H370 Pro4 レビュー・評価

H370 Pro4

  • H370チップセット搭載のインテル製CPU向けATXマザーボード。第9世代および第8世代Coreプロセッサーにも対応。
  • M.2スロット2基を搭載。インテル「Optane」メモリーやタイプ22110のM.2 NVMe SSDにも対応。
  • ELNA製オーディオコンデンサーを採用。従来の固体コンデンサーと比較して、ノイズレベルは大幅に低減。
H370 Pro4 製品画像

最安価格(税込):¥10,340 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:¥―
  • 発売日:2018年 4月 3日

店頭参考価格帯:¥11,480 〜 ¥11,480 (全国66店舗)最寄りのショップ一覧

フォームファクタ:ATX CPUソケット:LGA1151 チップセット:INTEL/H370 メモリタイプ:DDR4 H370 Pro4のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • H370 Pro4の価格比較
  • H370 Pro4の店頭購入
  • H370 Pro4のスペック・仕様
  • H370 Pro4のレビュー
  • H370 Pro4のクチコミ
  • H370 Pro4の画像・動画
  • H370 Pro4のピックアップリスト
  • H370 Pro4のオークション

H370 Pro4ASRock

最安価格(税込):¥10,340 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 4月 3日

  • H370 Pro4の価格比較
  • H370 Pro4の店頭購入
  • H370 Pro4のスペック・仕様
  • H370 Pro4のレビュー
  • H370 Pro4のクチコミ
  • H370 Pro4の画像・動画
  • H370 Pro4のピックアップリスト
  • H370 Pro4のオークション

H370 Pro4 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.52
(カテゴリ平均:4.38
レビュー投稿数:2人 
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
安定性 4.52 4.50 -位 安定して動作するか
互換性 4.00 4.40 -位 パーツとの相性など
拡張性 4.00 4.09 -位 拡張性スロットやポートは十分か
機能性 4.00 4.24 -位 付加機能は十分か
設定項目 4.05 4.19 -位 設定項目は豊富か
付属ソフト 3.52 3.77 -位 付属ソフトの質と量は適切か
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

H370 Pro4

H370 Pro4のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
2件
ドローン・マルチコプター
0件
3件
ゲーム機本体
0件
2件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性4
拡張性4
機能性4
設定項目5
付属ソフト4

【安定性】
全体的安定していて、PUPGなどのゲームもグラボがあれば快適に遊べます。この値段のものでこれだけ安定してあそべるのは凄いと思います。

【互換性】
最近のIntelのミッドレンジCPUやPentiumなどにも対応しています。しかしその中でも対応するのはCoffeeLakeだけです。この辺は少し難しいので、初めて自作pcをする時は気をつけてください。最近話題のM.2のスロットも二つ付いているので初心者には十分だと思います。

【拡張性】
拡張性もATXマザーボードなので全体的に良いです。例えば最大メモリー容量は64GBもあるのでコストパフォーマンスがすごい重視されていると思います。

【機能性】
この点については私もあまりわかりませんが、コスパを気にして自作をするなら充分です。

【設定項目】
設定項目はAsRockらしいわかりやすい設定画面です。初めての人でも自作攻略本みたいなのがあればスラスラいけると思います。

【付属ソフト】
付属ソフトはDVDなのでパソコンに読み込みプレーヤーが付いていないひとは予め違うパソコンでUSBにウェブサイトからダウンロードしておかないといけません。

【総評】
総合的に凄くコスパが良いマザーです。そして初心者にもぴったりです。

レベル
初めて自作
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ガンショット・クリークさん

  • レビュー投稿数:39件
  • 累計支持数:225人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
5件
3件
デジタル一眼カメラ
3件
2件
SDメモリーカード
3件
0件
もっと見る
満足度4
安定性4
互換性4
拡張性4
機能性4
設定項目3
付属ソフト3

5年ほど録画サーバを兼ねて24時間動作させているCore i3 3220T+_ASRock B75 Pro3MのサブPCがWin10にアップしたらかなり処理がアップアップになってきたため、ぼちぼち壊れる前にCoffee Lakeに乗り換えようと決意。
3.5インチのマルチカードリーダーとケース全面USB3.0ポートがあるケースなので、内部にUSB3.0ポートが2個あること+TVにつないで使ってる関係でアナログRGB接続を使えるマザーを探してこれに決定。なんだかんだで買い替えるときはいつもASRockになってる気がする・・・。

【安定性】
Core i3 8100T+IZUNA、8GB DDR4x2、2.5インチSATA SSDで運用していますが、特にパーツの相性問題などは発生していません。
録画データのトランスコードしながらいろいろ動かしたりして高負荷かけると時々ハングする症状がみられますが、OSがWindows 2000の時代からアップデート&パーツ交換を繰り返してきた代物なのでこちらの方が原因の可能性高そう。。

【互換性】
特に問題なし。以前使っていたASRock B75 Pro3-Mよりも奥行(幅?)が若干狭いため、ケースに入れるのはむしろ楽でした。
ただSATAポートのコネクタが外に向かっているタイプなので、小さいケースだとL字型コネクタ使わないとSATAがケースと干渉して入らないかも。ATXサイズぎりぎりのケース使ってる方は要注意。

【拡張性】
PCIeが全部で5本(うちx16が1、x1/2/4可変が1)あり、PCIeメインで使うなら拡張性は十分でしょう。
内部USB3.0ポートも2系統あり、RGB出力もまだついている(他社のCoffee Lake対応マザーだとRGBないものも結構多くなってきました)ので結構いろんな環境で使いやすい拡張性を備えているかと。

【機能性】
H370の普通のそれ。オーバークロック等しないのであればこれで十分というレベル。
オーバークロックとかしたいなら素直にZ370マザーがおすすめ。

【設定項目】
UEFIの設定項目も普通。前より設定項目減ってるような気が・・・。
ファンの温度連動コントロールだけは使いたかったので確認しましたが、設定アプリで細かく調整できるようになっていました。

【付属ソフト】
普通にドライバCDがついてます。必要なドライバだけついてる感じ。
無駄な体験版とかあっても使わないのでこれで十分です。

【総評】
秋葉原店頭で1万円前後でよく売られている「ごく普通のマザー」ですが、手ごろなお値段でちょい小さめ、拡張性はそこそことコスト重視でそこそこのもの組みたければ手ごろな選択かと思います。電源制御も他社のH370よりちょっとよいようで、消費電力は測定中ですがi3 3220Tの頃より数Wですがアイドル時の消費電力は下がっているようです。
万能的に使えるCoffee Lake用の高コスパマザーが欲しいならよい選択かと思います。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

H370 Pro4
ASRock

H370 Pro4

最安価格(税込):¥10,340発売日:2018年 4月 3日 価格.comの安さの理由は?

H370 Pro4をお気に入り製品に追加する <94

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[マザーボード]

マザーボードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意