Orbi WiFi 6 RBK852-100JPS レビュー・評価

2020年 2月 4日 発売

Orbi WiFi 6 RBK852-100JPS

  • 家全体をカバーするメッシュWi-Fiシステム。ルーターとサテライトのセットで最大350m2をカバーする。
  • 2つの5GHz帯の両方がWi-Fi 6に対応。4K/8K UHDのストリーミングやオンラインゲームを複数の画面で同時に中断なく楽しめる。
  • OrbiアプリでセットアップやWi-Fi管理が可能。ゲストネットワークの作成、接続されているデバイスの表示、速度テストも行える。
Orbi WiFi 6 RBK852-100JPS 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥75,081

(前週比:+1,436円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥75,081

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥75,081¥109,990 (8店舗) メーカー希望小売価格:¥―

無線LAN規格:IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax Orbi WiFi 6 RBK852-100JPSのスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Orbi WiFi 6 RBK852-100JPSの価格比較
  • Orbi WiFi 6 RBK852-100JPSの店頭購入
  • Orbi WiFi 6 RBK852-100JPSのスペック・仕様
  • Orbi WiFi 6 RBK852-100JPSのレビュー
  • Orbi WiFi 6 RBK852-100JPSのクチコミ
  • Orbi WiFi 6 RBK852-100JPSの画像・動画
  • Orbi WiFi 6 RBK852-100JPSのピックアップリスト
  • Orbi WiFi 6 RBK852-100JPSのオークション

Orbi WiFi 6 RBK852-100JPSNETGEAR

最安価格(税込):¥75,081 (前週比:+1,436円↑) 発売日:2020年 2月 4日

  • Orbi WiFi 6 RBK852-100JPSの価格比較
  • Orbi WiFi 6 RBK852-100JPSの店頭購入
  • Orbi WiFi 6 RBK852-100JPSのスペック・仕様
  • Orbi WiFi 6 RBK852-100JPSのレビュー
  • Orbi WiFi 6 RBK852-100JPSのクチコミ
  • Orbi WiFi 6 RBK852-100JPSの画像・動画
  • Orbi WiFi 6 RBK852-100JPSのピックアップリスト
  • Orbi WiFi 6 RBK852-100JPSのオークション

Orbi WiFi 6 RBK852-100JPS のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.20
(カテゴリ平均:3.90
レビュー投稿数:4人 
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.46 4.07 -位
設定の簡単さ 設定は簡単にできるか 3.71 4.04 -位
受信感度 受信感度のよさ 4.73 4.03 -位
機能性 付加機能・セキュリティ機能など 3.71 3.88 -位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 2.73 4.02 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Orbi WiFi 6 RBK852-100JPSのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

モントレーベイさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
1件
9件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
1件
5件
WEBカメラ
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
設定の簡単さ5
受信感度5
機能性3
サイズ5

【デザイン】
すこし大きいですが、クリーンなデザインで、比較的インテリアに馴染みやすいと思われます。
ASUS の ZenWiFi AX(XT8)や(XD4)の様に、黒基調デザインと白基調デザインが選択できたら更に嬉しい人がいるかもしれないと思います。

【設定の簡単さ】
私は、最初から すぐにAPモード(アクセスポイントモード)に設定して利用開始し、ルータ前提の機能の数々を試していないため、デフォルトであるルータモードの設定が簡単かどうかはわかりません。
スマホやタブレットからある程度の設定や状態管理ができる Orbi アプリについては使いやすくできている思われます。

【受信感度】
バッファロー WXR-2533DHP2 (2016年発売当時のハイエンド機)からの置き換えですが、単体で見ても同等以上と思われます。
その上で、本機の最大の特徴であるメッシュ機能により、Wi-Fi で高速・安定して通信できるカバーエリアの大幅拡大については、期待通りの効果がでており、大変満足しております。

木造2階建て+ロフトの戸建住宅で使用しており、2F の書斎に親機(RBR850)、1Fリビングの高さ 1.5m くらいの家具の上にサテライト機(RBS85)を置いており、以前は通信が安定しなかった箇所での Wi-Fi 利用が期待通りに大幅に改善しました。

【機能性】
従来の Orbi シリーズの機器と比べると、機能設定の選択肢が無くなっていたり、制限されている部分がある模様です。具体的には、

まず、マニュアルには記載のある以下の機能が、2021年02月20日時点の最新のファームウェアではメニューに出てこなくなっています。

(1) ビームフォーミングの有効/無効化
(2) MU-MIMO の有効/無効化
(3) 高速ローミングの有効/無効化
※ この3つの機能は、基本的には常に有効になっていて、無効化することができなくなっていると推測しています。

さらには、以前の機種や下位機種では可能な、デバッグページで有効化できる telnet ログインをしての、細かい設定の変更、2.4GHz と 5GHz で SSID を別のものに変更する、なども出来ない様です。
(そもそも 2.4GHz, 5GHz の SSID 指定や、それぞれのバンドの有効/無効化切り替え、利用周波数チャネルの指定、帯域幅の指定、などは通常の管理メニューから出来るようにして欲しい。)

あと、接続方式のセキュリティ・認証方式については、WPA2 か WPA3 のどちらかのみの設定になってしまうのも残念です。(WPA2/WPA3 mixed mode をサポートしていない。もし、ハードウェア的には可能なら、今後ファームウェアのバージョンアップで対応してほしい。)

また、折角のCPU性能、ルーター機能を活かすためにも、なんとか DS-Lite, v6プラスにも対応して欲しいです。

【サイズ】
少し大きいですが、性能、アンテナ感度、放熱性、設置時の安定性などを考えると妥当かと。

【総評】
2021年02月時点では、最も比較対象となる機種は、同じくトライバンド(3バンド)対応の ASUS の ZenWiFi AX (XT8) となると思います。

両者の Wi-Fi の接続性能に関しての大きな違い:

Orbi RBR850/RBS850 は、対応バンドとして、
(1) 2.4GHz帯, 2x2/40MHz, MU-MIMO, 1,147Mbps(1.2Gbps)
(2) 5GHz帯, 4x4/80MHz MU-MIMO, 2,402Mbps(2.4Gbps)
(3) 5GHz帯, 4x4/80MHz MU-MIMO, 2,402Mbps(2.4Gbps)
というトライバンドをサポート、
ASUS ZenWiFi AX(XT8) は、対応バンドとして、
(a) 2.4GHz帯, 2×2/40MHz, 574Mbps(0.6Gbps)
(b) 5GHz帯, 2×2/80MHz, 1,201Mbps(1.2Gbps)
(C) 5GHz帯, 4×4/160MHz, 4,804Mbps(4.8Gbps)
をサポートという点となります。

ASUS の XT8 の方が、メッシュを構成するノード同士を接続するためのバックホール接続に、どのバンドを使うのかを指定できる、また、任意のバンドをバックホールと子機端末との通信の兼用にできる、など、柔軟に指定できます。また、4x4/160MHz による 4,804Mbps 接続にまで対応しています。

一方では、バックホールと端末接続の両方で、それぞれ独立したバンドによる 4x4/80MHz、2,402Mbps という広帯域接続を実現できるのは Orbi RBR850/RBS850 の方のみ、となります。

以上の違いから、親機とサテライト機(ASUS の表現だとノード機)の間をイーサネットケーブルによる有線バックホール接続にできる環境なら ASUS ZenWiFi AX(XT8) がオススメで、有線バックホール接続が難しい環境の方は、Orbi RBS/RBS850 の方が良いのではないかと思います。

私の場合は、有線バックホール接続の実現が難しい環境のため、その中でも確実に安定して、高速なメッシュ環境を構築したい、ということが決めてで Orbi を選択しました。

Orbi の Wi-Fi6対応機の下位機種である RBR750/RBS750 との比較においては、バックホール接続性能は一緒ですが、RBR750/RBS750 は、無線LAN子機との接続が 2x2/80MHz の 1201Mbps までである、ことを懸念して選択しませんでした。

以上、

機能について色々と書きましたが、細かい設定ができないのは、製品の位置づけ上、敢えてそうしている部分もあるかと思います。

全体的には、詳しくない人でも簡単に高性能・高度な機能のメリットが得られる製品になっており、価格的には確かに高いですが、満足度は高いと考えます。

参考になった6人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

電動兄貴さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:97人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
2件
1件
キーボード
2件
0件
自動車(本体)
1件
1件
もっと見る
満足度2
デザイン3
設定の簡単さ2
受信感度4
機能性2
サイズ2

ややクセの有るUIながら、メッシュWi-Fiシステムの中では出色の安定性と通信速度を誇る製品…だったのですが、今年7月に本機用としてリリースされたv4ファームウェア(バージョン4.6.3.7以降)は動作が非常に不安定で、公式コミュニティやRedditでも以下の症状が報告されています。

・ルーター−サテライト間、サテライト−サテライト間の通信が頻繁に切断される
・有線接続されたサテライトを経由してのデイジーチェーンを行わなくなる
・クライアントの通信速度が急激に低下することがある
・恒常的なスループットの低下(150〜300Mbps)
・ping値の増大(60ms以上)

これらの症状は2021年11月時点での最新ファームウェア(バージョン4.6.3.16)でも継続中であり、公式コミュニティでは安定した旧バージョンとなるv3ファームウェア(バージョン3.2.18.1)へのロールバックを推奨しています。ロールバックの方法は以下をご参照ください。この作業にはTFTPクライアントが必要です。

https://kb.netgear.com/000059633/How-to-upload-firmware-to-a-NETGEAR-router-using-TFTP-client

さらに厄介なことに、本機には自動ファームウェアアップデート機能があり、かつそれを無効化出来ない仕様であるため、安定した状態で運用するには本機をAPモードで運用し、かつ本機の上流に別途ルーターを設置、そのルーター側でhttps(httpはNG)フィルタリングを有効にし、本機から以下ホストへの通信を遮断するしかありません。

devcom.up.netgear.com
a1599er83nvyl8.iot.us-west-2.amazonaws.com
pkgupdates.netgear.com

上記のセットアップができない場合は、「今は」本機の購入をやめておいた方が無難かと思われます。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

DELL'AMOREさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スイッチングハブ(ネットワークハブ)
1件
0件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
設定の簡単さ5
受信感度5
機能性5
サイズ2

【デザイン】
今まで使っていたルーターは隠して収納していたのですが、洗練されたモダンデザインでインテリアに溶け込むため、目線導線上に設置しても違和感がありません。

【設定の簡単さ】
繋ぐだけであれば非常に簡単に設定できます。
詳細設定を触る場合は手間取りました。

【受信感度】
デザインが良いおかげで目線導線上に設置でき、結果としてルーター設置場所が適正な場所に置けた子機の事で感度は非常に良好です。 RC造建物の為、親機ー子機間は有線接続しており、親子間の無線受信感度は不明です。

【機能性】
自宅のIoT化を進めており、Wi-Fi6+メッシュ変更後は全てのデバイスが安定かつ高速で繋がるようになりました。同機種子機増設で3台体勢以上になれば、よりメッシュWi-Fiの恩恵を受けられると思われます。

【サイズ】
今まで使ってきたルーターの中で最大級の大きさでした。
大きさがネックで見送られている場合、Amazon Americaで専用ブラケットが販売されていますので、壁付けにすると1つのモダンインテリアになり、感度も上がります。

【総評】
過去に購入してきたルーターの中で最高額+最大の大きさでした。
ルーターとしては高価格帯になりますが、親子セット・メッシュWi-Fi・Wi-Fi6と5年ほどは使い続けられる事が予想されるスペックです。大きさに関してはAmazon Americaで専用ブラケットを取り寄せれば壁掛けでクリアされます。

価格と大きさで購入を見合わせている場合、購入を強くお勧めします。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

こるでりあさん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:238人
  • ファン数:22人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
0件
1938件
スマートフォン
0件
1929件
回線契約なし(SIMフリー)モバイルデータ通信
4件
994件
もっと見る
満足度5
デザイン5
設定の簡単さ3
受信感度5
機能性5
サイズ2

Orbi RBK50-100JPSからの置き換え

2階建て(鉄骨ALC)で本体とサテライトを対角線上でなくほぼ垂直位置においてます

1 サテライト経由有線速度→ほぼ変わらず(185Mbps 200Mbps契約 wifi6環境)
2 サテライト付近の速度→ほぼ変わらず(185Mbps 200Mbps契約 wifi5環境)
3 自宅内本体及びサテライトから一番遠い室内の速度→約1.5-2倍になる(30Mbps→50Mbps wifi5環境)
4 同位置で同一のスマホでアンテナ数が大体1本増えた(0-1-2本だったのが2本安定になった)

スピードテストはooklaを使用
個人的には3と4で9万円の価値は見いだせましたw
自宅内本体及びサテライトから一番遠い室内ではまれに切断してましたので

結局設置位置を変更して家じゅう200Mbpsにしました

不満点1 旧製品より大きい
不満点2 管理者パスに大文字とか数字とかを入れないといけなくなった(旧製品も同じ仕様になってる
不満点3 設定画面にAPモードとルーターモードを区別する明確なボタンがなくわかりにくい (ファームアップしたら?切り替えボタンが出現したっぽい?

参考になった9人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あなたのレビューを投稿しませんか?

Orbi WiFi 6 RBK852-100JPSのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

Orbi WiFi 6 RBK852-100JPS
NETGEAR

Orbi WiFi 6 RBK852-100JPS

最安価格(税込):¥75,081発売日:2020年 2月 4日 価格.comの安さの理由は?

Orbi WiFi 6 RBK852-100JPSをお気に入り製品に追加する <77

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

  • 【欲しいものリスト】検討中
  • 【Myコレクション】友人用に
  • 【その他】
  • 【その他】PC
  • 【欲しいものリスト】a

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(無線LANルーター(Wi-Fiルーター))

ご注意