Ryzen Threadripper 3990X レビュー・評価

2020年 2月 8日 発売

Ryzen Threadripper 3990X

  • 64コア128スレッドで動作する、ソケットsTRX4対応CPU。基本クロックは2.9GHz、最大ブーストクロックは4.3GHz、TDPは280W。
  • 最大288MBの合計キャッシュにより、大容量のデータ・セットに迅速アクセスできる。
  • ユーザーの好みとアプリケーションに合わせてAMD Ryzenプロセッサーの性能をカスタマイズする適応機能「AMD SenseMIテクノロジー」を搭載している。
Ryzen Threadripper 3990X 製品画像

画像提供:パソコン工房

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥510,600

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥510,600

瓶底倶楽部

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥510,600¥589,860 (10店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥532,800 〜 ¥532,800 (全国14店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen Threadripper 3990X クロック周波数:2.9GHz ソケット形状:Socket sTRX4 二次キャッシュ:32MB Ryzen Threadripper 3990Xのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen Threadripper 3990Xの価格比較
  • Ryzen Threadripper 3990Xの店頭購入
  • Ryzen Threadripper 3990Xのスペック・仕様
  • Ryzen Threadripper 3990Xのレビュー
  • Ryzen Threadripper 3990Xのクチコミ
  • Ryzen Threadripper 3990Xの画像・動画
  • Ryzen Threadripper 3990Xのピックアップリスト
  • Ryzen Threadripper 3990Xのオークション

Ryzen Threadripper 3990XAMD

最安価格(税込):¥510,600 (前週比:±0 ) 発売日:2020年 2月 8日

  • Ryzen Threadripper 3990Xの価格比較
  • Ryzen Threadripper 3990Xの店頭購入
  • Ryzen Threadripper 3990Xのスペック・仕様
  • Ryzen Threadripper 3990Xのレビュー
  • Ryzen Threadripper 3990Xのクチコミ
  • Ryzen Threadripper 3990Xの画像・動画
  • Ryzen Threadripper 3990Xのピックアップリスト
  • Ryzen Threadripper 3990Xのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen Threadripper 3990X

Ryzen Threadripper 3990X のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.69
レビュー投稿数:3人 
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
処理速度 処理速度は速いか 5.00 4.55 6位
安定性 安定して動作するか 4.67 4.73 34位
省電力性 発熱は少ないか、バッテリを消耗しないか 2.67 4.27 42位
互換性 対応マザーボードは豊富か 3.00 4.41 44位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen Threadripper 3990Xのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

ikjdさん

  • レビュー投稿数:64件
  • 累計支持数:177人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
13件
10件
グラフィックボード・ビデオカード
4件
13件
デスクトップパソコン
1件
14件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性3
互換性3

艦○れ、CPU-Z,GPU-Z,BOINC,タスクマネージャー

温度モニター1

温度モニター2

Ryzen Threadripper 2990WXからの買い替えです。

【処理速度】
文句なし。弱点も克服して文字通り完璧に。

【安定性】
とりあえず不具合は出ていません。

【省電力性】
絶対的な消費電力はびっくりする程高いですが、
ワットパフォーマンスから考えたら悪いわけではないです。

【互換性】
TR4が切られてしまったのは残念だが、少なくとも次世代は続投すると思われる。

【総評】
価格もビッグだが最強。

詳しいレビューはまた後日投稿する予定だが、
タイトルの通りの使い方をしている。
BOINCが使っているAPIが古いからか最大でも64スレッドしか使われないので
半分は遊んでいる。
逆に言えば、遊んでいるコアを有効的に使用すれば真価を発揮することが可能。
BOINCのほかにゲームをやっていても多くのコアを持て余す。
使用スレッド数を指定できるなら動画のエンコードしながらでも可能だと思う。

有効に使えるなら50万を払う価値は大いにある。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2021年2月20日 追記

購入して1周年を迎えた。
計画していたスペックにようやく出来たので画像を追加。
(後述の熱問題があるので定格且つCPBは無効にしている。
          メモリもOCせずSPDのDDR4-2133である。)

WGC版BOINCが32ビットだからか、MAXスレッドでも半分しか使えないが、
おかげで遊びがあるので艦○れやりながらF○14ベンチマークも廻してみた。
消費電力は700Wを超えることもある。(RTX3090がフルロードになれば)
(今の本家BOINCソフトは不具合があって計算までに行きつけなかったのでWGC版を使用。)

どちらのゲームもCPU的には全く使わない。なのでBOINC計算を並行しながらでも余裕。

このCPUの難点を上げるとしたら、無視できない発熱。
特に中途半端にCPUを使用しないBOINC計算のせいでAMDのPowerLimit(PPT,TDC,EDC)に
引っかからないので高クロックで動く→発熱がとんでもなく高くなるのでML360 TR Editionでは
限界になり、95℃近くまで上がる。冷えない。
でも全コア計算するとPowerLimitにかかるため、ちゃんと冷やせる。

BOINCで計算していると10分持たずに90℃を軽く超えてしまうので、
いっそのことCPBを切ってしまった。

CPB無くてのろのろだが、常に計算していても気にならなくなったので結果的には満足。

さすがに計算で常に300W程食っている状態で使ってない時でもつけっぱなしにはしないが、
自分がこのPCを使っている間はフルで解析してくれる。
そしてその状態でも概ね70℃で済むし(ゲームに向いていないけど)そこそこゲームもできる。
それどころかまだまだ余裕がある。

今度は何やろうかな?

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった22人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

イケイケポンさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性2
互換性3

正直に言うとまずビックリするのが価格です。かなり設定額が高いと思われるかもしれませんが実際買ってみると納得の価格です。
まず処理速度はすばらしい。
いままでは自分の使っていたものは処理速度が低かったのでカクカクでしたが、この商品を購入することで全く気にならなくなりました。
消費電力は高いですが、あまりあるパフォーマンスで全然気にならないです!!
価格から手はだせない人が多いかもしれませんが一度使ってみたらコレなしでは考えられないようになります。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

macハックさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:292人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

Mac デスクトップ
0件
96件
デジタル一眼カメラ
0件
52件
Mac ノート(MacBook)
1件
43件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性3
互換性3
 

 

以下の構成で組んでみました。

CPU: Ryzen Threadripper 3990X
memory: KLEVV DDR4-3000 (16GB x 8)
GPU: GTX 1600
motherboard: TRX40 Taichi
system disk: Crucial M2 SSD:512GB x1
OS: ubuntu18.04LTS, windows 10 pro
CPUクーラー ROG RYUJIN 360
ケース Thermaltake Core V51

名古屋大須のツクモで購入。発売日当日の夕方行ったのですが、1人目だったようです。CPUは空冷にしようと思ったのですが、店頭には対応するものがほぼないとのことで、勧められたROG RYUJIN 360にしました。メモリは32GBで3200の在庫がなかったため、家にバックアップで買い置きしていたメモリを使用しました。Taichiはquad M.2 SSDの拡張ボードが標準で付いており、2.5Gpsと無線に対応しているため選びました。PCケースは注意が必要で、これは360mmラジエータを装着できる隙間がない場合が多いためです。店長さんらしき方に、天井部に隙間ができ、干渉しないケースとしてThermaltake Core V51を勧めていただいたので、これを購入しました。

windows10 proから走らせたcinebnchR20のスコアは25000くらいで(MP ratio49)、うまく並列化できるジョブではかなりのスコアが出ています。


2020 4/3追記
ベンチマークした結果を追記します。n=1です。
並列化に対応したpigzを使い、使用スレッド数を変えて大きなテキストファイルの圧縮時間を比較しました(図1)。
pigzは並列処理がかなり上手なプログラムで、スレッド数10以下だとコア数に応じてリニアに時間は短縮できるのですが、64コアよりずっと小さな値で並列化効率は落ちているのが分かります。単純そうなジョブでも、コア数が増えるとこれだけ効率が落ちるということです。

では、複数ジョブを並行して走らせればより素直にスケールできるのでしょうか。コンソールから以下の並列処理コマンドを走らせて、昔5DMK2で撮った1080P-MP4の動画ファイルのエンコード時間を測定してみました。撮影時間が30分程度だったものを30本選んでいます。GNU parallelを使い、8スレッドのエンコードを8個並列実行しています(8スレッドx8ジョブ)。

time (ls *mp4 | parallel --jobs 8 'HandBrakeCLI -I {} -o output{}.mkv -C 8' 2>log) 2>> time

30本エンコードが終わるまでのランタイムをXeon E5 v4 2680 dualのマシンと比較したのが図2です。Xeon E5 v4 2680 dual(28コア56スレッド)も決して遅くはなくて、cinebnchR15は4000くらい、2016年頃に75万くらいで購入したそれなりの怪物マシンなのですが、それと比べても、TR3990xは1/2以下の時間でエンコードを終えています。たくさんの動画を一括バッチ処理するなどの用途で大幅な高速化が期待できるのが分かると思います。

各レビューサイトで指摘されているように、OS がそのまま64コア使うかかどうかが大事になってきますが、Linuxであれば問題はありません。うまく使えば、計算を大幅に高速化できると思います。
よかったら参考にしてください。

追記するのが遅くなって申し訳ありませんでした。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった95人(再レビュー後:66人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen Threadripper 3990Xのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Ryzen Threadripper 3990X
AMD

Ryzen Threadripper 3990X

最安価格(税込):¥510,600発売日:2020年 2月 8日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen Threadripper 3990Xをお気に入り製品に追加する <72

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意