サンパギータ レビュー・評価

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥4,800

ジャンル:アドベンチャー プレイ人数:1人 記憶メモリ容量:1ブロック サンパギータのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • サンパギータの価格比較
  • サンパギータの店頭購入
  • サンパギータのスペック・仕様
  • サンパギータのレビュー
  • サンパギータのクチコミ
  • サンパギータの画像・動画
  • サンパギータのピックアップリスト
  • サンパギータのオークション

サンパギータSIE

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:1998年10月15日

  • サンパギータの価格比較
  • サンパギータの店頭購入
  • サンパギータのスペック・仕様
  • サンパギータのレビュー
  • サンパギータのクチコミ
  • サンパギータの画像・動画
  • サンパギータのピックアップリスト
  • サンパギータのオークション

サンパギータ のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:3.00
(カテゴリ平均:3.72
レビュー投稿数:1人 
  1. 5 0%
  2. 4 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
操作性 反応速度の良さ、直感的な操作が可能か 3.00 3.64 -位
グラフィック 画面構成の良さ・見やすさ・綺麗さ 3.00 3.57 -位
サウンド 音楽や効果音の良さ 2.00 3.66 -位
熱中度 ハマり度、のめり込み度 3.00 3.79 -位
継続性 長期間遊べるか、何回も楽しめるか 2.00 3.40 -位
ゲームバランス 難易度やテンポ等、全体的なバランス 2.00 3.40 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

サンパギータのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん 金メダル

  • レビュー投稿数:438件
  • 累計支持数:190人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

プレイステーション(PS) ソフト
106件
0件
プレイステーション2(PS2) ソフト
96件
0件
ニンテンドーDS ソフト
41件
1件
もっと見る
満足度3
操作性3
グラフィック3
サウンド2
熱中度3
継続性2
ゲームバランス2

主人公が記憶喪失の女の子マリアと出会う。
彼女の正体は一体何者かというところまでは、やるドラシリーズ初期作品で貫いているテーマをそのままなぞっている。
三作目のこれは、ヒロインの正体そのものには大した意外性はなく、記憶喪失自体も特に仕掛けとしては機能していない。
(まあ記憶喪失設定自体ここまで一度も機能していた気はしないが。毎回せいぜい出会いのきっかけにしかなっていない)
彼女の周囲を取り巻く環境と、その真相に対して主人公がどう向き合うかが主題になっている。
早い段階でいきなりベッドシーン(当然細部は飛ばされる)があったり、今までの形とは少し違っている面もある。
これまた割合すぐにわかる彼女の背景に、明るい要素、ファンタジー的な流れはなく、ただただ冷たい現実と向き合うことになる。
正直これはワクワクさせるというより、重荷にしかならんなあという感じではあるが。
それを(主人公的にもプレイヤー的にも)繋ぎ止めるのはマリアの魅力一本というのがやや厳しい気はする。

今回は何度か失敗後出てくるヒントに従えば、あっさりグッドエンドが見られるので、延々デストラップや曖昧すぎてよくわからない好感度上下に引っかかって絶望することはないが、その分その後のコンプはよりしんどいかも。
わざわざ自分からわざと失敗するように選択を埋めていくのは苦痛な作業。
テンポもそういいとは言えない中で、大して意味のない選択と、大して違いがあるわけでもない結果を延々見るだけ。
最初からマリアの機嫌を損ねないようにしないといけないのだが、それも一本気や下心丸出しでは駄目で、だからといってそっけなくするとすぐ破局が待っている。
いろんなところで土足で相手の領分に踏み込むことで正答を掴んでいかないといけない。

結局正解ルートを外れると、バッドかノーマルエンド直行というのは今までと変わらない。
その度に同じエンディングに到達したり、さもなければ同じような亜種エンドを見るだけなのも同じで、多少プレイしやすくなったとはいえ、根本的な問題は解決していない。
途中セーブから再開で手抜きするのもこのゲームでは仕様上不可なので、どうしても繰り返しプレイしているうちに飽きてきてしまう。

本当に楽しめたのは最初のプレイから初めてグッドエンドに到達する辺りまで。
あとは苦行の埋め作業しかない。
しかも最初に見られるグッドエンドに対して、あとのグッドエンドはみんな強引に作ったような話で、みんなこの最初に見たエンディングの亜種ばかり。
結局正解になる話は最初の一本しかない。
もっとまるで予想を裏切る、全く脈絡のないオチや途中の展開も用意すればいいのに、そういうのがこのゲームにはないんだよなあ。

相変わらずディスク交換が流れを思い切り悪くしているのも問題点。
こればかりはムービー容量的にどうしようもないだろうが。
ムービー削れって言っても最初からそれ込みで作っているんだろうしな。
設計の段階からまずかったというしかない。

ま、こんなもんかな。
やっぱこのシリーズはダブルキャストの時点でお腹いっぱいかも。
せめて選択肢とEDの関係がもっと簡潔でわかりやすいものでないと、これ以上どうにもならない。
多分その辺もアニメ制作と合わせて早い段階で企画が進んで終わっちゃってたから、せいぜいヒント出すくらいでもはやどう手のつけようもなかったんだろうけど。
裏側の事情がこうもミエミエではのめりこめないわ。

少なくとも季節を抱きしめてよりはヒロインと話の魅力が出ていたとは思うが……しかしこの内容ではそれも好みが割れそうだ。
ほんと惜しいところ。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

サンパギータのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

サンパギータ
SIE

サンパギータ

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:1998年10月15日

サンパギータをお気に入り製品に追加する <1

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プレイステーション(PS) ソフト)

ご注意