日産 デイズレビュー・評価

> > > > レビュー・評価
このページの先頭へ

デイズ のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
デイズ 2019年モデル 4.19 自動車のランキング 95 42人 デイズ 2019年モデルのレビューを書く
デイズ 2013年モデル 3.28 自動車のランキング 165 127人 デイズ 2013年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 0人 -

デイズ 2019年モデルの評価

評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.17 4.34 96位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.41 3.93 20位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.19 4.13 59位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.38 4.21 50位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 3.95 4.05 89位
燃費 燃費の満足度 4.13 3.89 55位
価格 総合的な価格の妥当性 3.76 3.88 74位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:26件
  • 累計支持数:55人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
7件
0件
マザーボード
6件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
4件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格4

【エクステリア】
 1.カスタム系にありがちなオラオラ感が抑えられた流麗なデザインで存在感もある。
 2.色によって見た目がずいぶん異なる。実車で全部の色を見て、アッシュブラウン+バニラホワイトのツートンカラーにした。小さく見えるがエレガントで、何より年齢にあっている。
 3.折角の三角窓がサイドミラーで半分ほど隠れてしまっているのは惜しい。

【インテリア】
1.オプションのブラウンを選択した。質感よく車色との一体感があり、かつ、落ち着き感のある配色である。価格もリーゾナブルである。
2.収納スペースが豊富であり、使い勝手が良い。車検証が助手席ドアに格納できるのはとてもいい。
3.メーター周りの視認性がとても良い。
4.運転席アームレスト(中央及びドア)の位置がいい。
5.革巻きハンドルが握りやすくべとつかず手に吸い付くような感触でとてもよい。ハンドル周りの各種操作ボタンは、少し小さく感じるが操作性は良い。
6.ナビの操作性が良い。特に9インチのナビはとても見やすく、ドラレコ、ETC2、日産コネクトとの連携ができて重宝
7.エアコンはタッチセンサー式、感度良好であり、エアコン機能はもとより操作性もよい。

【エンジン性能】
1.静かでトルクフル。都内では、ほんの少しアクセルを踏む程度、発進加速時以外2000rpm回せば足りる。
2.よく回る。アクセル開度を意識しないで運転すると、すぐ4000rpmを超えてしまう。エコを意識して運転すれば、ターボでも好燃費。
3.S-ハイブリッド、ターボ、その他を限られたスペースによく収めてある。
4.不快と感ずることはないが、細かい部分のスムーズさを追求していけば、さらに良いと感じる。

【走行性能】
1.走る、止まる、曲がるともにとてもよい。
2.100Km/hでの巡航快適。プロパイロットは大変優れもの。新東名120Km/h区間での走行も安定、ただしAACの設定が、上限115Km/hまでなので、アクセル操作が必要。115Km/h上限にセットしておれば、アクセル、ブレーキ操作はほとんど不要で、110Km/h以下で巡航している車に追従していると実に快適。
3.日光いろは坂、箱根などのワインディングロードで、シャーシの剛性感ハンドリングの良さに安心感がありとても良い。
4.アイドリングストップ、オートブレーキホールドは、ゴーストップの多い都内走行時とてもいい。

【乗り心地】
1.15インチタイヤであり、乗り心地はやや硬め。突き上げ感はほとんどない。よほどあれた補装でない限りは静粛性もよく快適。
2.運転席は快適。エンジン性能、プロパイロットのお陰もあって、東京〜名古屋ノンストップでも疲れない。2時間くらい運転していると「そろそろ休憩してはいかが?」とナビからリコメンドがあって、じゃ一休みしようかと思うくらい。
3.車幅はやや狭いが、室内は広い。後席は前車(メルセデスW169 A200)より広々。座面が少し低く、大人が乗車すると足を前に伸ばして投げ出す感じ。小学生くらいの子供には丁度良いかも。
4.オーディオ、ナビ(日産コネクト)、SOSは優れもの。また、時世、ドラレコは必須。
5.テレスコピックハンドルであれば、さらに良い。
6.ソナー、ラウンドビユーなどのアシスト機能は、車庫入れの際大変重宝している。狭い車庫でも「ガリ」を恐れることなく安心できる。

【燃費】
 納車1か月で約1600Km走行、一般道、高速、峠道を平均した燃費は、19.6Km/l、高速ベストは25.6Km/l。前車は、平均燃費11.6Km/l、高速ベスト16.1Km/l。税金を含めたランニングコストは家計にやさしくなった。

【価格】
 諸経費込み総額215万円で購入。うち50万円程が先進装備代。高いと思うかもしれないが、得られる安全、安心、快適性、エコを考えると高い買い物ではないと思う。

【総評】
 購入にあたって、H・S・D・M各社のライバル車を比較・試乗してDayzに決めました。日産が腰を据えて作った軽自動車だけあって、ライバル各社が挙って競うに値する高いレベルに仕上がっている。率直に購入してよかったと思う。これからもユーザー所見などを取り入れ、さらにリファインされたDayzを目指して欲しい。
 決めるにあたっては、日産プリンス東京販売(鮫洲)の皆さんの対応にとても好感が持てたというのもあった。購入後のメンテナンスをも考えると、親切・丁寧な対応は、安心につながる。
 日産は現下厳しい状況にあるが、現場スタッフは頑張っているなと実感します。本社役員の皆様も、技術の日産、世界の日産、顧客・地域に愛され信頼される会社運営を目指されることを願っています。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年9月
購入地域
東京都

新車価格
167万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

デイズの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぴ〜☆さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格5
   

   

※けっこう見て参考にしてくださっている方がいらっしゃるようなので、一部加筆、修正しました。
また、四駆ですので、後ほど、雪国の方が気になっているであろう、冬季間のレビューもしたいと思います。※

普段は先代フリードに乗っていますが、
妻と共用の為、いわゆるセカンドカーは
2代目キューブでしたがボロボロになった為、
買い替えました。
こちらは60代の母と共用してます。
尚、前車は初代エクストレイルでした。

【エクステリア】
新型N-WGNと迷っていましたが、先代がかっこよかったN-WGNは出てみると(私的には)ガッカリな外観。デイズに決めました。
ノーマル車は可もなく不可もなくですが、
ハイウェイスターはとてもかっこいいです。
オーテックのナンバープレートリムと
ニスモのドアハンドルプロテクターを付けました。
茶色には似合うと思います。
母の希望で色をアッシュブラウン&フローズンバニラパール(64,800円高)にしましたが、
高すぎると思います。しかしとても良い色で(特にバニラ)家族で気に入っています。
白のオリンピックナンバーにしたので、
パッと見や、詳しくない人が見たら、
リッターカーと見間違えそうです。

【インテリア】
こちらも母の希望でプレミアムコンビネーションインテリア(3万2400円)にしましたが、
内外装の色だけで10万いってしまうのはちょっと考えてしまいました…しかし内装も茶色系になり、とても落ち着きがありいい色だと思います。
インパネなども質感がとても高く、
エンジン性能も相まって軽自動車に乗っていることを忘れそうになってしまいます。
…本当に忘れたらダメですが(^_^;

【エンジン性能】
【走行性能】
購入したのはターボの四駆プロパイです。
最初にターボの4WD、次にNA(ボレロ)を試乗しました。NAのS-HYBRIDにも試乗したかったのですが、ターボに決めたので結果的には乗れていません。
けっこう勾配のある坂を登りましたが、
ターボは60km/hで3500回転前後で力強く登っていきました。NAの方は少しパワー不足を感じましたが、
スポーツモードのボタンを押すとまずまずの力で登っていきました。NAでも実用上は問題ないかと思われます。ターボの方ですが、いわゆるターボラグのような感じは少しありますね。
しかしCVTが嫌いな私でも、
いわゆるゴムバンドフィール的な感覚はほとんどありません。
また、バックするときに軽くアクセルをちょこんと踏まないとクリープしませんが仕様でしょうか?
高齢者にはこれでいいのか逆に悪いのか…
そして、軽自動車にしてはとても静かです。
エアコン切ったときに驚きました。

【乗り心地】
身長170cm、座高低め、手足長めの私には余裕がある運転席です。頭上も握り拳が二つ半程入ります。
前車がキューブでソファのような乗り心地だった為、較べるとやはり軽自動車の域は出ません。
ターボ系は15インチになってしまう為、
14インチよりも突き上げがある気がします。
しかしシートがしっかりしている為、
前席はとても快適です。
もう散々言われていることですが、チャイルドシート取付を前提としているため座面が低く、乗り心地も前席に比べると悪いです。
シートが分割してスライドできないことを悪く言うレビューが多いですが、人によっては分割しない方がいい場合もあります。私は後者です。
後ろの席はとても広くて足が組めます。
後席を一番前にしてもそれなりの広さがあります。
その状態だとラゲッジもかなり広くなり普段の買い物程度には充分です。座面を倒さないで、14インチのスタッドレスタイヤが二本ずつ並べて横向きに積めました。四駆ですし、縦向きは無理でしたが(N-WGNは可能っぽい)

【燃費】
あくまでも参考値です。
燃費計をリセットして30kmぐらいを走りました。
下り多めでしたが、アップダウンのある坂で、前半は信号の少ない田舎道、後半はそれなりに交通量・信号のある市街地で、エアコンオフ、エコペダルガイドに従って運転。26.2km/hと、
「燃費計には出ました」(^_^;

【価格】
高齢者が乗る事を考えて9インチのナビにしましたが、ETC・ドラレコ・USBのセット割引で27万円…一気に高くなりますね。
本体値引き5万円、オプション値引き1.6万円ぐらいで総額245万円でした。フリードは新車で265万円で買いました。初代エクストレイルもそのぐらいだったような気が。今の軽自動車は高すぎるでしょう。
ただ、このオプションの中には1回の車検を含めた
点検パック8万円ぐらいが入っています。
日産は昔からディーラーオプションが高いので、
車単体の価格としては、これだけの機能が付いて180万強はバーゲンプライスかもしれないということで価格★五つにしてあります。

【総評】
不満点もいくつかありますが、安全装備がほぼフル装備、内装の質感もとても高く、走りも悪くない、乗り心地もまあまあ。後席の広さも抜群、見た目もかっこいい。日産が社運を賭けて出しただけの事はありますね。ファーストカーに十二分になる実力を備えていると思います。新車だと言うことを差し引いても乗っていてとても楽しいです。子どももすごく気に入ったと言ってくれたので、親子三代で楽しんでいます。日産にはまたこういう車造りをしていってほしいですね。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
ファミリー
快適性
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年8月
購入地域
福島県

新車価格
181万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
0円

デイズの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった31人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ek デブリンXさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:66人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格無評価
   

   

車好きで面白い事を言うDJがDAYSを自費で買い絶賛しています。いろいろな車に乗ってきた人なら総合的にみてその良さがわかる車。
ただピス○○さんのキャラならek Xの顔を選ぶと思っていましたが…
まさかSOSコールが欲しかった?煽り警戒?
一番の理由は取り廻しの良さでしょうか。聞いてみたいところです。

レビュー対象車
試乗

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

天座澪一さん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:115人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
5件
0件
スマートフォン
4件
0件
ノートパソコン
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能2
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格5

新古3000kmで購入後、20000kmまで乗ったところで再レビュー。
13年目で車検間近だった初代ekスポーツレカロエディション(以下H81W)からの乗り換えです。
17年1月マイナーのハイウェイスターGターボ。

【エクステリア】デイズは新型が発売していますが、あちらはVモーショングリルのセレナ顔でイマイチ。
旧デイズハイウェイスターのがメッキグリルで押し出しが強く、とても気に入っているので新型が出ても全然羨ましくありませんw
H81Wは持続性の高いデザインで今も古びてないと思っていますが、デイズハイウェイスターも陳腐化はかなり先だと思います。
しかし、サイドミラーがどうセッティングしても角度がしっくり来ないのが気になる。

【インテリア】 インテリアの質感は軽と思えないくらいよいです。
デイズの売りと言えるタッチパネル型エアコンは、スマホ中毒な私にはむしろ好印象w
反応が悪ければ話は別ですが、そういうわけではないですしむしろ大きく表示されて認識しやすい。
インパネがやや出っ張っていますが、一応ウォークスルー可能。
H81Wに比べて劣っているのは収納。
何これってくらい物が置けないし、買い物袋フックはどう考えたって使えない場所に!!
フロア中央の張り出しが大きく、左足を置く邪魔になるのでドラポジはしっくりきません。

【エンジン性能】 3B20エンジンはアイからの流用ですが、H81Wの3G83エンジンに比べると何これレベル。
アイドル時はブルブル震えているし回すとガーガー安っぽさ全開の田吾作エンジン。
アイドルストップがないと常時うるさくてかなわない。
3G83エンジンは名機で、音は大きいですがなかなかいい音してるし強烈なパワーがあり、加速が鋭かったです。
3B20はコンパクトなだけが取り柄の、褒めるところがないエンジン。
その上エンジンルームをぎっちぎちに詰めたせいで、整備性も最悪。
それでもNAに比べたら全く違うので、1.5リッター級に負けはしないのですが…(3G83が更に凄い)。

【走行性能】 燃費重視でハイギヤードになってるため、CVTの特性とも相まって出だしが鈍い。
走りではH81Wの足元にも及びません。
Dsシフトも回転数を上げて無理やり加速しているだけなので、根本的にダメなんだと思う。
CVTはジヤトコ製ですが、初期型でよく言われるギクシャク感はマイナー後なら殆ど感じないので、これは好印象。
何故か60km/h付近で謎のショックがあるのは気になりますが(わざと段付き制御をしている?)。
H81Wと比べて感心するのは直進性。
ボディ剛性が断然高いのと、センターがしっかりしているので下手すると親の乗っている現行インプよりも真っすぐ走る。
その一方でノーマル状態の足回りは乗り心地こそいいものの、ダンピングが効いてなくてぼよんぼよん跳ね、揺すられまくる上にロールが大きすぎてどアンダーです(◎_◎;)
あまりにも酷いので、インパルダウンサスを入れたらかなり改善され、ロールが抑えられて曲がる車になりました\(^o^)/
ノーマルデイズに不満のある人は、RS☆Rのハーフダウンでも入れた方がいいと思います。
純正タイヤのエコピアは燃費偏重時代の遺産と言った感じで、ターボパワーを受け止められる代物ではありません。
ブレーキの制動距離を阻害するタイヤはダメでしょう。
早く替えたいのですが、硬いのでなかなか減らない( ノД`)

【乗り心地】 キャビンの静粛性はとても高いです。
タイヤノイズやこもり音は仕方ないとしても、外界からの音はかなりシャットダウンされていて救急車の音などが聞こえにくいレベル。
但しエンジン、おめーはダメだ(爆)。
エンジン音がうるさすぎです。
シートは軽としてはハイレベルな作りではあるものの、滑りやすい生地なので私はシートカバー(ウレタンレザー素材)で滑り防止しています。
乗り心地は走行性能欄で書いた通り、ノーマルではふにゃふにゃなだけでかなりダメ。
ダウンサスがあれば化けます。

【燃費】 メーカー推奨エンジンオイルは0Wですが、ネクステージでの購入及びメンテのため、5Wのオイルを使用。
0Wのが燃費はよくなるものの、エンジンの保護を考えたら粘度のある5Wのがよいかと。
その状態でエアコンつけてリッター12〜15kmくらい。
私は飛ばすのでこの数値ですが(爆)、普通の人ならもう3kmは増えるはず。

【価格】 中古で諸費用込み150万。
他の車で同等なら170万はするところなので満足。

【総評】 その他細部レビュー。
荷室は容量をカスタム出来ますが、さして意味がない上にH81Wより小さい!
軽だからって後席を重視する人は稀ですし、ラゲッジのが重要でしょ。
バックモニターは精度の高いトヨタのものなどに比べると、ガイダンスラインの表示がイマイチ。
むしろアラウンドビューモニターのが上空視点で、自分の位置を把握しやすいかも。
H81Wのへっぽこスピーカーに比べると、デイズの6スピーカー+パナナビはだいぶ音がよくなりましたが、もうちょっと低音を頑張ってくれないかなと。

そんなわけで、13年前より豪華になった代わりに走りがダメになって、進化と退化で言ったら退化した部分が随分あるなあと思いましたが、人の求めるニーズの変化でもあるのでしょう。
真っすぐ走る分にはターボであれば悪い車ではないですね。

比較製品
三菱 > eKスポーツ 2002年モデル
乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
中古車

参考になった8人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nohagogoさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:28人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度2
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能1
走行性能2
乗り心地2
燃費3
価格2

【エクステリア】
○:軽にしてはメリハリの利いたデザインで、立体感があり好印象。高さの割にカタマリ感もあり、走りを予感させるスタイルです。
×:リアのフェンダーアーチとタイやの隙間が広すぎて、せっかくのスタイリングが台無しです。

【インテリア】
○:爽やかな色遣いの内装は居心地がよく、広さ感はかなりのものです。シートの座り心地もまずまず。
×:ステアリングポジションがおかしいので、チルトやシートリフターをどう調節しても腕が疲れます。またペダル類も角度が合わず、右足先を常に上に向けていないとならないので長距離では脛が痛くなり、辛いものがあります。ヒールを履いた足なら丁度いいのでしょうが、そもそもそんな状態で運転すること自体が間違っています。タッチパネルのエアコンも操作性が悪く、直感的とは言い難いものがあります。

【エンジン性能】
とにかく酷い。うるさいだけで前に進まず、振動もかなりの物。せっかく居心地がいいのに、走り始めた瞬間に毎回ゲンナリします。加速時のサウンドは数世代前の軽トラのよう。

【走行性能】
どう走ってもストレスがたまります。電スロがアホなのか、同じアクセル踏力でもその時によって気まぐれな加速をするので、常時ご機嫌をうかがいながらのアクセルワークを要求され非常に疲れます。また、燃費重視のセッティングからか、コンビニから大通りに出る時等の急加速、いったん減速してからの再加速などにスリーテンポぐらいの遅れを感じ、追突や自車後方の渋滞を常に気に掛ける必要があります。
ブレーキもタッチが悪く、踏みごたえがあまりになさすぎ、また遊びの部分を通り過ぎると急にカックンブレーキゾーンに突入するので、当て効かせが大変困難です。滑らかに減速しようと踏力を一定にしても、エンジンブレーキがこれまた気まぐれに介入してくるため、それを読みながらブレーキを踏んだり緩めたりと、足元を常に忙しくしていないと、同乗者からは運転下手だと思われかねません。

【乗り心地】
○:かなり軟らかめの足という印象で、直線に限ればふわふわとしており快適です。マンホールや道路の継ぎ目などは割とスムーズに乗り越えていきます。
×:コーナリング時のロールが大きすぎ、踏ん張りが全く効きません。ワインディングではひたすらグラングランと揺すられるため、駆け抜ける喜びなどは微塵も感じられません。ピッチングも大きく、ブレーキ時は実際の減速よりも急ブレーキに感じます。

【燃費】
街乗りでエアコン入れると14台。切れば18位まで上がります。
高速エアコンなしで80km/h巡航だと26行きますが、そんなケチ走りで低燃費だしてもなんともなぁ・・・。

【価格】
この価格なら、他を選ぶことをお勧めします。

【総評】
見かけ倒しと言う言葉がふさわしい、ポンコツショッピングカート。
自分の手足の延長の様にはとても運転できず、本当にただの移動する箱。人間の感覚・知覚に対してあまりにもかけ離れたクルマなので、運転するほどに運転したくなくなるトンデモ車でした。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Linn-2さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:102人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
3件
285件
その他オーディオ機器
1件
96件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
72件
もっと見る
満足度3
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地2
燃費2
価格1

【エクステリア】
軽のなかでは一番スタイリッシュだと思う。
なかでも、ボンネットは凄く短いのだが、遠目だとデザイン効果で少し長く見えるのが凄いと思った。
これは、マルチェロガンディーニデザインのランボルギーニ、ディアプロと同じアプローチである。

【インテリア】
極めて機能的且つスタイリッシュなインテリアだと思う。
前席のシートの出来が素晴らしい。
これなら長時間乗っていても疲れないと思う。
しかし、ジャガーのレカロ製シートと比べると、天地の差がある。
これは、おもちゃのシートに思える。
後席は使用しないので、無評価です。

【エンジン性能】
20年前の初代キューブよりもパワーか有り、且つ極めて燃費が良い。
キューブが1300のNAだから、自動車の進歩は凄まじいと思う。

【走行性能】
これはいだだけない。
脚が動かない印象で、ブッシュのみで段差のショックをいなしている感じがする。
脚が少し固いのはいいのだが、もっと脚の動くサスペンションが欲しかった。
自分的には少し不快。
一方、脚が固い分、コーナリングもそれなりにこなすが、なにしろ重心が高いので、万が一の場合に横転、という不安は常にある。


【乗り心地】
くどくなるが、やや不快。
私の一番の愛車は、ジャガーXKRというスポーツカーで、標準で20インチのホイールなのだがジャガーの方が全然乗り心地が良い。
アルファロメオ155V6も、脚はもっと固いが全く不快ではない。
日本車特有の不快感(サスが動かないでブッシュだけ柔らかい)が有る感じはする。
いい加減、日本車も、諸般の外車を見習ってもらいたいものである。
以前、BMWに長いこと乗っていたが、サスペンションのへたり具合とボディー剛性の恐ろしい程の高さが相まって、「魔法の絨毯」の如き乗り心地であった。

【燃費】
このパワーにしてみたら非常に良い!
技術の進歩を感じる。
但し、問題が一点。
燃料タンクがいくらなんでも小さすぎる!
27リッターしか入らない。
もっと大きくても良いのではないか?
スタンド通いが頻繁過ぎる!

【価格】
オプション込みで、総額223万円だった!
いくらなんでも高すぎるだろ!
たかだか軽だぞ!

…すみません、取り乱しました。
しかし、高い。
価格で軽を、選ぶという時代は終わった。

【総評】
全車サイド、カーテンエアバッグ搭載!
最高のボディー剛性感!
最新の安全装備!
プロパイロット搭載!
…と、まあ、凄い。
あと一点、特に凄いのがオーディオである。
私はホームオーディオマニアで、約400万円のシステムを持っているが、この車のオーディオは、標準で素晴らしい。大満足である。
これだけ素晴らしいオーディオだと、カスタマイズした方が音質は下がると思う。

私は車マニアだが、総合的に、この車はマニアが好まないところで凄い。
現在において、軽自動車では最高かと。
…しかし、所詮軽自動車で、基本性能ではリッターカーには及んでいないと感じた。

参考
現在愛車
ジャガーXKR
アルファロメオ155V6

過去の車
BMW328
プジョー405
アルファロメオ156V6
アルファロメオ147 2.0等

また、暫くしたら再レビューします。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
その他
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年8月
購入地域
群馬県

新車価格
167万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
0円

デイズの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった17人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kt5kt2さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:22人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格3

【エクステリア】
横、後ろは良し。
顔は朝青龍的(どすこい)に見えてしまう自分がいる。
嫁は悪くないとのこと。

【インテリア】
ブラウン調の内装、質感は軽としてはリッチに感じる。シートにある黒のアクセントもカッコいい。
ハンドルの革調もプラ感なくよかった。

【エンジン性能】
Sハイブリッドのおかげで、強く踏み込まなくてもしっかり走り出した。音も吹き上がる事がないので気にならない。
現行の軽の中で加速性、静粛性はとても高いと思える。

【走行性能】
エンジン性能に比例する部分では間違いなく他より良い。サスペンションもしっかり効いて、グニャグニャ感は感じない。

【乗り心地】
シートは薄すぎず、程良く落ち込むのでノートより良いのではと思えた。
足下は175cmの自分が運転席に座ってもシート調整で余裕が残り、一番後ろに下げた状態でリヤシートに172cmの人が座っても足下に余裕がかなり残り、窮屈感は感じない。
その状態で、トランクルームにもゆとりが残っていた。(18gの灯油缶が3〜4つは乗りそう。スーパーでの食料品位なら袋3つは余裕かと)

【燃費】
一般、高速のミックスで30分程走行。
カタログ通り19.3km出ました。

【価格】
プロパイロット等が付いて、この価格は現況としては妥当と思えるが、経済的にはカタログ価格で10万程安くなるとありがたい。

【総評】
軽ワゴンのなかでは、個人的にはエクステリア以外では間違いなく良い軽自動車。
エクステリアは好みがあるので、嫁的にはNo.1らしい。
強いて、担当者に問うとすれば、ボディーカラーが多いことを売りにしているが、似た系の色も多くもっとメリハリつけてくれても良かったかと。
白黒ばかりは寂しいのでね。

レビュー対象車
試乗

参考になった22人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

euphizationさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:46人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
26件
薄型テレビ・液晶テレビ
0件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格4
 

新旧デイズの入れ替え

テールランプは電球(画像はLEDに換装後)

 

2013年10月の納車以来、約6万キロ走った旧型デイズハイウェイスターGターボから、新型デイズハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(新旧ともFF、寒冷地仕様)に乗り換えました。

2019年4月中旬契約、同6月末に納車され2500キロほど走った時点でのレビューです。

満足度を5点としている通り個人的な満足度は高く、他に選択肢はありません。
しかし、実際に使用して見つけた細々とした不満点もできるだけ書いておきたいと思います。

【エクステリア】

Vモーショングリルからボンネット、車体側面から後方へと続くラインが美しく気に入っています。
タイヤとフェンダーの隙間、ボンネットとヘッドライトの隙間が小さく、細部にこだわったデザインだと感じました。

×…テールランプが実は電球
最近の日産車に通じるブーメラン状のテールランプは、一見するとLEDっぽいのですが実は電球です。
納車前にルームランプ、バックランプ、ライセンスランプとともにLEDに変えてもらいました。

【インテリア】

運転席周りの収納は実に多彩で、車内にあまり物を持ち込まない私には使いきれないほど。

前席ドア内側のペットボトルホルダーは、旧型ではかなり出っ張っていてよく足をぶつけていましたが、新型はほぼ平らなので足の運びがスムーズになりました。

旧型のオートエアコンは車内温度センサーだけで制御していましたが、新型は日照センサーも組み合わせ、日差しの強さに応じて瞬時に冷房を調節してくれます。

ラゲッジ下の収納スペースが大幅に増えたのは大歓迎。
旧型はパンク修理キットを入れるのがやっとでしたが、新型はパンク修理キット・三角停止板・エアゲージをまとめて収納してもまだ余裕があります。

×…着脱が面倒な純正フロアマット
旧型の純正フロアマットは運転席・助手席・センタートンネルがそれぞれ別体だったので、手軽に取り外して掃除できましたが、新型は全て一体となっており、着脱が面倒です。

×…光らなくなったエンジンスタートスイッチ
旧型のエンジンスタートスイッチはブレーキを踏むと光ってくれたのですが、新型では光らなくなり、夜は地味に不便です。

【エンジン性能】

初めて試乗した時からその静かさに驚きましたが、2500キロ走った今でも印象は変わりません。

旧型と違いCVTは副変速機が廃されたので、低速域でのギクシャク感はかなり減りました。

旧型には無かったアイドリングストップとうまく付き合えるか不安でしたが、マイルドハイブリッドによる静かで素早いエンジン再始動のおかげで不便は感じていません。

×…実用域ではおとなしいターボエンジン
旧型ターボの最大トルク10.0kgm/3000rpmに対し、新型ターボは10.2kgm/2400-4000rpm。
このスペックからさぞかし力強いトルク感を見せてくれるのだろうと期待してしまうのですが、実際はかなりおとなしい感じです。

ロングストローク化の影響か、2000rpm以下の低回転域では確かに力強さが増し、微妙な速度調節がしやすくなっています。

しかし、2000〜3000rpmという日常的な加速時によく使う中回転域の力強さは、旧型のほうが勝っていたと思います。

旧型では3000rpmでグイグイ登れた坂道が、新型の3000rpmでは速度維持だけで手いっぱい。
3500rpmまで回してようやく加速しだす感じで、旧型比500rpmほどエンジンを余分に回さないと力強さを感じません。

試しに高速道路で思い切りアクセルを踏んでみたところ、3500rpmから力強さが増し4000rpmでの加速感はなかなかのものでした。
新型は(スペック上は)最大トルクが4000rpmまで持続するので、これくらい回してやれば旧型に勝るかもしれません。

【走行性能】

目玉のプロパイロットはかなり優秀で、福岡から長崎まで高速道路を走った時は(合流や分岐での意図的なキャンセルを除き)一度もハンドル支援が切れることもなく、安定した走りを見せてくれました。
しかも、すっかり日が暮れて暗くなった帰り道でも、ハンドル支援が切れることはありません。
天候・交通状況ともに恵まれた日だったとはいえ、疲労軽減効果はかなりのものだと実感できました。

×…渋滞中のプロパイロットは要注意
お盆休み中の自動車専用道路でノロノロと進み続ける渋滞に遭遇し、プロパイロットを使ってみました。

車間距離を長めにとってくれるのは結構なのですが、それでも慌ててアクセルを踏んだり急ブレーキ気味になったり、落ち着きのない動作でとても安心して任せられない感じ。

当たり前のことではありますが、ブレーキペダルに右足を構えてプロパイロットを使用することが必須です。
それでもアクセルはプロパイロットに任せ、ドライバーはブレーキに集中できるので、一定の疲労軽減効果はあると思います。

【乗り心地】

納車間もないころは硬さが気になりましたが、2か月経った現在では特に気にならなくなりました。

【燃費】

私の使用環境では、概ね1割ほど燃費が向上しています。
燃料タンクが1割減の27Lですが、給油頻度は変わらない印象です。

×…下駄を履かせすぎな車載燃費計
旧型の車載燃費計は割と正直で、満タン法との誤差は10%未満だったのですが、新型は20%近くも誤差があります。
満タン法で計算すると、決して悪い数字ではないのですが残念な気分を味わいます。

【価格】

本体価格は妥当なところだと思います。

ただ、旧型でお気に入りだったプレミアムパープルという有料色が新型にも設定されていますが、同じ色なのに1万円値上がりしているのが気になりました。

【総評】

プロパイロットはもちろんエアバッグなどの安全装備が充実しており、軽自動車のファーストカー化が進みそうです。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年6月
購入地域
福岡県

新車価格
167万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
0円

デイズの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった28

このレビューは参考になりましたか?参考になった

川崎のケーズさん

  • レビュー投稿数:58件
  • 累計支持数:1417人
  • ファン数:2人
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5

比較の意味で新型Nワゴンカスタムにも試乗してきたので再レビューします。

【エクステリア】
デイズ : 先代モデルと外観は大きくわっている。
最近の日産独特のVモーショングリルを取り入れて高級感を出している。
LEDヘッドライトも7灯あるが薄くて鋭いリフレクター式なので夜はキラキラしてかなりキレイだ。

スティングレー : これに対してプロジェクタータイプのLEDヘッドライトにシボレー風マスクのイカつい系のスティングレーとは好き嫌いが別れるだろう。

Nワゴン : カスタムのわりにイカつさはかなり少なくヘッドライトやテールのデザインがファニーだ。
フロントのウインカーには流れる指示器(シーケンシャルウィンカー)が採用されている。
イカついデザインが苦手な人にはウケるだろう。

【インテリア】
デイズ : ダークブルーとブラックのツートンによるダッシュボードと本革ステアリングの質感は高い。
カッコいい2眼メーターでコックピット感を一番感じた。

エアコンスイッチは先代同様タッチパネル式だが、風量調整が段階ではなく直接任意で選べるようになっている。
パネル回りのデザインも個性的でいい。
ちなみにパーキングブレーキは足踏み式ではなくスイッチ式でオートホールドもある。

スティングレー : 発色が良く大きなセンターメーターは非常に見やすい。。
スポーティさで比べればピアノブラックに赤のラインや赤のステッチ入りの本革ステアリング、パドルシフトにヘッドアップディスプレイのスティングレーに軍配があがる。
ただパドルシフトを使わない人には無用の長物になりかねない。

Nワゴン : ブラックで統一されたインテリアは
渋く高級感がある。
ダッシュボードまわりはNボックスと、メーターはNバンと共有しているが、収納や利便性がかなり考慮されており差別化をはかっている。

【広さ】
デイズ : 先代モデルよりかなり広くなっておりスティングレーに肉薄してきている。
ホイールベースが長くなったのとドアを先代より立てて空間を広くしてるのが要因と思われる。

スティングレー : 低くおさえたダッシュボードとフロントウインドゥまでが遠いので室内空間はかなり広く感じる。
ちなみに室内幅で1.5cm、室内長で38cmデイズより広い。

Nワゴン : 狭くはないが開放的なスティングレーの広さにはかなわない。
ただデイズ同様十分な広さを確保している。

【後部座席の広さ】
3台とも前席、後席を一番後ろにスライドさせた状態で握りこぶし2個半〜3個で軽自動車とは思えない余裕があり、もちろん足も組める。

【走行性能】
全車ターボだけありよく走る。
坂道も走ったがなんのストレスも感じなかった。
デイズはエンジン音や路面の凹凸がいい意味で伝わってくる。

スティングレー、デイズともマイルドハイブリッドなのでモーターのアシストが走りにも貢献している。
ただ80kgの車重差のせいかスティングレーの軽快な走りにはかなわない。

Nワゴンは固すぎず柔らかすぎずの足回りで乗り心地はかなり良かった。
少しの試乗でもわかるぐらい3台の走りや乗り心地は違う。

【安全運転支援】
デイズ : プロパイロットによる自動運転もやらせてもらったが、信号発進時も前の車に的確に追従していた。
高速だと前の車に取り残される可能性がありそうなのでターボの方がいいと思う。

スティングレー : 最低限の自動ブレーキ類は付いてるが、自動運転に関してはオートクルーズのみ。

Nワゴン : 全グレードにホンダセンシングが搭載されてるポイントは大きい。
0kmから前車を追従するのはデイズ同様、高速での定地走行はもちろんノロノロ運転なんかで疲れ方がかなり変わってくるだろう。

【静かさ】
スティングレーはエンジン音はほとんどしないが、デイズは踏み込むとわりと聞こえてきた。
ただ不快な音ではないので、このエンジン音を逆にスポーティーと感じる人も多いだろう。
Nワゴンもかなり静かで軽自動車の域を越えている。

【ナビゲーション】
デイズ : 軽自動車初の9インチが装着可能。
スティングレー : 8インチ
Nワゴン : Nボックス同様の8インチまで可能。

ただどのメーカーにも言えることだが、これだけスマホで音楽やナビを利用する人が増えてるのでディスプレイオーディオをオプションでいいので用意して欲しい。
市販のディスプレイオーディオにすると純正ナビより15万ぐらい安くなるので、それで他のオプション品を付けたい。

【SOSコール】
デイズのみ : オプションで緊急時やあおり運転にあった時に直接オペレーターに連絡できるSOSコールボタンがある。
また事故した時、エアバッグが開いたら自動でオペレーターに繋がるらしい。

【燃費】
当然だがここが一番ハイブリッドの恩恵をうけるところ。
同じ試乗コースでデイズやスティングレーがNワゴンよりリッターあたり5kmほど良かった。
この差は大きい。

【価格】
デイズ : ハイブリッドターボにプロパイロット付き車体価格で約164万。
スティングレー : ハイブリッドターボで165万。
Nワゴン : ターボにホンダセンシングで166万。
これだけみるとデイズが一番お買い得。

【総評】
デイズとNワゴンがあとで発売になった分、自動ブレーキ、自動運転あたりに先進性を感じる。
ただNワゴンはハイブリッドを採用しなかったので燃費で他の2台に劣っている。

レビュー対象車
試乗

参考になった78人(再レビュー後:24人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

akaboさん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:104人
  • ファン数:2人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4

【エクステリア】 サイドの処理が,他の車に比較してスタイリッシュと思います。

【インテリア】 オプションのインテリアもありますが,ノーマルでも悪くないと思います。

【エンジン性能】 ノンターボの電池付きを試乗しました。ターボに比べて明らかにパワーが違いますが,こちらの方が上品かもしれません。

【走行性能】 近所をぐるっと回るいつものコースだったので,ほとんど分かりません。問題ないことのみ確認。

【乗り心地】 普通

【燃費】 調べていないので不明

【価格】 今までの感覚だと高いけど,色々標準なので。

【総評】 DAYZとekXの足回りが違い,乗り心地が別だとディするレビューがあったので,本当にそうなのだろうかと疑問を持ち,コメントを入れる場がないので,レビューを書くことにしました。マクファーソンストラット式を,マクファーソンと記載するかストラットと記載するかの違いではないでしょうか?基本的に同じ車のはずですけど??同じ工場で別の車を製造してるとは思えないんですよね。お客様相談室に質問してみますかね?

レビュー対象車
試乗

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

april_0011さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:22人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格無評価

試乗会イベントに参加しました。我が家の18年式H社軽ターボと比べながら試乗してみました。

【エクステリア】試乗車はルーフが白、ボディが茶色でオシャレ。我が家のスーパーハイト系に比べてフロントウインドウが寝ていてエンジンルームが小さくちょとカッコいい。空力的にも良いはず。日産車共通テイストのフロントマスクは目立ち過ぎずハンサム。オリンピックナンバープレートの白いやつを付けると普通車と見間違える。我が家の軽も付けてるけど、実際見間違えられました。そのぐらい最近の軽は立派な押し出しです。

【インテリア】前後席共にシートが立派。最近の軽はみんなそう。座った感じはやや硬めでしっかり体重を支えてくれる。長距離でも快適なように内部構造から変えたそうです。運転席からの視界はボンネットがやや高めに感じますがシートリフターでアイポイントの高さを調整できるし、チルトでステアリングの上下も調節できる。ただ、テレスコピックではないのが残念。しかし、アラウンドビューモニターで9インチのナビ画面に前方も左下側方もしっかり写るので心配無用、様々な体格の人に対応できる。ここはうらやましいところ。我が家のはバックしか写らない。運転席周りの収納も豊富で、車検証などは助手席のドアポケットに入れてグローブボックスをちゃんと物入れに使うような提案もあり、色々良く考えられている。色はグレーで落ち着いた感じ。大きな9インチのナビを含めインパネ周りはスイッチが大きくわかりやすく使いやすい。ただ、USB端子が1個(しかもオプション)しかなかったのは残念。我が家のは3個(標準で2個)並んでついてる。

【エンジン性能】軽自動車あなどれず。試乗車はターボ車で一般道と高速道路を走ったが、大人の男性3名乗車でももたつくことはなかった。発進加速はあまり踏み込まなくても(1500〜2000回転弱)充分だし、高速の合流とかも一瞬3000まで回してみたけど、まあ道が混んでなかったしそこまでしなくても大丈夫だった。また、踏み込んでも我が家の18年式H社軽ターボよりあまりうるさくならないのに驚いた。ターボなしの場合は分からないけど、軽自動車でもフル乗車でなければ一般道でも高速でも普通車に遜色のない走りができる。

【走行性能】ステアリングもアクセルもブレーキも思った通りに普通に操作できる。これ大切なところで、良くできていると思います。そして、なんと言っても軽自動車初搭載のプロパイロットに感激した。やっぱり便利。非常にうらやましい、試乗当日は台風接近中で風が強かったが、高速の橋の上とかトラックに横を抜かれたときとかで横風を受けても自動で微舵を当てて何事もなく走る。また、減速時のCVTの制御がスムーズで感動!これはモーターを利用するスマートシンプルハイブリッドのおかげもあるのかも?それが付いていない我が家のはちょっとギクシャクする。さらに加速時にはギアがステップアップする制御を行うというのも楽しい。


【乗り心地】満足。足まわりはしっかりしていて安心感があり、交差点でも高速のカーブでもたいへんスムーズで気を使わなくて済む。歩道との段差や高速の継目とかでドタバタすることもない。我が家のスーパーハイト系はリアにトーションバーを入れて安定感を出しているが、重心高の低いデイズはそれなしで済むので足回りは硬すぎず、柔らかでいて芯のある乗り心地。

【燃費】

【価格】

【総評】今、日本のガラパゴスカーが一番元気だ。最新の軽自動車には安全も車体も最新の技術が盛り込まれてきていて、私が若い頃よりは当然ながら数年前と比べても大きく進化している。コンパクトクラスより性能も装備もそして値段も上だったりする。軽自動車がファーストカーとしてチョイスされている(我が家もそう)率が上昇しているのでそれも当然という気もします。特に安全装備の充実は喫緊の課題です。運転初心者から高齢者まで老若男女が使う軽は誰が運転しても、そして歩行者等にも安全な車でなくてはなりません。ただ、安価で小回りがきく手軽なモビリティとしての軽自動車の原点を忘れないで欲しいと思います。D社やS社は使い回しのできるプラットフォームで軽から小型車まで効率的に開発しているので、今後も装備の充実と価格低下を期待できます。日産も今回デイズ用にプラットフォームを新開発しました。今後の展開に期待しています。

レビュー対象車
試乗

参考になった22人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

taketyan1さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格無評価

*再レビュー投稿です。 誤字・脱字修正しました・・。 すみません。

【エクステリア】
現在の日産に共通の顔つき、普通に受け入れられる。
【インテリア】
安っぽいや、豪華過ぎ、という極端な感じは全くない。
普通の良質なコンパクトカーの新車と同じくらい。
空調コントロールが分かり易い。
個人的に今風の大型のナビは嫌い。(ナビは小さくて良い派)
【エンジン性能】
試乗もターボ車でしたが、所有してる軽自動車N-WGNよりマイルドで大人しいが必要十分の力は有る。
今回の試乗以外にターボ無しのハイウエイスターXも試乗してるがさすがターボ車、余裕が有る。
街乗りではターボ無しでも十分の加速性能と思う。
 (私は、パワー重視で車を選ぶユーザーだが・・)
【走行性能】
上質なコンパクトカーと同等、若しくはそれ以上。
素直なハンドリング、所有の軽自動車よりもクイック気味の操舵角が気持ちよい。
(同じ曲がるにも軽自動車はハンドル操作角が大きいが新型デーズは良い)
【乗り心地】
気持ちよい。 
シートは硬めでも感触はソフト、芯が有る様な感じで私には好ましい。
車内外、ガタピシは全く感じなかった。
高速道路の路面継ぎ目をソフトに通過、高価なコンフォートタイヤ風に感じる。
流れに乗って長距離走るのに適してると思われる。
【燃費】
一般道と高速の試乗コース約50分。3人乗車。
雨上がり、晴れて外気温32℃、高湿度の為にエアコンフル稼働。
これで、18.7km/Lと表示された。
所有の軽自動車より1割以上良好かも。
【価格】
試乗の為、無回答
【総評】
良い車!  
静か、パワフル、広々空間と文句ない。 車から降りると小さな軽自動車なのだが・・。(笑)
ギヤ変速機的な味付けしたと開発担当者から説明を受けたこのCVT、私は好きになった。
高速道路がガラガラで、前車追従のプロパイロットは体験出来なかったが同一車線、一定速は体験出来た。



レビュー対象車
試乗

参考になった15人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

三本ラインさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

【エクステリア】
 旧モデルの流れを引き継ぐフロントマスクだが良いと思う。
【インテリア】
 試乗車はオプション装着車だったが高級感があり良かった。 
 収納が多く便利な機能が充実している。
【エンジン性能】
 スタート時のもたつきもなくスムーズな加速が良かった。
 エンジンの音も気にならない。
【走行性能】
 プロパイロットが車間距離を保ちアクセル、ブレーキ操作もアシストしてくれ便利。
 運転が楽になる。
【乗り心地】
 旧モデルに比べホイールベースが長くなったおかげで走行が安定している。
 足回りのグニャグニャ感もなくしっかりしている。
【燃費】
 エアコンON状態で市街地〜高速を走行で20L/Kmだった。ターボモデルでこの燃費は大満足。
【価格】
 この性能と装備を考えると妥当だと思う。
【総評】
 走行性能、安全装備も充実していてコンパクトカーよりコストパフォーマンスが上だと思う。

レビュー対象車
試乗

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

n432さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア3
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

試乗会に参加しました
【エクステリア】ツリ目がダメ、、、リアはなんとかゆるせるかな

【インテリア】質感、収納、居住性どれをとっても軽とは思えない出来の良さ、素晴らしい

【エンジン性能】トルク感が素晴らしく、ストレスなく加減速できた

【走行性能】プロパイロット万歳、驚愕のスマート賢さ、本当に軽乗用かと思わせる
経年変化がどうなるかが気になるところ

【乗り心地】硬すぎず柔くなく踏ん張りも効いていた
シートも程よいホールド感、こちらは長時間だとどうなのか気になるところ

【燃費】軽四輪しかもターボ車とは思えない好燃費

【価格】やはり200か、、、が、安全性と快適性を買う事を考えると妥当な価格なのか

【総評】すばらしい!excellent!!!後席と横からのクラッシャブルゾーンが心配かな

レビュー対象車
試乗

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ronnsannさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格4

試乗会イベントに参加しました。
アッシュブラウンのプロパイロットターボでしたが
内装がオプションのプレミアでとても高級感にあふれていました。
一番良かったのは電子パーキングブレーキとオートホールドです、
心配していたエンジンの回転数はかそくじのみ3000回回転位回りますが、巡航時はすぐに2000回転くらいでとても静かです。
ハンドル 運転席のホールド感も期待以上で した。
全体的に車はこれで十分じゃないかという印象を受けました。

レビュー対象車
試乗

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

この製品の価格帯を見る

デイズ
日産

デイズ

新車価格帯:129〜181万円

中古車価格帯:13〜187万円

デイズをお気に入り製品に追加する <234

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意