ホンダ N-WGN カスタムレビュー・評価

> > > > レビュー・評価
このページの先頭へ

N-WGN カスタム のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
N-WGN カスタム 2019年モデル 4.42 自動車のランキング 48 12人 N-WGN カスタム 2019年モデルのレビューを書く
N-WGN カスタム 2013年モデル 4.26 自動車のランキング 20 119人 N-WGN カスタム 2013年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 0人 -

N-WGN カスタム 2019年モデルの評価

評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.09 4.34 107位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.27 3.93 32位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.82 4.13 9位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.55 4.21 28位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.55 4.05 17位
燃費 燃費の満足度 3.71 3.89 97位
価格 総合的な価格の妥当性 4.00 3.88 47位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:448人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費無評価
価格4

【エクステリア】全体のフォルムはよくありがちな軽ハイトワゴン、しかしヘッドライトやテールランプの造形は特徴あると思います。

【インテリア】エアコンパネルやダッシュボードなど基本的にはNBOXと同じか似た造りで使いやすそう。
メーターはNVANとほぼ共通でインフォメーションディスプレイの情報量が増えていて良いのですが、NBOXやステップワゴンの開放的なメーターに慣れた者としては若干見づらさを感じました。
しかし慣れの問題なので大した事では無いでしょう。
あと気になったのが、ドアトリムがNBOXカスタムでは布張りの部分があったのに対しNワゴンではオール樹脂の一体成型、NBOXを知らなければそれはそれで良いと思いますが。

【エンジン性能】NBOXと同じエンジン、NAにして必要充分、静粛性はNBOXよりも若干良いかな?位のレベルでもちろん軽自動車のレベルを超えてます。


【走行性能】今回一番の関心事が、ACCとブレーキホールド。
渋滞追従対応ACCはブレーキ制御も滑らかで先行車がいる場合なら市街地や一般道でも充分使える仕上がりだと思います。
それと連動させたり、単独で使ったり出来るブレーキホールドと併せて遊びや仕事帰りの疲れた体に優しい装備ですね。
【乗り心地】
これがちょっと期待はずれ、NBOXと同じプラットフォーム、軽い車重などを見ても新しい方が乗り心地が良いだろうと思っていたが、これに関してはNBOXのフラットな乗り心地の圧勝と言う印象でした。
印象として悪くはないのですがスプリングレートをもう少し下げても良かったのでは?
【燃費】試乗なので未評価

【価格】妥当な値段でしょうね、センシング標準装備ブレーキホールド標準装備。
他社でもオプション付けて同じ内容にしたらそう変わらないですよね。
他社ではトップグレードしかACC選べない車種もありますし全体のコスパは良いと思いますよ。
【総評】
正直な話し、NBOXユーザー目線で見たら、渋滞追従ACCとブレーキホールド以外このクルマを選ぶ理由が見当たりませんでした。
ジャンルが違うので当然と言えば当然なんですがね((笑))
でも、他社ユーザー目線で見た場合、新型Nワゴンの完成度の高さたるや恐るべしではないかと感じました。
スズキは予防安全で遅れてるし、ダイハツもモデル古いですよね、日産のは機能は最新でも小さいNVシリーズにしか見えないし、外観デザインが更に特徴的なek X位しかライバルになりえないかなと個人的な感想です。

レビュー対象車
試乗

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Pokochewさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:184人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4

【エクステリア】
標準タイプは、往年の「ステップバン」をモチーフにデザインしたように思われますが、カスタムは流行りの「オラオラ感」を少々入れたために、無機質な感じになってしまったのが残念。標準タイプのエクステリアデザインをクラシックスポーツ風に仕立てた方がよかったと思います。標準タイプのターボモデルもあるので、カスタムのエクステリアが苦手な人には、こちらを選ぶ手もあります。

【インテリア】
標準タイプのインテリアカラーは「アイボリー&ベージュ」でまとめて明るいイメージに仕上げていますが、カスタムは「ブラック×チタン」で落ち着いたイメージで仕上げています。高級感はカスタムの方があるように思います。

【エンジン性能】
NAでも十分に走りますが、どんなシチュエーションでもストレスなく走れるターボモデルの方が魅力的です。
価格差は25万円弱ぐらいになりますが、購入してから後悔するよりも、ターボモデルを選んだ方が無難です。

【走行性能】
ターボモデルはトルクフルなので、アクセル開度を全開にする場面が少なく、また、軽自動車であることを忘れるほど静粛性に優れています。新型N-WGNは、正直、現行のフィットより静かで上品でした。
この他、車高の割には、直進安定性が優れていて、ようやく「ダイハツ・ソニカ」に追いついた軽が出てきたと感激しました。
(気になった点)
ブレーキにステップダウンシフト制御が採用されてますが、これはブレーキを踏んだ時に自動的にエンジンブレーキが掛かるように、車速により 3段階で強めていくシステム。このシステムの影響で、乗り始めの低速時は、エンジンブレーキが掛かっていないような感覚に陥りました。これには馴れが必要だと思います。

【乗り心地】
軽自動車は、高速時に突風などで不安な挙動を起こしがちですが、新型「N-WGN」は 高いボディ剛性でそんな不安を微塵も感じさせません。この部分もコンパクトカーに匹敵するぐらいの快適性を誇っています。
逆に後席はコンパクトカーより足下が広く余裕があります。

【価格】
ターボ L・ホンダセンシング グレードに、ナビ、ETC、コーティングなど一般的なオプションを付けると、220万円弱ぐらいになります。それでも十分にリーズナブルと感じるほどデキが素晴らしかったです。

【総評】
この他、オートブレーキホールド機能は、駐車券の受け取りなど、ちょっと停車したいときに便利で安全です。
新型「N-WGN」は、2019カーオブザイヤーを間違いなく受賞すると思います。RJCなら、イヤーカーも受賞すると思います。それだけ素晴らしい完成度でした。
現在、電子制御パーキングブレーキシステムの部品に不具合が発見され、納品が遅れていますが、急ぎでなければ待つ甲斐は十分にあると思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった12人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぴんそるさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:63人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
175件
スマートフォン
1件
11件
ゴルフボール
2件
2件
もっと見る
満足度4
エクステリア無評価
インテリア無評価
エンジン性能無評価
走行性能無評価
乗り心地無評価
燃費無評価
価格無評価

スムーズに走り出す
段差越えも不快感ない
エンジン音静かー な分、ロードノイズがデカいし、思ったよりはコーナーロールが大きかった。
が、 ほんと良く作り込んできたと思う。
街中の乗り心地は特筆モノでもはや軽自動車ではない。


共に調整幅の多い後ろ座席と、シートリクライニングの解放で、
脚を放り出してくつろぎ体勢をとれた160センチ中2の娘は興奮して叫びました 笑
私はセンシングの恩恵で楽をしています。
人間の代謝を悪くさせまた体脂肪が上がります。

ハイトワゴンナンバーワンを今後も突き詰めて欲しい。Nシリーズ恐るべしでした。

発売直後の不具合失態で最悪のスタートとなりましたが、ながーく売れ続けていけるだけの質の高さは確実に備わっている車なのでオススメです。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年8月
購入地域
長野県

新車価格
182万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

N-WGN カスタムの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

猫のしんちゃんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
7件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格5

ターボ車に乗りたくてN-BOXから乗り換えた者です。
グレードはカスタムターボの4wdです。
納車4日目ですが少し遠出してみました。

通勤と買い物で30キロを1名乗車で、高速200キロと一般道59キロは4名乗車でエアコン24度設定で走ってリッターあたり16キロでした(289キロ走って給油は17.97リットル)。
高速は全区間時速100キロのACCで走ってみましたが前車N-BOX Custom G.L Honda SENSING同じ条件で走った時は7000千回転も回って苦しげに登っていた坂道を3千回転台で余裕で登りきりました。また前走車に付いて走っている時でも前走車がちょっと加速してしただけで急に5000回転までN-BOXは回ることがしばしばありましたが、N-WGNはエンジンが唸ることなく、前走車に付いていきます。なので高速道路での疲労感がまったく違います。
ただし、後部座席に座っているとタイヤの音がまともに入ってきて妻は不快だと言ってました。コンフォートタイヤへの交換を考えたいと思います。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年9月
購入地域
秋田県

新車価格
182万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
10万円

N-WGN カスタムの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

宇宙海賊さん

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:188人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
6件
40件
プリメインアンプ
2件
27件
自動車(本体)
2件
25件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格3

本日納車されました。父と母と3人乗車で小一時間ほどの夜のドライブに行ってきました。N-BOX+からの乗り換えになります。
試乗した時にも驚きましたが、じっくり乗っていれば乗っているほど、軽自動車とは思えない走りの良さ、高級感、静音性、そして最新のホンダセンシグ搭載で運転が楽々でした。

まず、少しアクセルを踏んだだけでスーッと静かに伸びていく加速力。60〜80キロもあっという間。この速度域ではロードノイズもほとんど気にならない。まったくもって静か。エンジン音もあまり聞こえない。100キロくらいになるとロードノイズも少し感じるが、軽自動車という枠の中ではとても静かな部類。ターボなので100キロでもアクセルはまったくもって余裕。100キロでもエンジンは多少はするものの静かという領域内に収まっている。頑張って唸ってる感じはしない。もっと踏み込みたくなるが、安全を考えて・・・・・。

ACCやLKASなどは初めての経験でしたが、慣れるとこれほど高速走行が楽なものはないと痛感しました。ちゃんと前の車の車速に合わせてスピードを調整してくれるのでいちいち自分で速度調整をするストレスから解放されます。
また、電動パーキングブレーキのおかげでパーキングブレーキの解除し忘れも防げますし、オートブレーキホールドのおかげでちょっとした渋滞などのブレーキによる足への負担がが軽減されるのも良いと思います。

全体的な走りの印象として、少し固めだけど、柔らかすぎなくてちゃんと地に足のついた走り心地です。スポーティーさを感じます。段差の突き上げ感もあまり感じられず、衝撃をちゃんと吸収してくれてます。前に乗っていたN-BOX+に比べ、曲がった時のロール感は劇的に軽減されていると思います。

燃費はちゃんと距離と時間を測ったものではないですが、小一時間の山道のアップダウンと高速走行ありで17.0q。WTLCモードの実測値に近い物が出たように感じます。この辺はもう少し街中や高速道路を走って計測する必要がありますが、今のところ燃費は良いと思います。とりあえず☆4にしておきます。

内装はブラック基調でまとめられていて高級感があります。グローブボックスが大きく、車検証などの分厚くて大きな書類を底に敷いた状態でティッシュボックスも余裕で入れられる。運転席周りや助手席、後席周りにも程よく多様な収納があります。シートの質感も高く、高級感もあります。触り心地が良く、ずっと触っていたくなります(笑)

前席は少し固め、後席は柔らかめです。特に後席に関してはデイズの後席よりも乗り心地が良く、跳ね上がりが少なく感じました。また、センタータンクレイアウトのおかげか後席の床面から座面の高さが十分に確保されて、下半身全体がフィットします。デイズは何か膝を抱えるような感じになり、安定感を感じませんでした。

運転席のシートハイトアジャスターとチルト&テレスコピックのおかげでかゆい所に手が届かなかった所に手が届くようになり、微妙なドラポジの調整ができるのは高得点です。むしろ軽自動車にこの機能を全グレードに標準搭載したホンダに拍手を送りたい。バチッとポジションが決まりました。
今までだとシートを起こしすぎると腰が痛くなるし、少しシートを倒すと腰は痛くないが、ハンドルが少し遠目に感じ、そこから席を少し前に出すと足元が狭くなり・・・・・。で少しストレスを感じながらも運転せざるを得なかったのですが、それからも解放されそうです。

エクステリアに関しては、流行りのオラオラ顔にせずに先を見据えたデザインで四角を全面的に取り入れ、差別化を張ったのは好印象。他メーカーのデザインがEX○LEの様なイケメン軍団がキレのあるダンスを披露する様なデザインに比べ、N-WGNカスタムは実力はとても秘めているのに親しみやすい風貌で親しみやすいダンスを取り込み再ブレイクしたDA PU○Pの様なダサカッコ良さがあるといった感じでしょうか。エクステリアに関しては好き嫌いが分かれそうです。

値段はやはり高い・・・・ですが装備と乗り心地、走り心地を加味すると妥当な値段ではないかと思います。軽自動車も200万の時代に本格的に突入しましたね。


まだ小一時間走っただけなので評価としては未完ですが、印象として軽自動車の枠を超えた走り心地、乗り心地を感じました。
週末休日を利用してもっと走り込み、再レビューしたいと思います。


9/3再レビュー

ロングドライブに行ってきました。
本日の走行距離:228キロ 平均燃費:18.6(高速、比較的に車の流れの良い街中)
納車されてから今までの距離:488キロ 平均燃費:16.9(高速、山道、街中でのちょっとした渋滞など、ありがちなシチュエーション)

WTLCモードに近い数値が出てるので好印象です。ただ、タンク容量が25リットルと少ないので燃費は据え置きの☆4で。

本日、120キロまで加速してみましたが(速度オーバーごめんなさい)100キロよりはエンジンは唸るものの、軽自動車おいて、なんでこんなに音を抑えられるのか逆にこっちが聞きたい。120キロでも車の走行安定性は良かったと思う。ロードノイズはさすがに入っては来るが、やかましくて会話やBGMの邪魔になるほどではないかな。

その他にフロントとリアのドアに適度な重みがあり、閉めた時に安っぽい音がしない。普通車並み。むしろ他のコンパクトカーもっと頑張れ!レベル。

ドアの遮音処理、防音処理が軽としては高いレベルにあると思う。吸音材も良いのを大量に使ってるのかな?
車内の静粛性が高いのはこれらが要因の一つかも。

3ナンバーなどの大きな車からのダウンサイジングを検討してる人はこのN-WGNカスタムターボを筆頭候補に入れても良いかもと思える出来栄えだと思います。それくらい素晴らしい車です。

訂正:ロングドライブの走行距離

288キロ→×
228キロ→○

訂正しておきました(*- -)(*_ _)ペコリ

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年9月
購入地域
岐阜県

新車価格
182万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

N-WGN カスタムの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった51人(再レビュー後:20人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

maxpower_takeoffさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:82人
  • ファン数:1人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費無評価
価格5

【エクステリア】前機種より、おとなしいのデザインですが、飽きは来ないかも知れません。
しかし、リアのLEDライト類のデザインは、ケバケバしくて嫌いです。自分としてはノーマルタイプのリアライトが好みです。

リアドアの位置が低くなり、荷物は出し入れが容易になりましたが、リアドアを跳ね上げた場合の長さが気になり、後部に余裕を持って駐車しないとリアドアが接触する恐れがあります。
観音開きにする案もあったそうだけれども、コストの面で断念したとの事、ここはもう少し頑張ってもらいたかったです。

ノーマル車の白いカラーだと、まるで商用車っぽいのでご注意(笑)
予算に余裕のある方は、オプションでリアスポイラーを付ければ、商用車然から変わると思います。

【インテリア】これは完全にコストダウンの為に、N-BOXに似て共用部品が多いです。
カスタムはドアアームレストにファブリックを使用して更にブラック色なので、一定の質感はありますが、ノーマル車は茶系で全部ハードプラスチックなので、もろ質感が下がって見えます。

現在私は初代のカスタムに乗っていての比較になりますが、正直言って、カスタム同士較べて、初代の方が質感とデザインは上です。

初代より良いのは、以前から念願だったテレスコピックステアリングが搭載された事が一番です。しかし、このテレスコピックも30ミリと調整範囲が短く、手の短めな私には一番手前でも、少し足りない感じです。これは個人使用の感想なので、試乗して判断願います。
2点目で良くなったのは、燃料口のスイッチが無くなった事です。先代は右奥下部にあり、開けにくかったのですが、今回はドアキーと連動して解錠になるので便利です。

あとはホンダセンシング満載は素晴らしいです。車間維持機能は、短い時間の試乗なので試していませんが、電制パーキングブレーキは噂どおり、とても便利でした。

オートライトはお仕着せっぽく微妙な感想でした。

不満点はギヤ選択のセレクターレバーですが、先代はDからSモードへはボタンを押して切換えていたのが、押さなくとも切換が出来てしまい、これは誤動作の元です。私は何回もSに入れてしまいました。

あとは、トップシェードがコストダウンなのか無くなっていました。これは非常に残念です。

蛇足ですが、リアゲートのダンパーが両側に付いたのは嬉しいです。リアゲートが重くなりその対応かも?



【エンジン性能】短い試乗なので参考程度です。
まずエンジン音の侵入が先代より小さくなり嬉しいです。ロードノイズに関しては、先代よりは少し改善されていますが、まだ路面の形状により侵入して来ます。
来年購入したら、防音処理を考えます。

エンジンの力自体は先代のターボと比較しても、特に変わらないですが、エンジンの透過音が小さくなったので、力強く感じられました。

【走行性能】ステアリングが軽くなったのが、私としては少し残念です。ですが、ステアリングインフォメーションが希薄になった感は無いので安心しました。
パドルシフトを使った減速感も特に先代とは変わらず、たまに減速感が抜ける感じも以前よりは良くなったけど、完璧ではありません。

【乗り心地】これは改善されています。乗って直ぐに、静かさと不整路面のイナセ方が改良されて、如何にも軽自動車的な突き上げが軽減されていて良かったです。
目をつぶり助手席に乗せられたら、軽自動車とは思わないのでは?

【燃費】わかりません。

【価格】これだけの装備と基本性能のブラッシュアップをしてこの価格とは、安いです。

【総評】総合的に満足行く仕上がりで満足です。ただ、コストダウンの弊害か、インテリアの質感が先代より若干下がったのは残念です。
私としては、安いノーマルのターボ車を狙っていますが、ノーマル車のインテリアが質感不足なので、カスタム車の部品を流用したいと思っています。(例えばカスタムのクロームメッキハンドルをノーマル車に付ける等)

まあ質感に関しては、個人的感想なので、検討の方は試乗して判断願います。

レビュー対象車
試乗

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あしゅら晩酌さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:62人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格3

【エクステリア】
フロントグリルは標準のものがイマイチ気に合わずオプションで変更しました。試乗車も同じものでしたので比較してのことです。シーケンシャルターンもいいですね。

【インテリア】
軽自動車にあれこれ求めるのは酷ですが、前車スティングレイターボ(2011年)よりははるかにマシ。競合したekクロスは収納力においては上なんでしょうけども、N-wgnは総合的に上質な素材でまとめられています。夫婦でたまに車中泊もやっていますので、前席のヘッドレストを外しシートを前方に出して、後席もスライドさせると170センチくらいの身長でしたら、十分寝れることができます。

【エンジン性能】
前車もターボでしたので迷わずターボの選択です。ノンターボもそれなりらしいのでしょうが、踏めば素早い反応が気に入っています。

【走行性能】
高速道路での合流も、ターボのおかげでスムーズでした。ACCは0`から110`までの設定が可能です。車線維持センサーも反応が良く、制御を感じることができます。

【乗り心地】
これが思っていたより上です。ekクロス、前車スティングレイが軽自動車特有とすると、N-wgnは普通車の域。道路のデコボコ繋ぎ目など衝撃は少なく、よい意味での誤算といった感じ。

【燃費】
試乗車ですので納車後となりますが、カタログデータを見る限り20キロ/リットルは期待したい。

【価格】
軽自動車が200万円超えです。ekクロスと競合させ乗り出し227万円までがんばりました(^ ^)

【総評】
本当はN-boxのスライドドアが捨てがたく、3カ月前からekクロスと悩んでいたところ、MCのアナウンスがありどんなもんだろかと足を運びました。

それからN-boxはACCが30キロ未満で解除されること、オートブレーキホールドの設定がないことで、新しくなったN-wgnに俄然引きつけられ試乗車しに行った際、若いセールスが今契約すると増税前に間に合うと囃し立てられ、つい契約してしまいました(^。^)

自身、初ホンダではありますが、いい感じの買い物が出来たと満足しています。

レビュー対象車
試乗

参考になった22人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

HISASHI-880さん

  • レビュー投稿数:521件
  • 累計支持数:6330人
  • ファン数:5人
満足度5
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格5
 

N-WGNカスタム・ターボ とある自動車道のPAにて。

左から「N-one」「N-WGN」「C220d」「N-BOX」

 

我が家では、N-シリーズをコンプリートしています。
先日2018年4月登録のN-BOXカスタム・ターボのリコール(?)作業の時間潰しにブランニュー(走行20km)のN-WGNカスタム・ターボの試乗車に1時間ほど私の担当の方と乗ってきました。

我が家には、2016年に購入した初代N-WGNカスタム・ターボも有るのでN-BOXカスタム・ターボとの比較レビューを書かせていただきます。

結論から言えば、外観(自分の好みとして)以外は、車としての素養は素晴らしいです。
ディーラーの敷地から数百m走っただけで所有しているN-WGNカスタム・ターボやN-BOXカスタム・ターボよりも乗り心地の良さや多分CVTのセッティングが違うのだと思いますが、走りが滑らかだと実感しました。
我が家には、2013年に購入したN-oneプレミアム・ターボも有るので乗り換えちゃおうかと思ってしまいました。
とは言え新旧2台のN-WGNが並ぶ姿を想像するとやはりこのクオリティでN-oneがモデルチェンジしれくれないかと切に願った試乗となりました。


以下は、項目別評価になります。


【エクステリア】・・・3点
正直、外観だけは好きになれません。
初代とイメージを大幅に変えた英断は賞賛できますが、基本、メッキ系が強調されたフロントマスクは好みではないです。
ショールームに展示されていたスタンダードのタイプの方が許容範囲です。
しかし、ご存知の方も多いと思いますがN-シリーズは、カスタム系とスタンダード系では見た目の違いよりもカスタム系の方が静粛性にこだわっているので静粛性は、カスタムに軍配が上がります。

 三車三様、特徴や存在感が有って好きです。


【インテリア】・・・4点
初代N-WGNのインテリアをベースにしているのが判ります。
たぶんインテリア的に開発費を抑えるのと部品としてのコストダウンを狙ったものと感じました。
それに現行のN-BOXのパーツが随所に組み合わされている感じです。
自分的には、違和感はないのですがメーター周りが現行のN-BOXのような形になるのかなと思っていただけに前モデルのイメージを踏襲していることに驚きました。


【エンジン性能】・・・5点
基本的なエンジンスペックは、N-シリーズとしては大差ないですが、試乗で高速も走りましたがターボである限りもはや走りは、コンパクト・リッターカーと変わりない出来栄えです。


【走行性能】・・・5点
冒頭でも書いたとおり我が家のN-WGNカスタム・ターボやN-BOXカスタム・ターボよりも進化しているのが判りました。
静粛性も充分配慮されていて進化しているのが実感できました。
走行性能とは、違うかもしれませんが試乗で一番期待していたHONDAセンシングもN-BOXカスタム・ターボより数段進化の具合も確認できました。
前の車が信号などで停止したらしっかり停まってくれました。
また高速道路でのレーン・キープ機能もN-BOXよりも動作の手応えを感じました。


【乗り心地】・・・5点
昨年購入したN-BOXカスタムよりも断然乗り心地が良かったです。
担当の方の話だと足回りはN-BOX以上にこだわって開発されているそうです。


【燃費】・・・無評価
実燃費は、試乗のため不明ですが、約40kmの試乗(7割・高速)で平均燃費計の数値がグングン向上していたのでそれなりに期待できます。


【価格】・・・5点
N-BOXカスタム・ターボとグレード的に比較したときこれだけ進化を体感できて約30万円プライスが安いなんて驚きでしかありません。

昔の軽四から比べたら随分と高くなりました。
作りの良さや機能の向上を考えれば納得できる価格です。
これだけのクオリティの軽四が作れるならもっと登録車にもコストをかけてフィットクラスでプレミアムカーを作ってくれないかと思ってしまいます。


【総評】(満足度)・・・5点
今、軽四を購入するなら間違いなく外観の好みの違いには目を瞑ってN-WGNカスタムを購入すると思った試乗だったので満足度として5点です。

比較製品
ホンダ > N-WGN カスタム 2013年モデル
ホンダ > N-BOX カスタム 2017年モデル
ホンダ > N-ONE 2012年モデル
レビュー対象車
試乗

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

akaboさん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:100人
  • ファン数:2人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4

【エクステリア】カスタムじゃない安い方に目が向いていましたが,2台並んでいるのを見ると,テールランプとルーフスポイラーで,カスタムの方が見た目優位。

【インテリア】カスタムは天井裏打ちも黒。

【エンジン性能】住宅地の路地が試乗コースに入っており,全く試せなかった。音は気にならなかった。

【走行性能】路地が試乗コースに入っており,不明

【乗り心地】最初にカスタムではないノンターボに試乗。足回りが柔らかく感じたので,同乗の営業マンにたずねたら,N-BOX以来,足は柔らか目になっており,ターボはタイヤ径が違うので,その分固くなっていると。

【燃費】不明。オンボードの表示で18km程?

【価格】カスタムだと高いですが,値段には理由があると納得して買いましょう。

【総評】軽箱バンとスバルアウトバックの2台持ちですが,アウトバックを維持するのが勿体ないと思うようになり,買い替えるなら何になるか色々と思案しています。N-BOXより全高が低く,ヒンジドアのこの車に注目しました。
積載性の面でN-WGNをチェックしました。
長尺物を載せる時は,助手席背もたれを後方に倒し,後席座面と同じ高さにします。なお,助手席背もたれは前方にはあまり倒れないようです。
後席は,分割で前後させることは出来ないようで,一体で前後させます。後席を折りたたんだ時は,厚みがかなり出ますので,高さを一致させたいときは,前述のように前席背もたれを倒した使用になるでしょう。
荷物重視ならN-VAN,N-BOXがあるので,このような仕立てなのでしょう。

総合評価として,車の出来上がりは意外と良く,道具として割り切るなら素のノーマル,見た目を重視ならカスタムだと思いました。

レビュー対象車
試乗

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Elijah Smithさん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:574人
  • ファン数:2人
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4

【エクステリア】
前モデルのヘッドライトが流れる様な形状であったことに対して、「新型N-WGN Custom」は四角目に変更されています。また、「N-BOX」同様に流れるウィンカーが採用されています。
最も印象的だったのは、ドアを閉めた音が他の軽自動車と比較してかなり上質であったことです。ちょっと重めな音で、感覚的には1クラス上のBセグメントかCセグメントクラスなイメージです。


【インテリア】
前モデルの「N-WGN」を比較すると、インパネやドアまわりに「チタン調偏光塗装」が施され、シートの一部に合成皮革のような素材プライムスムースが使用されるなど質感が高くなっています。
「N-BOX」と比較すると、スピーカー数など一部で質感が劣ります。
何より、広さや機能性(助手席スーパースライド、後席チップアップ機構、左右別の後席スライドなど)で大きく劣ります。
最も印象的だったのは、後席リクライニングの角度が水平に近いくらい倒せるようになっていたことです。実際そこまで倒すことはないかもしれませんが、他の軽自動車と比較して大きくリクライニングできるようになっています。


【エンジン性能】
試乗して最も感じたことは、他メーカーの軽自動車よりも加速性能が優秀なことです。
具体的には、強く踏み込んで加速しても3,000回転以下で走行でき、通常時なら2,000回転を切るレベルで走行できます。その結果、エンジン音が静かで、静粛性が高くなっています。直近で試乗した、ダイハツ「タント」や日産「デイズ」よりもパワフルだと感じました。
エンジンそのものは「N-BOX」と同じですが、空力性能や車両重量の差から「N-WGN」の方が軽やかに走ります。


【走行性能】
「N-BOX」と比較すると、「電子制御パーキングブレーキ」・「オートブレーキホールド機能」・ブレーキを踏んだ力に合わせて自動でダウンシフトしエンジンブレーキを効かせる「ステップダウンシフト制御」が採用されている点で先進的です。「N-BOX」同様「アジャイルハンドリングアシスト」も採用されていますので、"運転が上手くなる"機能が満載です。
そのため、揺れは他の軽自動車と比べて少なめです。
また、「オートブレーキホールド機能」がオンになっている場合は、減速時でのアイドリングストップがないことも個人的には好印象でした。止まりそうで止まらなかった場合の不快なアイドリングストップがありません。


【乗り心地】
段差による突き上げも昔に比べればかなり抑えられており、乗り心地は1クラス上のBセグメントレベルだと感じました。後部座席の座り心地も家族に好印象でした。
エンジン性能や走行性能が高いこともあり、乗り心地や走りは軽自動車で1番ではないかと感じました。


【燃費】
実燃費は、おそらくノンターボで19.0km/L前後、ターボで18.0km/L前後になるものかと思われます。「ワゴンR」や「ムーヴ」より若干悪く、「デイズ」と同程度でしょう。「N-BOX」などの軽スーパーハイトワゴンより3.0km/L程度優秀です。
※実燃費は季節や使用環境により異なると思います。


【価格】
ディーラーで聞いたところ、売れ筋グレードは「Lターボ・Honda SENSING」とのことでした。価格は200万円程度で、ライバル車と同程度です。


【総評】
「新型N-WGN」は、「デイズ」に匹敵する先進安全装備の搭載、そして何より軽自動車で1番だと感じた加速性能や走行性能が最大の魅力であると個人的には思います。
車内の広さや機能性では「N-BOX」などの軽スーパーハイトワゴンには勝てないため、軽スーパーハイトワゴンより20〜30万円程度安い価格と優秀な燃費性能、そして"走り"に重きを置く方には非常におすすめであると感じます

安全装備は、自転車や夜間の歩行者検知機能が追加された「衝突軽減ブレーキ」、「渋滞追従機能付アダプティブ・クルーズ・コントロール」、サイドエアバッグ・サイドカーテンエアバッグシステムの全車標準装備など、かなり先進的で、「N-BOX」よりも優秀です。
「デイズ」と比較すると、後退時の自動ブレーキや自動防眩ルームミラー、全車速域で作動する車線維持支援システム(プロパイロット)、SOSコールがない点で劣りますが、自転車や夜間の歩行者検知機能が追加された自動ブレーキがある点では優秀です。

※安全装備、その他項目の比較は、以下のサイトを参考にしました。
https://bluesky-sheep.com/nwgn-nbox-2019
https://bluesky-sheep.com/new-nwgn-dayz-2019
https://bluesky-sheep.com/new-nwgn-move-2019
https://bluesky-sheep.com/new-nwgn-wagonr-2019

比較製品
ホンダ > N-BOX カスタム
日産 > デイズ
レビュー対象車
試乗

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

えくすかりぱさん

  • レビュー投稿数:66件
  • 累計支持数:1010人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格2

インテリア

基本的にNboxと同様ですが、メーターデザインと
助手席前の蓋無し小物入れのデザインが変更されていますが
基本的な印象では変わりません。

USBの差し込み口前の幅が上下に広がっているので
Nboxの様に、指二本でプルプルしながら挿す事がありません。

エクステリア

旧型と違いキャラクターラインが大幅に省かれ、シンプルなボディー形状になっています。カスタムに関しては
ヘッドライトの形状が真四角になり、大人しくなったスタイルは、ガッカリする人もいると思います。

荷室に仕切り板が付き、上下に分けて積み込みが可能に
なったので重い物と軽い物の積み分けが出来、荷物を潰し難い積み込みが可能です。

走行性能

重量が軽い事もあり、Nboxよりも軽快に走れます。
NAでも、近場の買い物が基本であれば、全く問題ありません

足回りも、最適化されているのでNboxの様に、段差の
ショック吸収で揺れを感じる場面は少なくなっています。

安全性、快適装備

ホンダセンシングが、標準装備となり目玉のオートパーキングブレーキとACCの0キロ迄の対応等、Nboxオーナーには
羨ましい装備が幾つかあります。

1番下位グレードのノーマルGでは、ホンダセンシングが
オプションとなっているのが残念です。

ホンダセンシングの付いているグレードには、オートパーキングブレーキが標準となっているのが、感激物です。

新型デイズやタントでは、最上級グレードのみオプション
という昔のセット売りの様なユーザーが予算に応じてセンシング装備を選べないのが残念に思います。せめてオプションでも、全てのグレードで選べれば、もっと色んな層を呼び込めると思います。

ホンダの利点として、殆んどの車種、グレードでセンシング装備が標準なのが強みですね。他メーカーでも同様の装備にすると結局、同じ様な値段になったりかえって高くなる事もあります。

レビュー対象車
試乗

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

W2032005さん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:99人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
10件
デジタル一眼カメラ
0件
6件
ドライブレコーダー
2件
2件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地3
燃費2
価格2
   

   

2年前に、買い物用のセカンドカーとしての購入しました。
メインのクルマは先進安全装備満載の独車なので、軽でもなるべく安全な車と言う事でカーテンエアバッグ&サイドエアバッグ装備のN-WGNとなりました。

動力性能も不足の無いようにターボ付き、かつ、見た目もちょっと変わった白/黒ツートーンに白ナンバー装着で、他車とは印象がかなり違って見えます。

しかしながら、軽とは言え、総額200万円超え(ナビやメンテナンスパック等も込み)にはちょっとやり過ぎ感ありでした。

<エクステリア>
好き嫌いが分かれそうなちょっと厳ついフロントデザイン。
モール類がスモークシルバーになっているので、濃色のボディーカラーだと、全体が暗く見えてしまいますが白だと丁度良い感じです。

<インテリア>
小型車並み或いは超えたデザインと質感です。
高級感とまではいきませんが、昔の軽のようなチープ感はありません。

<エンジン性能>
ターボが低回転から効いているのか、パワー・トルクとも必要十分。
小型車と比べても遜色なし。

<走行性能>
ハンドルは他車に比べて重めですが、女性でも問題ありません。
メインがFRのためか、FF特有のトルクステアが気になります。
制動力は普通に走る分には必要十分、もう少し効きが良くコントローラブルなら更に良い。

<乗り心地>
車体が軽いのとホイールベースが短いせいでピッチングしますし路面の凹凸も良く拾います。
ただ、最近は走行4000kmを超えて足回りが馴染んできた感があり、多少ソフトになりました。
普通車のようにはいきませんが、軽自動車としては及第点でしょう。

<燃費>
郊外街乗りで、15km/l程度です。

<価格>
約16万円の値引きでした

<満足度>
街乗り買い物用として満足度は高いです。

動力性能や内外装含めて普通小型車との差はボディーサイズのみといったところでしょうか。
軽自動車はドアが薄いので、カーテン&サイドエアバッグは大きな安心感につながります。

走りだしのアクセル開度とエンジンの吹け上がりがリニアでなく、思った以上に急加速してしまいます。
これは日本車全体に言えることで、各メーカーさんに考え直していただきたいところです。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年8月
購入地域
神奈川県

新車価格
157万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
0円

N-WGN カスタムの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった14人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

川崎のケーズさん

  • レビュー投稿数:54件
  • 累計支持数:1229人
  • ファン数:2人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格5

発売日が遅れていたが、今日ディーラーに行ったらカスタムターボの試乗車があったので乗ってみました。
またライバルとなるだろうデイズハイウェイスターターボやスティングレーターボとも比較しています。

【エクステリア】
他のカスタム系とは違いイカつさがあまりなくファニーな雰囲気を漂わせている。

ボディサイドにキャラクターラインがないのでどうかなって思っていたが、近くで見ると逆ににそれがボディの張りとなり迫力となっている。
時計のベルトを意識したというメッキグリルも高級感があり、トヨタのJPNタクシーが彷彿され好感が持てる。

シボレー風のイカついフロントマスクのスティングレーやデイズのVモーショングリルとは好みが大きく別れるだろう。

【インテリア】
カスタムの内装はブラック系で統一されて質感はかなり高い。
天井の内張りもブラックで渋さを感じた。

ナビの設置場所を含めたダッシュボードあたりはNボックスと。真下から針があがる3連メーターはNバンと共通だが、メーターはパープルの色が施されておりスポーティーさに拍車がかがっている。

ちょっとした物入れやポケットにも工夫がなされている。
運転席のドリンクホルダー横にくぼみがあり、キーやUSBが置けるようになっておりこれも重宝できるだろう。

室内も全然狭くはないのだが、低く抑えられたダッシュボードと窓までが遠いスティングレーの解放感にはかなわない。
ちなみに室内幅で5mm、室内長にいたっては35cm強スティングレーが広い。

【エンジン性能】
ターボだけありとにかくスムーズによく走る。少し踏み込んでみたがレスポンスもいい。
エンジン音もスティングレー同様かなり静かだ。

デイズも静かだが、出だしや踏み込んだ時にエンジン音はわりと聞こえてきたが不快さはなかったので、デイズの方にスポーティーさを感じる人もいるだろう。

【乗り心地】
固さは一切なくフワフワ感もないので、乗り心地はかなりよく感じる。
またロードノイズもよく抑えられていた。
ちなみに試乗車のタイヤはブリヂストンのエコピアだった。

デイズは路面の凹凸がいい意味で伝わってくるので、ここも好き嫌いが別れるところ。

【安全運転支援】
最新のホンダセンシング搭載ということもあり、前車を追従する自動運転はノロノロ運転なんかの時にかなり楽になるだろう。
ただ新型タントのように車庫入れや縦列駐車を自動でやっくれる機能はない。

【ナビゲーション】
Nボックス同様8インチまで設置可能だが、
スマホで地図や音楽を利用する人がかなり増えてるので、オプションでいいのでディスプレイオーディオを選べるようにして欲しい。

市販のディスプレイオーディオだと純正8インチナビより15万ぐらい安くなるので、その分で他のオプション品を付けれることができる。

【その他の装備】
オートハイビーム。オートブレーキホールド。電子制御パーキングブレーキ。
軽自動車初?のシャークアンテナ。
2段ラックモードのリヤラゲッジ。

ワンタッチウインカー(1度の操作でウインカーが3回点滅。車線変更時なんかに意外と便利です)
シーケンシャルウィンカーは横幅が小さいが、その分可愛く流れる。

【燃費】
ハイブリッドではないので仕方ないが、ここが一番違ったところ。
平坦な街中約4kmの試乗コースをエアコンオンで2人乗車(3台とも同じ試乗コース)

Nワゴン 12.2km/L
スティングレー 16.7km/L
デイズ 17.2km/L
ちなみにNワゴンの街中カタログ燃費は17.8なので達成率は69%となる。

【価格】
これだけの走りと装備で車体価格166万とコスパはかなり高い。
ただデイズはプラスハイブリッドの装備にもかかわらず2万円ほど安いのでお買い得感はデイズの方が高い。

【総評】
独特のエクステリアデザイン。イカついカスタム系にうんざりしてる人にかなりうけるだろう。
さらに丸目でファニーなノーマルのターボも装備的にはほとんど変わらないのでそちらも売れるのは間近いないだろう。

ただ燃費で他の2車と大きく差がついたので、ハイブリッドにしなかったのが残念だ。

【備考】
同乗したセールスマンいわく、これからの注文だと消費税アップ前の納車の可能性は厳しいと言ってました。

レビュー対象車
試乗

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

HISASHI-880さん

  • レビュー投稿数:521件
  • 累計支持数:6330人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

映画(DVD・ブルーレイ)
97件
0件
自動車(本体)
23件
13件
外付け ハードディスク
23件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格4

Nシリーズ ターボ車でコンプリート♪

燃費向上と見た目UPで最軽量ホイール「レイズ・CE28」に履き替えています。

2年9ヶ月強で3万3千km走行。リコール(笑)以外トラブルなし。

エコランに挑戦。自己最長不倒満タンで600km台を達成。実燃費20.2km/L。

OBDUの表示(消費燃料・平均燃費)は、実燃費より悪くなるよう補正しています。

参考:N-BOX自己最高記録 実燃費は、21.5km/Lでした。

 2016年7月に13年乗ったダイハツ・ムーブ・カスタム(レーダークルーズ・コントロール付)から乗り換えました。
 軽四は、10年以上又は10万km以上を基準として乗換え(乗り潰し)ています。
 昨年春に購入したN-BOXカスタム、6年前に購入した、N-oneプレミアムでNシリーズをターボエンジン車にて画像のとおりコンプリート(すべて同一ディーラーで購入)しております。
 先日N-BOXの1年点検でN-WGNが7月末頃にモデルチェンジしてN-BOXより進化したホンダ・センシング「渋滞追従機能」(実質レベル2)を搭載すると聞きました。
 N-BOXのホンダセンシング自体素晴らしいと実感していましたが、渋滞追従機能が備われば凄いことだと思います。
 我が家の乗換え基準では、N-oneプレミアム(1人息子が乗ってます)が現在9万kmに達したばかりなので、まだ乗換えは先です。
 我が家では、家長(笑)たる自分が新車でしばらく乗ってから嫁さんが乗り、嫁さんが仕事でも使うため4年〜5年で8万km以上の走行距離になった頃に車に興味のない年間走行距離も数千kmしか走らない1人息子の車として終末を迎えるサイクルとなっています。
 自動運転技術の初歩である「レーダークルーズコントロール」が欲しくてダイハツ・ムーブを買った車歴もありますが、我が家では、ホンダの軽四所有が多いです。
 ライフ(NA)→ライフ・ダンク(ターボ)→ゼスト(NA)と乗り継ぎNシリーズコンプリートとなりました。
 ホンダセンシングが欲しくてN-BOXを乗換え基準に達したゼスト(NA)の代替えとして購入しました。

 以下は、3年近く乗ったN-WGNをN-oneやN-BOXと比較してレビューを書かせていただきます。
 3台を【 = 同等 > < 】の記号を使って比較評価します。
 N-oneは、自分が5ヶ月程度(約6千km)、嫁さん(約8万km)が乗った後、昨年春から息子が乗っています。
 N-WGNは、1年9ヶ月(約1万4千km)自分のセカンドカーとして使用してから嫁さんが乗ってレビュー投稿現在の走行距離は3万3千kmです。(画像)


【エクステリア】・・・5点
 N-one = N-WGN = N-BOX

 三車三様、特徴や存在感が有って好きです。


【インテリア】・・・4点
 N-one = N-WGN < N-BOX

 メーター周りがN-oneと一緒なのが減点です。(初代N-BOXも一緒でしたね。)
 次期N-WGNが現行のN-BOXと同じにならないことを期待しています。
 外観も各々違うのだからインテリアも各車個性を図って欲しいです。


【エンジン性能】・・・5点
 N-one(A型) = N-WGN(A型) > N-BOX(B型)

 N-BOXの車重のせいだけでなくエンジン型式の末尾もN-BOXは、B型となったせいで若干低速トルク不足です。
 N-WGNもN-oneどちらも低速域からトルクがありキビキビ走ります。


【走行性能】・・・4点
 N-one = N-WGN < N-BOX

 カーブや横風など意外なことにスーパーハイトワゴンのN-BOXの方が剛性感を感じます。
 N-BOXがプラットフォーム(車体)から刷新された恩恵を感じます。
 ボディの剛性感は、あきらかにN-BOXに軍配が挙がります。
 ハイトワゴンである次期N-WGNは、同じプラットフォームを供用すると考えられるので期待できます。


【乗り心地】・・・4点
 N-one = N-WGN < N-BOX

 走行性能と同じくプラットフォーム(剛性感)の差によって静粛性を含む乗り心地は、N-BOXの方が良いです。
 次期N-WGNも期待できるかと思います。
 N-oneに初めて乗った時も昔のライフや当時所有していたゼストと比べてNシリーズの軽四と思えないボディ剛性に感動しました。
 近年の軽四は、衝突安全性も厳しくなっており全長全幅の制限は有りますが小型車と同等と言っても過言は無いです。


【燃費】・・・5点
 N-one(16km/L) < N-WGN(18km/L) < N-BOX(20km/L)

 カッコ内は、概ねの平均実燃費です。
 昔から燃費性能は、購入後も注視していました。
 ホンダに限らずメーカーの車載燃費計は、実燃費と表示が1〜2km/L程度毎回誤差があります。
 N-oneは、アイドリングストップが無いため実燃費が悪いです。
 同じエンジン型式でもアイドリングストップの有るN-WGNは、燃費良好です。
 低速トルク不足を感じるN-BOXですが、エンジン型式が違うことにより燃費に振った特性だと考えられます。

 自分が通勤に使用していた頃に省エネ運転を心がけた春秋限定エアコン不使用で上記の平均実燃費より画像のとおりプラス1.5〜2km/L燃費が伸びた実績が有ります。

 ちなみにライフダンクダーボは、3速ATで10km/Lも走りませんでした。
 ゼストが4速ATのNAエンジンでしたが13km/L程度の実用燃費でした。
 省燃費性能もNシリーズは、CVTによって格段に伸びてます。


【価格】・・・4点
 N-one(180万円) < N-WGN(200万円) < N-BOX(210万円)

 昔の軽四から比べたら随分と高くなりました。
 作りの良さや機能の向上を考えれば納得できる価格です。
 上記金額は、値引き後の諸経費やディラーオプション、ボディ・コーティング等の購入金額(概算)です。
 N-BOXの方が高額ですが、ホンダ・センシングを含め各項目の出来の良さに満足している結果です。
 次期N-WGNも納得の出来る価格になると期待しています。


【総評】(満足度)・・・5点
 N-one < N-WGN < N-BOX

 軽四は、サイズと維持費が魅力であり車体剛性や静粛性なども大幅に向上しています。
 日頃の足として重点を置けば、国産車は軽四で充分です。
 単純に比較すればN-BOXの満足度が一番です。
 次期型の期待度を含め我が家で一番距離を走る嫁さんがN-oneよりN-WGNの燃費が良いことを喜んでいるので5点としました。
 いずれN-BOXが嫁さんの車になる予定ですが、N-WGNより燃費が良い事は嫁さんには秘密です。(笑)

比較製品
ホンダ > N-BOX カスタム 2017年モデル
乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
仕事用
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年7月
購入地域
富山県

新車価格
151万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
15万円

N-WGN カスタムの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった37

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ayaka1102さん

  • レビュー投稿数:87件
  • 累計支持数:166人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

AVケーブル
8件
0件
USBケーブル
4件
0件
スピーカー
4件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格4

【エクステリア】良いです。

【インテリア】良いです。

【エンジン性能】軽にしては良い方です。

【走行性能】軽にしては良い方です。

【乗り心地】普通です。

【燃費】普通です。

【価格】普通です。

【総評】現行モデルが末期モデルであることから、ディーラーからデモカー(試乗車)を値引きして購入しました。走行距離が少ないためほぼ新車並の状態でフル装備です。スタイル・走行性能・燃費も平均点以上の出来栄えですが、特に内装が良く気に入ってます。軽は耐久性に難がある(特に錆びやすい)ので、こまめにメンテしながら乗りたいと思います。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
エコ
レビュー対象車
中古車

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

この製品の価格帯を見る

N-WGN カスタム
ホンダ

N-WGN カスタム

新車価格帯:154〜182万円

中古車価格帯:29〜174万円

N-WGN カスタムをお気に入り製品に追加する <288

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意