PMA-SX11 レビュー・評価

2015年10月中旬 発売

PMA-SX11

  • MC/MM対応CR型フォノイコライザーを搭載した、ハイパワープリメインアンプ。低域と高域で音色の違いが出ないフラットな再生が可能に。
  • 大電流を流せる「UHC-MOSシングルプッシュプル回路」を採用。十分な電源供給能力を持たせることで120W/8Ω、240W/4Ωの大出力を実現。
  • ゲイン固定入力「EXT. PRE」入力端子を装備。AVアンプのプリアウトを接続しフロントスピーカーを共用するなど、ホームシアターシステムと併用できる。
PMA-SX11 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥308,000

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥308,000¥342,400 (11店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥380,000

定格出力:120W/8Ω/240W/4Ω 対応インピーダンス:4Ω〜16Ω 再生周波数帯域:5Hz〜100kHz PMA-SX11のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • PMA-SX11の価格比較
  • PMA-SX11の店頭購入
  • PMA-SX11のスペック・仕様
  • PMA-SX11のレビュー
  • PMA-SX11のクチコミ
  • PMA-SX11の画像・動画
  • PMA-SX11のピックアップリスト
  • PMA-SX11のオークション

PMA-SX11DENON

最安価格(税込):¥308,000 (前週比:±0 ) 発売日:2015年10月中旬

  • PMA-SX11の価格比較
  • PMA-SX11の店頭購入
  • PMA-SX11のスペック・仕様
  • PMA-SX11のレビュー
  • PMA-SX11のクチコミ
  • PMA-SX11の画像・動画
  • PMA-SX11のピックアップリスト
  • PMA-SX11のオークション

PMA-SX11 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.41
(カテゴリ平均:4.55
レビュー投稿数:7人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.13 4.38 -位
操作性 リモコンや本体の操作のしやすさ 4.13 4.15 -位
音質 臨場感、音質の良さ 4.55 4.56 -位
パワー 最大音量の大きさ 4.84 4.52 -位
機能性 機能が充実しているか 4.29 4.27 -位
入出力端子 端子の数 4.13 4.28 -位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 3.32 4.33 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

PMA-SX11のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

meiji150thさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プリメインアンプ
1件
0件
掃除機
1件
0件
空気清浄機
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
操作性4
音質5
パワー5
機能性4
入出力端子4
サイズ4

不思議と指紋が付きやすく取れにくい

バランス接続可能

バナナ端子取付

電源オン直後は230Wほどに上がる

かなり熱くなり55℃を超える

フロントパネルも42℃を超える

【デザイン】
フロントパネルはシンプルイズベスト。
リアパネルの方が豪華部品を散りばめてキレイ。
【操作性】
ボリュームを絞りきった時の当たる感触も柔らかく、セレクターもワンテンポ遅れるリレー構造で高級感はタップリ。
基本、アンプは手元に置くのでリモコンは箱から出したことも無い。
高能率スピーカーを使用しているので、ホンの少しボリューム上げただけで爆音になるのが煩わしかったが、デジタルプロセッサーを間に入れたのでだいぶボリューム操作は楽になった。
今はUSBメモリー音源にしているので、録音レベルが違いすぎて慌てる。
リモコンでマイナス6dBくらいをワンボタンで瞬時に操作出来るならリモコンの使い勝手も良いはず。
【音質】
比較試聴したのは、YAMAHAとmarantzとAccuphase。
好みは無色透明なのでYAMAHAとAccuphaseには強く惹かれたが、久しぶりにオーディオ復帰する今の住環境は小音量がせいぜいなので、ニアフィールドリスニングと小音量再生には、とらえどころのない無色透明という音色は不安もある。
DENONはその点で積極的にカッチリくっきり音色作りをしているようで、小音量しばりの条件下では好結果を期待出来る。
実際に自宅で音出ししたところ、中央定位の良さはすぐに実感出来たものの、音色の深みが足りず失敗したかと思った。
今まで使ってきたYAMAHAのプリメインアンプが、エージングやヒートアップで音色が全く向上しない難物だったため失念していたが、オーディオ機器には丁寧なエージングが必要である。
思い返して、朝から夕方まで念入りにエージングしたところやっと深みも出てきた。
【パワー】
駆動力はA-S2100やE-380をさえ超えると思う。低域が膨らんでいるわけではなく、振動板をガッチリ掴んで小動もしない制動力が高い。
とは言え怪物PM-10には及ばないので、ここでもフルバランス仕様のSX-1を逃したのが悔やまれる。
電源オン直後は230W前後まで消費電力が上がり、しばらくすると100W程度に落ち着く。
本体はかなり熱くなり触っていられないほど。
フロントパネルすら結構な熱を持つのでA級アンプかと疑うほど。
非接触式体温計でモードを変えれば簡単に測定出来るので確かめてみると、天板後方が55℃を超え、フロントパネルも42℃ほどになる。
【機能性】
フロントパネルには左右バランスつまみが有るが、使う事もないしフォノイコやヘッドホン端子もリモコンすら不要。
しかしスピーカーのAB切り替えは付けて欲しかった。
通常タイプが音質劣化の要因なら、キチンと対策した切り替え機構を付けてくれると、複数のスピーカーを瞬時に切り替え、比較するのにとても便利。
【入出力端子】
バランス端子は重要な選択基準だった。
2番HOTと3番HOTを切り替えられるのは助かる。今や必須機能だとさえ思う。
RCA端子も高級品で極太ラインケーブルを繋いでも安心感がある。
端子間も十分な間隔が開けてあり、端子が接触する心配も不要なのは有り難い。
しかし、スピーカーケーブル端子はやや貧弱で5.5sqケーブルは差し込めないと思う。
高級アンプは極太ケーブルを万力のようにギリギリと締め上げてくれるのを期待してしまうが、お上品なタイプ。
【サイズ】
高さが有って、内部がゆったり作られているアンプは音が良いという思い込みもある。
奥行きは驚くほど深い。
アンプを新調するのに先立ち、ラックも特注して十分な深さを確保したつもりだったが、僅かに不足した。
同じ価格帯の他社比ではDENONは総じて重い。
良い音に必要な重量なら致し方なしだが、重量競争の要素が有るならそろそろ脱却して欲しい。
PM-10のように、音色はプリ部で作り、体積比もプリ部を大幅に増やす方向で競って欲しい。
【総評】
更に2019年の10月に御茶ノ水の某オーディオ専門店に問い合わせしたところ、旗艦プリメインのSX-1が38万円ほどで買えるというので、年末年始の休暇に間に合うよう11月に買いに出向くと先週で売り切れたとのこと。
30万円以下ではSX-11以上のアンプなんて無いから、後悔はしていないけれどこんな事が有るんだとガッカリ。
店員さんに無理を言って、他店にネット情報から漏れているSX-1の新品在庫は無いか、電話にて直接問い合わせて貰っている間に、BGM代わりに聴かせて頂いたPM-10が素晴らしすぎて目をむいた。
30万円ほどのプリメインアンプを物色していて、SX-1なら予算オーバーでも良しとして40万円持って行ったが、更に5万円ほど必要になる。
PM-10の音色は、これまで聴かせて頂いたセパレートアンプさえ凌駕する凄まじい出音で、これ以上のアンプが存在するのかとさえ思った。
しかし、805D3をSX-10とのコンビでこそこの音色が出るが、自宅で同じ音が出るとは限らない。
悩んだ末にスピーカー端子が切り替え出来ない事を思い出して振り切った。
恐らく見切り発車的なモデルかも知れず、OSEモデルが控えているのではとの期待もある。
その後、購入したオーディオ店にてE-800やA-S3200も視聴させて頂いたので、SX-11には粗探しばかりになってしまうが、音の傾向はAccuphaseもYAMAHAも方針転換したのか、積極的に音造りをするようになっていて、改めて去年末にDENONを選んだのは運が良かった。
オーディオのトレンドは小音量再生かも知れない。ボリュームを絞っても音痩せしないクッキリサウンドがもてはやされる時代になったと思う。

レベル
中級者

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

3104460さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:159人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
3件
21件
プリメインアンプ
1件
4件
AVアンプ
0件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性4
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子4
サイズ無評価

【当方主要システム】
USB DAC:PS Audio NWD
Amplifier:DENON PMA-SX11
SP:KEF LS50Black Edition or R300
SP Cable:AudioQuest Rocket88 DBS48V 2.0m
SP STAND:KEF PERFORMANCE SPEAKER STANDetc...
【アンプ選定】
これまでに国内外メーカー問わず下は1万以下の中華デジアンから、上は定価が10万前後のアンプを複数台使用してきました。PMA-SX11導入前はYAMAHA A-S801を使用していました。801は現在約5.5万で入手する事が可能です。USB DAC搭載型でとてもバランスのとれた素晴らしいアンプです。
アンプはスピーカー程音が支配的ではない為、現行よりそれなりにクラスを上げて変化を楽しんでみようかと思い下記の中からアンプを選定する事としました。※検討を始めた当初他にも候補はいくつかありましたが良くも悪くも印象に残ったのは下記5種でした。
@Pioneer A-70DA
参考226,800円 最安134,800円
ADENON PMA-2500NE
参考248,400円 最安171,286円
BMarantz PM14S1
参考259,200円 最安147,800円
CMarantz PM12
参考324,000円 最安264,854円
DDENON PMA-SX11
参考410,400円 最安306,336円
※金額は参考価格と3/24日現在の価格.com最安値
・YAMAHA上位クラス、Luxman、Accuphaseはチラチラ動くメーターが気になる為除外
・海外製のアンプは当方の電源環境が原因なのか、経験上ホワイトノイズが乗る可能性がある為除外
使用している環境、スピーカーとの相性、目指す音が人それぞれ違う為詳細は避けますが価格差の通りPMA-SX11が音質は他アンプを圧倒していると私は感じました。分析的に聴くのではなく一聴して分かるほどの音質差を感じました。特に使用しているスピーカーKEFはDENONとの相性が良い事も起因してるかと思います。単体 DACを持っていない方はPMA-2500NEでも良いかもしれません。2500NEの人気が高い理由がわかりました極めてコストパフォーマンスに優れているアンプです。SX11との音質差は価格差なりにありますがSX11の次に印象が良かったのが2500NEです。
【PMA-SX11とA-S801】
※前述している通り801は大変素晴らしいアンプです。貶める為の比較ではありません。
一聴して音の厚み、密度が格段に向上し、元より素晴らしかった中域に色艶、熱さが加わってボーカルがより生々しく聴こえるようになりました。
“Vivid and Spacious”躍動感と音の広がり空間表現の演出が素晴らしく部屋の広さを超えて立体的な音が聴こえてきます。
LS50が気持ち良く聴けるリスニングポジションはスピーカーから2mが限界だと考えていましたがそれ以上の距離をとっても音が薄っぺらくなる事はありません。50cm〜1mの距離が最も気持ち良く聴ける究極のニアフィールドリスニング特化型の尖った性能を持つLS50ですが、距離をとっても腰の座った重厚な音を奏でてくれるようになったのには1番驚きました。
【PMA-SX11 デメリット】
・サイズが大きく重さがかなりあり設置環境を選ぶ
・拡張性に乏しく光入力端子等はついていませんが潔いと感じる方もいるかもしれません逆にバランス入力端子はSX11とSX1のみ搭載されてます
・天板がほんのりあたたかくなるのでなくかなり熱くなる
・リモコン操作でボリューム上げるとワンプッシュでも一気にあがる
【総括】
このアンプを購入してDENONの目指す方向性を理解すると共にDENONに抱いていたネガティブなイメージを払拭する事が出来ました。また、アンプの重要性を軽視してスピーカーの性能を最大限引き出す事が出来ていなかった事を痛感しました。音はその大半がスピーカーで決まり残り僅かをアンプやアクセサリーで調整する物だと考えていましたがその考えは間違った認識であり考えを改める事となりました。広い部屋で能率の高くないスピーカーを鳴らすなら同社のフラッグシップSX1よりも良い結果を得られる可能性があると言われてるSX11。DENONのアンプにネガティブな印象をもっている方、当方と同等クラスのアンプを使用していてステップアップを考えてる方、KEFのスピーカーを愛用している方の参考となれば幸いです。
上記に当てはまる方にとってはベストバイとなり得るアンプです。

レベル
中級者

参考になった21人(再レビュー後:21人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ブラックフェイスさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:39人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイプレーヤー
2件
5件
CDプレーヤー
1件
4件
プリメインアンプ
1件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン5
操作性5
音質4
パワー5
機能性5
入出力端子5
サイズ4

2010年の夏に中古購入したSANSUIのAU-999から買い換えました。
はじめて新品でアンプを購入しました!
購入後2週間のレビューになりますが、低域から高域までバランスよく豊かな音場を再生してくれます。
AU-999の柔らかな中音域の音がまだ恋しいですが、SX11もエージング次第でAU-999を超える音になることを期待しています。
ボリュームは7時〜8時くらいの位置で聞いてます。

【私のシステム】
AMP:PMA-SX11
CD/SACD Player:DENON DCD-1500AE
BD/SACD Pleyer:DENON DBP-1713UD
CD Player:SONY CDP-101
LP/EP Player DENON DP-47F
SP: DIATONE DS-97C

【購入の理由】
シンプルな構成&機能が最大の点です。操作する部分はボリュームとインプット切り替えとバランス調整の3つだけ! 確かにAU-999はバランスやイコライザーの他にたくさんの機能があって便利でしたが、余計なフィルター回路やイコライザーなどないのが、忠実な
音を再現してくれているのだと思います。

【デザイン】
ボリュームつまみがデカくてリング状のイルミネーションがとても綺麗でカッコイイです。理想のプリメインアナログアンプのデザインです。

【入力端子】
充分な数です。XLR端子は使ってませんが、将来的にCDプレーヤーとバランス接続したいと思っています。

【リモコン】
今までリモコンが元々無いアンプを使っていたのと、リスニングポジションのすぐ横に本体があるので、リモコンは未使用の状態です。

【大きさ】
この価格帯ならではの大きさでしょう。少し奥行きがありますが、まあいいでしょう。

AU-999はサブ機としてこれからも使用しますが、SX11も末永く使いたいと思います。

レベル
中級者

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

タカメッシさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:73人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プリメインアンプ
2件
0件
スピーカー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子5
サイズ4

同じくデノンの2500neとSX11を候補として店頭で比較しました。
結果、SX11の圧倒的な透明感、密度感、低音の明瞭感に対し、2500neは正直微妙に感じました。
2500neなら所有しているヤマハ2100のほうがまだ上と思いました。
なので、価格はかなり差がありますがSX11の購入となりました。
購入して自宅でじっくり聴いてみると、かなりA級アンプの音に近く 温かみのある音色で女性ボーカルはアキュフェーズのa36をパワーアンプとして使用した組み合わせを凌駕したパフォーマンスを出しおり、オーディオ評論家の和田氏がデノン史上の最高傑作とまで評価する事が納得できるクオリティです。

レベル
中級者

参考になった28

このレビューは参考になりましたか?参考になった

DRINKTOMEさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

プリメインアンプ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
操作性4
音質5
パワー5
機能性4
入出力端子4
サイズ3

書斎用に買い換えました。いままで今一つ力を出し切れなかったソナスファベールconcertoが生き生きと美音を聴かせてくれるようになり大満足です。スピーカーの駆動能力は抜群だと思います。夜、聴くことも多いのですが、小音でも低音の効いたバランスの良い再生ができています。製品の開発者の説明の通り、音もデザインも「シンプル&ストレート」の思想に満ちた良いアンプに仕上がっていると思います。

レベル
中級者

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Ysayeさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:85人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プリメインアンプ
3件
3件
デジタルカメラ
0件
3件
スピーカー
0件
3件
もっと見る
満足度4
デザイン4
操作性4
音質4
パワー5
機能性4
入出力端子4
サイズ3

PMA-SX1が好印象だったためSX11も気になり、比較試聴しました。比較対象は主にDENON PMA-SX1、他色々。SPはB&W CM6S2、CDPはmarantz SA11-S3。ケーブル類は不明ですが、いずれもアンバランス接続。
音質等はSX1と概ね類似する傾向(価格.comのPMA-SX1にレビュー投稿してます)、今回は相違点を中心にレポート。

【SX1とSX11の相違点】
@音の質感:SX1の方が滑らかで艶があり、より生々しくリアルに感じます。彫りの深さや見通し感もSX1がやや上回る印象。ハイエンドを感じさせる格調高い質感だと思います。一方SX11はよりストレートな印象の音。
A音の分離感:例えばアサド兄弟やモルダウ冒頭の木管の掛け合いなど混濁しやすい場面でもSX1では各楽器の独立性を実感しやすく、更にはピアノソナタでの1音1音や無伴奏ヴァイオリンの重音旋律での各弦の音にすら分離感が感じられます。SX11も同価格帯他社AMPと比べると音の分離感が高い方なのですが、どうしても全体としての音の一体感が付きまとう印象です。SX11が1枚の紙に全ての楽器を描いているのに対して、SX1は各楽器をそれぞれ異なる紙に描いている感じ。
B中高域の質感:SX11の中高域は、やや細身で、時に主張する感じがあり、人によってはややきつめに感じることがあるかもしれません。その代わり、高域の伸びが悪く中〜低域に埋もれるような感じは減退している気がします。
CSX11は少しスッキリ目の今風な音:SX1から粘り気やまったり感を少し減らした、やや軽快な印象を受けます。今風で現代的なSX11に対しアナログ感を少し残すSX1といった感じか。

【総評】
SX11の音質がSX1に肉薄するようなら、かなりハイコスパ機になるのではと期待して試聴に臨んだのですが、残念ながら価格差以上の音質差を個人的には感じてしまいました。SX11を比較なしの単体で聴くと、記憶にあるSX1と同等に聴こえるほどその傾向が似ていますが、実際にその場で比較しながら聴くとかなり差異を感じます。上記BCは好みの差ですが(ひょっとしたら米田サウンド、山内サウンドの差かも)、@Aは多くの方がSX1に好感を抱くのではないでしょうか。このうち見通しのよさや分離感はバランス回路の恩恵かもしれません。じっくり聴き込むにつれ、やっぱり値段が高いだけあってSX1の完成度は高いなぁと店員の方と一緒に実感した次第です。これはあくまで私見ですが、SX11を購入するのであれば、さらに10万円ほど追加してSX1を購入するか、新品SX11に価格が近い中古のSX1を購入するほうが幸せになれるかもしれません。個人的に上記@Aは10万円程度ではなかなか手に入れることができないものに思われました。
否定的なことを書いてしまいましたが、SX1と比べSX11は1音1音がストレートではっきりと判りやすく、ややスッキリした今風のtasteを持つところにその価値があるように思われ、ジャンルによってはSX1よりも好適なケースがありそうです。ここが気に入ってむしろSX11を選択する方もいると思います。また、SX1で書いた立体感、躍動感、音が前に出る、力強い、低重心などの特徴はSX11にも共通するもので、これらはそのまま他社に対するアドバンテージになっており、アキュフェーズ、Luxman、marantz、YAMAHA等の同価格帯製品と比較しても競争力があるのではないかと感じました。なおSX11はSX1よりも更に、過去のDENONの音とは別の方向を目指そうとしている印象があり、私のように今までDENONを毛嫌いしていた方も先入観なく一聴してみることをお勧めします。

上記レポートは私個人の主観に基づくもので私の駄耳故に見当違いも多分にあるとは思いますが、他の方の見解を否定する意図は全くございません。何かの参考にして頂ければ幸いです。

レベル
中級者

参考になった33

このレビューは参考になりましたか?参考になった

オラジョンズさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:44人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
0件
4件
イヤホン・ヘッドホン
2件
1件
プリメインアンプ
1件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン2
操作性3
音質4
パワー4
機能性3
入出力端子3
サイズ2

pma-1500seからの買い替えなのでDENONに飼い慣らされているかもだが自分なりにあらゆる可能性を試した上で(ガレージメーカー製デジアン、PAアンプ、luxman等国内他社)この機種を選択
スピーカーはbs312を使用中

【デザイン】
中央に巨大なボリウムノブを配置した今はDENONぐらいしかやらないシンプルなフロントデザイン
ノブの周りの照明が暗い部屋で映える
アルミトップのリモコンは高級感があるが冬は冷たい

【操作性】
このアンプの特性故に操作する箇所が少ないため不満を持つことは稀かも

【音質】
DENONらしく重心が低く力強さがある
しかし低域主張型特有のダルさや下品さを感じる事は皆無であり下位クラスにありがちだったブーミーさが消え芯の太い地に足のついた安定したサウンドながら中〜高域にかけての伸びや艶っぽさが印象的に思える
その上レスポンスが増し音離れが良くなるので合わせるスピーカーの幅が広がったように思える

音像をくっきり表しソースによっては音の実体感が現実よりリアルになるのでは無いだろうか

S/Nも良くボーカル帯のディテールが細やかになりluxmanやマランツの様に脚色した良さでは無い自然体で良い音(原音に忠実な音では無い)

luxmanのA級の様に官能的な表現力は持ち合わせていないためスピーカーやプレイヤーとの相性が完璧にシンクロした音は追求しにくいか...?

基本的にDENONの音なので普段はDENONの音を聴かない人が聴いたらもっと違う評価が出てくるだろう

【パワー】
部屋を含めた環境によるがアンプ喰いのbs312を少し過剰なくらいドライブできる余裕があるため問題なし

【機能性】
sx1がスパルタン過ぎて反省したのかトーンコントロールが無いだけでそれを除けば一般的なプリメインアンプと変わらない
ラウドネスは音量を下げても音が痩せないため必要性を感じない(l507、11s3と比較)

【入出力端子】
あらゆるソースを最良の形で出力するのがこのアンプの至上命題らしいので種類は豊富
リアパネルの端子は普段は見えないところだが端子の高級感はやはり10万台のアンプと比べたら雲泥の差

フォノイコライザに関してはレコードを聴かないため無評価

家庭用シングルアンプの癖にXLR端子があるのは突っ込むべきか?

【サイズ】
フルサイズコンポの大きさだが高さがあるためとても写真よりも大きく感じる

【総評】
上流やスピーカーのキャラクターによってシステム自体のサウンドが変わる振り幅が大きい様に思える
既存のシステムに組み入れやすい懐の深さがあるが己の特色を活かすことの出来る優等生

デカくて重いハイパワー機のため狭い部屋でのニアフィールド小音量再生に向かないと思われがちだがボリュームを絞っても音痩せせずくっきり音像を表すため一考の余地あり

sx1と同等の完成度を持ち合わせて尚且つ価格がずっと安いためバランスアンプに拘らなければ予算によってはこのアンプが最終回答になるのでは無いだろうか



以上sx11初レビュー
このクラスのアンプは初めて購入しまだ届いたばかりで適切な評価は難しいがプリメインアンプ購入の判断材料の一部として認識して貰えれば幸い

レベル
初心者

参考になった28

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

PMA-SX11のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

PMA-SX11
DENON

PMA-SX11

最安価格(税込):¥308,000発売日:2015年10月中旬 価格.comの安さの理由は?

PMA-SX11をお気に入り製品に追加する <73

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プリメインアンプ]

プリメインアンプの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリメインアンプ)

ご注意