OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー] レビュー・評価

2022年 3月 1日 発売

OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー]

  • 低音強化、最大約10時間のバッテリー持続時間、急速充電機能、Bluetooth 5.1などの技術を搭載したワイヤレス骨伝導イヤホン。
  • 独自の骨伝導技術と耳の穴をふさぐことのないオープンイヤーデザインを採用。低音再生強化のために開発された「Shokz TurboPitchテクノロジー」を搭載。
  • ネックバンド型のチタンフレームが安定した装着感を実現。ホコリや湿気を寄せ付けないIP55防じん・防水機能を搭載している。
OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー] 製品画像

画像提供:Joshin

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥22,948

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥22,948

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥22,948¥29,472 (23店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥23,880 〜 ¥23,880 (全国39店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ネックバンド 装着方式:両耳 構造:骨伝導 再生周波数帯域:20Hz〜20kHz OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー]の価格比較
  • OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー]の店頭購入
  • OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー]のスペック・仕様
  • OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー]のレビュー
  • OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー]のクチコミ
  • OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー]の画像・動画
  • OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー]のピックアップリスト
  • OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー]のオークション

OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー]Shokz

最安価格(税込):¥22,948 (前週比:±0 ) 発売日:2022年 3月 1日

  • OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー]の価格比較
  • OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー]の店頭購入
  • OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー]のスペック・仕様
  • OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー]のレビュー
  • OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー]のクチコミ
  • OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー]の画像・動画
  • OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー]のピックアップリスト
  • OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー]のオークション

満足度:3.76
(カテゴリ平均:4.26
レビュー投稿数:9人 (試用:1人)
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 3.87 4.18 314位
高音の音質 高音部の音質の良さ 3.37 4.15 361位
低音の音質 低音部の音質の良さ 3.19 4.13 357位
フィット感 装着したときのフィット感など 4.24 4.08 163位
外音遮断性 外の音を遮断するか 1.00 3.81 378位
音漏れ防止 音漏れを防止するか 2.51 3.78 361位
携帯性 コンパクトさ 3.19 3.82 335位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー]のレビューを書く

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
画像付き
動画付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

Ζ星を継ぐ者さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:25人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
53件
ゲーム機本体
0件
14件
イヤホン・ヘッドホン
1件
6件
もっと見る
満足度3
デザイン3
高音の音質2
低音の音質2
フィット感3
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性3

新色の追加発売だったので、衝動的にポチりました。
【音質など】
骨伝導イヤホンという事で、既存のイヤホンに比べると値段ほどの音質でないことは、すでに多くの方から報告がされていましたが、その通りと思います。
3月の発売時には、多くの人が画期的に改善したと動画・使用体験を報告してましたが、それほどのものではと思います。
それほど音量を上げて無くても、装着していなくても結構音が漏れていて聞こえます。
振動部を装着せず、浮かせた状態でも音が聞こえます。体感として、「骨伝導」と言うよりも振動部が振動してスピーカー状となりその音がそのまま聞こえている様な感じです。
初めての「骨伝導」イヤホンと言うことでイメージだけ先行して期待しすぎていたようです。
【操作など】
これまで有線式のカナルイヤホンを使用していたので、無線式の取り扱いの便利さは良いと思います。
また、電話着信をボタン一つで操作できるところも良いです。
【アプリなど】
対応機種がOpenRunProのみです。
本機がマルチ接続対応なので、スマホ、タブレット、ノートPC2台、テレビなどを接続しています。これらの接続管理する上でアプリが便利です。
本体だけでも接続切り替え出来なくないですが、どこに繋がって居るかわからないので、アプリで視覚的に管理できます。
【装着感など】
眼鏡を使用していますが、心配した程、違和感は無いです。
しかし、丸く湾曲している部分が耳の軟骨の当たりどころが悪いと、長時間使用で痛みを感じることがあります。これは角度・位置に気を付ければ余り気になりません。
【その他】
付属充電ケーブルが1本だけです。なので自宅用と携帯用の2本用意し使用しています。
ただ稼働時間10時間有るので、出先で充電する場面は今のところ無いです。
ロードバイク乗車時にも耳を塞がないためサイコンやナビの音声案内などを確認出来るので、安全に利用できそうな気がします。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

mt.bookさん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:158人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
7件
3件
スマートフォン
2件
6件
タブレットPC
2件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン4
高音の音質3
低音の音質3
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止3
携帯性3

【デザイン】
振動部が思ったより小さく、フレームも細いので装着しても目立ちません。
【高音の音質】【低音の音質】
カナル型イヤホンと比較するべき製品ではないと思います。
骨伝導型としてはクリアに聞こえます。
【フィット感】
軽量で、フレームの長さもちょうど良く、装着していて締め付けられているなどの不快感はありませんし、長時間でも痛くなりません。
【外音遮断性】
そもそも耳を塞ぐモノではないので評価項目になりません。
【音漏れ防止】
骨に振動を伝えて音を聞くというイメージから音漏れはないのでは?と思っていましたが、実際には少し漏れていると思います。ただし、大音量にしない限りはあまり気にならない感じです。
【携帯性】
軽いしケース付属なので普通かと。
【総評】
子供が高校入学祝いにBeats Fit Proが欲しいというので店に連れて行き、店頭で実物を試着させたらウイングチップ部が大きくて耳に入らず、別のモノを探させたら発売されたばかりのこの製品を見つけ、試着させたら気に入ったので購入しました。
子供はこれまでカナル型を使っていたので呼んでも気付かなかったことがありましたが、骨伝導型だと耳が開放されるのでそんなことがなくなりました。
試しに使ってみると窮屈なこともなく、軽いので疲れにくいです。
初めて骨伝導型が出たときに店頭で試したときに最大音量にしないと聞こえず、音質もダメだったので良いイメージがなかったのですが、かなり進化しているのか、クリアでよく聞こえると思います(ただし、カナル型とは比較するべくもありませんが。)。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

katok2001さん

  • レビュー投稿数:34件
  • 累計支持数:285人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
11件
70件
デジタル一眼カメラ
3件
17件
ウェアラブル端末・スマートウォッチ
1件
8件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性1
音漏れ防止3
携帯性無評価

【デザイン】
ブラックを購入しましたが、目立たず良い感じです

【高音の音質】
骨伝導と言う事ですが、高音域はスピーカーから音が出てるかと
勘違いするくらいしっかり聞こえます。

【低音の音質】
これはビックリするくらいしっかりとしています。
それまで、Sonyのウォークマンについてくるカナル式イヤホンを
使っていましたが、こんなに低温が聞こえるんだと思えるほどしっかり
とした低音域でした。

【フィット感】
ジョギングや自転車に乗る程度で外れずにしっかりとフィットしています。

【外音遮断性】
骨伝導なので、この機能は皆無です。
これで、セミナーや学習系の音声を聞いている時に話しかけられると
ちょっと混乱します。聖徳太子になれない人は、講演や学習系の物を
聞きながら話しかけられると厳しいですね。

【音漏れ防止】
ボリュームをマックスにすると音漏れはありますが、近くで聞いていても
何かなっていると言う程度で、内容までは聞き取れないですね。

【携帯性】
ボックスもついているので、ウォークマン、充電コード、ヘッドフォンと
収納できて便利です。

【総評】
カナル式でノイズキャンセルだと、外の情報が全く入ってこないため危ないなと
思っていて購入してみました。以前に息子が安く買った骨伝導を使用した時には
使い物にならないと思いましたが、これは骨伝導と思えないほど音が良いです。
それでいて、外の音もしっかりと聞こえると言う不思議な感覚です。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

かむまにさん

  • レビュー投稿数:39件
  • 累計支持数:148人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
7件
18件
タブレットPC
1件
5件
ヘッドセット
0件
5件
もっと見る
満足度3
デザイン3
高音の音質4
低音の音質2
フィット感4
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性2

OPENMOVEが良かったのでフラッグシップのこれに買い替えました。
比較してみて結論としては値段差分のパフォーマンス向上は無かったです。
フィット感だけは明らかに良いので、それなら安い無印OPEN RUNでも良かったかも。

【デザイン】
振動部がコンパクトで主張しすぎてないのが良い。
他社の安価な骨伝導と見た目はほぼ同じなので高級感は無い。

【高音の音質】
「骨伝導の割に」という評価になってしまうが、クリアな音質です。
OPENMOVEと聴き比べるとクリアに聴こえます。

【低音の音質】
低音が凄いというのが売り文句でしたが、正直大したことありません。
そもそも骨伝導はながら聴きの為のものと考えているので、低音がドンドコしてたら邪魔だと思います。
そういう意味では自分の用途的にはこれでOKです。

【マイク】
通話性能は良いです。
web会議でも使ってますが、遅延はあるものの十分使えるレベルです。

【フィット感】
OPENMOVEと比較してフィット感は良いです。
耳に掛かる部分が細いのと、左右を繋ぐループも小さ目です。
以前、お店でaeropexを試着しましたが、その時の印象ではaeropexの方が更に良かった感じです。

【外音遮断性】
無しです。

【音漏れ防止】
漏れます。というか構造上オープンなので周りに聞こえやすいです。
雑音の多い場所だとどうしても音量を上げがちになるので更に漏れます。
周囲の雑音で聴こえづらい場合は音量を上げるのではなく耳栓した方が良いです。
(本末転倒ですが)

【携帯性】
左右が独立した完全ワイヤレスと比べると携帯性が劣るのは仕方がないですが、付属のセミハードケースに入れればカバンに無造作に入れても壊れる心配は無いですし、さほど邪魔には感じません。
ちょっとした移動なら耳に掛けっぱなしが基本でしょうか。
首にかけても良いのですが、ちょうど動脈にマグネット部分が当たるので身体に影響がありそうでやらないようにしてます。

【問題点】
以前、OPENMOVEでもあったのですが、Teamsでミュートするとビープ音が鳴り続けるという不具合があります。(おそらく企業向けバージョンのみ)
これはTeams側の仕様変更による相性問題だと思われますが、他の大多数のヘッドセットでは問題が出ていない事から、相性がすこぶる悪いという認識です。

2022年5月中旬現在、海外のTeamsコミュニティを見ても多数の不具合報告が上がっています。
マイクロソフト側は公式サポート製品では無いため対応は消極的な様です。
shokzも「Teams側の問題」として、積極的に対応する熱意は感じられません。
しかも対応するとしても次期モデルという事でした。
海外ではドングルが送られてきて解消したという書き込みもありましたが、日本ではその様な対応はしていないとの事。

昨年も同様の不具合が発生し突然解消しましたが、今回もTeamsのサイレントアプデを期待するしか無さそうです。

【総評】
製品自体は良いです。気に入ってます。
似たような製品が安価で出ている中、強気の値段設定でも売れてるのはやはり実績からくる安心感ですかね。
ただ、やっぱり2万円オーバーは高いと思う。

あとやっぱりビープ音問題が残念すぎる。
Teamsを使わない人には全く関係ない問題ですが、使うつもりの人にはお勧めしません。

主な用途
音楽
その他
接続対象
PC

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Adeloveさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:76人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
0件
12件
ブルーレイ・DVDレコーダー
0件
10件
ブルーレイプレーヤー
0件
8件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止3
携帯性5

Aeropexを2年半程使用後メインスイッチの+側のみが押しても機能しなくなりこちらの製品に買い替えました。
朝の散歩・ウォーキングで冬を除けばほぼ毎日使用していました。
骨伝導のヘッドフォンとしては音が良く軽量でフィット感も素晴らしい良い製品だったと思います。
こちらのOpenRun Proは使用後2週間程のレビューとなります。

【デザイン】
細部はチョコっと変わってますが基本的にAeropexと変わりません。
元々良い製品だったので変に改悪する事無く良かったです。

【高音の音質】
すっきり嫌味の無い音でAeropexと比べて多少良くなったかもしれません。 アプリの”ボーカル” 設定にすると変な低音が消えて良い感じです。
まぁ音の立体感とかボリュームとか言い出したら駄目駄目ですけど、そこら辺気になる人は骨伝導の製品なんて買う必要ないです。。

【低音の音質】
”スタンダード”設定だと結構響きます。
その増強された低音の何かが砂利道か石畳を歩く足音に似ていて歩いている時に何度か後ろを振り向き誰か背後に居ないか確認した事が数回。

【フィット感】
Aeropexに比べると締め付けが緩くなった感じがします。
長期使用で眼鏡・マスクと同時装着で未意味の付け根後ろ側が痛くなるかもしれません。
それからチタンのワイヤーは弾力が強く寝た状態で使うのには適しません。(ふかふかの分厚い枕が有れば別ですが)

【外音遮断性】
外の音が自然に聞こえるのがこのヘッドフォンの最大の強み。
Aeropex故障後数日普通のイヤフォンで散歩しましたが、外音が聞こえない/聞こえ辛い状況は恐怖さえ感じます。
外音がしっかり聞こえるのでボリュームをちょっと上げても安心です。
後は耳がはっきり見えているデザインなので対面で話す時も失礼に見られない。 自転車に乗っている時に使用しても警察官に止められて注意されることも無いでしょう。 これ結構大事です。

【音漏れ防止】
外音が聞こえる安心感か、ちょっとボリューム上げて音楽聞いたりするのでそれなりに音漏れ有るのだと思いうます。

【携帯性】
新製品のケースは一応使える形となりました。(自分は使わないけど)
軽量で丈夫なので携帯性は悪くないです。

【操作性・その他】
スイッチ類は少なく使用方法も簡単です。
最近Iphoneに変えたのですが通話中のボリュームが小さくなってしまいかなりボリュームを上げないと使用に耐えません。Android製品の場合ストレス無くそのまま使えたのですが。 ここはAeropexから改善されず最大のマイナスポイントです。
またアプリに関しては発展途上とだけ言っておきましょうか。
もう少し設定の幅と選択肢が有れば面白いのですが。現状は使えない奴です。
電話が掛かってきた時の着信音と通話中のボリュームは別に設定できると嬉しい。
充電池の持ちはかなり良いです。
音楽視聴のみなら一日30-60分の使用で一週間は確実に持ちます。

【総評】
外で使う事を前提とした場合類似した製品が増えた今でも最良の商品な気がします。(骨伝導の他社製品は使った事ありませんが)
室内で使う場合は同価格帯のワイヤレスのイヤホン・ヘッドフォンと比べると音は劣るのかもしれません。でも結構いい所行っていると思います。
通勤・通学中やエクササイズ中の使用を考えると安全面で外音が聞こえるってのは素晴らしい利点です。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

よしボン@福岡さん

  • レビュー投稿数:362件
  • 累計支持数:796人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
13件
83件
タブレットPC
2件
49件
デジタルカメラ
11件
35件
もっと見る
満足度3
デザイン3
高音の音質3
低音の音質3
フィット感3
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性3

【デザイン】 ネックバンドがある骨伝導イヤホンとしては可もなく不可もなし

【高音の音質】OpenMoveよりは良いが、特筆するほど良くもない。

【低音の音質】高音と同じ

【フィット感】普通の人(?)には良さそうだが、耳たぶが大きい私にはもう一つ
       合わないようで耳たぶの後ろが痛くなる。
       この点ではOpenMoveの方が私には合っている。

【外音遮断性】無いのが本機の売りなので、無評価

【音漏れ防止】音漏れはそれなりにします。これも構造上仕方なしなので無評価

【携帯性】  ネックバンドがあるのでTWSと比べて良くないです。
       でもバッテリー持ちがいいので総合的に普通かな。

【総評】   LinkBudsはバッテリー持ちが悪すぎて、私には合わないと考え
       本機を購入しました。
       バッテリーの持ちも良く、急速充電もできたりとOpenMoveより
       確実に良くなっていますが、価格が倍以上するので価格差を考えると
       オススメできるかは微妙です。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スカイペンギンさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:53人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

docomo(ドコモ)携帯電話
0件
33件
ノートパソコン
2件
18件
タブレットPC
1件
17件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止2
携帯性4

【デザイン】
骨伝導の一般的スタイルです。黒にしたこともあり他人から見ても意外と目立ちにくいみたいです。形状から仕方がないのですが、ヘッドレストのある椅子や横になりゴロゴロすることは当たってしまうので出来ませんね。素材などの追及により更に小さく細くできる期待を込めて星4にしておきます。

【高音の音質】
骨伝導は、カナル型に比べると別物で音を楽しむという点では圧倒的に劣ります。評価はしにくいですが、同じカテゴリの中では、とても良いと思います。音楽も会話も十分にクリアに聞けます。

【低音の音質】
同様に、カナル型に比べると別物で音を楽しむという点では圧倒的に劣ります。評価はしにくいですが、同じカテゴリの中では、低音も出るのでバランスの良い音を楽しめます。ただ音量を上げていくと振動を強く感じるので、低音の強調された音楽で音量を上げるのは苦手なようです。

【フィット感】
軽量ですし、非常に良い装着感です。わりと長い時間つけていても痛くならないですし、耳の穴への干渉はないので、いつもすっきりしています。バッテリーの持ちが良いので、結果的に長くつけたままにしておいても良いと思えます。

【外音遮断性】
耳が出ていて外音の遮断をする必要はなく無評価にしておきます。音を上げても、それなりの音量しか感じないことが功を奏して、ながら聞きには最適です。

【音漏れ防止】
そもそも音量を上げてもカナル型に比べると、そんなに音量を感じないですが、音漏れはわりとしているようです。静かな環境や、すぐ隣に人がいる時には向かないと思います。使う場所は選びますね。

【携帯性】
一体になっていることでカナル型などに比べ当然大きいですが、ひと手間で装着や取り外しが出来るのは個人的には楽だと思います。軽量なので持ち運ぶのも苦になりません。ただ充電コネクタが専用のみなのが残念ですね。(あえてタイプCにしていないのかな)

【総評】
今までAirPods Proを使っていました。音も機能性も問題ないですが、音楽を聴きながら外部の音が聞こえないのが唯一の難点でした。
そこで、ながら聴きを探していて、いづれも最新の「OpenRun Pro」と「ソニー LinkBuds」で検討し、LinkBudsを体感したことで、さすが音は良いものの、マイナス面が多く(思うほど外部音が聞こえない、持続時間が短く付け替え面倒、超軽量だが耳の違和感はある)中途半端に感じたので、最終的に骨伝導の OpenRun Pro にしました。

骨伝導は初めてでしたが、音質はそれなりであるものの、外部の音がしっかり聞こえる本来の目的で利用できそうなので買って良かったです。
専用アプリがあり、接続して状態を確認出来るのも安心です。2台同時接続も便利で、スマホとパソコンの2台を音声が出ている方を優先してシームレスに切り替えてくれます。

これからは、音に集中したい時はAirPods Pro、ながら聴きはOpenRun Pro と使い分けていきます。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sandbagさん

  • レビュー投稿数:143件
  • 累計支持数:3335人
  • ファン数:13人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
63件
4866件
docomo(ドコモ)携帯電話
4件
238件
au携帯電話
2件
130件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質3
低音の音質3
フィット感5
外音遮断性1
音漏れ防止2
携帯性3

何となく骨伝統イヤホンに興味をもってOpenMoveを購入後、クラファンへ投資し本製品を購入しました。
昨今テレワークで外音が聞こえるイヤホンの注目度が高まっている中、完全にミーハーですが仕事中に愛用しています。
ちなみにLinkBudsも購入しています。

【デザイン】
骨伝導イヤホンの外観はどの会社も大体同じデザインです。
OpenRun Proはチタンフレームを採用していて、バンドは柔軟。
安い骨伝導イヤホンはプラスチッキーですが、フレーム部分はマットで安っぽさはありません。

【音質】
SBCでの接続となるので、LDACやaptX adaptiveでの音質に比べると当然物足りないです。
カナル式とも違うので音の伝達能力は当然低いです。
そもそも音質に期待して骨伝導イヤホンを選ぶのは間違いです。
通話の音質に関してはしっかり聞こえているようです。
テレワークで使う上でも問題ないでしょう。

【フィット感】
耳にかけるタイプなのでフィット感は高いです。
商品名にある通り、ランニングのお供として使えるレベルです。
人によっては締め付けがきついかもしれませんが、フレームを広げて慣らせば緩和されると思います。

【外音遮断性】
無し。

【音漏れ防止】
カナル式に比べれば構造上音漏れしやすいです。
電車の座席レベルですぐそばにいると音が聞こえると思いますが、そこまではっきり聞こえるわけではありません。

【携帯性】
ハードポーチが付属されています。
完全ワイヤレスイヤホンに比べるとかなり大きいです。
本体単体であれば軽量なので持ち運びやすいと思います。

【総評】
同時期にLinkBudsを購入しました。
音質に関してはLinkBudsの方が上ですが、装着後の安定感はOpenRun Proの方が圧倒的に高いです。
LinkBudsは耳の形状に左右されるため、万人向けではありません。
テレワークとして使うにも耳が完全に空いているOpenRun Proの方が、チャイムや家族の呼びかけを聞き漏らしにくいです。
ガジェットとしての楽しさはLinkBudsの方が高いですが、実用性を踏まえるとOpenRun Proでしょう。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sumi_hobbyさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:180件
  • 累計支持数:2814人
  • ファン数:59人
満足度3
デザイン4
高音の音質2
低音の音質3
フィット感3
外音遮断性1
音漏れ防止2
携帯性3

再生する

製品紹介・使用例
OpenRun Proの振動体部分

OpenRun Proネック周りの感じ

OpenRun Proのアプリ項目

OpenRun Proのマイクミュート操作

僕が最初に骨伝導を試聴したときの書き込みが以下に残っているが、振動+高音のシャカシャカが印象的だったようである。この当時は今のようにテレワークが当たり前になるなど想像もしていなかったのでフルオープンの一般用途など考えてもいなかった。
https://bbs.kakaku.com/bbs/J0000025043/SortID=21226950/#tab

この第1世代から比較すると第8世代のAeropexでは本当に実用的なコンパクトさが実現されている分けだがOpenRun Proは強化された重低音と最大10時間の連続再生、急速充電テクノロジーと言った部分を実現するためにやや大振りな第9世代骨伝導技術が使われている。果たしてその効果はどうなのだろうか。

【デザイン】
Aeropexに比べると振動体部分の音抜けを向上させるためかメッシュ処理がまず目に付く。横のバッテリー部分は充電端子位置が移動されて底面のボタンも大きくなっている。

【低音の音質】【高音の音質】
まあ音質を論じるヘッドホンではないだろうが、Shokzが宣伝する強化された重低音と言うよりかは同じ振動量なら高音は目立ち難くなった感じである。

スポーツ用途としてはこれで好ましいのかもしれないが、フルオープンの一般用途として購入を考えている人はAeropexの明瞭性も合わせて確認しておいた方が良い。

【フィット感】
基本的なフィット感はShokzの骨伝導そのものだが、心持ちホールド性が弱くなったような気がする。Aeropexでも負担を感じない程度に緩かったがOpenRun Proの緩さは少し頼りない感じがする。

【外音遮断性】【外音取り込み】
外音遮断性を論じるヘッドホンではなく外音透過性を論じるべきヘッドホンだが、外耳道は何も塞がないため外音が篭り気味のソニー LinkBudsに比べるとスカッと外音が入るのは非常に好ましい。

【通話マイク性能】
確認し忘れたので後で機会があればアップデートする。因みにAeropexでもマイク性能はとても優れていてマイク感度、明瞭性、周囲音キャンセリングのどれも水準を越えていた。

【バッテリー】【携帯性】
バッテリーが凄い。骨伝導と言う伝送効率の良く無さそうな仕組みの割に音楽再生10時間の持続時間とフル充電が1時間というヘッドホンにしては超高速である充電時間を実現している。LinkBudsはケース充電に3時間、Buds充電に1.5時間掛かる。

携帯性に関しては一般的なTWSに比べるとそりゃ分が悪いが、本体の柔らかい材質から付属ケースに入れずとも傷を気にせず気軽に鞄に放り込めそうである。そう言う意味では雑に扱えそうな手軽さがある。

【機能性】【遅延時間】
マルチポイントを備えていて音楽を聞きつつ別端末の通話待受が可能である。勿論、端末はiOSかAndroidかは問わない。LinkBudsに無いマイクミュートが備わっているのも嬉しい所。

Shokzの製品として初めてアプリに対応している。設定項目はイコライザモードのスタンダード/ボーカルか、マルチポイントの2台目の接続、言語設定など最小限のものだが分かりやすく操作出来るのが良い。

比較製品
Shokz > Aeropex AFT-EP
SONY > LinkBuds WF-L900

参考になった6人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー]
Shokz

OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー]

最安価格(税込):¥22,948発売日:2022年 3月 1日 価格.comの安さの理由は?

OpenRun Pro SKZ-EP-000009 [ブルー]をお気に入り製品に追加する <19

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意