beyerdynamic T 1 2nd Generation レビュー・評価

beyerdynamic T 1 2nd Generation

  • 前世代モデル同様に「テスラテクノロジー」を採用したフラッグシップモデルで、正確で力強い低音再生とバランスのよい音場表現を実現。
  • ケーブルには、高純度無酸素銅「7N OCC線」と、外部ノイズに強いテキスタイルコーティング(繊布被覆)を採用しており、着脱も可能。
  • すぐれた装着感のホローファイバー繊維とソフトベロア素材を採用したイヤーパッドを備えており、長時間でも快適に使用できる。
beyerdynamic T 1 2nd Generation 製品画像

拡大

T 1 2nd Generation BLACK EDITION T 1 2nd Generation

最安価格(税込):¥80,736 [シルバー系] (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2015年 8月下旬

店頭参考価格帯:¥89,424 〜 ¥140,400 (全国33店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:半開放型(セミオープン) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:5Hz〜50kHz ハイレゾ:○ beyerdynamic T 1 2nd Generationのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • beyerdynamic T 1 2nd Generationの価格比較
  • beyerdynamic T 1 2nd Generationの店頭購入
  • beyerdynamic T 1 2nd Generationのスペック・仕様
  • beyerdynamic T 1 2nd Generationのレビュー
  • beyerdynamic T 1 2nd Generationのクチコミ
  • beyerdynamic T 1 2nd Generationの画像・動画
  • beyerdynamic T 1 2nd Generationのピックアップリスト
  • beyerdynamic T 1 2nd Generationのオークション

beyerdynamic T 1 2nd Generationbeyerdynamic

最安価格(税込):¥80,736 [シルバー系] (前週比:±0 ) 発売日:2015年 8月下旬

  • beyerdynamic T 1 2nd Generationの価格比較
  • beyerdynamic T 1 2nd Generationの店頭購入
  • beyerdynamic T 1 2nd Generationのスペック・仕様
  • beyerdynamic T 1 2nd Generationのレビュー
  • beyerdynamic T 1 2nd Generationのクチコミ
  • beyerdynamic T 1 2nd Generationの画像・動画
  • beyerdynamic T 1 2nd Generationのピックアップリスト
  • beyerdynamic T 1 2nd Generationのオークション

満足度:4.62
(カテゴリ平均:4.28
レビュー投稿数:36人 
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
デザイン 4.51 4.16 98位 見た目のよさ、質感
高音の音質 4.63 4.15 75位 高音部の音質の良さ
低音の音質 4.72 4.14 55位 低音部の音質の良さ
フィット感 4.71 4.08 27位 装着したときのフィット感など
外音遮断性 2.99 3.81 363位 外の音を遮断するか
音漏れ防止 2.55 3.76 377位 音漏れを防止するか
携帯性 2.29 3.77 379位 コンパクトさ
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

beyerdynamic T 1 2nd Generation

beyerdynamic T 1 2nd Generationのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示対象
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:29件
  • 累計支持数:274人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
9件
72件
スピーカー
9件
39件
プリメインアンプ
5件
25件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

使用環境
MacBook-JPU150(USBケーブル)-DA-250(DAC)JPC100(RCAケーブル)-p-1u(ヘッドホンアンプ)
pc以外はLUXMANです。

以降T1を1st、T1 2ndを2ndと表記します。

【デザイン】
beyerdynamicのヘッドホンは同じデザインを採用しているものが多く自信の表れでもあると思い好感を持っています。
【高音の音質】
1stから少し角を取った印象です。1stできついと感じた方にはちょうど良い絶妙のバランスです。どちらが良いではなく、アンプとの相性を含め使用者により好みが変わると思います。

【低音の音質】
1stから大きく変更された部分です。個人的には1stでは少し量が少なく少しボワついていたと感じていましたが、量が明らかに増え締まりも増しました。確実な改良点です。ただ悪く言うと硬直になった低音で、ほんの気持ちほどですが、なだらかさは1stに部があるように思います。ただそれがボワつきにも繋がるような気もいたしますが。
2ndの方が好みの人は多く、例えば定量評価するといい点を出しそうです。

【フィット感】
1stより進化しています。誰にでもフィットすると思います。素晴らしいです。

【外音遮断性】

無評価です。
【音漏れ防止】

半開放型ですので開放型よりは良いです。
【携帯性】
無評価です。

【総評】
1stが上回る部分は全体を通してのなだらかさでしょうか。いつまでも聴いていたいのは1stという人もいるかと思います。ただ2ndの方がヘッドホンとしての解像度、音像定位は明らかに上です。メーカーが1stの良さを殺すことなく足りない部分を補う努力をした結果が見事にあらわれています。ボーカルも定位が良くなり口が大きくなりすぎることもありません。
1stはすでに柔らかすぎず硬すぎず絶妙のバランスだったと思っている方は買い換えない方が良いと思いますが、私は定位と低音に少し不満がありましたので、2ndに買い換えて大正解でした。
是非1stと2ndを聞き比べてから手元に残すものを決めていただければと思います。両方所有する意味は特にありません(両方所有されるのなら、どちらかと別メーカーの物の方が楽しめますので)。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった4人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

dog_foodさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
3件
0件
ブルーレイドライブ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性2
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

ハウジングの構造による影響があるのか素直な音を出してくれる印象がちょっと無いです。

購入直後は音が上から下までシャキッとしていて固く、テスラドライバーとはこういうものかと感心していましたが、エージングが進むにつれて音が緩くなっていった記憶があります。それとなぜか音が気持ち悪くて長時間聴いていられず吐きそうになりました。しばらく経った今は音が落ち着いたのか何の問題もありませんが。
上流の機器をいじると高域と情報量はよく追従しそうな感じです。
セミオープンの構造が中途半端で帯域バランスだけを重視したためなのか、中低域が緩くてモヤっとしているような気が。音像感もちょっと弱い感じです。他の特長としてはちょっと艶の出るHPでもあるようです。繋ぐ機器はパスコンにタンタルやセラコンを用いた音像重視の物よりフイルムコンを使っている物の方が相性がよいかもしれません。

K702からの買い換えで8万円ならクオリティ的には十分、好み的には・・・どうかな?という感じ。特に高域は質が異なります。おとなしくて綺麗なのはK702・・・ですかね。ベール掛ってますけど。
HD800系は聴いた事がないので比較できませんが、T1-2ndの音場自体が狭いと感じた事は特にないです。

繊細で細かい音も一応出てくるのですが、その質が悪いというか、なんか変な気がします。
プラスチックのハウジング内で反響したような安っぽい音を拾わされているというか、またそれとは異なる、狭い空洞を抜けるような窮屈な音のようでもあると表現すればよいのか・・・
いずれにせよ、その影響があってか音場感は広くても感じが変なのです。たぶん中途半端なセミオープンの構造が原因だと思うのですが。室内楽だとそこまで気になりませんが、それでも時たま曲の途中で急に悪くなる感があったり。帯域バランスをフラットにチューニングさえすればそれで音が良いと言えるのか、疑問に思いました。この違和感はHPの装着位置を適切にすればある程度ならば改善はします。
同じハウジングの構造による影響なのか高域もあまり伸びず。これでおとなしければまだいいのですが、逆にキンキン鳴って主張してくる音なので高域はやや不快です。中低域がゆる目なので音像感の悪さをごまかすのに効いてそうですが、むしろ逆の傾向を無理に組み合わせようとしているみたいで、かえって音の繋がりが悪い印象です。

そのような高域があまり好みではありませんでしたが、最近SR-009を購入してなおさら好きでなくなりました(元々解像度は雲泥の差がありますが、好みでの話です)。それでどれだけ変わるか疑問でしたがリケーブルを行いました。若干音質が劣っても高域がおとなしくなってくれればとりあえず良しとするつもりでのリケーブルでしたが、結果は・・・
■付属7N OCC線(3m)
高純度単結晶ゆえクオリティは高い。色が付いて高域がキラキラしている。ゆえにちょっと主張してしまう感じでおとなしくない。ケーブルの形に癖が付きやすいような?
■CREATION PC-Triple-C 2芯シールド線 700円/m(2m)
付属7N OCC線より癖が無く、モニター調寄りに。付属7N OCC線より雑味が出て音質が若干落ちる。ケーブルがちょっと固い。
■オヤイデ102SSC リッツ線 HPC-28-2U V2(2m)
解像度?情報量?空間表現? どう考えてもこれは単に高域がジャリジャリしてるだけなのでは? OFCだから悪いと言う気はありませんが、論外です。システムのラインケーブルに使っている同社の5N銀線2芯は超ハイクオリティですが、こちらのOFCはいただけない。
結局今回はT1-2nd用の良いケーブルを見つけられず、とりあえず妥協してPC-Tripleを使うことにしました。

装着感については、私の耳が大きいせいかパッドの円形が小さくて耳に当たりやすいです。触れている状態で時間が経つとじわじわ来るのでHPの位置を数十分おきにいじりたくなります。ヘッドバンドもしっかりかぶるとじわじわ来て痛いです。よく分からないのですが、柔らかすぎてたぶん中の固い部分?にちょっと触れているのだと思います。なのでヘッドバンドは頭に軽く乗せる感じで装着しています。下位機種とほぼ共通なので仕方がないのかもしれませんが、他社製品の上位機種と比べると若干劣ります。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

密閉 半開放 マニアさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:28人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
7件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質5
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性無評価

100時間弱ならした感想

 音質に関してはおおよそ他の方が言うとおりであり、ほぼオールラウンダーである。特にジャズへの相性が良い。


このヘッドホンを試聴してみて、思ったほど良くない・音場が異常に狭いと思われた方は、装着位置を再確認して頂きたい。

 本来、このヘッドホンはスタジオから小型のホールレベルの音場はあり、(他社のフラッグシップと比較すると劣る部分はあるが)、必要十分な場を確保している。

 このヘッドホンはドライバ位置が少々特殊なため、ドライバが耳に近すぎると、音が平面的になってしまう。適切な位置に装着することで、音場と解像度の改善し、立体的になる。逆に離しすぎても解像感がうすれる。後は、耳穴との上下関係も重要である。単純に耳を覆えれば良いというわけではない。高さを間違えるとぼやけた音になるので注意。私はこのヘッドホンを鳴らすことより、ベストな装着位置を探すことに難儀した。

 このヘッドホンは、
@フラッグシップにしては他メーカーより低価格であること、
A上流環境・装着位置の大切さを教えてくれること、
以上2点からハイエンド入門と評した。
これを十分に鳴らせれば、他も十分鳴らせるだろう。

参考になった4人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

new3さん

  • レビュー投稿数:93件
  • 累計支持数:719人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
67件
28件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
13件
33件
ヘッドホンアンプ・DAC
5件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性4
   

   

私はHD800sを入手した際に本機を一度手放している。
SONY TA-ZH1ESをメインで使用する事になり、フジヤエービックさんで『Black Edition』を再入手した。あらためてて初代と音質のテイストが大きく異なる事を確認した。(エージングは100時間超え)明らかに2nd(本機)は初代の弱点が補強進化しており更なるオールラウンド性も与えられている。 特に初代の弱点とも言われた低音領域は単に盛っているだけのチューニングでは無く全体バランスの中で十分な量感とキレが与えられた。初代の特徴であった突出した広音域の伸び&抜け感は本機ではややマイルドに感じられるかも知れない。初代と比較しなければ十分な広音域の伸び、クリアさは確保されている。中高音の繊細さ、抜けの良さを重視するなら初代であり、全体バランスの良さ、低音域の量感&キレを求めるなら2ndであろう。オールラウンド性では間違いなく本機が優れており(初代より)特にボーカルの艶めかしい表現力は秀逸だ。初代と2ndは似て非なるモノ、両機を手元に置く意味は十分にある。比較対象とされるHD800sは音場の広大さ、臨場感、切れの良い低音と音質的には文句のつけようがなかったが、私には装着感的に合わなかった。本機はボーカルが近くて艶かしく、リアルでエネルギッシュ&スピード感溢れるサウンドにも見事に応えてくれる。ジャズ&フュージョンをメインで聴く私にとってはベストである。600Ωというハイインピーダンスで購入をためらう方も多いと思われる。確かに据え置きアンプがベストではあるが、wm1zのハイゲイン+バランス接続でも(意外と)しっかり鳴ってくれており、特別不満は感じない。上流(アンプ&ケーブル)をしっかりと整えれば、「臨場感、繊細さ、表現性」共に2倍マシの感はある。難易度はやや高い本機ではあるが、これ1本で事足りるオールラウンダーであり、ベイヤーを代表する間違い無しの新名機であろう。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった4人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ビスコナビスコさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:60人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
7件
2件
ヘッドホンアンプ・DAC
3件
0件
プリメインアンプ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質4
低音の音質5
フィット感3
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

多くの方が書かれていることですが、本機を使う際はヘッドホンアンプが非常に重要です。
単に鳴らすだけなら、ポタアン(SU-AX7)でもボリュームを上げればそれっぽく聴くことができますが、これをTA-ZH1ESに替えると、まるで別の録音を聴いているかと思うほど、同じ曲でも厚みや深みが一気に増します。(アンプの価格差がありすぎますが)

以下は他メーカーのヘッドホン(HD800S、TH909、D9200、Z1R等)と聴き比べて感じた印象です。(私見です)

良い点
・ボーカルが近い
HD800Sのような遠慮はありません。
・高域が痛くない
Z1RやTH909、D9200では聴き疲れする曲でもまったく問題なし。
・低域にクセがない
TH909やATH-SR9のような不思議な響きはありません。

悪い点
・音場が狭い(純正のバランスケーブルを使用しても)
あくまで他機種に比べてです。
交響曲はガッカリですが、室内楽はバッチリです。
・能率が低すぎ
非力なアンプでは音量を上げても演奏にメリハリがでません。
・一定以上の録音レベルが必要
能率と同義ですが、DSD音源などでみられる高めの録音レベルでの再現性は抜群です。

音場やボーカルについてはHD800Sの対極で、高域についてはZ1Rの対極にあるようです。
J-POP、K-POP、室内楽は相性がいいですが、交響曲やピアノ協奏曲などスケールが魅力の曲は聴いていて楽しめません。
ただ音場感の求め方は個人差が大きいようなので、直ちに欠点とは言えないでしょう。
全体的には、特に何かを(変に)主張することのない、聴きやすい音質です。
と言っても決してモニター的なものではなく、躍動感があり聴いていて楽しいものです。

最後に、装着感についてひとこと。
硬めのまんまるドーナツに、なかなか慣れません。

評価の満足度が4なのは、形状が私の頭にフィットしないのと、音場が広い方が好き、という極めて個人的な理由に由来するものです。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

子犬を連れたワルツさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:24人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
4件
1件
もっと見る
満足度3
デザイン無評価
高音の音質4
低音の音質2
フィット感無評価
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

比較対象ヘッドフォンがそれなりの価格の機種なので評価するのは酷かもしれませんが、高音は良いのに低音は頂けません。
比較対象ヘッドフォンはHD800S、TH900MK2(バランス接続)、HDR-Z1R(バランス接続)。ヘッドフォンアンプはUD-505。音源はPC。曲は中島みゆきの「糸」です。
まず、HDR-Z1Rですが、重低音は確かに力強いですがここまで比重を置くのは好きではありません。この機種のコメントにも書きましたがやはり高音が刺さります。ピアノの高音が刺さるなんて……。
TH900MK2はボリュームを上げても高音も低音も崩れません。さすがです。
しかしながら、その上を行くのは、やはり、HD800Sでしょう。ボリュームを上げていってもまったく問題がないどころか、素晴らしい定位感が際立ってきます。ちなみに、HD800も同様でした。オーバーヘッドフォンはゼンハイザーのひとり勝ちですね。8月2日発売のHD820が待ち遠しいです。
すみません、また、酷評を書いてしまいました。負荷(ストレス)をかけても、フラッグシップモデルなら耐えてほしいものです。ちなみに、T1 1stも持っていますが試す気になれませんでした。
なお、UD-505は素晴らしいヘッドフォンアンプだと思います。付言させてください。今までの据え置き型のヘッドフォンアンプは何だったのだろう……。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぶる39さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:86人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
1件
35件
イヤホン・ヘッドホン
3件
30件
スピーカー
1件
27件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

【デザイン】
特別に良くもなく悪くもない
【高音の音質】
女性ボーカルの高音の伸びを聴いたら顕著に分かるのですが、何処までも高音が伸びるのかと思うほど伸びるのでビックリ!
【低音の音質】
程良くくど過ぎず聴こえます
【フィット感】
抜群です!何時間付けて居ても痛くなったりしません(朝まで付けて寝てしまっても大丈夫)
【外音遮断性】
外の音を遮断してくれるので音楽の世界に集中できます
【音漏れ防止】
家での使用ですので無評価
【携帯性】
家での使用ですので無評価
【総評】
最初は、購入して失敗したと思いましたが環境を整えるてあげると素晴らしく機能してくれるヘッドホンであります。
このヘッドホンを単純に鳴らすだけなら簡単だと思いますが「真剣に聴こう」とするならばそれなりの環境整備は必要となってくるかと思います。
私は、まだまだ素人ですのでいろんなショップさんの意見などを参考に機器を購入したり致しましたが、その甲斐もありT12ndもご機嫌に働いてくれてます!(投資しすれば良い音がするのは当然だろうと思われると思いますがこちらの商品は別格に化けますよ!)→投資し過ぎて金欠になりました 苦笑
因みに LUXMAN DA-200+P-1uなどを入れ替えて導入
音のクリアさ解像度、音場など全てにおいて合格点です!
最初は、私にはとにかく難しいヘッドホンでしたがある程度、手中にしてしまえば素晴らしいヘッドホンであることは間違いはないです。
ヘッドホン選びの基準となる機種となりそうです。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった6人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

しゃっぽさんさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
2件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価
 

iPodがらアナログ接続で楽しんでます。

恋愛ゲームとも相性OK!最高サウンドを楽しもう!

 

まず、結論から言うと。中古でも良いので1本買っておく。それほど、音が良く飽きない。よく出来たヘッドホンです。
私の場合は、皆さんみたいに据え置きアンプがありません。
SounDroid VantamをTHS4631に換装して2.5mmバランス接続で楽しんでます。
非力ですがサウンドは、最高です。このヘッドホンとポタアン凄まじいです。
推奨は、IDSD Microです。
個人的にラックスマンの真空管が好みです。w高過ぎて買えませんが…

実は、訳ありを買いました。本体やケーブルなどに一切不良無しでした。(90日保障あり)
タバコ臭だけで\35000でした。即買って消臭しました。その苦労が有っても安かったです。
あと、前のオーナーさんがケーブル加工をしていました。
3m→1.5m
プラグも3.5mm→2.5mmバランス(変換も付属)
それは、嬉しい誤算でした。ケーブルは、取り寄せで買えますが2.5mmのバランスは、取り扱い無しですからありがたい。
キャノンXLRなら取り扱いあり。
純正品は、2万円程度です。
イヤーパッドも買えます。 \6000程度。

恋愛ゲームをこのヘッドホンで楽しんでます。極楽です。

【デザイン】
頑丈かつ飽きないデザイン。これこそ音を聴く為のヘッドホンだとわかります。無駄なデザインがなく良い!
【高音の音質】
旧機から少なくなったらしいですがしっかり鳴ってます。この方が私的にベストです。
キラキラ主張しない大人しい鳴り方です。
【低音の音質】
低音は、控えめになります。バスドラムのサウンド聴いたら病みつきになります。
【フィット感】
特に、問題無し。何時間でも付けられます。
寝ホンとして使いましたが痛くなくそのまま寝てしまいましたw
あんだけ音良ければ寝てしまう。
【外音遮断性】
ほぼ皆無、外でも使いますが本来は、屋内用ですね。
【音漏れ防止】
これも、ほぼ皆無、音漏れがあるからこそこの抜けの良いサウンドが有るので仕方ないです。

主な用途
音楽
ゲーム
接続対象
オーディオ

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

大オトボケのヒマ人さんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
高音の音質3
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

HD800,T1,TH900,HD800Sと所有して来ました。HD800Sの出来が気に入りましたのでT1 を持っていることもありT1 2ndは見送るつもりでした。しかし、試聴したら欲しくなり購入にいたりました。家で聴くとエイジングがまだ済んでいないにもかかわらずそこそこ鳴りますがHD800Sの当初の音が結構良かったのでどうかなあと思いながら聴いています。アンプはJVCのSU‐AX01です。このアンプはK2technology採用でハイレゾ並みに再生するそうで気にいっています。音源はアンプに合わせてiPhoneXです。擬ハイレゾ音源をどう再生するかです。まず音場です。思ったよりも広く感じました。少なくとも初代T1 よりも広く感じます。もちろんHD800やHD800Sには及びませんが、あちらはオープンエアタイプですから仕方がありません。気になったのは高音の抜けです。やはり高音の伸びが気になります。さすがにK712の高音の質は求めていませんがT1 シリーズ独特の高音域です。ピアノの高音の音が伸びません。低音域は良く出ていると思います。しかし、HD800Sが低音域を強化しているのでこちらもアドバンテージはないと思います。ハイレゾ音源が当たり前になっているのでハイエンドモデルだけが持っていた音域もミドルクラスでも聴くことが出来ます。何よりリスナーの耳が肥えて来ました。そんな中で購入した訳ですがエイジングの済んでいない状況ではまだHD800Sが一択のように思いました。エイジングが100時間を過ぎたらどう変化するか楽しみです。こんなベイヤーではないと思いますし、試聴したら結構良かったので今後に期待しています。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

9832312eさん

  • レビュー投稿数:403件
  • 累計支持数:3383人
  • ファン数:48人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
11件
3332件
ヘッドホンアンプ・DAC
11件
795件
クレジットカード
53件
607件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止3
携帯性1
 

 

発売前の試聴会に行った数少ないヘッドホンです。
このヘッドホンが発売される当時はT1と言えば、HD800やTH900などと並んで最高峰と言われるヘッドホンでした。
バランス接続?リケーブル?という状況で、バランス接続なんて意味ないとかリケーブルして変わるほどの差はないと明言している人が多かった頃です。そういった発言をしていた人は今や過去の発言はなかったかのように肯定している人も増えました。

せっかく高いヘッドホンを購入しても断線が怖いので、リケーブル仕様が望ましいとは思っていましたが、そんな時に発売されたのがこの機種でした。T1とは似ている部分もありますが基本的には別の機種といえるヘッドホンだと思います。

T1は駆動力が不足する環境や見合わないヘッドホンアンプを利用すると音が破綻した感じになりやすかったですが、2ndの方がそういった環境でもそこそこ聞こえる機種だと思います。フィット感は2ndの方が良く、ケーブルの質感も良いです。
ミドルユーザーの人がバランス接続を試したくて導入するようになったヘッドホンだと思います。
UD-503やHA-1などと組み合わせている人も多いイメージです。
この辺りから複合機のヘッドホンアンプのミドルクラスから上位に選択肢が増えて来たイメージもあります。

スピーカー環境を整えるとなるとヘッドホン環境の数倍は軽くかかります。そこそこの機器を揃えるだけで軽く予算がかかります。
昔のように広い部屋に機器を置けるような環境なら良いですけど、そういった環境を用意出来る人の方がレアですので、音楽を楽しく聞きたいという人にはヘッドホン環境の方が現実的です。
トップクラスの性能がこの価格で手に入るのですから、ちょっとでも上を目指そうとする人にはオススメです。
ただ接続機器入るそれなりのものを利用しないと本領発揮は難しい機種です。
経験すると他の機種では味わえない魅力がありますので、まずは試聴をオススメします。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった12人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Reinhard vRさん

  • レビュー投稿数:56件
  • 累計支持数:456人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
24件
370件
カーナビ
12件
87件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
38件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

Z7で遊んでいたのですが、ヘッドホンのステップアップを求めて、本機を購入しました。
環境は1Z/1A→UD503→バランス改造純正ケーブル→本機です。

皆様のレビューやカキコミを参考にZ1R、HD800、K812、本機を試聴したところ、どれも本当に素晴らしくて迷ったのですが、Z1Rは着け心地が、HD800はボーカルの遠さが、K812はバランス接続できないところが気になり本機にしました。

結果、本当にスピーカーで聴いているような感覚で、何時間でも聴いていられます。
エージングで更に良くなることが楽しみです。
次はスピーカーかな?

再レビュー
エージングが進んだ結果、更に素晴らしくなりました。
オーディオルームも無いので、スピーカーは欲しくなりませんでした。

参考になった16人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kuniyosiさん

  • レビュー投稿数:40件
  • 累計支持数:154人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
6件
0件
イヤホン・ヘッドホン
5件
0件
ボールペン
4件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性1

AH-D5000がそろそろガタが来ているので、代替機として新たな質感を求めて購入。
専用アンプのA2がないので、ここでの評価も全力ドライブの結果でないことをご了承ください。


【デザイン】
ベイヤーのT90持ってますが、それをより洗練させた感じ。
布巻のコードも特にねじれたりもなし。
扱いやすいです。
リケーブルできるということですが、今のところする予定はない。

再生環境について
PC→HD-DAC1→T1 2nd Generation

【高音の音質】
澄んだ高音。ただし、T90と比べると、金属的なザラつきが出ることのない、まとまりよう。

エージング後は本当に素直な高音。
ZABADAKの「椎葉の春節」の女性ボーカル部分で、他のヘッドフォンだとビビリが入る所でも平気で再生します。
これは驚きました。

【低音の音質】
量感あり、心地よい低音。

エージング後は低音にツヤが出ました。


ただ、ここでいうのは各音域だけに気を配るとよく出てるなと思うけど、全体的にはまだまとまりがない感じ。
現在持っているAH-D5000のまとまりには遠い。
エージングでどうなるかを期待する。

まとまりが良くなった感じ。
全ての音がまとまって押し寄せてくる。


【フィット感】
柔らかいクッションで構成されたパッドとヘッドバンドで良好。
締め付け感も少ない。

【外音遮断性】
期待してはいけません。

【音漏れ防止】
期待しません。

【携帯性】
ケーブル長いので無理です。

【総評】
音の各部品は綺麗に出ているが、全体としてまだまとまってない状態。
(まだ購入後数日のせいもあるが)
そのため、音質の評価は高音、低音ともにいいが、全体としては4に落ちる。
HD-DAC1につなぐのに、インピーダンスが600Ωなのも不利だろう。

これからに期待する。
現在持っている、AH-D5000の後継機として育ってくれればと思う。



最初の期待外れな感じからは一変。
まとまった音で、低音と高音ともに申し分ない。
これで専用アンプのA2に繋ぐとどうなるか。

PC→HD-DAC1→A2→T1 2nd Generation

とやってみたいところだが、お金が。(T_T)

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった1人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

H.S.N.さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:64人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
3件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
0件
Bluetoothスピーカー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質4
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

【デザイン】
良くも悪くもT1とほとんど変わらない。もう少しデザインに特徴があってもよいと思う。

【高音の音質】
T1は店頭で視聴したのみだが、2ndとはかなり印象が違う。T1の高音の美音が気に入っていた人達には平凡な印象かもしれない。

【低音の音質】
T1に比べて低音の情報量がかなり増えた印象があり、オールラウンド機に変貌したと思う。

【フィット感】
ハイエンド機なので快適だと思うが、HD800の方が長時間の使用に優れていると思う。重量は気にならない。

【総評】
現時点におけるハイエンド機としては、最高峰のリファレンスモデルだと思う。T1に比べて低音の量感が増え、元々のよさである音の濃密さや情報量の多さと相まって誰にでもおすすめできる製品だと思う。HD800Sがライバル機であるが、コスパの良さで本機がおすすめだと思う。
ただ、T1の高音が気に入っていた人からすれば、クセが無くなったのが、かえって魅力が無くなったと感じるのかもしれない。
個人的には所有しているHD800の方が、低音や音の情報量などで明らかに本機に劣るものの、音場の広さと長時間の使用でも聴き疲れしにくいので、使用頻度が高い。
しかし、購入したばかりのハイレゾ音源を聴くときなどは、本機を使用するのが楽しい。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

オフェリアさん

  • レビュー投稿数:26件
  • 累計支持数:194人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
2件
16件
レンズ
7件
7件
プリメインアンプ
3件
7件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質4
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性無評価

HD650を長らく使ってきて、新しいHPを探していました。
同じメーカーではHD800はしきいが高すぎますし、巨大でちょっと、HD700は手ごろですが、おもちゃっぽい?
HD650と同じ路線で高級機がほしいところです。
かりかりした音より、少し柔らかさのある音が好みですので、DT1990と迷ったのち、こちらを入手しました。
ベイヤーというとプロっぽくてカチカチかな〜と心配しましたが、結果は満足しています。

HD650との比較になりますが、広がり感はHD650のほうがあります。
T1はセミオープンという部類で、吸音材が効いており、低音のパワーがありますが、ダンピングが効いています。
中域は柔らかさがあり、諧調が豊かで、自然です。
高域は量は多くないけど、キレイに出ています。
ワンランクアップして、完成度が高い音 という印象です。

実はひとつだけ問題がありました。
それはケーブルで、シングルエンドで、長すぎ!
で、友人に依頼して2本新作しました。(市販品は高杉でちょっと)
一本は銀線を使ったもの、他は銅のケーブルです。
結果は詳しくは述べませんが、更にランクアップしました。
ケーブルは重要なんだなと再認識しました。
(アンプはUD-503+Soul)

少し重いですが、デザインが普通で、つけ心地もすばらしいです。
長く愛用できそうです。



主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

さかな・クンさん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:78人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
12件
2件
ビデオカメラ
1件
2件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性5

ヨドバシカメラで国内正規品を購入しました。簡単に試聴環境を書きます。
iMac→USB→U-05→HDVD800→当機(フルバランス聴いております。)
あくまで個人的な意見ですのでそれを踏まえた上でお読みいただければ幸いです。また、HD800Sを所有しておりますので、一部比較してコメントします。


【デザイン】
10万超えするならもう少ししっかりとした作りにして欲しかった。
持ってみればわかりますが、ぐにゃぐにゃしていて今にもへし折れそうな感じがします。

【高音の音質】
第一印象としてとても賑やかな音だと思いました。「音自体」には余計な味付けが施されておらず、ソースをそれなりに忠実に表現してくれています。
音の量としては高音域が多めに出ているせいで高い音を出す楽器の音同士が混ざってしまい聴き取りにくくなる場面がありました。(わかりやすく言うとイコライザで高音を少し盛り上げたような感じでしょうか)


【低音の音質】
かなり低いところは若干曇ってる感じがしますが、中音寄りの低音にだと真っ直ぐ突き刺さってくるような感じで芯はあるもののやや細めの音です。
耳にベタンと張り付くような低音がお好きな方には合わないと思います。


【フィット感】
メガネを掛けて装着しているのですが、こめかみが痛くなるようなことはないです。それから軽さもあるので長時間つけていても肩の負担にはあまりならないと思います。
ちなみにHD800Sを長時間つけているとコメカミが痛くなってきました。

【携帯性】
持ち運び用のケースがついているのであえて評価します。この部分はプラスです。


【総評】
個人的にテンションを上げたい時に使うのがこのヘッドホンです。全体的に音は細くて軽いですが、音圧が強い曲を聴く時には重宝します。
セミオープン型の構造の特徴通り、クラシックや音の広がりが重視される曲には向かないと思いますが、昨今のJ-Popにはピッタリと合う機種だと思います。

主な用途
音楽

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

beyerdynamic T 1 2nd Generation
beyerdynamic

beyerdynamic T 1 2nd Generation

最安価格(税込):¥80,736発売日:2015年 8月下旬 価格.comの安さの理由は?

beyerdynamic T 1 2nd Generationをお気に入り製品に追加する <424

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホン・イヤホン]

ヘッドホン・イヤホンの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意

beyerdynamic T 1 2nd Generationの評価対象製品を選択してください。(全2件)

T 1 2nd Generation シルバー系

T 1 2nd Generation

T 1 2nd Generationのレビューを書く
T 1 2nd Generation BLACK EDITION ブラック

T 1 2nd Generation BLACK EDITION

T 1 2nd Generation BLACK EDITIONのレビューを書く

閉じる