EH-TW8300W レビュー・評価

2016年 8月下旬 発売

EH-TW8300W

  • 独自の4Kエンハンスメントテクノロジーで、解像度を2倍にして4K相当の高画質を実現したプロジェクターのワイヤレス対応モデル。
  • 白とびや黒つぶれがなく、高画質かつダイナミックな映像を再現する、ハイダイナミックレンジに対応している。
  • 画質劣化の少ない光学シフトを搭載。上下96%、左右47%という広い可動範囲に対応している。
EH-TW8300W 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥285,931

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥285,931

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥285,931¥428,980 (4店舗) メーカー希望小売価格:オープン

パネルタイプ:液晶(透過型3LCD) アスペクト比:16:9 最大輝度:2500ルーメン 対応解像度規格:VGA〜4K EH-TW8300Wのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • EH-TW8300Wの価格比較
  • EH-TW8300Wの店頭購入
  • EH-TW8300Wのスペック・仕様
  • EH-TW8300Wのレビュー
  • EH-TW8300Wのクチコミ
  • EH-TW8300Wの画像・動画
  • EH-TW8300Wのピックアップリスト
  • EH-TW8300Wのオークション

EH-TW8300WEPSON

最安価格(税込):¥285,931 (前週比:±0 ) 発売日:2016年 8月下旬

  • EH-TW8300Wの価格比較
  • EH-TW8300Wの店頭購入
  • EH-TW8300Wのスペック・仕様
  • EH-TW8300Wのレビュー
  • EH-TW8300Wのクチコミ
  • EH-TW8300Wの画像・動画
  • EH-TW8300Wのピックアップリスト
  • EH-TW8300Wのオークション

EH-TW8300W のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.59
(カテゴリ平均:4.46
レビュー投稿数:6人 (プロ:1人)
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.38 4.22 -位
発色・明るさ 発色のよさ・画面の明るさ 4.79 4.46 -位
シャープさ コントラストの高さ・クッキリ度 4.79 4.29 -位
調整機能 調整機能の充実度・使いやすさ 4.59 4.03 -位
静音性 動作音の静かさ 4.59 3.90 -位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 3.38 4.25 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

EH-TW8300Wのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

AVアンプ
0件
16件
デジタルカメラ
0件
13件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
10件
もっと見る
満足度4
デザイン5
発色・明るさ5
シャープさ5
調整機能3
静音性5
サイズ2

私と同じ、残念な思いをしない様に・・・。

TW-8300Wと、PS4proを接続しています。
PS4proの4K HDRは60Hzです。

なんと!
本機、『4K HDR 60Hz』に対応していません。
(4K HDRは、24〜30Hzに対応とのこと、中途半端?)

従って・・・
PS4proで遊ぶ時・・・

『2K HDR 60Hz』

『4K YUV420 60Hz』
をPS4pro側で選択する必要があります。

画面見ながら、どっちが綺麗か、比べる虚しさ・・・。

せっかくなら一番きれいな画質で遊びたかった。。。

主な用途
自宅

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度4
デザイン4
発色・明るさ5
シャープさ4
調整機能5
静音性5
サイズ4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

オーディオ・ビジュアル評論家としての活動を通じてのレビューです。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
レンズはホームシアターファンが好むセンター配置です。
色はホワイトのみで、リビングシアターを意識しているようです。(壁紙と同系の色だと、違和感が少ない)

【発色・明るさ】
近年、DLP方式の比較的安価な4K対応モデルが登場していますが、それらに比べると本機はスペック値で最大2,500ルーメンと明るく、さらに、3LCD方式でカラー表示も白色と同等の明るさをキープできるのが特長です。多少明かりのあるリングなどでも、鮮明で色鮮やかな映像が楽しめます。また、単板DLP方式はカラーブレーキング現象が宿命ですが、3LCD方式の本機は心配なし。安定した高画質が得られます。
暗部のディテールや色再現の良さも特長で、安価なDLPモデルとは桁違い。黒がしっかり沈んで、映画映像も高品位に楽しめます。

【シャープさ】
フルHDパネルを用い、いわゆる「画素ズラシ」で4K解像度を実現しています。テストパターンで確認したところ、画素ズラシの仕組みからか、パネルアライメントの調整不足か、完全に4Kをドット・バイ・ドットで表示することはできませんでしたが、感覚として3Kくらいの価値を感じます。少なくとも2K(フルHD)よりきめ細やかな映像が得られ、スクリーン大画面になると、その恩恵は少なくありません。
10万円台のほか製品に比べると、レンズの描写性能が格違い。映画をじっくり楽しむなら、やはり本機クラス以上をお薦めしたいです。

【調整機能】
レンズズームが2.1倍とワイドで、フォーカスやシフトも含め全て電動。リモコンで調整できます。

【静音性】
最小20dBの静音設計。シアター専用ルームにも適します。

【サイズ】
520mm×450mm×170mm。
従来の2Kモデルに比べると大柄ですが、4Kモデルとしてはまずまずコンパクト。LCDタイプとしては最小クラスです。

【総評】
HDR信号はHDR10にのみ対応。2018年12月には4K本放送が始まるので、HLGにも対応して欲しいところです。
DLPタイプに比べるとカラーブレーキングの心配が無く、暗部の沈み込みと階調表現も良質。手頃な価格、大き過ぎないサイズ、画質など、バランスの良い4Kプロジェクターをお探しなら、有力な候補と言えます。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

taka63さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プロジェクタ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
発色・明るさ4
シャープさ4
調整機能5
静音性3
サイズ4

10畳ぐらいの部屋で、距離約4.5m、100インチホワイトマットスクリーン投影、プレーヤーはPanaのUB90です。接続はプレミアムHDMIケーブル10mで、無線接続は未使用です。

【デザイン】
普通ですが、あまり高級感は感じません。ホワイトなのでリビングなどにはよいかと

【発色・明るさ】
発色明るさは良好ですが、HDRのときはSDRより暗く感じます。(調整要)これはHDRの仕様上仕方のないことで本機の欠点ではありません。2KSDR時は8200Wと明るさコントラストもあまり変わらないです。
映像のソースにもよるでしょうが、HDRはきちんと調整できれば、SDRよりかなり色のりもコントラストも良いと思います。

【シャープさ】
8200W以外のプロジェクタは見てないのでわかりませんが、2KSDR表示時は8200Wと同等でシャープだと思います。4K表示にすると補完の関係上若干ぼけます。特に、PCの4K画面などを表示させると細かい文字は多少見ずらいです。これは仕様上仕方なないことです。写真や映像だと気にはならないです。


【調整機能】
8200Wでは手動で調整が必要だったレンズのズーム、シフト、ピントがリモコンでできるようになったのは便利。また、8200Wでは調整後何日かたってから点灯してみると、ずれていることがあったのですが、本機ではほとんどずれなくなりました。

【静音性】
8200Wと同等だと思います。明るさ弱から中程度ぐらいまでは静かであまり気にならないですが、より明るくすると静かな場面では気になるレベルです。(エアコンや少々音がする扇風機レベル。)8200Wだと明るくする必要はなかったのですが、本機をHDRで使うと明るくしないと使えないので、高輝度時にもう少しファンの音が静かになってくれるとうれしい。

【サイズ】
8200Wより大きく重くなりましたが、SONYやJVCの機種よりはまだ少し小さく軽いので、ぎりぎり許容範囲かと。設置は大きめの本棚の上に高さを合わせるための台座を自作しておいています。

【総評】
8200Wに対して、レンズ調整機能の操作性の向上と4KHDRへの対応が本機の大きなポイントだと思います。あと8200Wも同じですが、レンズカバーが自動で開閉できること、(まだ使っていませんが)無線接続できる自由度があることは他社機からのメリットです。2KのSDRと3Dでは私感では8200Wとほとんど同じです。(3Dについては悪化している部分もあるという報告もありますが、私はあまり差異は感じず。)
4KHDRメインに当分移行される気がない方は、8200Wや同等機種をお持ちの場合買い替えのメリットはあまりないと思います。フル4KHDR機種がもう少し安くなるのを待つのが良いでしょう。そこそこの投資で大画面でHDRでとにかく早く見たい方と、レンズ調整を手動からリモコンに変更したい方は導入して損はないと思います。

主な用途
自宅

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

宮城賢太郎さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:30人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

カーナビ
0件
8件
自動車(本体)
2件
5件
プロジェクタ
1件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン5
発色・明るさ5
シャープさ5
調整機能5
静音性5
サイズ4

EH-TW4000が故障したため本機種に買い替えました。OPPO-UDP203・Pioneer SC-LX59・120インチのビーズスクリーンと組んで観賞しています。

【デザイン】:黒から白になりましたが、特に気になりません。

【発色・明るさ】:十分です。

【シャープさ】:十分です。4K作品は「シン・ゴジラ」しか持っていませんが、Blu-rayとの解像度の違いについては正直ほとんどわかりません。

【調整機能】:まだ使いこなせていません。

【静音性】:頭の上1m程に設置していますが、EH-TW4000に比べ静かになっており気になりません。

【サイズ】:図体が大きくなりましたが、ぎりぎり設置できました。

【総評】:電源を入れた後の投写までの時間が短くなったこと、レンズ保護カバーが自動開閉になったこと、フォーカス調整が電動になったこと、一度調整すればしばらくはそのままで良いこと(EH-TW4000では電源を入れた後に再度調整する必要がありました)など快適に使えるようになっています。さすがに長年プロジェクターを手がけているメーカーだけあって、画質のみならず全体的な使いやすさの熟成が進んでいます。リモコンがOPPOのようなモーションセンサーを積んだものだとなお良いですね。リアル4K・レーザー光源で50万円を切る機種が発売されるまでは買い替えることはないでしょう。

主な用途
自宅

参考になった6人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

しゅん0217さん

  • レビュー投稿数:43件
  • 累計支持数:104人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
0件
76件
太陽光発電 なんでも掲示板
0件
23件
薄型テレビ・液晶テレビ
2件
14件
もっと見る
満足度5
デザイン5
発色・明るさ5
シャープさ5
調整機能5
静音性5
サイズ4

念のためワイヤレス機能付のこちらを購入しました。
画像は非常にキレイに照射でき満足です。
ワイヤレス機能は、便利なのですが
入力切り替えや電源投入時に
ワイヤレス装置を検索し画像を、表示するので
時間がかかりますので結局、有線HDMIで繋いで
使用しています。

主な用途
自宅

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

デジタルご隠居さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:57人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プロジェクタ
1件
0件
ブルーレイプレーヤー
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン4
発色・明るさ5
シャープさ5
調整機能5
静音性5
サイズ3

最初は普通のブルーレイを見るつもりで8200を買い換えたのですが、良い感じだったので、思わず4K HDRプレーヤーを買ってしまいました。

【デザイン】
デザインは普通です。個人の感想としてはJVCほど四角くなく、SONYほどボッテリしていないのが良いと思います。

【発色・明るさ】
8200もかなり明るく、発色も良かったと思いますが、SDRの画像は8200と同等以上に明るく、よい感じです。不満はありません。
4K HDRの画像は最初SDRに慣れていた時は全体として少し暗い感じがしましたが、少し見慣れるとHDRのダイナミックレンジの広さが気持ちよくなります。調整機能に書いたように調整するとHDRでもかなり明るく楽しめます。

【シャープさ】
8200も悪くありませんでしたが、8200の画像をそのまま緻密にした感じという印象です。画面に1mぐらいまで近づくとドットが見えて粒状感がありますが、2m以上離れるとドットも気になりません。4K HDRの画像は更に緻密な感じです。

【調整機能】
 細かい調整は試しているところです。レンズシフト、フォーカス、ズームともに電動なので、これらの調整は極めてスムーズで8200とは比べ物になりません。スクリーンの白い部分に画面をぴったり合わせるのも簡単で、画面に近づいた状態でフォーカスを合わせることができます。8200のように合わせた後微妙にずれることもありません。少なくとも10日たっても合わせたものは全くずれていません。
 カラーモードのようにソフトや部屋の状態で切り替えるような項目はメニューにアクセスしなくても独立ボタンで設定できますし、必要な機能を割り当てられるUserボタンもありますので、基本的な調整はしやすそうです。一部の映画では画面が部分的に不自然になることがあるので、私はFlameIntボタンを押してフレーム補完をオフにして様子をみています。その他の絵はSDRなら普通にデジタルシネマ+ガンマ0あたりでいい感じです。

4K UltraHDディスクの場合、標準のデジタルシネマ+HDR オートが少し暗いので、
・デジタルシネマのまま、画質→アドバンスト→ガンマでガンマを2にするか、
・デジタルシネマのまま、映像→アドバンスト→ダイナミックレンジでHDR Mode1にするか、
・ColorModeボタンを押してブライトシネマにするか
のどれかを選ぶと明るくなります。

・少し落ち着いたHDRにしたいときは デジタルシネマ+ガンマを2
・少し派手なHDRが良いときは ブライトシネマ
という感じです。
とりあえず私は一番手軽でわかりやすいブライトシネマで様子を見ています。

 細かく調整できる項目はたくさんあるのですが、HDRの絵についてはまだ見慣れていないので、どのように調整するのがよいのかわからないというのが正直なところです。ぜひEPSONの方にお勧めのHDR向けの調整を紹介してほしいと思います。

【静音性】
静音性は8200と同等以上です。最初は明るさ切り替えを高する必要もあるかと思いましたが、他の調整で明るさは中で十分な感じです。中なら音は全く気になりません。高にするにしてもアトモス音声などで映画を見るなら大丈夫です。

【サイズ】
サイズは8200よりかなり大きく、8200のサイズを期待していた私は裏切られた感じがしましたが、かろうじて私の家でも設置できるサイズだと分かったので購入しました。個人の感想ですが、このサイズが限界です。JVCやSonyは私の家には大きすぎて、まじめに絵を吟味する気にもなりませんでしたが、4K対応機で初めて設置を検討できるサイズでした。

【総評】
これまで透過型液晶、DLP、LCoS、透過型液晶とプロジェクターを使ってきましたが、今まで使ってきた機械の中ではかなり気に入っています。すくなくともフルハイビジョンの機械としては十分満足できます。思わず4K HDRのプレーヤーもそろえてしまう程度には良い機械だと思います。すでに持っているソフトでも4K HDR版が出たら買って見たくなってしまいます。

主な用途
自宅

参考になった57人(再レビュー後:43人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

EH-TW8300Wのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

EH-TW8300W
EPSON

EH-TW8300W

最安価格(税込):¥285,931発売日:2016年 8月下旬 価格.comの安さの理由は?

EH-TW8300Wをお気に入り製品に追加する <240

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プロジェクタ]

プロジェクタの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(プロジェクタ)

ご注意