アウディ Q2レビュー・評価

このページの先頭へ

Q2 のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
Q2 2017年モデル 4.09 自動車のランキング 25人 Q2 2017年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 0人 -

Q2 2017年モデルの評価

評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.21 4.33 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.99 3.92 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.00 4.12 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.04 4.20 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.17 4.04 -位
燃費 燃費の満足度 4.18 3.87 -位
価格 総合的な価格の妥当性 3.04 3.87 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェッショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

ホワイトライトさん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:74人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

腕時計
15件
340件
自動車(本体)
1件
52件
スマートフォン
0件
25件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格3

国産コンパクトカーから乗り換えてほぼ5年。
故障もなく快適に使用しています。
年々街中でQ2を見掛けることが増えました。アウディ担当によるとよく売れていると聞き、うれしいような寂しいような気分です。

走行距離は2万km程度です。買い物や月1回程度の帰省に使用しています。車には満足していますので迷わず5年目の車検を通しました。

【エクステリア】
アウディの車種の中では目立たないけれど、かっこいいというこのバランスのよさが気に入っています。また、発売から5年経ってもデザインに古さを感じさせません。
我が家の駐車スペースは狭いのでA1では小さすぎるけど、A3セダンではぎりぎりかもという私には、このサイズ感が1番気に入っているポイントです。

【インテリア】
後部座席にエアコンの吹き出し口がないので、夏場は暑く感じることもあります。あとは、国産コンパクトカーからの乗り換えなら満足できる作りだと思います。

【エンジン性能】
1000ccターボは快適です。今のモデルの設定ではないのが残念です。

【走行性能】
この車のよさの1つであるのが、小回りがよくきくことです。私の様に近隣道路が狭い地域には大変便利です。

【乗り心地】
いいと思いますが、代車でA3などに乗ると、後部座席に座っている家族はA3の方がいいと言っています。

【燃費】
街乗りリッター10から12km程度、高速や田舎道だと15kmは超えます。

【価格】
1000ccターボがなくなり高くなっているので、国産のコンパクトSUVと比べると割高です。だからデザインやサイズ感、走行性能や乗り心地など気に入った所が見つけられないと購入のハードルは高いと思います。

【総評】
故障もなく5年間、快適に使用しています。
2回目のディーラーでの車検は諸経費訳6万円、整備費用約8万円、それにオイル・フィルター交換(約3万円)とバッテリー交換(約6万円)が加わりました。また、フリーウェイプラスライト(延長保証、点検込み)に加入したので+53000円。
合計28万円ちょいでした。

フリーウェイプラスライトの加入とバッテリー交換をしなければ、17万円程度です。

ご参考にして頂けたらと思います。



乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった15人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

蛇盆亭泥美須さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4

試乗だけして酷評してるレビュアーの方もいますが、その方が他にどういうレビューをしてるのか見てみると色々と納得できると思います。


【エクステリア】
リアビューは好き嫌いが別れるが良いと思う
【インテリア】
プラスチッキーな部分も多いがとにかく国産車と比べてカッコ良い。バーチャルコクピットがとても見やすい
【エンジン性能】
本当に1Lかと思うぐらい早い。スムーズな加速。シフトチェンジが早く30キロ台で4速に入る
【走行性能】
足回りは硬くアウディらしい。安定感抜群。
【乗り心地】
ロードノイズはあるが足回りが硬い為か早く音が去なされて不快感は無い。
【燃費】
11~12km街乗りメイン
【価格】
相応
【総評】
良い車です。デザインが気に入ったなら◎
アイドリングストップのフィーリングが気に食わずエンジンかけると同時にいつも停止していましたが、いざ住宅地で停車させる時は働かせていたので必要ではありました。

乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
仕事用
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

10年寝たろうさん

  • レビュー投稿数:1057件
  • 累計支持数:13437人
  • ファン数:31人
満足度2
エクステリア2
インテリア2
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費無評価
価格1

【エクステリア】
全長4.2mのボディにアウディとしては珍しく、実用性能を確保するため、ヒトとモノにそれなりに充分な空間をマジメに確保した為、ズングリとしたスクエアなデザインは斬新なサイドのラインはなかなかですが、全体的にはデザインは好みはあるものの、ディライトの光り方も含めてヘッドライト周りはどことなくボルボに似ているし、あくまでも個人的な見解ですが、後方正面から見たリヤビューは到底スタイリッシュとはいえないデザインです。

フランスやイタリアなどのラテン系のクルマのように、実用性を徹底追求した上で、お洒落なエクステリアに仕上げるといったデザイン力はアウディには少し難しいようですね。

【インテリア】
フロントシートに175cm程度の男性が座り、後席に同じ男性が座った場合は足元と頭上共に、ほとんどゆとりはありませんが、長時間でもなんとか耐えられそうです。後席はSUV的な開放感はうすいですが、それなりに空間は広く頭上空間もしっかりと確保されています。

トランクルームは意外に広く、サブトランクも込みで幅100奥行き80高さ60ほど最上部の奥行きは30センチ程度となりますが、途中まではほぼ垂直に立ち上がる為、トノボード下の実測容量は360L程度と意外にも旧型Q3より広い空間があり、実用的な感じです。
カタログ表記された405Lはトノボード上も含む容量です。

マイナーチェンジ後のインテリアはSlineグレードでもプレミアムカーとしては微妙な質感で、昨年フルモデルチェンジした現行Q3と比較するとかなり大きな差を感じます。現行Q3は全ての面でイマイチだった旧型と異なり、Q2よりひとクラス上のSUVの輸入車ではおススメできるクルマのひとつなので。

【エンジン性能】
1.0のターボは全体的にトルクはスペック以下な感じで力不足でしたが、1.5Lターボとなり、パワーにはやっとゆとりを感じるようにはなりました。加速も二千回転以下で普通に加速できます。
但し、踏み込んで6千回転まで回しても、もビックリするほどの加速はせず、まあそれなりな感じで、プジョー2008の1.2Lのターボとくらべて特に1.5Lだからスペック分速いとは感じませんでした。

これはプジョー2008がトルコンの8AT、アウディQ2が7DCTであることも関係しているかもしれませんね。

あとは、高回転では遮音性が低く、決して快音ではない1.5L四気筒ターボのエンジンノイズが盛大に入ってくるのも高級感を著しくスポイルしていますね。これでは、新しいプジョー2008あたりに静粛性では勝てないと感じました。

このクルマを手にしようとする方は、プジョー2008やルノーキャプチャー、ヤリスクロス、レクサスUXあたりと比べてみることをススメします。

【走行性能】
走行性能は直線中心の試乗のため、コーナリング性能は十分確認出来ませんでしたが、カーブでの安定感は十分に感じられましたが、もともとレベルの高い、欧州車として並レベルでしょうか。

【乗り心地】
ボディ剛性は高く、タイヤサイズも適切なためか、しなやかでバタつきもなく、良好な乗り心地ですが、価格からすると、並みですし、前席はそれなりですが、後席の乗り心地はイマイチで、プジョー2008あたりには少なくとも負けている感じでした。

【燃費】
1.5Lは燃費チェックしませんでしたが、1500回転くらいでも十分なトルクなのでおそらく実燃費は1Lの初期モデルよりよいと感じました。

【価格】
またまたアウディのお約束、430万のSラインは結局のところ、実際に購入できるモデルだと値引きなしの総額で560万と、390万くらいで買えるプジョー2008のGTとくらべて170万もの価格差がどこにあるのか? そのあたりは、実際にプジョー2008やヤリスクロスあたりと比較してみて選べは後悔の無い買い物ができるでしょう。

あくまで個人的には、それらとの価格差に見合うモノは何一つ感じないので★一つです。

【総評】
アウディのBセグメントモデルはこのQ2といい、A1といい、あくまで個人的な見解ですが、コストパフォーマンスという視点でみると厳しい評価をするしかないと感じます。

厳しい言い方ですし個人的な見解ですが、このQ2程度では価格だけがプレミアムという感じで、中身や質感からすると、プレミアムの位置を目指しているプジョー2008のGT当たりの方がQ2のSLineあたりよりプレミアムに感じるくらいですし、同程度の予算で買えるレクサスUXには、メーターパネルがUXは古めかしいのですが、それを妥協するとしたらほぼ全ての面で全く勝てないと感じます。
そこはいろいろなクルマと比較して選んだなら後悔の無い買い物ができるでしょう。最後は購入者の主観。それがクルマ選びの全てなので。

アウディのSUVを選ぶならば、最低でもQ3かなと、今回マイナーチェンジ後の1.5Lモデルに乗ってあくまで個人見解ですが、はっきりと感じました。ブランドという先入観を捨てて、実体を直視することもクルマ選びには大切な要素です。

もちろん個人的にはQ2をオススメすることは到底できません。

レビュー対象車
試乗

参考になった175人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

コートのおっさんさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:63人
  • ファン数:1人
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費無評価
価格4

【エクステリア】
全体的にひと昔前のデザイン感がややありやや垢抜けない印象は否めない。

【インテリア】
上位モデルと比べたらそらコストダウン感は少なからず感じるが全体的にスッキリとした清潔感あるデザインでアウディ感全開。

【エンジン性能】
現行の1リッターモデルでも「え?これ1リッター?十分やんけ」と思ったが今度のマイチェン後は1.5TFSIエンジンに1本化するようだ。

【走行性能】
SUVでも車高が抑えられてるのでロールも少なくハッチバックのような感覚に近い。ただアイドリングストップからの復帰はかなりギクシャクするのでオフにしてる人多そう。マイチェンでどうなるか。あとシートが手動なのも。

【乗り心地】
非常によい。硬さもないことはないが不快感はなし。

【燃費】
試乗なので無評価

【価格】
300万から買えるが安全装備含め基本的に付いててほしいオプション足していくと普通に400万は軽く超える

【総評】
カジュアルにアウディを楽しみたい道路が狭い都市の子育て世代にもドンピシャ。立体駐車場も入るし。あとまもなくマイチェン。

レビュー対象車
試乗

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あわもんさん

  • レビュー投稿数:37件
  • 累計支持数:860人
  • ファン数:3人
満足度1
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費1
価格1

【エクステリア】デザインコンシャスな車なので、当然のごとく、線のあり方、光の当たり方、計算された美しさがある。

【インテリア】そつなく、シンプルかつ機能的。整然としている。良い。

【エンジン性能】マイナーチェンジで素晴らしいエンジンフィーリングになっている。初代とは別物。

【走行性能】高速の試乗は出来なかったが、過不足なく、丁度のパワーと足の良さ。

【乗り心地】初代のつっぱり感は、皆無。素晴らしい乗り物になっている。ここだけは買い。

【燃費】カタログ数値とは、乖離しすぎ。今やダメのレベルとなった。

【価格】これで、400万円超えは、今の時代ムリムリ。他社の追従に追いつけていないのだろう。

【総評】この車の意義、意味は十分果たした。次世代へ期待する。

レビュー対象車
試乗

参考になった36人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

にいむさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格5

1st edition、7ヶ月乗ってみて、あくまで主観ではありますが…
◇乗り味〜固いと言えばそれまでですが、コンパクトsuvはこういうものではないでしょうか。ハンドルはクイック。前の国産ミニバンからの乗り換えで、大きなハンドリングが身に付いていて、左折は最初戸惑いました。取り回し、大変楽です。シートも良くて腰は助かっています。

◇アイドリングストップ〜国産と比べて色々マイナスの書き込みがあり、実際書き込みも気にしていました。が、オートホールド含め私は信号待ち等で怖い思いもしておらず、何故にここまで評価が低いのか正直分かりません。納車当初は信号変わり目意識して、少し早めにアクセル入れていましたが、今は普通にスタートしており、後続に迷惑がかかったことはありません。

◇最後に雪国FFについて。結構な積雪の土地柄、これまで4台の4WDを乗り継ぎ、久々のFFですが、これまでヒヤッとする場面はまだありません。雪より凍結のほうが気にしますが、トルコンでじわっと乗り出せています。スキー場や急坂にいけば、難しいかもしれませんが、この冬はハードな経験はなかったです。

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スティンちゃんさん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:236人
  • ファン数:3人
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格3

車検の代車でq2をお借りしました。所有している初代a1との比較になります。

【エクステリア】
以前のアウディと比べ、デザインの面で繊細さが欠け、ダイナミックになりました。面積の広いグリルデザインは愛嬌があると思います。


【インテリア】
例えは良くないですが、ドアパネルがベニヤのような薄っぺらさです。ベースグレードをお借りしましたが、素材もデザインも安っぽく、手抜きしているように感じました。

シフト周りのナビ関連の使い勝手が悪すぎます。直感で触れないので事故の元だと思います。

一方、触れると点灯する明るいルームライトは良いと思いました。

a1と比べ、確実にインテリアが安っぽく、全体的に使い勝手が悪くなっていると思います。


【エンジン性能】
1.0lであることを忘れるような軽快さがあります。軽やかな吹け上がりのエンジン音は悪くはないですし、100km/hまでは満足して走れるので、これはこれでいいと思います。

ただ、より高い瞬発力と低いエンジン音がする、1.4lのa1ほうが好みです。


【走行性能】
シャーシがしっかりしていて、破綻することなくカーブを曲がってくれます。安心して走れるので楽しいです。また、走行モードで、ステアリングの重さが変えることができます。


【乗り心地】
a1と比べ、振動が激減しており、かなり良好な乗り心地です。


【燃費】
積極的にアイストすることと、排気量が少ないエンジンなので、低燃費だと思います。


【価格】
庶民からすると高額です。


【先進機能】
追従式クルコン、簡易式のレーンキープ、ステアリングが重くなるダイナミックモードがついているので、高速道路ではかなり快適だと思います。


【総評】
先進性能とシャーシ性能によって、かなり心地よく走る車であり、走行に関係ない箇所では手抜きしている車だと思います。そこをどう捉えるかによって、この車の評価が変わると思いました。

レビュー対象車
試乗

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ID-S F20さん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:305人
  • ファン数:1人
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格2

家内用にA1の認定中古車を探しにディーラーに寄った時に、営業マンのご厚意で試乗しました。

【エクステリア】
上品に纏まった中、スポーティーな感じも出ていて中々良いかと(試乗はs-lineパッケージ装着車)
要所要所のエッジの効かせ方もナイス!
SUVは押出しの強いオラついたのが多い中(特に国産)好印象でした。
ただ、欲を言えばリアビューはもう少し別なデザインは無かったのかなとも思いました。

【インテリア】
BMW、アウディ、メルセデスのジャーマン3の中でインテリアの処理が一番上手いと思います。
一言に言えばお洒落。中を覗き込んでテンション上がりましたw

【エンジン性能】
これが意外過ぎる迄に出来が良い。
現愛車がF31の318i。これの1.5ターボ以上の衝撃でした。
100km/h巡航で2000rpm
不快な騒音も無し。パワー不足も感じない。
アクセルワークに俊敏に反応するのはエンジンの出来が良いのか、或いは7速DCTの恩恵か…?
1.0でこんなに出来が良いなら1.4要らない位では。
但し、アイドリングストップからの復帰は若干ディレイが掛かる為、一癖有り。

【走行性能】
s-lineパッケージの為、サスは固め。現愛車がMスポーツなので違和感無し。
試乗コースが高速なので、安定感抜群でした。
不快な揺れやロールも無し。

【乗り心地】
ドイツ車特有の固めの乗り心地ですが、慣れてしまえば問題無し。
固めの乗り心地と適度にコシの有るシートで、長距離も疲れにくいでしょう。
ドイツ車乗ると、国産には戻れません(個人的には)

【燃費】
試乗の為、未評価。
ディーラーの営業マン曰く、14km/l前後なのだとか。それなら及第点以上ですね。

【価格】
プライズタグには乗り出し460万!
ちょいと高いですね。
400万切ってくれるなら迷わず買いだと思いますが。
ただ、昨今は国産車も高くなってますし、妥当と言えば妥当…なのかも?

【総評】
想像以上に良く出来た車でした。
程の良い認定中古車が有れば欲しいですね!
いっそ、家内用に買おうかな。

レビュー対象車
試乗

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Anakasさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:96人
  • ファン数:3人
満足度2
エクステリア2
インテリア3
エンジン性能1
走行性能1
乗り心地3
燃費4
価格1

試乗での評価です。

【エクステリア】
数あるSUVの中では,押し出し感が強くもなく,弱くもなく,どちらかと言うと地味な部類に入ると思います。
【インテリア】
派手さはありませんが,シンプルですっきりしています。
【エンジン性能】
非力ではありませんが,エンジン音の「グモー」という独特な音が耳に結構入ってきます。
アクセルを踏んだときとエンジン音の変化,スピードがリンクしておらず,かなりギクシャクしているように感じます。
このフィーリングの違和感がこの車で最も気になりました。
【走行性能】
他のSUVと同様,腰高感はあります。
ワインディングロードでは,意外と安定して走れます。
アイドリングストップからの復帰が,元気良いエンジン音と結構な振動でびっくりします。
【総評】
外車で,コンパクトSUVで,価格も考えると,選択肢には入ってくると思います。
車本来の「走り」を考えると,もう少し余裕のあるエンジンを積んだ国産の方が,
気持ちよく走れると思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Mitsuko108さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格3

【エクステリア】顔がよろしいです。乗り込む前に眺めてうっとりします。この車に乗り込む自分がまたうっとりです。

【インテリア】コンパクトカーなので,広くは無いですが,一体感がその分あります。

【エンジン性能】街乗りなのでEffiency modeにしています。先日雲仙千々和線に乗ったのですが,Auto modeで走りました。少し踏み込んんだだけでパワーを実感しました。

【走行性能】Auto modeでカーブにも負けずにグングンと走ってくれました。 

【乗り心地】高速で地面に吸い付くようなクアトロ感は全く無いですが,,でもオートクルーズが高速でも街の渋滞でも非常に助かります。レーンアシストはあると思っていましたが,実際は自分でハンドル操作が必要です。

【燃費】高速でE mode19 街乗りE mode15

【価格】全部で550万でしたが,下取りで国産車(新車)160万で引き取っていただいたので 値引き5で約400万現金で購入しました。

【総評】高く無いとは言いませんが,故障もなく,安全性能が何より嬉しいです。顔が大好きで四角い多面体のグリルが硬派でスポーティで大好きです。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年12月
購入地域
長崎県

新車価格
405万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

Q2の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アミノ酸調味料さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:22人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

【エクステリア】
 カッコイイです!すごく好き、

【インテリア】 
パーシャルレザーにしました。満足


【エンジン性能】 
1.0リッターのエンジン、高機能です、街乗りには十分です。


【走行性能】
良く曲がる。軽快です。

【乗り心地】
たまらない。

【燃費】
良いです。


【総評】
沢山の機能がついていて使いこなせるのかと悩みますが、かなり気に入っていますので
長く大事に乗っていきたいなと思います。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年3月
購入地域
大阪府

新車価格
364万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
0円

Q2の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった17人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

mino1919さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:23人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
1件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4

半年経過しましたので、追記したいと思います。

【燃費】
街乗りのみで15キロ前後、長距離だと20キロオーバーと、燃費の良さにびっくりしていましたが、初めての夏を迎え、常時エアコン走行になったら、10キロ前後までガクンと落ちてしまいました。ここだけが残念に思うことで、そのほかは最初のときから変わらずとても満足しています。。

同じ車にまったくといっていいほどすれ違わないのですが、1000CCで400万オーバーという価格設定のためでしょうか。このままあまり出回らないほうが自分としてはありがたいのですが(笑)




以下は、最初に記入した内容です。

【エクステリア】
多角形をモチーフにしたボリゴンデザインは、斬新で素晴らしいと思います。
フロントフェイスにフォグランプがオプション装着できればパーフェクトでした。今後、純正アクセサリーとして登場してほしいです。

【インテリア】
コンパクトボディでありながら、室内とくに前席はびっくりするほど広々しています。
普段ほとんど後席は使わないのですが、充分な広さだと思いました。

【エンジン性能】
1.0エンジンでは非力だろうと思って試乗しましたが、スタートから中速域まで、ストレスをまったく感じることなく気持ちよく動いてくれました。街乗りメインなので1.4にする必要はないなと、迷わず1.0に決めました!

【走行性能】
ネット上の試乗レビューなどで、アイドリングストップ状態からの再スタートで、振動が気になるとの評判を目にしますが、輸入車はこんなもので、日本車のアイドリングストップは体感したことがないので、まったく気になりません。

【乗り心地】
スタッドレス装着の走行しかしておりませんが、マイルドな印象を受けました。街乗りメインの自分にはピッタリのテイストです。

【燃費】
まだ納車前で、いろいろな条件での確認ができていませんが、カタログ上は不満はありません。

【価格】
ナビシステムとバーチャルコックピットは、このクルマの先進機能を体感するには絶対に外せないのですが、合わせて40万円になってしまい、結果、トータル金額に割安感がなくなるので、ここだけマイナス評価です。
値引き額は、ちょうどディーラーにあったクルマでの交渉でしたから、ナイスタイミングでラッキーでした。自分好みの仕様で発注する場合にはここまではいかなかったと思います。

【総評】
現状、輸入車の中に競合は見当たりません。今後発売されるボルボXC20やベンツAクラスも少し気にはなりますが、どちらもエクステリアが好印象ではないので、今回のチョイスに迷いはありませんでした!

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年1月
購入地域
秋田県

新車価格
364万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
15万円

Q2の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった23人(再レビュー後:18人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

はつきんぬんさん

  • レビュー投稿数:35件
  • 累計支持数:636人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4

【エクステリア】
遊び心満載でこれまでのAudiとはかなりテイストが違いますね。
さすがAudiといったところで、デザインセンスは素晴らしいの一言です。
このエクステリアだけでも買う価値がある車かと思います。

【インテリア】
インテリアも素晴らしいですね。
#anniversary limitedも見てきましたが、赤のアクセントがポップな感じでよかったです。
バーチャルコクピットが搭載できるのもGoodPointです。

【エンジン性能】
1.0L3気筒ターボということでどうかなと思いましたが、普段使いには十分ですね。
低速トルクも厚く、発進時の加速も十分かと思います。
3気筒ながらエンジンノイズもしっかり抑えられています。

【走行性能】
プログレッシブステアリングがなかなかいい感じです。
操舵性はなかなか良くて、しっかりと安定した走りになっています。
ちょっとブレーキがふにゃふにゃな気がする。

【乗り心地】
静粛性はなかなか高いレベルにあると思います。
ロードノイズもしっかり抑えられています。
やや硬さはありますが、割と日本車に近い乗り心地で乗れる感じかなと思います。

【価格】
最低クラスだと300万から買えることを考えると、なかなかコスパは高いと思います。
この車の最大の魅力はデザイン。
走行性能だけで見ると、XVやエクリプスクロスの方がコスパは高いかなと思いました。

【総評】
デザインセンスは素晴らしく、所有する喜びを感じる画期的な車だと思います。
走行性能も悪くはないので、デザインが気に入ったので買うという選択は大いにアリかと思いますよ。

補足:詳細レビューや写真をご覧になりたい方向け
https://tmhshiroto.com/drive_q2_2018/

レビュー対象車
試乗

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

外川 信太郎さん

  • レビュー投稿数:237件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール神奈川県藤沢市生まれ、現在茅ヶ崎市在住の湘南中年。少年期に5年間イギリス・ロンドン、スコットランド・エディンバラに在住していた事から、欧州車に興味を抱いたきっかけになった。慶応義塾大学卒業後、出版社に入社。輸入車専門誌にて執筆、編集を担当…続きを読む

満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

フロントのシングルフレームグリルが8角形なのも特徴

全長は4200mmとコンパクトだが奇抜なデザインで存在感満点

アウディらしくリアコンビネーションランプもフルLED化されている

直列3気筒DOHC 1.0リッター直噴ターボエンジンを搭載

リアシートの掛け心地、居住性は特筆に値するもの

高い視認性を誇るアウディバーチャルコクピットを採用

筆者が最初に乗ったクルマはアウディ「90クアトロ」(左ハンドル、5MT)バルブ真っ盛りの1989年でした。それからアウディは自らのクルマとしては所有していませんが、(仕事がら常にラインナップは全て試乗はしております。)この 「Q2」に関しては、報道発表会で目にしてから本気で欲しいと思っているクルマです。

特に直列3気筒DOHC 1.0リッターモデルがまさにツボです。筆者が初めて所有したアウディ「90クアトロ」は直列5気筒SOHC 2.3リッターエンジンでしたから、30年近くの時を経て、このモダンなクルマがリッターカーとは当時の常識では想像もつきませんでした。

さて、メーカーの広報車であるこの「Q2」。ボディサイズは4200×1795×1530mm(全長×全幅×全高)とコンパクト。日本での取り回しも良好です。もちろん立体駐車場にもどうにか収まるサイズです。

アウディが今回初めて採用したこの奇抜なエクステリアデザインは、「ポリゴン」と呼ばれる多角形をモチーフとしたものです。一枚目の写真を参照して頂ければ分かるようにフロントのシングルフレームグリルが8角形なのも特徴的です。また、サイドにもベルトライン下部に「ポリゴン」が見られ、エクステリア全体にエッジの効いたスタイリッシュなデザインとなっています。
さらに特徴的なのは、Cピラーにアイスシルバー(ボディ色がグレイシアホワイトではマットチタングレー)のブレードが大きく装着されており、(ベースモデルの1.0 TFSIは未装備)従来のアウディの印象とは違うカジュアルな感を受けました。

「Q2」はSUVというカテゴリーですが、アウディ自慢のクアトロシステムを搭載しておらず、現在のところFFのみです。ライバルであるフォルクスワーゲン「ティグアン」やルノー「キャプチャー」、プジョー「2008」もFFであることを考えると、これもトレンドでしょう。

筆者は、上級モデルの1.4リッターではなくこの1.0リッターエンジンに大変興味を持っていました。試乗をしたのは、「1.0 TFSI sport」。ベースモデルの16インチから17インチとなり、LEDヘッドライトも標準装備。エンジン以外では、1.4リッターモデルと大きな差はありません。

インテリアは、アウディ車の流れを組むもので、エクステリアに比べ奇抜さはありませんが、バーチャルコクピットなど先進性を感じ取れるものです。また、スポーツシートは、タイトというよりしっかりといった感じで、掛け心地も柔らかめな印象です。リアシートのレッグスペースの広さも特質で、大人4人がゆったり快適に移動できます。

エンジンを始動させると3気筒エンジンであることを忘れさせてくれます。アイドリングでは、エンジンの振動は皆無。空調以外の音はキャビンに入ってきません。
直列3気筒DOHC 1.0リッター直噴ターボエンジン+7速Sトロニックの組み合わせですが、スタートからグイッとパワフルに加速。最高出力116PS/5000-5500rpm、最大トルク200Nm(20.4kgm)/2000-3500rpmとは思えないものです。2000rpmから最大トルク200Nmを発生することもあり、トルクフル。7速Sトロニックもトルクコンバーター式を思わせるほど滑らかで、街中では、常にパワフルという印象でした。

高速道路の合流地点でスロットルを深めに開け加速しても、3気筒エンジンの雑味など皆無で、上質かつ迅速に速度を上げてくれます。また、その音も見事にチューンされ、4気筒エンジンと区別するのが難しいほど心地のよいサウンドを響かせます。
追い越し加速などでもパワー不足の心配はご無用。7速Sトロニックの制御が実に優秀で、シャカリキになることはなく、軽くスロットルを開ければ、バーチャルメーターの指針がスムーズに上昇していきます。

直進安定性もよく、17インチタイヤでもダンピングは抑え込まれ、市街地、高速巡行でも乗り心地は良好です。

最近の高級志向のアウディとはまた違ったカジュアルな路線をいく「Q2」。ドイツ車らしいしっかり感はもちろん、1.0リッターエンジンでも、それをまるで感じさせない技術、日本の道でもちょうどいいサイズは、一度乗ってみれば、虜になること間違いなしです。



レビュー対象車
試乗

参考になった37

このレビューは参考になりましたか?参考になった

E.Kleiberさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
4件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格4

購入直後とあまり変わりませんが、4,000km走行後の追加コメントです。

全体としては、他の方のレビューや、WEB上で公開されている試乗レポートと余り差は無い印象です。

【エンジン性能】

◆以前と同様です。山も良く登りますし、リッターカーの常識を超える走りだと思います。実用面では全く問題ありません。

敢えて言えばですが、加速時に太いトルクを感じる迄、リッターカーであることを思い出させる0.1秒位の一瞬の間が有ります。

ターボが作動する迄の間かと思います。今回は、BMW118(1.5L)からの乗り換えですが、同じダウンサイジングターボでも、当然、1.5Lの方が、より真っすぐな加速でした。

1.0Lにするか、1.4Lにするかは、「何を優先するか?」次第かと思います。

※余談ですが、1.0Lでこれだけパワフルですので、欧州で販売されている2.0Lやクワトロは、相当ハジケタ車だと思われ、もし日本で発売されれば、それはそれで、この車の別の魅力になる気がしています。

◆アイドリングストップからの再スタートは、構造上、已むを得ないと感じますので、右折時等、一瞬の出遅れを回避したいと思う時は、アイドリングストップをOFFにしています。(スイッチは、操作し易い場所にあるので、都度ON/OFFしても、さほど煩わしくは無いです。)

【走行性能&乗り心地】

◆何よりも高速運転が非常に楽です。「ACC」、「レーンキープアシスト」、「渋滞アシスト」の3機能により、高速道路に入ってから、目的地に到着するまで、渋滞時も含めて、ほぼ、ハンドルを握っているだけです。

静寂性と安定性の面で、高速走行時には余裕を感じます。アウトバーンでの利用前提なので、高速走行時の静寂性と安定性は、やはりドイツ御三家に一日の長が有る気がします。

◆これも多くの方がコメントされていますが、足回りでは、やや硬さのある、ゴツゴツとした乗り心地です。タイヤにも寄るとは思いますが、この点については、私自身は、BMW118の方が好きです。

【燃費】

高速中心(平均時速48km/h)ですが、4000km走って、平均17.2km/Lです。(街中では10〜12km/L程度だろうと思います。)

東京から長野に向かう時が17km/L台、長野から東京への帰りが22km/L台です。


【総評】

私が使う機械式駐車場に入るコンパクトSUVで、「半自動運転」、「高速走行時の静寂性」を優先した際、他に選択肢は無かったのですが、結果としては満足しています。

乗車人数
2人
使用目的
その他
頻度
月数回以下
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年12月
購入地域
東京都

新車価格
364万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
10万円

Q2の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった27人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

この製品の価格を見る

Q2
アウディ

Q2

新車価格:408〜544万円

中古車価格:179〜495万円

Q2をお気に入り製品に追加する <57

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

Q2の中古車 (238物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意
Q2の中古車 (238物件)