DEEBOT X1 OMNI DEX11 レビュー・評価

2022年 4月 7日 発売

DEEBOT X1 OMNI DEX11

  • 5000Paの吸引力と回転式パワフル電動モップ「OZMO Turbo2.0」による水拭きで同時に清掃ができる、フラッグシップモデルのロボット掃除機。
  • 「全自動クリーニングステーション」を搭載し、ステーション内の2つの水タンクから電動モップへ自動給水。汚れたモップはステーション内で自動洗浄。
  • 床面に密着するフローティングメインブラシ、角や壁際にもフィットする2つのサイドブラシ、180回転/分のデュアル加圧電動モップでしっかり清掃。
DEEBOT X1 OMNI DEX11 製品画像
最安価格(税込):

¥148,000

(前週比:-2,000円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥151,180

キムラヤ

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥148,000¥198,000 (28店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥180,000

店頭参考価格帯:¥148,000 〜 ¥148,000 (全国739店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ロボット 集じん容積:0.4L アプリ連携:○ DEEBOT X1 OMNI DEX11のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • DEEBOT X1 OMNI DEX11の価格比較
  • DEEBOT X1 OMNI DEX11の店頭購入
  • DEEBOT X1 OMNI DEX11のスペック・仕様
  • DEEBOT X1 OMNI DEX11のレビュー
  • DEEBOT X1 OMNI DEX11のクチコミ
  • DEEBOT X1 OMNI DEX11の画像・動画
  • DEEBOT X1 OMNI DEX11のピックアップリスト
  • DEEBOT X1 OMNI DEX11のオークション

DEEBOT X1 OMNI DEX11エコバックス

最安価格(税込):¥148,000 (前週比:-2,000円↓) 発売日:2022年 4月 7日

  • DEEBOT X1 OMNI DEX11の価格比較
  • DEEBOT X1 OMNI DEX11の店頭購入
  • DEEBOT X1 OMNI DEX11のスペック・仕様
  • DEEBOT X1 OMNI DEX11のレビュー
  • DEEBOT X1 OMNI DEX11のクチコミ
  • DEEBOT X1 OMNI DEX11の画像・動画
  • DEEBOT X1 OMNI DEX11のピックアップリスト
  • DEEBOT X1 OMNI DEX11のオークション

DEEBOT X1 OMNI DEX11 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.69
(カテゴリ平均:4.18
レビュー投稿数:4人 (プロ:1人)
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 5.00 4.28 -位
使いやすさ ボタンの配置や、機能など 4.38 4.19 -位
吸引力・パワー ゴミを吸い取るパワー 5.00 4.23 -位
静音性 運転時の騒音 3.97 3.47 -位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 4.00 4.12 -位
手入れのしやすさ 掃除のしやすさ 4.66 4.00 -位
取り回し 取り回しのしやすさ 4.66 4.09 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

DEEBOT X1 OMNI DEX11のレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェッショナルレビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

D2XXXさん

  • レビュー投稿数:101件
  • 累計支持数:399人
  • ファン数:73人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
4件
3094件
ゲーム機本体
7件
1841件
デジタル一眼カメラ
2件
599件
もっと見る
満足度5
デザイン5
使いやすさ5
吸引力・パワー5
静音性3
サイズ3
手入れのしやすさ4
取り回し4

ロボット掃除機は、古いルンバを利用していてフローリングの部屋もあるので床拭きも出来る機種の買い足しを考えオムニが発売された時即買いました。


【デザイン】外観は気にしませんが、黒と銀ベースでいい感じです。

【使いやすさ】この機種は基本アプリで全て操作できるので使い易いです。

【吸引力・パワー】十分な吸引力だと思います。

【静音性】吸引力を考えればこんなものかとお思います。

【サイズ】ステーションがかなり大きい。掃除機のサイズは普通だと思います。

【手入れのしやすさ】掃除機の中のダストボックスは水洗いできるので手入れし易い。掃除機の底面のメインブラシにこびり付くゴミの掃除が手間かかります。
ステーションの手入れは手間かからない。

【総評】この機種は基本自動で吸引、床拭きをしてくれるので水の補充と汚水の処理を数回おきにやるだけで、後はアプリで操作です。
マッピングすれば真っ暗な部屋でも正確に掃除してくれます。ソファ下も14cmあれば掃除してくれます。部屋の模様換え後も自動で再マッピングしてくれます。

障害物は避けてくれますがその反面物周辺は掃除出来ません。壁沿いや四隅は無理なので掃除する時はカーテンはあげて掃除してます。この点がロボット掃除機の弱点ですね。

吸引だけで床拭きしない時はモップを取り外さないといけない。モップを取り付けたまま吸引だけできればフローリングとカーペット同時に掃除できますが、この機種は無理です。

アプリと本体が数度アップデートされ製品性能や機能がかなり良くなってます。発売当初より念入りに掃除してくれるようになりました。

アプリの使い方を覚えると色んな機能があるので便利よく使えます。

基本的に自宅にいない時や寝てる時に掃除してるので掃除してる感覚はないです。

消耗品はAmazonからも買えるのも嬉しいです。

今後はTV台も14cm以上の高さのある物に買い替える予定です。家具関係は買い替える時に14cm以上の高さのものにして掃除し易い自宅にします。

半年利用してみて今のところ満足できる掃除機です。今後のアップデ‘ートでさらに良くなる事も期待してます。

掃除面積
40〜59m2
頻度
週3〜4回

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Adeloveさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:78人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
0件
14件
ブルーレイ・DVDレコーダー
0件
10件
ブルーレイプレーヤー
0件
8件
もっと見る
満足度4
デザイン5
使いやすさ3
吸引力・パワー5
静音性5
サイズ4
手入れのしやすさ5
取り回し5

数年前にルンバにゴミ収納ステーションが付いた頃(本当に革命的だと思う)よりロボット掃除機に興味を持ちました。この中華メーカーは全く知りませんでしたが、楽天のセールでその存在を知り、その後レビュー記事を読み漁り購入を決意しました。
今迄ダイソンのコードレス掃除機と電動回転モップで掃除してました。 ロボット掃除機の購入は初めてです。使用約2週間のレビューです。

【デザイン】
質感は悪くは無いです。ダイニングに置いてますが、ステーションはデカいですが、掃除機自体はしっかりと収まり奥行きも許容範囲だと思います。そんなに自己主張しませんので安心です。 でも白色が選べたらそちらにしてたでしょうね。

【使いやすさ】
機能テンコ盛りで、ハードは自分には100点満点です。
アプリ・音声操作等のソフト面は「まぁ使える」ってレベルです。
ゴミ処理・汚水処理共に手を汚す事なく出来るのはとても優秀。

【吸引力・パワー、床ぶき等の掃除能力】
掃除後は床がツルツルでとても気持ちが良い。
ダイソンに比べると当然吸引力は落ちます。 他のロボット掃除機を使った事無いので比較できませんが、壁際なども綺麗になってます。
水ぶきはおまけ程度かと思えば結構しっかりやってくれてます。これは掃除後の汚水タンクを見ると明確です。掃除中でもモップが汚れて来るとステーションに戻ってキレイにしてくれる所も良いです。

【静音性】
吸引力強め、水拭きしっかりの設定だとそれなりに音が出ます。
深夜に掃除する方には不評でしょう。

【サイズ】
上にも書きましたが、ステーションは結構大きいです。
そのステーションのおかげで掃除機自体は小型化が可能となり、小回りが利いてダイニング・テーブルの下などにも潜り込み易くなった。。

【手入れのしやすさ】
水拭きモップの洗浄・乾燥を自動でやってくれるのが最高に優秀。
この機能だけでも多々あるロボット掃除機の中からこの製品を選ぶ価値があると思う。

【ソフト面の不満】
音声対応アシストは正直Siriやアレクサに慣れた者としては使えないお粗末なレベル。
マッピング等細かな絵が多く、老眼が出て来た自分はIPadでアプリを使用している。
清掃をするにはエリア清掃と自動清掃が有るのだが、クリック一つで始められる自動清掃は一度始めるといったい何時終わるのだろうか? 充電電池が0%になるまで走り続けるみたいだ。同じエリアを何度もなぞっているのが気になる。
更にこの自動清掃中はマップが出ない。マップを出すには3Dのボタンをクリックして別画面に移らないと見れない。
最初に家中をマッピングして家の見取り図的な物を作成し、部屋に名前を付けたり家具の配置が出来たりするのに、掃除の終了予定時間とかは教えてくれない。マッピングの画面からしかタイマー設定が行えない。
音声アシストが使い物にならないレベルなので、アプリ上でコマンドとして実行できるようにして欲しい。
掃除中の前方の床面の映像が見れたり録画出来たりするが、まぁ一度やれば飽きるギミックである。

【総評】
この製品は忙しい共働き夫婦や子供のいる一般家庭のみならずこれからどんどん増える高齢家庭にも需要があると思うのだが、WiFiが無いと使えないのは不便ではないだろうか?
ネットワークの設定もやり易いとは言えない。事実接続に何度も失敗した。
とまぁ色々とソフト面での不満はあるのだが、掃除機としてはとても優秀だと思う。
もっとシンプルに掃除が出来るように迅速なアプリの改良をメーカーには期待したい。

掃除面積
60m2〜79m2
頻度
週3〜4回

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

BP-5さん

  • レビュー投稿数:33件
  • 累計支持数:217人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
4件
18件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
5件
7件
ホームシアター スピーカー
4件
8件
もっと見る
満足度5
デザイン5
使いやすさ5
吸引力・パワー5
静音性4
サイズ5
手入れのしやすさ5
取り回し5

【デザイン】ありきたりのデザインです。

【使いやすさ】アプリで色々設定できるので便利ですが、とにもかくにも、なかなかWi-Fiに接続できず、接続するのに3時間くらいかかりました。でも、人によってはすぐ接続できるみたいです。当方、スマホもルーターもセキュリティを強化してますから、そのせいかもしれません。

【吸引力・パワー】初めてのお掃除ロボットで、体験したことが無いので、比較しようがありませんが、いいと思います。

【静音性】初めてのお掃除ロボットなのですが、こんなものでしょう。

【サイズ】吸引&雑巾掛けもしてくれるので、このくらいでしょう。

【手入れのしやすさ】初めてのお掃除ロボットですが、取説をザッと見ただけで簡単に分かりました。楽チンですね。

【取り回し】不便はないです。

【総評】1ヶ月使用しての感想です。

人生初のお掃除ロボット。1番苦労したのがWi-Fi接続でした。これをクリアできた時の感動は相当なものでした。先程も説明しましたが、我が家の無線LANルーター&スマホのセキュリティがガチガチすぎるのかもです。

荷物置き場化している部屋のベッドの下を、彼が通過した後、床の埃が綺麗になっててメチャ感動!!吸引&モップがけ掃除、凄い!!
初めて一通り掃除終わって、汚水タンクを見た時の汚水にはビビりました。

水拭きしたモップは温風で乾かしてくれるので臭わないです。

夜22時頃から使用前のマッピングをやりました。30分くらいですかね。

設置して一発目の作業であるマッピングですが、使用していない部屋は消灯してますが、しっかりマッピングしてくれました。夜も行けそうです。我が家はマンションで、92uを概ね30分位でした。カリモクのソファ(ZW 7307)の下も通過できました。

ルンバだと、雑巾掛けをするには、別途・ブラーバが必要になりますが、ディーボットならこれ一つで済みます。それも、モップは、回転して床を水拭き。モップが汚れたらドッキングステーションに戻って、モップの洗浄&ディーボット本体へ給水し、また続きから掃除開始してくれます。

アプリから掃除の風景をリアルタイムで動画として観れるのが楽しいです。

普段見えることのない、ソファーの下とか、色んな隙間の下を掃除してる際の動画を見て楽しんでます。
掃除してる広さは、アプリで見ると、毎日、概ね37u位で掃除してます。

清掃時間は、私の設定下において、概ね45分くらいです。

給水&排水作業は2日に1回。ディーボットのメンテは週一でやってます。

ルンバは家具等ガンガン当たって行く、とレビューに散見されましたが、ディーボットはそんなことはあまり見かけません。

付属のQRコードからアカウント登録すれば、補償も2年になります。中国製ということで不安視されるかもしれませんが、気になる情報セキュリティについても、ドイツの権威的認証機関テュフ・ラインランドの認証取得済みだそうです。

エコバックスのディーボット、素晴らしい!お掃除ロボットはルンバ!という概念がありますが、私自身、初めてお掃除ロボットの購入だったので、お掃除ロボットと言えばルンバ!と決めて、情報収集してました。その際、水拭きまでできる機種もあるんだ!と初めて知り、そして、これに至りました。
ブラーバよりも清掃時間が短いとのレビューも見ました。
また、別売りですが専用の洗浄剤を給水タンクに投入することにより、より一層、汚れを落とせるようです。

ただし、水拭き清掃モード時、絨毯とかは避けてくれますが、和室には進入します。でも、アプリで進入禁止設定できます。あと、絨毯等掃除させる際は、残念ながら、モップを本体から取り外さないと出来ません。唯一の欠点です。

ちなみにエコバックスも、お掃除ロボット業界では世界2位です。

初めてのお掃除ロボットでしたが、これにして結果は大正解でした!!

吸引しながらついでに雑巾掛け。最高です!

あとは、汚水タンクと給水タンクの間にツールアイテムを収納するトレーが、ドッキングステーション内にありますが、替えのモップ2個は入りますが、全てのアイテムを格納できないのが残念。例えば、交換用の紙パックや、髪の毛等を切除するカッターみたいな道具。

お掃除ロボットはルンバ、という時代はもう古い。高い品物になります。購入する前に、しっかり情報収集することにより、エコバックスのお掃除ロボットが、ルンバよりも価格が安く且つ、機能も抱負と言うのが分かってきますよ。

ルンバが、ディーボットのどちらかなら買って損はしないでしょうが、現時点でこの機種を超えるものは無いと思います。

掃除面積
20〜39m2
頻度
毎日

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

神野恵美さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールライター・編集者。
書籍編集者、雑誌記者・編集者を経て、2004年にセミリタイアと称して渡仏。以降、現地にて言語を学ぶ傍ら、フリーランスで日本のメディア向けの取材活動、現地邦人向けのメディアなどにも関わる。帰国後は、新聞、雑誌、ウェブ媒…続きを読む

満足度4
デザイン5
使いやすさ5
吸引力・パワー5
静音性5
サイズ4
手入れのしやすさ5
取り回し無評価

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

3モデルの充電ステーションの高さと横幅のサイズ感の違い。右が本モデル

3モデルの充電ステーションの奥行と高さのサイズ感の違い。奥が本モデル

充電ドック上段にモップ用のタンクを備える

ゴミ収集用機能は下段に

本体裏面。2基のモップが加圧しながら回転して拭き取る「OZMO TURBO 2.0」を採用

清水タンクと汚水タンク。モップは洗浄後の汚水を捨てるだけでお手入れ不要!

中国のロボットメーカー・エコバックスのロボット掃除機。3月下旬に行われた製品発表会でチェックした。

日本ではここ数年で存在感を示しているが、中国での操業は1998年。ロボット掃除機事業自体は2006年から展開している実績のあるメーカー。その中でもメーカー史上最高峰と謳うフラッグシップシリーズ「DEEBOT X1 ファミリー」の中でも最上級機種の"全部入り"モデル。

エコバックスの従来からの特長でもある、ゴミの吸い取りと床拭きを同時に行える機能に加えて、充電ドックに「全自動クリーニングステーション」を搭載。本体内に溜まったゴミを自動で収集する機能に加えて、水拭きタンクへの給水から、汚れたモップの洗浄、熱風乾燥までをすべて自動で行ってくれる、かつてないほどのハイテクモデルだ。なお、自動ゴミ捨て機能を搭載していない「X1 TURBO」のクリーニングシステムは乾燥を冷風で行うのに対して、熱風で行う。

水拭き機能は、「X1 TURBO」と共通で加圧回転式デュアルモップ「OZMO TURBO 2.0」を採用。1分間に約180回転するモップを2基搭載し、加圧をしながらしっかりと拭き掃除を行ってくれる。

自動走行機能については「DEEBOT」シリーズ3製品共通の仕様。レーザーセンサーとカメラセンサーの2つを組み合わて障害物の検出と回避を行う独自のシステム「AIVI 3D」を搭載。本体前方には高性能HDRカメラを備え、自動車の自動運転技術でも使用されているAIチップ「地平線Sunrise3チップ」により、障害物を検知、回避することができる。

独自のマッピング技術「True Mapping2.0」も搭載する。"D-ToF距離測定センサー"で迅速かつ正確に距離を検知して無駄のない走行を行えるなど、業界トップレベルの自走技術が採用されている。

もう1つシリーズ共通のユニークな機能として独自の音声アシスタント機能「YIKO(イコ)」を搭載していることが挙げられる。スマートスピーカーやスマホアプリを介さず、本体への直接の呼びかけに応答し、スムーズかつ高度な音声操作機能を提供している。

デザインも洗練されている。さまざまな機能を搭載しているため、充電ドックのサイズはなかなかだが、シックで落ち着いたデザインのため、主張しすぎず、インテリアとも相性がいい。デザインを手掛けたのは、デンマークの著名プロダクトデザイナー・ヤコブ・イェンセン氏。外観だけでなく、内部の設計自体も運転中の騒音を抑えるよう綿密に設計されている。そのため、他のロボット掃除機に比べても稼働音が静かで、掃除機が運転中には呼びかけても音声を聞き取ってくれる。

発売時点でメーカーが想定した市場価格は20万円近かったが、実売ではもう少しお安く買えるところも出てきており、下位モデルとの価格差はそれほど変わらないケースも。予算があって、充電ドックの設置スペースにも余裕があるのであれば、最高峰の自動お掃除体験を手に入れたいところだ。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

DEEBOT X1 OMNI DEX11のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

DEEBOT X1 OMNI DEX11
エコバックス

DEEBOT X1 OMNI DEX11

最安価格(税込):¥148,000発売日:2022年 4月 7日 価格.comの安さの理由は?

DEEBOT X1 OMNI DEX11をお気に入り製品に追加する <187

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(掃除機)

ご注意