WH-1000XM4 レビュー・評価

2020年 9月 4日 発売

WH-1000XM4

  • 独自の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」の性能をさらに引き出し、ノイズキャンセリング性能が向上したワイヤレスヘッドホン。
  • AI技術を組み込んだ「DSEE Extreme」により、CD、MP3、ストリーミングなどのさまざまな圧縮音源をハイレゾ級の高音質で楽しめる。
  • 40kHzまでの高域再生が可能な専用設計の40mmHDドライバーユニットを搭載。付属のケーブルを接続すればハイレゾ音源をそのままに再生可能。
WH-1000XM4 製品画像

拡大

WH-1000XM4 (B) [ブラック] WH-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥35,730 ブラック[ブラック]

(前週比:-896円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥36,539 ブラック[ブラック]

PCボンバー

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥35,730¥46,666 (54店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥35,731 〜 ¥44,000 (全国709店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:4Hz〜40kHz ハイレゾ:○ WH-1000XM4のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • WH-1000XM4の価格比較
  • WH-1000XM4の店頭購入
  • WH-1000XM4のスペック・仕様
  • WH-1000XM4のレビュー
  • WH-1000XM4のクチコミ
  • WH-1000XM4の画像・動画
  • WH-1000XM4のピックアップリスト
  • WH-1000XM4のオークション

WH-1000XM4SONY

最安価格(税込):¥35,730 [ブラック] (前週比:-896円↓) 発売日:2020年 9月 4日

  • WH-1000XM4の価格比較
  • WH-1000XM4の店頭購入
  • WH-1000XM4のスペック・仕様
  • WH-1000XM4のレビュー
  • WH-1000XM4のクチコミ
  • WH-1000XM4の画像・動画
  • WH-1000XM4のピックアップリスト
  • WH-1000XM4のオークション

満足度:4.20
(カテゴリ平均:4.27
レビュー投稿数:48人 (試用:1人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.45 4.17 126位
高音の音質 高音部の音質の良さ 4.36 4.15 163位
低音の音質 低音部の音質の良さ 4.30 4.14 163位
フィット感 装着したときのフィット感など 4.38 4.08 122位
外音遮断性 外の音を遮断するか 4.49 3.81 44位
音漏れ防止 音漏れを防止するか 4.60 3.77 28位
携帯性 コンパクトさ 3.73 3.79 280位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

WH-1000XM4のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

グレイアイズさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

マウス
2件
0件
洗濯機
0件
2件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性3

コロナ渦中で、いわゆるリモートワークが増えた関係で、スピーカ・マイクの環境整備をしたかった為、色々と検索していて、これとマイク性能の優れていると言われるBOSE NC700と迷ったが、マイク性能以外の機能としては、こちらの方が全般優れている印象で、最終的に決定。

選択2色は迷ったが、いつもの無難な黒より、写真写りの良いシルバーを冒険心もあり選択。
黒は店頭等でも見れるが、個人的にはシルバー(シルバーなのか?と思うが…笑)で正解だった。

使用開始後まだ1週間なので、週全日使っているもののまだ7日、という状況で耐久性は不明。
(いつもの「ソニータイマー」が発動されないことを切に願う…。)

見た目よりかなり軽い印象で、頭に長時間装着していても、特に痛みが走ることもなく、気づけば4時間つけっぱなし、ということがあった。耳をオールラウンドで包み込んでしまう為、耳が入ってしまう人であれば、遮音性は絶大。1m先の扉を開けて自分を呼ぶ声さえ全く気付かないありさま…w
(NC全開時:これは、自分でも流石にこのヘッドホンの絶大な遮音性に納得せざるを得なかったひとシーンだった。)
耳あてのクッション部は、非常にソフトで、つけ心地はとても良い。また、オーバーヘッドの構造上、耳に押し当てる形で固定する訳だが、その圧力が絶妙で、付けていて違和感、というか嫌な感覚がまったくない。よって4時間気付かないことも発生する結果となる。

高音は伸びのある音を出すことが出来るが、低音はマイルドに仕上がっている印象。ド迫力低音重視の方にはもしかすると物足りなさを感じる事があるかも知れない。
全体的に心地よさを追求している感があり、高音〜低音まで全般長時間に渡り楽しめる仕様に思える。
また、アプリで様々なカスタマイズ、音で言えばイコライザー機能もある為、聞いている音楽のジャンルや好み、音楽では無く映画を見る等のシチュエーションの違い毎にアレンジを効かせることが可能。

操作の度に流れる音声アナウンスは女性の優しい声で、AIのようなロボット文章では無く自然な日本語で状況を説明してくれる為、画面等が無い多機能ヘッドホンでは必須機能に思える。

一部の物理ボタンで行う操作(電源・NC)以外は、右耳にビルドされているタッチパッドでほぼ全てのコントロールを行うが、誤動作することは無く、想像以上に”普通に”操作が出来る。一個前の機種では全部が物理ボタンだった為、押し間違いさえしなければ誤反応は無かった為、タッチパッドは少々不安だったが払拭された。ただ、操作法を覚えないといけないので、その辺り人によっては得手不得手が分かれるかも。

自分が話し出すと自動的にチャットモードに入ってくれるモードは、人と頻繁に話すシチュエーションが発生するタイミングで、いちいちヘッドホンを外す、聞いてる音楽のボリュームを下げる等の操作をせずとも自動的にモードに入り、話し終わり後戻るのでシーンによってはかなり使える機能。
また、手動でも右耳に手のひらを当てれば外音取り込みモードになるので、どちらを使っても瞬時切り替えが可能で、これはかなり便利。

アプリとの接続はインストールしたスマホとbluetooth接続をすることで利用することが出来るので、他機種と接続中にスマホで調整をするということは出来ず、アプリ上で変更が必要な場合は、改めてスマホとBT接続をした上で、ということになる。
ヘッドホン側のファームウェアの更新もアプリを通して出来るので、今後の不具合発生時も対応できる安心感がある。

マイク性能は、口もとにマイクがあるわけでは無いのでそこそこ心配はしていたが、綺麗に拾っている模様で、相手からクレームが付くことは基本的には無かった。(但しネットミーティング系ではアプリによって音が途切れる等の事象が発生することがあった。Zoomでは問題無し。Google Meetにて。現在は、不具合が出たらBT再接続で復活するのはわかった。)

自身の声が耳元に音として入ってくるわけでは無いので、遮音性の高いこれを装着して話していると、両耳を指で塞いで声を出しているような感覚にとらわれる。相手の反応で会話は成立するが、自身の声がスピーカーを通して自分に聞こえないのは、どの程度の音質で相手に届いているかがわからず、多少不安が残る。(これはアプリ側の作りもあるかも知れないが、やはり個人的には自分の声がヘッドホン側からも聞こえて欲しい。)

最近は中華製等で価格抑え気味、機能抑え気味、見た目はそこそこ格好いいのが数千円で売られている。こだわりが無ければそっちを買った方が良い。
しかし、音質の良さ、機能の充実度、一機能ごとの精度、安心のサポート等、それらの部分で機能的に不満を持った時に最終的にはこのような製品の一つを選ぶことになろう。
最初から安かろう悪かろうを選ぶのは非効率と考える方にも自信を持ってオススメ出来る一台であることは間違いない。

私もきっかけになった店頭での音の良さとパワフルなNC機能を体験して、気に入った場合にのみ購入することをオススメする。
(選択前に某量販店等で色々な機種を試すのは、納得の一台を選ぶのにとても良い。特に音とNC機能は比較して好みの傾向を自分で知っておくべきだと思う。)

主な用途
音楽
映画
ゲーム
テレビ
接続対象
PC

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

じじいぬさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:22人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ランニングシューズ
4件
0件
シェーバー替え刃
2件
0件
Mac ノート(MacBook)
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質5
低音の音質3
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性3

MDR-1ABTからの買替えです。結論としては、本製品の満足感は高いです。MDRにも不満ありませんでしたが購入から5年経過したので最新テクノロジーを試したく買替えの検討を始めました。AirPods Maxと比較しましたが、両者の音質は甲乙付け難く、価格が1/2なこと、音源がSONY Hi-ResサウンドバーのためLDACの実力を最大限発揮できること等から本製品に決めました。MDRと比較すると、音質がよりクリアになりました。特に細かい高音が素直に伝わります。LDACに加えノイズキャンセルがうまく機能しているのでしょうか?装着感も軽くなり耳のフィット感も向上しました。一方で見た目が良い意味ではシンプルな反面、高級感が今ひとつ。また、低音の迫力もMDRには及ばないように感じます。これも音質をクリアにした副作用なのでしょうか?SONY Hi-Res音源をお持ちで、iPhone等Apple音源との親和性が気にならず、費用対価値を重視される方には是非ともオススメな逸品です。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あやせあだちさん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:63人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

エアコン・クーラー
4件
0件
ヘッドセット
2件
0件
イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質4
低音の音質3
フィット感3
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性3

【デザイン】上位モデルなのでもっと色がゴージャスな色感のが欲しい。今のところブラックとプラチナシルバーの2色設定なのでブラックが嫌ならこれしか選択肢がなかった。

【高音の音質】BOSEを店で聞いたけどデザインはいいけど作ってる音がしてテンション上がりにくい。SONYの方が自然とかこんな音しているんだ感があった。店で聞いたのは1つ前のXM3ですが傾向は同じだろうと思って。WH-H910Nの方が音も装着感も自分に合ってましたが色が多いのに若い人向けのばかりで残念過ぎてこちらにしました。

【低音の音質】普通そう。
2020/12/22追加
接続アプリのサウンドタブにイコライザがあり低音強さ具合含めイコライザなので高音低音問わず設定で変えられました。面倒なのでプリセットもあります。まだ使いませんが音の聞こえ方を変えたければ好みに近づけられます。

【フィット感】ヘッドセット装着感はRAZERのを使って慣れました。
通勤用で買いましたが音楽用は本体がコンパクトです。
当たり前ですが耳からポロっと落ちないのがいい。

【外音遮断性】ノイズキャンセリングはアプリでオンオフ強弱が自動(アダプティブサウンドコントロール)にしています。駅だと外音が強まったりします。
電源じゃない方のボタンでアンビエントサウンド(外音取り込み)、外音コントロールオフ、ノイズキャンセリングのモード切替ボタンとわかり、買ってからアプリで設定変えるの面倒だなと思ってたのでボタンで操作すれば外音とかノイキャン変えれるのでボタンでやるようになった。

スピークトゥチャットは少し使ってみたが慣れないのでオフ

【音漏れ防止】自分で聞こえないのでわからないがヘットセットだからほとんど音しなそう。

【携帯性】使うと大きいと感じることも当然ある。
冬はヘットセットが耳当てになって良い。外で耳が冷たくなさそうな目で見られる。
でも居酒屋で聞くと浮いている感を自覚するので付け始め数秒勇気?がいる。
バッテリー長持ち。電源を付けているときに電源ボタンを短めに押すと残量のメッセージが流れる。

【総評】
冬はヘッドセットが耳にも見栄えもいい。
重いとかも感じない。場所は取る。
ヘッドセットでタッチ操作できるがまだ操作が慣れてこない。
1/15追記 買った当初は電源を入れたら接続アプリでいちいち接続していましたが1ヶ月位経ったら電源付けるとすぐBT接続しましたとメッセージが流れ接続は快適

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった8人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

SUITEBERRYさん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:89人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
83件
CPUクーラー
1件
70件
ビデオキャプチャ
1件
34件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感3
外音遮断性5
音漏れ防止無評価
携帯性無評価
   

中身

   

全体トータルでは気に入ってますが気になった点をピックアップしてレビューします。

NC利用時の籠もったというか圧迫感の有るのは仕方ないかな?
NC性能自体は良くNC出来ない急な高音(パット無くなったブレーキの金属音等)からの復帰も早いですね。

アンビエントサウンドは相変わらず風があるとブホブホするのは仕方ないのかな?
フィードフォワードに小型の風防など対策パーツが欲しいところ

スピークトゥチャットは便利なようで咳払い等で誤爆したり口ずさんだ時に曲停止して「おぉぅ」ってなるので使い所が難しい
クイックアテンションモードで良いかなって感じでOFFにしました。

アクティブサウンドコントロールはスマホの加速度センサーのせいか判りませんが
急に行動シーンが切り替わってNC効いたり外音取り込みになる事があり今の所微妙。

L側の近接センサーですがこの時期は長時間の蒸れで水滴が着きます。
そして機能しなくなります。
防水では無いのでこのセンサーがいつか壊れるかも知れない点が一番の不満点です。


製品としては関係ないのですが、
アマゾン等で売ってるM3用イヤーパッドはポッチの位置が変更になってるためそのままでは利用できません。
まぁ、L側がセンサー付いたので専用品待つのが一番ですが…

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

momo_117さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:116人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
5件
1件
イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
タブレットPC
1件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン4
高音の音質2
低音の音質2
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止無評価
携帯性5

【デザイン】
AirPodsMaxと比べて、コンパクトでシンプルなデザインです。
【高音の音質】
ん?なんか籠もってる?
【低音の音質】
ん?なんか籠もってる?
【フィット感】
AirPodsMaxより、こっちの方が好きです。
【外音遮断性】
AirPodsMaxと同等。よりちょっと劣るくらい。
【音漏れ防止】

【携帯性】
AirPodsMaxより軽く。収納もコンパクトでいい。
【総評】
AirPodsMax持ってて、こちらの商品もAndroidとかPCで使おうと購入。
結論。
何故こんな評価高いの?て感じ。
全体的に音が籠もってて、音がスッキリしてない。
音と外部取り込みに関してはAirPodsMaxの方の圧勝。
有線ケーブルが、最初から付属してるので、PCに繋げてみたけど。やっぱり籠もってる音。
新品未開封品を32000円で購入しましたが、うーんて感じでした。
籠もってる感じとか、使ってれば消える?かもしれませんが、微妙。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

homooさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
高音の音質3
低音の音質4
フィット感2
外音遮断性2
音漏れ防止2
携帯性1

低音は良く響きますが、音の伸びは弱い気がします。また、ノイキャンは車の音はよくカットしますが、なぜか、ドラム式洗濯機の乾燥中の音、会話、空気清浄機の音はほぼそのまま聞こえます。

主な用途
音楽
ゲーム
接続対象
携帯ゲーム機

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

どらちゃんですよさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:12人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
4件
1件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
3件
カーナビ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性3

音質とNC性能はもう言葉に出来ないくらい素晴らしいです。
音のバランスはかなりフラットでクラシックを聴くにはよいチョイスになると思います。
アシスタント機能もいざ使ってみると便利ですね。
ただし欠点がいくつかありましたので星4とさせていただきました。
詳細は以下の4点です。

・冬場に使うと着脱センサーが結露し、機能しない。
・イヤーパッドの交換が自分では出来ない。
・DSEE extremeを生かすには“Music Center“の利用が必須。(スマホ)
・圧縮音源→ハイレゾ音源に移行するときたまに失敗して、
 音声が流れないときがある。(当方はGalaxy S10を使用しております。)


是非購入の際の検討材料としてご活用ください。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

taka-miyuさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:121人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
205件
自動車(本体)
0件
135件
薄型テレビ・液晶テレビ
0件
12件
もっと見る
満足度4
デザイン3
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止無評価
携帯性3

収納ケース状態

付属品(有線は、一般的な3.5径)・USB-AからUSB-C・飛行機用アダプター

いちばん小さく折り畳んだ状態

【デザイン】
もう少し高級感が欲しかったですが、軽さを求めると仕方がないかと、
このプラチナシルバー実際みて、いい感じでしたのでおすすめです。
【音質】
いい感じですね。
CD音源はワイヤレスでもハイレゾ近くに聴けて、
ハイレゾ音源は、ワイヤレスでもハイレゾ音質(ただし圧縮のLDAC音出)
劣化なしでは。有線接続でハイレゾ再生に聞けます。
【フィット感】
自分の耳では、合格点ですし、なんと言っても長時間装着しても大丈夫でした。
【外音遮断性】
ノイズキャンセリングは、流行のAI(自己学習)などがあるので使い込むほど
優秀になりますし、カスタム設定もできます。
【機能】
ここが一番おすすめです、正直他社とどちらにしよいうかと悩んだのですが
@自分が話しかけると自動的に、音楽をストップし外部音取り込みに変わる
A物理的操作でなく、タッチセンサーによるアクション(壊れにくい)
Bノイズキャンセリングが、AIにより場面ごとに自動切り替えられる(ほぼボタン切り替えての必要ないかな)
【携帯性】
これはインナーイヤー型と比べると敵いませんが、苦にならない軽さと何より
一番は、簡単に外れない事が安心です。
【総評】
音質も好みですし
ノイズキャンセリングも優秀ですし
機能性にも書きましたが一番ここが、お気に入りです。
実際購入する前に試されると驚きますよ!!

主な用途
音楽
映画
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ごく一般的なお父さんでしょうかさん

  • レビュー投稿数:103件
  • 累計支持数:290人
  • ファン数:22人
満足度1
デザイン5
高音の音質5
低音の音質4
フィット感1
外音遮断性4
音漏れ防止5
携帯性2

小さすぎました、之に尽きます。
見た目 質感 気に入りました
NR性能も驚きました、必要な音は聞こえ・・・不快な騒音は見事に減少(粗無音と言ってもいいくらい)

だけど、最大の難点はイヤーパッドが小さすぎる、個人的に耳がデカイのは自覚していましたが
耳たぶが全く入らない・・・どころか軟骨部分を少々曲げてヘッドホン自体を少し下げても耳たぶが
外にはみ出る、そのまま使用していると15分くらいで耳が痛くなるので、残念ながら返品させていただきました。

個人的には体形的に使用できない(他のメーカーのゲーミングヘッドフォンなどは使えました)ので
低評価になりますが、耳が大きくない(使用感が合えば)NR性能は最高の部類だと思います。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

きぬてつさん

  • レビュー投稿数:29件
  • 累計支持数:266人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
7件
4件
イヤホン・ヘッドホン
5件
2件
デジタル一眼カメラ
5件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止無評価
携帯性無評価
   

WH-1000XM4とWF-1000XM3を添えて

   

WH-1000XM2より買い替えましたので、こちらとの比較を中心にレビューさせていただきます。

【デザイン】
マットな筐体で安っぽさもなく、落ち着きが感じられます。XM2ではプラスチック剥き出しであったり、テカっている筐体でしたので、気温の低い際に触ると冷たく感じ、指紋が残るためあまり気に入っておりませんでした。

【高音の音質】
XM2と比べて、「格段に」進化しております。こちらは刺さるような音というよりは、寧ろ大口径のスピーカーから自然な高音を出すといったイメージです。XM2では小口径から絞り出したような高音でしたので、耳障りさが否めませんでした。

【低音の音質】
格段の進化は感じられませんが、若干ボリュームが増したように聴き受けられます。イコライザーなしの状態ですと、XM2ではスッカスカで物足りなさを感じたものです。

【フィット感】
こちらも「格段に」進化しています。1時間も着けていれば耳が痛くなる、XM2なのに対し、こちらは4,5時間着けていても全く痛んで来ません。側圧が丁度良くセットされたのと、イヤーパッドのアンコが更に詰められたのが大きいのでしょうか。
また、ヒンジ部のギチギチ音が全くしなくなったのも大きいです。品質も進化していると感じられました。

【外音遮断性】
ノイズキャンセリング性能も「格段に」進化しています。作動時のホワイトノイズが減ったのも大きいですが、人の声なども如実に更にカットされていると思われます。

【総評】
3年、2世代分の進化ってこれほどか!と驚かされたものです(笑)。とにかく、装着安定性とヒンジ部のギッチギチが皆無となったこと。これは小さいように見えて、物凄く大きな進化です(個人的には)。
XM3ユーザーの方はともかく、XM2以前の機種をご利用の方は、是非買い替えをお勧めします。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

八大さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:115人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

地デジ・デジタルテレビチューナー
1件
4件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
1件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止3
携帯性3
 

 

重低音モデルWH-XB900Nと比べ、重低音域のバスドラムも決して耳障りではなく、くどさがなく心地良い。
現行機種1000XM4のひとつ下位のハイレゾ対応機種WH-H910Nは1000シリーズよりもハウジングがコンパクト、キャリングケースも巾着型、屋外使用には好適。ハウジングはマット塗装でイヤーパッドには文様がシボ加工されており、個性と高級感があるが、縫い目が正面に。ヘッドバンドとスライダーはハウジングと同様のマット塗装で一体感はあるが、高級感ではXM4に劣る。
XM4のイヤーパッドは立体縫製で縫い目は耳に直接当たらない内側で見た目にも目立たない箇所にあり、ヘッドバンドの外側と内側にもクッション性のあるスムース素材となっている。
アームとハウジングの接合部付近に可動する部分(普段は隠れていてハウジング上部に穴が開いている箇所)はXB900Nなどはプラスチック感が前面に出て質感にチープさを感じる。XM4は地味ながら目立たない部分にも細かい配慮が見られる。

さらに1000XM3とXM4を比較すると、音質とノイキャン性能について後継機は従来機より優位との評価であるが、素人耳ではほぼ同等。

筐体のおもな変更
・イヤーパッドの形状変更で装着感が改善
・ハウジング可動部のガタつきを低減
・ヘッドバンド、スライダー、アームのマットな意匠統一、質感向上
・SONYロゴ 赤色から赤銅色に

機能性のおもな変更
・装着検出センサー
・Speak to Chat
・Bluetooth4.2から5へ
・対応コーデック aptX/aptX HDオミット
・装着センサーで自動電源OFF
・マルチポイント接続
・DSEE HXからDSEE Extremeへ
・アダプティブサウンドコントロールVer.up

他に 専用アプリ『Headphones Connect』上で利便性が向上している。アプリから本機の電源OFFは良く使う。逆に電源ONが出来ないのは残念に思う。
対応コーデックのダウングレードは一部マニアックなユーザーに実害があるかも知れないが、ライトユーザーには無縁の話。
Androidに比べ、そもそもハイレゾ音源非対応で音質面で劣るiPhoneだが、DSEE Extreme搭載により高精度再現の恩恵に預かっている。

AI技術による解析で圧縮音源をアップスケーリング、アルゴリズム検出でノイズキャンセリング特性を最適化など先端技術搭載で、もう単なるヘッドホンではなくなっている。

イヤーパッドの側圧による遮音性との相乗効果により、他を寄せつけないノイズキャンセリング性能を実現している。慣れるまでは物理的静寂でないデジタル処理で作り上げられた静寂に違和感があった。日常から遮断された静寂に音場感、没入感を高められ、奥行きの深い空間に引き込まれる。遮音性とノイキャン性能が高音質を後押ししているのか、つまり錯覚かとも疑ってしまうほど。いづれにしてもXM4の完成度が高いのは間違いない。

さてXM3かXM4の結論を求めるに基本スペックと筐体はほぼ同等で、価格差と付帯性能の費用対効果を考えたとき所有感を埋めたに過ぎないかも知れない。
だが本機を手にすれば、最大限のパフォーマンスを発揮してくれる筈。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ひろこんぐさん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:374人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
5件
46件
スマートフォン
1件
41件
タブレットPC
1件
23件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止無評価
携帯性5

MDR-1ABTを5年ほど使用して、動画再生時の音の遅延が気になったので新しいこちらの機種を購入しました。

【デザイン】
初代1000X系を受け継ぐシンプルかつカッパーの上品なアクセントがかっこいいです。

【高音の音質】
結構高いところまで出るがゆえに、破擦音がたまに刺さることがあります。
イコライザーで調整可能ですので、調整後は聞きやすくなりました。

【低音の音質】
低音の量が減って、その代わり低音の見晴らしが良くなりました。
具体的にはベース音の僅かな弦の触れる音など、生音らしい表現になっていました。

【フィット感】
完璧です。
クッションが前機種より増量しているみたいで、高級な低反発マットを耳にまとっているかのような気持ちよさです。
ただし群蒸れに注意です。

【外音遮断性】
ノイズキャンセリングなしでもある程度外音を遮断してくれます。
また、ノイズキャンセリング性能は文句なしにいいです。

【音漏れ防止】
おそらく漏れていないと思いますが、判断できないので無評価とします。

【携帯性】
優秀なケースが付属し、携帯性はヘッドホンとしては◎です。

【総評】
ノイズキャンセリングも優秀ですが、とくにマイク性能も向上しており在宅勤務時のオンラインミーティングなどで活躍しています。
また、動画での音声遅延も全く気にならないので、かなり気に入っています。

ブログでも詳細にレビューしています。
【レビュー】WH-1000XM4は通勤派にも在宅勤務派にもおすすめ!音声の遅延やノイズキャンセリング性能など徹底レビューします!
https://taishon.nagoya/wh-1000xm4-review/

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

☆KKさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:48人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度1
デザイン1
高音の音質1
低音の音質1
フィット感1
外音遮断性1
音漏れ防止無評価
携帯性1

【デザイン】 大きくて見苦しい

【高音の音質】 スマホで聴く方は、附属のアプリのBluetoothがLDACに対応しておらず、AAC接続になるので(ソニーに確認済)、ハイレゾ音源などを購入しても、無駄になるので、購入しない方が良い。数千円のオーデイオテクニカの有線イヤホン(カナル型)の方が音質が良い。

【低音の音質】同上

【フィット感】締め付けがかなりきつく耳が痛くなります。

【外音遮断性】散歩時に、車の排気音、全然消してくれません。

【音漏れ防止】よくわかりません。

【携帯性】オーバーヘッド型なのでよいはずがありません。

【総評】 附属のアプリでは、CDなみのFLA音源をダウンロードしても、BluetoothでAACにダウンコンバートされてしまうのに、CMやパッケージにハイレゾワイヤレスとうたっているSONYは、悪質な嘘つき企業です。皆さんも、だまされないよう気を付けてください。同じヘッドホンアプリを使用している製品も同様なので、購入時には気を付けてください。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった48

このレビューは参考になりましたか?参考になった

チベッタンin東京さん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:217人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
2件
77件
マザーボード
0件
26件
プリンタ
0件
19件
もっと見る
満足度3
デザイン3
高音の音質3
低音の音質3
フィット感2
外音遮断性2
音漏れ防止3
携帯性3

追記
しばらく使っていて気づいた不具合について報告します。
車のドアをバンと閉めたり、新幹線で走行中にガタンと衝撃音を受けると、バリバリと音が割れる。
ノイキャンのチップが悪いのか、以前のモデルでは無かった現象で、不具合なら交換で済むかもしれませんが、非常に不快です。

又、ヘッドホンがリクライニングで新幹線のシートで装着してて、揺れでどうしても下に下がるのが気になる。

結局、現在はXM3に戻してXM4は修理に出して改善割れなくなければ売却を検討したいと思っています。

正直、ダウングレードした印象です。音質、ノイキャン共に前の方が良かったきがしてきました。
これは長年このシリーズを使い続けて分かる事だと思いました。


【デザイン】
XM2-XM3-XM4と使用してきて変更点が少なく、まるでアップル製品のように物欲を満たしてくれませんが、これまでよりも、質感にこだわったようで、マットな肌触りで、吸い付くよう。
これは想像ですが、ボディ保護の為にウレタン系塗装を施しているのかもしれません。
経年劣化でベタつく可能性は無くはないです。
【高音の音質】
XM2からXM3に移行した時ははっきりと伸び、クリア感が増したのですが、XM3からは全く差が感じられません。
【低音の音質】
高音同様
【フィット感】
ヘッドホンを外すとストップする機能が追加されて良くなったかと思いきや、少しズレるだけで音が止まります。
【外音遮断性】
前モデルと変わりません。
【音漏れ防止】
前モデルと変わりません。
【携帯性】
前モデルと変わりません。
【総評】
若干の機能が追加されてはいるものの、前モデルからの鮮明な向上感は見受けられませんでした。

一番残念なのが、ノイキャン性能が前評判ほど良くなっていなかったことです。
仕事場で長時間使っていますが、相変わらず、人声が遮断されず、会話が聞き取れてしまいます。

音楽のボリュームアップダウンタッチが段階が多くなって微調整が可能になったことは良かったと思います。
また、タッチ感度が向上しており、場所によってこれまで反応してくれなかったものが無く、改善されたようです。

トータルでは機能面での進化はあるものの、音、ノイキャンが据え置かれたように感じます。
XM2からXM3への時がピークだったのかもしれません。
音、ノイキャン共に頭打ちであれば、少し機能が改善されてるだけなので、XM3で十分だったかもしれません。

値崩れする前に売却を検討しております。

次期モデルを待ちたいと思いました。
これはXM3お持ちであれば、買う必要が全くないでしょう。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった40人(再レビュー後:20人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

infinity8777さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:39人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
3件
0件
プロジェクタ
1件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止4
携帯性3

2ヶ月平日は5時間以上利用していましたが、Teams会議の際に、音が1秒ごとに聞こえたり聞こえなかったりを繰り返し、使用できない状態になりました。(他のBT製品はその症状が出ないのでPC側の問題では無い。)
ソニーに問い合わせたら、前例のある事象だと言われ送付して欲しいと言われました。保証内なので、修理に出しますが、壊れやすい商品なのかもしれないです。
iPhoneで音楽を聴いている分には問題ないので、この故障に気づいていない方も多いと思いますので、追記しておきます。

テレワークのイヤホンで耳が痛くなってしまったため購入です。

【デザイン】
 可もなく不可もなく。一世代前のデザインとほぼほぼ同じでしょうか。
【高音の音質】
 刺さる感じはしないし、良い感じです。
【低音の音質】
 こもった低音では無いので、良い感じです。
【フィット感】
 今まで使ったヘッドホンの中では付けた時に、一番楽チンです。
【外音遮断性】
 AirPods Pro と比較すると、ノイズキャンセルのかかりが弱い気がします。
 外部音取り込みもAirPods Proの方が自然で、少し違和感があります。
【音漏れ防止】
 ノイキャンのおかげで音量小さくても楽しめるので、あまり漏れていないそうです。
【携帯性】
 外で使う予定はないですが、あのキャリングケースを持って行く気にはなれません。
 ただ、ヘッドホンがある程度折り畳めるので、他のヘッドホンと比べると持ち歩きやすいのかもしれません。
【総評】
 2台同時接続がとにかく便利です。iphoneで音楽を聴いている状態でPCで会議の督促があった場合、Teams会議に参加する際に勝手に音楽が止まって、Teamsの方に音が切り替わります。こちらから発言する際のマイクも、問題なく相手側で聞き取れるそうです。(ノイキャンONだと、最初違和感があります。自分の声が届いていないような。すぐ慣れます。)テレワークに最適をうたうだけは有る製品です。
 設定も、携帯アプリでONする(LDAC接続できなくなるようです)のと、電源ボタン長押しでペアリングモードにして(これはマニュアルに載ってない気がします)PCもペアリング対象にするだけ。
 aptx対応ではないけど、会議中の音声の遅れは感じません。
 一日中着けているので、eartouchを着けて快適にしています。そのまま付けてたら、汗で肌との接地面ボロボロになってしまうかも!?

参考になった9人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

WH-1000XM4のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

WH-1000XM4
SONY

WH-1000XM4

最安価格(税込):¥35,730発売日:2020年 9月 4日 価格.comの安さの理由は?

WH-1000XM4をお気に入り製品に追加する <1409

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意

WH-1000XM4の評価対象製品を選択してください。(全2件)

WH-1000XM4 (B) [ブラック] ブラック

WH-1000XM4 (B) [ブラック]

WH-1000XM4 (B) [ブラック]のレビューを書く
WH-1000XM4 (S) [プラチナシルバー] プラチナシルバー

WH-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]

WH-1000XM4 (S) [プラチナシルバー]のレビューを書く

閉じる