Technics EAH-AZ60-K [ブラック] レビュー・評価

2021年10月15日 発売

Technics EAH-AZ60-K [ブラック]

  • 独自の音響構造により臨場感あふれるリアルな高音質を実現した完全ワイヤレスイヤホン。コーデックはLDACにも対応しハイレゾ音質を楽しめる。
  • 「JustMyVoice」テクノロジーにより、自分の声だけをクリアに相手に届ける。7種類のイヤーピースが付属。
  • すぐれたノイズキャンセリング性能を実現した「デュアルハイブリッドノイズキャンセリング」機能により、自宅や外出先などでの周囲音を大幅に低減。
Technics EAH-AZ60-K [ブラック] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥27,720

(前週比:+1,020円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥27,720¥31,016 (29店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥27,720 〜 ¥27,720 (全国744店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:完全ワイヤレス(左右分離型) 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:20Hz〜20kHz ハイレゾ:○ Technics EAH-AZ60-K [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • Technics EAH-AZ60-K [ブラック]の価格比較
  • Technics EAH-AZ60-K [ブラック]の店頭購入
  • Technics EAH-AZ60-K [ブラック]のスペック・仕様
  • Technics EAH-AZ60-K [ブラック]のレビュー
  • Technics EAH-AZ60-K [ブラック]のクチコミ
  • Technics EAH-AZ60-K [ブラック]の画像・動画
  • Technics EAH-AZ60-K [ブラック]のピックアップリスト
  • Technics EAH-AZ60-K [ブラック]のオークション

Technics EAH-AZ60-K [ブラック]パナソニック

最安価格(税込):¥27,720 (前週比:+1,020円↑) 発売日:2021年10月15日

  • Technics EAH-AZ60-K [ブラック]の価格比較
  • Technics EAH-AZ60-K [ブラック]の店頭購入
  • Technics EAH-AZ60-K [ブラック]のスペック・仕様
  • Technics EAH-AZ60-K [ブラック]のレビュー
  • Technics EAH-AZ60-K [ブラック]のクチコミ
  • Technics EAH-AZ60-K [ブラック]の画像・動画
  • Technics EAH-AZ60-K [ブラック]のピックアップリスト
  • Technics EAH-AZ60-K [ブラック]のオークション

満足度:4.62
(カテゴリ平均:4.27
レビュー投稿数:37人 (プロ:1人 試用:1人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.46 4.18 122位
高音の音質 高音部の音質の良さ 4.56 4.15 83位
低音の音質 低音部の音質の良さ 4.39 4.13 121位
フィット感 装着したときのフィット感など 4.61 4.08 41位
外音遮断性 外の音を遮断するか 4.45 3.81 37位
音漏れ防止 音漏れを防止するか 4.48 3.78 41位
携帯性 コンパクトさ 4.84 3.81 23位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Technics EAH-AZ60-K [ブラック]のレビューを書く

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェッショナルレビュー
画像付き
動画付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

new3さん

  • レビュー投稿数:118件
  • 累計支持数:1340人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
81件
31件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
15件
36件
ヘッドホンアンプ・DAC
8件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5
   

   

音質重視でのTWSを模索してきたが、ノイキャン機能を搭載しない機種では『Noble Fokus pro』が現時点で頭一つ抜けている。ノイキャン機能搭載で音質が素晴らしいオールラウンダーな機種は SONY WF-1000XM4で完結かと思っていた。本機の評価が高い事を今更ながら知り、比較対象として入手に至った。
ケース&本体はスタイリッシュでサイズ感も良い。
ペアリングも安定しており、専用アプリの機能も過不足は無い。さて、肝心の音質だがナチュラルで透明感もあり、加えて深みがある。高音から低音まで全体バランスも素晴らしく、高級感溢れるサウンドになっている。有線の中級機種(3-5万未満)を凌ぐ高音質を実感出来た。ノイキャンも自然かつ強力で、SONY&Appleと肩を並べるレベルだ。
本機を聴いてしまうとSONYのサウンドが無機質に感じてしまうほどだ。(LDACでの音質はSONYを上回る)また、通話品質&付属のイヤーピースの出来も素晴らしい。マルチポイントも便利で切り替えも早く安定している。とにかく、オールラウンドかつハイレベル=ほぼ穴が無い機種だ。
現時点でノイキャン搭載TWSのNo.1は本機だと確信した。

主な用途
音楽
映画
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

SeaCrowさん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:131人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
7件
3件
タブレットPC
0件
7件
マザーボード
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止5
携帯性4

長らくワイヤレスイヤホンは購入していなかったのですが、BoseのQuietComfort Earbudsを購入したところ、想像以上に音が良く、国内メーカーの製品も気になって、こちらを衝動買いしてしまいました。

以下、音質に関しては、Androidスマートフォン(XperiaのようなSRC回避はできない普通のスマホ)からLDACで接続した場合の音に基づいています。音源はロスレスかハイレゾ、ファイルとQobuzストリーミングの両方、ジャンルはポップス、ジャズ、クラシックなど全般を聴いています。

【デザイン】
音質、機能ともに突き詰めた製品の割には、コンパクトにまとまっています。チタン風の仕上げも良い感じです。自分はブラックを購入しましたが、シルバーの方が見栄えがするでしょうね。

【高音の音質】
真面目で几帳面、しっかりとした解像度を持った緻密な音。広がり感や明るい艶っぽさもあり、なかなか魅力的なキャラクターを持っています。刺さりがない一方で、オーケストラのヴァイオリン合奏の抜けの良さも十分感じられます。ポップス系では、ストリングス(生、シンセを問わず)やコーラスが後方で鳴るような楽曲で、広がり感の強さ、分離の良さが実感できると思います。

【低音の音質】
たっぷりとした量感と広がりを持ちつつ、ブーミーになるかならないかの絶妙なラインを攻めています。こちらも解像度が高く、複数の低音楽器の聴き分けがしっかりできます。ウッドベース、無伴奏チェロなども自然な音色で鳴ってくれます。

【音質補足】
購入直後は、全体の分離が悪く、中低域の音がボワついたひどい音でしたが、10時間程度で見違えるように良い音に変わっていきました。このレビューは30時間程度鳴らした時点で書いています。

バイオセルロース製の振動板を使ったイヤホン、ヘッドホンは過去にもいくつか使ったことがあり、個人的な感覚では、エージングに時間がかかる印象があります。また、エージングを進めても、しばらく鳴らさないでいると元に戻ってしまう傾向もあり、一進一退を繰り返しながら音が馴染んでいく特性があるように思います。

なお、コーデックによる音の違いですが、AACだと上述した個性は弱まり、特に低域はスリムでソリッドになる印象です。Bluetoothオーディオでは、コーデックを変えても違いがよく分からない製品もありますが、このEAH-AZ60は割と明確に違いが出ます。AACの音も決して悪くはありませんが、この製品の実力を完全に引き出したければLDACは必須かと思います。

【フィット感】
7種類ものイヤーピースが付属し、本体も軽量、よほどのことがない限り、誰の耳にもフィットさせることができると思います。全体の形状はオーソドックスですので、外れにくさは普通。BoseのQuietComfort Earbudsのようなしっかりした固定感には及びませんが、必要十分です。

【外音遮断性】
ノイズキャンセリングの強さはさすがにBoseには及びません。ただ、音楽を鳴らさない無音状態で使わなければ問題は感じません。ノイズキャンセリングを100%にしても、音質面で寸詰まり感、不自然さがまったくないのは見事です。

【音漏れ防止】
他の人に聞いてもらってのテストはしていませんが、カナル型ですので問題ないでしょう。

【携帯性】
ケースは前モデルよりチープになったとの評を見かけますが、薄く小型になっているのはありがたいです。本体サイズも含め、総じて良好です。

ただ、本体をケースから出す際や装着する際に「引っ掛かり」になる部分がなく、表面もザラつきがないので、滑り落ちてしまいそうで怖いです。自分は屋外でこの製品を脱着する度胸はないです。屋内であらかじめ装着しておき、屋外では外さないようにし、外音取り込みをうまく活用する運用が必要そうです。

【アプリと機能面】
アプリは、ノイキャンの割合、5バンドのイコライザーなど、必要なものは十分揃っています。本体をタップした際の機能(再生、一時停止、ノイキャンと外音取り込みの切り替え、音量、トラック送り・戻しなど)が柔軟にカスタマイズできるのは良いです。自分はシングルタップでの誤動作が嫌なので無効化し、ダブル、トリプルタップに必要な機能を割り振っています。

売りのひとつになっているマルチポイントは便利には違いないですが、LDACの使用と排他の関係なのが残念。

【総評】
音質にしても製品全体のまとめ方にしても、すごく真面目に作られているなあ、という印象が強いです。

国内メーカーでこの価格帯だと、思い切りソニーとぶつかるわけですが、ノイキャンの強さより音質の自然さを求める人にとって良い選択肢になっていると思います。発売後から品薄が続いたというのも納得です。

比較製品
Bose > QuietComfort Earbuds
主な用途
音楽
ラジオ
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

guysunさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
0件
13件
イヤホン・ヘッドホン
1件
4件
デジタル一眼カメラ
0件
2件
もっと見る
満足度3
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性4

以前、口コミ欄にレビューを記載しましたが、電車での通勤やTeamsの会議に使用した感想をふまえ再レビューします。

【デザイン】WF-1000XM4より高級感があり好きです。

【音質】素人なので充分な性能と思ってます
WF-1000XM4より良いかも?

【ノイキャン】必要充分です。ノイキャンレベルを変化できるのも◎
《変更点》ノイズを拾ってそれに見合ったノイズキャンセリングはWF-1000XM4に軍配があがります。
【外音取込】WF-1000XM4のほうが自然かも?わたしには充分です。
《変更点》電車内など大きな騒音が発生する場所ではWF-1000XM4のほうが圧倒的に良いです。
静かな場所(家庭内など)では本製品で充分です。

【操作性】タッチセンサー・アプリともにTechnicsが操作しやすい。WF-1000XM4はツルツルして何度か落としてしまったがTechnicsはその心配がなさそうです。

【総評】上記にも記載しましたが、WF-1000XM4はツルツルで電車のホームで落としたこともありました。満員電車だと探すのを諦めていたことと思いますが本製品はその心配がないのがいいですね。
イヤーピースがたくさん付属しているのも私にはありがたいです。
というのも非常に耳穴が小さく自身に合うものをeイヤホンさんへ何度も足を運びましたが今回は付属品で事足りそうです。
《変更点》Teams等のweb会議においてiPhone純正の優先マイクより本製品は音声がこもっています。外音取り込み時と一緒のようなこもりかたです。WF-1000XM4をTeams会議に使用したわけではないので比較はできていません。

主な用途
音楽

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

komcomさん

  • レビュー投稿数:158件
  • 累計支持数:2171人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
52件
143件
ビデオカメラ
10件
27件
タブレットPC
12件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性5

【デザイン】
丸すぎず、高級感があり品がある感じのデザインでとても良いです。

【高音の音質】
アプリのイコライザー調整で変化しますが、とても良く楽器の音もスタジオで聞いているような感覚です。

【低音の音質】
アプリのイコライザー調整可能ですが、低温重視の誇張した感じではなく忠実に再現している感じです。

【フィット感】
標準のままでも簡単に落ちたりするような感じではなくフィットしています。気になる場合は、好きなイヤーピースに変えれば良いだけです。

【外音遮断性】
市販の製品の物では上位だと思います。

【音漏れ防止】
全く問題ないレベルです。

【携帯性】
ケースも大きすぎないので全く不便ではないです。

【総評】
SONY WF-1000XM4は評判通り素晴らしい製品で音質も機能も完璧でした。でも、この製品の音質の方がもっと上でした。買い換えてとても満足です。
低音、高音の臨場感というか幅広い再現性がとても良くできているなーと思います。このイヤホンで聞いたら、他のイヤホンに興味なくなりました。楽器の音とかが楽しめて良いです。

ちょっと値段が高めですが、いま品薄なショップも多く人気の高さに納得します。
機能も一通り装備していて、アプリでのカスタマイズも不満はないです。しいて言うなら、ケースのバッテリー容量が表示されれば完璧です。




参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kaaaazinoさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:133人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
6件
3件
掃除機
2件
0件
スマートフォン
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止5
携帯性4
   

   

SONY WF-1000XM4(ブラック)をメインで使用してますが、ネットで安価で販売されているのを見て何となくシルバーを購入してしまいました。
XM4との比較をメインにレビューしていきたいと思います。
音の比較は両機ともイコライザオフで、ノイキャンや外音取込は最大で行っています。

【デザイン】
個人的にケース、イヤホンともTWS最高峰と信じて疑わないKlipsch T5に比べると…どうしても見劣りします。

ケースはXM4と比べても少し安っぽく感じちゃって見劣りします。

イヤホンは丸みを帯びコテっとしたXM4とは対照的にシャープなデザインに感じます。
この辺りは好みによると思います。

【高音の音質】
AZ60の高音を聴くとXM4が少し篭った感じに聞こえることがあります。
ただ、時折割れて聴こえることがあるので、高音はXM4と互角と言ったところでしょうか。

【低音の音質】
XM4程ズンズン響いてくる感じはありませんが、良い意味で高音と調和が取れてバランスが非常に好印象です。

【フィット感】
これは最高です。
今までのTWSで一番私の耳にフィットしています。

【外音遮断性】
XM4に多少及ばないと感じますが、これくらいでも充分かと。

ただ、ノイキャンの効果はXM4に較べると弱く、電車では結構外の音拾っちゃいます。
寝過ごし防止には効果アリと良い意味で解釈することも出来ますが…

【音漏れ防止】
第三者評価でXM4と同レベルです。

【携帯性】
XM4とほぼ変わりません。
購入したのが、12月なのでケースのキャンペーンは終わってますし、サードパーティ製のケースカバーが見つけられないため、XM4より少しだけ持ち出しに慎重になります。
(XM4にはケースカバー付けています)

【総評】
メーカーによるチューニングの違いからか、ノイキャンや外音取り込みを含めた音の個性は異なるように感じますが、XM4とは曲や気分で使い分け出来、どちらもメインとして活躍させられそうです。
イコライザ調整では欠点を補うより、AZ60の良い所を更に引き出せるように設定にして、敢えてXM4との差別化を図っています。
(XM4も同様のイコライザ調整)

ブラックのXM4にシルバーのAZ60…この辺りでも良いコンビになりそうな気がします。

参考になった17人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

bru910sさん

  • レビュー投稿数:66件
  • 累計支持数:254人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
3件
44件
レンズ
7件
8件
イヤホン・ヘッドホン
7件
7件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質3
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止無評価
携帯性5

【デザイン】高級感があって良いと思います。

【高音の音質】文句なしです

【低音の音質】ずんずん、という感じはないですが、十分かと

【フィット感】落ちる感じがなくて良いです。

【外音遮断性】ノイキャンはまずまず十分かと

【携帯性】ケース底面がフラットで、置きやすく気に入っています。

【総評】買い替えで大正解でした。

Ankorのを使い始めましたが、そもそも、アプリの使用許諾が気持ち悪く、またスマホが二回もハングした(ハングは初めて!)ので、売却し、これを購入。Ankorに比べてたら高価ですが、高級感もアプリの安定性も文句なしです。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

horse5さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:158人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
5件
0件
タブレットPC
1件
0件
ヘッドセット
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質2
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止無評価
携帯性4

作業用に無線タイプのイヤホンが欲しくなり購入
普段の音楽鑑賞は有線のHA-FW1500にドングル型DACを使ってます
音質面に関しては主に今まで使った有線イヤホンとの比較となります。環境はAndroidスマホにLDACでの接続です

まず、余裕のある感じでゆったりとしたおおらかな音が楽しめます。決してバラけてるわけではなく適当にまとまりのある音で個人的には好きです。

次に、中〜低音が良いですね。先ほどの空間の拡がりと合ってしっかりとした底のバランスがあるのでどの音楽を聴いてもある程度の音質は期待出来そうな感じです

装着感もよく自分の耳にはピッタリとハマりました。これなら作業しても外れる心配をすることなく楽しめそうです。ノイズキャンセリングも効いていて付けたところでしっかり外の音が遮断されたので、この辺の出来だけでも作業用としては買って良かったと思える出来です。

さて、ここまできたのだから星5!と言いたいところですが、一つだけ不満があります
それは音の刺さり具合です。これはハッキリとわかる刺さり具合でボーカルによっては曲全体が刺さる曲になってしまいます。そのため値段を考えるとちょっと納得いかないですね。
HA-FW1500で聴くと全く刺さらず引っ込みすぎず丁寧に鳴らしてくれます。これは高いからまあ当然の音質として、その前に使っていた2万ぐらいのイヤホン(HP-NX100)と比べても全体的に刺さる音が多めです。finalのE5000(壊れて手元になし)と比べると明らかに刺さり気味

ただ、全体としては装着感もよくノイキャンも効いて一通りの機能を揃えていますし自分の一番の目的であるながら鑑賞の環境としてはとても良いものだと思いますので、かなり迷いましたが買って良かったと思う一品です

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

らららんど*さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:69人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
16件
液晶テレビ・有機ELテレビ
0件
10件
イヤホン・ヘッドホン
1件
5件
もっと見る
満足度4
デザイン2
高音の音質4
低音の音質4
フィット感3
外音遮断性3
音漏れ防止2
携帯性4

【デザイン】
シルバーも黒もあまり好きではない。ミントやピンクや可愛いカラーがあれば嬉しいです。

【高音の音質】
綺麗だと思います

【低音の音質】
アプリでダイナミックにあげて聞いていますが、こうするとズンズンよく響いてくれます。SONY xm4と比べても見劣りしません。ワクワクさせてくれる音です。
最初は物足りない感じがありましたが、アプリでいじれたので好みの音質になりました。

【フィット感】
良くもなければ悪くありませんが、長時間つけていると微妙に鈍痛があります。真っ直ぐフィットするので落ちる心配はありません。

【外音遮断性】
そこそこです
xm4よりかは劣る印象です。あちらは付けた瞬間「しん...」となる感じでした。

【音漏れ防止】
大きくすると、音漏れします

【携帯性】
小さめで好印象です
マグネットもきちんと機能しています。

【総評】
ヒンジ部分が少し心許ない感じがするのと、マルチポイントではハイレゾが使えないのが微妙ですが、
全体的に満足の買い物でした。
SONYのxm4は痛くなり売ってしまったのですが、そちらが合わない方はこちらおすすめです。

接続対象
オーディオ

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ninjahayabusaさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:43人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プリンタ
0件
5件
液晶テレビ・有機ELテレビ
0件
4件
イヤホン・ヘッドホン
3件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止3
携帯性5

ワイヤレスを敬遠してATH-CKR100を使用していました。
試しに買った韓国製の1万以下のワイヤレスでもそこそこ使えたので思い切ってこの商品を購入。
キャンプでも使うので汚れが目立たなさそうな黒を選択しました。
Xperia 5 III にて使用しています。


【デザイン】
ケース見た時随分とチープだなーと思いました。
大きさは大きい方かも知れないですが持ちやすく耳にはめやすいです。
【高音の音質】
さ行も突き刺さらないとてもクリアな音質です。
【低音の音質】
温かみのある低音とでも言いましょうか、心地よい低音だと思います。
【フィット感】
イヤーピースのサイズが何種類も入っているので自分に合った物を選べば問題ないと思います。
【外音遮断性】
ノイキャン製品は初めてなのですが、大幅にカットしてくれます。
それを調節出来るのもグッド
【音漏れ防止】
そこそこの音量で聴くと漏れているようです。
【携帯性】
ケースが小さくて携帯性は十分
【総評】
ソニーと迷いましたがこちらにして良かったと思います。
さすがTechnics伊達じゃない
パナソニックだったらソニーにしてたかも知れない。
しかしホントにここまで音質が良いのかと心から感動してしまった。
バックコーラスの声、ピアノ、ハイハット、等今まで気が付かなかった音が聞こえてくる。
今年一番の買い物になりました!


主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

etsukさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
ミニコンポ・セットコンポ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

はじめてのワイヤレスイヤホンとしてRZ-S3OWを使っていたが、こちらを試してみて使いやすさと音質にびっくり。こちらを音楽用、RZは語学学習用と使い分けても良いと思っている。
RZも気に入っていたが、比較するとこちらはRZ以降の開発者の試行錯誤がうかがえる逸品!

音質:
一つ一つの楽器の音が際立って聞こえ、まるで瞬時にオーディオルームで音に囲まれているような気がした。
高音、低音、とてもバランスの取れた音質。

デザイン:
ケースもイヤホンも角にエッジがあり指先に馴染みやすく、装着時も扱いやすい。形状も、大き過ぎず小さ過ぎず、スタイリッシュ。
欲を言えばローズゴールドが欲しかった。

フィット感:
耳にピタっと収まり、違和感なし。

遮断性:
ノイキャンにしていると音楽に没頭できる。アンビエントに切り替えても音質は変わらないように思うが、適度に外部の音を取り入れることができる。

携帯性:
性能がいいのに決して大きくも重くもなく持ち運びに便利。

店頭で最後の一個のシルバーと言われ、クリスマスや年末まで待たずに購入して正解!

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

skとうちゃんさん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:44人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイドライブ
0件
4件
イヤホン・ヘッドホン
4件
0件
ニンテンドー3DS ソフト
0件
4件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止5
携帯性5

【デザイン】高級感があっていい

【高音の音質】クリアで刺さらない

【低音の音質】アタック感のあるキレのある低音

【フィット感】おさまりはいいです

【外音遮断性】ノイキャンなしでもかなり外音を遮断してくれます

【音漏れ防止】かなり音量を上げても周りからの苦情はありません

【携帯性】ケースがコンパクトです

【総評】ノイキャン付きのイヤホンでは1.2を争う高音質ではないでしょうか。
    アプリでのイヤホンの操作性のカスタマイズも出来て使い勝手がいいです。
    LDAC接続時のバッテリーが5時間くらいしかもたないのが難点ですが、
    音質優先で我慢ですね。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった11人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

cbr2さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:299人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
4件
4件
腕時計
2件
0件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止無評価
携帯性5

1週間毎日聴き込んで再レビューです。
主にTechnicsAZ70・JBL Club Pro Plusとの比較です。
【デザイン】
イヤホン本体はタッチパネルに美しいスピン加工とTechnicsのロゴがさり気なく入っていて高級感がありカッコいいと思います。
本体に高級感があるだけにケースはほんの少しだけチープな感じがしてしまいます。
悪くは無いのですが。
【高音の音質】
元々AZ70の美しく透き通る様な抜けの良い中高音に惚れ込んでTechnicsファンになったのですが、AZ60もAZ70を超えこそしないものの肉薄する綺麗な抜けの良い中高音で、かつ刺さらず美しく抜けてくれます。
【低音の音質】
AZ70では少し物足りなく感じた低音が良い感じに太くなっていて、JBLの様なはっきりした輪郭の低音より、少し緩い感じの輪郭ですがボワつかずしっかり沈み込んだ低音を鳴らしてくれます。
【フィット感】
イヤーチップが秀逸で私の耳には吸い付く様にピタッとシンデレラフィットです。
【外音遮断性】
イヤーチップのフィット感も相まって装着しただけでそこそこの遮断性はあると思います。
【音漏れ防止】
これは誰かに外から聞いてもらわないと分かりませんが、普通に良いと思います。
【携帯性】
AZ70やJBLと比べてだいぶコンパクトで手のひらにすっぽりと収まるので携帯性は抜群だと思います。
【総評】
一週間毎日聴き込んだところですが、
やはりTechnicsの音は解像度がかなり高く中高音は自然で抜けが美しく、しかも刺さらない。音場 (空間)も広い。
低音から高音まで全域でバランスが良い美しい音で没入感が高く聞き疲れもしません。
個性が違うので比較するのもナンセンスではありますが、JBLがライブハウスの迫力を楽しむ機種であるのに対して、AZ60は高級感のあるオーディオでジャンルを問わず音楽を楽しむ機種だと思います。

他にも接続性に関してはAZ70同様、左右独立式の為かほとんど音途切れがありません。
JBLはそこそこ途切れます。
ノイキャンは結構強い方だと思います。
JR・バス・地下鉄・人ごみの雑音をかなり低減してくれます。
10点中8.5〜9くらいじゃないでしょうか。
JBLは7くらいでそこまで強く無いです。
操作性、タッチパネルの感度も非常に良く誤作動が少ない。
基本操作がイヤホン側で全て出来るのも嬉しい。
JBLだと全ての操作は出来ない上にタッチパネルの感度が非常に悪く、反応しない事が頻繁にありストレスです。
ただ、AZ60はタッチ後の確認音が一拍ズレる仕様なので最初は違和感が有りますがすぐ慣れます。

AZ70の音質は過去最高でしたが、バッテリーケースの放電問題・通話品質の悪さ・外音取込み音の小ささ・ホワイトノイズが気になる等々、音質以外は不満足が多過ぎて手放しましたが、今回AZ60はAZ70の不満を全て改善してくれていました。素晴らしい。
デメリットを挙げるとすれば、ワイヤレス充電非対応・脱着センサー非搭載なので片耳を外しても自動では止まりません。
それくらいですかね。

今まで所有していたビクターXX・jabra elite 75t・aviotピエール中野モデル・JBL Club Pro Plus等々の中では最高峰のTWSです。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった16人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

L4ches1sさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:12人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
2件
2件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
マウス
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性3
音漏れ防止4
携帯性5

【デザイン】
AZ70Wに比べてケースはチープですが、本体はそこまで気になりません。
【高音の音質】
AZ70Wの方が質は良いです。
低音域が出るようにしたせいか、高音の輝きは薄れました。
【低音の音質】
AZ70Wより出ています。
質の良い低音かというと微妙な音です。
【フィット感】
AZ70Wに比べて外れにくくなりました。
ですが装着時、タッチセンサーが少し下に傾きます。
それによりタッチがし辛く感じます。
【外音遮断性】
AZ70Wからパッシブ、アクティブノイキャン共に進化を感じられません。
パッシブノイキャンについては悪くなったと感じます。
【音漏れ防止】
上記の通りAZ70Wより音が漏れていきます。
ですが普通の音量であれば漏れないと思います。
【携帯性】
AZ70Wよりケースがコンパクトになりました。
携帯性は圧倒的に改善されたと思います。
【総評】
フルワイヤレスは本機の他、AZ70WとFalconPro、XM4を持っています。
音質については音場の広さ含め、AZ70Wの方が上です。
LDAC対応したからと言っても、ドライバーサイズの差が大きいと思います。
自然放電は改善されました!これが無かったらすぐに売ってました。
他の方が言っている近接センサーは誤動作の元ですし、ドライバー配置などの問題から音質劣化を起こす原因なので絶対辞めてほしい。
オーバーイヤーじゃないんだから…
★音質
FalconPro>AZ70W>AZ60>XM4
★ノイキャン(パッシブ含め)
XM4>>AZ70W>AZ60>FalconPro
★操作性
AZ70W>XM4>AZ60>FalconPro

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

barbarさん

  • レビュー投稿数:68件
  • 累計支持数:298人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
10件
4件
液晶テレビ・有機ELテレビ
4件
5件
docomo(ドコモ)携帯電話
3件
6件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止無評価
携帯性5

AZ70(黒)からの買い増しで今回はシルバーに!
個人的にイヤホンは装着感とイヤーピースが大事で、どんなに高級でいい音を鳴らすイヤホンでも耳に合わなければいい音で聞けないと思っています。
今回のAZ60はAZ70より更に自分の耳に合っていて最高のつけ心地でした。
そのため長時間つけても痛くも疲れもなく最高の音質で聞くことが出来ています。
細かな音質の評価は他の方にお任せしますが、音質、ノイズキャンセリング、つけ心地等全てにおいて前機種を上回り、現時点自分では最高のTWSです。
これまで有線無線問わず高級と言われるもの(CA、BOSE、SHURE、ゼンハイザー等)も使用していましたがやはりつけ心地が重要です。
この機種に限らずイヤホンを購入される場合は出来るだけ視聴し自分に合う形状、音質かどうか十分確かめたほうがいいと思います。

主な用途
音楽

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

laluzさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:222人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
0件
5件
イヤホン・ヘッドホン
1件
4件
スマートフォン
1件
4件
もっと見る
満足度4
デザイン3
高音の音質4
低音の音質4
フィット感3
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性5

左:先代モデルAZ70 、右:AZ60

左:先代モデルAZ70 、右:AZ60

左:先代モデルAZ70 、右:AZ60

左:先代モデルAZ70 、右:AZ60

左:wf1000mx4、中:momentum truewireless2、右:beoplay eq

左:wf1000mx4、中:momentum truewireless2、右:beoplay eq

初代モデルAZ70Wのクリアな音が好みであった為、こちらもさぞ進化していると期待して購入しました。他にSONY wf1000mx4やBOSE quiet confort earbudw.B&O beoplay eq、ゼンハイザーmomentum truewireless2など所有しています。
初見ではがっかりした点がいくつかありました。
がっかりした点をあげると
@見た目や質感が明らかにコストダウンの影響を受けていること。AZ70のケース表面はヘアライン加工された金属製で触るとヒンヤリと金属の質感を感じとても高級感がありましたが、AZ60は金属調の加工がされたプラスチックで大分がっかりしました。これはwf1000mx4にも言える事ですが、3万円近いイヤホンであれば質感にもこだわって欲しかった。質感でいうとゼンハイザー(ファブリック素材)やB&O(アルマイト処理したアルミニウム)などの外国勢に軍配があがります。
Aノイズキャンセリングの進化を感じない。(追記あり)他の方も書いていますがノイズキャンセリング能力がAZ70と比べて退化しているのではと思える出来でした。特に会話やアナウンスに関しては殆ど効果がありません。むしろ電車内だとゴーッという騒音がカットされることで余計に人の声が気になります。SONYは元々優秀なノイズキャンセリング機能がさらに強化し、ノイズキャンセリングが難しい人の声やアナウンスも大分抑え込んでくれます。ノイズキャンセリング機能に重きを置く方にはwf1000mx4をおすすめします。
※追記※
AZ60の新機能である『ノイズキャンセリングの最適化』を調整したところ、強力なノイズキャンセリングを得ることができました。比較するとwf1000mx4 > AZ60 = BOSE quitecomfort earbuds > beoplay eq >> momentum truewireless2(ほぼノイキャン効かない8q)といった所でしょうか。
以前の私を含めノイズキャンセリングの効きが弱いとレビューしている方はこの機能を調整する事で大幅に改善するかもしれません。このため外音遮断性と総合評価を訂正します。
BAZ70もですがMAXのボリュームが他と比べて小さいです。ユーザーの耳を心配してくれているのかも知れませんが、ガンガン音楽を聞きたい時には物足りなさを感じます。
C近接センサーが無い。これもAZ70もなのですが近接センサーが無い為、イヤホンを外すと自動で再生が停止する機能がありません。3万円近い金額のイヤホンでこの機能が無いのは不満。この機能は追加して欲しかった。

以上の点ではっきり言って買って失敗したと思いましたが、ハイレゾ音源を聴いてようやく買って良かった点が見つかった感じです。
良かった点は
@LDACに対応。LDACは通常のワイヤレスデータの3倍の情報量ということですが、確かに音の厚みが増し、リッチなサウンドに感じます。これまでスマホでハイレゾを聞こうとするとUSBDACに繋いでさらに有線のハイレゾ対応イヤホンに繋ぐ必要があったので、気軽にハイレゾを楽しめるようになるのは大きなメリットと感じます。wf1000mx4もLDACに対応していますが、wf1000mx4は通常音源とハイレゾ音源との差をあまり感じませんでした。ただLDACはAndroidしか対応していないのでiPhoneの方にはメリットになりません。
またbeoplay eqはLDAC に対応していませんが、ハイレゾ音源をAZ60で聴いた時に匹敵する音が鳴ります。(値段はAZ60プラス1万円になりますが,,)
A低音がでるようになった。AZ70は伸びやかな高音は素晴らしかったのですが、低音がバスエンハンサーを使っても物足りなかったのですが、AZ60では低音も出るようになりました。
B装着した時のフィット感が向上。 イヤホン本体が先代モデルと比べて厚みが減り、落ちそうに感じることがなくなりました。AZ70の時は何度か落としてしまいました。

AZ70の時もそうでしたが、technicsは頻繁にファームウェアをアップデートするので、音質やノイズキャンセリングがさらに改善する可能性があります。
またAZ70でのマイナスポイントに自然放電するため使ってなくても1週間程で充電が空になる点がありますがAZ60では検証していません。
こちらもので、おいおい検証してみようと思います。

色々書きましたが、総じて買って後悔しない良いワイヤレスイヤホンと思います。ただ現在AZ70を所有している方は急いで買う必要はなく、もう少し価格がこなれて来てからでも良いかと思います。

参考になった14人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

Technics EAH-AZ60-K [ブラック]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

Technics EAH-AZ60-K [ブラック]
パナソニック

Technics EAH-AZ60-K [ブラック]

最安価格(税込):¥27,720発売日:2021年10月15日 価格.comの安さの理由は?

Technics EAH-AZ60-K [ブラック]をお気に入り製品に追加する <243

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意