ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AH レビュー・評価

2017年11月 1日 発売

ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AH

ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AH 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥50,000

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥50,000¥52,690 (2店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥75,000

店頭参考価格帯:¥― (全国700店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ビデオフルード雲台 耐荷重:8kg ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AHのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AHの価格比較
  • ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AHの店頭購入
  • ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AHのスペック・仕様
  • ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AHのレビュー
  • ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AHのクチコミ
  • ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AHの画像・動画
  • ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AHのピックアップリスト
  • ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AHのオークション

ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AHマンフロット

最安価格(税込):¥50,000 (前週比:±0 ) 発売日:2017年11月 1日

  • ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AHの価格比較
  • ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AHの店頭購入
  • ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AHのスペック・仕様
  • ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AHのレビュー
  • ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AHのクチコミ
  • ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AHの画像・動画
  • ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AHのピックアップリスト
  • ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AHのオークション
ユーザーレビュー > カメラ > 雲台 > マンフロット > ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AH

ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AH のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.02
(カテゴリ平均:4.35
レビュー投稿数:5人 
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.80 4.41 2位
安定感 カメラをしっかり固定できるか 4.80 4.44 2位
操作性 取り付けや操作のしやすさ 3.63 4.21 6位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AHのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

とんがりキャップさん 殿堂入り

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:78人
  • ファン数:33人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
744件
レンズ
0件
388件
三脚・一脚
4件
175件
もっと見る
満足度3
デザイン5
安定感5
操作性3

これで輸入できない?

右横に飛び出しているのが、脱着用のレバー

重い機材だとこうなります

左がN8,右がN12

わたしは、野生動物をおもに静止画撮影しています。
ザハトラーが良いのは知っていますが、値段が高く重いので、kirkのジンバル雲台G-1をメインの雲台にしています。
そこへ先日米国B&Wで、送料込みで3万円を下回る状況になり迷わず購入。ですがリチウムイオン電池が入っているので日本には送れないと返事がきました。
たしかに水平を調べる水準器の照明にボタン電池が入っているので、それを外して発送できないか頼みましたが、どうしてもダメとのことで英語での交渉力も乏しくあきらめました。
でも一度買うのにしくじると、無性に欲しくなり結局日本で購入してしまいました。

第一印象

色がカッコよくて、意外に軽く感じます。
ですが大きいし、形状に不規則な出っ張りが多いので収納性は悪そう。
それよりも、
1、クイックリリースのサイドロックが、とてもとんでもなく使いにくい
2、各種調整のダイヤルつまみが、私の直感する廻し方と逆

クイックリリースは使いものにならないと思い、
すぐにkirkのアルカスイス互換クランプを載せました。
ですが、この載せる方向をノブを右にすると雲台のリリースレバーと干渉して使えないので、左側にクランプのノブがくるようにしたので、私の普通とは逆ですが、レンズ脱着のときだけなので気にしないことにしました。

ダイヤルのつまみについては、
ふつう時計回しだと締める方向ですよね?この雲台は逆なんです。
慣れるしか無いのでしょうが、違和感があります。これも撮影中にひんぱんに操作するモノではなく、はじめの設定の時だけですから、気にならないかもしれません。

おそらく水平パン方向の動きは、オイルによる可変式で軽くも重くも自由に調整可能です。
ティルト上下方向の動きについては、機材が倒れないようにガス圧によるピストンで支えるのですが、その支える強さを自由に可変できます。
そして上下方向への動きやすさを、軽く動くようにするのか重くネットリ動かすかもダイヤルつまみで無段階に調整できます。
また移動時など動きを完全に止める場合には、違うダイヤルつまみで固定するようになっています。これら3つの調整でティルト方向の動き方を任意に無段階で調整できます。



<使ってみて>
まず、付属のプレートの上にアルカ互換クランプを載せることによって、その厚み分10ミリ程度重心が上になりました。それによってカウンターバランスが苦しくなり、CANONの旧型のゴーヨンと1Dxだとカウンターバランスがとれませんでした。
たった10ミリ程度なのですが、カウンターバランスは8キロから6キロ程度にリミットが下がってしまうようです。
規定では55ミリで8キロになってますから、数ミリの違いが結構影響あるのでしょう。
他の方の使用例を見ると、私の機材でも充分使えそうな気がしますので、製品の個体差もあるかもしれません。
アルカクランプを外して、本来のプレートにレンズをネジ留めすればおそらく使えるとおもいますが、この雲台だけで使うわけでなく、汎用性を高めるためにアルカ互換の三脚座にしていますので、マンフロットのプレートに直接レンズをネジ止めすることは考えられません。
このような方も多いでしょうから、この雲台購入を考えている方は要注意ですね。
もちろん他の軽い機材(サンニッパ、100-400など)では余裕を持って使えました。
サンニッパに2倍のエクステつけても大丈夫でした。

この機種のカウンターバランスは、0キロから8キロまで調整できるのがセールスポイントですが、この数値が機材の重さと同じというわけではないのがポイントで、
機材の重心がプレートから離れるほどテコの作用でカウンタバランスは減少しますから、なるべく重心を低くすべきなんでしょうね。
試しにレンズストラップを付けてストーンバッグを垂らすと重心が下がりますから、私の旧ゴーヨンでもカウンターバランスが効くようになりました。


カウンターバランスの件は、とりあえずあきらめてサンニッパに2倍のエクステで実際に使ってみました。
機材を載せて動かすと、動きはウルトラスムーズ、
急な動きでもゆっくりでもじんわりと動きますし、
そのネットリ具合もリニアに調整できるので、いい感じです。
ズームレンズの場合、レンズの伸び縮みでバランスが変わるのですが、
そのカウンターバランスの調整も、簡単でとてもいい感じ。
これが無段階カウンターバランスなんだなと実感です。
ダイヤルで数字を合わせるタイプよりもずっと精度を高く合わせることが出来ます。
パン方向のテンションコントロールには、ガス圧を使っているとは思えず、おそらくオイルの粘性を使っているような気がしますが、効きの調整はリニアなので、上下と左右のバランスを簡単に任意にコントロールできますから、レンズを斜めに振る際に引っかかりも出ず、斜めに一直線でレンズを振ることができます。
動画のようにねっとりと動かす場合だと、引き戻しを感じることがありますが、飛ぶ鳥を追うような素早い動きはザハトラーよりもフリーなので、とても良い感触を得ました。

肝心の極寒期の挙動については、使っていないのでわかりません。
またパン棒も使っていないのでわかりませんが、パン棒の取り付け部分がガタガタ尖っているので、怪我をしそうで怖いです。
照明の点く気泡式の水準器がついていますが、精度は悪いようで私の持ってる他の水準器とははっきりした誤差がありました。

結局わたしの重い旧式の機材を載せることは無理のようなので上位機種のN12を買いました。
軽い最新機材をお使いならN8でも良い選択かもしれませんが、N12という上位機種を選ぶほうが無難だと思います。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

地球人999さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:29人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ビデオカメラ
2件
7件
雲台
1件
1件
デジタル一眼カメラ
0件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン5
安定感5
操作性4

超コンパクトなビデオ用三脚を作ってみました。

こんな小型カメラでもバランスしてくれます

レバーの出っ張りが邪魔になります

【デザイン】メカニックなデザインで個人的には気に入っています。

【安定感】最近はあまり大きなカメラを使っていないので、まったく問題なしです。

【操作性】やはりレビューや動画サイトでも指摘があるように、カメラの取り外しは少し慣れが必要なようです。カメラを載せない状態ではまずまずですがカメラを載せると指の持って行くところも変わりますし、何より親指で押しながらならレバーを手前に引く方がやりやすいように思うのですが、押しながら前のレバーも前に押すという動きが私には力がいれにくく、手間取る感じでした。間違って外さないようにわざとなのでしょうか。
その点を除けばカウンターバランスは自由に変えられるうえ、パンのトルクも変えられるので、使いやすいと思います。


【総評】以前はショルダータイプのカメラでしたので、ビンテンなどビデオ用三脚を使用するしかなかったのですが、最近はカメラも小型になりハンディが主流で旅行などにも手軽に持って行けるようになってきました。
最近はあまり撮影に出かける機会も少なくなり、旅行などのホームビデオレベルの使用ですので、本格的撮影目的の参考にはならず、むしろホームビデオでも使えるというレポートだと思って読んでください。

カメラの4K化で手ブレが目立ちやすくなり、手ブレ補正も進化しているものの、たとえ簡易な三脚であっても手持ちと三脚使用では大きな差が出るという考えから、旅行向きとして組んだものですから、一般的には常識外れのところがありますがご了承願います。
まずこの雲台で使用しているのはベルボンのウルトラコンパクトのUT63です。

かさばらない三脚としては、この前にUT53を使っており、雲台をベルボンの安いプラ製のビデオ雲台と交換してみたのですが、価格のわりにはましなのかもしれませんが、とてもまともに使えるものではなく、すぐにマンフロットの500AHと交換しました。
これも三脚のサイズからして限界以上ぐらいのトップヘビーで、どうかと思いながら組み合わせてみたら、意外にも安定して使えるものでした。

ただ500AHは安いだけにカウンターバランスは固定で、パンはトルクの変更が出来ないというものですから、コンパクトなUT53ではパンの際に三脚を押さえておく必要があるなど、サイズと引換にかなり気を使うため、更に動きにいい雲台でコンパクトなものが出来ないかと考えた結果がナイトロテックとUT63の組み合わせです。

さすがにUT53では不安ですが、見かけよりも強度がある事が確かめられていたので、上位のUT63と組みあわせてみる事にして、ボールタイプでないのでレベラーもいれてみました。
結果としては当然のことながら大型の三脚とは比較できませんが、コンパクトながら操作性のよいものになりました。
この雲台はカウンターバランスが可変しますので3s以上のカメラでも1.4sしかないカメラでも完全にバランスしてくれます。
三脚のメーカー推奨は3sまでですが、4sオーバーで使う事もあり三脚の方が少し心配ですが一応使えています。
パンのトルクも指1本で回せる軽さまで可変しますので、操作性に関する問題はほぼ解決した感じです。

前の500AHとは比べ物にならない操作性で、もちろんこれ以上のものがある事は知っているのですが、何より価格が安かったのも助かりました。
ここのクチコミの特価情報を見て、紹介されたサイトを見たらまだ特価販売中だったので買ったのですが、この価格としては上出来な製品だと思います。

オイルの音が聞こえるという点は私が買ったものもしました。
ロックする時とか外す時にクチャッという感じの音がします。
あと気になっているのがピストン部分で、ここに微細な砂が咬んだりしないだろうかという心配しています。
この部分で問題が出るとバランス調整の機能も死んでしまいそうですが、耐久性などは使い込まないとわかりません。

カウンターバランス調整ノブが飛び出しているため、手持ちの三脚ケースでは入らず、またケースを購入しなくてならないようです。
大きな雲台のうえに出っ張りもある形状なので大きい目のものが必要なようです。
普通なら大きな雲台ではそれなりに長い三脚ですが、私の場合は大きな雲台で短いものですから適合するケースなどなく、雲台に合わせて選び、長さの方は改造して使うしかありません。
不満点があっても5万円以下で、この機能と操作性はおすすめできる製品だと思います。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

バイキンマン7号さん

  • レビュー投稿数:87件
  • 累計支持数:302人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
7件
157件
レンズ
16件
77件
スポーツ玩具
19件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン4
安定感4
操作性3

先日、当商品について、
試用出来る機会に恵まれたので、
私物にて動作テストしてみました。
個体差もあるかもしれませんので、ご注意願います。

Canon EF 500mm F4L IS USM + Canon EXTENDER EF1.4 V + Canon EOS 5D MarkW(BGなし)

カウンターバランス 70〜80%程度で、バランス取れました。
試した訳ではありませんが、EF 600mm F4L U IS USM + EXT1.4V + EOS-IDX Mk2 でもバランスは取れると思います。
(旧型レンズやハチゴローになると微妙かも・・・)
きちんとロック出来るので、機材を載せたままの移動も問題無いように思いました。
上下左右に振った感触は、一般的なレベルで、ハトラーにはおよびませんでした。

他の感想としては、カウンターバランスの調整は、調整バー(?)と何度も何度も回さなければならず、
軽い機材から重い機材、またはその逆の場合に、瞬時に調整出来るといった風では無かったです。
あと重量はそれほど重くないにしても、概観が凸凹しているせいか、収まりが悪い印象でした。

以上です。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

PROZEROさん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:231人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
6件
0件
デジタル一眼カメラ
3件
0件
雲台
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
安定感5
操作性5
   

一眼レフカメラ動画セッティングN8雲台

   

何と言っても工業的なデザインがとても良いです。初めて写真で見た時にドキッとしました。前後の重量バランス取りもカウンターバランスのドラック調整も簡単で思いのままに調節出来、ティルトがピタット止まる気持ち良さにとても満足しております。ハンディービデオカメラでも重量級一眼レフでもゼログラムからダンピング調整出来るガスダンパーを備えた雲台は他に無いと思います。一般のビデオ雲台はクイックプレートをスライドして取付けるする必要があり不自由ですがN8は真上からカチッと取り付けられて同時に脱落防止ロックが掛かり便利で安心です。左右どちらか空いている側のバンパーハンドル取り付け部ロゼットリングが3/8アクセサリー用イージーリンクになるのでパン、ティルトに追従してモニターが動くので運用しやすいです。特筆すべきは繊細に調整出来るデリケートな製品でありながらひっくり返したり落としたりしてもギャー式雲台の様に簡単に壊れず堅牢です。唯一残念な点は同社の他機種に比べて水準器の照光LEDオレンジが少し暗いのと水平アンバランスを報せる赤色LED点滅が殆ど見えない事です。定番で良いのは分かっているがジッツオやザハトラーの野暮ったい雲台デザインが気に入らない方にはお洒落度最高の多目的雲台であると思います。

比較製品
ザハトラー > FSB 8
GITZO > GH3382QD

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

三楽さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

コンバージョンレンズ・アダプタ
1件
0件
雲台
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
安定感5
操作性3

【デザイン】
メカメカしいデザイは好き。

【安定感】
ニコンゴーヨン+D500+BGで使用。用途は野鳥撮影。
総重量は約5kgですが、カウンターバランスを取ってもまだ調整幅の半分くらい。もっと重くても大丈夫そう。
上記の機材で手を離せばしっかり止まる。
カウンターバランスをさらに強くすれば、手を離すと水平に戻ります。
ガタツキは一切無い。

【操作性】
やや不満。
脱着時は右手でプレートロックの解除をするので、左手でレンズフットを持つことになる。利き手の右手でレンズを持ちたいので不安定になる。従来のマンフロットのビデオ雲台のようにスライド差し込み方式の方が安心感がある。
チルトロックは左回転でロックしますが、右回転でロックするようにしてくれた方が直感的で使いやすいと思う。

【総評】
操作性に少し不満はあるが、カメラを載せての撮影自体は満足。

参考になった6人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

あなたのレビューを投稿しませんか?

ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AHのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AH
マンフロット

ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AH

最安価格(税込):¥50,000発売日:2017年11月 1日 価格.comの安さの理由は?

ナイトロテック N8 フルードビデオ雲台 MVHN8AHをお気に入り製品に追加する <44

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
ユーザー満足度ランキング

ユーザーレビューランキング

(雲台)

ご注意