ジャガー XJレビュー・評価

このページの先頭へ

XJ のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
XJ 2010年モデル 4.67 自動車のランキング 6人 XJ 2010年モデルのレビューを書く
XJ 2003年モデル 自動車のランキング 0人 XJ 2003年モデルのレビューを書く
XJ 1994年モデル 4.41 自動車のランキング 2人 XJ 1994年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 4人 -

XJ 2010年モデルの評価

  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 5.00 4.33 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.33 3.92 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.67 4.11 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.33 4.20 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.33 4.04 -位
燃費 燃費の満足度 2.67 3.87 -位
価格 総合的な価格の妥当性 3.33 3.86 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェッショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

ケンちゃん1013さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格4

【走行性能】
★2019/11/9
RaceChip搭載後
340馬力→423馬力 (450Nm→560Nm)
元々加速性能は十分でしたが友人3人と長距離ドライブする際など、十分にエンジン余力を残して余裕のある状態にしたかったのでやりました。んで、早速アクセル踏んでみるともうビックリ。野太いトルクが加わり軽くアクセス踏むと、停止状態から体感1、2秒で50kmまでいっちゃいます。
ブーストセンサーをイジる事で本来よりも強力なブースト圧が掛かるため低回転域のパワーはかなり伸びました。
※Racechipの影響かアイドリングストップが掛からない不具合が発生しているので今はノーマルで走行してます。
パーツ代+工賃で\125,000。市販車ジャガーの最高出力はXJRの575psですが、XJスーパースポーツは同Racechipで628ps/780Nmまでパワーアップできます。

【技術】
 イギリス車はドイツ車と比べて先進技術の開発や搭載が遅れをとっている印象ですが、インパネ類やナビ機能などはドイツ車には適いません。私はどちらかというと自分でハンドルを操りたいタイプなので特に不便には感じておりません。ともあれXJは2016年の後期モデルから静電式タッチパネル採用、レーンアシスト機能、駐車支援機能など搭載されてるのでしっかりと時代に追いつこうとしています。

【乗り心地】
 まさしく猫足でドイツ車とは全くの別物。AudiやBMWが路面の凹凸を限りなく平坦になるよういなすなのに対し、ジャガーは凹凸を巧くいなし吸い付くような乗り味。イメージとしては絨毯を敷いた路面を走っている感じですね。往復200kmのドライブでも全く疲れませんでした。

【後部座席】2019/11/9追記
以前は狭いと書きましたが、運転席の調整次第では普通に広いです。私(176cm76kg)のシートポジションで後部座席は拳2.5分、頭上1.5個分はありました。今までに乗ったイメージとしては、
 A8L、S560ロング≒XJL>A8、Arteon>XJ、A7、Panameraという感じ。ただし、Arteon,A7より頭上空間はXJのが広いです。

【燃費】2020/5/25 修正
メーター表示と実測値を比べるため満タン燃料法で測ってみました。エアコンオート、アイドリングストップ使用、燃費重視走行の場合。
市街地:5.5~8.6km/l
街中+高速:7.0~9.5km/l
高速のみ:10km/l以上
※実際に東京⇔宮城間を走行した例
走行距離:往復685km
消費燃料:55リットル
平均燃費:12.4km/L
大体メーター表示の燃費マイナス0.5~2.0ぐらいが実際の燃費と思った方が良いです。
気筒休止システムも補助モーターも付いていないV6エンジンにしては中々頑張ってる方じゃ無いかと思います。

【エクステリア】
 やはりなんと言ってもこのルーフラインへ流れるようなシルエットが最大の魅力。20mぐらい離れて、真横もしくは斜め後ろからこの車をご覧になってください。4ドアクーペでもない、5ドアハッチバックでもない、それでいて単純なセダン車のボディ形状ではないこのデザイン。本当に美しいです。A7やパナメーラは厳密には5ドアハッチバックなので、XJの車体デザインは世界で唯一なのではないでしょうか。
 車体デザインで購入したと言っても過言ではありません。『落ち着いたデザインでありながら、存在感のあるセダン』を体現しており、@Porsche Panamera AMercedes cls BAudi A5/A7 CVolkswagen Arteonで悩みましたが、@は値段が高すぎ、Aはインテリアが派手すぎる(オーナーさんすみません)B、Cは流れるウィンカー(ダイナミックターンインジケーター)が目立つかなぁということでXJを選びました。(A7のワイド&ロウなシルエットは何度見ても惚れます)

【インテリア】
 内装の豪華さは、流石英国車だけありエレガントです。木材があしらわれたステアリングとドアパネルは触り心地がよく、ドアを閉めハンドルを握るたびにニヤリ。ドイツ車のような煌びやかさや華やかさには欠けますが、そもそもジャガーに過度な妖しげなアンビエントライトは不要、ウッドパネルとレザーシートで十分です。

【こんな方にオススメ】
@古くからのジャガー党
 以前お会いしたジャガーオーナーの方は、XJ-S、X308、X350、そして現行のX351系に代々乗り換えられており、古くからのジャガーオーナー様への乗り換えもオススメ。X351で一気にモデルチェンジしたので、その辺のジャガーとしての受け入れは賛否両論あるみたいですが。
 平成生まれなため、丸目四灯のジャガーではなく現行スタイルの方に乗っています。若い方にもウケるようなデザインだと思います。(最も、若い世代でセダンを選ぶほうが少ないですが・・・)

Aクーペルックセダンが好きな方
A7スポーツバックやCLSに乗られている方なら魅力が伝わりやすいと思います。

B存在感があるが、派手すぎない欧州車に乗りたい方
 Aの車の中でもジャガーXJはどちらかと言えば控えめ。それでいても街中で滅多に遭遇しないのと、5m級の大型ボディは人目を惹きます。ライト類の派手な演出も無ければ、フロントグリルの厳つさもありません。それでいて存在感のある車ならばまさしくXJの他にはないと思います。

【総評】
 故障も不具合もなくドライブするたびに喜びを感じます。他の外車と比較して日本で走っている数が少ないために、オーナー同士特別な連帯感があるように感じますね。対向車線のジャガーとすれ違うと高確率でドライバーの方と目が合います。笑見ず知らずのオーナーさんと自然に会話が始まるのもジャガーに乗ってるからこそなのでしょう。
XJの生産が今年で終了し、今後は全車種にEV車を盛り込むと発表があり、寂しくも感じます。これも時代の流れと昨今の市況の結果、ジャガーロンドローバーの判断なのだと思いますが、どうか、XJだけはEV化しても車体デザインは変更しないで欲しいと願うばかりです。

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった15人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

cavaliereさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:36人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地5
燃費2
価格4

98年製X308の最初のロットを新車購入して20年、毎日の足として使っています。
ガラスのATといわれたZF製5速ミッションを除き、あまり故障しない車です。このドイツ製ミッションは3年で壊れ、保証で交換してもらいました。それを除き、十数年間は何の故障もありませんでした。十数年過ぎてから、部品がちらほらと壊れてきました。むしろそれまで持ったのが驚きで、その都度修理していますが、未だに部品供給があるのもすごいです。
乗った瞬間に感じる落ち着き、手に触れるものすべての感触、ステアリングやエンジンのフィーリング、独特の乗り心地など、「高級」とは何かを味あわせてくれます。当然のごとく現代のハイテク装備なぞ付いておらず、そういう意味では陳腐化していますが、この高級な感覚は未だに新鮮です。
デザインも、未だに惚れ惚れします。ジャガーらしいデザインを保った最後の車でしょう。
3.2LV8エンジンはとても滑らかですが、ショートストロークのため当初から非力です。最近はシリンダーのクリアランスが拡がってきたため、20W60のオイルを使っています。
もう古い車なので、今からの購入はお勧めしません。内装も経年変化で痛んでるでしょうし、これからミッションやデフ、ラックなどの大きな部品が故障してくるでしょう。いくらでも修理代を出せるリッチで品格のある方の趣味としてでなければ、維持が難しくなりそうです。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
その他
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
その他
レビュー対象車
中古車

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

torajirou55さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:18人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
2件
タブレットPC
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格3

【総合評価】
街なかのチョイ乗りにはあんまり向いていない、広々とした高速を走るのに向いてる車と感じます。350(XJ4.2)の、伝統的なスタイリングながらも古臭くないデザインと、普段はゆったり走れるけど踏み込めば怒涛の加速、というのが何とも好きでした。そこから351(プレミアムラグジュアリー5000CC)に乗り換えたら、アクセルを50%踏み込んでもガルルルルル〜!っと強烈な加速で驚きます。デザインは慣れてくると、何とも言えないスポーツカーでもなく、いわゆるセダンでもないスタイリングに惚れ込みます。

【良い点】
スタイリングは(好みの問題ですが)新ジャンルと言っても過言ではない、オッサンセダンでも若者スポーツカーでもない、セクシーな形状。余裕のパワーも良い点と言えば良い点。そして何と言っても、町中でほとんど同じ車とすれ違うことが無いのも、私にとっては高ポイントです。同程度の性能の車は他にもあっても、MもBもAもやたらとすれ違いますから…。

【悪い点】
パワーあり過ぎ。都会の街なかでは、アクセルはシルキータッチを強制されます。もう少しでも踏み込んだら、猛加速します。スーパーチャージャー付の5000CCなんて恐ろしくて乗れません。2012年モデルからNA5000CCが消えたのが、何となくわかります。

乗車人数
4人
使用目的
レジャー
頻度
月数回以下
重視項目
高級感
レビュー対象車
新車
購入時期
2012年6月
購入地域
兵庫県

新車価格
1150万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
50万円

XJの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Beforea2さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:21人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
189件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費2
価格3

【エクステリア】
クーペルックセダンとして抜群のルックス

【インテリア】
惜しみなくつぎ込まれたアルミパーツの存在感が抜群。
各所の内張りのセンスは他社ではなかなか真似できないセンス。
フル液晶のメーターはギミックこそ多いものの好みが分かれそう。
ナビは解像度が低くちょっと物足りない、グローブボックスの開錠方法はオシャレ?ですね。

【エンジン性能】
暴力的とも言える加速力で申し分なし。

【走行性能】
8ATはレクサスのものよりシームレスのように感じます。
ロングホイールベースなせいかお尻が若干振られ操舵感はややピーキーなところも。
最小回転半径が影響しているのかFRセダンとして思ったより曲がらない印象も。

【乗り心地】
MAXX装着とスポーツタイヤ採用のせいかLSと比べると段差は良く拾います、
タイヤの銘柄を変えれば改善されるかもしれない?

【燃費】
極悪ですね、メーターがみるみる内に左へ向かっていきます。
特にアイドリング時の消費がLSの比では有りません、かといってアイドリングストップすれば解決という訳でもありませんし。

【価格】
ジャガーというブランドをどう評価するか。
機能的に見れば割高ですが、このクラスともなるとコストパフォーマンスを持ち出すのは野暮かと。

【総評】
車内の各パーツが道具ではなくアクセサリーかのような完成度は素晴らしく、
国産高級車やドイツ車では追い付けない領域にあると感じます。
このクルマに乗ると使い勝手を無視したシフトレバーやコマンダーは要らないとハッキリと思わせてくれます。
マイノリティな部類には入りますが、機会があるなら是非一度だけでも乗ってみてください。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
頻度
月数回以下
重視項目
高級感
レビュー対象車
新車
購入時期
2014年12月
購入地域
東京都

新車価格
2016万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
0円

XJの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

外川 信太郎さん

  • レビュー投稿数:237件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール神奈川県藤沢市生まれ、現在茅ヶ崎市在住の湘南中年。少年期に5年間イギリス・ロンドン、スコットランド・エディンバラに在住していた事から、欧州車に興味を抱いたきっかけになった。慶応義塾大学卒業後、出版社に入社。輸入車専門誌にて執筆、編集を担当…続きを読む

満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

迫力のある面構えは新世代ジャガーそのものである。

近未来的なデザインであるが、風格はジャガー。

大きなジャガーのエンブレムが配される。灯火類は全てLEDだ。

19インチタイヤ&ホイールを装備する。

ジャガーらしくウッドとレザーの世界が広がる独特の空間。

メーターはグラスコクピットでいわばモニターに映し出される。

現行の「XJ」シリーズがデビューした際の衝撃は大きなものでした。筆者の個人的な意見ですが、これが「XJ」シリーズ??と幻滅したものです。伝統の4灯丸型のヘッドライトや、女性的な彫刻美のエクステリアを捨て、まるで新しいクルマに刷新されてしまった。

筆者の父が長年所有していた「XJ」シリーズでしたので、あの変わらないスタイリングには、思い入れが特にありました。まあ、とやかく言う前に試乗してからということで、「XJ 2.0 ラグジュアリー」の広報車両に乗ってきました。


全長5135mm×全幅1900mm×全高1455mmという堂々たるボディサイズは、さすがジャガーのフラッグシップモデルです。このサイズでしたら、3.5リッター以上のエンジンを搭載していても、“普通”ですが、「XJ 2.0 ラグジュアリー」は、2リッター直噴4気筒ターボエンジンを搭載しています。輸入車では、“ダウンサイジング現象”が起きている昨今ですが、まさかあのジャガーもとは俄かに信じがたい事実です。

◇インプレッション◇

複雑なロジックを持つキーを車内に持ち込むと、エンジンスタートボタンが赤く、心拍数のように点灯する。スタートをし、ヌメッと迫り出す、シフトダイアル・・・。最近のジャガーでは、おなじみになった新生の儀式です。ドライブレンジに入れ自動的に解除されるパーキングブレーキ。アクセルをそっと踏むと、デッドスムーズに滑り出した。その滑らかさ、静かさ、上質さ・・・。これが本当に直列4気筒2リッターエンジンなのか?と衝撃を受けました。8段変速の新開発オートマティックトランスミッションは、シフトショックなど皆無。近未来的なエクステリアとは裏腹に、走りはジャガー以上にジャガーなのです。

街中を流し、高速道路も普通に走ってみると、直列4気筒2リッターエンジンということは、分からないほど回転もスムーズ。全面モニターのグラスコクピットに映し出される仮想現実のタコメーターもほとんどアクションを起こさない。

街中では、乗り心地も非常に滑らかで、リムジンに使用するにも最適。道の継ぎ目や段差もキャビンにショックをほとんど伝えてこないのは、ジャガーの「猫足」そのもの。

空いた高速道路に乗りアクセルを底まで踏みつけると、いい意味で期待を裏切ってくれました。全長5135mm×全幅1900mm×全高1455mmという大柄なボディが直列4気筒2リッターエンジンで走ってくれるの?という心配はご無用。

このエンジンは、オールアルミニウム製で重量138kgを実現。。低慣性ターボチャージャーやツイン可変バルブタイミング機構により、最大出力240PS/5500rpm、最高トルク340Nm/2000-4000rpmを発生する。 このスペックは先代のV型6気筒自然吸気エンジンと遜色がない。

2リッター直噴4気筒ターボエンジンは、シューン!と吹け上がり、大柄なボディをグイグイ加速していき、シートバックに身体が抑え付けられるほどの加速力を発揮。

トーヨータイヤターンパイクでも走ってみましたが、この大柄なボディが極めて安定した挙動で右へ左へヒラリヒラリとコーナーをクリアしていく様は、スポーツカーのような一面も見せてくれる。最大出力240PSは非力さを感じる場面もなく、ワインディングでも速い。

絶対的な軽さが武器となり、ジャガーの「猫足」が際立ち、実は、とてもジャガーらしいクルマであった。

近未来的なエクステリアでジャガーらしさを捨ててしまったかと思いきや、まさにジャガーそのもの。嬉しい誤算でした。



レビュー対象車
試乗

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

king_120iM_さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スタッドレスタイヤ
1件
61件
自動車(本体)
2件
20件
カーバッテリー
0件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費2
価格5

良いものは良い!
XJR 直列6気筒の4リッタースーパーチャージド X300のレビューです。

前オーナーが大事にされていたのが良くわかります。
ガレージ保管車です。

状態の良いX300は底値の状態。庶民にも手軽に買えおすすめです。
もちろんガレージ保管、ワンオーナー、記録簿あり、が条件。

それでも
トラブルが起きたときの出費の覚悟はしておきましょう。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
その他
レビュー対象車
中古車

参考になった5人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

森口将之さん

  • レビュー投稿数:228件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールフリーランスジャーナリストの森口将之です。自動車を中心に、モビリティ全般を守備範囲としています。自動車については、ブランドやスペックにとらわれず、ユーザー目線でのレポートを心がけています。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務め、日本自動…続きを読む

満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ホイールは19インチが標準だが試乗車は20インチ

排気量やグレード名を示す文字は見当たらない

クロームとウッドを多用したジャガーらしいインパネ

前席は左右ともに12ウェイパワーシートを採用

エントリーグレードながらレザーシートを標準装備

240ps/34.7kgmを発生する2L4気筒ターボエンジン

ジャガーXJはこれまで、V8エンジンしか搭載していませんでしたが、2012年12月に発表された2013年モデルで、2L直列4気筒ターボと3LスーパーチャージドV6を設定しました。このうちV6スーパーチャージドは自然吸気V8の置き換えで、4気筒ターボは追加モデルになります。そのエンジンを積んだ2.0ラグジュアリーに、静岡県御殿場で行われた試乗会で乗りました。

2Lだからといってボディが小さくなったわけではなく、全長5135mm、全幅1900mm、全高1455mmという、堂々としたサイズです。2Lであることを示すバッジ類もありません。インテリアも同様で、フラッグシップにふさわしいラグジュアリーな雰囲気と広大なスペースを併せ持っています。

ただXJのボディはアルミ製なので、車両重量は1780kgと、ライバルのメルセデス・ベンツSクラスより100kg以上軽くなっています。しかも搭載されるフォード製エンジンは、2tを超えるエクスプローラーの巨体を軽々と動かす実績があるうえに、ATはそのエクスプローラーの6速に対して8速です。そのため加速に不満はありません。

もちろん急加速では上まで回すことになり、4気筒らしい音が届きますが、もともとこのエンジンは4気筒としては世界最高レベルのなめらかさなので、それほど気になりません。ATがスムーズかつ的確に変速してくれるので、低回転をキープしたまま、スムーズに速度を上げていってくれることも好印象です。100km/hでの回転数は1500rpm以下で、静粛そのものです。

乗り心地は相変わらずしっとりしていて快適ですが、重厚感についてはV8ほどではないという印象でした。XJは同じアルミボディを採用した旧型も、V8とV6でこの面に差があったという記憶があります。最新型にもその傾向が受け継がれているようです。

一方、ノーズが軽くなってことによるハンドリングの違いは、あまり感じられませんでした。そもそも全長5mを超える大きなサルーンを峠道で振り回すような走りは違和感があります。それをわきまえ、車格に見合った落ち着いた身のこなしをキープしたようです。納得できるセッティングです。

現状ではアイドリングストップはつかないので、街中での燃費・環境性能ではライバルとなるレクサスLSやメルセデスSクラスなどのハイブリッドカーに一歩譲るかもしれません。でも郊外の道や高速道路では、アルミボディとダウンサイジングエンジンのコンビがそれらに並ぶ結果を出してくれそうです。

レビュー対象車
試乗

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アイス烏龍さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

docomo(ドコモ)携帯電話
0件
2件
シェーバー
1件
0件
スマートフォン
0件
1件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格4

二ヶ月ほどE320からの乗り換えで乗っています
まず内外装は高級感があり良い感じです。数字上解っていましたが実際の車体の大きさにはややびっくり、駐車場を選ぶ大きさです。自走式でも入口幅が気になる駐車場がありますし、車体の長さはやはり前に出てしまいますので注意が必要です。車内はE320とほぼ同じ大きさでこのクラスでは狭いきがします。
トランクは旅行用トランクフルサイズ二つは入りません。一つとボストン数個という形です。容量はあるようですが形が上手く行かない。
走行ですが、まず、気になるのが周囲が見えないという点です。初めはかなり気を遣います。E320は直進性が安心できた優れた車でしたが、XJは直進安定性はE320に譲るが、カーブを曲がるのが楽しい車です。山道もスイスイ曲がれてしまう気持ちよさがあります。
シートヒーターは熱くなりすぎる傾向にありますので注意かな?
暖房は不満はありません。(冷房は若干心配していますが)
燃費ですが市内走行は5km前後というところでしょうか
高速道路は少し走行したとき急に変わった印象です。行きは8kmぐらいでしたが帰りは11kmぐらいに伸びた。それ以降高速のみの燃費は上手く走れば11kmです
いずれも通常モードで走った場合です
話を聞くとだんだん燃費は良くなっていくそうですが、市内走行はもう少し伸びてほしいモノです。E320と比べることはできませんが市内7km前後高速12-14kmとついつい比べてしまうので。。そういう意味では高速道路での燃費は良いと思います。
2ヶ月たったいままで故障なしできています。燃費・駐車場・車体の大きさに難はありますが、内装の高級感に毎日ふれる喜びには満足しています。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

松下宏さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

   

   

新しいジャガーXJは見るからに大きく立派になった。全長が5mを超え、全幅は1900mmに達するのだから、もう十分すぎる大きさである。そのサイズのボディが、革新的なデザインをまとって登場した。

旧型XJがアルミボディなどクルマ作りの面で革新を果たしながらも、デザイン的には従来からの流れの中にあったのに対し、今回はデザインを大きく変えてきた。XFから始まったジャガーデザインの新しい流れを示すものともいえる。保守的なジャガーユーザーの中には賛同しない人がいるかも知れないが、見るからにカッコ良いと思えるデザインである。

デザインとともに走りも大きく変わった。今回は自然吸気エンジンを搭載したモデルに試乗したが、標準仕様の足回りでも十分にスポーティな乗り味を感じさせるのだ。ジャガーとしてはちょっと硬めに過ぎるというくらいのスポーティさであり、ダイナミックモードを選んで走れば、さらに硬めで安定感の高い走りが得られる。新型XJの足回りもまた、ジャガーの新しい提案といえる。

ダイナミックモードを選ぶと液晶パネルを採用したインパネのタコメーターが赤く変わり、スポーティな走りの気分を高めてくれる。ただ、ダイナミックモードを存分に楽しめるようなシーンは残念ながら日本の一般公道にはない。それくらいの豪快なパフォーマンスを発揮できるのだ。

エンジンの動力性能は283kW/515N・mで、5.0Lエンジンとしても十分すぎるくらいの実力を持つ。これに電子制御6速ATが組み合わされており、タウンモードでの走りなどはとても静かで滑らかなものだ。


本革シートや木目パネルなど、自然素材をふんだんに使ったラグジュアリーなインテリアは正にジャガーの伝統を継承するもの。液晶パネルなど最新の仕様と伝統的な仕様がみごとに融合している。

スターターボタンを押すとATのシフトダイヤルが競り上がってくる演出は、XFと同様におもてなしを表現したものだ。

5.0Lエンジンを搭載しながら、ベースグレードのラグジュアリーに1000万円の価格が設定されるのは、同クラスのライバル車に対して十分な競争力がある。Sクラスなどのライバル車は3.5Lエンジン搭載車に1000万円級の価格が設定されているからだ。

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぴぴるぴるぴるさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム機本体
1件
3件
自動車(本体)
2件
1件
液晶テレビ・有機ELテレビ
0件
1件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費3
価格3

相変わらず足廻りにお金掛けて造ってる感じです。
日本車でもこんな感じの車があればいいな。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アッパーウエストさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費2
価格3

以前所有していたドイツ製高級車は、ハードウェアとして優秀というだけで、贅沢という感じはしなかったのですが、ジャガー、特にこのXJは心を豊かにしてくれるような贅沢を感じます。あの内装に包まれて運転していると幸福を感じますし、自然とマナーの良い運転になります。
大きさのわりに、乗り心地は軽快感さえ感じます。現行型になって、後席の狭さもかなり改善されました。半年経ちましたが、特にトラブルもありません。
唯一の欠点は、やはり日本の都心で乗るには、全長と全幅が長すぎることでしょうか。
工業製品というより、工芸品という印象を持ちます。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

HC0さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
1件
温水洗浄便座
1件
0件
タイヤ
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

全体的な感想
ゆっくり流しては乗り心地良く、高速道路では静かで安楽、箱根の曲がりくねった道を軽々と抜けて行く。オフロードを除けば、これ程オールマイティーなセダンは他に無いのではないかと思える守備範囲の広さを持つ。
エレガントであると同時に俊敏でもある。
所有する喜びよりも、むしろ走らせる楽しみが大きいところが他の大型セダンと比較して、この車の特長と言える。

良い点
走る、曲がる、止まるという車の基本性能を妥協せずに、丁寧な設計と加工を施して製品化されたことが乗る度に感じられること。
大きなボディーに強力なエンジンを搭載しているにも拘わらず、燃費が予想以上に良い。市街地:6〜7、郊外:8〜10、高速:12Km/l

悪い点
交換部品の単位が大きく、小さな部品の交換をする為にその周りのアッセンブリーごと交換しなければならないこと。
車両本体に悪い点は無い。

次期モデルへの要望
エレガントなイメージを保ちつつ、未来志向の造形美を実現して欲しい。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

この製品の価格を見る

XJ
ジャガー

XJ

新車価格:900〜2107万円

中古車価格:39〜1398万円

XJをお気に入り製品に追加する <19

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

XJの中古車 (全3モデル/263物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意
XJの中古車 (全3モデル/263物件)