MPG X570 GAMING PLUS レビュー・評価

2019年 7月 7日 発売

MPG X570 GAMING PLUS

  • AMD X570チップセット搭載のATXゲーミングマザーボード(ソケットAM4)。第3・2世代AMD Ryzenプロセッサーに対応する。
  • カスタマイズ可能なRGB LEDイルミネーション機能、USB3.1 Type-C、PCIe4.0/3.0×4接続対応M.2スロットを2基、Realtek 1GbEを搭載している。
  • 特許取得済みのファンとダブルボールベアリングを使用して設計された「Frozr Heatsink Design」を採用。
MPG X570 GAMING PLUS 製品画像
最安価格(税込):

¥18,700

(前週比:+2,068円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥18,700

TSUKUMO

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥18,700¥27,589 (30店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥20,550 〜 ¥20,550 (全国71店舗)最寄りのショップ一覧

フォームファクタ:ATX CPUソケット:SocketAM4 チップセット:AMD/X570 メモリタイプ:DDR4 MPG X570 GAMING PLUSのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • MPG X570 GAMING PLUSの価格比較
  • MPG X570 GAMING PLUSの店頭購入
  • MPG X570 GAMING PLUSのスペック・仕様
  • MPG X570 GAMING PLUSのレビュー
  • MPG X570 GAMING PLUSのクチコミ
  • MPG X570 GAMING PLUSの画像・動画
  • MPG X570 GAMING PLUSのピックアップリスト
  • MPG X570 GAMING PLUSのオークション

MPG X570 GAMING PLUSMSI

最安価格(税込):¥18,700 (前週比:+2,068円↑) 発売日:2019年 7月 7日

  • MPG X570 GAMING PLUSの価格比較
  • MPG X570 GAMING PLUSの店頭購入
  • MPG X570 GAMING PLUSのスペック・仕様
  • MPG X570 GAMING PLUSのレビュー
  • MPG X570 GAMING PLUSのクチコミ
  • MPG X570 GAMING PLUSの画像・動画
  • MPG X570 GAMING PLUSのピックアップリスト
  • MPG X570 GAMING PLUSのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > マザーボード > MSI > MPG X570 GAMING PLUS

MPG X570 GAMING PLUS のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.85
(カテゴリ平均:4.39
レビュー投稿数:18人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
安定性 安定して動作するか 4.43 4.51 58位
互換性 パーツとの相性など 4.53 4.40 45位
拡張性 拡張性スロットやポートは十分か 4.76 4.10 16位
機能性 付加機能は十分か 4.57 4.24 24位
設定項目 設定項目は豊富か 4.89 4.20 7位
付属ソフト 付属ソフトの質と量は適切か 3.93 3.77 40位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

MPG X570 GAMING PLUSのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性3
互換性3
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト3

選んだ理由:パソコン工房で表題のCPUとのセット売りでお得だったので購入。

組み立てやすさ:何社かのマザーボードを使用して組み上げたことがあるが、MSIは組み立てるのに必要な情報がきっちりとあってやはり便利。英語文に比べて日本語訳が足りない気もしたが…


見た目:LEDが光らせ方が上手く、見た目が美しい。PCとしては必要のない能力ではあるが、人だけではなくPCパーツも見た目が重要だと感じる。

性能:使ってはいないがOC項目もしっかりそろっていてなかなか良い。

使用感:GSkillのPC4-28800(DDR4-3600)メモリを16Gx2枚で使用しているのだが、XMPをしっかりと読み込んでくれるのはいいのだが、XMPの情報で使用しているとたまにフリーズするのが困る。電源も750Wの物を利用しているので電源不足ということもないのだろうが、メモリに対して厳しいのだろうか。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

はる7702さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性4
設定項目5
付属ソフト4

Inte製品lを長い間使用して来たのですがRyzenが話題になってるので20年ぶり位になると思うのですが購入してみました。

ドライバーの更新は まだしてませんが 周辺機器との相性問題は、特になく安定動作してます。

不満を上げるとしたらマザーボードのGAMING PLUSのロゴがLEDで光るのですがMaxにしても暗いです。

あとダウンロードしたDRAGON CENTERが日本語に対応してなかったのが残念でした。

まだ購入したばかりなので各種の更新や設定してみての様子見かな

コスパ最高です。 久しぶりの自作ですがやっぱり楽しい(笑)

これから購入考えてる人にはお勧めします。



レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

すぽじさん

  • レビュー投稿数:107件
  • 累計支持数:807人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
16件
0件
イヤホン・ヘッドホン
10件
0件
Nintendo Switch ソフト
9件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性4
設定項目5
付属ソフト4
   

   

【安定性】
今のところRyzen 7 3700Xで特に問題なく動いています。
【互換性】
私の場合はSSDもRAMもそのまま装着するだけで問題なく動作しています。
【拡張性】
ストレージはM.2をメインにして、後はNASに保存しているので私には十分です。あとUSB Type-Cも一つあるので最近のノートPC用に揃えた周辺機器の使い回しが効きます。
今はまだ使っていませんが、PCIe 4.0に対応しているのは数年後のパーツ交換等を考えると優位だと感じます。
【機能性】
付属するSSDのヒートシンクはヒートシンクのおかげなのか、私の環境では問題ない温度に抑えられて満足です。ただ、ファンの端子が下部に集中していたのが少し扱いにくく残念です。
【設定項目】
素人なので今のところ弄る事はあまりありません。とりあえずメモリを3200MHzにするためのA-XMPの設定は問題なく簡単にできました。
【付属ソフト】
私の場合は特に使用することはないのですが必要十分だと思います。
【総評】
初めての自作にこちらを選びましたが、問題なく動作しています。デザイン的にも派手すぎない物が良かったので満足です。
価格的にもCPUとセットで割引とポイント還元等もあり、かなりお得に買えたのが大きいです。新しい規格にも対応していて今後5年くらい問題なく使えそうなので、私には何も問題ない十分な製品だと感じました。

レベル
初めて自作
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nks5nk3nkdさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性5
設定項目5
付属ソフト4

パソコン工房でryzen 5 3600とセット売りされていたものを購入。一万円値引きでとてもお買い得でした。
メモリの相性問題等心配してたことも起こらずとても安定しています。
BIOS更新する必要もなく第三世代Ryzen使うなら間違いのない選択かと。
SYS_FANが下部に集中しているのが気になったのでそこはHPで確認した方がいいかも。
自分の構成だとPCIe 4.0は持て余してるままなのが少し勿体ないかなあ。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

すぎちゃん80kさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
0件
1件
マザーボード
1件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性4
互換性4
拡張性4
機能性4
設定項目5
付属ソフト5

Ryzen 7 3700Xで定格運用
インテルからの久しぶりの脱却
PCIe4.0でのM.2-SSD(MZ-V7S250B/IT)は
強烈な組み合わせかと
OSのインストールが何分(1桁)レベル
起動は15秒前後

是非おすすめです

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

canel1644さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性5
互換性4
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト3

Ryzen5 3600との組み合わせでパソコン工房にて購入。
値引きが重なり1万円以上値引きされていた。

2万円台のマザーボードとしては基本的なことは抑えているのでとてもいいと思うが、Intel系の上位マザーボードのZ390に比べて価格が+6000円程するのが少し気になる。CPUの価格が抑えられているので全体でみれば同性能のIntelよりは安くできる。
またB450との価格差が1万円ほどあるのでさらにコスパを考えるならそちらのほうがいいと思う。今回はM.2 Gen4を将来的に使いたかったためx570を購入。

組み立て気になった点は、FANコネクターの位置がCPUのものはCPUの周りにあるのだがケースファン用のものがマザーボード下部に集中している点だ。水冷のポンプ用のコネクターが上部に一つあるだけでシステムファンコネクターが上部にはなかった。ケース上面のファンを3つ付ける予定だったが届かず1つのみ付けた。

良かった点としては、m.2用のヒートシンクが付属したことだ。ヒートシンクを他に買ったが見た目がかっこよく付属のものを使った。
その他全体の作りもよく1万円後半のマザーボードとしてはとても良い出来のマザーボードだと思う

おすすめです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

バナナ0719さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

Ryzen3600で使用しておりとても安定して使用してます。Ryzen4000シリーズも見据えてこのMPG X570 GAMING PLUSを購入しました。

値段の割にとても豪華な装備でPCIE4が使えM.2のヒートシンクも付属で入っておりますこれがよく冷えそうです。オーディオの為に光端子接続できとても満足してます。他のメーカーのX570マザボと比べても安価な為手が出やすいと思います。

Flash BIOS Buttonがあることによって、BIOSのアップデートが非常に簡単にできます。これが意外と重要で過去にBIOS更新に失敗した経験がありこの機能はとても嬉しいです。マザーに搭載されているファンも通常時には止まっており負担を掛けた時にしか回らない設定にできファンの寿命も気にならないです。

とても満足しています。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プア太郎さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト4

12月現在パソコン工房のryzen3600とのセットを購入したのでCPU+1万円程度で購入できました。
初自作でしたが特に問題なく組むことができました。私のように初心者の方が安めに組んでみたい人にはおすすめだと思います。
各パーツの取り付けに関しても迷うことはないと思いますので自作入門用にはいいと思います。

レベル
初めて自作
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

北のkitsune_弐号さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性4
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト4

これまで使っていたシステムのオーバーホールを考えていました。
インテルベースで続けていましたが、CPUが高価なため、この際AMDへ乗り換えて価格の面で
なるべく安く、コストを抑えて長く使えるようにするのが目的です。

【CPU】AMD Ryzen 5 3600
【Memory】Team DDR4 3000Mhz Vulcan Z 8GBx2(PC4-24000)
【MB】本製品
【SSD】Sandisk ULTRA II 480GB(システム&アプリ用、引継ぎ)
【HDD】トータル5TB(データ用、引継ぎ)
【VGA】Geforce GTX980(引継ぎ)
【CPUクーラー】サイズ 虎徹 弐(引継ぎ)
【OS】Windows 10 Pro

□機能面
ゲーミングマザーボードと掲げているだけあって、様々な配慮がされています。
チップセットの冷却ファン、CPUやケースファンのユーザー独自での調整も細かく設定が可能。
オーバークロックメモリもX-AMPをオンにするだけで、自動or手動で簡単に調整できます。
また、BIOSのアップデートの失敗にも配慮されています。
CPUなどを取り外した状態で必要最低限の電源コネクタを差し、通電しながらBIOSファイルを入れた
USBメモリとアップデートボタンを押すだけで復旧可能です。

BIOSのUEFI画面も見やすい部類ですが、もう少し赤を抑えた方がいい感じがします。
赤と黒を基調にしているだけに、仕方ないかも知れませんが…。

□性能面
目玉となるのがPCI-Express4.0ですが、現在、私の手持ちのパーツでは対応製品を所持しておらず、
どのくらいの性能が発揮されるのかは、他の個人サイトを見るしかありません。
ただし、CPUの性能とこのマザーボードの性能については明らかに処理速度は圧倒的で、
以前のシステムで発生しがちだったデータの読み書きのもたつきは感じられません。

本来であればM.2 SSDのNVMe(PCIe4用)を試してみるべきなのですが、予算の関係で購入できていません。
VGA関係もRADEONのNAVI系を是非、と思っていますが次世代であるNAVI21以降まで待機状態です。

□パーツの互換性
メモリはDDR3からDDR4へと世代交代ですので、互換性はありません。
VGAはGeforce GTX980というほぼ骨董品になりつつあるモノを使用していますが変わらず動作中。
以前よりもゲームやアプリがテキパキと動作している印象です。
CPUクーラーは虎徹 弐にAMD用パーツも付いてましたので、冷却性が高いこともあり、
そのまま使っています。

□良かった点
引継ぎをしたパーツやストレージがほとんどなのですが、AMDベースに変更しても変わらず使えますし、
何より出費を抑えることができました。
また、4Kディスプレイを使用しているため、以前の第三世代インテルCore i5(Ivy Bridge)では
UHD対応の動画の再生でも相当なCPU使用率でした。

しかし、この4K動画再生でもCPU使用率はかなり抑えられてますし、何よりとても軽いです。
数年、パーツ交換をしなかっただけで、ここまで技術が進んでいたとは驚かされました。
各パーツの性能を如何なく発揮させてくれるマザーボードだと思います。

□もう少しな点
まだBIOSに若干の互換性の問題があるようです。
X-AMPはオーバークロックをプロファイルに応じてすぐに適用できる機能ですが、
パーツの組み合わせ次第ではPCの起動で躓くことがあります。

Windows10を使用していますが、マザーボードのチップセットドライバ最新版を公式サイトでダウンロードし、
それをインストールしたところ、動画再生やゲーム動作中に不意にガクつく現象が解消しました。

また、SATAポートは1と2番がASMediaチップが受け持っています。
X570チップは3番から6番ですので、SATA-SSDやHDDを繋ぐならこちらの番号への接続がおすすめです。

新しいマザーボードですので、様子見を兼ねて仕事や作業に使っています。
今の状況では、他のマザーボードの交換をする予定はありません。
長く使えそうです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

NJINさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
2件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性4
設定項目5
付属ソフト5
   

安定的なPBO設定

   

=====================================
CPU: RYZEN 5 3600
Motherboard: MSI MPG X570 GAMING PLUS
MEMORY: G.skill F4-3600C19D-32GSXWB 16Gx2 (AMP 3600Mhz)
Graphic card: MSI Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC
PowerSupply: 玄人志向 80PLUS Bronze 650W
OS:Windows10 64bit Pro
Monitor:24インチ FHD 60Hz 2台
Case:オープンケース状態
室内温度:20℃
=====================================

パソコンの部品選択時に何より重要にしててポイントは、
◆安定性
◆コストパフォマンス
◆操作の簡単さ(BIOS)
◆拡張性
などで選択しています。

今回マザーボードの選択基準は、
◆RYZEN(Zen2)との相性
◆安定的なオーバークロック機能(PBO or GameBoost)
◆簡単メモリ設定(AMP)
との3つで選んだモデルが、
この「MSI MPG X570 GAMING PLUS」です。

B450系も悩みましたが、
BIOSのアップデートや安定性、拡張性などを考えたら結局このモデルが自分にはベストでした。

前からMSI製のマザーボードを使っていますが、
BIOS画面の操作のしやすさは分かりやすくて大変助かります。

メモリも安定的にAMP設定で3600Mhz認識出来て、
CPUはPBO(Precision Boost Overdrive)のAUTO設定で
x36~x41.75(4175MHz)まで自動オーバークロックされています。

一番気になっていたBIOSのアップデートもMSIのLiveUpdateで、
簡単にアップデート出来るも良いところでした。

【結論】
この時期の一番人気CPUのRyzen5 3600との組み合わせを考えてる人には、
将来性を考えてもこの製品がかなり良い選択ではないかと思います。
トラブルもなく使いやすいしおすすめです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

rion2010.04.05さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
0件
3件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性3
互換性4
拡張性3
機能性3
設定項目4
付属ソフト4

安いということで購入しました。
CPUやメモリをオーバークロックできるので良いと思います。
他のメーカーのマザボと比べても安価な為手が出やすいと思います。
値段が値段なので、そこまで端子類は多くありませんが、必要最低限だと思います。
ゲーミングという名前が付くのでマザボ自体RGBで光ったりすると良かったと思います。

レベル
初めて自作
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

クリスティアーノ・ロナウドさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:180人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
13件
レンズ
4件
10件
デジタルカメラ
4件
5件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト2
   

   

Ryzen 5 3600とのセット売りで安くなっていたので購入しました。
メモリはG.skill F4-3600C19D-32GSXWB。A-XMP(3600mhz)読み込みであっさりオーバークロックできました。
GPUはMSIのGeForce GTX 1660 AERO ITX 6G OCで安定して動いています。
非常に快適です。
BIOSアップデートボタンがついているので最悪の事態にも対応できそう?です。

・fenviのFV102という型番のPCIe→M.2 NGFF変換カードとintel AX200でWi-Fi6とBluetooth5.0を無事に追加できました。
※最初はax200を認識しなかったのですが、変換カードのPcie端子とM..2スロットとax200のM.2端子をパーツクリーナーで洗浄したところ認識することができましたので、ご参考までに。

・SATAは1〜6までありますが、そのうち3〜6がホットスワップ対応で、UEFIで設定可能です。

・特にCPUのオーバークロックには興味がないのですが、試しにUEFIにあるGAME BOOST機能という所謂オーバークロック設定テンプレートみたいなのをONにしてみましたが、BIOS起動できませんでした。。
素直に定格で使います。

・組み立てるまで知らなかったのですが、マザーボード下部のGAMING PLUSというロゴが赤く光ります。あと裏側にもLEDが仕込まれているようで、間接照明的に虹色に光ります。組んだ後だったので裏側の何処が光っているのか分かりませんが。

・Pcie Gen4は今の所使う予定はなさそうですねー。。。

・チップセットファンがついていますが、UEFIの初期設定ではほぼ回らない設定になっています。
最初は動かないので故障かと思いました。
Hardware MonitorからChipsetを選んで、左下のSelect ModeをManualにすると自由に回転数を設定できますので、こちらをおすすめします。添付画像参照。

【付属ソフト】
これはとても重要なことですが、Doragon Centerは絶対インストールしてはいけません。
初めてのRGBLEDやファンの回転速度をいじる為にインストールしたのですが、ベンチマークを走らせていてスコアがインターネットの情報より低いことに気づきました。
結局かなり時間がかかって判明したのですが、原因はこのDragon Centerでした。
これはCPUの周波数を変えたりもできる統合型ツールなのですが、これをインストールした時点で、ターボブーストが無効化されてどう設定しても周波数固定になってしまいます!周波数は変えられるのですが、固定にしかなりません。
それに気づかず、ずっとこのソフトのせいでRyzen 5 3600が3600mhz固定になっていたために、ブーストが効かずスコアが低くなっていました。アンインストールしたらブーストが使えるようになりスコアもネット通りの数値になり全て問題は解決しました。
ファンの設定はUEFIから細かく設定できるので問題ないですが、Mystic lightはUEFIで設定できないようで、Dragon Centerを使うしか無いようです。ですのでRGBは実質設定できないと思っておいたほうがいいと思います。l

【総評】
Dragon Center以外は何の問題もありません。素晴らしいです。

※追加画像UPできていなかったため、再レビューです。

レベル
初めて自作
重視項目
コスト重視

参考になった10人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

果汁先輩さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト4
   

投稿時のパソコン画像

   

10月末、四年前に購入したBTOパソコンが復元に失敗してしまいWindowsが起動しなくなったので急遽ネットショップで自作PCパーツを購入しました。自作自体は16年ぶりですね。ところどころ前PCのパーツを引き継いで組みましたが、

PC構成について
【CPU】AMD Ryzen 5 3600
【CPUクーラー】サイズ 虎徹 Mark II (流用)
【マザーボード】本製品
【メモリ】G.Skill F4-3600C19D-32GSXWB
【ビデオカード】GIGABYTE GV-N1060AORUS-6GD (流用)
【SSD】CFD CSSD-S6B01TMG4VT(流用)
    KINGSTON SV300S37A240G (流用)
【HDD】Seagate ST1000DM003-1CH162(流用)
【光学ドライブ】HL-DT-ST DVDRAM GH22NS40(流用)
【電源】ANTEC  NeoECO Gold NE650G
【ケース】SAMA 黒透
【OS】Windows 10 Home


【安定性】初期不良、相性問題もなく正常に起動しています。 意外とチップセットファンが回らない?(負荷が掛かってないだけかも)

【互換性】QVLには掲載されていなかったがメモリの相性は問題なく、A-XPMワンクリックで簡単にオーバークロックできます。

【拡張性】M.2スロット×2 SATAコネクタ×6があり、いろいろなストレージやドライブに対応できますね。

【機能性】他メーカーの同価格帯のマザーボードと比べてリアI/Oパネルの入出力端子の種類が豊富ですね(特に光デジタル音声端子がこの価格帯のマザボについていることに驚きました)
あとX570チップセット搭載マザーボード一番の売りのPCI Express 4.0(Gen4)対応ですかね(自分は試してないですが、Gen4対応のM.2 NVMe SSDが手ごろな値段になったら試したいですね)

【設定項目】最近のマザーボードでは当たり前ですがBIOSが日本語に設定できて、マウスで操作できるのはいいですね。

【付属ソフト】Dragon CenterをMSIのホームページからダウンロードしたのですが、日本語版でダウンロードしたのに日本語表記できていなかったのでアンインストールして、付属DVDで少し性能の落ちるDragon Centeをインストール、利用してます。

【総評】当初はBIOSアップデート済のB450マザーボードを購入しようとしてたのですが色々なオンラインショップを回っていたらCPUとのセット価格でB450とあまり変わらない値段で当製品が売られていたので購入しました。今はまだ恩恵を受けていませんがいずれPCI-Express 4.0対応商品を使っていきたいですね。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Takesi_38さん

  • レビュー投稿数:1471件
  • 累計支持数:3580人
  • ファン数:18人

よく投稿するカテゴリ

CPU
111件
0件
メモリー
106件
3件
ハードディスク・HDD(3.5インチ)
92件
1件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目4
付属ソフト4

組立前の一枚

組み上げWin10インスト―ル完了後のベンチ 価格性能が素晴らしい

MSIのツール コレからオーバークロックが手軽に出来ちゃう

 

ブースト時の周波数までは難なく上げられました 4.2GHz

メモリーを2400から3000にした事で伸びたグラフィックスコア 左下で比較

 

新世代NVMe-SSDを入手し、その性能を味わいたくコレをチョイスしました。安定のMSI製品だから迷いなく。

で、結果を述べるとCPUチョイスでミスw AMDならAPUだぁ。と Ryzen 5 3400G にしちゃったのです。PCI-Exは据え置きの3.0とは気付かずに・・・Orz

当然、NVMe-SSDは真価を発揮されることはなく、PCI-Ex3.0の規格によって頭打ちの性能に留まっています。はぁ残念。

と、ここまでは人的ミスなので、この製品になんの落ち度もないわけです。

安定性】
上位CPUを本気で使える性能の製品です。3400G で 4.0対応のNVMe-SSD も3.0で動作しているため発熱も大人しく、ましてこの製品に装備されているM.2スロット専用ヒートシンク(画像)の冷却性能は非常に高く、サーマルスロットリンクなど気配すら感じません。

正にド安定と言って良いです。


互換性】
Ryzen互換をたもっており優秀だと思います。

拡張性】
ATXマザーなので十分な拡張性があります。M.2スロットも2つあるし、マザーの機能により制御できるFANコネクタもトータルで6つもあります。

機能性】
チップセットのヒートシンクにもFAN搭載されおり、大きめのヒートシンクによってしっかり冷却されてて安心感高いです。

設定項目】
Bios(UEFI)から、A-XMPをオンにするだけでメモリーは3000MHzへ上げられました。非常に簡単。Gamingモード選択するとCPUやGPUはもちろん、ストレージ系ネット系、さらにディスプレイ出力までも自動でゲームへ最適化されます。

製品名は伊達じゃないですね。もちろんコレは単にゲーム用途だけに留まらず、普通に使う時にも有効です。


付属ソフト】
かなり作りこまれた、総合管理ツールの「DragonCenter」が使い勝手が良いです。少し知識ある方向けではありますがモニター機能も優れています。Bios(UEFI)へ切り替える頻度をグッと下げてくれます。


総評】
今回は、組上げ直後の素の状態で計測したベンチスコアの優秀さに驚きO.Cの必要性を感じなくなったが、製品機能の確認も兼ねて、CPUのブースト時のクロックまでは問題ないだろうと、3.7GHz→4.2GHzまで上げてみた。もちろん電圧はそのまま。
メモリーもXMPを使い、2400MHz→3000MHzとした。

それでもアイドル時は2.0GHz程度まではクロックダウンしてくれるので、発熱も少なく消費電力は1割も上がっていません。
オーバークロックのビフォーアフターのスコア差が少ないのは、元々ブーストによって4.2GHz付近までは素の状態でも出ていた為です。

また、昨今のRGBコントロール機能も充実しており、様々な光らせ方が選択できます。CPU温度のモニター変わりの色変やFAN回転数に応じた色変、音楽に合わせた色変など多彩な機能に驚きました。

機能に優れ安定している MSI 製品はやっぱりオススメです。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

すみす9さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性3
互換性4
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5
   

全体図

   

初自作の初心者の意見であることを踏まえて御覧ください。

【構成】
・CPU AMD Ryzen 7 3700X
・CPUクーラー 付属のwraith prism
・MB MSI MPG X570 GAMING PLUS
・メモリ PATRIOT Viper4 シリーズ DDR4 3733MHz 16GB (8GBx2枚組) PV416G373C7K
・GPU SAPPHIRE RADEON RX 5700 XT 8G
・SSD ADATA SX8200PNP
・電源 Cooler Master MWE Gold 750W
・ケース Sharkoon SHA-TG4-RGB
・OS windows 10

【安定性】
BIOSアップデートをするまでメモリOCをした途端にCMOSクリアをしなければいけない状況でした。
アップデート後もXMPを読み込ませるのでは上手く行かず、電圧をAutoから1.35Vに変更し、ようやく3600MHzでの動作ができたというところです。
相性の問題か3733MHzで動かすことはできませんでした。 定格で動かす場合は問題ないと思います。

【互換性】
メモリとの相性が自分は少し合わなかったかなというところです。

【拡張性】
初の自作でしたがクーラーの取り付けに少し手間取ったこと以外はすんなりと組むことができました。
FANの電源が下に固まっているためマザーに接続しづらいことは難点でしたが、その他に不満点はありません。

【機能性】
M.2ヒートシンクがついているということで購入したのですが見事に効果がでているのではないかと思います。
CrystalDiskMarkで見たところSequential Readが3400 MB/s、 Sequential Writeが2400 MB/s という値が出ている上に負荷をかけても60℃を上回らなかったので、期待以上でした。

【設定項目】
Dragon Centerで色々と設定できるのが良いと思います。

【付属ソフト】
光るPCにしたかったのでMystic Lightで色々と光を変えれるのがとても良かったです。

【総評】
無骨な見た目と性能に惹かれて買いましたがとても満足しています。BIOSアップデートで安定性が増すと尚良いかなと思います。

レベル
初めて自作
重視項目
コスト重視

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

MPG X570 GAMING PLUSのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

MPG X570 GAMING PLUS
MSI

MPG X570 GAMING PLUS

最安価格(税込):¥18,700発売日:2019年 7月 7日 価格.comの安さの理由は?

MPG X570 GAMING PLUSをお気に入り製品に追加する <202

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[マザーボード]

マザーボードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意