アウディ A7 スポーツバック 2011年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > アウディ > A7 スポーツバック 2011年モデル

A7 スポーツバック 2011年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:A7 スポーツバック 2011年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
2.0TFSI quattro 2015年4月21日 マイナーチェンジ 1人
3.0TFSI quattro 2015年4月21日 マイナーチェンジ 1人
3.0TFSI quattro 2013年8月1日 マイナーチェンジ 1人
3.0TFSI quattro 2011年5月1日 ニューモデル 1人
満足度:4.00
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:6人 (プロ:3人)
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.38 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.06 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 3.63 4.13 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.00 4.21 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.00 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 2.00 3.89 -位
価格 総合的な価格の妥当性 3.69 3.88 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

A7 スポーツバック 2011年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:56人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

腕時計
6件
12件
スマートフォン
0件
5件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格4
 

 

A6オールロードクワトロからの乗り換えです

インテリアはほぼ同じなので
感動も何もありません
材質が多少良くなっている箇所もある程度
ここが買い替えで一番悩んだところ

同じプラットフォームとはいえ
多少変えて欲しいかな‥

フェイスも前期からすると
A6顔になっていて、これも意見が分かれるところ

それを抜きにしても
やはりこの美しいフォルムは購買意欲を掻き立てます

運転フィーリングもA6オールロードよりスポーティ
A6は車体の重さを感じやすいんだけど
A7は軽く感じる

幅の違いは運転している限り同じ

ただし、見た目はワイド&ローで
A6よりもかなり幅広に見える

レクサスlsと並べても大きさでは引けを取らないが
A7を見慣れるとlsのデザインがあまりにもチャチく見えるようになる

足回りはsラインの19インチで割と固め
20インチにしようか迷ったが明らかに突き上げが強くなりそうなので現在様子見です
ノーマルとsラインの車高の高さは1センチ

普段あまりすれ違うことはなかったA7だが
購入すると途端にすれ違うようにw

それでも未だに振り向かれたり視線を感じることは多い
やはりA7購入はまずデザイン優先な方達が多いのも頷ける

ただ、走りもかなり上質
3.0は安全装備も標準になるんで
後期型はそう行った意味ではお得感あり

何よりも
高さは積めないが荷物は結構詰め込める
A6オールロードよりも使い勝手は良い

セダン、クーペ、ワゴン全ての要素を持っているんで
ファミリーカーとしても十分に使えるオールマイティさがこの車の1番の特徴

かっこよさ
走り
利便性

まさしく優等生な車

言い方を変えると
欠点もないが突き抜けた所もない

でもベンツやbmwのようなアクがないので
乗っている人を爽やかに見せる効果はさすがにアウディのカラーだと思う

買う人はほぼ指名買いだと思うので
後悔する人は皆無だろうね

強豪は結構あって
ベンツcls
bmwグランクーペ
パナメーラ

この辺りの取り敢えずコレでしょうって選び方に
飽きてる人はちょうどいいマイナー感だと思う

ポルシェは非日常的デザインで好き嫌いがハッキリしてると思うけど、他とはアウディで唯一張り合えるオーラを纏っていると思う

デカさで困ることはあまりない
それこそ狭い駐車場で気を使うくらい

それ以外ではレベル高い良い車

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年4月
購入地域
鹿児島県

新車価格
933万円
本体値引き額
70万円
オプション値引き額
0円

A7 スポーツバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

HAL&Borgさん

  • レビュー投稿数:27件
  • 累計支持数:82人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
20件
バイク(本体)
3件
6件
ノートパソコン
1件
2件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4
   

カスタム癖は治らず

   

【エクステリア】
これまでVW ばかりだったので質感は比べようもなく上質です。
【インテリア】
クルマ好きのみならず、女性達からは包み込まれるような感じでいいて言われます。
【エンジン性能】
7Rから乗り買えたんで、もっさり(汗笑。街中ではとくに不満もなく走れてますが、高速道路では流石に踏み込んでもキックダウンするけど進まない。サブコンなんかも後付けしましたが気持ちだけ、3L版にしておけばよかったと後悔してます。
【走行性能】
運転していて酔いそうになったんで車高調に買えました。今の時代プリクラッシュ装置がついてないのが少し不満。フルタイムてことで安心感は高いです。
【乗り心地】
4発にしては滑らかなエンジンとDSGの様なギクシャクもないです。ビートルの乾式みたいに坂道発進でも後ろに下がりません。
【燃費】
高速で10以上は行けてるような。
【価格】
ベース版ですが、あれこれはじめから選べないオプションを付けてると軽く追加100万越え(爆笑
あまり見かけない珍種のA7だけどスタイルの良さと大きめの5ドア車てことを考えるとコスパは悪く無いと思います。
【総評】
久々に一度は車検を受けてみようと思えた車です。
但し、巨体故に街中での駐車場探しには苦労させられてます。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年2月
購入地域
大阪府

新車価格
725万円
本体値引き額
80万円
オプション値引き額
5万円

A7 スポーツバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

keiisさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:243人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
16件
スマートフォン
1件
7件
PCモニター・液晶ディスプレイ
2件
2件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア2
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費1
価格3

レクサスは、一時間運転すると三時間ぐらいの疲労があるけど、これは、三時間運転しても、30分ぐらいの疲労感しかおきない。しかし、ナビなどの操作感は、レクサスの足元にも及ばない。なんといっても、家のパソコンで操作できるレクサスのナビは、素晴らしい。このへんの価値は、レクサスに乗らないとわからないでしょう。外のデザインは、アウディは、気品と落ち着きがあり素晴らしい。レクサスは、奇抜だけど飽きやすい。しかし、燃費がアウディは悪いよな。車は、一長一短だよね。ディーラーの対応は、レクサスよりアウディのほうが丁寧で質がいいかな。レクサスは、トヨタから優秀で選ばれた人が、レクサスに配置される傾向があるみたいだけど、それでも質がおちるかな。アウディのほうが、接客は上だよね。次は、たぶんレクサスにもどるかな。

レビュー対象車
新車
購入時期
2013年11月
購入地域
兵庫県

新車価格
914万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

A7 スポーツバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

外川 信太郎さん

  • レビュー投稿数:230件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール神奈川県藤沢市生まれ、現在茅ヶ崎市在住の湘南中年。少年期に5年間イギリス・ロンドンに在住していた事から、欧州車に興味を抱いたきっかけになった。慶応義塾大学卒業後、輸入車専門誌にてライターを始める。その後、育った英国に渡りレース活動などを経…続きを読む

満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

全幅は1911mmもあり、最上級クラスと遜色はないもの。

全長は5mに迫る4990mmとロングボディ。

アウディ流4ドアクーペは、スポーツカーのような趣だ。

オプションのLEDヘッドライトは3連式。ポジション、ターンシグナルもLEDとなる。

リアゲートには自動格納式スポイラーが装備。

310ps(228kW)/5500〜6500rpm/44.9kg・m(440N・m)/2900〜4500rpm

クーペボディの持つ美しさと、セダンの快適性、ステイタス性を備え、さらには、ワゴンボディの実用性までこの一台で実現している同社「A5スポーツバック」のコンセプトを受け継ぎ最上級モデルとして登場した「A7スポーツバック」。輸入車では、ライバルが多いこの形態ですが、アウディは、アルミニウム素材の採用による軽量高剛性ボディ&お家芸のフルタイム4WD「クワトロ」で対抗。他にはない独創的な一台といえます。

今回もメーカーが所有する広報車両を借用し取材を敢行しました。

●エクステリア●

カタログ写真で予習をして、実車を見ると、印象がまるで違います。全長4990×全幅1910×全高1430mmは、とにかく圧倒的な存在感であり、同社最高級のプレミアムサルーン「A8」と比較しても、遜色はありません。
特に、斜め後方に周りこみ、「A7スポーツバック」を観察すると、流麗なルーフラインがスポーツクーペにしか見えないほど。
取材車両には、オプションのLEDヘッドライトが装備されていましたが、前衛的な目付きは同社のスーパースポーツモデル「R8」にも通じるもので、とにかくイケメンであります。

●インテリア●

インテリアの質感は、元々定評があるアウディですが、さすがに「A7スポーツバック」ともなれば、ドアを開けても、同社最上級サルーン「A8」と質感では、同等レベルといえます。
よりアグレッシブにデザインされたインテリアデザインは、ドライバーを包み込むような適度なタイト感が心地がいいものです。シックなレザーとウッドパネルのコラボもモダン家具のような趣で、上質さを演出しています。
メーター類は、LEDバーを用いた燃料、水温計をはじめ、質感の高いタコ、スピードメーターは、立体的なアナログメーターを採用。その中央には、フルカラー7インチのディスプレイを配し、アナログとデジタルの調和が美しい。
また、センターコンソールには、8インチモニターが設けられ、カーナビゲーションや車両のセッティングなど詳細な情報が表示、設定が可能。このロジックをアウディは「MMI」と呼んでいます。

●エンジン&動力性能●

「A7スポーツバック」には、3.0L V型6気筒DOHCスーパーチャージャーエンジンを搭載していますが、優美なクーペフォルムから受ける印象とは違い、走り出すと印象はスポーツカーそのもの。街乗りのような低速域でも、足回りは硬めの印象が強く、ダイレクトにダンピングを伝えてきます。無論、高剛性ボディが一発で吸収し、不快ではありませんが、意外な味付けでした。
スーパーチャージャーエンジンはアクセルワークにやや過剰なほど反応し、巨大なボディをグイグイ加速させ、街中では野蛮な運転になってしまう事も。

ハイウェイでも、活気に満ち溢れるエンジンは、頭打ち感がなく、高回転域までトルクの落ち込みがなく、例のクワトロシステムと相まって、グイグイ加速していきます。また、なんとも甘美で“聴かせる”サウンドを奏で、ついつい「Sトロニック」のシフトを落とし、高回転をキープしたくなるほどです。
ハイウェイでは無論、超安定志向ですが、ステアリングフィールは、かみそりの様にシャープで、適度な緊張感をドライバーに与えます。
「クワトロシステム」は、どことなくFRのような設定で、いかなる場面でもニュートラルなフィーリングが魅力です。

ハイウェイを流しても、ワインディングを駆け抜けても、スポーツカーレベルの動力性能、周回性能を有する「A7スポーツバック」。優美なフォルムとは裏腹に走りはソリッドな面が見え隠れする点も面白い。


コンパクトカーからスーパーカーまでラインナップを持つアウディですが、他にはない魅力が詰まった「A7スポーツバック」は極めて完成度が高く、アウディ好きにはたまらない一台であるといえます。



参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

松下宏さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度3
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地2
燃費2
価格2

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

アウディA6をベースに作られたクーペ風の4ドア車がアウディA7スポーツバック。スポーツバックという名前が示すように、後部にハッチバックドアを持つ。゛

後方に向かってなだらかに傾斜していくルーフラインは正にクーペ風のもので、メルセデス・ベンツのCLSやフォルクスワーゲンのパサートCCなどのようにスタイリッシュな外観を持つモデルだ。同時にBMW5シリーズツーリングのようにハッチバックの機能性も備えている。

A7スポーツバックには大磯プリンスホテルで開催されたJAIA(自動車輸入組合)主催の試乗会で、アウディジャパンがメディア向けに用意した試乗車をドライブした。

低く構えたボディは伸び伸びした感じで確かにカッコ良いが、全長が5mに近く、全幅も1900mmを超えるボディはさすがに大きい。最小回転半径も5.7mと大きめなので、日本では駐車場事情を考慮した上で買わなければならない。

全高が低いものの乗降性には特に不満はなく、乗り込むとインテリア回りの雰囲気の良さもさすがにアウディという感じ。最近はほかのメーカーもアウディをベンチマークにしてインテリアの質感を高めてきたが、アウディの上級車となると本当に高級感にあふれた印象を受ける。

後席の空間はボディサイズの割には広くはないが、逆にボディサイズによって大人がゆったり乗れる空間がある。何しろこのサイズで4人乗りなのだからゆったりも当然だ。

リヤゲートはとてつもなく重い。電動オープナーが付いているから良いが、そうでなければ開け閉めできないくらいに重い。この重さやゲートの枠の重さなども全体の重量に影響しているようだ。

搭載エンジンはV型6気筒の直噴+スーパーチャージャー仕様で、220kW/440N・mのパワー&トルクを発生する。A7スポーツバックは前述のバックドアに加え、大柄なボディの4WD車であるため車両重量が1920kgと相当に重いのだが、このエンジンの動力性能は余裕の実力と言って良い。

ターボよりも低回転域から働くスーパーチャージャーによってスムーズな発進加速が得られ、そのまま滑らかに加速が伸びて速度に乗っていく。余裕を感じさせるこの走りの感覚はいかにも上級車らしいものだ。

タイヤは標準が19インチで試乗車には20インチの35タイヤが装着されていた。足回りは電子制御で切り換えが可能だが、この偏平率だとさすがに乗り心地は硬い。コンフォートを選択してもまだまだ硬いのだ。買うなら19インチを選んだほうが良いだろう。

車両価格は879万円。試乗車には前述のタイヤのほか、サンルーフ、LEDヘッドライトなどのオプションが装着されて950万円の仕様になっていた。簡単に買えるクルマでもないし、たくさん売れるクルマではないと思う。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

森口将之さん

  • レビュー投稿数:228件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールフリーランスジャーナリストの森口将之です。自動車を中心に、モビリティ全般を守備範囲としています。自動車については、ブランドやスペックにとらわれず、ユーザー目線でのレポートを心がけています。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務め、日本自動…続きを読む

満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費無評価
価格3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ホイール/タイヤはオプションの20インチ

クーペのように美しい後ろ姿

低く囲まれ感の強い運転席

後席の乗車定員は2名

後席を畳めばさらなる荷室拡大も可能

アウディ伝統の縦置きエンジン4WD

アウディA7スポーツバックは、遅れて登場する新型A6をベースとした5ドアです。昨年A4のプラットフォームやパワートレインを活用して登場したA5スポーツバックと同様の成り立ちを持っています。唯一の日本仕様となる、3L・V6スーパーチャージャー付きエンジンに7速デュアルクラッチ・トランスミッション、4WDを組み合わせた3.0TFSIに、横浜で開催された試乗会で乗りました。

ボディサイズは全長4990mm、全幅1910mmとかなり大きめです。多くの日本人にとっては、A5スポーツバックのほうが使いやすいでしょう。ただし、なだらかにスロープしたルーフラインはA5以上の美しさで、このスタイリングに惹かれて買う人がいても不思議ではありません。テールゲートには格納式リアスポイラーが内蔵されていて、130km/hで上昇し、80km/hで格納します。運転席のスイッチで任意操作も可能ですが、日本ではファッション的要素の強い装備になるでしょう。

インテリアは、インパネ上部のラインがドアに回り込み、センターパネルは運転席側にチルトするなど、囲まれ感を意識したデザインです。1430oと低めの全高に合わせて、シート高も落とし込まれているので、かなりスポーティな雰囲気です。折り畳み可能な後席は2人掛けで、ボディサイズから想像するほど広くありませんが、身長170cmの人間なら楽に腰掛けることが可能。一方荷室は広大で、後席を立てた状態で535L、畳めば1390Lという容量はワゴン並みです。

車両重量はアルミ素材の多用で、4WDながら1900kgに抑えています。おかげで3LのV6スーパーチャージャー付きエンジンと7速デュアルクラッチ・トランスミッションによる加速は、強力とはいかないまでも不満はありません。しかもクルージングでは驚くほど静かで、トランスミッションやアイドリングストップの発進時のマナーもスムーズと、アウディではA8に次ぐ車格であることを実感させてくれます。

試乗車のタイヤは標準の19インチに代えて20インチを履いていたので、街中では段差を伝えがちでした。ただし速度を上げれば、固めではあるものの、ショックは巧妙にいなしてくれます。ステアリングの反応はA8同様、サイズを考えればシャープで、もう少し車格なりの落ち着きが欲しいと思いました。幅が広く背の低いボディの4WDなので、市街地と都市高速を走った限りでは、ハンドリングは安定しきっていました。

パッケージングや走りの性格を考えると、テールゲートを備えたビッグセダンというより、5ドア4シーターのグランドツーリングカーと考えたほうが納得できるのではないかと思いました。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

A7 スポーツバック 2011年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

A7 スポーツバック
アウディ

A7 スポーツバック

新車価格帯:725〜942万円

中古車価格帯:129〜928万円

A7 スポーツバック 2011年モデルをお気に入り製品に追加する <14

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意