『T1との比較』 beyerdynamic T 1 2nd Generation シヲシヲさんのレビュー・評価

T 1 2nd Generation

  • 前世代モデル同様に「テスラテクノロジー」を採用したフラッグシップモデルで、正確で力強い低音再生とバランスのよい音場表現を実現。
  • ケーブルには、高純度無酸素銅「7N OCC線」と、外部ノイズに強いテキスタイルコーティング(繊布被覆)を採用しており、着脱も可能。
  • すぐれた装着感のホローファイバー繊維とソフトベロア素材を採用したイヤーパッドを備えており、長時間でも快適に使用できる。
T 1 2nd Generation 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥84,996 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2015年 8月下旬

店頭参考価格帯:¥118,015 〜 ¥122,083 (全国40店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:半開放型(セミオープン) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:5Hz〜50kHz ハイレゾ:○ T 1 2nd Generationのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • T 1 2nd Generationの価格比較
  • T 1 2nd Generationの店頭購入
  • T 1 2nd Generationのスペック・仕様
  • T 1 2nd Generationのレビュー
  • T 1 2nd Generationのクチコミ
  • T 1 2nd Generationの画像・動画
  • T 1 2nd Generationのピックアップリスト
  • T 1 2nd Generationのオークション

T 1 2nd Generationbeyerdynamic

最安価格(税込):¥84,996 (前週比:±0 ) 発売日:2015年 8月下旬

  • T 1 2nd Generationの価格比較
  • T 1 2nd Generationの店頭購入
  • T 1 2nd Generationのスペック・仕様
  • T 1 2nd Generationのレビュー
  • T 1 2nd Generationのクチコミ
  • T 1 2nd Generationの画像・動画
  • T 1 2nd Generationのピックアップリスト
  • T 1 2nd Generationのオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:30件
  • 累計支持数:287人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
9件
72件
スピーカー
9件
39件
プリメインアンプ
5件
25件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価
T1との比較

使用環境
MacBook-JPU150(USBケーブル)-DA-250(DAC)JPC100(RCAケーブル)-p-1u(ヘッドホンアンプ)
pc以外はLUXMANです。

以降T1を1st、T1 2ndを2ndと表記します。

【デザイン】
beyerdynamicのヘッドホンは同じデザインを採用しているものが多く自信の表れでもあると思い好感を持っています。
【高音の音質】
1stから少し角を取った印象です。1stできついと感じた方にはちょうど良い絶妙のバランスです。どちらが良いではなく、アンプとの相性を含め使用者により好みが変わると思います。

【低音の音質】
1stから大きく変更された部分です。個人的には1stでは少し量が少なく少しボワついていたと感じていましたが、量が明らかに増え締まりも増しました。確実な改良点です。ただ悪く言うと硬直になった低音で、ほんの気持ちほどですが、なだらかさは1stに部があるように思います。ただそれがボワつきにも繋がるような気もいたしますが。
2ndの方が好みの人は多く、例えば定量評価するといい点を出しそうです。

【フィット感】
1stより進化しています。誰にでもフィットすると思います。素晴らしいです。

【外音遮断性】

無評価です。
【音漏れ防止】

半開放型ですので開放型よりは良いです。
【携帯性】
無評価です。

【総評】
1stが上回る部分は全体を通してのなだらかさでしょうか。いつまでも聴いていたいのは1stという人もいるかと思います。ただ2ndの方がヘッドホンとしての解像度、音像定位は明らかに上です。メーカーが1stの良さを殺すことなく足りない部分を補う努力をした結果が見事にあらわれています。ボーカルも定位が良くなり口が大きくなりすぎることもありません。
1stはすでに柔らかすぎず硬すぎず絶妙のバランスだったと思っている方は買い換えない方が良いと思いますが、私は定位と低音に少し不満がありましたので、2ndに買い換えて大正解でした。
是非1stと2ndを聞き比べてから手元に残すものを決めていただければと思います。両方所有する意味は特にありません(両方所有されるのなら、どちらかと別メーカーの物の方が楽しめますので)。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった5人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度3
デザイン4
高音の音質5
低音の音質3
フィット感4
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価
T1からの進化に?

以降T1を1st、T1 2ndを2ndと表記します。

【デザイン】
beyerdynamicのヘッドホンは同じデザインを採用しているものが多く自信の表れでもあると思い好感を持っています。
【高音の音質】
1stから少しかどが取れ伸びきります。1stできついと感じた方にはちょうど良い絶妙のバランスです。どちらが良いではなく、アンプ、音源とのバランスで決まるものだと思います。
【低音の音質】
1stから大きく変更された部分ですが、ここは?です。確かに質は悪くないのですが、1stの良さであったヘッドホンで聴いていないかのような音離れのメリットが感じられません。少し耳にまとわり付くようになってしまいました。量感は増えましたが、残念です。

【フィット感】
1stよりここも進化しています。誰にでもフィットすると思います。素晴らしいです。

【外音遮断性】
無評価です。
【音漏れ防止】
半開放型ですので開放型よりは良いです。
【携帯性】
無評価です。
【総評】
中音について、1stの魅力だったボーカルの近さ、少し具体的に書くと空間は広く楽器は左右奥行きにしっかり分離して聞こえるのにボーカルはしっかりと中央前方に定位する良さがあったのですが、ボーカルは遠くなりました。よく言うとフラットになったのかもしれませんが、個人的には少し中音も魅力が無くなりましたね。同じ音量で同じボーカル曲を聴くとすぐに分かると思います。

また、1stより全体として少しだけ柔らかい音になりました。1stはすでに柔らかすぎず硬すぎず絶妙のバランスだったと思っている方は買い換えない方が良いと思います。私は、sennheiser HD650も所有していましたが、1stを購入した際に売却しました。HD650ほどではありませんが、少し似たような柔らかさが悪い意味で1stに足されたイメージです。平均点を取りに行きすぎた感、を2ndには感じました。

2ndは初めて高級ヘッドホンを購入した方は満足すると思いますが、すでにHD800、TH900、LCD3などを所有している方は物足りないと思います。1stはこのヘッドホンだからこそ、がありましたが2ndは無くなりました。優等生ではあるが、ポテンシャルやその他の魅力を感じないので採用されない就職活動をしている方と同じイメージです(断っておきますが、1stも充分に万能機でありながら個性的な魅力も持ち合わせています。)。
是非1stと2ndを聞き比べてから手元に残すものを決めていただきたいと思います。両方所有する意味はありません(両方所有されるのなら1stと別メーカーの物の方が楽しめる)。

使用環境
MacBook-1万円くらいのUSB cable-LUXMAN DA-200-LUXMAN p-1u

主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった0

満足度3
デザイン4
高音の音質5
低音の音質3
フィット感4
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価
T1からの進化に?

以降T1を1st、T1 2ndを2ndと表記します。

【デザイン】
beyerdynamicのヘッドホンは同じデザインを採用しているものが多く自信の表れでもあると思い好感を持っています。
【高音の音質】
1stから少しかどが取れ伸びきります。1stできついと感じた方にはちょうど良い絶妙のバランスです。どちらが良いではなく、アンプ、音源とのバランスで決まるものだと思います。
【低音の音質】
1stから大きく変更された部分ですが、ここは?です。確かに質は悪くないのですが、1stの良さであったヘッドホンで聴いていないかのような音離れのメリットが感じられません。少し耳にまとわり付くようになってしまいました。量感は増えましたが、残念です。

【フィット感】
1stとここも進化しています。誰にでもフィットすると思います。素晴らしいです。

【外音遮断性】
無評価です。
【音漏れ防止】
半開放型ですので開放型よりは良いです。
【携帯性】
無評価です。
【総評】
中音について、1stの魅力だったボーカルの近さ、少し具体的に書くと空間は広く楽器は左右奥行きにしっかり分離して聞こえるのにボーカルはしっかりと中央前方に定位する良さがあったのですが、ボーカルは遠くなりました。よく言うとフラットになったのかもしれませんが、個人的には少し中音も魅力が無くなりましたね。同じ音量で同じボーカル曲を聴くとすぐに分かると思います。

また、1stより全体として少しだけ柔らかい音になりました。1stはすでに柔らかすぎず硬すぎず絶妙のバランスだったと思っている方は買い換えない方が良いと思います。私は、sennheiser HD650も所有していましたが、1stを購入した際に売却しました。HD650ほどではありませんが、少し似たような柔らかさが悪い意味で1stに足されたイメージです。平均点を取りに行きすぎた感、を2ndには感じました。

2ndは初めて高級ヘッドホンを購入した方は満足すると思いますが、すでにHD800、TH900、LCD3などを所有している方は物足りないと思います。1stはこのヘッドホンだからこそ、がありましたが2ndは無くなりました。優等生ではあるが、ポテンシャルやその他の魅力を感じないので採用されない就職活動をしている方と同じイメージです(断っておきますが、1stも充分に万能機でありながら個性的な魅力も持ち合わせています。)。
是非1stと2ndを聞き比べてから手元に残すものを決めていただきたいと思います。両方所有する意味はありません(両方所有されるのなら1stと別メーカーの物の方が楽しめる)。

使用環境
MacBook-1万円くらいのUSB cable-LUXMAN DA-200-TEAC HA-501(ボリューム15付近で使用)

主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった1

満足度3
デザイン4
高音の音質5
低音の音質3
フィット感4
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価
T1からの進化に?

以降T1を1st、T1 2ndを2ndと表記します。

【デザイン】
beyerdynamicのヘッドホンは同じデザインを採用しているものが多く自信の表れでもあると思い好感を持っています。
【高音の音質】
1stから少しかどが取れ伸びきります。1stできついと感じた方にはちょうど良い絶妙のバランスです。どちらが良いではなく、アンプ、音源とのバランスで決まるものだと思います。
【低音の音質】
1stから大きく変更された部分ですが、ここは?です。確かに質は悪くないのですが、1stの良さであったヘッドホンで聴いていないかのような音離れのメリットが感じられません。少し耳にまとわり付くようになってしまいました。量感は増えましたが、残念です。

【フィット感】
1stとここも進化しています。誰にでもフィットすると思います。素晴らしいです。

【外音遮断性】
無評価です。
【音漏れ防止】
半開放型ですので開放型よりは良いです。
【携帯性】
無評価です。
【総評】
中音について、1stの魅力だったボーカルの近さ、少し具体的に書くと空間は広く楽器は左右奥行きにしっかり分離して聞こえるのにボーカルはしっかりと中央前方に定位する良さがあったのですが、ボーカルは遠くなりました。よく言うとフラットになったのかもしれませんが、個人的には少し中音も魅力が無くなりましたね。同じ音量で同じボーカル曲を聴くとすぐに分かると思います。

また、1stより全体として少しだけ柔らかい音になりました。1stはすでに柔らかすぎず硬すぎず絶妙のバランスだったと思っている方は買い換えない方が良いと思います。私は、sennheiser HD650も所有していましたが、1stを購入した際に売却しました。HD650ほどではありませんが、少し似たような柔らかさが悪い意味で1stに足されたイメージです。平均点を取りに行きすぎた感、を2ndには感じました。

2ndは初めて高級ヘッドホンを購入した方は満足すると思いますが、すでにHD800、TH900、LCD3などを所有している方は物足りないと思います。1stはこのヘッドホンだからこそ、がありましたが2ndは無くなりました。優等生ではあるが、ポテンシャルやその他の魅力を感じないので採用されない就職活動をしている方と同じイメージです(断っておきますが、1stも充分に万能機でありながら個性的な魅力も持ち合わせています。)。
是非1stと2ndを聞き比べてから手元に残すものを決めていただきたいと思います。両方所有する意味はありません(両方所有されるのなら1stと別メーカーの物の方が楽しめる)。

使用環境
MacBook-1万円くらいのUSB cable-LUXMAN DA-200(11時から12時で使用)

主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった3

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

T 1 2nd Generation
beyerdynamic

T 1 2nd Generation

最安価格(税込):¥84,996発売日:2015年 8月下旬 価格.comの安さの理由は?

T 1 2nd Generationをお気に入り製品に追加する <407

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホン・イヤホン]

ヘッドホン・イヤホンの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意