TUF GAMING B560-PLUS WIFI レビュー・評価

2021年 3月30日 発売

TUF GAMING B560-PLUS WIFI

  • B560チップセットを搭載したATXマザーボード(ソケットLGA1200)。第11世代/第10世代intel Coreプロセッサーに対応。
  • 画面出力端子はDisplayPort 1.4×1、HDMI 2.0b×1、ストレージ機能は M.2×2、SATA 6Gb/s×6を装備。
  • 2.5ギガビットLANに対応し、無線機能はWi-Fi 6、 Bluetooth 5.0をサポート。「8+1 DrMOSパワーステージ」を利用し、パワーと効率を実現する。
TUF GAMING B560-PLUS WIFI 製品画像
最安価格(税込):

¥17,980

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥17,980¥23,100 (5店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥― (全国64店舗)最寄りのショップ一覧

フォームファクタ:ATX CPUソケット:LGA1200 チップセット:INTEL/B560 メモリタイプ:DDR4 TUF GAMING B560-PLUS WIFIのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • TUF GAMING B560-PLUS WIFIの価格比較
  • TUF GAMING B560-PLUS WIFIの店頭購入
  • TUF GAMING B560-PLUS WIFIのスペック・仕様
  • TUF GAMING B560-PLUS WIFIのレビュー
  • TUF GAMING B560-PLUS WIFIのクチコミ
  • TUF GAMING B560-PLUS WIFIの画像・動画
  • TUF GAMING B560-PLUS WIFIのピックアップリスト
  • TUF GAMING B560-PLUS WIFIのオークション

TUF GAMING B560-PLUS WIFIASUS

最安価格(税込):¥17,980 (前週比:±0 ) 発売日:2021年 3月30日

  • TUF GAMING B560-PLUS WIFIの価格比較
  • TUF GAMING B560-PLUS WIFIの店頭購入
  • TUF GAMING B560-PLUS WIFIのスペック・仕様
  • TUF GAMING B560-PLUS WIFIのレビュー
  • TUF GAMING B560-PLUS WIFIのクチコミ
  • TUF GAMING B560-PLUS WIFIの画像・動画
  • TUF GAMING B560-PLUS WIFIのピックアップリスト
  • TUF GAMING B560-PLUS WIFIのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > マザーボード > ASUS > TUF GAMING B560-PLUS WIFI

TUF GAMING B560-PLUS WIFI のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.42
レビュー投稿数:3人 
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
安定性 安定して動作するか 5.00 4.54 -位
互換性 パーツとの相性など 4.70 4.42 -位
拡張性 拡張性スロットやポートは十分か 5.00 4.13 -位
機能性 付加機能は十分か 4.70 4.27 -位
設定項目 設定項目は豊富か 4.33 4.23 -位
付属ソフト 付属ソフトの質と量は適切か 4.33 3.78 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

TUF GAMING B560-PLUS WIFIのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

ぶるちわさん

  • レビュー投稿数:66件
  • 累計支持数:112人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

シーリングライト
4件
0件
マウス
3件
0件
LED電球・LED蛍光灯
3件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目4
付属ソフト4

Wi-Fi親機からPCまで距離があり、USBのWi-Fi子機では通信速度が遅かったり不安定だった為、PCの新調を機にこちらのマザーボードを選びました。
intel純正のWi-Fiだけあって接続も安定していますし速度も出るようになりました。規格もWi-Fi6とBluetooth 5.0ですのでこれだけでも買い替えて良かったと思っています。

Core i3-10100でオンボードグラフィックで3ヶ月程使用していますが、今の所トラブルもなく安定しています。
BIOSも見やすいですしASUSのマザーボードは4台目になりますが安心して使える印象です。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Antares111さん

  • レビュー投稿数:53件
  • 累計支持数:145人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

マウス
4件
0件
液晶テレビ・有機ELテレビ
4件
0件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
3件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

自作PC2台保有、Windows11登場をきっかけに、うち1台をほぼ全面更新しました。

・CPU : Core i5 11400 BOX
・マザーボード : TUF GAMING B560-PLUS WIFI
・メモリ : CMK16GX4M2E3200C16 [DDR4 PC4-25600 8GB 2枚組]
・SSD : WD Blue SN550 NVMe WDS100T2B0C
・OS : Windows 10 Pro 64bit 日本語 DSP版(Windows11 Proへアップグレード)
・ケース:P10 FLUX

【処理速度】
・4K動画編集や重いゲームなどはしないので、Windows11 Pro環境下でも全くストレスなく動作しています。(メモリ16GB+SSDの恩恵もあるかと思いますが)

【安定性】
・上記環境でフリーズ等全く発生せず、2ヶ月間安定動作しています。他のPCやiOSからのリモート接続・リモート起動も、現在は問題ありません。(一時期、iOSから接続できない現象ありました)
・長年ASUS製マザーボードを選択し続けていますが、外れは無く流石です。

【設定項目】
・さらに高解像度で見やすくなったBIOS画面、もはや昔のファミコンをはるかに超えていますね。。
組み立て後、BIOSは一発で起動できたものの、Windows11インストールではTPM2.0有効化に少し手間取りました。

【総評】
・先回2019年、第8世代intel CPUでの自作機と比較して、各パーツの価格はそれほど変わらないにも関わらず、4Kツインディスプレイ環境でも全くストレス無い動作、OSの起動の更なる高速化に驚かされました。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

海ザルMAXさん

  • レビュー投稿数:152件
  • 累計支持数:1521人
  • ファン数:43人

よく投稿するカテゴリ

CPU
16件
158件
マザーボード
16件
85件
CPUクーラー
8件
55件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性4
拡張性5
機能性4
設定項目4
付属ソフト4

パッケージ&CPU周り

マザーボード本体

サブ機ケース内

Crystal Disk Mark&Info

CPU-Z

BIOS設定

インテル環境でもやっとGen4が採用され、サブ機のCPU&マザーボード、M.2を新たに換装してみました。Z590やH570マザーボードが更に満足度は高いと思いますが、Core i9-11900KやCore i7-11700Kの評判が今一つで、メイン機のCPUを買い換えようという気にはなりませんでした。使用中の10コアCore i9-10900Kで十分対応できますし、サブ機の構成変更でこのマザーボードをチョイスしました。
Rocket Lake-SはB560マザーボードで良くないかというのが正直な感想です。B560チップセットでありながら、ハイサイドとローサイドのMOSFETとドライバーを1つのパッケージに組み合わせた8 + 1 DrMOSを備えていますし、CPUのオーバークロックをしなければこれで十分です。あくまで第12世代の繋ぎの世代と考えていますので、サブ機なら下記のPC構成で満足できそうです。

★PC構成
【M/B】TUF GAMING B560 PLUS WIFI
【CPU】Core i5-11400
【GPU】GF-GTX1650D6-E4GB/DF2
【RAM】CMK16GX4M2A2666C16
【クーラー】CORSAIR H100i
【M.2】980 PRO MZ-V8P500B/IT システム用
【M.2】WDS500G2B0C アプリ用
【HDD】ST1000DM003
【PSU】CORSAIR RM650x
【CASE】P280-MW Window

★Core i5-11400価格.comレビュー
Power Limit解除で化けるCPU
https://review.kakaku.com/review/K0001342650/ReviewCD=1441705/#tab

★安定性
Kナンバー以外のCPUならメモリ設定以外では、起動不能などの不安定な状態になることはありません。というかこのB560マザーボードでもメモリのオーバークロックができるようになったので、初心者には意外と敷居の高いマザーボードかもしれません。UEFI BIOSでメモリ設定やCPU Powew Manegementなど設定変更されない方は問題ありませんが、私のように少しでもパフォーマンスを上げたいと考えパフォーマンス重視の設定をしたい方はある程度オーバークロックの知識が必要になりそうです。

★互換性
CPUは第10世代11世代と互換性がありますが、世代別のCPUによって使える機能、使えない機能があるのである程度調べた上でパーツを選んだ方がいいかと思います。第11世代でCore i5以上のCPUであればGen4などのパーツの互換性は問題なく使えます。
Gen4で一番満足できるのがM.2であります。980 PRO MZ-V8P500B/ITも公称値シール6900MB/s、シーケンシャルライト5000MB/s出ますし満足度は高くなります。グラフィックカードのGen4はさほどGen3と変わらないのは予想通りでしたが・・・

★拡張性
私自身使用中のPCケースはフルタワーケースが大半ですから、選ぶマザーボードの規格はATXを選ぶようにしています。ただ最近のMicroATX規格のファンコネクタやストレージ&SATAコネクタなどもATX並みに備えたものが多いので、好みにより選ばれたらいいかと思います。
今回のTUF GAMING B560 PLUS WIFIはM.2×2、SATAコネクタ×6と十分で、バックパネルI/Oも必要なものは備わっています。ZシリーズではないのでバックパネルにCMOSクリアボタンやUSB BIOS Flashback機能がないのは仕方ないかな・・・

★機能性
メモリのオーバークロックで少しですがシステムのパワーアップが図れます。今回使用するメモリはCMK16GX4M2A2666C16ですが、メモリ電圧をかなり盛れば予想以上のオーバークロックが可能になります。ちょっと面倒なDRAM Frequency RatioでGear1(1:1)やGear2(1:2)設定がありますが、Gear2ならかなりクロックが上げられそうですが、私は性能重視ですからGear1で最速を目指しました。
(メモリのオーバークロックも保障の範囲外になりますので自己判断でお願いします)
基本メモリ設定 DDR4-2666  CL16-18-15-35 1.200V
初期安定設定  DDR4-3200 CL16-17-17-36 1.370V
最終設定    DDR4-3200 CL15-17-17-39 1.390V

★設定項目
パフォーマンス重視なら、ASUS Performance Enhancement2.0をEnabled有効にしてPL1とPL2を最大値(無制限ではありません)設定すればCPUの性能を最大に引き出せます。Core i5-11400の場合PL1=125W、PL2=181W、Tauは長めの56秒に設定しています。当然CPUの高負荷時はCPU Powerは180W前後になりますので、選ぶ電源ユニットやハイエンド空冷CPUクーラーか水冷一体型クーラーで240mm以上のタイプが必要になります。

★総評
第11世代CPUでKナンバー以外なら今回のTUF GAMING B560 PLUS WIFIでも十分対応可能でないかと思われます。過去KナンバーCPUをメインで使ってきたこともあり、HシリーズやBシリーズマザーボードは避けていましたが、これだけの電力設計や拡張性があればメイン機でもTUF GAMING B560 PLUS WIFIでいいかもしれません。
個人的にはWIFI機能は必要なかったのですが、如何せんマザーボードの流通量も豊富と言えない状況で、PCショップに在庫があるものかネットショップで吟味する必要があるので、在庫品のWIHIタイプを選びましたが、最近のグラフィックカードやメモリ価格の高騰、他のパーツの流通用の少なさは気になる要素ではあります。次期DDR5メモリもかなり高価になるのではと今から心配になる今日この頃です。
コストパフォーマンス重視で選ぶなら安定のTUF GAMING B560 PLUS WIFIはお勧めのマザーボードであると感じています。Bシリーズでありながらメモリのオーバークロックができるのは流石インテルと言えそうです。

★紹介ブログ
Rocket Lake-SはB560で良くない!
http://umizaru.fc2.net/blog-entry-234.html

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

TUF GAMING B560-PLUS WIFIのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

TUF GAMING B560-PLUS WIFI
ASUS

TUF GAMING B560-PLUS WIFI

最安価格(税込):¥17,980発売日:2021年 3月30日 価格.comの安さの理由は?

TUF GAMING B560-PLUS WIFIをお気に入り製品に追加する <55

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意