Premiumline Series T1 レビュー・評価

2009年11月下旬 発売

Premiumline Series T1

セミオープンタイプを採用したフラッグシップモデルのヘッドホン。価格はオープン

Premiumline Series T1 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:オーバーヘッド 構造:半開放型(セミオープン) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:5Hz〜50kHz Premiumline Series T1のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Premiumline Series T1の価格比較
  • Premiumline Series T1の店頭購入
  • Premiumline Series T1のスペック・仕様
  • Premiumline Series T1のレビュー
  • Premiumline Series T1のクチコミ
  • Premiumline Series T1の画像・動画
  • Premiumline Series T1のピックアップリスト
  • Premiumline Series T1のオークション

Premiumline Series T1beyerdynamic

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2009年11月下旬

  • Premiumline Series T1の価格比較
  • Premiumline Series T1の店頭購入
  • Premiumline Series T1のスペック・仕様
  • Premiumline Series T1のレビュー
  • Premiumline Series T1のクチコミ
  • Premiumline Series T1の画像・動画
  • Premiumline Series T1のピックアップリスト
  • Premiumline Series T1のオークション

満足度:4.92
(カテゴリ平均:4.28
レビュー投稿数:63人 
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.23 4.16 -位
高音の音質 高音部の音質の良さ 4.97 4.15 -位
低音の音質 低音部の音質の良さ 4.83 4.14 -位
フィット感 装着したときのフィット感など 4.22 4.07 -位
外音遮断性 外の音を遮断するか 2.37 3.81 -位
音漏れ防止 音漏れを防止するか 2.03 3.77 -位
携帯性 コンパクトさ 1.91 3.78 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Premiumline Series T1のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
3件
3件
ヘッドホンアンプ・DAC
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン3
高音の音質5
低音の音質4
フィット感3
外音遮断性2
音漏れ防止2
携帯性無評価

当時発売したハイエンド機、HD800、TH900、T1の中では何故か中古価格が非常に値崩れしている本機、狙い目だと思います。
私は中古3万円程度で購入しましたが、破格の高音質だと感じますね。

【デザイン】
デザインはTHE・ヘッドホンな正統派な見た目、特筆するほど良くもありませんが悪くも無いですね。

【音質】
やや高音よりフラットな印象、手持ちのA2000Xと似ているところがあるので比べて言うと、帯域バランスをフラットめにして情報量を多く、音を自然にしたA2000Xみたいな印象を抱きました。
こう書くと良いところばかりに思えますが個人的には音の厚みが増しまとまりが良くなった分、やや見通しが悪くなり音場も狭く前後感もやや感じにくいかな?と感じます。
加えて音が自然な分大人しいとも感じて少々ノリが悪く、もう少し音に華があっても良いかな?と思いました。

T1の良いところは透明感を保ちつつも情報量の多い、スッキリかつ濃い、相反した要素を高レベルで両立させた音だと思います。
キレが悪いわけではありませんが私は少しテンポの遅い曲のボーカルなど、じっくり聴き込みたくなりますね。
eufoniusや志方あきこ、霜月はるか等のボーカル物を聴きたくなるとT1を真空管アンプに接続して一人、恍惚としていますw

【フィット感】
私の頭はBayerDynamicと相性が悪くBayerの他機種でも頭のアタリが悪く頭頂部が痛くなりますね。
また重さも400g〜500gがゴロゴロしているハイエンド機と比べれば350gと軽めですが、ヘッドホン全体で見ると重い部類であり少なくとも私は2,3時間つけてると頭が痛くなります。
星3は元の価格帯を考慮した場合なので、価格を考慮しなければ星2くらいかと思います。

【外音遮断性】
他社等の他の開放型よりは比較的マシ、密閉型と比べると当然劣ります。

【音漏れ防止】
同上、本機は半開放型のためかgrado等、他の開放型と比べると比較的、音漏れが少ないです。

【携帯性】
持ち運ばないので無評価。

【総評】
開放型にしてはやや開放感が少なく音場は狭めだが、基本性能、情報量に優れボーカル表現に秀でた自然な音のヘッドホン。
前述した音場、ノリの良さ、キレッキレのスピード感などを求めなければ最初に書いた値崩れしていることもあり、約3万であれば非常にオススメしたいヘッドホンですね。

比較製品
オーディオテクニカ > ATH-A2000X
主な用途
音楽
映画
ゲーム
テレビ
その他
接続対象
PC

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

イ・ジュンさん

  • レビュー投稿数:58件
  • 累計支持数:151人
  • ファン数:10人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
4件
1976件
PCモニター・液晶ディスプレイ
3件
191件
CPU
1件
76件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性1
音漏れ防止1
携帯性無評価

「精密さと情熱がおりなす技。正確で自然な空間を極限まで追求したbeyerdynamicヘッドホンのフラッグシップモデル、それが『T 1』です。」

柔らかくそれでいて繊細。めちゃ好みの音場です。

PCから光接続でAT-HA65 (DAコンバート& オペアンプNJM2068D + NJM4556AD x2 16V駆動)な環境です。
これまでの傾向からパワーはあり中低音の厚みまろやかさが増す環境です。(ヘッドホンアンプ6種所有)

T1p、更にはT2 2ndより低音量が少ないということでしたが、T1pと比べても量は大差ないです。
T1pはもっと低音型だと思って買ったら違ったのとは別の意味で意外でした。
ただし全体的に柔軟な音なので主張を感じ難い違いがあります。
T1はよりテクニカでいうとA2000Xライクで、T1pはA2000Zライクですね。柔と剛に近いそんな違いです。

セミオープンということですがより開放型に近い特性に感じました。


〇 デザイン (評価4.5)
丁寧な造りで独特な主張を感じるデザインだと思います。
シックで材質や手触りもよく、イヤーパッドの中にくぼみのある形状もよく良く考えられているなと。
装着感も良い点でケチをつけることが実は難しいのですが、お値段を考えると3mのケーブルは私の環境ではあまり過ぎるという欠点をついて評価を下げます。
定価10万円以下だったならば評価5ですが。


〇 高音 (評価 5+)
細く煌びやかで更に柔軟性の高さを感じる質感です。
解像度はT1pの方が高いと思いますが十分です。そして刺さることはありえません。
これはエージングが完璧にうまくいっていることでの奇跡的な柔軟性かもしれませんが。
そしてリアル志向な質感も備わってもいるように感じもしました。
立体感やインパクトではT1pには劣りますが、高解像度でこの柔軟性は唯一無二感あります。
レスポンスよく響きの細かさも再生でき、伸び広がり立体感も十分高く評価5超の評価です。

〇 中音 (評価 5+)
高音同様の評価です。高性能な印象ですが特に品の良さを強く感じさせます。
開放型の割に生々しい質感もありますし、厚みと柔軟性と繊細性の魅力が溢れます。
広く伸びやかで、ボーカルの生々しさはT1pに劣らない印象です。
インパクトと柔軟性の不思議な高バランスは評価5超です。

〇 低音 (評価 5)
T1pより開放型感が強まり、圧や重さの幅が減少してます。量は割とあるように感じました。
全域的にソースの原音再生よりT1カラーになってしまう性能だと思いますが、他と比べると十分高めでとくに音色はリアル志向な方だと思います。
柔らかくまったり感が強くそのあたりは密閉型ライクではありますが、伸びやかでこもり感はないです。
元々私は低音控えめなA2000Xを愛用しているのでT1の低音の主張の弱さは好みで、高中音の響きに没入するにはこれくらいが寧ろちょうどいいと感じます。
高音よりのアンプだとまた違った評価になるかもしれません。


こっちは予想より低音が出ていました、、、
T1pよりやや鳴りにくい感じはしましたが大差ないのも意外でした。32Ωと600Ωの大差は?。

そしてこのT1は私の好みでいえば手持ちの中では、No1かなと。
奇跡的な音場バランスでより性能はより良いだろうT1pより好みですね。

中高音だけでなく全体的に良く聴きやすいのは、A2000Xライクです。
というかA2000Xの音色をリアル志向にして柔軟性を上げた感じがします。
どちらも特に女性ボーカルは得意とします。
透明感ではA2000Xの方が上で、A2000Xが密閉型というのが信じられないと改めて思いもしましたが。
斉藤由貴のパンチが欲しいならばA2000Xの方が上ですね。
ただこの柔軟性とリアル志向の音色はいろいろなジャンル、そしてあまり質の良くないソースでも心地よく聴けると思います。

T1pと比べるとやや高音質感は下がりますが、低音の主張が弱めでもよければより万能的かなと。
高解像度感の劣りは気にならないですがインパクト面は弱いです。
でも平均的にそして気持ちよさではT1は理想的な完成度で一つの終着点かなと感じました。


〇 フィット感 (評価 5)
ヘッドバンドはモチモチしてはいますがT1pより量が減少しています。(T1pが増えたがより正確。)
イヤーパッドはT1は芯のようなものがなく、ゆるゆるに柔らかいので長時間の使用ではT1pより痛みを感じ難いかも。
素材や重心バランスの良さはT1でもう完成しており似た装着感に変わりません。重さは感じさせません。
耳周りの構造がよく、イヤーパッドの下側に空間がある形状で耳がつぶれない配慮もあり長時間いけると思います。
やはりA1000とは違った良さがあり甲乙つけがたいです。
ここもこのヘッドホンの強みですね。


〇 遮音性 (評価 1)
9割がたそのまま聴こえてきますがややT1pより遮音性は高い感じがします。
セミオープンということですが開放型の感覚ですね。


〇 満足度 (総合評価 5)
音質面と装着面、好みでもありまったく文句ございません。
T1pより柔らかな響きと柔らかなイヤーパッドは差としてはハッキリとしてますが、どちらも基本的に同系で良さは同じかなと。

T1は新型の2nd系には性能では劣ると思いますが、メリハリや解像度感より柔軟性を好むなら古いT1が良く性能だけでは優劣がつけられないですね。
そしてもう一台欲しいヘッドホンが増えました。(結局買いました。新しい方は柔らかさが減少してT1pよりかなと。)

※DA-310USBではしっとりしつつも解像度感がややあがります。高音は柔軟です。質の低いソースでも柔らかな印象です。
相性は良好です。ゲインのローでも十分でMDR-Z7と同程度のボリューム(50〜60%)でした。

※HP-A8ではその音場の豊かさの表現が増し相性良好。ゲイン+7.0dba。

※2019-05-04 装着感など変更。

比較製品
オーディオテクニカ > ATH-A2000X
Astell&Kern > Astell&Kern AK T1p
主な用途
音楽
映画
ゲーム
接続対象
PC

参考になった1人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

シヲシヲさん

  • レビュー投稿数:30件
  • 累計支持数:321人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
9件
72件
スピーカー
9件
39件
プリメインアンプ
5件
25件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

2017.9月、本機を中古で購入しました。
2016年の10月からsennheiser HD650、HD800を1年間、2016.12月からSTAXのSRM-727AとSR-507コンビを1年半年使用しましたが、現在手元にはHD800とT1を残しています。

【デザイン】
beyerdynamicはどのヘッドホンでも同じデザインを踏襲しており、メーカーの姿勢、ポリシーを感じます。私的には好きなデザインです(少なくともHD800の奇抜なものよりは好感持てます)。

【高音の音質】
HD800との比較では艶と伸びで勝ります。
STAXとの比較では厚みと心地よさが断然勝ります。STAXは解像度が高いためか少し耳障りな音がします。
【低音の音質】
気持ち量が少なめではありますが、これ以上は不要とも言えます。HD800の方が気持ち量が多い多く、HD800がバランスとしては一歩リードでしょうか。STAXは少しやはり低音は伸び切らず、例えばウッドベース独特の響きなどが苦手な印象です。
【フィット感】
個人的にはとても合います。4時間つけても痛くなりません。
【外音遮断性】
無評価
【音漏れ防止】
無評価
【携帯性】
据え置き機としての使用ですので無評価です。
【総評】
HD800は確かに音場が大変広いのですが、やや遠すぎてボーカルの魅力が少し足りません。それ故に、HD650を併用して使っていました。T1はHD800に次ぐ解像度、音の空間がありながらボーカルの近さもあり、ボーカルものにはやはりT1がいい!と思わせる魅力があります。
STAXは確かに解像度は相当に高いと思いますが、艶やかさ、音楽としての魅力が少し失われて聞こえます。一番気になったのはよく聞く音楽ファイルの弦楽器の12000Hz程度の超高音が破綻して聞こえた点です。音は確かにきこえるが、芯がないという感じです。

T1は、実はT12ndも2018.5月にT11stからの進化を期待して購入してみたのですが、やはり1stの素晴らしさを損なっていました。1stの高音が刺さる!低音が足りない!という環境も揃っていない方のちょっとしたレビューを元にして、2ndではそれに応えようとしたのでしょう。ですが、高音は丸くなり伸び切らず音場も狭くなり、低音も無駄に出るようになり少し耳にまとわりつくようになってしまいました(お時間ある方は私のレビューをご参考下さい)。

環境は、MacBook-LUXMAN DA-200-LUXMAN p-1u-HD800 or T1です。DA-200直差しよりも音場広く、高音も伸び、低音も輪郭が出て少し太くなるが締まった感じで、全体的に音に厚みと安定感が出ます。

普段はMacBook-DA-200-SONY TA-A1ES-DALI HELICON400mk2にてスピーカーで音楽を聴いています。HD800とT1とp-1uで大体20万円の出費ですが、スピーカーシステムはスピーカー単体だけでそれを超えます。2つのヘッドホンがありながらとてもコスパがいい世界だと思います。HD800とT1があれば、(後はもしかすると密閉系が欲しくなるかもしれませんが)、ほぼ万能の体制です。

是非、皆様にも T1のボーカルを聴いて、社会の荒波から少しのお時間離れて至高の音楽に癒されて頂ければと思い、レビューさせていただきました。

主な用途
音楽
映画
テレビ
接続対象
PC

参考になった4人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

pinko99さん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:167人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
20件
2件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
4件
プレイステーション2(PS2) ソフト
3件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

良い音のするヘッドホンです
これで音が悪かったら、他の部分が悪いと考えられるので、楽ちんになります

音に関して、はたしてヘッドホンが悪いのか、その他の部分が悪いのか迷うことがありますが、このヘッドホンを使えば、その他の部分が悪いと言い切れる気がします

音に関してはオーディオ機器で言えば、ラックスマンの上位機種による淡々した、ある意味おもしろみのない音であるが正確な音質+そこに少しの華やかさといった感じでしょうか

追記
ここで言うラックスマンの音は悪いという意味ではなく、変な味付けをしていないと言った意味で書いています
マランツのハイスピード感
アキュフェーズの美音
など素晴らしい音は有りますが、現実的な音かと言われれば、御幣があるかもしれませんが現実よりいい音ではないかと思います

そういった中でラックスマンの音はあまり味付けをせず、淡々と音を出し続けるという意味で書きました




また他のヘッドホンでは中々味わえない空中に浮かんだような浮遊感のある音を出します

音場の広さではSTAXに負けますが、あちらはトータルでの値段が高いですので、まあ比べると少し可愛そうかなという気もします

変に低音を強くしたり、デザインで気を引こうとしたり、ハイレゾ対応を全面に出したり、評論家や雑誌で良いコメントをしてもら事によって売上アップを図ろうとする、日本メーカー等に騙されずに、こういった本当に良い音を出すものを皆が聞ければいいのにと思います

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった4人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Angsyallyさん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:302人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
26件
33件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
4件
イヤホン・ヘッドホン用リケーブル
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価
 

beyerdynamicT1です。

デザインも気に入っています。

 

T1second generationが、発売になったせいでしょうか、極端にbeyerdynamicT1の中古価格が、安くなっていますね。
かく言う私も、今年の初めにとても程度の良い中古のT1を格安で入手できました。
ハイエンドクラスのヘッドホンを、私のような者が所有できるとは3年前、いや1年前でも想像さえできませんでした。
ヘッドホンスパイラルとは恐ろしい病気です。あっと言う間に症状が進んでゆくのですね。

しかし、このヘッドホンは凄いです。
私は、このヘッドホンで、主にベートーベン、バルトーク、ショスターコヴィチといった作曲家の弦楽四重奏曲を中心に聴いています。他の作曲家も主に弦楽四重奏曲です。他には、バッハの無伴奏バイオリンソナタとパルティータです。
T1で聴くそれらの作品は、他のヘッドホンに比べると、余りにも生々しく凄まじい迄のリアルさで迫ってきます。

もしも私が、これらの弦楽四重奏曲に興味の無い人間ならば、このヘッドホンは、不要です。
私は、ベートーベンとバルトークの弦楽四重奏曲をもう50年近く聴き続けてきました。
人生の大半をそれらの曲と共に歩んで来たと言っても過言ではないでしょう。

ヘッドホンでゆったりとした音楽空間を楽しみたいのなら、あるいは甘美な慰めの時間を求めるならば、他のヘッドホンの方が合うでしょう。又、今ではもっと音の分解能力に優れたヘッドホンも出現しているようです。
ピアノ曲にとても合うとのレビューが見受けられますが、私は、残念ながら今のところ合う曲、合う音源には、巡りあっていません。
ピアノ線をハンマーで叩きつけているようなメタリックな響きが、ピアノ曲に合っているようには思えないのです。(もちろん個人的な好みの範疇です。)

いずれにしても、このヘッドホンの個性は、私にとっては、唯一無二の音です。このヘッドホンで、弦楽四重奏曲を聴くときは、自身の心の暗闇に向き合うような緊張感を覚えます。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

レスポンスの悪いウーファさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
2件
17件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
3件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン3
高音の音質5
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価
   

   

メンテナンスに出していたNAGRAが戻ってきたのと新品のRMGのテープを見つけ興味半分で試した環境です。

【環境】
NAGRA IV-S (乾電池での駆動)
T1 (購入して2年ほどの使用)

そもそものきっかけはT1 2ndに乗り換えようとした際にカセットデッキに使っている方を知り試しにと思い立った所存です。
それまではU-05にバランスで使っていましたが音が薄っぺらい? と感じ最近はあまり使っていませんでした(単に自分の好みの音で無かっただけ???)

肝心の音ですがテープとは思えないほど高域がしっかりと伸び又ボーカルの声がより生々しく聴こえるように感じました、嬉しい誤算だったのは低域がU-05に比べ聴きやすくなったことです。(出力インピーダンスの違いでしょうか?)

ハイレゾと言われている時代にわざわざテープで聴いている行為は傍から見るとアナクロだと思われるかもしれませんが、ハイレゾと言われているからこそたまにアナログ機器で音楽を聴くと新しい発見や良さがあるかもしれないですよ。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

r5t6y7さん

  • レビュー投稿数:26件
  • 累計支持数:108人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
20件
57件
ヘッドホンアンプ・DAC
0件
7件
デジタル一眼カメラ
0件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

 2nd. gen. も聴いてみました。低音が太くなり、音場も広くなったよくできた製品だと思います。1つだけ買うならこれでも良さそうですが、HD800と両方使いたいということになると、差分が大きいほうが楽しいのであえて旧世代を選択しました。また、バランス接続にこだわらないこと、価格的に(高いですが)まずまずこなれていることも理由の1つです。
 フルサイズの機器を置く場所がないので、ヘッドホンアンプは、HA-501とHDVA600を使っています。前者だとまったり、後者は固めに。かなり差が出ます。後者だと解像度は上がりますが聞き疲れる感じ。個人的にはHA-501に合わせて使うつもりです。また、この機器のダンピングファクター変更はヘッドホンによって効果の大小がありのですが、T1はかなりはっきり違いが出るようで楽しめます。

 (よく聴く音楽ジャンルは、クラシック全般、海外ポップス(ロシア、フランス、モンゴルなど)、日本だと男女問わずボーカルで聴かせる曲など。DACはNuWave Dac。常用しているヘッドホンは、HD800のほかにK-701)

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

チェインバーさん

  • レビュー投稿数:57件
  • 累計支持数:344人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

腕時計
8件
622件
プリメインアンプ
2件
144件
イヤホン・ヘッドホン
12件
46件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性1

【デザイン】無骨と言うか素っ気無いと言うか必要最低限に留めたでとでも言うかeditionシリーズの様な派手さこそありませんがこれはこれで渋いです。
【高音の音質】密閉型と異なり良く抜け良く通る。特にボーカルが男性女性どちらも素晴らしいです。
【低音の音質】密閉型に鳴らされた私の耳には少し物足りなく感じますがこれぐらいが自然なのでしょう。
【フィット感】側圧はあまり強くはありませんがその重量が2時間程使うと首や頭頂部に疲れを呼びます。もう少し軽くなりはしないものかな。
【外音遮断性】【音漏れ防止】セミオープンですのでお察し下さい。寝室ではミニスピーカーの代わりになるくらい漏れます。
【携帯性】ケーブルの付け根が心許ないのとケーブルその物が結構重いのです。扱いを悪くすると断線しそうで気を使います。コンパクトなモデルではありませんので持ち歩く気には全くなりません。
【総評】これまでヘッドホンは密閉型と思い込んでいた私の価値観を変えたヘッドホンです。
edition5のような切れ味がある訳ではありませんが聞いていて落ち着きます。
地味な事ですが消耗品であるイヤパッドの値段が輸入物としては良心的な価格です(e5のイヤパッド1セットでT1のベロアパッドが9セット近く買えてしまいます)長く使って行く際にここは見逃せない部分だと思うのです。
そろそろケーブル脱着可能な2ndモデルが登場するようですがまずは手元にある1stモデルを使いこんでみたいと思います。

追記:実はスピーカー購入によりT1を使用する機会が著しく減っておりました。
最近再び使い始めたのですが音のアタック感が増した様な…一時期は「スピーカーがあるんだから密閉型のedition5は残してT1は手放しても構わないんじゃないか」とも考えましたがこの個性を手放すのは惜しくなったのでまだまだ付き合って行こうと思います。
まだ在庫のある店舗の週末セールでここの最安より安い値段で出ている事があるので(2016年1月現在)
あの値段なら飛び付いて後悔しないモデルだと思いますがヘッドホンアンプに出費が重なる事はご注意下さい。

主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった4人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ナイス・ミュージック!!さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:131人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
4件
0件
イヤホン・ヘッドホン
4件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
3件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン3
高音の音質5
低音の音質5
フィット感3
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

HD800と一緒に購入して1年くらい。。。

持っているもの
HD800, TH900, T1, SR-009 などなど

[デザイン]
ベイヤーって、デザインの基本変えないですよねー。
パーツの部分部分が高級になってはいるけど、結構、下のモデルと共通のパーツ使っていたり。。。

HD800と比べると、フラッグシップなら、普通、そこはもっとこうなるよね!?とか。。。。でも、嫌いじゃないですね、こういうポリシー(笑)

[高音の音質] [低音の音質]
T1って、本当に高音がきれいですね、明らかに造られた音ですけど。

でも、T1の良いところって、人工的な感じがするかしないかの境目あたりで適度な音質というか、あからさまでないというか、チューニングの判断がとても良いところですね。

だからなのか、飽きたり疲れたりすることがないのが良いですねー。 気持ちよく音楽を聴きたくなったら、まずはT1からという事が結構ありますね。

聴くジャンルにもよるけど、最初の1台目におすすめなヘッドホンですね。

[フィット感]
普通ですね。
ヘッドバンドのアジャスターのノッチ感がないのがちょっと嫌い。。。。

[外音遮断性] 
気にしないですね。

[音漏れ防止]
気にしないですね。

[携帯性]
気にしないですね。

[総評]
ベイヤーのT1、結構好きです。
値段はリーズナブルだし、音に個性があって、他と被ることが少ないし。
あと、ベイヤーって、色々なモデルが出ているけど、ブランドの音のイメージが明確ですよね、そこも好きなところです。

T1 2ndとの聞き比べでは、ちょっと音が変わっていましたね、もっと普通になった感じ。でも、バランス接続したいなら2ndだけど、そうでなければこっちでも良い感じくらいのわずかな違いかなー。まあ、どうしても初代の音が好きでバランスしたいなら、ケーブル改造しちゃうんでしょうね(笑)

本当はT5pにも興味があるんだけど、あのケーブルの細さがねー。 あれさえなければ、買うんだけど。。。。

来年あたり、T5 (pなし) 出ないかなー(笑)

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドーナツ型イヤーパッドさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:53人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
4件
0件
スピーカー
3件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価
   

   

【高音の音質】
透き通った感じや余韻は、保持しているFX-850、1A、AD2000X、ESW9、A900X、AD500の中でダントツです。

【低音の音質】
曲やアンプの設定によっては、まるでスピーカーシステムでサブウーファーを追加後のような低音が出ます。
ヘッドホンでこんなに豪快な低音が出るなんてと感動しました。

【総評】
評判どおり最高の音質だと思います。
ロックやポップスは1AやAD2000Xの方がノリが良いです。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

セバスチャン・バッハさん

  • レビュー投稿数:36件
  • 累計支持数:277人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
5件
23件
イヤホン・ヘッドホン
8件
9件
CDプレーヤー
4件
12件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性3

@設置環境
 CDplayerデンオン製DCD-S1/LUXMAN D6U/テレビ Panasonic4K50AX800F /ブルーレイレコーダー PanasonicDMR-BZT9600/ヘッドフォンアンプLUXMAN P700u/HIDMケーブル4K対応PanasonicRP-CHEX15K各機器土台として中国産御影石をひいて使用しております。
Aこれまでスピーカーとしてはダイアトーン20000Z/ビクター1000LABO/DALIヘリコーン800/B&W/日立HS500等々のスピーカーとか、ヘッドホーンAKG701/T1/t90/T990PURO/テクニカ2000Z/1000Z等々聞いておりましたが、最も信頼性と音楽性即ち原音再生に近くコンサートホールに居る感じ方強いものはこのT1が最高機種と思えます。
 とにかくその場にいるような感覚ですね。これはスピーカーシステムでは絶対にあり得ないレベルであると強くかんじます。55年間のオーディオ人生経験で強く感じた次第です。
B結論
 最高機種でしようね。

主な用途
音楽
テレビ
接続対象
オーディオ

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

竜魚Nさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:32人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
5件
6件
ヘッドホンアンプ・DAC
4件
0件
冷蔵庫・冷凍庫
0件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感3
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

中域〜高域の解像感と自然さ、素晴らしいヘッドホンだと思います。

----------

クラシックではHD650・STAXを連想させる自然な音と、
より高い高域の解像感がある。(しかも充分なエージング後はとげとげしさが無い)
そして、解像度が高い、という言葉で表現するよりは「リアルだ・・」と言える楽器の表現。
(A2000Xと解像感は同レベルでも、リアルさという指標においてはT1が上ではないかと・・・)

ジャズ・ロックではクラシックでの大人しさが嘘だったかのように元気な音。
ポップスではより高い透明感のあるボーカル。

購入するなら、T1一本を使い倒すつもりで。
他にヘッドホンをそろえるほど、使わなくなります。



<重箱の隅をつつくような感想>

・LCD-3/HD650/DT990などの方がクラシックでは壮大さを味わいやすい
・手持ちのA2000X/AD2000/W5000と比較して、オーテク高価格帯で聴こえる音がT1で聴こえなくなっている場合と、その逆の場合があった。
・やはりアンプは絶対に必要
・コードが重い

・W5000にあわせて解像度特化型のセッティング(上流下流のコード類)を詰めている場合、ボーカルがキンつく変な音に聴こえる
場合あり
・「特別なヘッドホン感」なんと表現していいかわからないのですが、
解像度特化型ならLCD-XC、音場と音のゴージャス感ではPS1000 などがあり
やはりT1は特別なヘッドホンにはくくれない感じ。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヨシツグカさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

現在、ヘッドフォンアンプは LUXMAN P-1u
CDプレイヤーは DENON DCD 1500SE
という環境で聴いています。
クラシック音楽が好きで、フィリップス「X1」、AKG「K812」を 曲によって使い分けて使用しています。
 
ベイヤーの「T1」は 初めて ヘッドフォンの音質に「納得」した機器で 4年ほど使い続けています。
最初の頃は 定位と解像度が抜群と言うことで 気に入って使っていましたが、使っている内に "柔らかさ"や"味わい深さ"などの音質の変化があり、ちょっと高級なスピーカーで聴いているような感じになり、大変 満足しています。
ベートーヴェンの弦楽四重奏曲の聴き比べ(ブダペスト、ゲヴァントハウス、ズスケ、エマーソン)や バックハウスの ピアノ・ソナタ、50〜70年代にかけての交響曲(ベーム、コンヴィチュニー、クリュイタンス、モントゥー、ブロムシュテット)などを聴く時は「T1」で聴きます。
ロシア音楽なんかも うまく鳴らしてくれます。(スヴェトーラノフ、ムラヴィンスキーのチャイコフスキー)
素晴らしいヘッドフォンです。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tatsupimanさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:35人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
4件
18件
イヤホン・ヘッドホン
2件
4件
USBケーブル
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

まず初めに、このヘッドホンは上流環境に大きく左右されます
半年前にこのヘッドホンを買った時は、アンプなどの力不足で鳴らしきれておらず心底落胆したのを覚えています
そして現在ようやく鳴らしきれたと思うのでレビューします

まず、艶やかなボーカルですね
女性ボーカルを主に聴く自分にとって、この生々しい表現はとても素晴らしい
距離も他の楽器より一歩前に出てきますのでよく聴き取りやすいです

音場の広さは普通ですが、個人的にもう少し広さが欲しいところ

相性の良いジャンルはPOPSとバラード
ロックもいけます
メタルは少しキツイ

装着感は良好で、数時間付けていても疲れません
唯一の不満はリケーブル出来ない事ですね

総合的にみて、かなりの完成度
低価格帯との音のレベルの違いを感じさせてくれるし、高級感のある見た目は飾っておくだけでも満足感を得られます
実は、デザインに惹かれたのも購入動機の一つだったりします(笑)

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

シシノイさん

  • レビュー投稿数:121件
  • 累計支持数:1297人
  • ファン数:64人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
121件
1647件
ヘッドホンアンプ・DAC
0件
142件
AVケーブル
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性1
音漏れ防止1
携帯性1

T1は繊細で綿密で自然な音を奏でる素直で素敵なヘッドホンです。

●音質
その音の世界は色々と蕩けそうです。一言で言うと繊細で素直な音。
解像度が高く、表現力・描写力は特筆に値します。音場・立体感・定位感・密度も素晴らしく、あらゆる面を高いレベルで実現していると感じます。

【高音の音質】
これは涎ものの絶品。高音が欲しい曲やパートではその性能を存分に発揮します。
特に酷く刺さったりはしませんが、意図的に丸めて聴き疲れを排除した機種に比べると刺激はある高音だと思います。

【中音の音質】
適度な艶と前方定位感。私が他のハイエンドのライバル機ではなくT1を選んだ理由はボーカルを聴いた時の距離感と表現力でした。なんと表現したら良いか、ボーカルの生々しさやそこで歌っているという実体感が非常に高く魅了されっぱなしです。女性ボーカルは特に気持ち良く、男性ボーカルも魅力的に鳴らします。


【低音の音質】
非常にどっしりと構えて土台としての役割を果たしてくれています。過剰に量が出るとか滅茶苦茶締まっているとかではなく、ただただ自然に必要な分量が出て必要な分締まっているという印象。
低音がゴリゴリ欲しいといった要望は満たせませんが、私としては不満が出ません。

【音質総評】
以上の通り、星5つとします。不満点がありません。ボーカルものを聴かれる方にお勧めします。
ただしロック系は特にそれほど得意とはしておりませんので他のものをお探しください。(十分綺麗には鳴らしますが、得意としているものに比べると流石に見劣りします)
それ以外ならかなりの能力を発揮してくれます。誰が言ったか「究極の無難」、的確な表現だと思います。淡々と鳴らすと表現されることもありますが、それすらマイナス表現ではありません。
超個性的な機種と比べると音の傾向に大きな個性はありませんが、この性能の高さ・純粋に音を突き詰めた鳴らし方が個性です。
素直で素敵な音を目指して探していた中でいいものに出会えたと思います。
なお、アンプは必ずそれ相応のものをご用意下さい。直挿しならT5pのほうをお勧めします。

購入の際にもちろんハイエンドのライバル機をほぼすべて時間と回数をかけて試聴検討した上でT1を購入しました。
どの機種と、というのは試聴レベルで烏滸がましいので名前は出しませんが、音に密度がありボーカル曲との相性も良いと感じたT1に軍配をあげました。
実売価格は随分と安くなりましたが、元々は12万円くらいで売られていたものが超円高の影響で価格改定(売り負けての値下げでないことは他のベイヤーのラインナップも同時に価格改定されていることから推察できます)されたことを考慮すると大変お値打ちでしょう。
評判や実売価格の上下からは一旦離れ、時間をかけて試聴するのがハイエンドクラスの購入では大切だと思います。聴かれるジャンルや好みでかなり評価が違ってきます。多少の交通費は掛けましょう、10万円前後もする買い物です。

●装着感
装着感はやや良い、くらいです。着けていても大きな違和感はありません。
最大の難点はその重量、何故ハイエンドはどいつもこいつも無駄に重いのでしょうか。

【フィット感】
耳元のフィット感はかなり良いです。耳を完全に覆いきってくれる上、ベロア素材は蒸れにくく快適です。

【側圧】
普通〜そこそこあります。初期は結構強く感じましたが使ってこなれてくると丁度いいくらいに収まってきます。

【頭頂部】
頭の丸みにあった形状をしており、とても快適です。

【重量】
実測で360g、かなり重いです。装着していてもそれほど重みは感じない程度に他の要素は優秀なのですが、3〜4時間経つと首や肩がじわりといつの間にか痛くなっています。
ハイエンドクラスには他にも装着感が良いと評判のHD800等がありますが、アレも実測370g、いくら着けた感じが優秀でも重さは首と肩に実測値通り負荷を掛けます。1〜2時間程度なら割と優秀でしょうけども、長時間使用という観点からはT1もHD800も優秀とは言い難いものがあります。
音のためか何かは知りませんが各メーカーはもっとハイエンドの重量にも気を使うべきだと思います。

【装着感総評】
上記により星4つ、80点とします。各ポイントはなかなか優秀なのですが、重量という一点では度し難いものがあります。ベイヤーには無理かもしれませんが、他のメーカーは次のハイエンドは是非250g前後で発表してください、何卒お願いします。

●その他
両出しコードはやっぱりやや不便ですが、音質のためと言われると許容せざるを得ないでしょう。

【デザイン】
素っ気ない感じがしますが、味があります。にしてもベイヤーはあくまで同じ形状を貫きますね。

【外音遮断性】
皆無

【音漏れ防止】
皆無

【携帯性】
皆無

●総評
素晴らしい音質を讃えて星5つです。
伊達に各所で絶賛されてません、ベイヤーの底力を感じさせられます。
重量面で不満はありますが、他の装着感の良いものと使い分けをすれば問題にはなりません、適材適所です。

驚異的な表現力を堪能した方、ボーカルものを魅力的に聴きたい方は是非一度ご試聴・ご検討ください。
あなたも蕩けてみませんか?気持ちいいですよ。

主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった30人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

Premiumline Series T1のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Premiumline Series T1
beyerdynamic

Premiumline Series T1

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2009年11月下旬

Premiumline Series T1をお気に入り製品に追加する <384

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意