nano iGalvanic3.0 レビュー・評価

nano iGalvanic3.0 製品画像
最安価格(税込):

¥48,210

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥48,210¥49,500 (9店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥45,000

店頭参考価格帯:¥48,220 〜 ¥49,500 (全国40店舗)最寄りのショップ一覧

製品種類:ガルバニック・アイソレーター 消費電力:6W 幅x高さx奥行:67x28x93mm nano iGalvanic3.0のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • nano iGalvanic3.0の価格比較
  • nano iGalvanic3.0の店頭購入
  • nano iGalvanic3.0のスペック・仕様
  • nano iGalvanic3.0のレビュー
  • nano iGalvanic3.0のクチコミ
  • nano iGalvanic3.0の画像・動画
  • nano iGalvanic3.0のピックアップリスト
  • nano iGalvanic3.0のオークション

nano iGalvanic3.0iFi Audio

最安価格(税込):¥48,210 (前週比:±0 ) 発売日:2017年 8月下旬

  • nano iGalvanic3.0の価格比較
  • nano iGalvanic3.0の店頭購入
  • nano iGalvanic3.0のスペック・仕様
  • nano iGalvanic3.0のレビュー
  • nano iGalvanic3.0のクチコミ
  • nano iGalvanic3.0の画像・動画
  • nano iGalvanic3.0のピックアップリスト
  • nano iGalvanic3.0のオークション

nano iGalvanic3.0 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.40
(カテゴリ平均:4.40
レビュー投稿数:5人 
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.75 4.24 -位
音質 音質の良さ 4.80 4.43 -位
操作性 操作のしやすさ 3.50 4.18 -位
機能性 搭載機能が充実しているか 4.00 4.19 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

nano iGalvanic3.0のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:29人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
1件
26件
イヤホン・ヘッドホン
1件
7件
プリメインアンプ
0件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

追記/2020/11機材位置変更にて遭遇
PCでのUSB3.0環境の階層ではUSB3.0ハブの2番目以降に接続するとDACが認識出来なく成りました。必ずPC-本機-USB3.0ハブ等での接続推奨です。後、USB3.0のケーブルに相性が有りUSB-TRESは認識せず手持ちのWWとifi/GEMINI3.0の2又のケーブルは大丈夫でした。PC-USB3.0ハブ(セルフパワー系)-本機の順番でリッピング機とDAPやDACを下流に接続する場合はバスパワー系は一切電力不足で反応/認識せずiDefender新/旧にて別に給電しないと使用不可に成りました。キーボード、マウス等も認識が切れました。周辺機器はオーディオ系ラインとは完全位切り離しが必要です。(ノイズの流入自体は封止されている模様)


nano iUSB3.0/iPurifier2/3より上位の機材に位置し、
アイソレーション前と後の2回、REclock/REgenerate/Rebalanceの処理をして居るので、Active Noise CancellationとRapidCharge機能とDual-USB Output Portsの無い以外、nano iUSB3.0より上の、micro iUSB3.0の次点の位置する機材です。ただし安定運用にはUSB3.0のケーブルが上流下流両方に必要です。

以下サポートより、
電力消費が大変多いデバイスであるにも関わらずバスパワー動作を踏まえまして、PC側の出力ポートはUSB3.0、且つ、USB3.0準拠ケーブルでの結線をご推薦差し上げる次第です。
弊社におけるPCでの検証時では、出力側(PC側)のUSB3.0ポートをUSB2.0ポート出力に変更したり、もしくは、USB3.0ポートの出力であってもUSB2.0ケーブルにした途端、動作が安定しなくなった事例も付け加えます。
※ちなみに、iGalvanic3.0-USBDAC間を直接つなぐ場合はUSB2.0ケーブルでの結線でOKと解しております。
これはUSBDAC側のポートがUSB2.0に準拠する仕様である事をその根拠としております。
iGalvanic3.0の下流に存在するUSBDACをセルフパワーにした場合、
もしくは、バスパワーであってもDCバスをPCのUSBポート以外から供給できるアクセサリーを併用した場合、
負荷は低減すると想像します。その場合においてもPC-iGalvanic3.0間は
USB3.0出力ポート及びUSB3.0準拠ケーブルでの結線を行う事に越したことはないように考えます。
iusb3.0からだと0.1μVの、iPowerの1μVよりも低いノイズレベルの電源供給動作出来ます。
micro iUSB3.0にはiPurifier DCの機能をさらに強化したものが内蔵されております。iPurifier DCを接続なされる場合はmicro iUSB3.0のACアダプタにiPurifier DCを介して接続してください。
iPurifier DCを追加することにより、電源ノイズがさらに低減する可能性もございます。

iGalvanic3.0からDACへの接続時はUSB2.0ケーブルは大丈夫だが、
PCとの接続時はUSB3.0準拠ケーブルでの結線メーカー推奨との事です。
実際にnano iGalvanic3.0の前後は全てGEMINI3.0で接続した場合、
飛躍的に安定して動作する様に成りました。
費用面とシンプルな接続だと、
ワイヤーワールドの3.0ケーブルは2.0より長さと種類は少ないです。
重量は軽いですがポータブル機材向きでは全く無いです。
アコースティックリバイブの3.0ケーブルがシンプルかつUSB3.0に特化して居るので良いかもしれません。(追記にて使用不可確認)

iDefender/旧には信頼出来るUSB A端子→USB Micro Bケーブルは
AIMかクリプトン、オーディオクエスト、スープラ、クリプトンは15cmのショートケーブルなので選択肢には入れ難いです。
オーディオクエストは在庫無いと納期未定なので中々入手困難です。
入手は容易ですが金額面でAIMかスープラが続きます。
USB Micro B-C変換すればiDefender/新でも問題無かったです。

恐ろしく静かです。iusb3.0と組み合わせた場合は周辺機器からのノイズ流入は恐らくメーカー宣伝の0.1μV位迄無いのでは無いかと。ifi重症患者向けの逸品です。副次効果でキーボード、マウス等のノイズ流入も取れました。

外音入り難い密閉型ヘッドホンを使う場合、
曲が終わるか何か不具合出ない以外は至福の時間が楽しめると思います。
ヘッドホン環境でのCDもしくはPC再生環境でここまで変わるとは思わなかったです。

参考になった6人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Dr.mabuseさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

その他オーディオ機器
1件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン5
音質4
操作性無評価
機能性無評価

PC(WIN10)>iDefender(+ipower)>Mercury3.0>NANO-IGALVANIC3.0>Wireworld Silver Starlight 7>DCC>DAC>プリアンプ>パワーアンプの環境で使用していました。
独特の音の分離感と空間表現で気に入っていましたがなんともデリケートな製品でした。通信失敗時は大音量ノイズが出るので限定的なフォーマットとサンプルレートで「おっかなびっくり」使用していましたが、PCから認識されなくなり故障判断、基板交換となりました。
するとどうでしょう、新しい基盤は全てのフォーマット・サンプルレートにおいて完璧に動作します。グランドスイッチもフルアイソレーションで問題なし…ということは最初の基板は不良品では無かったのか?と疑問を抱かざる得ない状況に。
かくして、「正常品」となり快適に使用していましたが、8か月後に故障しました。
また2万円(送料・手数料含まず)を出すのも考え物なので修理は見送りました。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ty_2011さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
3件
0件
その他オーディオ機器
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン無評価
音質5
操作性1
機能性無評価

【音質】
PCはDaphileをインストールしてあり、DACはAdi2-DAC(セルフパワーかつUSB2.0)です。
下に示す様に色々接続をやってみましたが、音質は@>>>A>Cです。Bは機器の認識ができませんでした。本機への給電はiPowerを使っています。

@: PC⇒iDefender⇒データ・給電分離USB2.0ケーブル(ここから給電)⇒本機⇒USB2.0ケーブル⇒DAC
A: PC ⇒iDefender(給電)⇒USB3.0ケーブル⇒本機⇒USB2.0ケーブル⇒DAC
B: PC ⇒iDefender(給電)⇒USB3.0ケーブル⇒本機⇒データ・給電分離USB2.0ケーブル⇒DAC
C:PC⇒データ・給電分離USB2.0ケーブル⇒DAC(本機不使用)

公式サイトに聖杯だの過剰なまでの宣伝文句が書き連らねてありますが、@の状態で聴くと、圧倒的な差があり、嘘ではないのかなと思います。
また、@の状態では本体のトグルスイッチをどれにしてもノイズは出ませんが(スイッチポジションでの差は感じない)、Aでは一番上以外では結構なノイズが出ます。USB2と3では伝送方式が違うらしいので、給電量が間に合えばusb2なら2だけで繋いだ方が電気的なトラブルが小さいのかもしれません。
USB2.0ケーブルの独立給電の有無も比較できれば良いかもしれませんが、そこまでの気力は沸きませんでした。iDefenderは給電には使っていませんが、外してしまうとパチパチというノイズが出るので効果はあるようです。

【操作性】操作性と言っていいのかわかりませんが、機器の認識に手間取るのは考え物です。PCの再起動やDACのon/offのたびに、いろいろな個所を抜いたり刺したりが必要です。

【総評】楽器の音の質感・空間の表現といった点で音質の向上は目覚ましいものがありますが、機器の認識から始まってしまうセッティングの面倒臭さを乗り越える必要があります。私もまだベストセッティングではないかもしれません。
そろそろディスコンになりそうですが、手に入らなくなるのは惜しいですね。もっと簡単で安価な後継機が出てくれればいいですが。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

hossieさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:72人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
1件
7件
ホームシアター スピーカー
0件
7件
イヤホン・ヘッドホン
0件
7件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性4
   

   

まずはこの機器の使用環境について・・

NAS DELA NA1/2A
DAC iFi Audio Pro iDSD
USBケーブル WireWorld スターライト(USB.3準拠)
プリメインアンプ marantz PM-11S2
スピーカー FOSTEX GX-103
コントロールアプリ fidata music App
アクセサリー類  iPower5V DCアダプターなどのiFi製品他

DELAのNASから、このレビュー製品を介してProiDSDへとUSB接続してWifiネットワークオーディオ環境にて利用しています。
そもそもiFi製品のファン?となった事が、この機器の導入理由としては大きいのですが、まずProiDSDの音の良さの虜となり、そこから
NASやDACの未使用の空き端子(USBやLAN端子など)という空き端子には全てノイズ防止のターミネーターで塞ぎつつ(笑),、その上で更にノイズ対策等を万全にしたかった・・というのが一番の目的でした。

そこで、ProiDSDの時と同様、まず購入前にトップウイングさんの試聴機レンタルサービスを活用しました。
因みにその時は未だ、USB.2ケーブルしか持ち合わせていなかった事もあり、動作が不安定で、音質などをじっくり吟味するまでには至りませんでした。
挙動不安定というのは、例えば音楽再生時に突然、DACとの接続が切れて再生が止まってしまったり、そもそもネットワーク上にてNASとDACが認識されず、再生さえ始められないという事象の頻発などでした。

その後トップウイング担当者に問い合わせたところ、「この機器は電力消費量が大きく、USB給電で使用可となってはいるものの、仮にUSB.3ケーブルを使っての給電でも場合によっては動作不安定になる可能性はある。」との回答を得ました。そこで既に持っていた同じくiFi社の「iDefender」を利用し、更にiPower5Vにて給電、そして接続には全てUSB.3準拠ケーブルであるスターライトを使うことに決め、iFiの推奨する環境に限りなく近づけました。ものの見事に、iFi社の術中にはまってしまった訳ですが(笑)。

ただiFi社の製品には、謳い文句だけではなく確かな効果を今までに何度も実体験ずみなので、ある種の確信はありました。

そして遂に購入→セッティングへと至りました。まずは各機器の電源をON…するとまずはスピーカーから耳につく「プチプチ」ノイズが発生し、当機器の3段階の動作スイッチを上下に切り替えても鳴り止まず…。レンタル試聴時にも発生しなかった現象が出て、正直がっくりと来ました。
そこで所有していて差し忘れていたノイズキャンセラー「AC iPurifier」を電源タップにセットしたり・・。と、そうこうしている間に「プチプチ」ノイズはいつの間にか消えていました。この現象は今でも電源投入の直後は起きていますが、しばらくすると消えますし、ノイズの音量も少しづつ小さくなっていますので、エージング?が進めばいずれは快方に向かうのでは・・と楽観しています。内部のコンデンサー等の問題でしょうか・・素人には不明ですが。(その後、通電直後のプチプチノイズは更に小さくなり、ほとんど気にならなくなりました。)

そしていざ音楽スタート!とはいかず、ネットワーク上にNASとDACが認識されず・・(苦笑)。これには各機器の電源投入の順番が絡んでいるようで・・。色々と試行錯誤した結果、私の環境では・・・

@当機器の電源を入れる(iPower5Vを接続)。
ADAC(ProiDSD)の電源ON
BNAS(DELA)の電源ON

以上の順序で行うようにしたところ、まあ安定して起動・認識することが確認できました!

ここからがやっと肝心の音質評価です。
一言で言って「素晴らしい!」と思います。因みに使用スイッチポジションは推奨の「真ん中」です。
今までにも各種ノイズ対策はやってきて、それなりに効果の上積みは感じてきましたが、この機器のおかげで更に数段レベルが上がったのが実感できます。お上品な言い方をすれば、「済んだ清流にただただ音楽だけが流れる・・」といった感じで表現できます。とにかく背景が静まり返るような感覚が味わえます。

言い古された言い方かも知れませんが、正に「今まで聞こえなかった、気付かなかった音が聞こえてくる」
というのがピッタリです。音に更に奥行きが出て、浮き立つように音場が形成されます。しかも音自体がとても元気に力強くなる感じです。気のせいだけではなく、以前より少なくとも「2デシベル」近くは再生音量が大きくなっているのを、良く聴く音源とアンプのヴォリューム表示で確認できました。

細かな分析は専門家に任せるとして、本当に音楽を聴くのが楽しくなる逸品だと思います。
褒めすぎなのも何なので、以下はちょっとしたデメリットを列記します。

@機器がとても軽量なため、硬いUSBケーブルをつなぐと、写真のようにひっくり返ってしまう。
A先述の通り、電力消費が大きいためか、この寒い時期はともかく、発熱してとても熱くなる。(夏場が心配・・)
Bこれも先述の通り、この手のデジタル機器のご多分にもれず、使用環境にシビア。場合によっては効果が表れず評価が分かれる。

といったところです。以上のような部分が許容でき、価格にも納得した上でなら、この機器は本当にお薦めの一品だと思います。

以上、長文・駄文にお付き合いいただき誠にありがとうございました。








参考になった5人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

UltraSevenJrさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
その他オーディオ機器
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性3
機能性3

iFi audio のアクセサリーには興味があって試してみたかったのですが、サイトの説明がいかにもいかがわしい上に、価格もちょっと試すには高価で中々手が出せませんでした。
先日audio雑誌の企画で「USBケーブルで音は変わるのか?」と言うイベントに参加しました。
そこで使用されていたのがiFi audioのアクセサリー類とDAC、ケーブルでした。
ケーブルはiFiの他にアコースティックリバイブの物が使用されました。
メインはケーブルの交換での聞き比べでしたが、nano iGalvanic3.0がシステムで使用されました。
iFi audio のエンジニアの方がイベントで説明をしてくれました。
説明によるとnano iGalvanic3.0が iFi 社がやりたかった事の全てが詰まっているとの事。
入力段と出力段でREgenerate2/REclock2/REbalance2をそれぞれ行っていると言っていました。
このイベントでnano iGalvanic3.0を使用して音を聞いた感想として、音の透明感、バランスがとても良くなったと感じました。USBオーディオの弱点である各種ノイズがうまく除去されている様に思われます。イベント終了後に自宅のシステムに組み込んでみたくなり購入しました。

PC(USB3.0) - iDefender3.0 - audio quest cabon cable - nano iGalvanic3.0 - Belkin Gold cable - OPPO SonicaDac で聞いています。

とても満足しています。iFi の日本語サイトでは貸し出しも行っている様です。
決して安くはない製品ですので、気になる方は貸し出しで試してみてはいかがでしょうか。

接続には少々癖があります。

グラウンドリンク・スイッチのポジションを切り替えなければノイズが入ったり、音が出ないケースがあるようです。

ちなみに我が家の環境では、先にDACの電源を入れてからPCを立ち上げなければ、うまくDACが認識されません。

グラウンドリンク・スイッチのポジションはDC-RFで使用しています。ほかのポジションではプチプチとノイズが発生します。アースの問題だと思います。

参考になれば幸いです。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

あなたのレビューを投稿しませんか?

nano iGalvanic3.0のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

nano iGalvanic3.0
iFi Audio

nano iGalvanic3.0

最安価格(税込):¥48,210発売日:2017年 8月下旬 価格.comの安さの理由は?

nano iGalvanic3.0をお気に入り製品に追加する <24

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
viibee
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[その他オーディオ機器]

その他オーディオ機器の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(その他オーディオ機器)

ご注意