『「格」を感じるMACHシリーズ最上位モデル!』 Westone MACH 80 WA-M80 鴻池賢三さんのレビュー・評価

MACH 80 WA-M80 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥228,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥228,800¥228,800 (6店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥228,800 〜 ¥228,800 (全国40店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:両耳 駆動方式:バランスド・アーマチュア型 再生周波数帯域:5Hz〜22KHz MACH 80 WA-M80のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • MACH 80 WA-M80の価格比較
  • MACH 80 WA-M80の店頭購入
  • MACH 80 WA-M80のスペック・仕様
  • MACH 80 WA-M80のレビュー
  • MACH 80 WA-M80のクチコミ
  • MACH 80 WA-M80の画像・動画
  • MACH 80 WA-M80のピックアップリスト
  • MACH 80 WA-M80のオークション

MACH 80 WA-M80Westone

最安価格(税込):¥228,800 (前週比:±0 ) 発売日:2022年 6月10日

  • MACH 80 WA-M80の価格比較
  • MACH 80 WA-M80の店頭購入
  • MACH 80 WA-M80のスペック・仕様
  • MACH 80 WA-M80のレビュー
  • MACH 80 WA-M80のクチコミ
  • MACH 80 WA-M80の画像・動画
  • MACH 80 WA-M80のピックアップリスト
  • MACH 80 WA-M80のオークション

『「格」を感じるMACHシリーズ最上位モデル!』 鴻池賢三さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

MACH 80 WA-M80のレビューを書く

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。
VGP(ビジュアルグランプリ)審査副委員長。同ライフスタイル分科会座長。
THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。
日本オーディオ協会 諮問委員(2013-2020)。

専門誌、ネット、テレ…続きを読む

満足度4
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

「格」を感じるMACHシリーズ最上位モデル!

デザインと質感のご参考に

ノズルは細長タイプ。ケーブルは着脱可能。

MACH70/80はケーブル被覆が透明

メーカー試聴機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
MACHシリーズは全8製品とバリエーションが非常に豊富なのが特徴ですが、選ぶ楽しさがある反面、迷いがちなのも事実。そこで今回は、10/20/30/40/50/60/70/80を同じタイミングで聴き比べし、それぞれの個性を探りつつ評価しました。一連のレビューをご参考に、聴く音楽のジャンルや用途、予算に合わせて、ピッタリの1台を見つけて頂ければ幸いです。
プレーヤーはA&ultima SP1000、ほか、DAC内蔵アンプなどと組み合わせて試聴しました。

本機MACH80は、バランスド・アーマチュア・ドライバーを8基(低域×2/中域×2/高域×4)搭載しています。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
イヤホン筐体の形状は、シリーズで共通のようです。見た目では違いが分かりません。コンパクトなボディーにドライバーが8基内蔵されているとは驚きです。
色は10/20/30がニュートラルなグレー、40/50/60が少し青みを帯びたグレー、70と本機80は黒に近いグレーと、クラス分けを示しているようです。
ケーブルは70/80が共通して「Linum UltraBaX T2」を付属。10/20/30に付属の「Linum BaX T2」や40/50/60に付属の「Linum SuperBaX T2」とは異なり、また、被覆が透明で写真のように線材の色も個性的など、特別感があります。

【高音の音質】
まず、10/20/30/40/50/60/70/80を、同じアンプの同じボリューム位置で聞き比べると、10/20/30/50/70が同等の音量感、40/60/80が同等の音量感であることに気が付きます。(10/20/30/50/70よりも40/60/80は音が小さく感じる)。他モデルのレビューでも述べていますが、ドライバーが「低域×1」または「低域×2」が分かれ目になっているようです。
そこで、主にMACH60と比較試聴しました。
MACH60は、雑味のない滑らかさが心地よく、さらに中高域の伸びやかさが加わって、モニター的なナチュラルさと音楽を楽しむための趣を併せ持ち、絶妙なバランスが好印象でした。本機80はそうした傾向を備えつつ、さらに粒立ちが良く、音の輪郭が明瞭に感じられ、1音1音の存在感が明瞭に。やや高域音が目立つ感はありますが、嫌みが無く、立体感やハーモニーが美しく感じられます。積極的に音を楽しみたい方に適した音調と言えます。

【低音の音質】
低く深みがあり、低域楽器は伸びやかに、また、空気感から音場の広さを感じ取ることができます。特筆すべきは分離の良さ。音が適度な輪郭を保って崩れることなく、クリーンで中高域に被らず、開放的で立体感の豊かな表現に繋がっています。

【フィット感】
筐体はMACHシリーズ共通のようです。(見た目には違いが分かりません)
こなれたユニバーサルタイプのインイヤーモニターといったところで、フィット感は上々です。コンパクトなボディーにドライバーが8基内蔵されているとは驚きで、そうした観点でも面白い製品だと思います。
70/80に付属する「Linum UltraBaX T2」は、40/50/60に付属する「Linum SuperBaX T2」と見た目が異なりますが、太さや柔らかさは同等の印象です。
ほか、ノズルが細く長く、イヤーチップも長めなのが特徴。イヤーチップは、独自のフォームタイプとシリコンタイプがそれぞれ5サイズ付属しているので、どなたにもフィットすると思います。

【外音遮断性】【音漏れ防止】
カナル型としては一般的な範疇ですが、フォームタイプを選ぶと、より高い遮音性が得られます。用途や好みに応じて使い分けると良いと思います。

【携帯性】
耐久性・防水性・防塵性を備え、サイズ的にも見た目にも立派な“ペリカンケース”が付属しています。(70/80共通)
少々大型ですが、安心して携行できると思います。

【総評】
10/20/30/40/50/60/70/80を全て聞き比べした結果、本機は最も高価ですが、MACHシリーズのフラッグシップを名乗るに相応しい「格」のようなものを感じます。
10/20/30/40/50/60/70/80と、ドライバー構成違いの製品を8製品もラインナップしているのがMACHシリーズの特徴ですが、本機MACH80は単にドライバーを増やした「結果」ということではなく、本機を理想として下位モデルがバリエーションとして開発されたのかもしれません。
70をご検討中の方だけでなく、10/20/30や40/50/60をご検討中の方も、本機80を試聴されておくと、判断の助けになると思います。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「MACH 80 WA-M80」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

MACH 80 WA-M80のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

MACH 80 WA-M80
Westone

MACH 80 WA-M80

最安価格(税込):¥228,800発売日:2022年 6月10日 価格.comの安さの理由は?

MACH 80 WA-M80をお気に入り製品に追加する <3

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

イヤホン・ヘッドホン
(最近5年以内の発売・登録)






ランキングを詳しく見る


新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意