Ryzen 5 5600X BOX レビュー・評価

Ryzen 5 5600X BOX 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥39,380

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥39,380

ドスパラ

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥39,380¥43,780 (6店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥39,380 〜 ¥39,380 (全国68店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 5 5600X クロック周波数:3.7GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:3MB Ryzen 5 5600X BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen 5 5600X BOXの価格比較
  • Ryzen 5 5600X BOXの店頭購入
  • Ryzen 5 5600X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 5 5600X BOXのレビュー
  • Ryzen 5 5600X BOXのクチコミ
  • Ryzen 5 5600X BOXの画像・動画
  • Ryzen 5 5600X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 5 5600X BOXのオークション

Ryzen 5 5600X BOXAMD

最安価格(税込):¥39,380 (前週比:±0 ) 発売日:2020年11月 6日

  • Ryzen 5 5600X BOXの価格比較
  • Ryzen 5 5600X BOXの店頭購入
  • Ryzen 5 5600X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 5 5600X BOXのレビュー
  • Ryzen 5 5600X BOXのクチコミ
  • Ryzen 5 5600X BOXの画像・動画
  • Ryzen 5 5600X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 5 5600X BOXのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen 5 5600X BOX

Ryzen 5 5600X BOX のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.75
(カテゴリ平均:4.67
レビュー投稿数:15人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
処理速度 処理速度は速いか 4.94 4.52 10位
安定性 安定して動作するか 4.85 4.72 18位
省電力性 発熱は少ないか、バッテリを消耗しないか 4.94 4.27 2位
互換性 対応マザーボードは豊富か 4.07 4.36 30位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 5 5600X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:159人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
2件
8件
スマートフォン
3件
1件
CPU
3件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性4

CCX跨ぎがどうとか、色々技術的に良くなった訳ですが…
そのへんは詳しい方のレビューにおまかせして、雑記感覚で。

3600はアイドル時にも意味不明なくらい温度が乱高下してましたし、基本40℃超えてたり、ブラウザ触っただけで一気に50℃→また42度位に一気に戻るみたいなすごい事になってましたが、5600Xでは「よく知ってるCPUの温度挙動」に戻っています。これを書いている間ずーっと32℃のままで、スクロールさせるだけで温度急変してた3600の挙動みたいなのはなくなっていますね。

温度とは裏腹に、消費電力はアイドル時が3600より数ワット高く出ます。高負荷時はブーストのされ方で波があるのでなんとも言い難いのですが、特に3600より高くはなく、周波数は高いことを考えると横ばいはさすがだなと思いました。

GTX1650Superを積んでいて、Zen2の3600でFF14漆黒ベンチでFHD/最高画質で13326でしたが、5600Xでは14617、ちょうど10%押し上がりました。FF14ベンチの時点で既にGPU的にこれ以上伸びしろはないと思ってましたが、そこを更に突破してくるのは何気に凄い事ですね。

CineBenchのように全コアに等しく強い負荷がかかると4.4〜4.5GHzに落ちています。CineBenchのR23の結果で、3600は9400程度、5600Xは11000くらいなので、ブーストが落ちてきてしまう厳しい負荷では3600にそこそこ近い能力になってしまいます。それでもクロックあたりの処理の力が上なので5600Xに軍配は上がりますが、用途によっては値段差ほどのインパクトはない…というのが正直な感想です。

対して、ゲームや圧縮ファイルの解凍のようなスレッドの使われ方・負荷だと見かけ上全コアが4.65GHz位で回り続け、3600に比べて体感でもはっきり速さを感じることが出来ます。

Ryzen登場以降、どうしてもCineBenchのような完璧に負荷のかかるベンチマークを参考にしがちですが、ゲームだけではなく、日常の作業はシングルの性能もかなり重要なんだなぁと気づかせてくれたCPUです。ライバルCPU派の方がシングル性能に拘ってた理由がよく分かったような気がします(´・ω・`)

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Takumi1982さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性無評価

本当は5900X狙いでしたが出遅れて本製品を購入しました。
3900Xからの換装後コアが半減しているのも関わらず、ゲームのfpsが底上げされて驚きました。シングルスレッド性能の底上げが非常によく効いているのだと思います。
5000番代では今のところ唯一のTDP65Wと言う事で発熱も非常に大人しく、3900X冷却に使っていたNoctua NH-D15が完全にオーバースペック状態です。
ゲーム目的でしたら上位機種を買うよりもこちらに止めて差額をグラフィックボードの格上げに使った方が効率的だと思います。
無論ゲーム配信やエンコードなどのマルチスレッド能力を要求されるような場合は上位機種が必要になると思いますので使用目的に合わせた判断が必要になりますが。

難点は300ドルが4万円になっている日本での価格ぐらいでしょうか

レベル
自作経験あり

参考になった3人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

たろうです。。さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5

あくまで趣味程度のライトユーザーとしての感想です。
ATXからITXに変更を機に9900kから5600xにしました。
FF14 ベンチとかでも比べてみましたが、僅かに数値が下がるくらいでした。
他にも、正確に比較はしてませんが画像編集とかしてもストレスなく出来ます。

【処理速度】この価格でこの性能、文句無しです。

【安定性】今のところ安定して稼働しております。

【省電力性】TDP65Wでこの性能は驚きです。コンパクトケースでエアフロー悪くても全然問題無いです。

【互換性】特に問題無いと思います。

【総評】少し値は張りますが、省電力でこの性能には充分満足です。ライトユーザーは、これを選んでおけば困ることが無いと思います。
オススメ致します。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

DJPFCおじさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性4

3600からの交換です。
これまでGPU変えればパフォーマンス超アップ!CPUは二の次!って印象で生きてきてたんですが、
今回でひっくり返った印象です。
体感できるほど目に見えて処理速度の向上を感じることができました。
あと発熱がとんでもなく下がりました。
3600計測時とケースもマザボも変わってるのでちゃんとした比較にはならないけどこんな感じ

OCCTでストレス負荷
3600 リテールクーラー
 アイドル60℃下らず
 100%負荷2分で93℃
3600 Cooler Master H212 Turbo
 100%負荷2分で75℃
5600X Cooler Master H212 Turbo
 アイドル32℃
 100%負荷1分で43℃

見直しててどうなってんだマジでになりました。
キャンペーンで5600X非対象とかあるけどそんなものはいらんって人はこれで良き
ホントおすすめです。

比較製品
AMD > Ryzen 5 3600 BOX
レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

雨中犬さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:39人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPUクーラー
0件
4件
CPU
2件
0件
マザーボード
0件
1件
もっと見る
満足度4
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性3
   

ご参考までにCHNEBENTH R15を。2666のメモリでこんな感じです

   

初代Ryzen以来の、久々の投稿になります。快適に使用していましたが、物欲を抑えきれず購入してしまいました。

マザー:MSI B550M GAMING PLUS (ATX)
VGA :Palit 1050Ti 4GB
メモリ:コルセア CMK16GX4M2A2666C16(8G2枚)
電源 :コルセア RM550x
SSD:トランセンド TS1TMTE220S(NVME 1TB)
CPUクーラー:サイズ 虎徹MarkU
CPU,マザーボード,SSD以外は以前の環境からの使い回しです。

【処理速度】
初代Ryzen5 1600からの更新です。OS、ゲーム、ブラウザ等々、起動時間が確実に早くなっているのが体感できます。
【安定性】
使用開始から日が浅いですが、今のところ特に問題は出ていません。今まで使用していたアプリケーションも一通り使用できています。
【省電力性】
厳密に測定する方法を知らないので具体的には何とも言えませんが...
発熱はゲームやベンチ動作中で、虎徹がほんのり暖かくなるくらいです。
初代Ryzen 1600と変わらない印象です。
【互換性】
初代と同じ形状のSocket AM4ですが、サポートできないCPUが出てきたり、対応マザーでもBIOSのアップデートが必要だったりと、初心者には敷居が高くなってしまったのは残念。
【総評】
20年余り、AMD一筋でしたが今回の強気な価格設定には正直怯みました。でも3300Xのような幻のグレードになるかもしれないと考え、思い切って飛びついた次第です。
ネット閲覧、動画鑑賞、ワードにエクセル、たまに少しゲームをする程度では初代Ryzenでも十分でしたがやっぱり新しいPCは良いもんです。気持ちよく外出できないご時世、溜まっていた鬱憤がいくらか晴れました^0^。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ないすどりるさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
1件
グラフィックボード・ビデオカード
0件
1件
もっと見る
満足度4
処理速度5
安定性4
省電力性5
互換性3

【処理速度】
 以前のRyzenの問題点であったCCX間の遅延問題が解消され、マルチ・シングル共に現行CPU世代では早い。

【安定性】
 Ryzen5 3600から換装
 購入から約1週間。現在までのところ、特段問題は発生していない。
 ただ、問題が発生している方もおられるようなので、環境を以下に記載します。

 マザー:GIGABYTE B550I AORUS PRO AX
 BIOS:F11d
 メモリ:G.Skill Sniper X F4-3600C19D-32GSXWB(OC)
 SSD:Crucial SSD 1000GB MX500
 グラボ:GG-GTX1660Ti-E6GB/DF(GeForce 1660ti)

【省電力性】
 Zen3で現在唯一のTDP65W。

【互換性】
 B450マザーの対応が遅いのは頂けません。

【総評】
 やや価格が高めではありますが、一般使用からゲームまで高い水準でカバーできます。
 普通使いならこれで十分すぎます。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ENSHさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性4

Arkさんのオンラインストアで発売日の翌日に購入しました

今まで使っていたのはR5 3600になりますのでそれとの比較で記述していきます

まずは運用可能になるまでの環境についてです
ZEN3対応MBのチップセットはネイティブのみで言うとA520,B550,X570になります。

私はASRock B550Steel LegendをAmazonにて購入しました。

上記3つのチップセットであればZEN3の駆動が可能なのかといえば実はそうではありません。
8月末辺りに各社から出ているBIOSに更新されている必要があります。
店頭で購入する際はアップデート済のものが陳列されていると思います(メーカーによっては対応を意味するシールが貼られていたりします)のでZEN2のCPUを持っていない方は店頭購入が無難かと思われます。
自分でアップデートする際は、USBメモリからの自動FLASH昨日のあるマザーでない限りはZEN2のCPUが必要で、さらに注意があります。
ナンバリング上誤解されがちですがRyzen5 3400G, Ryzen3 3200GのアーキテクチャはZEN+なのでB550では駆動せず、アップデートには利用できません(例外あり)

性能面ではCCXが8コア構成になることにより、この製品においてはInfinity fabricのためにRAMの通信バスに頼ることがなくなり、レスポンスがかなり早くなりました。そしてL2キャッシュの大幅な増量も相まってFHD高フレームレートのeスポーツと呼ばれるようなゲームにおいてのかなりのコスパ的な優位性を感じます。
それ以外での用途CADや動画編集については、3600と比べメリットとなるポイントは少ないと思います。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

青玄白朱さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
9件
マザーボード
0件
1件
もっと見る
満足度4
処理速度5
安定性無評価
省電力性5
互換性4

Cinebench Release 20 result

ドラゴンクエストXベンチマーク 軽めのゲーム

FF14ベンチマーク  フルハイビジョン ウィンドウモード 最高画質

   

FF XVベンチマーク フルハイビジョン ウィンドウモード

   

【処理速度】
必要としたパワーを越えて期待以上の性能。
10年前に購入したSATAのSSDからNVMeのSSDに変えた事もあってか、パソコンの起動時間も体感できるほどに短縮された。
CPUの性能が大幅にアップしたので、現状遊べるゲームで処理が追い付かなくてプレイ困難になるという困った事態は回避できそう。
複数のベンチマークを試したが、いずれも結果も良好。
組み立て直後の調整時に感じたが、AMDのCPUはメインメモリの動作速度に顕著に影響されるので動作確認が取れていて、そこそこ速いメモリを使うとPC全体の能力を向上させると推測。
(※メインメモリを取り付けたらUEFIで最適な設定するのを忘れないようにしましょう、しましょう 大事な事なので以下略)

【安定性】
使用を開始して一ケ月もたってないので、長期の安定性については評価できません。
組み上げた直後はCPUに関係しないトラブルや、プチフリっぽい現象もありましたが現在は解消しています。
快適に動作しております。

【省電力性】
消費電力が抑えられており発熱も低い。
軽めのゲームではケースファンもCPUファンも回転数を落として動作でき静かなものです。
ベンチマークを動かして負荷をかけても温度上昇は予想したよりも低かった。
これなら長時間のゲームプレイでも問題なさそう。

【互換性】
Ryzen5000シリーズ(Zen3)に正式対応しているチップセットはX570、B550、A520の500シリーズだけ。
ソケットはAM4でB450マザーボードと同じ。ひとつ前の世代で現在も人気のあるB450マザーにもZEN3のCPUに対応させるBIOSが提供される予定があるようです。
これからマザーボードも買うなら、X570かB550を搭載したマザーが良いでしょう。
私はB550マザーでしたが事前にBIOSのアップデートが必要との事でした。
幸い購入したマザーはCPUを取り付けないでもBIOSアップデートができる『BIOS FlashBack』機能があり、これで対応BIOSを準備でき助かりました。とはいえ大変心臓に悪い作業です。
基本的に新しいCPU買う時は、その能力を発揮できるマザーボードも同時に買うタイプなので互換性の重要度があまりピンときてない人物の評価です。
AMDも次のCPUあたりでソケット変わるようだとの情報もみましたが、そんなもんだと思ってます。

【総評】
性能は必要十分以上、期待以上。
惜しむらくは定価ベースで価格が上昇しており、コストパフォーマンスが低下。
価格に納得できるならZen2比較 +19%の処理能力で応えてくれるいいCPUです。
ただRyzen 9 5950Xや5900X程ではないにしても2020年11月中旬現在も品薄。
売り手も買い手もがんばって!

(2020年11月19日追加分)
ベンチマークのリザルトのスクリーンショットを4枚追加。
安定性は長期使用していないので”無評価”に変更。
本文の調整、本文に追加記載。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった7人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

カヘルノさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性無評価
省電力性5
互換性4
 

メモリのクロックを3600まで上げた場合

 

【構成】
CPU:Ryzen7 2700X → Ryzen5 5600X
M/B:ASUS PRIME X470 → GIGABYTE B550 VISION-D
メモリ:DDR4 2133 8GB ×4 (32GB)
GPU : GIGABYTE GeForce RTX 3070 VISION OC 8G
電源:CORSAIR RM750x

【処理速度】
Ryzen7 2700xからの変更で、8コアから6コアに下がりましたが主な使用用途がゲームのため処理能力、ベンチマーク結果ともに大幅性能UPで大満足です。シングルスレッド性能が高いのとGPUの性能をちゃんと引き出せているからでしょうかね。

(参考)
FF14 漆黒のヴィランズ ベンチマーク 2560x1440 最高品質 フルスクリーンモード
スコア:11268(2700X)→18889(5600X)
【安定性】
安定性に関しては期間が短いため現時点では無評価で。現状は安定して動作しています。
【省電力性】
TDPは105W→65Wになり、発熱も抑えられていて良いのではないでしょうか。
【互換性】
今後B450/X470の対応予定もあるため互換性はいいと思います。
【総評】
ゲーミング性能が高いとのレビューを見て購入を決意したのですが、まさにその通りでした。ワットパフォーマンスも上がったので個人的には大満足です!

追記:メモリのクロックを3600まで上げたところ、FF14ベンチ 2560x1440 最高品質 フルスクリーンモードでスコア2万を超えました。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった14人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Zyzzさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5

【構成】
CPU:corei5 6600K → Ryzen5 5600X
M/B:ASROCK Fatality Z170 → MSI B550 A Pro
メモリ:DDR4 2666Mhz 8GBx2
GPU : Palit GeForce GTX 1080Ti 11GB GameRock Premium
電源:THERMALTAKE TOUGHPOWER GRAND RGB -850W

マザーの接触不良が頻発してきたためCPUと共に交換。
ベンチーマークを回すまでもない。体感で全然違う。
5年の歳月でCPUも進化していると思ったが予想を遥かに超えていた。
長年のボトルネックから解放されたGTX1080Tiがゲーム中常に100%で暴れているため、こちらの発熱の方がやばい。すぐにダクトホースを装着し暖房器具化した。
ゲームのパフォーマンスは正味5倍以上アップ。
(FHDミドルロー設定60FPS→FHDウルトラ設定250FPS)
VRもきびきび動くし、クラッシュで落ちることも無くなった。
正直「ゲームはGPUっしょ」と思っていた自分が恥ずかしい。
BigNavi購入も考えていたが、今のところ不自由が全くない。どうしよう。

マザーがBIOS未更新で最初立ち上がらなかったが、FlashBIOSボタンで難なく更新、起動できた。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

^ツッチー^さん

  • レビュー投稿数:66件
  • 累計支持数:182人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
27件
SSD
7件
0件
デジタルカメラ
1件
3件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性4

Ryzen5 2600Xからの買い替えです。
同じ、6コア12スレッドCPUの比較を行いました。

【構成】
CPU:Ryzen5 2600X → Ryzen5 5600X
M/B:X470 GAMING PRO → B550 TOMAHAWK
メモリ:Team DDR4 3000Mhz
GPU : GeForce GTX1070 8GB Super JetStream
電源:Toughpower Grand RGB 650W Gold
ストレージ:860 EVO MZ-76E1T0B/IT

【処理速度】
文句なしです。
TDPが65Wと、2600Xの95Wから低電力化が進みながらベンチマークでは大幅な性能アップが確認されました。シングルスレッドの性能も大きく向上しているためゲームでも期待できます。

【安定性】
現在は最新のAGESA ComboAm4v2PI 1.1.0.0で運用しています。問題なく安定動作しています。

【省電力性】
2600Xと消費電力の比較をとっていないので数値上はわかりませんが、今までより発熱が少ない気がします。

【互換性】
400シリーズにもBIOSアップデートが配布されるみたいなので互換性は高い方かと。

【総評】
もともと5000シリーズが出たら購入しようと思っていましたが、本製品はシングルスレッド性能も高く2世代の差に驚きました。PCでゲームをすることも多いため、非常に満足度は高いです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった8人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

veg3さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性4

新製品に我慢できなくて3700xから乗り換えです。

【構成】
[CPU]:AMD Ryzen5 5600X
[M/B]:ASUS ROG STRIX B550-F GAMING
[メモリ]:Ballistix Sport LT W4U3200BMS-16G x2
[CPUクーラー]:Thermalright SilverArrow130
[グラボ]:RTX2060 SUPER
[電源]:Thermaltake TOUGHPOWER GRAND RGB -850W

【処理速度】
スコア的には3700xと比べてシングル20%アップ、マルチ10%ダウンといった感じでほぼ同じマルチ性能ながらもシングルが劇的に伸びました。3700xに性能不足は感じていませんでしたが5600xだとブラウザのレスポンスもよくなりました。FF14漆黒ベンチではスコア16993→20403 平均fpsも16fps上昇、ゲーム性能の向上が素晴らしいです。

【安定性】
β版BIOSのAGESA V2 PI 1.1.0.0 Patch Cで使用中ですが今の所問題なく動作しています。

【省電力性】
室温23℃ アイドル時33℃、動画や配信視聴では37℃程度
全コアをしっかり使ってくれるMHWでも55℃くらいで低発熱です。

【互換性】
B450/X470の対応は来年らしいので現状B550/X570/A520のみですが2世代分使えるようになる予定なので割といいんじゃないでしょうか。

【総評】
8コアから6コアへの換装でしたが主にゲーム目的でしか使っていなかったのでむしろ使い勝手は良くなったかと。未だにゲームではシングルスレッド性能が重要なものが多いのでゲームメインの人には5600xがかなりおすすめできると思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スウィング@価格さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:23人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性5
互換性5
   

   

【構成】
CPU Ryzen 5 5600X
CPUクーラー Wraith Stealth(リテール)
M/B GIGABYTE B550I AORUS PRO AX
メモリ Crucial PC4-28800 (DDR4-3600) Ballistix 8GB×2=16GB
グラボ GeForce GTX 1080
ケース Thermaltake Core V21

【処理速度】
Intel Core i7-7700 から移行する新しいPC向けに購入したのですが、おおよそ2倍程度の性能というところでしょう。この価格からすると十分すぎる性能ではないでしょうか。CINEBENCH R20でもまずまずの結果となっています。

【安定性】
まだ使用期間も短いのではっきりと言えませんが、稼働してこの数日は安定して動作しています。

【省電力性】
TDP 65W というのもうれしい製品、リテールのCPUクーラーとあわせて使用していますが、通常ではCPU温度も40℃前後で安定しています。ケースファンフロント20cm+リア14cm のみの空冷でこれならまずまずかと。

【互換性】
B450チップセットのマザボも視野に入れるとすると互換性も十分かと。このCPU向けにマザボも購入しましたが、うれしいことに多くの製品から悩んで悩んで選ぶことができました。

【総評】
発売直後に上位モデルから続々と売れ切れていましたが、自分のようなライトなゲーマーくらいなら5600Xでも十分に満足できるパフォーマンスが手に入れることができます。しかもCPUクーラー付属でお財布にも優しい。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

トキふれんずさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:60人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
2件
3件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
4件
CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5

   

   

Ryzen5 3600からの買い替えです。

マザボがMSI X570-GAMING-EDGE-WIFIなので正式にZEN3対応のBIOSが更新されていました
価格的に3600より1.5万円位高いですがシングルスレッドで600を超えて
OCなしでFF14ベンチでも20%以上の効果。

同じくらいの価格で3700が有りますが価格が落ちる予想が無いのでシングル性能が高いゲーミングでは5600Xの方が上回ります。

マルチスレッドでもi7-10700と殆ど変わりませんのでターゲットはi7に近いと思います。
更に発熱問題が有りましたが電源効率が上がりOC耐性も有りそうです。
ZEN2は3+3の6コアでしたがZEN3からは純粋な6コアなので全く違う石を利用してるのが物凄く分かります。

注意事項ですがZEN3からはAMDの電源プランが無くなり統合されるのでWIN10のバランスモードを推奨してるので気をつけてください。

グラボはRTX-2060 メモリ3200Mhzの16GBです OCなし電源プランはバランス。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった32

このレビューは参考になりましたか?参考になった

masterkskさん

  • レビュー投稿数:93件
  • 累計支持数:895人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

CPU
20件
1件
マザーボード
19件
0件
CPUクーラー
17件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度4
安定性5
省電力性5
互換性3
 

CINEBENCH R15 OC4.6GHz

CINEBENCH R20 OC4.6GHz

 

今回も、発売日に最低ランクのCPUを購入しOCを試してみた。

【構成】
M/B TUF GAMING B550-PLUS
グラボ ROG STRIX-GTX1060
メモリ  F4-3200C14D-16GTZR(3400MHzCL14-14-14-34)
CPU Ryzen 5 5600X
クーラー Wraith Prism RGB
SSD Intel SSD600p
ケース Core G3 CA-1G6-00T1WN-00

【処理速度】
噂通りのシングル性能を見せている、全コアブーストクロックである4.6MHzまでOCが可能だったので、OC運用でも全く問題ないと言える。

【安定性】
現在最新のBIOSはベータ版なので如何なものかと思ったが、今のところ不安定になることは無い。

【省電力性】
ローンチZEN3では最も省エネなCPUとなる。全コアOCで、Wraith Prism でもベンチ時86℃で安定する。また、更なる省エネの為に、電圧の減圧を試してみるのも良いかもしれない。

【互換性】
現状は500系チップセットのみの対応で互換性はいまいちだが、公式が400系でもBIOSを出すことを言及しているので、今後の互換性向上が期待される。

【OC】
最初から、全コアOCを想定していたので、全コアをブースト周波数4.6GHzまで上げられた段階で最低限常用レベルを満たすことが出来た。しかし、4.7GHz化には問題があり、電圧1.4V時は明らかに排熱処理が間に合っていないことが判った。もう少し性能が高い空冷や水冷化が出来れば、CPU的には4.7GHzぐらいは回せそうな感じだった。

〇常用設定
電圧 1.3125V(1.3Vでは冷却不足でCB20が回らないことがあった。)
倍率 46

【総評】
前評判通り非常に優秀なCPUであり、ZENの本命と言われていたZEN2が霞んでしまうぐらいだ。特にシングル性能の向上が著しく、ゲーミングでも相当優秀なCPUになったと思われる。また、本CPUはTDP65Wで比較的OCもしやすく、全コアOCにより約1割程度性能が上がるので、全コアOC運用も十分有用であると考える。

【考察】
いままでは、シングルスコアの性能向上が偏差であった為、何となくコア数でCPUの性能を語っていたが、本CPUの登場で旧8コアが現6コアで賄えることになり、その指標が失われることになった。それぐらい今回のシングル性能向上のインパクトは大きいものであると思う。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった131

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 5 5600X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Ryzen 5 5600X BOX
AMD

Ryzen 5 5600X BOX

最安価格(税込):¥39,380発売日:2020年11月 6日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 5 5600X BOXをお気に入り製品に追加する <589

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意