoさん

  • レビュー投稿数:69件
  • 累計支持数:110人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
8件
11件
タブレットPC
2件
16件
ブルーレイドライブ
1件
16件
もっと見る
満足度5
処理速度4
安定性5
省電力性無評価
互換性4

確かAthlon(Thunderbird)振りのAMDへの回帰。
このCPUの前のメイン機は Core i7 3770K で組んでいて、自分の使い方では
特に処理速度に不満があるわけじゃなかった。 
が、久しく見なかったBSODに、ここ1か月程の間に何回か遭遇。
こりゃまずいって事で、メイン機の構成を変更をすることにした。

新規にあたり最初のCPU候補はコスパの高かった Core i5 i8400/i8500 等。
なんせi8400なんか2万切りのプライスが提示されていた。
#正直あのままの価格だったらi5に流れてた可能性もある。 (^_^;
#同じく2万切りの6コア Ryzen 2500には正直魅力を感じなかった。

しかし、そうこうしている内にCore i5が値上がりし、価格差が縮まった事で
Ryzen 2700も射程に入り、最終的にはコア数8個に惹かれ、これに
落ち着いた。 X付で無いのは、価格、そして無印の方が比較的省電力
という事で。

●構成(新規購入分)
 CPU:AMD Ryzen 2700
 MEM:G.Skill F4-3600C19D-16GSXWB (8GB x2)
 MB:MSI X470 Gaming Pro
 SSD:SAMSUNG MZ-76E500B/IT EVO860
 PSU:Cyonic AU-650X
 Video:MSI Radeon RX 570 ARMOR 8G OC

 ※その他、HDD、ケース、KBD、マウスは前PCから使いまわし。

【処理速度】
満足。エンコードは前PCから2倍前後早く終わるようになった。
(このPC用に調整したらもう少し行けるかも)
他のブラウジングやら、Office編集等は前PCと違いは感じられない。
まぁ、前PCもSSDで組んでたし、そこは想定内。

【安定性】
以前のAMDのイメージだと、Windowsで何らかのハンディキャップが
ある感じだった。 しかし、先人達が言うように、本Ryzen2700では
Windows10のインストールも、インストール後も(今のところ)ノートラブル。
まじか、っていうくらい安定してる。(まぁ、OCもしてないし)
メモリは 3600MHzだと安定しなかったので、3200MHzで設定・運用してる。

【省電力性】
計測してないので、不明。
ただ、思ったより発熱はありそう。

【互換性】
この互換性の意味がよくわからない。
MSI X470 Gaming Pro で組んでるが、上記の通りノートラブル。でいいのか。

【総評】
満足度高し。

上記の通り、Ryzen2700一択ではなかったが、本製品にしてほんと良かったと思う。
あと数年はこの構成で基本に逝く予定。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった8人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ゆきををさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
1件
CPU
1件
1件
メモリー
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5

【処理速度】
今まではFX8150のPCを使用していたので、それと比較した場合、低燃費で処理速度もアップしているので個人的に満足。

【安定性】
温度は室温22度で30度前後でベンチマークテスト以外50度超えることはありません。またクーラーは純正の物を使用しており
グリスも塗り替えず使っています。2700Xの四角のクーラーより、もしかしたら2700の丸型の方が冷えるのかも・・・

【省電力性】
Windows10環境でチップセットを入れると電源オプションにAMD Ryzenバランス調整の設定が追加されますが、そこをさらに省電力設定にすると9W前後ワットチェッカー上で下がるので、さらに省電力追求する方はそういった使い方ありかも



【総評】
2700Xと2700でそんなに値段はかわりませんでしたが最近2700Xの方が値段が上がっています。
消費電力重視と、そこそこの性能と丸型の角のない純正クーラーとファンが光らないのがとても気に入っています。

追記
組んでから3週ほど立ちましたがベンチマークしてもしなくとも、とにかくPCが静かで安定しすぎです。
CPUクーラーは純正ですが、全く問題なく30度以下で動いてる方が多い。特別な理由がない限り純正クーラーで十分ではないかと思います。


PC構成
マザーボード: GIGABYTE X470 AORUS GAMING 5 WIFI(税送料込み22,140円Amazonで購入)

CPU: Ryzen2700 (税送料込み34,344円 BEST DO! 通販部さんから購入。大阪なのに一番早く届いた)

GPU: ASUS ROG-STRIX-RX580-O8G-GAMING (税送料込み26,978円 ツクモネットショップで購入)

メモリー:  Kingston DDR4-2666 8GBx2枚 HyperX FURY CL16 1.2V HX426C16FW2K2/16 (税送料込み23,400円Amazonで購入)

電源: ANTEC NE750 GOLD 80PLUS GOLD認証 750W(税送料込み 9,817 円 イートレンドさんで購入)

ストレージ: Western Digital SSD M.2 WD Black NVMe WDS500G2X0C (税送料込み 20,709 円 x 2 = 41,418 円イートレンドさん)
        前のPCからHDD WD5000AAKX 500GB
ケース: Fractal Design Define R6 - White - Tempered glass税送料込み 19,241円Amazonで購入)

OS:  Microsoft Windows 10 Pro Fall Creators Update適用済み 32bit/64bit 日本語版パッケージ版
       (税送料込み 24,692円Amazonで購入)

追記 2018/11/26
geek bench4でのベンチマーク結果ですWindows10の電源オプションでAMD Ryzenバランス調整の設定が一番良いスコアが出たので
4回計測しました。(高パフォーマンスはスコアが悪くなります)

Single-Core Score

4361(AMD Ryzenバランス調整設定)
4417(AMD Ryzenバランス調整設定)
4429(AMD Ryzenバランス調整設定)
4424(AMD Ryzenバランス調整設定)
2321(省電力設定)

Multi-Core Score

24077(AMD Ryzenバランス調整設定)
24124(AMD Ryzenバランス調整設定)
24344(AMD Ryzenバランス調整設定)
24197(AMD Ryzenバランス調整設定)
21595(省電力設定)

結果Geekbench Browser に公開されてるスコア(https://browser.geekbench.com/processors/2128
よりはMulti-Core Scoreは2000ほど実際は高いです。
2018/11/26時点でのスコア

Multi-Core Score

AMD Ryzen 7 2700X
3.7 GHz(8コア)
26618
AMD Ryzen 7 2700
3.2 GHz(8コア)
22812
AMD Ryzen 5 2600X
3.6 GHz(6コア)
21715
AMD Ryzen 5 2600
3.4 GHz(6コア)
20395

Single-Core Score

プロセッサー スコア
AMD Ryzen 7 2700X
3.7 GHz(8コア)
4822
AMD Ryzen 5 2600X
3.6 GHz(6コア)
4658
AMD Ryzen 5 2600
3.4 GHz(6コア)
4369
AMD Ryzen 7 2700
3.2 GHz(8コア)
4316

またゲームですがWindows10の電源オプションで省電力設定でも十分にゲーム出来ます。
2700Xも同じだと思いますが、電気代が気になる方、省電力設定でも十分に使えます。
ゲームにもよると思うのですが
FPS設定をアンロック状態でGPU使用率が15%〜20%下がりCPUも使用率、速度は通常の半分程度まで下がります。
処理時間が気になる方、時間に余裕がある方は設定をマメに切り替えしてみてくださ。

レベル
初めて自作
重視項目
スペック重視

参考になった18人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

eurasiaさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:42人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
11件
マウンテンバイク
0件
5件
ロードバイク
0件
4件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性3

これまでPG開発や検証用に多くのPCを自作してきましたが、古いものは起動しないことが増えてきて邪魔になってきました。また現役PCもモニタ切替器とか面倒だし、ぶっとい電源ケーブルとか取り回しがきついし配線もワサワサして嫌な感じになってきました。そこで可能な限りVM化して1箱にぶち込んでしまうことにしました。

実はこのことは1年以上前から考えていたのですが、当時はホストOSとしてLinuxを使う前提だったため、初代RyzenのSEGV問題があり手を出しにくい状況でした。しかしそうこうしているうちに2代目が発売され価格も少し下がってきたため、半年ほど前に買い時と思い、組み立てました。とにかく安価にコア数を稼ぎたかったので2700無印を選びました。

現在ホストOSはWindows10Pro、ゲストOSとしてWindows10HOMEとLinux類、そしてWindowsServerの評価版などを入れて開発にあたっています。
メモリを32GB搭載しましたので、例えば各ゲストOSにCPU 2Core, 8GBのメモリを割り当てして同時に3個立ち上げしても何の問題もありません。今まで使用中にフリーズしたことは一度もなく、良い意味で予想を裏切られました。

なお購入当時はi7の最上位がコア数で負けていたので検討対象になりませんでした。
それでも値段はi7のほうが高かったです。逆にRyzenだとビデオカードが必要になりますが、ゲームをする訳ではないので最低レベルのスペックで良く、トータルではIntelで組むより若干安くすみました。

互換性の項目だけ星3個ですが、これは第二世代Ryzenの対応マザーボードの発売が非常に遅かったからです。
(私は結局それが待てずに第一世代のMBを購入・ファームアップして対応しました)
これから買われる方は現時点での心配はありませんが、各社Intel優先なのでこの評価とさせていただきました。

今現在、もし同じ目的でPCを自作するとしたら、やはり2700無印を選ぶと思います。
Intelもコア数で並んできましたが、値段高くてどうも魅力を感じません。(ビデオカードが不要だとしても)

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

白玉うさぎさん

  • レビュー投稿数:62件
  • 累計支持数:79人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
8件
4件
電源ユニット
9件
0件
SSD
8件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5

Ryzen7 1700では使えなかったXMP設定が Intel用なんだなと諦めてタイミング設定下げてたXMPが!使えました!!個人的に唯一の弱点だったメモリOC問題が解消されて
値段は安いコアは多い発熱は少ない
あと弱点どこ?って感じです
今自分で組むならこれが安定じゃないでしょうか

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

XXXG-01-SR2さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
2件
0件
SSD
2件
0件
空気清浄機
2件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度4
安定性4
省電力性無評価
互換性5

4年前に購入したメインPC(i7-4770)が不具合多発で動かなくなったため自分用に久々に組みました。
Amazonでバルクを購入(\27,700)。AMD機としてはAthlon 650Mhz(Slot A)以来の自作。

【処理速度】
CINEBENCH R15を走らせる限りではシングルは前機とほぼ同等です。
マルチに関しては流石の一言。

【安定性】
自分の技術不足で少し不安定な部分があるものの、問題ありません。

【省電力性】
真夏にPC前で作業していると汗だくになっていましたが、今回は汗ばむ程度です。
夏場の室内温度は29℃前後です。

【互換性】
B350マザーのBiosアップデートで動作させています。
問題が無いので互換性に関しては高いと考えています。

【総評】
コストパフォーマンスが高く、満足です。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

のじろうさん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:127人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
6件
1件
CPU
3件
1件
PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
1件
もっと見る
満足度4
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5

バルク品をAmazonにて¥29,000円で購入しました。7月にはいってまた値段が下がってきてますね・・・。

使用環境です。

CPU: Ryzen 2700 @3.8Ghz /V core 1.35V
CPUクーラー:KABUTO 3
マザボ:ASROCK x470 Master SLI
メモリ:G skill Trident Z DDR 3400 8GB×4(F4-3400C16-8GTZKW)
※残念ながらダウンクロックして使用 3066MHz 16-16-16-36
SSD:WDC WDS512G1X0C-00ENX0
グラボ:ASUS ROG STRIX Vega 64 GAMING OC
電源:850W
OS: Win 10 pro 64bit

本品購入前には、Ryzen 7 1700 を MSI X370 Pro Carbonにて@3.5 GHz/ V core 1.35Vにて使用していました。

ZEN+では、プロセスの微細化を高クロック化に使用し、メモリのレイテンシを若干改善しているようです。
性能改善は、動作クロックの上昇が支配的だと思います。同じ電圧で駆動できるクロックを考えると約13%といったところでしょうか?
ある程度の負荷のあるゲームでは数FPSの改善が望めるでしょう。


1700では、4GHzが越えられませんでしたが、本品は、1.4Vにすると4.1GHzでOCCTもとおりました。
下位モデルもOCできるのがAMD。手動OCであれば下剋上も可能です。OCも低電圧/クロック化で省電力も自由に選べます。

前世代からの性能UPは若干といった感じです。

FX世代からの置き換え、よりコアの少ないRyzen 3/5からのマルチタスク能力強化が目的ない場合は、買い替える必要はないと思います。

消費電力を気にしない、極限のOCで性能を絞り出さないのであれば、前世代の1700/1700X/.1800Xのほうが中古もかなり安価なのでそちらで同じクロックで動かせばほぼ同等の性能だとおもいます。

当方、横置きのラックマウントのPCケースのため夏場は、熱的な制約があるため、省電力にて動作をさせます。
2700も、電圧をデフォルトに変えて@3.5GHzにて動作をさせています。メーカー公称65Wあたりです。全コア負荷をかけると約1.1Vで動作をしました。CPU温度も10度以上下がりました。

ただし、低電圧の伸びしろはそれほどなさそうです。デフォルトの3.2GHzは、1.05Vが限界でした。@3.7GHzでTDP100Wを超える2700Xとの電力効率を考えるとTDP65Wの2700には光るものがあります。2700Xも設定すれば同じになりますが。

本品と、以前使用していた1700は、デフォルトの設定で消費電力と性能のバランスの取れた帯域を使用できるモデルといえます。

ただし、やはり性能差を考えると、初代 Ryzen 7を使用している人は次の世代ZEN2での置き換えが賢明だとおもいますが、価格と性能に関しては相変わらずすばらいいものがあり、上記の評価とさせていただきました。

AMDこれからも頑張ってほしいです。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった11人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

babyseedさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
2件
1件
ケースファン
3件
0件
CPU
1件
1件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性4

8700kを使っていたのですが熱対策に疲れたので乗り換えました。
ゲームのfpsを重視するような使い方ではないため、処理能力に差は感じず、トップフローのCPUクーラーでも発熱を抑えられるので良い感じですね。

AMDのCPUは初めて組みましたが、APUはCarrizoまで全世代使っており、CPUの処理能力には疑問を持っていましたがZenは噂に違わぬ性能の良さですね。

CPU:Ryzen7 2700(無印)
CPUクーラー:超天(ファンはNF-A12x25 PWMに交換)
MB:PRIME X470-PRO
MEM:OCM3200CL16D-16GBN
GPU:Radeon RX 480 GAMING X 8G

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

Ryzen 7 2700 BOX
AMD

Ryzen 7 2700 BOX

最安価格(税込):¥23,738発売日:2018年 4月19日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 7 2700 BOXをお気に入り製品に追加する <442

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
-PR-
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意