Ryzen 7 5800X BOX レビュー・評価

Ryzen 7 5800X BOX 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥65,360

(前週比:+6,532円↑) 価格推移グラフ

価格帯:¥65,360¥65,360 (1店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥― (全国66店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 7 5800X クロック周波数:3.8GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:4MB Ryzen 7 5800X BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen 7 5800X BOXの価格比較
  • Ryzen 7 5800X BOXの店頭購入
  • Ryzen 7 5800X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 7 5800X BOXのレビュー
  • Ryzen 7 5800X BOXのクチコミ
  • Ryzen 7 5800X BOXの画像・動画
  • Ryzen 7 5800X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 7 5800X BOXのオークション

Ryzen 7 5800X BOXAMD

最安価格(税込):¥65,360 (前週比:+6,532円↑) 発売日:2020年11月 6日

  • Ryzen 7 5800X BOXの価格比較
  • Ryzen 7 5800X BOXの店頭購入
  • Ryzen 7 5800X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 7 5800X BOXのレビュー
  • Ryzen 7 5800X BOXのクチコミ
  • Ryzen 7 5800X BOXの画像・動画
  • Ryzen 7 5800X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 7 5800X BOXのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen 7 5800X BOX

Ryzen 7 5800X BOX のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.83
(カテゴリ平均:4.67
レビュー投稿数:10人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
処理速度 処理速度は速いか 5.00 4.52 2位
安定性 安定して動作するか 5.00 4.72 2位
省電力性 発熱は少ないか、バッテリを消耗しないか 4.24 4.27 25位
互換性 対応マザーボードは豊富か 4.55 4.36 18位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 7 5800X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性4

【処理速度】
APEX, PUBG, 新作CoDなど楽しんでいますが、FHDとはいえ安定して144fps出ています。
【安定性】
特にクラッシュ等は経験していません。
【省電力性】
noctuaのNH-U12Aを取り付けて動かしていますが発熱が多くクロックダウンするといった印象はありません。とはいえ少し電気代が上がった気もしますね。
【互換性】
500番台のマザーを買わなければならなかったので現時点としては何とも。年が明けて400番台で対応BIOSが出ればここは問題ないでしょう。
【総評】
事務作業、ゲーム、生物系のデータ処理ソフトなど色々動かしていますがとにかく快適です。Zen2と比べると値段は張りますがそれなりの性能と言えるのではないでしょうか。

レベル
初めて自作
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ふにゃふにゃマンさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性無評価

中国AliExpressで購入しました。
価格は¥ 54,184+送料DHLにて¥ 5,341=¥59,525
発送から約8日間で到着。 配達時に消費税取られると思いきや、全く無かった??
発送方法を間違っても「AliExpress Standard Shipping」を選ばない様に。
到着まで1ヵ月位かかりますよ。 以前別のパーツ購入して到着まで40日かかった。
何故かこの方法だとシンガポール経由でトロトロ日本へ来ます。 中国出てから時間がかる。
構成は、
CPU : これ
マザー:GIGABYTE X570 AORUS MASTER [Rev.1.2]
メモリー:G.Skill F4-3600C18D-32GTZN (AMD Ryzenに特化した Trident Z Neoシリーズです)
SSD: (OS) GIGABYTE AORUS GP-ASM2NE6100TTTD (5000MB/s)
SSD: (その他) サムスン 870 QVO MZ-77Q1T0B/IT x3台 RAID 0構成
GPU: Sapphire NITRO+ AMD Radeon RX 6800 Gaming 海外より購入済 到着待ち

現在 RX6800 GPUの到着を待ったいるが、手持ちの RX 5700XTで試したが素晴らしい!
Nvidia GPU (RTX 2060 Super) も予備に持ってますが、Nvidia GPU を入れると後でAMD GPUを入れた場合 ドライバーを入れる時ややっこしくなるので。。。 

AMD+NvidiaのGPUをそれぞれ1個づつ(異なる 2 GPU構成)入れる事が可能だが、その場合は AMDのドライバーを先にインストールしないと後が面倒です。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

カメ之カメ助さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
56件
デジタルカメラ
1件
20件
レンズ
0件
9件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5

CINEBENCH R15

CINEBENCH R20

CINEBENCH R23

Ryzen 5 2600Xからの載せ替えました、シングル1.5倍、マルチ2倍です。

CPU:AMD Ryzen 7 5800X
CPUクーラー:サイズ 阿修羅 SCASR-1000(4年程物置に有った物)
グリス:買い忘れてパワトラ用SCH-30
M/B:Gigabyte X470 AORUS ULTRA GAMING
Memory:Team DDR4 3000Mhz(PC4-24000) 16GBx2枚,8GBx2枚
SSD:WD Blue SN550 NVMe WDS100T2B0C
SSD:他4台
HDD:5台
インターフェイスカード:SATA3-PCIE-I2
GPU:MSI GTX 1070 ARMOR 8G OC
OS:Windows 10 Pro 64Bit Version 20H2
電源:V850 Gold MPY-8501-AFAAGV-JP

X470のBIOSが出たので挑戦してみました安定してます。
Ryzen 5 2600Xには虎徹MK2を付けてたのですがこれには役不足なので阿修羅(サーマル面バフ掛け鏡面)に
室温27℃でHWMonitorの値でアイドル時は34℃
CINEBENCH R23で84〜86℃
CINEBENCH R20で84℃
CINEBENCH R15で82℃
OCCT Powerで82〜83℃
Cities Skylinesで60〜75℃
RimWorldで55℃前後
skyrimで60〜65℃
CPUだけ変えても別PCとして認識するソフトが多いのでアクティベーションし直しが大変でしたが全て正常に動きました。
ゲームとかなら冷却はこのままでも良いかも

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぱお078さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5

グラフィックボードをRTX3080に変更したのですが以前使用していたi5 9600Kでは
CPUがボトルネックになって性能が出し切れないためこちらのCPUに変更しました。

主な用途はゲームですがFPSが以前よりも高くなっているのがわかります。
UWQHDのモニターを使用していますがPUBG APEX VALORANTなどの
タイトルで安定的に144FPS以上をキープできているので快適です

発熱は若干高いように思います。以前に比べて部屋が暖かくなるのが早くなっている気がします。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

羚桜くんパパさん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:57人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
3件
5件
CPU
4件
2件
CPUクーラー
3件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性3
互換性5

Ryzen 7 3800Xからの載せ替えました。
動作環境は次の通りです。
CPU:AMD Ryzen 7 5800X
M/B:Biostar X570GT8
Memory:Corsair Vengeance LPX CMK16GX4M2Z3600C18(XMP-3600)
SSD:Samsung 950 Pro、Crucial CT1024MXSSD、CT480BX200SSD
HDD:Seagate ST2000LX001
GPU:NVIDIA GeForce RTX 3080
OS:Windows10 Home 64Bit Version 20H2
CPUクーラー:Corsair H100i RGB PLATINUM
電源:ENAERMAX 1000W電源(型番失念しました…)

マザーボードBIOSは予め3800X搭載時にRyzen 5000シリーズ対応のバージョンに更新しておきましたので、ポン付けで動きました。CINEBENCH R23を10分実行するとオールコアブースト4.5GHzでCPU温度は79℃ほどまで上昇。コア電圧は1.3125V程です。
巷で言われているように発熱は結構するようです。

【処理速度】
同じ8コア16スレッドの3800Xから5800Xに変えましたが、ベンチマークのスコアは定評通り上昇し、特にシングルスレッドでのスコア上昇は嬉しいかも。CINEBENCH R23でのスコアはマルチが14474ptsで、シングルは1575です。
3DMARKのスコアですが、Fire StrikeのPhysics Scoreで30125。総合スコアで33459。
Time Spyは総合スコア15769でCPUスコアが11301です。
やはりIPCがZen2よりも向上しているので、処理速度は速く、競合他社と比べてもゲーミングPC用のCPUとして優れた性能を持っていると言えるでしょう。

【安定性】
マイナーなマザーボードであるBIOSTAR X570GT8です。ほとんどの人は使っていないかも…。
そんなマザーボードですが、5800XとXMP-3600でInfinity Fabricクロックは1800MHzで安定動作しています。メモリタイミングは詰めていません(XMPプロファイルのまま)。
ガンガン高負荷掛けても問題なし。安定して動いています。

【省電力性】
発熱は高い方で、8コアフルブーストで4.5GHz動作しますが、高負荷をかけると79℃〜85℃までいきます。ハイエンド空冷か簡易水冷が推奨です。3800X付属のクーラーでは冷えないかもしれませんね。試すのは怖いのでやっていませんが(苦笑)。

【互換性】
X570、B550マザーボードでしたら、BIOSさえサポートしておれば動作すると思います。400シリーズのBIOSもサポートしているものが出始めているとか…。互換性は高いと思います。お使いのマザーボードのBIOSが5000シリーズをサポートさえしておれば動作すると思います。

【総評】
できれば、5900Xか5950Xが入手できればなお良かったのですが、主な用途はゲームとオフィスアプリなので、8コア16スレッドで十分かと思います(その下の5600Xもオススメです)。グラフィックボードも奮発してRTX 3080を組みましたが、ベストだと思いました(6800XTもほしいところでしたが、待てずにこちらを選んでしまった…)。
発熱が気にはなりますが、満足しております。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった1人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

アジルバさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
2件
0件
PCスピーカー
1件
0件
CPU
1件
0件
もっと見る
満足度4
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5

【処理速度】
ZEN2から確実に進歩していると思います。
CINEBENCH R23のシングルで、R9 3950Xと並走させると、2列くらい差をつけて完了します。
まだ、使い込んでいませんが、「あら、こんなに差があるんだ!」と感心しました。
【安定性】
R5 3600XTからポン付け交換ですが、不安定な挙動ありません。
OCも行っていません。XMP有効にしているぐらいで基本常用ですので。
【省電力性】
ケースは、長尾製作所のオープンフレームです。
CPUクーラーは、虎徹mark2のまま使い始めした。
室温20℃ぐらいで、アイドル時は、42〜45℃台で動いてくれています。
MHW:IBを遊ぶと、65℃前後まで上昇しますが、ゲームで遊ぶくらいなら虎徹mark2でもいけるのかと思います。

ただし、Time Spyを動かすと、81℃。
CINEBENCH R23やOCCT Powerを実行すると90℃に達しブースト頭打ちになりますのでベンチでは性能出し切れていないかと。

【互換性】
AM4頑張ってくれました。次期プラットフォームも長生きでお願いしたい。
【総評】
ホントは、R9 5900X狙いでしたが、購入できず。とりあえずR7 5800Xを購入しましたが、性能向上には満足しています。ゲームで遊ぶならこれで十分かもしれません。
マイナス要素は、流通量不足と付属クーラーなしでの値上げ(付属クーラーなしで価格据え置きしてくれれば)。
TDP65WのZEN3ベースのAPUも出れば面白そうですね。

その他構成
MB=MAG B550M MORTAR WIFI
GPU=RX 5700 XT EVOKE OC ←サーマルパッド張り替えないと使えないダメなロット
MEM=GSK F4-3600C19D-32GSXWB

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった6人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

pttxさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
2件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
2件
0件
CPUクーラー
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性4

【処理速度】
早い。とにかく早い。
L3キャッシュが16MBX2だったのが32MBX1になり、19%の性能向上は大きいですね。
シングルで旧世代Ryzenで出ていた処理遅延は8コアまで解消されたので、その恩恵を一番受けられるこの子を買いました。

【安定性】
旧世代と比べてAdobeでもクラッシュしにくくなってますね。最適化が進んだんでしょうか。
新しく出たDavinchResolve17ではより安定しています。
【省電力性】
設定次第ですね。
電源オプションをRyzen Balanced にすると、WindowsのUltimate performanceより最適化が行われるようです。
【互換性】
500番台で動きます。某I社と違って多分400番台とかでも動くと思います。BIOSアプデは自己責任で。
【総評】
シングルの性能向上が素晴らしい。
ゲームでもIntelに勝てるようになったとは...RX6000シリーズ、PS5,XBSXにも期待ですね。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Glorious2020さん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:313人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

CPU
8件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
3件
0件
PCケース
2件
0件
もっと見る
満足度4
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5

CPUメーカー「AMD」、この会社の製品に対する自作erのイメージは
〇Intel互換製品を安く出してくれる会社
〇基本、Intelの下位互換
〇Ryzenで頑張ってるけど、ゲームはIntel
〇マルチ性能といっても、動画書き出しはハードウェアエンコードだし……
〇ま、安くて性能いいし、最近はAMD頑張ってるよね!
こんなところだろう。

この製品は、そうしたAMDのイメージを払拭するために開発されたのではないかと思うほどに、様々なところで挑戦が見られる。これからは「Intelは、AMDの下位互換製品を出す会社」になるかもしれない。

【良い点:ゲーミング性能爆上げ】
Apex Legends等で比較すると、Intel Corei9 10900Kとほぼ同等のfpsを叩き出す。ちなみに10900Kは10コアで価格は6万2千円ほど、5800Xは8コアで5万9千円ほどだ。これまでゲーミング性能ではIntelに及ばないとされていたRyzenだが、Zen3でついにIntelを超えた。

【良い点:空冷で充分】
消費電力も発熱量も思ったほどではない。さすがに安物の空冷では難しいが、ベンチマークを回しても、虎徹mUで70度程度であるため、空冷で十分と言える。

【ダメな点:大幅な値上げ】
Zen2と比べると、各グレードで数千円の値上げをし、さらには付属クーラーまで無くしてしまった。一方、同じ8コアの「Core i7 10700 BOX」は4万円を切る値段で、しかもクーラー付属。AMDは「Intel廉価版」というイメージを打ち消そうとしているとしか思えない。

【ダメな点:BIOS設定次第では、i9 10900K以上の爆熱にもなる】
空冷で充分と書いたが、構造的には熱密度が高いため、ブーストクロック調整が自動的に機能する。オーバークロックで使用したら、簡易水冷でも冷やしきれないかもしれない。定格運用をお勧めする。

【まとめ:これからは俺たちの時代だ!】
AMDはこう言いたいのだろう。「CPU業界のスタンダードはAMDだ。IntelはAMDの互換製品を作っているだけに過ぎない。俺たちが主役だ!」と……
たしかに、そう思わせるほどの性能である。この価格も、その決意の表れなのだろう。ただ、もう少しだけ値下げしてほしいかな(|д゚)チラ

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

HIGH-Fiveさん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:193人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

CPU
4件
17件
グラフィックボード・ビデオカード
6件
14件
ノートパソコン
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性無評価
省電力性5
互換性4

PCパーツ構成

CINEBENCH R15

CINEBENCH R20

低解像度時に大きく差が開いたFF14 (5800X)

FF15は大体マルチスレッド性能分スコア差が開いた

おまけ Ryzen 7 5800X + ASUS STRIX X570-F GAMING

Core i9-9820Xからの換装です。1CCD構成である本製品の魅力に惹かれて乗り換えに至りました。
前環境と少しだけ比較しながらレビューします。

PC構成については画像@をご覧ください。定格のみの比較となり、両環境ともメモリ以外の設定は工場出荷状態となっています。


【処理速度】
使用していて先ず感じたことは、以前のCPUよりキビキビ動作している印象を受けました。前環境より単コア当たりの性能が飛躍的に上昇していて恩恵を受けているのかなと感じます。
以下、ベンチマーク比較となります。

■CINEBENCH R15■ マルチ/シングル
Ryzen 7 5800X : 2,444cb / 258cb
Core i9-9820X : 2,142cb / 172cb

■CINEBENCH R20■
R7 5800X : 5,826cb / 617cb
i9-9820X : 5,090cb / 411cb

■FF15 軽量品質1280×720■
R7 5800X : 22,392
i9-9820X : 18,253

■FF14 漆黒の反逆者 標準画質デスク 1024×768■
R7 5800X : 36,093
i9-9820X : 21,030

CINEBENCH R20・R15ですと1スレッド性能が1.5倍ぐらいに跳ね上がっていて、マルチスレッドだと1.2倍ぐらいとなります。また低解像度のCPUボトルネック比較のスコアの場合 FF14が顕著にスコア差が広がっています。


【省電力性】【発熱】
省電力性については申し分ありませんが、1CCD故のデメリットが発熱に大きくのしかかってきた印象です。

■アイドル時■
Ryzen 7 5800X : 80.2W
Core i9-9820X : 106W

■OCCT CPU負荷■
Ryzen 7 5800X : 206W
Core i9-9820X : 256W

■OCCT CPU負荷時の温度■
Ryzen 7 5800X : 75-78℃
Core i9-9820X : 47-56℃

1CCD構成で熱密度が上がってしまい温度が高めになっている印象で、それでもCPUに高負荷をかけても80℃行かないぐらいです。動作クロックは大きく違いますが9820Xと比較するのであればそちらに軍配があがります。


【互換性】
例えばMSIですとX470、B450チップセット搭載M/B向けにZen 3対応BIOSを2021年1月に配信するとのことで大体B550、X570が組み合わせの主流になると感じます。Intel CPUより互換性は良いですがX570チップセット等でもBIOSアップデートしないとZen 3に対応できなかったり、ということなので★4としました。

簡単に思いつくこととして、
・ASUS BIOS Flashback機能を使用する
・TSUKUMOさんの店頭サポート、BIOSアップデートサービスを使う
・店頭でZen 3対応BIOSにアップデートされているM/Bを購入する
などがあげられるかと思います。


【総評】
AMD Ryzenは初めて使いましたが好印象です。予想していたよりも高速に動作しますし、ゲームにおいても殆どの場合Intel CPUを圧倒しているようです。

今回は時間があまりなく、定格のみの比較でしたがPBOを利用した場合のベンチマークや低電圧化など、時間が取れれば再レビューいたします。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

zaku_meatさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:106人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
2件
6件
CPU
2件
3件
動画編集ソフト
1件
3件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5

OptimizedDefault

PPT140TDC105EDC140

CinebenchCPUZbenchdefault

 

CinebenchCPUZbenchPPT140TDC105EDC140

3800XとHashrate比較

 

CPU:AMD Ryzen 7 5800X
CPUクーラー:Noctua NH-U12A
マザーボード:Asus ROG STRIX X570-F GAMING BIOS2812
メモリ:センチュリーマイクロ CE16GX2-D4U3200XMP36 DOCP3600MHz
SSD:WD Black SN750 NVMe WDS100T3X0C
電源:Seasonic SS-660XP2S

巷では爆熱説のある5800Xですがそんなことはありません。OCCT7.0.4のデータセット小AVX2の負荷テスト10分後でX570-FのOptimized Defaultで82℃、PBOオンのPPT140TDC105EDC140設定で84℃位です。
お約束のCinebench20とCPU-ZBenchはOptimized DefaultとPPT140TDC105EDC140設定の間に明確な差はありませんでした。

画像5枚目は計算問題(XMRのマイニング)をさせてみたときの発熱・周波数・電圧の傾向をみたものです。Hwinfo6.34では5800Xは消費電力が何故かみえません。
CPUクーラー・マザーボード・電源等ハードウェア条件が同じなら温度が同じ時消費電力もほぼ同じであろうと考え、全く同条件の3800Xの様子を参考にしました。
周波数はWindows電源プランのプロセッサの電源管理の最大のプロセッサの状態を変化させることにより行いました。
上の段は参考の3800Xのもので下段のグラフは3800Xの横軸周波数縦軸ワットあたりハッシュレートです。
全体的に5800Xは指示したオフセット分Vcoreが下がってくれずオフセットマイナスの効きが悪い感じです。仕事量次第の発熱量です。。
3800Xから変わったのが、3800Xではオフセットマイナス0.09V位までは周波数と実効周波数が乖離することはなかったのが5800Xではオフセットマイナス0.0625Vで周波数と実効周波数が乖離がみられます。電圧オフセットを弄って低発熱化は現状ではうまくいかなさそうです。
少なくともCPUマイニングは3800Xに対して優位性はなさそうです。


また新たな発見があったら追記します。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった24人(再レビュー後:24人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 7 5800X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Ryzen 7 5800X BOX
AMD

Ryzen 7 5800X BOX

最安価格(税込):¥65,360発売日:2020年11月 6日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 7 5800X BOXをお気に入り製品に追加する <419

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意