B450M Steel Legend レビュー・評価

2019年 3月 1日 発売

B450M Steel Legend

  • AMD Ryzen(AM4)対応、B450チップセット搭載のMicroATXマザーボード。RGB LEDヘッダーとアドレス指定可能なRGB LEDヘッダーで、独自のPCを作成できる。
  • 1つのPCIe Gen3×4 Ultra M.2はデータ転送速度を最大32Gb/sに高速化し、U.2キットと互換性があり、もう1つはSATA3 6Gb/s M.2モジュールをサポート。
  • リアI/O上にUSB3.1 Type-AおよびType-Cを搭載。プレミアムパワーチョークにより、従来と比べ、飽和電流を最大3倍まで増加し、Vcore電圧を強化・向上させる。
B450M Steel Legend 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥― (全国51店舗)最寄りのショップ一覧

フォームファクタ:MicroATX CPUソケット:SocketAM4 チップセット:AMD/B450 メモリタイプ:DDR4 B450M Steel Legendのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • B450M Steel Legendの価格比較
  • B450M Steel Legendの店頭購入
  • B450M Steel Legendのスペック・仕様
  • B450M Steel Legendのレビュー
  • B450M Steel Legendのクチコミ
  • B450M Steel Legendの画像・動画
  • B450M Steel Legendのピックアップリスト
  • B450M Steel Legendのオークション

B450M Steel LegendASRock

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2019年 3月 1日

  • B450M Steel Legendの価格比較
  • B450M Steel Legendの店頭購入
  • B450M Steel Legendのスペック・仕様
  • B450M Steel Legendのレビュー
  • B450M Steel Legendのクチコミ
  • B450M Steel Legendの画像・動画
  • B450M Steel Legendのピックアップリスト
  • B450M Steel Legendのオークション

B450M Steel Legend のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.74
(カテゴリ平均:4.42
レビュー投稿数:73人 (試用:1人)
  1. 3 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
安定性 安定して動作するか 4.74 4.54 -位
互換性 パーツとの相性など 4.60 4.42 -位
拡張性 拡張性スロットやポートは十分か 4.26 4.13 -位
機能性 付加機能は十分か 4.51 4.27 -位
設定項目 設定項目は豊富か 4.52 4.23 -位
付属ソフト 付属ソフトの質と量は適切か 3.97 3.78 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

B450M Steel Legendのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
画像付き
動画付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

ぜろしゅがーさん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:60人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
4件
1件
スマートフォン
3件
0件
ケースファン
2件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性3
機能性5
設定項目5
付属ソフト無評価

安定性:組んでから2年以上経ちますが問題なく稼働してます。
互換性:何度かメモリやGPUを交換してますが、不具合起きてません。
拡張性:私自身は至って普通に使ってます。
機能性:とにかくLEDが綺麗。それが気に入って購入しました。
設定項目:項目は色々ありますが、特にこだわりがないので弄ることは殆ど無いです。
付属ソフト:必要なものはDLしております。付属ソフトは使っておりません。

今は最初に組んだryzen 5 2600でサブPCと運用してます。5000番台も載せる事もできますが、サブとして運用するなら2600でもまだまだ使えますね。
とにかくLEDが綺麗です。CPUクーラーもケースファンも変更して発色連動させていますが視覚的にも満足してます。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

塩コショウにガーリックチップさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
3件
CPUクーラー
2件
0件
メモリー
2件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性4
設定項目5
付属ソフト5

【安定性】Ryzen 3 3100 → Ryzen 5 5600Xに換装しましたが、問題なし。

【互換性】B550より、使用できるCPUが非常に豊富です。

【拡張性】SATAが4個なので、それさえ許容できれば優れたマザーボードです。

【機能性】ヒートシンクが、M.2に付いてないのが残念。

【設定項目】非常に多彩な設定が出来ます。

【付属ソフト】LEDの制御用や、クリックするだけで自動でUEFI/BIOS設定画面に入ってくれるソフトも付属します。

【総評】一番B450M Steel Legendが使いやすいのではないでしょうか。
CPUの選択肢も豊富で、PBO・PBO2も設定できます。
B450M Steel Legend か B450M PRO4 が流通品であれば、買って損はないと思いますよ。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

xing_yahさん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:77人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
2件
13件
ノートパソコン
2件
2件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
2件
2件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性5
設定項目5
付属ソフト無評価

ATXマザーの方へ誤ってレビュー投稿したため、削除依頼してあげ直します
----
Core2のQ9550@Win7マシンをWin10へ更新するにあたり、Ryzenマシンを組むことに。
当初Ryzen5_2400Gを予定するも、新製品発売前で値引き傾向のRyzen7_2700へ変更。
マザーはMicroATX以下、メーカーはこれまでの印象が良いのでASRockから選定。
MiniITXはNVMeの実装が裏面になるので除外。B450Mpro4とB450MSteel Legendで迷いましたが、シンクのでかさ、パーツのグレード、価格差が小さいことからSteel Legendを選択。コスト重視ならPro4なんでしょうけど。たぶん長く使うので。

構成は以下です。(★はレビュー後追加)
CPU:AMD_Ryzen7_2700(CPUファン、グリスは純正利用)
マザー:ASRock_B450M_Steel Legend
グラボ:MSI_ARMOR_RX570_8G→★ZOTAC GAMING GeForce RTX 3070 Twin Edge OC
メモリ:G.SKILL_F4-3600C19D-16GSXWB(8GBx2:シングルランク)SK-Hynix
    ★G.SKILL_F4-3600C19D-16GSXWB(8GBx2:シングルランク)Samsung
SSD:Samsung_SSD 970 EVO Plus MZ-V7S500B/IT(NVMe)
    ★Samsung_SSD 860 EXO M.2 500 (SATA)
電 源:玄人志向_KRPW-GK650W/90+(80+GOLD)
ケース:Fractal Design Define Mini C Black
O S:Windows10Pro64bit(DSP版)

部品を組む過程は問題なし。日本語版のマニュアルもわかりやすいです。
電源投入→起動UEFI、認識したハード構成表示も問題なし。
ケースは窓無しなのでLEDは消灯設定。CPUのAMDマークだけ光っています。
インストールは予め準備したUSBメモリ(USB2.0、8GB)から15分程度で完了。(WindowsUpdate、アプリセットアップなどは別途追加実施)
まず、ASRockのユーティリティ、APPShopで初回ドライバ更新はネットワーク越しでお手軽実施。
AMD関連のドライバは、B450チップセットドライバ→RX570ドライバの順で、AMDのサイトから最新版をダウンロード&インストール。
Windowsインストール直後はグラボがRX470と表示されるもドライバ更新でRX570に変化。
最近のグラボはでかくて重いので、PCI3.0x16スロットのスチール補強は安心。
----
所感:
ブラウザの素早いスクロール操作に対する表示の遅れもなく実に快適。
旧マシンからのアプリ移行などはこれからですが、ひとまず快適な環境をゲット。
消費電力は、Q9550+GT440に比べても低い。(UPSのインジケータで確認)
しばらく使って気になるのは、NVMeSSDの発熱がすぐに50℃超える(→70℃)ので、ヒートシンクを装着する予定。
付属ソフトについては未使用(最新版ダウンロード)なので評価なし。
グラボの設定アプリもAfterBurnerもAMD純正のAdrenalineのみ(定格利用なので)
ベンチもマシンに負荷をかけてみるためにいくつか計測、そもそも速い遅いの基準がないので不自由なく満足。
----
追記:20190618
起動時にメモリ速度が2133に落ちる症状が発生。(気付いてなかった…)
3600のメモリですが設定をXMPプロファイル読み込みで3600に設定しても、起動後2133に落ちてしまう(落ちて起動する)症状は、UEFIをv2.0→v2.1に上げたことで3200動作を確認できています(1.35v)
それ以上の設定では、動作中の不応答発生。
UEFI更新後は設定次第ですが2133より速いクロックで一発起動します。
その後動作電圧を徐々に下げて、現在1.2vで動作中。
----
追記:20190621
NVMeSSDの発熱が大きく、ベンチなどでハードに使うと温度が上がる(70℃超え)ので、別売りのヒートシンクを装着。温度上昇が抑えられて安心。
ASRockのファンコンアプリ(A-Tuning)を追加して、ファン動作の設定を変更。UEFIのSTANDARD設定でもファンノイズが気になるほどうるさい訳ではないが、一応動作設定して安心する。ベンチ回すとファン回転が高くなるのがわかる。
----
追記:20220316
SATA-SSD(512GB)をM.2-SATA-SSD(512GB)へ変更。
なぜかUEFIに入れない状況が続いたので CMOSクリア→UEFIの更新を計画。
いざというときの保険としてR5-3500(中古)を準備。
ボタン電池を抜いて、CMOSクリア→起動時にUEFI起動して→メニューからフラッシュ更新(2.50→4.30) んで、
R7-2700のまま普通に動いてます。ややこしい更新手順が必要と聴いていたので拍子抜け…。
まぁサポートCPUリストでは、R7-2700は対象BIOSバージョン「ALL」だもんなぁ。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった1人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

大宮のおじさんさん

  • レビュー投稿数:38件
  • 累計支持数:103人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
4件
21件
CPU
1件
12件
液晶テレビ・有機ELテレビ
3件
9件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目無評価
付属ソフト無評価
   

   

Ryzen 5 5600G BOX
B450M Steel Legend
CMK16GX4M2E3200C16 [DDR4 PC4-25600 8GB 2枚組]
WD Blue SN570 NVMe WDS500G3B0C
で組んでみました。

【安定性】

【互換性】
〇 Ryzen5 5600G 最新BIOSで運用
【拡張性】
普通 コスパ良く組みたっかたので〇

【総評】
暗い世の中だったので、光る(自己満足)パソコンを組みました
動きも速く満足できる出来です
長い付き合いになれるといいと思います


レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ホカダンさん

  • レビュー投稿数:144件
  • 累計支持数:223人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

メモリー
15件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
13件
0件
SSD
8件
0件
もっと見る
満足度4
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト無評価

使用環境
Ryzen5 3600 + 2667MHzメモリ(SR・8GB・マイクロンチップ×4)
Radeon RX560 + 256GB SSD + 400W電源

【安定性】【互換性】
問題なし。24時間稼働中にエラー、クラッシュはなかったので
安定していると思われる。
RADEONのドライバクラッシュが、現状発生していないので
良好と思われる。
消費電力と発熱量の関係からグラボを
RX570→560へグレードダウンしたが
あまり差は出なかった。

【拡張性】
豊富、おそらく、搭載しているインタフェースを使い切らない。
スタンダードからゲーム向け、としてはかなり余裕がある。
用途としては、まったく適さないが、サーバーとして使うには
SATAポートが少ない。
PCIE4グラボを使う予定はまだ無いので、
最新マザボ、対応チップ搭載モデルを選ぶ必要はなかった。

【機能性】
2021年の製品ラインナップと比べて型落ちだが
一般的な機能は十分。
当方のセンスでは、LEDライティングを使いこなす予定はないが
あったらあったで、それなりに楽しい。

【設定項目】
AM4用マザー自体が、もともと項目はかなり多いと思う。
A320M-HDV Rev4とあまり大きく変わった印象はない。
LEDライティング関連が少しわかりにくかった。
シャットダウン中、ライティング対応ファンのLEDが付きっぱなしになるのは
BIOSで、シャットダウン時は消灯へ設定変更する必要がある。
各社ライティング対応製品がつきっぱなし、という他所のレビューは
コレが該当すると思われる。

【総評】
BIOSTAR B450GT3が、新品で一年保たずに
メモリ、デバイス系ブルバックスクリーンを
繰り返すようになってしまい、
(対応マザーでも、廉価なボードではメモリ3000MHz以上の
高クロックに耐えられないという説の通りかもしれない)

安定性と耐久性を期待して本品を選んだ。
製造販売の収束も近いのか、価格も
随分下がってきて、コスパも良いと思われる。

デザインは気に入っているが
ヒートシンクの周辺に同色の
プラスチック系カバーが取り付けられている等、
冷却効率に疑問は残った。

現状、BIOSTARで使用していたNon OC 3200MHzメモリを
使わず、2667MHzメモリをNon OCで使用している。
体感速度に差はなく、10タイトル程度ゲームを
自動実行し、CPU稼働率95%まで引っ張っているが、
問題なく、スムーズに動作している。
(おそらく、ベンチマークで測定すると、
標準的な演算能力を大きく下回ると思われる)

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

サーディンさん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:114人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
9件
ゲーム周辺機器
0件
7件
PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
4件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性4
拡張性4
機能性5
設定項目4
付属ソフト4

PCは音楽をデジタルで出力するだけで、あとはマランツのプリメインに任せる感じで個室の音楽システムをまとめています。

今回、新しいCPUに合うマザボを探す時、光デジタル出力必須で探した所、これくらいしか無かったのですが、光デジタル出力を用意してくれているくらいです。音に拘って作られていました!(嬉)

今までのマザボと交換しただけで、音から微妙な雑音が消え、曲の雰囲気も元気になりました。
PS3(初期型)でCDを聞いた時、PCより圧倒的に綺麗な印象を受けていましたが、それに迫る感じです(PS3もPCも同じアンプに接続)。
ブルートゥースイヤホン(PC側はUSBアダプタ)も劇的と言えるくらい良くなりました。
最初、大したこと無いイヤホンだなぁと評価していたイヤホンが、このマザボのお陰で濡れ衣が晴れました。

マザボで光デジタル出力や、BTイヤホンの音が良くなる、という発想がなかったので棚ぼたでした。
安いし、マザボ自体のデザインもカッコいいしオススメです!

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アースZZZさん

  • レビュー投稿数:46件
  • 累計支持数:157人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デスクトップパソコン
0件
15件
スマートフォン
8件
6件
マザーボード
1件
8件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性4
拡張性3
機能性無評価
設定項目無評価
付属ソフト無評価

【安定性】
安定性を一番に求めて購入しました。
ryzen3600のCPU乗せてますがとても安定してますね!

【互換性】
メモリだけは注意して購入した方がいいですね。

【拡張性】
普通かな。

【機能性】

【設定項目】

【付属ソフト】

【総評】
安定を重視で選びました。
付属のCPUファンを使ってますが、全体的に音は静か(寝室に置いてるけど寝れる)
BIOSの更新もまだ続いるし、超ハイスペックのゲームなどしない限り、これで充分!

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

伝説のOPさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

SSD
0件
5件
電源ユニット
0件
4件
CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト4

サブ機のintel i5 9400を下記スペックに変更

CPU:AMD Ryzen 5 3600 (新規購入)
クーラー:リテールクーラー(暫定用)
M/B:ASRock B450M Steel Legend(新規購入)
メモリ:Corsair CMK16GX4M2A2666C16 8GB*2枚(流用)
グラボ:PowerColor RX 5600XT ITX 6GB GDDR6 AXRX(流用)
M.2:ADATA XPG SX8200 Pro ASX8200PNP-1TT-C(流用)
電源:玄人志向 KRPW-BK550W/85+(流用)
ケース:RAIJINTEK STYX ブルー (新規購入)

ずっど5600Xを購入しようとしたが、今年になって、半導体生産業量が追いつかないなどの事情で日本正式版がなく、中国輸入品しかないなおかつ、その値段の高さで流石に3600を買うしかないと。
そして、十数年ぶりにAMDに戻り、めちゃくちゃ期待をしている。
マルチ消費電力:3600のマルチ能力が高いためやはり消費電力も高い、ただそれ以上に電力の消費は伸びはしないような感じ。そこはintelと大きな違いで、intel i7レベルのCPUは瞬時〇秒で最大200Wオーバーまで伸びる仕様。
アイドル時消費電力:3600のデフォルトの振動数は3.6ギガ(高いな)、この数値はアイドル時消費電力はさすがにintelに勝てないよ、intelはアイドル時はできるだけ振動数を下げている。
簡単に言うとintelは高負荷の操作する時は電力を食う、普通に通販やyoutubeぐらいなら全然電力を食わないよ。

◆やはりAMDは玄人向け製品は今でも変わっていないと思った。そして、色々工夫した結果

BIOS上の設定
CPU電圧:-0.1vでオフセット
メモリ電圧:1.2vで3000MHz(かなり安定、さすがコルセアさん!)
リテールクーラーでファンをサイレントモード(やばいでしょう!)
ケースファンをチューニング値で使用

OS上のA-TuningでPower Saving(アイドル時の振動数を下げる)

以上の設定で静音かつ省電力化ができ、PerformanceTestでCPUスコア1.8万→1.7万に下がり、まあ5%差しかないので、うん満足

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった5人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

キハユニ16さん

  • レビュー投稿数:45件
  • 累計支持数:415人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
6件
1件
ノートパソコン
4件
1件
イヤホン・ヘッドホン
5件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性4
設定項目5
付属ソフト5

5年ぶりにIntel Core i7 4790システムからRyzenにシステム更新
CPUは Ryzen 7 3700X BOXと決めていたため、これを動かせる
リーズナブルなマザーを探していたところこれをチョイス

Mother: ASRock B450M Steel Legend
M.2: crucial P5 CT250P5SSD8JP
Mem: CFD CFD Selection W4U2666CM-8G [DDR4 PC4-21300 8GB 2枚組]
Case SAMA 黒鴉 JAX-03W
Power: 玄人志向 KRPW-L5-500W/80+
GPU: GeForce GTX1650 AERO ITX 4G OC

【安定性】
組み立てはすんなり動作して、現在まで安定稼働している

【互換性】
取り付けたパーツは最初に記載しましたが、あっさり動いている

【拡張性】
オーバークロックはやらないというか、何もしなくても高速なため
特に拡張性は意識しない。メモリースロットが4つあるため、増設
に自由度が高い

【総評】
チップセットが今後どの程度将来性があるのかわからないが、5年先
を考えるとDDR5も出るであろうことから、マザーは買い替えが
必要と思われる。現行のシステムが安定稼働して価格も手ごろな
ことから、お買い得だったと思う。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ゆうまんぬさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
2件
0件
CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性4
互換性4
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト4

久々にAMDで自作しました。
Core i7 2600Kからの乗り換えです。

【安定性】
メモリを定格で動かすなら問題は無いです。
OCするとよく落ちます。(XMP読み込み)
まあ、B450なので仕方ないとは思いますが...
ちなみにメモリはGALAX HOF OC Lab Aurora RGB DDR4-4000 8GB*2です。
現在3200MHzで安定動作しています。

【互換性】
特に相性問題は発生していません。

購入して1週間ほど経ちますが(2020/9/9時点)ブルスクは発生していません。

【拡張性】
MicroATXなのでそんなにありませんが、最低限のスロットは付いているので十分です。

【機能性】
低価格帯のマザーボードでは珍しく、ヒートシンクが光っていたり、PCIE端子が強化されていたりと、中々高級感があります。

【設定項目】
BIOSの設定項目は至って普通な気がします。

【付属ソフト】
ASRock PORYCHROME SYNCがたまにしか起動しません...
開くのは開くのですが、フリーズします。
まあ、そんなに光り方を変えたりはしないのでいいですが...

【総評】
特にオーバークロック等をしない安定性重視のユーザー向けのマザーボードな気がします。
オーバークロックする前提ならB550、X570を購入したほうがよさそうです。
でも、コスパは良いので安く、光らせたいならおすすめです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

フォクシーさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目無評価
付属ソフト無評価

安価で高耐久、上位グレードのCPUも動作するとの事で購入。オーバークロッカーさんの実演動画を見たのも決め手になった。
ライトユーザーには必要十分な機能と拡張性を備えているので迷ったらコレと言えるマザーの一つだと思う。

購入前は全く気にしてなかったのだが、初めて電源を入れた時に光ったLEDを見て思わず「おーすげえ」と言ってしまった。
娘のテレワーク用に組んだので、本来の所有者に見せたらテンション上がってました。いやはや今まで電飾ナメてましたよホントに。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ITおじさんさん

  • レビュー投稿数:93件
  • 累計支持数:673人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
9件
81件
スマートフォン
11件
38件
マザーボード
4件
12件
もっと見る
満足度4
安定性4
互換性4
拡張性2
機能性4
設定項目4
付属ソフト3

i7-8700K,Asock Z370Pro4,DDR4-2133 8GBX2を
Ryzen7 X3700,B450MSteelRegend,DDR4-PC4-25600 16GBX2
と時代と共に構成を若干進歩させました。
このマザーボードはBASIC中のBASICですから購入する際は
ケースのサイズのしがらみが無い限りはB450をお勧めします。
SATAのポート数など兎に角拡張性はありません。
B450シリーズの中でも特にSTEEL Regendを選んだ理由は
PC4-3200MHzを使用するに当たり、Over Clockではなく
3200MHzが使用できるところに着目しました。
組み立てている時にちょっと気がついた点が一つ
今までの経験ではCPU COOLERのコネクターってそこいらの
FAN用コネクターならどの端子でも差し込めると思っていたのですが
AMDのリテールクーラーのコネクターは少々形状(PINのふとさ)が
違うようです。
追記:調べてみて分かったこと。 端子の名称がAMD_FAN_LED1.
(マニュアルの端子6はFANの端子では無くリテールファンのキラキラLEDのものでした。
FANはマニュアルの16.17.26.のいずれかを使用します)
これに気がつくまでちょっと時間を要してしまいました。

また、意味なくキラキラ光るのは勘弁して欲しい
性能向上じゃ無いからねぇ
ちなみにキラキラを止めるには同梱されているDVDから
ASRRGBLEDをインストールして「X」を付ければ消えます。
昭和生まれはたとえLEDでも無駄は無駄 消します。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

dragonphoenixさん

  • レビュー投稿数:83件
  • 累計支持数:424人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

クレジットカード
11件
0件
マウス
3件
2件
スマートフォン
4件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性5
設定項目5
付属ソフト4
 

A-Tuning System Info

ASRock RGB Controller

 

【背景】
・7年使用していた自作PCの挙動が怪しくなってきたので新しいPCを制作。
・ライト~ミドルユーザー。主な用途はHP閲覧、エクセル、ゲーム(Civilization 6など)。
・PC自作経験は3台目なので、このレビュー読む人の中では初心者かな…。

【構成】
ケース:Silver Stone SST-PS15B-G
ファン:サイズ 彩風 AYA-KAZE12-RGB
CPU:AMD Ryzen 3 3200G
メモリ:crucial 8GB ×1
マザーボード:ASRock B450M Steel Legend
電源:玄人志向 KRPW-BK450W/85+
ストレージ:CFD販売 CSSD-S6B01TMG4VT(SSD 1TB SATA 6Gbp/s)

【良かった点】
・Micro-ATXの中では拡張性も比較的高い方だと思う。
・ファン制御、RGB制御もA-Tuningで簡単だった。(ツールはASRockのHPからダウンロード可)

【注意点】
・ネットで調べた限り、上記のCPU&マザボの組み合わせだと、メモリが2666MBを超えると起動しないという書き込みがあったのが気になりました。まぁこの用途だと、メモリの多少のクロック数変化で恩恵を感じることもないと思いますが。

【総評】
・マザボは同じくASRockのB450M Pro4と迷いました。機能的にはPro4でも十分でしたが、RGBなどのデザインに魅かれ、価格差も1,500円程度だったのでこちらのSteel Legendにしました。そんなに眺めることもないですが、デザインは満足してます。
・他のパーツとの相性は悪くないです。AMDは世代間の互換性が高いのはメリット。久しぶりの自作でしたが、日本語の説明書が付いていたので悩むことはありませんでした。
・ASUSやMSIの同グレード製品と比べて、目立った機能の違いも無さそうですが、とりあえず安心の買い物かなと思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

名前なんてなかったんや!さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
4件
タブレットPC
0件
3件
イヤホン・ヘッドホン
2件
1件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性3
拡張性4
機能性4
設定項目無評価
付属ソフト無評価

【安定性】
最新BIOS.verのP2.90でした。
一定のverでZen2向けの調整入ってますがとりあえず大丈夫です。
【互換性】
自分はZen+の2600なので一応問題なさそうですが初代はどうですかね…。
【拡張性】
M-ATXマザー故にSATAx4なのは悲しい。
あとは特に可も不可もないです。
【機能性】
Bシリーズなので必要十分な機能があり普通に使う分には問題ないでしょう。
【設定項目】
あんまり弄ってないので無評価です。
【付属ソフト】
こちらも一切使ってません。
【総評】
VRMが弱いとかLEDが光る分だけ熱や消費電力が多いとかI/Oが弱いとか○弱伝説とか言われますが、
1万位でピカピカ光るマザーボードってロマンありませんか?定格運用ならまず問題ありませんし、必要ならLED切ればいいですし。
というわけで個人的には満足してます。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

_Polaris_さん

  • レビュー投稿数:67件
  • 累計支持数:241人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
11件
0件
スマートフォン
5件
0件
ハードディスク・HDD(3.5インチ)
3件
0件
もっと見る
満足度4
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目4
付属ソフト3

【安定性】
購入時点のUEFIはP2.7でした。第3世代向けのUEFIのようですが2600で安定動作しています。

【互換性】
特に問題になるようなこともないかと。
P2.7以降だと世代の古いCPUのサポートがカットされるようなのでそこだけ注意でしょうか。

【拡張性】
マイクロなのでそこそこですが、グラボしか刺す予定がないので十分です。
ただグラボを挿すと下のケース周りのピンヘッダが刺しにくいですね。
他製品にも言えることですが…

【機能性】
B450なので程々ですがStoreMiなどRyzenの目玉機能は抑えているので問題なしです。

【設定項目】
定格動作向けの製品なので最低限です。

【付属ソフト】
RGBのコントロールが特定のカラーパターンを選ぶとクラッシュすることがあります。(最新ベータで問題はなくなってます。)
またWindows上のファンコンがプロファイルでの一括設定がなく不便です。
以前のASUSの時の機能は便利だったなぁと思う反面、ASRockだから便利という機能は特にないかなという印象です。

【総評】
マイクロマザーだとこれしかしっくり来るデザインのものがなかったのとASUS以外も試したかったので購入しましたが
基本的な部分では特に問題なく使え満足しています。
ただ今までのASUSマザーに比べるとソフトウェアの使い勝手が劣る印象です。
初めて組むならASUSというセオリーはこのへんなのかもしれません。

以下、マシン構成です。
CPU Ryzen5 2600
M/B B450M STEEL LEGEND
RAM ADATA AX4U266638G16-DB30
GPU PowerColor RX460
SSD トランセンド 230s 256GB
HDD Seagate Barracuda 2TB
ケース Thermaltake Versa H18
PSU FSP PT 550M

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

B450M Steel Legendのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

B450M Steel Legend
ASRock

B450M Steel Legend

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2019年 3月 1日

B450M Steel Legendをお気に入り製品に追加する <600

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意