WH-1000XM5 レビュー・評価

2022年 5月27日 発売

WH-1000XM5

  • 高いノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスステレオヘッドホン。従来機「WH-1000XM4」からノイズ除去率が50%アップしている。
  • 専用設計の30mmドライバーユニットを搭載し、低音域から高音域までの再現性を高め、より自然で伸びのある音質を実現。
  • ノイズキャンセリングON時は最長30時間、ノイズキャンセリングOFF時は最長40時間の音楽再生が可能。3分の充電で3時間再生が可能なUSB PD充電に対応。
WH-1000XM5 製品画像

拡大

WH-1000XM5 (B) [ブラック] WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥39,780 プラチナシルバー[プラチナシルバー]

(前週比:+60円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥40,600 プラチナシルバー[プラチナシルバー]

PCボンバー

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥39,780¥49,500 (58店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥40,000 〜 ¥49,500 (全国748店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:4Hz〜40kHz ハイレゾ:○ WH-1000XM5のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • WH-1000XM5の価格比較
  • WH-1000XM5の店頭購入
  • WH-1000XM5のスペック・仕様
  • WH-1000XM5のレビュー
  • WH-1000XM5のクチコミ
  • WH-1000XM5の画像・動画
  • WH-1000XM5のピックアップリスト
  • WH-1000XM5のオークション

WH-1000XM5SONY

最安価格(税込):¥39,780 [プラチナシルバー] (前週比:+60円↑) 発売日:2022年 5月27日

  • WH-1000XM5の価格比較
  • WH-1000XM5の店頭購入
  • WH-1000XM5のスペック・仕様
  • WH-1000XM5のレビュー
  • WH-1000XM5のクチコミ
  • WH-1000XM5の画像・動画
  • WH-1000XM5のピックアップリスト
  • WH-1000XM5のオークション

満足度:3.10
(カテゴリ平均:4.26
レビュー投稿数:25人 (試用:3人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.18 4.18 226位
高音の音質 高音部の音質の良さ 3.95 4.15 258位
低音の音質 低音部の音質の良さ 3.54 4.13 319位
フィット感 装着したときのフィット感など 4.34 4.08 124位
外音遮断性 外の音を遮断するか 4.40 3.81 44位
音漏れ防止 音漏れを防止するか 4.58 3.78 24位
携帯性 コンパクトさ 3.07 3.82 345位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

WH-1000XM5のレビューを書く

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
画像付き
動画付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

りゅうじ1209さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
1件
もっと見る
満足度1
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性1
音漏れ防止5
携帯性3

【デザイン】
シンプルなデザインで非常に好みです。

【音質】
音に関しては素人なので詳しくは語れませんが一般的な感想として非常に高音質だと思います。

【フィット感】
側圧も弱くて長時間つけていても快適でした。

【外音遮断性】
ノイズキャンセリングが非常に弱いです。XM3やAirpods Proの方が断然ノイキャンが効いています。おそらくアダプティブノイズキャンセリングで自動で調整していると思うのですが、全然効いている感じがしませんでした。不良品かと思い3台ほど交換してもらいましたが、どれも同じでした。今後NCのレベルをアプリのアップデートで手動で設定出来るようにならない限り使い物にならないと思います。


【携帯性】
XM5から折りたたみが出来なくなっているので若干携帯性は低下しているかと思います。

【総評】
初めてノイズキャンセリングヘッドホンを購入する方は問題ないかと思いますが、現在XM3、XM4やAirpods Proを持っている方はノイズキャンセリングの弱さに驚くかもしれません。XM3を売却した事を後悔しています。

主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

高知1さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

カーナビ
0件
2件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感1
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性1

音は良いけど頭にあとがついて痛くなる、かけごごち最悪、髪の毛薄い人注意。

主な用途
音楽
映画
テレビ
ラジオ
接続対象
PC

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nahoananさん

  • レビュー投稿数:95件
  • 累計支持数:302人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

PCモニター・液晶ディスプレイ
9件
0件
マウス
8件
0件
タブレットPC
6件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン4
高音の音質無評価
低音の音質無評価
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4

音はBOSEのNC 700(ワイヤレスヘッドホン)、SONYのWF-1000XM4(ワイヤレスイヤホン)との比較。
ノイキャンを有効にしています。
イコライザー等音の調整は全くしてない状態です。
結論から言うと、店頭などで実際に聞いてから購入判断をすべきです。
これは評価が分かれるような気がします。

★3週間使った後の感想
やはりヘッドホンでエージングは不要という説の通り音質に変わりは無し。
他の評価を見るとやはり音質の好き嫌いがはっきり分かれているので、実物で聞いてから判断すべきという結論は変わりなし。
ただ、discordやskypeといった通話で使用したら非常に聞きやすく、相手もこちらの声がいつもよりクリアに聞こえるという感想だった。
やはり音楽・スポーツ視聴には向かない、通話にはとてもいい、のがWH-1000XM5の回答ではないかと思う。

【音楽の音質】
ウォークマンNW-A55とLDAC接続(NC 700はSBC)。
最初に思ったことは音の違和感。
他の機器に比べたらマイルドで、迫力が無いように聞こえてしまう。
その原因は音同士が干渉し合って単独の音の主張が弱くなっていることだ。
その代わりボーカルは干渉を受けず他の機器よりブレスもよく聞こえる。
同じSONYのWF-1000XM4と比べても本当に同じメーカーかと疑うくらい音が違う。
エージングしたら変わるのか?設定が必要なのか?
ノイキャンを切って聞き直したがあまり変わらない。
しばらく使ってまた比べてみたい。

【スポーツ視聴、動画視聴】
iPhoneでアプリから視聴。
これも音楽と同様、マイルド感があり違和感がある。
F1中継だと車から発するモーター音に迫力を感じない。
さすがにイコライザーで低音を強調したが、それでも迫力がない。
音楽同様物足りなさ感が満載だ。

【ノイズキャンセル性能、外音遮断性】
これはカタログでも強調するくらいその性能は高い。
他の機器だとノイキャンを使っても人間の声は割とカットされないが、WH-1000XM5はそこから2,3割増しで音を打ち消してくれる。
また、外音取り込みも不自然な感じがなく非常に聞きやすい。
これはマイクの数が倍になった恩恵を感じる。

【フィット感】
NC 700と比べると耳への圧迫感は少ない。
イヤーパッドの穴の大きさを測ったところ、NC 700よりWH-1000XM5の方が縦横2mmずつ大きい。
コレは人によって耳の形、大きさが異なるので評価も分かれるだろうが個人的には非常にいい。
だが頭へのクッションはNC 700の方が好み。

【総評】
ヘッドフォンとイヤフォンの違いはあれど、正直WF-1000XM4とここまで音に差があるとは思わなかった。
どちらかと言うと、音楽や映画という用途よりもウェブ会議用よりになっているのではないだろうか。
とりあえず2週間以上は使い、設定によって変わるかを試してみたい。
使用初日にして失敗したという思いが強い。
現時点でこれが4万円後半という値段を考えると他人にオススメする気は全くでない。

参考になった16人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

XPERIENCEさん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:183人
  • ファン数:1人
満足度3
デザイン5
高音の音質4
低音の音質3
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

前機種「WH-1000XM4」との比較です。
【デザイン】
メカメカしさがなくなりシンプルになりました。
好みにもよりますが、こちらの方がファッショナブルで好きです。

【音質】
中高音が前面に出てくる感じで、中低音メインだった1000XM4とはまるで違います。
モニターライクというか、クセはないのですが面白みもない音質になりました。
もちろんイコライザーである程度いじれますが、前機種の音質が好きだった方は注意した方がよいです。

【フィット感】
イヤーパッドがさらにフカフカモチモチになり、付け心地はアップしました。
オーテクのath-hr7btほどの付け心地ではありませんが、ヘッドホンの中では上位に入ると思います。

【外音遮断性】
ノイズキャンセリングが更にパワーアップしています。家電量販店でふたつ聴き比べても、明らかに1000XM5の方が静寂でした。

【音漏れ防止】
これは前機種から不満はないので変わらず。

【総評】
音質面以外は順当に進化していると思います。
フラットでクセのない音質が好きな方はドンピシャかもしれませんが、今までのソニーの音作りが好きだった私にとっては残念な機種でした。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tcs-v3さん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:139人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
5件
2件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
4件
液晶テレビ・有機ELテレビ
2件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性3

しっかり聴き比べると今までのとはまるで音作りが違う。
ウォークマン系の音が出ている。
飾り気のない本当に純粋で素直な音が出ている感じ。
ウォークマンにZ7をつないで聞いているのに近い。
アンプ系をがらっと変えたのでは。
こうなるともう好みの世界でどっちが良いかは人それぞれだと思う。
個人的にはXM5の方が楽しく聴ける。
ただNFCがないのと折りたためないのは不便に感じる。
昔の機能と形で音だけ今回のものにしてほしかった。

主な用途
音楽
その他
接続対象
オーディオ

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

conan大好き♪さん

  • レビュー投稿数:67件
  • 累計支持数:374人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
7件
62件
イヤホン・ヘッドホン
29件
37件
デジタル一眼カメラ
1件
34件
もっと見る
満足度2
デザイン5
高音の音質2
低音の音質3
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止無評価
携帯性2
   

   

【デザイン】
前作はヘッドホンとして正統派のデザインだったがのっぺりしていて安っぽさがあった。
それと比べると本作ものっぺりさは継承しているものの、デザインがモダンな感じで一貫性が感じられる。お洒落になっていて普段使いしやすい。
【高音の音質】
解像度が高くなく引っ込んでいる。
音質自体は悪くはないが前作よりも更にマイルドになっていて眠たいサウンド。薄い膜を通したようなサウンドは昔のソニーを彷彿とさせる。
【低音の音質】
低音過多でボヤ付きが感じられる。
タダでさえ少なめの中高音を低音がマスクしていてボーカルの存在感も薄れてしまっている。
全体的に前作の方がクオリティーが高く、サウンドバランスも好みだった。
今後のエージングに期待してみたい。
【フィット感】
前作よりも良い。イヤーパッドが吸い付くようにフィットする。
【外音遮断性】
ノイズキャンセリング性能としてはハイレベルでしょう。
【音漏れ防止】

【携帯性】
折りたためなくなった分携帯性は劣るが、WF-1000XM4と使い分けているので特に問題はない。
【総評】
音質に不満。それ以外は文句なし。
当初の49500円なら音質が値段に合っていない。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

mgamoさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:26人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
0件
5件
イヤホン・ヘッドホン
2件
3件
CPU
0件
3件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質4
低音の音質3
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止5
携帯性3
   

   

【デザイン】
前作に比べて分かりやすい一番大きな変更点がデザインだろう。
全体的にミニマルデザインとなり大きく洗練された。 正直このデザインを見た段階で買い替えを決めたくらい良くなったと思う。

【高音の音質】
従来よりソニーの音の特徴として高音部に薄い膜が掛かったようなダルさが有ったが、M5になってかなり改善されたと思う。 これにより全体的な音のバランスが良くなり不満を感じることが少なくなった。

【低音の音質】
正直低音に関してはかなり過剰。 しかしソニーのアプリはかなり作り込まれており、アプリ面でカバーできる。 イコライザーが相当使えるしClear Bass項目で低音の過剰さを改善出来るので自分の好みの音に近づける事が容易。 自分は中域から高域までを段階的に上げ、Clear Bassを2メモリ位絞ったセッティングsにしているがフラットでモニターライクな音になったと思う。

【ノイズキャンセリング】
強さだけを見ればM4の時の方が強力かもしれないが、ノイキャン独特の耳の詰まるような感覚が自然な感じに改善された。 また、子供の話し声などをより強くカットしてくれるようになったと感じる。

【フィット感】
フィット感は軽く負担が少ない。 イヤーパッドも柔らかくなり長時間の使用でもまったく違和感を生じさせない。

【外音遮断性】
特に問題無いレベル。 フィット感が軽くなった分密閉感は減った感じがするのだがだからといって遮音性が悪くなったと感じさせないところが不思議。

【音漏れ防止】
音は特に漏れている感じはしない

【携帯性】
以前に比べて折りたたみ式では無くなったので携帯性という意味では少し落ちた。
しかしヘッドホン自体が軽く平らになるので荷物に入れてもそこまで気にならない、他社のヘッドホンに比べて遜色は無いとは思う。

【バッテリー】
バッテリー性能は秀逸。 入手してから150時間ほどエージングをしたが、全ての機能を切っておけば丸1日連続でならしても40%位バッテリーが残っていた。 そして急速充電を使えばそこから1時間ほどでフル充電になる。 利用ベースで各機能をONにした状態でも24時間は余裕で持つ。

【マイク】6月11日追記
マイクの性能は本当に良くなったと思う。
リモートなどでヘッドホンを活用する場面も多くなったと思うが周囲の音に影響されずより聴きやすく音を拾ってくれるようになった事でカフェなどでも使いやすくなった。 また以前は多少気になっていた風切り音も殆ど気にならなくなったので、外出中に外で受けた着信にも聞こえやすく音を返してくれる。 

【総評】
元々ソニーは官能的な音を奏でると言うよりはよりモニターっぽい音を鳴らす傾向が強いと思うが、本製品はそういった意味でのバランスが整えられ、死角の少ない機種になったと思う。
音としてはゼンハイザーなどには負けると思うし、アップルユーザーならAir Pods Maxという選択肢も有ると思う。
ただ、最強クラスのノイキャン性能を持ち、操作性も良くバッテリーも心配なく使い倒せる上、通話にも強い。そして何より軽いし装着感も快適。
その上不満の出やすかった高音の質が改善されたことでデイリーユースに耐えうる機種に仕上げてきたように感じる。

参考になった14人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

GodMountainさん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
14件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止4
携帯性4

【デザイン】
マットでカッコいい!
【高音の音質】
ワイヤレスであることを考えると非常に良い!
ナチュラルで、明るく鮮やかな高音!聴いていて心地よい!
【低音の音質】
量感がかなり多く、ノリノリで音楽を聴ける!力強く、ずんずん響く低音!パリピ向け!
【フィット感】
非常に良い!ずっと付けていられる!
【外音遮断性】
非常に良い!
【音漏れ防止】
ダイジョーブ。
【携帯性】
悪くない。
【総評】
私はM4ユーザーであったが、音質も機能性も、非常に進化していると感じた!

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ダルマダラーラhaさん

  • レビュー投稿数:119件
  • 累計支持数:1533人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
69件
8件
イヤホン・ヘッドホン
12件
0件
自動車(本体)
11件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4

【デザイン】
歴代で最も好きです。デザインと質感両方過去最高です。
【高音の音質】
小さくまとまってきました。
【低音の音質】
小さくまとまってきました。いい意味でも、悪い意味でも。
【フィット感】
個人的過去最高です。長時間いけます。
他社のものも含めて。
【外音遮断性】
期待通り。大幅にアップ!!とはいかないけど、確実に、少しずつ、どんどん良くなってきてるのはすぐわかる。
【音漏れ防止】
問題なし。
【携帯性】
最悪。ヘッドホンなんだ仕方ない。
折りたたみ不可能になってしまったのでなおさら。単純に嵩張ります。しかし付属のケースがあるのでそれに格納してカバンにいれれば、許容範囲。

【総評】
最新だけあって、ノイキャン性能に最も期待していたので満足。音質も、歴代モデルのなかで最も個人的に好き。
ノイキャン性能高め、優先する上でこの構造は正しい。唯一問題は、最新SONYではあるものの、相変わらず値段設定がめちゃくちゃで、相変わらずどんどん値段価値が下がるところ。SONY製品て、資産としては目減りが激しい。製品のクオリティは年々良くなっているが、その他販売関連が問題。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ym2151_with_PSGさん

  • レビュー投稿数:158件
  • 累計支持数:955人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
18件
55件
Bluetoothスピーカー
8件
3件
スマートフォン
8件
2件
もっと見る
満足度3
デザイン3
高音の音質5
低音の音質5
フィット感3
外音遮断性5
音漏れ防止無評価
携帯性2
   

イコライザー調整

   

風ノイズと装着感と音質面で再レビューあり。

【デザイン】
携帯性以外のデザインは、前作より格好良くなっていると思う。
しかし、前作まではアーム部分が金属が入っていたが今回は細いアーム部分はプラスチック製。
どういうプラスチックが使われたかは知らないが、不安は残る。金属でなくてもちゃんとしたエンジニアリングプラスチックであればよいのだが。



【高音の音質】
【低音の音質】
しばらく使ってみて、Bluetoothでの音質に触れるが、Androidの開発者オプションでLDACの96KHz以外にしてDSEEも併用すると、有線より解像度が劣るもののまぁまぁ聞ける音質になる。私は突発性難聴の後遺症で少し聴力が低下しているため、イコライザーは高域を伸ばす格好で辻褄が合うようになった。

前はレビュー、
BluetoothやDSEEの音質は、接続の設定や好みにもよるので、ここではNW-ZX507と有線アンバランスで接続した音質で述べる。
なお、無線の時の音質は有線よりも音質が明確に下がるが、DSEEが効くようにBluetoothの設定をするとさほど気にならなかった。
有線でハイレゾ音源かけると、前作よりかなり良くなっているイメージだった。
素直で聞き疲れしにくい、低音過多でなく高音が刺さらない音質、低音域が出るようになり、
高音の解像度も若干上がるイメージ。
音質は個人で好みがあると思うので、Bluetoothで接続する場合はイコライザーをつかうのもよいだろう。
バランス接続に対応する3万円の有線専用ヘッドホン・イヤホンよりは劣るが、ノイズキャンセリング機種としては問題ない。
また、家電量販店でBOSE QC45ともBluetoothで試聴してみたが、前作も含めSONYのほうがBluetoothでも優れていると感じた。

【フィット感】
前作より薄いクッションながらも密着性があり、装着していても疲れない感じだった。
装着感はアップ。

追記、
ヘッドバンドが細くなっていて、先代のより痛いと感じることはあったが、家電量販店で他のヘッドホンと比べてみたところ、太ければよいわけでもなく、調整で改善された。しかし、先代より頭で体圧分散できないのは事実。調整と慣れの問題か。

【外音遮断性】
ノイキャンは明確に向上。今まで消えにくかった電気屋さんの音が消え、
目の前でスマホで音楽流しても無音時はほとんど聞こえず、音楽かけると全くわからなくなる。
外音取り込み機能は前機種より自然でよい。

追記、
先代より明確に風ノイズに強くなっており、ウォーキング時で風が吹いていても雑音を拾わなくなった。

【携帯性】
これはリークの時からわかっていたが、ソニーストアから商品が届いて明確に悪くなったといえる。
平面の面積が増えることは覚悟していて、カバンの中身を減らしてみるなど工夫はしてみるも、斜め上を行く誤算が買ってからわかる。
キャリングケース収納時で最厚部の厚さが前作より1cmも厚いのだ。
(WH-1000XM4のケースは高さ55mm、今回は65mm)
これは少しびっくりした。
旧機種からアップグレードする場合、折りたためないのも含めて検討する必要がある。

【その他】
ガイダンスは簡潔でよい。また、スマホと接続した際のレスポンスも向上した。

【総評】
音質などが前作より向上しており、家電量販店で試聴できるようになってから入手するまで楽しみでした。
音質やノイキャン力では満足するも、携帯性では少しガッカリさせられました。
ほかの方が言うように、PC接続時でも有線/無線を問わず、高音質コーデックとマイクが併用できるようにしてもらいたい。
有線でのマイクはテレワークでの需要が根強いと思うので。
PCとLDACの接続については、Microsoftさんにあまり期待できない(ピークリミッターの件など)のでSonyも対応したASIO出力ができ、マイクも使えるドングルを出してほしい。

追記、
携帯性や装着感で変化はあるので、そのへんが気になるなら買い替えは控えたほうがいい。
風ノイズの低減とデザインで魅力を感じるなら買い替えすべきである。

比較製品
SONY > WH-1000XM4
主な用途
音楽
映画
ゲーム
テレビ
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった10人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Sora-Iroさん

  • レビュー投稿数:26件
  • 累計支持数:274人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
12件
42件
デジタル一眼カメラ
0件
40件
スマートフォン
0件
21件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止5
携帯性3

左: M5、右: M4

左: M5、右: M4

左: M5、右: M4。M4の方がコンパクトにたためる。

   

左: M5、右: M4。ケースの面積もかなり違う。ちなみに厚みはほぼ同じ。

   

ノイキャンヘッドホンの大本命、ソニー 1000Xシリーズ!!
初代から続いたデザインが大きく変わって、ノイキャンも史上最高の進化とのことで、ソニーストアで発表後すぐに予約購入しました!!

前モデル WH-1000XM4との比較レビューとなります。


【デザイン】
初代から初めて、大幅なメジャーチェンジが行われました!!

全体的なマットでスタイリッシュな印象は同じですが、もっとシンプルに上品なデザインに変わりましたね。

手に取った第一印象は「めっちゃ上質!!」でした!

マットで、濡れてもないのになぜか「しっとりとした」触り心地、そして可動部のなめらかさが品質の高さを感じさせます。

AppleのAirPods Maxもかなり高級感がありましたが、あっちは「金属的な高級感」なので、対照的ですね。


【高音の音質】
Bluetoothヘッドホンとしては高音もしっかりでています(若干の頭打ち感は感じますが)。
ただ、旧モデルのM4と比べて「ほぼ同じ」と感じました。
正直、いろんな曲で何度も聴き比べましたが、違いは分からないですね。

若干、ノイジーさが減った気もしますが気のせいでしょう。


【低音の音質】
低音はソニーらしくズンズンした音をならしてくれます。
少しブーミーすぎて、中高音にまで悪影響を与えてしまっているのもこれまでと同じです。
低音についてもM4との違いは感じられません。
MOMENTUM Wireless3やAirPods Maxのように、もう少し輪郭のハッキリした低音にして欲しかったかなとも思います。

ただ、ソニーのアプリはイコライザー機能が充実しており、低音をさらに強くすることができ、しかも音が割れたり破綻しないところが素晴らしいですね。


音質全体に言えることですが、M4との違いを感じるのは難しいです。M3とM4もほぼ同じだったので、音質がよくなるのはもう頭打ちといったところでしょうか。

ただし、M5はドライバーがこれまでの40mmから30mmにサイズダウンされてしまっています。
逆にそれなのに音質が変わらないというのはすごいのかもしれません。
まあ、それなら40mmのままでもっと音質を上げて欲しかったとも思いますが、、、。


【フィット感】
数あるヘッドホンの中でもフィット感はトップクラスです!

他社のヘッドホンと比べても、締め付け感の丁度よさ、イヤーパッドの柔らかさや肌に触れる材質の高さ、ヘッドのフレキシブルな動き、どれも非常に高いレベルです。


【外音遮断性(ノイズキャンセリング性能)】
今回、「1000Xシリーズ史上最大の進化を遂げた業界最高クラスのノイズキャンセリング性能」とソニー自身が宣伝しているので、非常に期待していました!

しかし、結論を書くと「M4よりノイキャン性能は劣っています」、、、。

あくまでも僕自身の耳による判定ですが、環境ノイズを10としたとき、M4が2くらいにまで抑えるのに対して、M5は3.5くらいといった感じでしょうか。
人の話声の中音域をよく抑えるようになったという批評も見かけましたが、そういった印象もないですね。

ただそれでも他社のノイキャンヘッドホンよりは高いノイキャン性能があるのは確かです。

あと、非常に重要なのが「ホワイトノイズが激減した」ことです!
これまで1000Xシリーズはノイキャン性能が高いものの、サーっというホワイトノイズが結構ありました。

外で聴く分には気にならないのですが、室内の静かな環境で、ボーカルメインの静かな曲では多少気になっていました。
ところが今回のM5ではホワイトノイズはかなり抑えられ、室内でも気持ちよく聴けます!

今まではノイキャンを強くする副作用でホワイトノイズがあったのかもしれません。


【音漏れ防止】
かなり近づかないと音漏れは聴こえません。
電車の中でも安心して使えると思います。


【携帯性】
携帯性は今回の非常に残念なポイントのひとつです。

1000Xシリーズはイヤーカップを90度に回して(スイーベル)、更に折りたためるので、結構コンパクトになりましたが、M5はスイーベルのみです。
なのでケースは結構面積があります。

ヘッドホンの中で一番コンパクトにできるのが魅力の一つだったので残念ですね。


【総評】
大きく変わったデザインは個人的には気に入っていますが、音質はM4と変わりなく、ノイキャン性能と携帯性が悪くなったのは残念です。

ホワイトノイズは激減したのはポイントが高いですが。

どうやらM4も併売されるらしいですので、どちらにするか迷っている人は、室内がメインならホワイトノイズの少ないM5、外で使うことが多いならノイキャン性能と携帯性の高いM4がよいのではないでしょうか。


さらに もっともっと詳しいレビューをブログで公開していますので、ぜひご覧ください!


【買うべき?】ソニー[WH-1000XM5] 自腹購入 音質レビュー!! 1000XM4と違いを比較!!

https://www.so-ra-no-i-ro.com/sony_wh-1000xm5_review

比較製品
SONY > WH-1000XM4 (B) [ブラック]
主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

チベッタンin東京さん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:249人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
5件
77件
マザーボード
0件
26件
プリンタ
0件
19件
もっと見る
満足度2
デザイン4
高音の音質5
低音の音質3
フィット感1
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性3

【デザイン】見た目若干安っぽくなってしまった。如何にもCADで設計しましたという味気なさ。

【高音の音質】かなりパワーアップされてると感じます。

【低音の音質】高音が良くなった分比較して今一つ。エージングで一皮剥ければ幸いです。

【フィット感】ヘッドバンドが丸くなり頭の頂点に当たって痛い。耳当てがスリムになったのか耳がはみ出て直ぐに痛くなる。クッション材も前モデルの方が良かった。兎に角痛い。

【外音遮断性】問題なく遮断できている。がノイキャン性能はもうこれ以上アップしないように思われる。

【音漏れ防止】問題ないと思う。

【携帯性】常時着用しているので気にならない。が何故か首に掛けるとイヤーカップが表を向き相手のツバが入らないか気になる。

【総評】これといった買い替えのメリットが見出だせずにいる。購入して1週間程度1日6時間程度聴いているが耳と頭の頂部が痛いというデメリットであまり楽しめずにいるし。前モデルが値崩れすると思うのでそちらをオススメします。この価格でこれだけマイナス要素あると満足できない可能性が大きいでしょう。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

三輪タクシーさん

  • レビュー投稿数:145件
  • 累計支持数:841人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム機本体
8件
248件
液晶テレビ・有機ELテレビ
5件
79件
VRゴーグル・VRヘッドセット
2件
53件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質3
低音の音質3
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性3

元々ノイキャン製品が好きなのと、先日息子がWH-1000XM4を購入し、その様子を見てたらなんとなく欲しくなったので買いました。
この製品はヘッドホンなので、私はPCでの利用がメインになります。
主にゲーム、動画視聴、ZOOM会議に使います。
Spotifyで音楽は…月に1,2回たまぁに聴く程度です。

屋外では…まず使う予定がありません(^^;;

【デザイン】4点
見た目のデザインはWH-1000XM4の方が好みですが、これは主観なのでどうでもいいです。
機能としてのデザインですが、なるべく物理ボタンを減らしデザイン性を重視したのだと思いますが、音量調整くらいはボタンで操作したかったです。
タッチ操作の音量調整は感度は悪くないのですが、一度のスワイプでの調整幅が少なくて何回かスワイプしないといけないので少し面倒です。

【高音の音質】3点
【低音の音質】
スマホやタブレットではアプリによるイコライザー機能であり好みの音質に調整できますが、PCでの利用がメインなので私はイコライザー機能の恩恵は受けられません^^;;
とは言え、このヘッドホンの素の音は嫌いではありません。

【フィット感】4点
私の耳の形状と相性が良いようでスッポリ収まります。
締め付け感も適切で3時間程度なら快適に使えます。
3時間以上は使ったことがないので分かりません(^^;;

【外音遮断性】4点
ノイキャンがかなり優秀で人の声もかなりカットしてくれます。
家族が何か言ってることには気付けますが、何を言ってるかまでは分からないです。
生活音については消える物と消えない物があります。
エアコン、空気清浄機などの送風音はほぼ無音と言って良いレベルです。
リモコンをフローリング床に落とした時のような音はそのまま聞こえます。
低い音ほど消える印象です。

ノイキャン絡みではMDR-NC300D、WI-1000X、WF-1000XM3・XM4を使ってきました。
家庭内でしか試していませんがノイキャン性能ならイヤホンタイプのWF-1000XM4と同等かと思います。

【音漏れ防止】4点
一応テストのためにiPadPROで75%まで音量を上げてSpotifyを聴いて、家族に音漏れ度合いを確認してもらいました。
その結果3mくらいまでは音が漏れてるようです。
ですが私は75%まで音量を上げて聴くことはまずありません。
ノイキャンがかなり優秀なのでボリュームを上げる必要性が低いです。

正直、検証中はうるさくて苦痛でした(^^;;

【携帯性】3点
ヘッドホンに携帯性を求めるのはどうなんでしょう?
確かにWH-1000XM4の方がコンパクトに畳めますが、それだって携帯するには大きいです(^^;;
小さくないと困る人は素直にイヤホンタイプのWF-1000XF4やそれの競合製品を使えば良いと思うのですが…
携帯性の一環としてバッテリーの持ちという事であれば連続で30時間音楽再生という仕様です。
仮に話半分で15時間だとしても充分な稼働時間だと思います。

【総評】4点
評価の基準がノイキャン性能に偏りがちな当製品ですが、音質や装着感・バッテリ持続時間なども考慮すると良い製品だと思います。
私はノイキャンに興味があったので買いましたが、屋外で利用しないならば同じ価格で音質にこだわった製品が世には溢れているのでそちらを購入された方がいいと思います。
屋外で携帯性を犠牲にしてもヘッドホンで音楽や動画視聴を楽しみたいなら購入を検討する価値は充分にあると思います。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

new3さん

  • レビュー投稿数:139件
  • 累計支持数:1811人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
94件
32件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
19件
79件
ヘッドホンアンプ・DAC
11件
4件
もっと見る
満足度1
デザイン2
高音の音質3
低音の音質2
フィット感4
外音遮断性5
音漏れ防止4
携帯性3

ANCワイヤレスヘッドホンは本機の他に前作のXM4、Sennheiser momentum Wireless3、SHURE AONIC 50、BOSE NC700を保有しています。最新作ということもあり、ANCも含めた(外音取り込み、アプリ、装着感等)全体性能は間違いなくトップクラスでしょう。しかしながら、前作のXM4からANC性能は大きな進歩はありません。こと「音質」となると私が保有しているANCワイヤレスヘッドホンの中では最下位かもしれません。

音質的な部分でのシビアな順位は<1> Sennheiser momentum Wireless3、<2>SHURE AONIC 50、<3>XM4=BOSE NC700、<4>XM5 と、私は評価します。

本機は前作から大掛かりな開発変更をしているようですが、ドライバー口径が30mm(XM4は40mm)とひと回りほど小さくなったことが結果的に影響していると推察します。一概に口径が小さくなったからといって、音質が低下するわけではありませんが、本機はXM4と比べても音場がこじんまりしており、ダイナミクスさに欠けます。一言でいうと「平坦で全く面白味の無い」サウンドなのです。ただ低音は前作のXM4より強調されており中高音とのバランスを欠いています。残念ながら「美音系とかピュアオーディオ系」などいう美辞麗句は全く当てはまりません。
音質に拘られる方は、他を選択するべきでしょう。

提灯記事を上げるYouTuberの方々、オーディオショップの動画インプレッションでは、正直本機の「音質」に関してお茶を濁しているのが実情です。

結論ですがANC重視のガジェットヘッドホンとしてはアリかもしれません。しかし、お値段が高すぎてコスパが合いません。

残念ではありますが、現時点ではXM4から買い換える必要は全く無いと断言します。また、いくらでも他に選択肢はあり、値上げだけの駄作的な新機種でしょう。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった48人(再レビュー後:23人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

とし03さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:43人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
3件
3件
タブレットPC
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止無評価
携帯性3

ソニーのWH-1000XM4が素晴らしいノイズキャンセリングを発揮していたので迷わず買ったが、残念ながらXM4で無音に近かった生活音(換気扇や上階の騒音)が消えていない。現時点ではBOSEのQC45よりもノイキャンが弱い。

騒音を消すという一点では
XM4>QC45>XM5
という印象。

いずれアップデートで解決してほしいと思うが、ノイキャンヘッドホンに求めていたのは、当然ノイズキャンセリングなので、前機種よりもノイキャンが弱まってしまったのは残念。その分、BOSEのQC45にちかいカジュアルさを持っているが「あまり強いノイキャンはいらない」という判断だとしたら残念な方向性の変化。

(6月3日追記)
ノイズキャンセリングについては相変わらずだが、もしかしたら、音楽と被る音域をノイキャンの対象から外して、意図的に通しているのでは?という気がしている。

音楽を流している時は気にならないが、無音時に雑音がはっきりと残る感じで、単純にノイキャンの性能が低いのでは無く、狙って特定音域を残しているのかも知れない。ただ私は従来同様、素直に最大限の音を消して欲しい。

音質は良いと思う。どの音楽を聴いていても、少し音を大きくしたくなる感じ。とにかく素直なノイキャンを、オプションでも良いのでお願いしたい。

主な用途
音楽
その他
接続対象
PC

参考になった25人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

WH-1000XM5のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

WH-1000XM5
SONY

WH-1000XM5

最安価格(税込):¥39,780発売日:2022年 5月27日 価格.comの安さの理由は?

WH-1000XM5をお気に入り製品に追加する <389

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意

WH-1000XM5の評価対象製品を選択してください。(全2件)

WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー] プラチナシルバー

WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]

WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]のレビューを書く
WH-1000XM5 (B) [ブラック] ブラック

WH-1000XM5 (B) [ブラック]

WH-1000XM5 (B) [ブラック]のレビューを書く

閉じる