PRIME A520M-A レビュー・評価

2020年 8月22日 発売

PRIME A520M-A

「AMD A520」を搭載したMicro ATXマザーボード

PRIME A520M-A 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥9,654

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥9,655

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥9,654¥11,780 (20店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥9,980 〜 ¥9,980 (全国26店舗)最寄りのショップ一覧

フォームファクタ:MicroATX CPUソケット:SocketAM4 チップセット:AMD/A520 メモリタイプ:DDR4 PRIME A520M-Aのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • PRIME A520M-Aの価格比較
  • PRIME A520M-Aの店頭購入
  • PRIME A520M-Aのスペック・仕様
  • PRIME A520M-Aのレビュー
  • PRIME A520M-Aのクチコミ
  • PRIME A520M-Aの画像・動画
  • PRIME A520M-Aのピックアップリスト
  • PRIME A520M-Aのオークション

PRIME A520M-AASUS

最安価格(税込):¥9,654 (前週比:±0 ) 発売日:2020年 8月22日

  • PRIME A520M-Aの価格比較
  • PRIME A520M-Aの店頭購入
  • PRIME A520M-Aのスペック・仕様
  • PRIME A520M-Aのレビュー
  • PRIME A520M-Aのクチコミ
  • PRIME A520M-Aの画像・動画
  • PRIME A520M-Aのピックアップリスト
  • PRIME A520M-Aのオークション

PRIME A520M-A のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.00
(カテゴリ平均:4.40
レビュー投稿数:1人 
  1. 5 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
安定性 安定して動作するか 5.00 4.51 -位
互換性 パーツとの相性など 3.00 4.41 -位
拡張性 拡張性スロットやポートは十分か 3.00 4.11 -位
機能性 付加機能は十分か 5.00 4.24 -位
設定項目 設定項目は豊富か 5.00 4.20 -位
付属ソフト 付属ソフトの質と量は適切か 無評価 3.77 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

PRIME A520M-Aのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:177件
  • 累計支持数:958人
  • ファン数:13人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
28件
663件
デジタル一眼カメラ
12件
316件
レンズ
9件
184件
もっと見る
満足度4
安定性5
互換性3
拡張性3
機能性5
設定項目5
付属ソフト無評価

【安定性】
今のところは問題ないようです。定格同左においては問題なし。

【互換性】
現状、マティス、ルノワールの「Zen2」のみです。
・Matisse(Ryzen3000番台CPU)
・Renoir(Ryzen 4000番台APU

※今後登場予定の第4世代Ryzen「Zen3」もBIOSアップデートで対応できるようです。

Zen+(Pinnacle Ridge 、Picasso)、Zen(Summit Ridge 、Raven Ridge)、Bristol RidgeのCPU/APUは使えません。
つまり、Ryzen5 3400G、Ryzen 3200Gも使えません。

つまり、2020年9月上旬時点において、本製品で使える最も安価なCPUは「Ryzen3 3100」と言う事になります。
Athlon(Zen)やAthlonX4やA12(Bristol Ridge)といった安価なエントリーAPUは使えません。
AMD側がエントリーCPUをZenベースのまま7nm化?してAthlonSilver/Gold 4xxx?とか出すのでしょうか?

【拡張性】
MicroATXとしては普通ですね。家庭用においてGPUのほかに、何か拡張カードを刺す事があるかどうか?

【機能性】
A520は CPU側、チップセット側ともPCI-Ee Rev3.0接続です。
B550はCPU側 Rev4.0、チップセット側 Rev3.0
X570はCPU側 Rev4.0、チップセット側 Rev4.0

現状、Rev4.0接続のCPUやNvme M.2 SSDを必要としないなら、A520で十分とも言えるでしょう。
でも、それなら枯れた上にソコソコ値頃感のあるB450製品の方が良いのでは?
Zen3への装喚前提でも、B450/X470は対象となっていますし。
BristolRidge〜Zen3まで使えるB450はコスパ的にもバランスの良さでも優れています。

【設定項目】
ASUSの最近のBIOS(UEFI)です。同社の最近のM/Bを使っている方なら問題ないでしょう。

【付属ソフト】
例によって要らないツールが一杯付いてきますが、実際にはOSセットアップ後に充てる必要がある(少なくとも現行VerのWin10の場合)一部ドライバ以外は使わない人も多いのでは?

【総評】
今から新規でエントリーPCを組むなら、安価なA520も選択肢となりますが、<Ryzen3000 Ready>表記のB450製品のほうが値段的にも、パーツの選択肢においても良いかもしれません。
どうせ第5世代Ryzen「Zen4」はソケットが「AM5」になる事が決まってるわけですから、A520を選んだとしても、第4世代Ryzen「Zen3」までしかアプデできません。
そこをどう考えるかでしょうかね? そもそも、AMD500番台に対応する、安価なエントリーCPU/APUが2020年9月上旬において「無い」ワケですから。
低予算PCならB450、(Zen2までで良いならA320も)でしょうね・・・ぶっちゃけ


【参考】当方での導入目的
・実証機のパーツ交換の一環として
・PRIME A320I-K の置き換えで購入
・余ったRyzen3 3100やメモリを転用

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

PRIME A520M-Aのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

PRIME A520M-A
ASUS

PRIME A520M-A

最安価格(税込):¥9,654発売日:2020年 8月22日 価格.comの安さの理由は?

PRIME A520M-Aをお気に入り製品に追加する <4

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[マザーボード]

マザーボードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意