Ryzen 5 3600X BOX レビュー・評価

2019年 7月 7日 発売

Ryzen 5 3600X BOX

  • 6コア12スレッドで動作する、ソケットAM4対応CPU。基本クロックは3.8GHzで、最大ブーストクロックは4.4GHz、TDPは95W。
  • 高い冷却性能を備え、無音に近い動作を実現するCPUクーラー「AMD Wraith Spire Cooler」が付属。
  • ユーザーの好みとアプリケーションに合わせて性能をカスタマイズする一連の学習および適応機能「SenseMIテクノロジー」を採用している。
Ryzen 5 3600X BOX 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥29,440

(前週比:-113円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥29,441

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥29,440¥35,200 (32店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥29,440 〜 ¥32,780 (全国72店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 5 3600X クロック周波数:3.8GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:3MB Ryzen 5 3600X BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen 5 3600X BOXの価格比較
  • Ryzen 5 3600X BOXの店頭購入
  • Ryzen 5 3600X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 5 3600X BOXのレビュー
  • Ryzen 5 3600X BOXのクチコミ
  • Ryzen 5 3600X BOXの画像・動画
  • Ryzen 5 3600X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 5 3600X BOXのオークション

Ryzen 5 3600X BOXAMD

最安価格(税込):¥29,440 (前週比:-113円↓) 発売日:2019年 7月 7日

  • Ryzen 5 3600X BOXの価格比較
  • Ryzen 5 3600X BOXの店頭購入
  • Ryzen 5 3600X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 5 3600X BOXのレビュー
  • Ryzen 5 3600X BOXのクチコミ
  • Ryzen 5 3600X BOXの画像・動画
  • Ryzen 5 3600X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 5 3600X BOXのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen 5 3600X BOX

Ryzen 5 3600X BOX のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.66
レビュー投稿数:8人 
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
処理速度 処理速度は速いか 5.00 4.51 3位
安定性 安定して動作するか 4.73 4.72 26位
省電力性 発熱は少ないか、バッテリを消耗しないか 3.73 4.28 31位
互換性 対応マザーボードは豊富か 5.00 4.35 1位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 5 3600X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:1516件
  • 累計支持数:3984人
  • ファン数:18人

よく投稿するカテゴリ

CPU
115件
0件
メモリー
107件
3件
ハードディスク・HDD(3.5インチ)
92件
1件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性3
互換性5

公式OC対応している「X」

ライドオン 3400Gから換装してみた

異次元のスコア 定格・・・ 凄いわ。。。

下記構成のPCにコレを換装しました。あえてCPU換装だけ(グラボ増設してますが)で動向確認。
主構成)
CPU:Ryzen3400G → コレ
M/B:MSI MPG X570 GAMING PLUS
Mem:TEAM TF9D416G3200HC16CDC01
SSD:CFD PG3VNF CSSD-M2B1TPG3VNF

次世代NVMeがもったいない構成とも言いますw

で、コレとASRock B450M Steel Legend のセット特売3.5kを入手できたのでCPUを入替です。

処理速度】
ベンチ画像ご参考まで。全て定格状態です。定格でもブースト時は4.4GHzまでスッと上昇し処理してくれるので、ストレスフリー。

敢えてこのベンチツールを使っているのは、過去製品との比較がしやすいようにです。それにしてもこのスコアをド定格状態で出しちゃうのは凄いですね。

次元が違うという言葉がピッタリという印象をうけます。コレで「5」ですから。。。

安定性】
定格においては、Fan回転もベンチツールによる高負荷時でさえほとんど上がることなく無問題。その静かさと性能の高さこの構成では省電力という事まで考慮すると、このままでいいか。となります。

省電力性】
電力性能でもグッとIntelに詰め寄った印象を受けます。

互換性】
ウィンテル勢に比べれば高く良い。世代古いマザーでもファームアップで対応し最新CPUが乗る。(昔は当たり前だったんだがw)

総評】
換装後の起動で自動デバイス認識が走り、GPUにドライバーをあてるだけでサクっと換装(グラボ増設同時)完了。ちょっと拍子抜けするほどあっさり動いてくれました。細かい事いえば不要なゴミは残っているのはわかるけど、そんなこと気にならないです。サクサクすぎて。

優秀なコアが6つ。12スレッドとして稼働します。
加えて、PCIe 4.0 x16 対応しており、超高速NVMe-SSDというストレージ環境をもたらしてくれるのも大きいです。どんな場面でもサクサク感を失う事はない。

価格性能文句なし。あまりの異次元スコアに定格でいいやと変な納得。XMP-ONでメモリだけは3200MHzとしとこう。

大満足です。確かにシリーズ中では中途半端なポジションで上位の3950Xや3800X、同クラスの3600に人気を奪われていますがコレはコレで特にセールに需要が合致したら十分検討に値すると思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

あさくらいむさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:51人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
2件
6件
スマートフォン
2件
0件
マウス
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5

今まではIntelのCoreシリーズを利用していましたが、今回ゲーミングPCを組むにあたってRyzenシリーズに手を出してみました。

【処理速度】
不満はないです。
熱に弱いのでリテールクーラーでは不安でしたが、いまのところ、特に問題なく動いてくれています。
夏場にクーラーのない部屋で持つか不安なので、虎徹あたりと組み合わせると安心できます。
RTX2060Superとの組み合わせですが、APEC等のゲームではボトルネックも無く、必要十分です。

【安定性】
使用して半年が経過しましたが、大きなトラブルもなく、満足しております。
OCはマザボが1万円以下の安物で故障が怖いので試してはいません。

【省電力性】
IntelのCPUと比較すると高いです。
ただまあ、ネット記事で見るパフォーマンスを考えればそれも納得。


【互換性】
Zen2で人気になり、マザボや周辺機器の流通量が増えたことからパーツの入手性は良好かと思えます。


【総評】
多くの人が気になるのが無印版との違いでしょう。
普段使い(ブラウジング、中量級のゲーミング)では無印版と特に変わりなく使えていると思うので、OCとかしない人は無印版のほうが良いかと。
OCしたい人がそこそこのマザボでいろいろといじくりまわすのがこのCPUの面白さだと思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

take*chanさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:39人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
4件
0件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性3
互換性5
 

全コア負荷時

2スレッド負荷時

 

Asrock A320M で BIOS 5.60 (AMD AGESA Combo-AM4 1.0.0.3 ABB)に上げて認識されました。
ベンチマークでも新しい他のマザーボードと遜色ない値が出ているので、アップグレードして満足です。
最近のCPUはメモリコントローラが内蔵されているために、メモリ+CPUを同時にアップグレードすれば冷却や電源の足回りがしっかりしている限りボトルネックがなく、純粋にかなりのアップグレードになるようです。

電源設定はAMD Chipset Drivers 1.8.19.0915 を導入し 「AMD Ryzen Balanced」としました。
省電力設定「AMD Ryzen Power Saver」ではまだ不安定で、2〜3日に一度ハングアップしてしまいました。これはRadeonのせいかもしれませんが、 「AMD Ryzen Balanced」設定にすると不安定さは解消しています。この最新CPUを省電力設定で使うことはあまりないでしょうから、大きな問題ではありませんが。。。そういう意味では付属のクーラーで静かに省電力設定で使おうという方は注意が必要です。大きめのクーラーが別途必要になるでしょう。

CPU: Ryzen 5 3600X
メモリ: CFD W4U3200CM-16G
グラフィックス: ROG-STRIX-RX570-O4G-GAMING
マザーボード: Asrock A320M

2019/12/29追記:
「AMD Ryzen High Performance」設定でRyzen Masterの値を参照しました。
マザボは「Precision Boost Override」に対応しないため標準設定です。
リミッターのPPT、TDC、EDCの値は全コア負荷時でも100%に全く届かず、60%程度でスロットリングは発生しません。
CPUのTDP 95W 標準設定で十分な電力面での余裕があるため、「Precision Boost Override」はこのCPUでは必要なしとの結論になろうかと考えられます。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった3人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

揚げないかつパンさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:144人
  • ファン数:22人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
5件
4130件
CPU
2件
1879件
グラフィックボード・ビデオカード
2件
1265件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5

FF14 漆黒のヴィランズ

FF15 ベンチマーク

GEEK BENCH 4.3,.4

 

PASSMARK(CPU MARK)

RYZEN MASTER(負荷時)

 

【処理速度】
6コアとしは速いと思います。

【安定性】
安定はしています。

【省電力性】
発熱はそこそこしますね。電力的にはTDP 95Wという事で少し多め。

【互換性】
X470でもX570でも安定して動作する。
マザーはAM4のマザーならBIOS次第で動作するので、互換性は高いと思います。

【総評】
今回は3900Xを持ってるのでTDP 95Wという事で1コアあたりの電力が高いCPUなので、どういう挙動をするかをチェックした。

マザー:GIGABYTE X570 AORUS PRO
メモリー:ARK ARD4-U16G48MB-32AA-D 2組 8GB*4 3600 18-19-18-39 1.3V
CPUクーラー:CRYORIG R1 UNIVERSAL
電源:ANTEC HCG 1000 EXTREME
グラボ:ASUS RADEON RX 5700XT 8GB
SSD:ADATA 512GB + APACER 480GB
HDD:SEAGATE 2TB

ベンチマーク結果
CINE BENCH R15 3600X 1607 3900X 3180 性能比:50.5%
CINE BENCH R20 3600X 3655 3900X 7232 性能比:50.5%
GEEK BENCH 4.3.4 SINGLE 3600X 5853 3900X 5974 性能比:98.0%
GEEK BENCH 4.3.4 MULTI 3600X 29459 3900X 49198 性能比:59.9%
GEEK BENCH 5.0,2 SINGLE 3600X 1314 3900X 1346 性能比:97.6%
GEEK BENCH 5.0.2 MULTI 3600X 7806 3900X 13434 性能比:58.1%
FF14 漆黒のヴィランズ 3600X 17895 3900X 17723 性能比:101%
FF15 ベンチマーク:3600X 7347 3900X 7437 性能比:98.8%
PASSMARK(CPU MARK) 3600X 21456 3900X 33454 性能比:64.1%

結果から言えばゲーム性能は3900Xも3600Xも大して変わらない。値段差は倍以上なので、ゲームをやりたいなら3900Xを選ぶメリットは無いし、これから考慮される現実は3700Xや3800Xに替えても大して変わらないと思います。
CPUコアの使用頻度が著しく高くない限り3600Xで良いという結果になりました。
ゲーム時の消費電力は3600Xが335Wで3900Xが360Wだったのでワットパフォーマンスを考えても3600Xの方が良い選択と言えます。

次にマルチコアの前回時のCPUのクロックは4.1GHz前後で3900Xの4.05GHzと比べて50MHz程度しか変わらない結果なのでほぼ倍のコアを持つ3900Xとの整合性はそのまま数値に現れています。
CINEBENCHなどは2700Xと比べると少し低い数値になりますが、2700Xは1770くらいで90%程度の性能でコア数が75%なのでかなり頑張ってます。
PASSMARKは2700Xを大きく上回っており、基本性能の高さがうかがえます。まあ、3900Xと比べるのは少し可哀そうですが、ただコスト比で考えると約3万で替えるCPUと6.5万のCPUの比較と考えると3600Xにコスパは大きく離されており、どうしてもマルチコアパフォーマンスが必要で無いなら3600Xで良いという結果と思います。

最後に謎の部分ですが、4.1GHz時のパッケージパワーはほぼ95WでPPT 128Wに大きく届かないし、TDCもEDCも80A 125Aには大きく届かない結果となりました。3900XではこのPPT TDC EDCのどれかがフルロード時には100%になってPBOの上限値辺りまでクロックを上げてたのですが、3600Xはそのいずれも100%になる事は有りませんでした。
PBOではこのどれかが100%に達するのでクロックダウンするという説明を色々な解説で見るのですが、3600XではTDPの上限値の閾値として使われると考えられる3つのファクターのどれも上限に達していません。
これらから類推される結論はフルロード時のAUTOの周波数上限は予め設定されているのではないか?という疑問のみが残り、TDPの上限までブーストしてるのか?という謎のみ残りました。

とは言え、普通にゲームする分には3700Xも3600Xも大して変わらない動作となりそうだし。マルチコア時の動作を考えても3700Xと同等のコスパで有り、特にどこが悪いという部分も有りません。
※ コスパの話なので、絶対性能が必要なら3700X → 3900Xという言う感じで上げる必要が有ります。
発熱に関しては、今回は重量級の空冷クーラーを使用してるので、70℃前後で安定し動作してましたが、付属のクーラーだと少し足りない場合が出そうな気がします。

今後については、多分、3900Xには戻します。(このCPUは兄のPCに貸し出し予定です)

比較製品
AMD > Ryzen 9 3900X BOX
レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

heiwarosenさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:55人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

SSD
9件
3件
CPU
2件
8件
SDメモリーカード
2件
1件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5
 

 

去年は2600→2200G→2400G
色々試行錯誤してきましたが、Zen2がすごいとの情報を見て3600Xにしました。

マザーボードはMSIのB350M mortarです。
事前にBIOS更新をしていたので、一発で認識しました。

Cinebench R15 マルチスコア 1628 シングルは204です。

マルチスコアはなんと、Ryzen 5 2400Gの2倍です。
4万円のi7 9700Kよりも上です。

6コア負荷のかかった状態では4.12GHzまで上がります。
計測環境のメモリーがDDR4 2666 16GB デュアルランク×4 なので、3200以上のメモリーを2枚で使用したら更にスコアが上がると思います。

シングルスレッド性能が前世代より大幅に向上しているため、体感速度が速いです。
Ryzen 5 2600と明らかに差があると感じました。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ディ・ステファノさん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:193人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
0件
6件
有線ブロードバンドルーター
1件
4件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
5件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5

平成最後の月にRyzen 5 2600で組みましたが、本命のRyzen 3000シリーズがリリースされたので、CPUを換装してみました。

〜旧構成〜
【CPU】AMD Ryzen 5 2600
【マザーボード】GIGABYTE X470 AORUS ULTRA GAMING
【メモリ】G.Skill F4-3000C16D-32GSXWB
【グラフィックボード】Palit Microsystems NE6166TS18J9-161F (GeForce GTX1660Ti STORMX OC 6GB)
【SSD】SAMSUNG 970 EVO Plus MZ-V7S500B/IT
【電源】玄人志向 KRPW-GK550W/90+
【ケース】Cooler Master MasterBox MB600L
【OS】Windows 10 Pro

〜新構成〜
【CPU】AMD Ryzen 5 3600X
【マザーボード】GIGABYTE X470 AORUS ULTRA GAMING
【メモリ】G.Skill F4-3600C19D-32GSXWB
【グラフィックボード】Palit Microsystems NE6166TS18J9-161F (GeForce GTX1660Ti STORMX OC 6GB)
【SSD】SAMSUNG 970 EVO Plus MZ-V7S500B/IT
【電源】玄人志向 KRPW-GK550W/90+
【ケース】Cooler Master MasterBox MB600L
【OS】Windows 10 Pro

CPUとメモリを今回新調したのみで、他のパーツは流用です。
マザーのBIOSは換装前に最新バージョンに更新しています。

特に何の苦労もなくあっさり起動。
メモリはCPU換装前に試してみたところ、きちんと動いてくれなかったので心配していましたが、CPUを換装したらXMPプロファイル設定で正常に動作してくれました。Ryzen 3000シリーズのメモリーコントローラーじゃないと上記のメモリーの性能が引き出せなかったのかもしれません。

いくつかのゲームベンチを走らせて見ましたが、何のトラブルもありません。

拍子抜けするほどあっさりと換装完了しました。

X470チップセットの懐の広さを感じました。

実際の使用感も、キビキビ感が上がったような気がします。(プラセボかも)

ドラクエベンチではRyzen 5 2600では18500程度でしたが、当CPUでは22500程度に跳ね上がりました。

グラボはそのままなのにここまでスコアがあがるとは、CPUのパワーを感じています。

3700Xを既に発注しており、メインマシンをそれで組む予定ですが、一般的には当CPUで何ら困るところはないと思います。

Windows10のアップデートもありましたし、これからしばらくはAMDの時代が続きそうな感じですね。
旧世代のマザーボードでも動くのがステキです。

かなり満足感の高いアップグレードになりました。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Flyingfishさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5
 

 

私の用途は主に3Dゲームです。古くはAMD Athlon64の3000+や3400+を使用していました。省電力で高いゲーミング性能というのが売りで、そこが気に入っていたのですが、最近のAMDの低迷で、長くAMDから離れていました。Ryzenがすごい、と聞いてからも、いまいち乗り換える気がしませんでしたが、第3世代は大幅に性能が向上したらしいと知り、発売日の翌日に購入しました。

<処理速度>  十分な性能だと思います。私の環境ではCinebench R15ではシングル 203、マルチ1600超でした。
        FFXVベンチも、私の環境では4939(HIGH)でした。
        その他、「X」なしの3600を使用したベンチマークが載っているサイトも参考にしましたが、第9世代のi5やi7とも十分はりあっていますので、★5にしておきます。インテルに勝っているとはいいませんけど、かなりいけています。第2世代のゲームベンチをみて感じていた残念感はほとんどなくなりました。

<安定性>   問題ありません。アサシンクリードオリジンズで画質を高めに設定しても落ちたりしていません。

<省電力性> これも問題ないと思いますが、3600を買えばさらなる省電力ですので、★4にします。
       省電力を志向していますが、そこまでの省電力は求めていないので、3600Xを購入しました。

<互換性>   intelとくらべれば互換性は高いですよね。B450マザーのBIOS更新で3600Xを載せましたが、まだAM4は続くみたいだし、★5にしておきます。対応マザーは豊富です。

ようやくこれもっていて「うれしい」と思えるAMD CPUが復活したな、という印象です。

 【PC環境】
 CPU Ryzen5 3600X
 メモリ Team製 2666 8GB 1枚
 グラボ ZOTAC GTX1060 6GB (AMP EDITION)
 マザー MSI B450M Gaming Plus

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

れにおぽんてさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:85人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
3件
3件
マザーボード
0件
4件
CPU
3件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性4
互換性5
   

   

Zen2が発売だと聞いて至急7月7日にCPUを仕入れにツクモに向かった!
発売1時間前だというのに店内で目がキラキラ(ギラギラ)している
人だかりがあるのではありませんか!
近づいてみると・・・AMDのRyzen 3000シリーズ発売!
ここだ・・・・この列に加わればいいんだ・・・っ!
3700xを買おう!そう思った!・・・・しかし
買えなかった・・・・。
残念だと思ってたがそんな自分を横目に会場は大盛り上がり!
にしても3600xを買う人が全然いない!
これだっ!と思い3600xを買う!一番人気がないやつをあえて買う!
そう、だれも買わないランクのものを買う・・・ひとり勝ちだった・・・
いざ!家に帰り前から持っていたX470マザー(UEFI更新済み)に装着!
ちょっと起動が遅いのとBIOSの出来がいまいち・・・つぎのUEFIに期待しよう!
肝心の性能は旧型の1700xくらいのマルチコアCPU性能に・・・
そしてIntel Corei 7 8700kちょいのゲーム性能!
MHW,BFV,APEX,PUBGなど最近のゲーム含め数年前の古いゲームまでもが快適に動く!
人によるが、ゲームするには十分な性能!グラボへの予算回したほうがもっとゲームは快適だろう!
そんな感じな商品です。

一応構成↓

CPU:AMD Ryzen5 3600x
メモリ-:バリスティックDDR4-2667 16GB(8x2)
MB:Asrock X470 Master SLI
SSD:Samsun 860evo 512GB+1TB
GPU:GTX1660Ti 6GB

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 5 3600X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Ryzen 5 3600X BOX
AMD

Ryzen 5 3600X BOX

最安価格(税込):¥29,440発売日:2019年 7月 7日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 5 3600X BOXをお気に入り製品に追加する <243

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意