レクサス RC 2014年モデルレビュー・評価

> > > > > レビュー・評価
このページの先頭へ

RC 2014年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:RC 2014年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
RC350 F SPORT 2018年10月31日 マイナーチェンジ 1人
RC200t F SPORT 2015年10月1日 マイナーチェンジ 1人
RC350 F SPORT 2014年10月23日 ニューモデル 3人
満足度:4.41
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:7人 (プロ:2人 試乗:3人)
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.39 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.20 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.02 4.13 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.22 4.21 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.61 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 3.00 3.89 -位
価格 総合的な価格の妥当性 3.63 3.88 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

RC 2014年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:61人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
7件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格5

【エクステリア】
2ドアクーペらしい、流麗な曲線の美しいデザイン。
ライト類も最近のレクサスらしく厳つい形状だが、リアランプが中途半端な形でダサい。

【インテリア】
上位車種にLCがある為か、レクサスの中では控えめな感じです。
全車ハリアーの派手な内装に対して大人っぽい落ち着いた内装に感じる。
決して貧相な内装ではなく、よく作り込まれた内装だと思う。

【エンジン性能】
回した分だけパワーが発生する自然吸気らしい性格のエンジンで、とても扱いやすい。
4000回転くらいから聞こえるV6の気持ちいいサウンドが最高。直4にはもう戻りたくない。
V6エンジンのモデルがなければ絶対に買ってなかった。

【走行性能】
Fスポーツだからなのか、車体がしっかりとしていてカーブでの不安感が一切無い。
FR車も初めてで、回頭性の良さに驚きました。

【乗り心地】
Fスポーツですが、スポーツモードに入れなければグレードを忘れてしまうほど快適。
高速道路では逆にスポーツモードの硬い足の方がキビキビ動いて楽な気がする。

【燃費】
このクラスの排気量の車は初めてだが、平均して7〜8km/lくらい。

【価格】
ライバル車と比べたら不思議と安く感じるが、冷静に考えるとやはり高いと思う。
しかし、レクサスのサービスを受けるたび、価格に納得してしまう。

【総評】
国産の2ドアクーペで、街乗りも長距離も快適に過ごせるカッコいい車が欲しかった。
実用性の面で不安ではあったが、よくよく考えると車に乗せるのは基本彼女か友人で、ほぼ2人(稀に3人)なので意外と困らない。
後部座席を物置として使えば案外荷物も乗るし、私みたいなインドアな独身の方なら困ることはないと思う。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
その他
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年10月
購入地域
山梨県

新車価格
720万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
5万円

RCの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

jail-ace-lukeさん

  • レビュー投稿数:56件
  • 累計支持数:405人
  • ファン数:1人
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4

【エクステリア】
ヘッドライトが獲物を捕らえる鷹のような目つきでカッコいい。全体的にまとまりがあって好きだけど、ルーフは2〜3p低くければもっとカッコいいのに。

【インテリア】
レクサスらしい上品なインテリア。アナログ時計が高級感を醸し出している。LFA譲りのメーターがめっちゃカッコよかった。

【エンジン性能】
V6エンジンは音もチューニングされているのか雑味がなく良い音だった。 公道試乗なのでそんなに回せなかったけど吹け上がりは素晴らしかった。

【走行性能】
公道での試乗のためこの車のポテンシャルを試せるところまでいけなかったけど、交差点ひとつ曲がるのもスポーティさと上質感を持ち合わせる良いクルマだと感じた。 試乗を終え自車の86に乗って帰ろうとしたとき、ブレーキが抜けちゃってるのかと思うくらいの感覚に襲われた。 RCのブレーキはとても自然だったのでその時気付かなかったが、帰るときになってブレンボの凄さを知った。

【乗り心地】
シートがすごく上質で足の硬さをシートでカバーしているように感じた。

【燃費】
わかりません。

【価格】
一般的なサラリーマンが簡単に購入できる金額ではないけど、好きな人なら十分満足できる価格だと感じた。

【総評】
ほんの15分程度の試乗だったとはいえ、いろいろと試乗した中で最もインパクトのあるクルマだった。 特にブレーキに関しては考え方を改めるきっかけになった。

レビュー対象車
試乗

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

何処でも車さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:43人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度3
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能2
走行性能3
乗り心地4
燃費4
価格3

2014年に300h、2015年に350h、2016年に200tに乗りかえたのでそのレビュー。
あくまでも素人目線です。
現在はアウディに鞍替えしました。

【エクステリア】
ここが一番の満足ポイント。
スピンドルグリルに抵抗がある方はいるかもしれませんが、実車はカッコいい。SAなどではかなりの確率でガン見されます。目立ちたがり屋にはオススメ。
※現在のTT RSは知っている人しか見ない。
伸びやかなボディラインは本当に美しかった。白→黒→青とボディ色を変更しましたが、この車には青が一番似合う気がします。

【インテリア】
全体質感はGOOD。だが、細かいところのプラスチッキーな感じは残念。センターパネルの材質をもっと上質にして欲しかった。
ボタンの配置にはセンスがないのはレクサスらしいといえばご愛嬌。操作すればそうでもないが、とにかく煩雑に見えてしまう。
シートなどの皮は明るい茶色(?)を選ぶと、ジーンズの色がついて汚れるので、黒かローズを選ぶといいと思う。
個人的には青の外装に明るい茶色(?)の内装は綺麗で好きだった。
トランクも必要にして充分なサイズ。よく三人乗車でゴルフに行く時は、ウッドを抜いたらトランクにゴルフバッグ3つ入れられました(笑)

【エンジン性能】
ここが問題…運転してワクワクしない。長距離では眠くなる。

300h…ゴーカートな走り出し。つまらない。

350…低速トルク無し。NAだから仕方ないが、信号と信号の距離が短い街乗り(都心など)では、ストレス。

200t…あとひと息。低速トルクは充分だが、高速巡航がイマイチ。

レクサスは他にIS、CTも乗っていたが、全てに言えるのが「足回りとエンジンがミスマッチ」。RCなら2.5lターボ、300馬力、トルク40中盤くらいだと車重にマッチしており、ストレスなく快適に運転出来ると感じた。

【走行性能】
グランドツーリングとしては素晴らしいが、運転していてつまらないので眠くなる。プライベートで東京〜九州までよく行くのだが、「疲れて休憩」より「眠くて休憩」がばかり。まぁあくまでも個人の意見です。
様々な意見はありますが、レクサスの足回りは素人目線では、ロールやピッチのコントロール、適度な硬さなど、グランドツーリングとしては良い出来だと感じます。スポーツ走行するにはスポーツ+にしても柔すぎる。


【燃費】
300h…16くらい
350…7くらい
200t…10くらい
いずれも街乗り、高速合わせての記憶。

【リセール価格】
1位 300h 490万ほど※買取専門店
2位 200t 450万ほど※アウディディーラー
3位 350 410万ほど※レクサスディーラー
※いずれも端数は記憶してませんので悪しからず。売却時期は購入〜1年点検前に全て下取りに出してます。

【総評】
多分今までで一番走行した車種だか、運転してワクワクすることはない。「飛ばしてやろう」と思う前に、車重を感じるのでコーナーでアンダーが出る絵が想像出来てしまい飛ばせない。事故の抑制には良いのかも(笑)
リセールはハイブリッドが一番。バランス取れてるのは200t、350は売りにくい。
楽しさがマシなのは、350→200t→300h。ただ、350は高速の本線合流などでの加速くらいしか楽しめなかった。
購入検討されている方の参考になれば幸いです。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年7月
購入地域
東京都

新車価格
583万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

RCの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった34

このレビューは参考になりましたか?参考になった

松下宏さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度3
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費2
価格2

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

レクサスではSCが絶版になった後、クーペモデルを持っていなかった。世界のプレミアムブランドは必ずクーペやカブリオレをラインナップし、そのことによってブランドイメージを高めているのに、レクサスにはそれがないためやや物足りないラインナップになっていた。

なので、レクサスIS系の基本プラットホームや基本コンポーネンツを使ってクーペモデルのレクサスRCが作られたことには一定の意義が見いだせるが、残念ながらそれ以外の部分ではあまり魅力を感じさせないクルマであった。

レクサスRCにはトヨタがヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルをベースに開催したメディア関係者向け試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。乗ったのはRC350“バージョンL”とRC350“Fスポーツ”の2台だ。

比較的好感が持てたのは外観デザインだ。スピンドルグリルも板に着いてきた感じがあるほか、サイズの余裕を生かしてボディサイドに彫刻的な彫りの深さを感じさせるデザインに仕上げている。

逆にインテリアに関しては、リモートタッチなど一部に仕様の違いがあるものの、基本的にはIS系のものが流用されていて、新鮮さに乏しい印象があった。そもそもISのインテリアデザインが古典的な印象を与えるものであるからだ。クーペモデルで後席の居住空間やラゲッジスペースを語っても仕方がないが、後席は足元に余裕があるものの頭上の余裕は小さめだ。またラゲッジスペースはまずまずの容量が確保されている。

RC350に搭載されるのはV型6気筒3.5Lエンジンで、234kW(318ps)/380N・mのパワー&トルクを発生する。このクラスのV型6気筒エンジンとしては十分にパワフルな性能で、スポーツカーらしい走りが楽しめるエンジンだが、今どきのパワートレーンはそれだけではダメだ。

スポーツカー用のエンジンであっても環境性能の高さが要求されるのが今の時代であるのに、RC350のエンジンはそれが欠けている。エコカー減税の対象にならないようなエンジンでは話にならない。

RC350h(別項を参照してください)があるじゃないかという声があるかも知れないが、ガソリン車もアイドリングストップ機構を装着するなどして燃費性能を高める努力が必要である。

レクサスにはNX200tに2.0Lの直噴ターボを搭載しているのだから、これを搭載するという選択もあったのではないか。200tならパワーはかなり劣るが、トルクはRC350に近い数値をはるかに低い回転数で発生する。

そんな不満はあるものの、RC350の走りのパフォーマンスには不満がない。車両重量はISに比べると100kほど重いが、それを苦にしない動力性能を備えている。またクーペボディの基本骨格を頑丈なものにすると同時に、溶接方法などにも新技術を採用して高いボディ剛性を備えたことが、走りの良さにつながっている。

中でも“Fスポーツ”にはLDHと呼ぶ後輪操舵の機構が加えられ、走りはより軽快なハンドリングを感じさせるものになる。ドライバーが自らクルマを操っているという実感が高まるのだ。

RC350には8速ATが組み合わされた。変速フィールなどはとても良いが、時速80kmでクルージングしているときに使っているギアは7速である。もうひとつ日本仕様に仕上げきれていない部分がある。

試乗車は“バージョンL”が660万円の本体価格にオプションが装着されて700万円強、“Fスポーツ”は678万円の本体価格にオプションが装着されて760万円弱の仕様になっていた。この価格はレクサスのブランド代が含まれるためにかなり高めの印象。この価格帯には魅力的な輸入車がたくさんあるからだ。

レビュー対象車
試乗

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

森口将之さん

  • レビュー投稿数:228件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールフリーランスジャーナリストの森口将之です。自動車を中心に、モビリティ全般を守備範囲としています。自動車については、ブランドやスペックにとらわれず、ユーザー目線でのレポートを心がけています。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務め、日本自動…続きを読む

満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

Fスポーツは前後で幅の違う19インチタイヤが標準

ホイールベースはISより70mm短い2730mm

アルミ製ペダルとフットレストは標準装備

ダークローズのカラーはFスポーツ専用

コンソールで左右が隔てられた2人掛けの後席

318ps/38.7kgmを発生するV6エンジン

レクサス久々のクーペモデルとして登場したRCシリーズのうち、横浜で行われた試乗会で、3.5L V6自然吸気エンジンを搭載するスポーツモデル、RC350Fスポーツに乗りました。

エクステリアはかなり存在感があります。鋭い目つきや尖ったリアコンビランプもさることながら、前後フェンダーの抑揚が効いています。少なくともセダンのISとは別物です。クロスオーバーのNXに続いて、レクサスのデザインが新境地に入ったことを教えてくれます。

インパネはISと基本的に共通です。ISのFスポーツに装備されていた、リングがスライドするメーターの設定がないのは、ペダル式パーキングブレーキともども残念です。前席は、身長170cm、体重63kgの僕にはヒップポイントをもう少し低くして、もう少しフィット感が欲しいという気がしました。後席は頭がルーフに触れてしまいますが、足元は余裕がありました。

3.5L V6エンジンと8速ATの組み合わせは、IS350と同じです。加速は十分に速いと言えるレベルにあり、サウンドは心地よく、走りを楽しめるレベルにあることが確認できました。

Fスポーツはホイール・タイヤが19インチとなります。低速ではその存在が気になることもありましたが、速度を上げると落ち着いた感触になりました。FスポーツにはLDHと呼ばれる4WSが装備されており、接地感がもう少し欲しいと思ったものの、ハンドリングそのものは素直であり、後輪駆動車ならではのドライビングを堪能することができました。

2ドアを買う人は、特別感を求めるのではないかというのが個人的な見解です。それはスポーツ性だけでなく、エクステリアやインテリアの仕立てなどにも及ぶと考えています。RCは、インテリアやプラットフォームの一部をISと共通にしながら、ダイナミックなデザインと走りの楽しさを併せ持ったRCは、クーペらしさをうまく表現していると思いました。

レビュー対象車
試乗

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

XFOUR92さん

  • レビュー投稿数:87件
  • 累計支持数:2121人
  • ファン数:13人
満足度4
エクステリア3
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費2
価格3

<追記2>
予定通りRC350 Fスポをサーキットで試乗した。
結論は、リアのデザイン以外は良い車だ。
RS5や435iMスポと同走したが、コーナーでは素人なら435iと同等以上。
435iのオーナーも同意見でタイヤの銘柄による差では無いと思う。
BMWは減衰力を調整可能なショックはM3やM4でもオプションなのが影響したか?
RS5はオーナーによれば標準とのことたが、価格を考えれば当然だ仰っていた。
RC-Fも試乗したが、やはり鼻先が重く軽さは大切だなぁと思った。
RC350の驚きは、R35GT-Rよりもシフトチェンジが速いこと。

それにしてもRC&RC-Fの内装の質感は、Cクラス以上だと思うようになった。
しかし、Cクラスは、特にAMGラインは、エクステリアの質感にも目を見張るものがあり、隙がなく車自体の価値を押し上げている。

輸入車価格が為替影響で高騰し、LEXUSは中身も進化し相当な追い風だ。
ドイツは、車に限らず工業製品の電気系の信頼性は日本には追いついていない。
日本仕様のファームウェアさえまともにリリース出来ない状況のメーカーも。
LEXUSを買うオーナーは、この辺りに相当敏感で輸入車で痛い目に遭った人も多い。
RCはNX同様に相当なバックオーダーでNXはFスポだと来年の9月らしい。
ならば、生産能力をと思うが、Just In TIMEと呼ばれるトヨタの思想と低価格小型車にシフトした現状では難しい。
しかし、ブランドは売れてこそ数が出てこそ、成長する。
日本人として、何とかして戴きたいと思う。

<追記1>
RC-Fに試乗したのにRCカテゴリーに投稿し、後日RC350に試乗したので評価修正します。

RC350での特筆は、IS350より洗練されたと感じるエンジン。
市街地、高速共に実に扱いやすい。
以前も指摘したが、惜しいのは実燃費が5〜6Km/Lなこと。
サウンドジェネレーターは面白いが、これだけはBMWの直6には敵わない。
V6に音を求めてはいけないが。
重量が1700キロも重い。
5年前のZ4 35iと比べても初期のステアリングレスポンスは同等だが、その先が鈍い。
リアルスポーツと主張するなら、あと100キロはダイエットして欲しい。
リアのテールランプのデザイン、これだけは・・。
エクステリアの質感は高いのだが、離れた所から眺めるとゲームライクな軽薄さを感じる。
近いうちにサーキット試乗する機会を得たのでまた後日再レビューしたい。
<追記END>

珍しく、Lexusディーラーから「RC & RC-F」試乗会のお誘いがあった。

試乗車はRC350とRC-FだったのでRC-Fに試乗した。
試乗と言っても10分程度の市街地だけではよく解らない。
第一のポイントはこの試乗プログラムで近くの複数のディーラーでは、発売当初だけでなく、例えば今IS350に試乗しても予めコースは決められている。
10分の試乗で何が解る?
(勿論、無理を言えば高速も試乗させてくれる・・)

第二は、絶えず上から目線であること。
Lexusへは、なるべく汚い格好と古い車と決めているが、案の定外見で値踏みされた。
その後行った近くのメルセデスは、担当も他のスタッフもフレンドリーで交渉もポンポン進む。
Lexusは自分達が「主」であり、客は「従」なのだ。
あくまでも研修通りのやり方を変えない。
一方で客はロボットでもなく千差万別で多種多様な個性の方がみえる。
簡単に言うと、「客」を徹底的に管理した「上から目線」。

これが万年5,60万台の枠を突破出来ない要因。

Lexusも複数台購入すると多少の値引きがあるが、決済は全てディーラー本社でセールスの能力は関係ない。
そしてフェラーリ張りにデリバリーで客を待たせブランドを保っている。
ブランドは、ユーザーが作るもので待たされても購入して良かったというところから始まり広がり確立されるのは、世界共通だ。
しかし、Lexusは、自らが主役。
以前、ISのデビューでEU圏でLexusが年間数万台なのは、ディーラー数が要因と書いたが、真の要因は異なる。
彼らは自分達の文化、習慣は譲らず、Lexusの様な殿様商売は受容せず、法人の場合はそれこそ契約の中にAUDIのA6を含むとかの条項があり、そこにGS350とはまず書かれていない。
中国でも同様。

さて、肝心のRCは、内装の質感は無機質なものの非常に高い。
装備も申し分ないが、RC-Fでも今やKカーにも装備されたレーダー等を使った安全装備がオプションなのは、コスト重視の奢りだ。
TOYOTAが標準としないのは、まずは量産の小型車から展開しコストを下げた後に上級車に標準装備したいから。
その意味でLexusは二流だ。

RCは内装は素晴らしいが、エクステリアはまたか?と言う出来。

RC-Fは1800キロの重さが全て。

フロントに重い5LV8を入れ回頭性は?
IS-Fより進化したが、7000少々で頭打ちのエンジンは?
独メーカーだったらエンジン自体をキャリーオーバーはしまい。
時代が変わっているからだ。
しかし、ここもコスト重視。
日本メーカーは、一つのエンジンを非常に長く使う。
それに対し、独メーカーはV10にしても環境次第で実質7年で捨てる。
実際にはV10はコストや燃費、環境で廃止だろうが、ダウンサイジング+過給器とそれに見合うトランスミッションを用意してくる。
350に過給器で軽量化しRC-Fと同じシャシー、足回りの方がよりスポーツだろう。
5LV8は平凡。
理由は高回転、大トルク対応のトランスミッションを用意する気がなく、高回転化は材質、軽量化で相当コストがかさむから。
GT-Rは誰もが儲からないというが、決してそんなことはないと思う。
日本以外で相当な台数だ。
GT-RがAMGその他の様な価格設定が出来ないのは、メーカー都合で突如モデルを廃止するところにある。
NSXも同様。
ユーザーが作ったブランドをメーカーがユーザーを見捨てるからに他ならない。
中身のないRC-Fの日本における価格設定は、無理がある。

Lexusへ行った後にメルセデスでLS600hで訪れた方と話した。

「次期LSはいつ?」

フラッグシップが出ない、出す気がないブランドって一体・・

ディーラーの最前線の人達も大変だな。

ブランドって何だろう?と感じた一日だった。

レビュー対象車
試乗

参考になった35人(再レビュー後:25人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

731さん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:117人
  • ファン数:1人
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費2
価格3

現在はCT200hに乗っていますが、RCに乗り換えを検討中です。

早速試乗をしてきたので、書かせて頂きます。
エクステリアデザインは心奪われるものがあります。特にリヤのデザインはISよりも好きです。

試乗は約90%が高速走行、セールスの同乗はなし、妻と2人乗車で1時間余り走ってきました。

いつもの様にETCカードを差して頂き、フリーの試乗を楽しんできました。

一部、レクサスでは10分しか試乗時間がないとの書き込みがありますが、私はこれまでの最低で30分よりも短かった事はありません。ディーラに寄るのかもしれませんが・・

全幅1840mmありCTよりも75mmも大きいのですが、大きさを感じず乗りやすいです。

高速ではモードをSport+にして
ETCゲートより100km/hまでフル加速を試しました。
十分に早いのですが、車重の影響なのか以前乗ったIS350Fスポーツの方が、加速は良かった様に思います。

ただ、クイックなレーンチェンジ何度か試しましたが、ISよりもかなり剛性感は高いと感じました。そして、乗り心地はフワフワ感はなくシャープなのですが、継ぎ目で跳ねることも無く、実にしなやかな足回りだと感じました。

また、インターチェンジでのコーナリングは実にスムーズに向きを変えてくれました。LDHが効いているんだと思います。

試乗中の燃費はエンジンをやや回したためか?、5.1km/Lでした。

レビュー対象車
試乗

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

RC 2014年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

RC
レクサス

RC

新車価格帯:566〜720万円

中古車価格帯:289〜629万円

RC 2014年モデルをお気に入り製品に追加する <28

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意