M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB] レビュー・評価

2019年12月20日 発売

M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]

  • 旭化成エレクトロニクス製フラッグシップ2ch DACチップ「AK4497EQ」を2基、左右独立構成で搭載したデジタルオーディオプレーヤー。
  • 32bit/384kHzまでのPCMデータの再生に対応するほか、DSD256のDSDデータのネイティブ再生に対応する。
  • apt X/apt X HD/LDAC/HWA(LHDC)などの主要高音質ワイヤレスオーディオコーデックに対応。
M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB] 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

記憶媒体:内蔵メモリ/microSDカード 記憶容量:64GB 再生時間:9.5時間 インターフェイス:USB2.0 Type-C M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]の価格比較
  • M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]の店頭購入
  • M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]のスペック・仕様
  • M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]のレビュー
  • M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]のクチコミ
  • M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]の画像・動画
  • M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]のピックアップリスト
  • M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]のオークション

M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]FiiO

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2019年12月20日

  • M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]の価格比較
  • M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]の店頭購入
  • M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]のスペック・仕様
  • M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]のレビュー
  • M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]のクチコミ
  • M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]の画像・動画
  • M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]のピックアップリスト
  • M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]のオークション

M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:3.71
(カテゴリ平均:4.24
レビュー投稿数:14人 (試用:1人)
  1. 3 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 3.91 4.37 -位
携帯性 軽さ・コンパクトさ 3.37 4.35 -位
バッテリ バッテリの持ちはよいか 3.49 3.90 -位
音質 音質のよさ 4.21 4.23 -位
操作性 操作性のよさ 3.91 3.77 -位
付属ソフト 付属ソフトは使いやすいか 3.13 3.36 -位
拡張性 対応オプション・アクセサリなどの充実度 3.56 3.57 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]のレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

tws_intelligenceさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:65人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
8件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
Bluetoothスピーカー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性5
バッテリ無評価
音質5
操作性5
付属ソフト無評価
拡張性5

【デザイン】
側面のエッジの効いたデザインやボリュームダイヤルの配置方法が特徴だと思いますが、全体的にコンパクトにまとまっています。背面のカーボン柄のプリントが特に気に入っています。

【携帯性】
購入した時点で純正ケースが完売だった為、ケース無しで使用しています。外に持ち出したことはありませんが、メッシュ素材の袋等に入れれば問題無いと思います。ありがたいのは予め画面に保護フィルムが貼られていることです。

【バッテリー】
USB DACとしての使用が主ですので気にしていませんが、アプリでamazon music HDを再生した際にもバッテリーの減りが早いとは思いません。

【音質】
Windows 10→(USB DAC機能で)M11 Pro→ATH-CK2000Ti(付属の4.4mmバランスケーブル)
amazon music HD(排他モード)
音源の質とイヤホンの特性によって印象は変わるので、何とも評価は難しいですが、据え置きのヘッドホンアンプと比べて特に劣っていると感じることはありません。
個人的に興味深いのは、M11 Proをamazon music HDのアプリで再生した時と聴こえ方が異なる点です。排他モードの有無が関係しているのか、ATH-CK2000Tiで聴く限りはUSB DACとして聴く方が音に立体的な広がりを感じさせて好みです。

【操作性】
amazon music HDのアプリを使用している限り不満はありません。
FIO-LT-TC1のレビューに記載しましたが、M11proの電源を入れてもPCが接続を認識しない時があります。M11pro側のコネクターを挿し直せば良いのですが、あまり抜き挿しをしたくない方はストリーミング再生をすると10秒以内位でUSB DAC画面に切り替わります。再起動をしたりと試した中では一番簡単に接続完了出来る方法かと思います。

【付属ソフト】

【拡張性】
PCのストレージの節約の為、amazon music HDのアプリから楽曲をダウンロードしています。SanDiskのmicroSDXC 256GBも問題無く認識していますので、そちらに最高音質で保存しています。
PCよりもストリーミングが早く再生が開始されるので、楽曲のダウンロードの有無はそれぞれの環境によると思います。携帯しない方にはストリーミング再生で十分かと思います。

【総評】
AK4497搭載機が欲しいというのが購入動機で、デスクの配置スペースを考えてDAPを選択した訳ですが、ヘッドホンのリスニングには据え置き機を使うことが多かったことから購入してから電源を入れない期間も長くありました。上記のPCのストレージの節約の為に活用する機会が増え、PCを起動しなくても、amazon music HDのプレイリストを聴けることに喜びを感じています(これが通常で普通のことですね...)。現在は有線イヤホンのリスニングに活用して満足しています。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

nBanjoさん

  • レビュー投稿数:65件
  • 累計支持数:643人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
24件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
11件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
7件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン4
携帯性3
バッテリ3
音質3
操作性3
付属ソフト無評価
拡張性無評価

■他機種と比較してみた
本機にイヤホンを接続して聴く限りでは、音質的に悪いところはなく価格相応でハイスペックらしさも感じられる。
ところが、Bluetooth接続でイヤホン/ヘッドホンから音を聴くと、有線接続時に比べてなんだか音が全体的に貧弱で(抑揚がなく)平坦に感じた。
そこで、WALKMANのNW-A55で同様にBluetooth再生して聴いてみると、音に対しては有線接続との大きな差はなく特に不満はなかった。
ただし、音質以外において本機と他機種のBluetooth再生動作について調べていくと以下の違いがわかった。

比較した機種
A)FiiO/M11Pro(本機)
B)FiiO/M11
C)WALKMAN/NW-A55
D)SHANLING/M6
E)SHANLING/M6Pro
F)Cayin/N3Pro
G)Astell&Kern A&norma/SR25

----------------------------
1)音量調整動作
機種A/B/Gの場合:
プレーヤー側の音量調整はBluetooth受信デバイス側(イヤホン/ヘッドホンなど)の音量調整とまったく連動せず、プレーヤー側と受信機側の音量調整が個別に独立して動作する。
つまり、プレーヤー側の細かい音量調整が有効。
おそらく、本機の場合はDAC出力の(音量調整された)アナログオーディオ信号を再デジタル変換してBluetooth転送しているのではないか?

機種C/D/E/Fの場合:
プレーヤー側の音量調整はBluetooth受信デバイス側(イヤホン/ヘッドホンなど)の音量調整と連動するようなしくみになっている。
プレーヤー側の音量調整は、受信デバイス側の音量調整をリモート制御(コマンド送信)して、そのときの受信デバイスからの応答(音量情報)をもとにプレーヤー側の音量表示を動かすだけで、プレーヤー内部にある音量調整回路は何も関与していないと推察。
(スマホもこれらと同じ)
また、受信デバイス側の音量調整は変化量(増減ステップ幅)が粗く、自分の好みの音量に微調整できず、プレーヤー側の細かい音量調整も効かないので非常に不便。

----------------------------
2)LDACコーデック対応動作
LDACコーデック対応の市販Bluetooth受信機と接続して比較してみた。
受信機には市販DACユニットをSPDIF(同軸/光)接続する。
サンプリングレート44.1/88.2/176.4kHzの3つの楽曲データを再生する。

機種A/Bの場合:
3つの楽曲データを再生すると、どれもDACユニット側は44.1kHzと表示される。
つまり、楽曲データのサンプリングレートが保持されず、常にダウンコンバートされる。

機種C/Fの場合:
44.1/88.2kHzの楽曲データを再生すると、DACユニット側には楽曲データと同じサンプリングレートが表示される。
176.4kHzの楽曲データではDACユニット側は88.2kHzと表示される。
これは楽曲データがダウンコンバートされたということになるが、LDACコーデックは仕様上最高96kHzまでの対応だからこうなるのはおかしくない。

機種D/E/Gの場合:
同様に3つの楽曲データを再生すると、すべて96kHzにアップコンバートする。
Androidシステムのスマホ同様、Bluetooth転送時に使用するオーディオコーデックごとにその仕様の最大サンプリングレートの変換転送するというAndroidシステム仕様(制約)に準拠した動作になっている。

----------------------------
以上のことから、各機種のBluetooth再生について
機種A/Bは、
Androidシステムに準拠せず、Bluetooth転送までのプロセスにおいて単純なデジタル信号処理だけとは言い難いような節があり、デジタル音源を活かすどころかむしろ音質劣化につながるようなしくみになっていそうな気配がするものの、逆に音量調整の面ではオーディオ機器らしい調整動作が可能。

機種C/Fは、
独自のシステムソフト上で動作するので、デジタル音源をデジタルのまま(効率よく)受信デバイス側(イヤホン/ヘッドホンなど)に転送(ピュア再生)できているが、音量調整の面で不便なところがある。

機種D/Eは、
Androidシステムのスマホ同様、システムに完全準拠した動作になる。

機種Gは、
Androidシステムに準拠しながらスマホとは違うやや特殊な仕様で、オーディオ専用機器らしさを出そうとしていると言えそう。

■まとめ
冒頭にあるように気になる点があり上記のような試験をしてみたわけだが、同じデジタルオーディオプレーヤー製品と言えどもBluetooth再生仕様では見落としがちながら大きな違い(一長一短)があることがわかった。
本機はハイグレードなプレーヤーの位置づけで、イヤホン/ヘッドホン有線接続時の音は特に不満はなかったが、Bluetooth再生ではハイレゾ対応らしくない仕様であり、Androidシステムを採用しながらそれに準拠しない仕様になっているところが見つかった。
Androidシステムに準拠しないのは許容できるが、LDACコーデック対応する意味が無くハイレゾ音源を活かせないのは許せない。
(おそらくFiiOの最上位モデルのM15も同様だろう)
その結果(推察)が概ね間違っていないとすれば、本機の製品名に「PRO」という文字があるが、真に「PRO」というにはふさわしくないと私は思う。
以上、性能/仕様において期待を裏切るようなところがあったので満足度☆2つとした。

参考になった5人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

古き良き時代さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
0件
20件
イヤホン・ヘッドホン
1件
17件
スピーカー
1件
13件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性3
バッテリ4
音質5
操作性3
付属ソフト3
拡張性4

 iPod nano、SONY NW-A55からの乗り換え。旭化成の高級DACチップAK4497EQが2発搭載とのことなので、発売後すぐ購入した。
 価格面ではSONY NW-ZX507と競合する。
 AZLA MK2+4.4mmバランス接続で両機をショップで聞き比べた。
 音質でいうとM11 Proが個人的には良い。解像度・原音再生という点ではM11 Proが圧倒的優位である。一方で、私がいかにSONYのドンシャリ音に慣れさせられているかも痛感した。聞き慣れているのはSONYの方である。ただ、バランス接続のイヤホンを使うほどの方であれば、M11 Proを勧める。

【デザイン】
 無骨なデザインともいえるが、質実剛健ともいえる。個人的には質感があって良いと思っている。
 M11の革のケースを使っていたが、M11 Proの方がM11 よりわずかに厚いようで、かなりきつい。専用ケースを購入したら、すっと入った。

【携帯性】
 Yシャツの胸ポケットに収まる。重さは結構あるが、男性なら問題ないと思う。毎日、通勤で使っても問題ない。

【バッテリ】
 往復約3時間の通勤でも60%以上残っている。(DSD変換モードオフ)

【音質】
 原音忠実再生・解像度に抜群に長けている。AndroidモードよりPure Musicモードのほうが良い。DSD変換モードをオンにすると質感が向上し、音の粒立ち良くなるが、バッテリーの消費が早くなるとのことなので、オフにしている。

【操作性】
 ポケットの中に入れたときに、誤ってボタンを押してしまうときがある。

【付属ソフト】
 FiiO Musicしか使っていない。音楽を聴く専用機にしている。
 音楽ライブラリの管理と同期については、itunesがいかに優れているか実感した。SONY Music for PCは使いにくいと思っていたが、M11 Proのファイル管理法よりましだ。
 昔ながらに音楽データと音楽リストファイル(m3u8ファイル)をコピーして、音楽リストファイルはさらにFiiO Musicに読ませる必要がある。itunesのように勝手にファイルを移動されるのが嫌だったので、自分で管理できるなら、M11 Proが良いかしれない。
 文字化けについては、音楽リストファイルと歌詞ファイルをすべてUTF-8で保存すると解決する。

【拡張性】
 3.5mmアンバランス出力、2.5mmバランス出力端子、4.4mmバランス出力端子が使えるのが最大の強み。複数のイヤホンの聞き分けなど様々に使える。
 SDカードは1枚だけ使える。512GBを入れている。聞く音源はハイレゾとCDからのwavファイルのみだが、512GBもあれば十分である。

【総評】
 有線イヤホンを使って良い音を外に持ち出したいのであれば、これは絶対間違いない。一方で、ワイヤレスイヤホン、3.5mmアンバランス出力、圧縮音源しか聞かないのであれば、iPodやスマホでも十分のようにも思う。もう少し上ならSONY NW-A55くらいが良い。
 
 私は。長い通勤時間に少しでも良い音楽を聴きたいので、M11 Proにした。買って良かったと思える機械である。

ジャンル
歌謡曲
ロック

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

土方三郎さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性2
バッテリ3
音質5
操作性4
付属ソフト4
拡張性無評価

【デザイン】
分厚いですが、格好良いです。
【携帯性】
重くて、持ち運ぶには少し難しいです。
【バッテリ】
割と持ちます。放置してても一週間は大丈夫です。
【音質】
本当に良い。ZX500やSR25と比較しても全く劣りません。
【操作性】
Android7.0ですので、Netflixが入れられないのが難点。操作は快適です。
【付属ソフト】
FiiO Musicですが、アップデートが複数回行われ、使いやすくなりました。日本語に完璧に対応したのは大きいですね。
【拡張性】
無評価
【総評】
一年間使用した感想です。
今まで使ってきたDAPの中でダントツで良いです。
YouTubeで歌枠を高音質で視聴したり、YouTube MusicやPrime Music,Spotifyなどサブスクは何でも使えます。
FiiO公式が出していたケースの行方が気になります。
欲しいのですが、気づいたら市場から消えていたので…。デザインパクったからかな。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

hiroaxsさん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:66人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
14件
35件
ノートパソコン
0件
28件
スマートフォン
0件
14件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性3
バッテリ3
音質5
操作性5
付属ソフト4
拡張性5

M11からの買い替えでProにしましたが良くなった点と
改悪点があります

まず良い点として音に関しては確実に良くなっています
DACチップとアンプ部の強化でワンランク上の音を鳴らしてくれます

次に改悪点としては、SDカードスロットがM11の2スロットから
1スロットへと削減されたので1度に沢山の曲を持ち運びたい人は
M11の方が良いかもしれません。
バッテリー持ちに関してもシングルエンドでのバッテリー持ちが
4時間近く減ってしまっています

買い替えに伴いM11は売却してしまったのですが
音質を追求したProと使い勝手の良いM11と併用しても良かったかな
とも思っています。
そこまで価格差のない2機種なので使い勝手優先か音質優先かで
選んで良いと思います、どちらも買って後悔はしない機種だと思います

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

mokogenさん

  • レビュー投稿数:57件
  • 累計支持数:256人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
26件
11件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
8件
6件
ヘッドホンアンプ・DAC
4件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性4
バッテリ3
音質5
操作性4
付属ソフト4
拡張性無評価

DAPはSONYのWM1AとLotooのPAW 6000を所有しています。
両機においては主にハイレゾ音源を分けて入れているのですが、
PAW 6000が音質は良いのは良いのですが、操作性が今一つで
特に再生時のフォルダループ機能がないことが自分にとって
致命的でして、android搭載DAPを購入するに至りました。

使用イヤホン:SE425(有線時)、Soundcore Liberty 2 Pro(無線時)

【デザイン】
本体前面にはフィルムがないのですが、背面はフィルムが貼ってあり
自分はクリアケース(TPU)、前面フィルムを別途買いました。
デザインですが、ボタン類が左側面に並べられているのですが、
これが結構使いづらいです(音楽を聴いている間は特に気にならない)。
イヤホンジャックが本体底面に配置されているのも特徴的でして
はじめはちょっと慣れないかもしれません。

【携帯性】
当機はDAPのなかでは割と大きめの本体サイズになるのですが、
当方スマホではiPhone XRを使っているのでそこまで気になりません。

【バッテリ】
有線で聴いているときは本体は結構熱くなるのと、
ぐんぐんバッテリーが減っていきます。
対して無線(Bluetooth)で聴いているときはバッテリーの減りが
ゆるやかでして、比較的長時間リスニングするには無線運用がおすすめです。

【音質】
とてもクリアでかっちりめの印象です。THXアンプの影響もあるかもしれません。
低音もしっかりでており、中高音も曇りがありません。

【操作性】
android搭載DAPはM7につづいて2台目でしたが、
サクサクまでとはいきませんが、自分は満足しています。

【付属ソフト】
FiiO Musicで音源を再生していますが、自分は満足しています。
操作に慣れてきたら他のアプリを試してみたいです。

【拡張性】
無評価

【総評】
有線時はパワーを食うのか、バッテリーの減りが早く心もとないですが、
無線時のバッテリーのもちはかなりよく安心して音楽を聴くことができます。
音質も有線/無線どちらで聴く場合も満足しております。
なお、前面フィルムとケースは必須かと思います(別途購入要)。

ジャンル
R&B
歌謡曲
ロック

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

かりすけ77さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
1件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性3
バッテリ5
音質4
操作性4
付属ソフト3
拡張性4

pioneer製XDP-300Rのバッテリの持ちが悪くなってきたので以前から興味があったM11proに買い換えました。
機能等の比較は主にXDP-300Rが基準となります。
また使用イヤホン
@SONY XBA-N1+onsoバランスケーブル
Apioneer SE-CH9+onsoバランスケーブル

★デザイン
角ばっていてゴツイですね、私は嫌いではありませんが・・・
ボディの質感はいいと思います。ボリュームダイアルに若干のチープさを感じますが・・・

★携帯性
ゴツくて割と重量もある(アルミボディなので)ので電車移動メインでポケットにといった使い方はちょっと厳しいかなと思います。本体はバッグ(orリュック)でBluetooth接続のイヤホンでという使い方がいいかもしれません。
また利用状況にもよりますが結構発熱します(特にDSD変換モード利用時)
ちなみに私は有線接続で家やホテルなど屋内利用がメインなので問題ありませんが。

★バッテリ
バッテリの持ちはいいと思います。300Rは待機時も結構バッテリを消費するし、フル使用で4~5時間程度しか持たずモバイルバッテリ必須でしたが、待機時はほとんどバッテリは消費せず、通常利用で倍くらいは持つ感じです。
DSD変換モードを利用するとバッテリの減りがかなり早くなりますので充電できる環境が近くにある状態で利用したほうが良いと思います(3~4時間といったところ)。

★音質
最初はレンジが狭く全体的に音が痩せていてえっと思いましたが、エージングをすると狭かったレンジが広がり全体的にダイナミックになってきました。いい感じです。
300Rはフラットで解像度指向でしたが、M11Proは解像度高めでダイナミック(ドンシャリではない)といった感じです。
ただサードパーティ製ソフト(HFplayer有償版)を利用するとサンプリング周波数が48kHzの固定されてしまう(AndroidのSRCが原因?)ので、SD音源のスケーリング、ハイレゾ音源の再生ができないのが残念なところ、PCM384kHz/DSD256入力に対応しているのに利用できないなんて残念です。
【2020/10/29追記】
解決策を見つけました下記のおまけを参照してください。

★付属ソフト
最近Fiio MUSICがアップデート(2020/10/20現在)して画面レイアウトが一新され前よりかはだいぶ操作性はよくなりました。もともと曲の検索等非常に難があり迷いながら検索することがよくありましたが検索機能がパワーアップしましたので、既存のソフトを利用している方はアップデートすることをお勧めします。過去のレビューされている方が言っておられた変なアルバムアートが表示されるといったこともなくなっています。中国製ですが変な日本語表現もなくなりました。
オーディオ出力は上記のサードパーティ製ソフト利用時の48kHzに固定されてしまうのでここは改善してほしいところ、DSD変換モードはHFplayerでは可能でしたがpowerampでは音が出ませんでした。ただ音質に関しては一度48kHzにしてからDSDに変換しているようでバッテリの減りの割にはDSDの恩恵を受けるほど音質はよくなりません。
またDSD変換モードを利用すると曲と曲の間にプツッというノイズが入ります。これは何でしょうか?
アンプの性能はいいのにその性能を生かし切っていない印象を受けます。今後の改善を望むところです。

★拡張性
バランス端子が2.5だけでなく4.4にも対応しているので接続するケーブルを問わないのがいいところです。元々2.5のケーブルしか持っていなかったのですが4.4のケーブルを購入しちゃいました。
Bluetoothは利用していないのですが全ての接続形式に対応しています。
ただ発熱の問題かケースがないところが傷等ちょっと心配です(ちなみにm11のケースが利用可能)
通常利用時はあまり発熱しないのでm11のケースでいいかもしれません。
Airplayに対応しているのでiphoneなどに入っている音源が再生できるのがいいです。

★総評
初の中国メーカー製DAPですがハードウエアの性能は十分なレベルに行っておりいいと思います。ただpioneer等オーディオ専門メーカーのようなアナログ音質のチューニングはもう少しかなと感じる部分もありますがおおむね満足です。
ソフトウエアの出来に関してはもう少しかなという印象ですね良いハードウエアの性能を生かし切れていないと感じる部分は多くありますので今後の改善に期待します。
そもそもFiioを選んだ理由がユーザーの声を聴き改善してくれるなと思い選定しているのできっと改善してくれると信じております。

【2020/10/29追記】
★おまけ
せっかく高い能力のDACやTHXアンプを搭載してるのにデフォルトアプリのFIIOMUSIC(SD音源のスケーリング機能はなし別途オーディオ出力でDSD変換機能あり)やHFplayer(SD音源、ハイレゾ音源等周波数に関係なく48kHzにコンバートされる、DSD変換モード利用可)等々ソフト性能がいまいちなM11proの本来の性能(特にPCM384kHz)を活かす方法はないかと模索していたところ”neutron music player”の有償版に行きつきました。
私自身ハイレゾ音源(e-onkyoで購入したFLAC)はあまり持っていなくSD音源(過去資産のMP3、itunesで購入した曲、CDからリッピングしたALAC)が多いのですが、音源のスケーリング機能があり元音源から任意の倍率でアップコンバートが可能です。またDSD変換も利用できます(ちなみにCPU性能の限界かDSD64(2.8MHZ)まではいけますがDSD128(5.6MHZ)では音飛びが発生するのでDSD64が現実的)
オリジナルの音源であればFIIOMUSICでも大丈夫ですが、スケーリング機能を利用したいという方にはお勧めですよ。またFIIOMUSICではインポートする必要があるm3uプレイリストがインポートなしでそのまま利用可能なのでm3uプレイリストを主に使用している方も行けますよ。
有償アプリですが課金する価値ありです。googleplayが利用できる本機ならではです。
細かい操作は割愛しますがお勧めです。

ジャンル
その他

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nkym1016さん

  • レビュー投稿数:184件
  • 累計支持数:1078人
  • ファン数:3人
満足度1
デザイン5
携帯性5
バッテリ無評価
音質5
操作性5
付属ソフト無評価
拡張性無評価

【デザイン】
かっこいい。
傷さえ無ければ。
【携帯性】
家でしか使わないのでこれで良い。
【バッテリ】
返品する為そこまで使えないので無評価
【音質】
ZX507より明らかに出力に余裕あり。
NICEHCK NX7 4.4mmケーブル

【操作性】
ジョグダイヤルがいづれ動作不良を起こしそうで不安。
【付属ソフト】
無評価
【拡張性】
SDカードをピン無しで外せれば。
【総評】
ヨドバシドットコムで購入したが、初期傷があったため返品予定。
ZX507より断然良いと皆が言うだけに期待していたが、とてもショックだ。
恐らくメーカーの検品不良なので、今後検品はしっかりして頂きたい。

なお、ヨドバシドットコム自体の評価は星5。
送料も負担して頂けて、対応も大企業によくある定型文では無く、ちゃんと人が打った文なので安心感が凄い。
メル○リも見習って欲しい。

参考になった1人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

りくりくおさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
携帯性3
バッテリ5
音質4
操作性4
付属ソフト2
拡張性2

今までSonyのNW-A55にて聴いていましたが、ストリーミング再生が出来るDAPに乗り換えたく本機を購入しました。
【デザイン】
ただの四角い黒い箱と言った感じ。厚みがあるためか、握った時落としそうで怖いので、純正のケースを購入し、それにストラップを無理やり付けて使っています。
【携帯性】
外出時にジーンズのポケットに入れて持ち運べる大きさだが、スマホより厚みが倍はあるためポケットは膨らみ、重量もあるため重く感じる。それが気にならなければ携帯可能。
【バッテリ】
室内では2.5mmのバランスケーブルを使いSENNHEISERのヘッドホンで聞いていますが、5時間位は持っていると思います。リアルタイムDSD変換を常にオンの状態ですので、オフだともっと持つと思います。往復3時間位の通勤時には、SonyのヘッドホンWH-1000XM3かShureのAonic50でLDAC接続で聴いていますが、1日バッテリの減りを気にする必要がない位持っています。普段は画面消灯のままほっといてますが、殆ど電池は減りません。
【音質】
非常にクリアです。くっきりはっきり聴こえます。音の立体感、音場の広さもあります。ただ楽器やボーカルの表現が若干苦手かも。Dua Lipa、Ariana Grande、The Weekndなど今時の楽曲やDJプロデューサーが作った楽曲など機械的な音は非常に聴いていてとにかく楽しいです。それに比べてオーケストラやカーペンターズなど生楽器やボーカルを聴きたい時は、もう少しリアルさや生々しさが欲しいかなと感じます。リアルタイムDSD変換機能はオンにすると音が滑らかになり、量感も増しますので、私は常にオンの状態です。またBluetooth接続について他の方が指摘したとおりLDAC接続でも24bit/44.1khzとなる仕様のようです。ただ私の場合WH-1000XM3またはShureのAonic50で聴く限りBluetoothの音質も非常に良く、有線接続と比べても若干の音質低下を感じる程度で、NW-A55と聴き比べても明らかに本機の方がBluetoothの音質は良いです。
【操作性】
起動、操作レスポンスも早く問題ありません。Youtube動画もスムーズに再生できます。
【付属ソフト】
FiiO Musicアプリ使ってみましたが、操作が少し複雑、Powerampの方が直感的に使いやすいです。とは言っても再生アプリは殆どAmazon Music HDにて聴いています。ストリーミングはもちろん端末内の音楽も再生できるので。ただ稀にAmazon Music HDの動作が不安定な時があります。本機だからなのか分かりませんが、固まった時はアプリを立上直しています。
【拡張性】
音質の向上を期待しBluetoothレシーバーモードでタブレットのGalaxy Tab S6とスマホのZenFone 6とでLDAC接続して聴いてみましたが、期待外れ。よっぽど直接繋げた方が音質は良いと思います。
【総評】
外出時バッテリー切れを心配する必要がない、また有線/無線ともに音質は良い。サイズがもう少し小さく、価格が安ければなお良いが、おおむね満足できるDAPだと思います。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ookkyyyさん

  • レビュー投稿数:36件
  • 累計支持数:124人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
3件
46件
スマートフォン
3件
18件
液晶テレビ・有機ELテレビ
2件
14件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性4
バッテリ4
音質5
操作性3
付属ソフト5
拡張性3

iPhone + oppo HA-2seの組み合わせで
外出時に音楽を聴いていましたが、
スマホとしての使い勝手が制限されるので、単独で音楽が聴ける
DAPを購入しようと思い、この製品を選びました。

音質については、とにかくフラットな音であらゆる音が聞こえます。
クラシックやジャスなどの楽曲を聴くと様々な楽器の音が聞こえて
今まで聴いていた楽曲にも新たな発見があって楽しめます。
しかし、ボーカル曲を聴く際にはその特徴ゆえに、演奏の楽器の音に
意識が分散されてしまいボーカルに没頭できないという弊害があるので、
邪道ですがイコライザで少しボーカル帯域を強調させて聴いています。
(イヤホンはAKG N5005をバランス接続で聴いてます)

Fiio MusicアプリはFW更新によって使い勝手が格段に向上しました。
楽曲のソートにアルバムアーティストタグを使えるので
○○○.feat×××みたいなアーティスト名があっても
○○○のアーティストの曲とアルバムが分割されることがありません。
さらに、アルバムアーティストの読み仮名タグに対応したことで
漢字名のアーティストも五十音順にソートされて探しやすいです。
このFW更新によって、使い勝手がiPodと同等となりました。

Google playも対応したのでサードパーティーのアプリも使えます。
HF Playerの有料機能も使えました。
通信容量を最小のプランでスマホの契約しているので
高音質のストリーミング再生アプリは利用していません。

使い勝手で唯一の欠点は、ヘッドホン端子と逆側にボリュームがあることです。
DAPを携帯する際には端子側が上になるようにポケットに突っ込みます。
その時、ボリュームノブが下側になってしまい、ポケットに入れたまま
指先でボリュームの調節ができないのは不便です。
DAPは外で音楽を聴くための機器だと思っているので、
私にとってこの欠点は非常に大きく、操作性の評価を★3つにしました。

あらゆるサイズのヘッドホン端子に対応し、
再生アプリの使い勝手も非常に良くなったので
十分に試聴して音質が気に入られた方にはお勧めできるDAPです。

ジャンル
ジャズ
R&B
ロック

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

MR.Hさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:176人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
0件
6件
CDプレーヤー
2件
3件
自動車(本体)
1件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性5
バッテリ3
音質5
操作性5
付属ソフト4
拡張性5

M15、M11Pro、M11を比較試聴して本機に決めました。
値段相応に音が良くなるような気がしましたが、M15は
価格差ほどの音質差を感じず、M11よりは明らかに音の
重心が下がっって、よく言うハイエンド寄りなるのが決め
手です。

操作もスムースで不満無いですね。特にpure music mode
はホントにシンプルで扱い易いです。

granbeat と併用してますが、ランクが違います。
ただ、granbeat にはバランスケーブルを必要としないACG
モードがあるので、手放せ無いのす。

なんか、折角買ったのに否定的で悪意あるレビューが多い気
がしますが、本機良いですよ。
※試聴段階でわかるんだろうから、買わなきゃ良いのにね。
ちなみに、What’s Hi-Fi では M11Pro 五つ星、M15 四つ星
となってますぅ。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アラン・スミシーさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:74人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
6件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
0件
ドライブレコーダー
2件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン2
携帯性1
バッテリ3
音質2
操作性2
付属ソフト1
拡張性2

【デザイン】
可もなく不可もなく全面液晶ならこのデザインにならざるを得ない
前世代のようなipodフェイクよりはマシではある。ただ細部の切削精度は
中華製品の域で特にボリウムのあたりは水栓レベルの質感

【携帯性】
重く無骨。重厚長大な80年代のコンポーネントのような思想なのか。
「基盤の振動を受動素子が拾ってノイズになる」と思ってるのか?
これはアナログの発想です。コンピューター(SoC)側のノイズ対策が重要です

【バッテリ】
ディープスリープはおおむね良好ですが、アプリの常時点灯があると
画面オフでもバッテリーは早く減ります。動画アプリの音だけの場合は
バックグラウンドに持っていきさらにスリープにすると幾分違うような
感じがします(ライブ盤は音ファイル化がいいかも)
HF-Playerの常点モードは何をやってもディープスリープが利きません。
1日で0%になります55日スリープは特定の条件のみ有効なのでしょうか。

【音質】
他の方も言われているように兎に角「眠い」「見通しが悪い」エージング後
(2月初旬購入)それでも眠さは変わらない。AK4497の後の処理、特にTHXの
アンプがそういうキャラクターなのかこれ以上はどうにもならないでしょう。

【操作性】
サイドボタンのカスタマイズができないのが致命的。BTのリモコンで足りる
基本動作はハードキーに割り振る意味はない。出力インピーダンスの変更、
Wi-FiのOn/Off、BTのOn/Off「設定」に類するカメラで言う軍艦頭頂部の
操作内容が欲しい。今時左手で握ってスイングしながら聞いてる方は奇特だろうw

【付属ソフト】
全く使えない。操作体系がアホすぎる。直近再生や端末内の楽曲は目的曲を
探すのに遠く不便DLNAなんてアライアンス会員でもなければ既に終息した
団体名を使い。今更意味不明。
ネットワーク再生の項目なんて無駄中の無駄。奥に引っ込んでろと言いたい。

(一応QNAPの仮想DLNAサーバー拾って宅内なら再生もできますが
携帯機画面の一等地に外で使えない機能は不要です。
スマホでテザして外から宅内のライブラリを聞く事。なかなかレアです
こんな時はNASの専用ソフトでないとDNS名が割り当てられないので
使えないのです。
静的IPを持ってる方は除くVPNクライアントはAndroidの物が切られて
いないので。ただ使い道…展示デモで共有楽曲で(M11/M15などを)
比較テストしたら便利か…すごくニッチ)

【拡張性】
ファームを1.01〜1.03まで段階的に上げGoogle開発サービスの
手動インストールも最初期で行ったが説明が微妙に間違っており試行錯誤。
AmazonMusicなんて1.03になるまで結局お預け状態
また非純正アプリ以外ではDSDもFLACもすべて48KHzへダウングレードして
OSミキサー経由で再生。結局使えない純正APのみハイレゾ再生が可能。
これが致命的です。

【総評】
さすがに携帯性が悪いので車載のDAPにしました。すると無骨さも
気になりません。
音質もロードノイズ環境ではそこまで繊細にならないのと本来パワー系
音質の本機は理にかなってます。ただし自身の発熱がすごいので
車載時は当然「シャットダウン」します。
カーステレオの偉大さに改めて気づかされます。話がそれました。
まだまだ質感は国産の域ではないのです。

【編集後記】
何だかんだでCPのバランス、音質も好みだったのはオンキョーのDP-X1です。
当時AKなどで良品もありましたが価格が暴挙でなじめませんでした。
SONYは付属もしくは自社のEar以外はどれも鳴らせず残念でした。
経済状況が厳しい中生き残りでさえ難しいですが持ちこたえて欲しいものです。
Technicsあたりが頑張ってくれるとありがたい。売価10万円でまとめてほしい。
車もそうですが2000cc小型自動車枠のころが一番切磋琢磨していたと思う。
もちろんミニバンの3500ccも否定はしませんが、今度は3500cc層のお客様を
満足させるモノづくりをしなくてはなりません。
おそらく3500ccのミニバンが買える家庭はそろそろ子育てを卒業してます。
6〜7人分の空気を懸命に運ぶのです。彼らの視点で考えたらミニバンでは
ないでしょうペアで乗れる上質な移動手段が良いと思います。
環境≒燃費≒空力それにTPO
そういった意味でソニーのシグネチャーは高い部品でくみ上げた挑戦的な
製品でしたがあの箱を気軽に買える層は満員電車で通勤はしません。
当然DAPは要らなく、B&Oのカーステレオでしょうか。
欲しいと思う人々の価格帯で努力しないと的外れなだけです。だ
から中華新興メーカーには期待を寄せます。
制限やルールがあるから面白いと僕は思います。
「大曽根氏が出した木片からの開発ストーリーもう一度見つめなおす
時期ではないでしょうか?」

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ain ainさん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:160人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
8件
1件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
3件
3件
スマートフォン
2件
2件
もっと見る
満足度2
デザイン1
携帯性1
バッテリ3
音質1
操作性3
付属ソフト2
拡張性3

【デザイン】
m11同様 無骨なデザイン
品や高級感は感じない

【携帯性】
少し重く滑りやすい

【バッテリ】
普通
【音質】
音が改善されず
このレベルの音ならいらない。
@音楽を感じない
A音がキツイ
B長時間聴くことが困難
他の機種にも言える事だか
そろそろまともな
プレーヤーを作って欲しい
音楽がデジタル化されてから
一度も音楽を聴く事の出来る
プレーヤーに
出会った事がない
とくにウォークマンはひどいもので
ある
残念である。


高音の歪みのなさやクリアさは良いが
低音の解像度や階調の表現 、何処までも沈みこむ音はしない
また肉声 リアルさに欠ける。
イコライザーで補正できるものではないので改善して欲しい

【操作性】
サクサク動いて不満はない
UIには多少の不満はあるが
【付属ソフト】

【拡張性】
普通

【総評】
エージングで音は満足できるレベルになる
しかし、単体での音には?である。

アップデートで改善される事をのぞむばかりである。
購入を検討されている方は試聴してから購入を決めた方が良いと思います。

参考になった13人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sakepower-sさん

  • レビュー投稿数:144件
  • 累計支持数:572人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
69件
5件
液晶テレビ・有機ELテレビ
6件
21件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
16件
8件
もっと見る
満足度4
デザイン5
携帯性5
バッテリ3
音質5
操作性5
付属ソフト2
拡張性3

デザイン的に高級感あると思います

2.5ミリだけ微妙な差し込み口なな何故

画質は非常に良い感じ

あからさまに合ってないアルバムアートを付けるのは何故?

Amazonmusic使えます

エージングサイトでエージングしました

【デザイン】
これは実際手に取ると高級感あります
【携帯性】
今どきの大きめの携帯よりは小さいので悪くはありません
【バッテリ】
まだ使い初めなので良く分かりませんが、カタログ通りなら良いと思います、DSD再生したらみるみる減っていきます
【音質】
campfireaudio cascadeで聞いたからかもしれませんが箱出し一発目は低音がちょっと出過ぎで見通しが悪い感じがしました。解像感とかは高くこもった感じはありません。独特のサウンドステージの様な気がします。エージングサイトで数回エージングして一晩中鳴らしたらバランスが多少は良くなった様な気がします
【操作性】
Androidスマホと一緒なのでとても良いんです
【付属ソフト】
最初からfiiostoreが入っているのでそこから選んで使えば大丈夫です。Amazonmusicなんかはありますが、バージョンが古いのでHDにするには一度APKPUREをダウンロードしてそこからアップデートしなけれなりませんでした。netfrix、youtubeなどはAPKPUREからダウンロードしても使用できませんでした。しかしnetfrixは案内の先からダウンロードしたら使う事が出来ました。色々と大変です。
【拡張性】
外部DACとしても使えたり、色んな機能があるから良いと思います。付属品の少なさはびっくりしました。変な所でコストダウンは勘弁
【総評】
正直箱を開けて本体を見た時は
良いね
と思ったんですが、今回は画面保護フイルム、ケースが無かったり、対応アプリが少なかったり、変なアルバムアートを勝手に付けられたり、何となく音の見通しが悪かったり
あれっ
て思う所が多数ありますが、これからのアップデートに期待しようと思います

参考になった12人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]
FiiO

M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2019年12月20日

M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]をお気に入り製品に追加する <87

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルオーディオプレーヤー(DAP)]

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルオーディオプレーヤー(DAP))

ご注意