ポルシェ パナメーラレビュー・評価

> > > > レビュー・評価
このページの先頭へ

パナメーラ のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
パナメーラ 2017年モデル 4.00 自動車のランキング 3人 パナメーラ 2017年モデルのレビューを書く
パナメーラ 2009年モデル 4.84 自動車のランキング 5人 パナメーラ 2009年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 0人 -

パナメーラ 2017年モデルの評価

  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.00 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.00 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.67 4.12 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.00 4.21 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.67 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 3.67 3.89 -位
価格 総合的な価格の妥当性 2.67 3.88 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:28人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
1件
0件
プリメインアンプ
1件
0件
その他オーディオ機器
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

2015年のPHEVのSEハイブリッドを2年落ち中古(3万キロ)で正規店購入し、その後3年間使用した感想です:

良い点
理想的な四人乗りのスポーツサルーンであり、PHEVのため経済的で静かで加速もすごいです。
普段は電気自動車で、とても静か快適で近所迷惑にもならず。
一回の充電で二十キロメートル走行可能。
超高速の安定性は秀絶で全く疲れない。またリアウイングがせり出すのでより安定。
燃費は月に1500Km走って、月に電気代五千円+ハイオク六千円で、予想以上に経済的です。
もちろんポルシェゆえに、メルセデスや他のドイツ車とは一線を画すハンドリングと安定性が体験でき、毎日感激します!
オプションの20インチタイヤですが、エアサスのため乗り心地も最高です!
意外に後席も広く通常のセダンより快適。内装やシートも上質であり、家族にも好評です。
維持費もポルシェディラーのメインテナンス保障(月1万程度)に入っているので、大きな故障も心配なし。この保険は15年同額で継続可能のため、とても安心でお勧めです。(←ディーラー車以外でもエクストラ払うと入れるようです)
故障したことは三年間ありません。
意外に任意保険(自損事故含めた)が安く二十等級でフルカバーで年間六万円以下です。

悪い点
1)PHEV故に、毎日五時間充電が必要であり、200V充電が自宅にないと所有できない。
2)リチウムバッテリーが約二百キロ後方に乗っており、やや重い感じがあります(通常は気になりません、むしろ後輪にトラクションがかかってよい感じです)
3)オーディオの音がややチープ
4)左ハンドルなので自分は狭い道でも乗りやすいが、最近の正規車は左ハンドルの輸入が少ない
5)冬季のバッテリー機能低下(二割程度低下)
6)充電をもたすためのコツがある(電気もたすための運転には慣れが必要)
7)五人乗れない

総合評価
家族も快適な、経済的かつ理想のスポーツカー(サルーン)です!
他のドイツ車とは大きく違います。
故障せず、所有して非常に満足度の高い車で、特にPHEVは乗れば乗るほどすばらしい。
十五年(二十万キロまで)まで正規店保障もあるので、ずっと乗り続ける予定です。

使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
レビュー対象車
中古車

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

dssuper6さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
4件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格3

ラグジュアリーとスポーツを限りなく高次元で両立させた車。

グレードはターボS−Eハイブリッド エグゼクティブです。
【良い点】
・シームレスな加速、元々世界最速の変速システムのPDKにモーターをプラスしたのだから当然。
・中間加速ではR35GTRにも楽勝。
・3チャンバーエアーサスペンションはスーパーサルーン並みの乗り心地と、タイトなコーナーでもほとんどロールし ないスポーツカーの足を両立、コーナーリング中の安定感は特筆物(ポルシェなのだから当然)。
・町乗りはほとんどEVモードだけで走行可能なバッテリー容量。
・渋滞ではハンドル操作もアクセル操作も不要な先進技術。
・ACCの追従性の良さと不必要な加減速防止機能には脱帽
・後輪操舵によりミドルクラスセダン以上の取り回しの良さと高速道路での車線変更時の安定感。
・足が組める後席。
・680HPを誇りながら高速道路では14km/Lの驚異的な燃費(100km/h走行時)。
・驚くほど安い税金(笑)。

【悪い点】
・バッテリーの犠牲となった荷室の狭さ。
・パナメーラ Eハイブリッドが2台買える驚きの価格。
・ACC、サラウンドビューモニターなど安全、快適装備が全てオプションで、総額500万円弱という価格設定

乗車人数
4人
使用目的
レジャー
その他
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

XFOUR92さん

  • レビュー投稿数:90件
  • 累計支持数:2477人
  • ファン数:15人
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地4
燃費2
価格2

ポルシェって、そんなに凄いのか?
自分には凄いポルシェとそうでは無いポルシェが存在する。
SUVは別として4ドアサルーンのパナメーラは自分にとって後者であるが・・・

試したパナメーラターボは多くのドイツ車のハイパーサルーン同様4WD。
動き出した途端に感じるのは、その何とも言えない巨体感。
全幅1937mmと言う数値もあるが、人馬一体感は微塵も無い。
同じ事は2ヶ月前に乗ったM5でも感じた。重心の高さも感じる。
そして、これまた同様に感じたのがフロントのグリップの低さ。
それが原因でコーナリング中にフロントが逃げる。
タイヤがPゼロだから?
試乗車にはオプションの4WSがついているから?
BMWは通常の5や6シリーズには4WSが標準であるが、MモデルにはOPでも設定はない。
と言うことは、4WDだから?

蘊蓄はどうでもいいけど、つまり運転していて楽しくない。
帰宅して911に乗ると楽しい。
その理由は様々あるが、今時OP付けなければLEDのヘッドライトもステアリングに何のスイッチもついていない911は楽しい。
R35の方が速いし、スペック考えれば断然お得だが。

ネットの試乗記を読むと911に共通するものがあるとか!
流石ポルシェだとか!
ニュルが7分38秒は凄いとか!

だけど、結局は2トンオーバーの普通のセダン。
日本でこの車でサーキット走る人もいないし、そんな環境も用意されない。

そして思うのだが、何で普通のセダンに今時自動ブレーキがOPでも用意されない?
(\50万のトラフィックジャム付きのACCを付けた場合は、時代遅れの衝突軽減ブレーキが用意される)
セールス曰くポルシェたるもの、自動ブレーキなんぞと平気で言う。
そのポルシェたるものは911のことであって、パナメーラでもマカンでもカイエンでもないと自分は思っている。
ポルシェのブランドは911が築いたものだ。

現行のパナメーラは売れているとは言い難い。
リセールもポルシェにしては悪い。
特にパナメーラターボはオークションに出てくる玉が少なく根の付けようがない。

ポルシェたるものと言うのなら、操作系は0点に近い。
物理的なボタンを廃したのはいいが、使いづらいことこの上ない。
ポルシェのすることではない。
メルセデスが不格好な横長のモニターを採用したのと同様に単純にコストの問題。

それにしてもタイヤがPゼロか?
ミシュランのスーパースポーツが品薄になった時に他社のハイパーサルーンもPゼロがついてくることがあった。
でも、今はスーパースポーツより上の4Sになっている。
コンチのスポコン6とかの場合もある。
パナメーラはミシュランの場合も4Sでなく単なる4がついてくる。

ターボではないが4Sだとメルセデス同様にハンコックの場合もあるという。

結局、ポルシェは特別じゃなくメルセデスやBMWと同じ。
コスト重視。
メルセデスやBMWと違い、タイヤにポルシェマークが無いと入庫お断りが基本。
だからこそ最初についてくるタイヤは重要であり、Pゼロとミシュランの4Sで雲泥の差で体感にも差がつく筈で、ポルシェなら何でも許される筈もない。

この車で唯一感心したのは、PDKの出来。
911も同じだが、BMWのMモデルのDCTより相当頭が良い。
ただBMWもX1の3気筒1.5LガソリンのDCTは見違える出来になった。
中身はアウディのRS7と同等ながら、パナメーラはツインクラッチ。
そこだけにポルシェをみた。

M5と比べるなという声が聞こえてきそうだが、¥1,700万のM5と同等の装備にする場合は\400万のOPが必要で\2,800万なり。
やっぱり、4Sで十分?
いやGTSが出てくるまで待つべきだと思った。

レビュー対象車
試乗

参考になった26

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Reinhard vRさん

  • レビュー投稿数:64件
  • 累計支持数:544人
  • ファン数:4人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格3

【エクステリア】
旧型に比べリアが良くなりました。
やっとポルシェらしくなりました。
【インテリア】
旧型に比べラグジュアリーになりました。
少しポルシェらしさがなくなりました。
【エンジン性能】
ノーマルはダメですが、ターボは十分です。
【走行性能】
旧型同様、素晴らしいです。
ニュルで7分38秒とのことです。
【乗り心地】
旧型に比べ、明らかに良くなりました。
これなら後席にも乗れます。
【燃費】
まあ、こんなもんかな。
【価格】
高すぎます。
【総評】
PACが搭載され、ナビの変更が出来なくなりました。
オーディオはフルデジタルになったらしく、音は綺麗になりましたが定位が悪く、低音が頭の上から聞こえます。
また足元の張り出しが大きく、左足を置くところがありません。
車が大きく感じられ、まるでSクラスを運転しているようです。
目新しくなりましたが、スポーツセダンとしては先代の方が完成していたと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった12人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

猫いらずさん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:140人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
1件
5件
デジタル一眼カメラ
3件
2件
デジタルカメラ
4件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

すごくいいです。
どこ行っても見られるし特別扱いしてもらえる。
ダメなのはステアリングについてるシルバーのパドルとシフトレバーのシルバーのヘッドが樹脂製で安っぽいところ。
4人乗りにしては足回りが硬いこと。

ほかは満足ですが、もともとクルマ好きではないので飽きてきた。
もっと取り回しのいいクルマのほうがいいなーと思いはじめました。

乗車人数
4人
使用目的
その他
重視項目
高級感
その他
レビュー対象車
中古車

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

hkounoさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:28人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
0件
2件
腕時計
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格5

【エクステリア】
これは好みが分かれるところ。
購入前は好きでは無かったが、写真等で見るよりも実物は非常に高級感とスポーティーさを感じる。
ワゴンほど商用車的な雰囲気は無く、かといって普通のセダンほどオヤジ臭さも無い。
911に近いリア周りはパッと見てポルシェと分からせる秀逸なデザインだと感じる。

【インテリア】
こちらもポルシェそのもの。
硬めのスポーツシートに直立気味なステアリング。
適切なドライビングポジションを苦労なく得ることができ、ダンナ仕様の他社セダンとはコンセプトが違う。
内装の質感も全く不満は無い。フルレザー仕様にはしなかったので、当初はダッシュボードの樹脂の質感など懸念していたが、実車を見ると全く不足なし。十分な高級感がある。

【エンジン性能】
200km/hまでの加速なら全く不満は無い。
ましてや日本の高速道路の追越車線をリードするくらいなら余裕があり過ぎる。
もちろん、Sやターボの圧倒的な加速感は無いが、少なくとも遅い、と感じるものでは無い。
また、街中の低速からのトルクの厚み、吹け上がり、レッドまでキッチリ回るところなど、ポルシェの名に恥じないエンジン。
S以上の圧倒的なパワーも良いが、このV6は国内のワインディングでも回して楽しむことができ、その意味でも価値があると思う。

【走行性能】
まず何と言っても圧倒的な高速安定性。
気を抜いてと走るとトンデモない速度になってしまうので注意が必要。
様々な高級輸入車に乗ったことがあるが、このパナメーラの高速安定性は特筆すべきもの。単に安定しているだけでなく、四輪の状態が手に取るよう分かり、クルマが制御下にあることが分かるため、さらに安定感を感じる。
当方、ボクスターも所有しているが、ワインディングでも全く引けを取らないと断言する。
例えば、芦有ドライブウェイや六甲山などのワインディングを楽しめるフルサイズセダンはなかなか無いだろう。
1G前後のコーナリングをしても、オンザレールで曲がり、思いのままに操ることができ、何の不安も抱かせない。こればかりは文章では表現できないので、ぜひお試し頂きたい。

【乗り心地】
オプションの20インチターボホイールを履いているため、路面が荒れた所てまは多少のコツコツは拾うことはある。
しかし、決して不快なものではなく、言われないと20インチの極太タイヤであることを気づく人はほとんどいないのではないかと思う。
普通の道では、極上の乗り心地と言って良いだろう。しかしSクラスのような雲の上を走るような感覚ではなく、四輪がシッカリと地面を捉え、路面をなぞるようなフラットな乗り心地なので、そういうのが好みの人には最適。
ちなみに、個人的にはPASMの制御は秀逸。スポーツプラスにしても不快とは思わないレベルは保ってくれるし、ノーマルでもスポーティーな運転をすると、リアルタイムに減衰力を調整してくれるので、非常に走りやすい。

【燃費】
長距離を高速主体でいけば、10-11km/l程度。
一方、渋滞ばかりの街中だと5-6km/lまで落ちることがあるので注意が必要。

【価格】
乗り出しで約1200万円ほどであった。

【総評】
911もボクスターも乗ったことがあった上での感想として、もしポルシェの中で一台だけを選ぶとしたら、私はパナメーラを選ぶ。
そのくらい、ラグジュアリー性とスポーティーさを両立している。
平日はビジネスエクスプレスとして客人を後席に乗せてもてなし、休日は一人でワインディングを攻める、大袈裟ではなくそんな楽しみ方が出来るクルマだと思います。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
仕事用
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年2月
購入地域
兵庫県

新車価格
1037万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
30万円

パナメーラの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

mutigさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
15件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格3

家族が増え、スポーツカーにこだわるか、それともミニバンにするか、どうするか悩んだ結果パナメーラにしました。カイエンも検討しましたがせっかくのポルシェをSUVで買う事に抵抗器があり、あのズングリとしたシックな印象を拭いきれずパナメーラにしました。もともと燃費は気にしていないのと乗り心地も硬くていいので満足してます。

同じpc、同じ営業さんなのに値引相変わらず渋く、前回は端数切り捨てでしたが笑

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年7月
購入地域
埼玉県

新車価格
1037万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
10万円

パナメーラの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

大地の人さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格2

乗っている車は2010年モデルのターボです。全体的な感想としては、スポーティさを求めるべき車としては最良の車と言えます。同じ水準の価格帯の車より加速する、曲がる、止まるは優れています。しかし、外観は賛否両論と言えます。写真で見ていたときは全く良いとは思えなかったスタイルですが、近くでの実写を見て惚れ込みました。確かに後部座席のヘッドクリアランスを保つために屋根を伸ばしたスタイルは微妙なところですし、ポルシェらしさを出すためのヘッドライト周りはもう一工夫あっても良いかも知れません。しかし、あの車体の大きさで箱根のようなタイトなコーナーを攻め込めるのは驚きです。SのAMGは乗り心地も秀逸で素晴らしい加速ですが、とてもコーナーを攻める気持ちにはなれません。

特筆すべき良い点は、家族4人載せて長距離を走れ、かつスポーティにコーナーを駆け抜けれるところが凄いところです。911はスポーティさでは勝っていますが、とても長距離をのんびり走ろうという気分にはなれませんし、BMWの7でもM5でもコーナーを楽しむほどの感覚はありません。大きさや慣性モーメントを超えた、コーナリングを楽しめる点が素晴らしいところです。細かいところでは、無段階ストップのドアが良いですね。4ドアにしては前も後ろも比較的大きいので、開けるとき気を遣いますが、無段階に止まるのでぶつける心配がありません。更に後席はスタイルを犠牲にしてまで作ったところがあり、広さ、リクライニング、包まれ感、独立した席の優位感などがあり素晴らしいですね。ここはCLSやラピードには真似が出来ません。

悪いところは、ベンツやベントレーに比べるとラグジュアリーさでは勝てないというところでしょうか?内装も乗り心地も完全に負けています。また、他社のオートマに比べると、2ペダルクラッチもスポーティさでは素晴らしいですが、ゆっくり発進しようとすると2速発進との相性は決して良くない面、ぎこちない一面が現れます。また、ブレーキの効きが良い面、ちょっと気を抜くと同乗者の首を揺さぶってしまうような神経質な一面があり、ベンツAMGなどのハンドリングやブレーキのペダル感覚の作り込みに一日遅れていますね。
その他内装面の豪華さやシートのソフト感などオプションを入れれば多少改善されますが、高すぎますね。気に入ったオプションを入れていくと3000万円を超えていきますので。

メーカーへのお願いは政策上仕方がないのかもしれませんが、アメリカ販売価格と日本の販売価格をもう少し小さくして欲しいと思います。それから、スタイル上仕方がないのかも知れませんが、飛び石対策でフロントマスクの塗装面を強化するなど工夫が欲しいところです。ベンツに比べるとBMW同様塗装が弱いところが気になります。

次期モデルへの要望は、極低速時にハンドルをフルに切ったときのごりごり感は無くして欲しいです。また、もう100KG軽くなると更に素晴らしい車になるのでしょう。そして、ミディアムクラス向けに同様の車を開発した場合、無理に車高を確保することなく、できれば同じディメンションで出して欲しいところです。


参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

この製品の価格を見る

パナメーラ
ポルシェ

パナメーラ

新車価格:1232〜2710万円

中古車価格:248〜2556万円

パナメーラをお気に入り製品に追加する <18

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

パナメーラの中古車 (全2モデル/234物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

qoo10
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意