AGI256G16AI198 レビュー・評価

2018年12月10日 登録

AGI256G16AI198

  • 容量256GB、M.2(PCIe3.0×4 NVMe)インターフェイスを採用したSSD。
  • 最大読み込み1627MB/秒、最大書き込み1262MB/秒のデータ転送速度を実現。
  • Intel製NANDとSMI製コントローラーを採用している。対応OSはWindows10/8/7、Linux Kernel 2.6.31以降。
AGI256G16AI198 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

容量:256GB 規格サイズ:M.2 (Type2280) インターフェイス:PCI-Express AGI256G16AI198のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • AGI256G16AI198の価格比較
  • AGI256G16AI198の店頭購入
  • AGI256G16AI198のスペック・仕様
  • AGI256G16AI198のレビュー
  • AGI256G16AI198のクチコミ
  • AGI256G16AI198の画像・動画
  • AGI256G16AI198のピックアップリスト
  • AGI256G16AI198のオークション

AGI256G16AI198AGI

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2018年12月10日

  • AGI256G16AI198の価格比較
  • AGI256G16AI198の店頭購入
  • AGI256G16AI198のスペック・仕様
  • AGI256G16AI198のレビュー
  • AGI256G16AI198のクチコミ
  • AGI256G16AI198の画像・動画
  • AGI256G16AI198のピックアップリスト
  • AGI256G16AI198のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > SSD > AGI > AGI256G16AI198

AGI256G16AI198 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.25
(カテゴリ平均:4.44
レビュー投稿数:3人 
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
読込速度 読込速度の速さ 5.00 4.61 -位
書込速度 書込速度の速さ 5.00 4.38 -位
消費電力 省電力に優れるか 5.00 4.46 -位
耐久性 信頼感・壊れにくさ 1.00 3.95 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

AGI256G16AI198のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:320件
  • 累計支持数:765人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
91件
スマートフォン
9件
52件
タブレットPC
8件
22件
もっと見る
満足度3
読込速度5
書込速度5
消費電力5
耐久性1

1年2カ月で故障しました。
ほぼ終日電源ONのPCで使用していましたが、1年2カ月は少々耐久性低いと感じます。
3年保証なので、これからメーカーへ依頼する予定ではいますが。。
---------------------------------------

M2接続で、若干温度が高温気味になるため、ヒートシンクを購入して、温度上昇を防ぐ対応をしています。
今回利用したのは、「親和産業_SS-M2S-HS01」です。
これで、温度上昇を抑えられるのかどうか。。(口コミでは効果はある、とのことでしたが)

形状については、写真参照ください。

---------------------------
1回目のレビューでは、古い自作PCにPCI-E経由でデータドライブとして使用していると記載しましたが、結局、新しいベアボーンを購入し、起動ディスクとして使用しています。

<使用環境>
MB & ケース:ASRock DeskMini A300
CPU:AMD Ryzen 3 2200G
MEM: DDR4-2666 4GB x 2

結果、パフォーマンスもかなり向上し、OSの起動は10秒程で上がるようになり、とても満足しています。
PCI Express 2.0 x16スロット経由でのスピードと今回のスピードの比較として、写真を添付しておきます。

------------------------------------------------------
AIF-06A [M.2]に装着して利用(写真)。 PCI Express 2.0 x16スロットでの利用のため、読み込みMax1672MB/sの本製品に決めました。(実効転送速度1600MB/sのため)
4780円(税込み、送料込み)で購入。

【OS上での認識有無】
Windows10で無事認識しましたが、現在は、プログラム格納用ディスクとして利用する予定です。
※EaseUS Todo Backupを利用して、現SATA-SSDからクローン化し、OS起動できるか試しましたが、失敗しました。NVMe-SSDのIntel正式サポートは2世代先のSkylake(Z170)世代のようなので、Haswell世代のマザーボード(B85-plus)では、起動ディスクとして認識させるのは難しそう。

【読込速度/書込速度】
PCI Express 2.0 x16スロットでの利用で、本SSDの仕様上限近くの結果が出ており、満足しています(写真)。

【総評】
興味本位で、NVMe-SSDを試してみたくて、できるだけ最安の組み合わせで構築しましたが、パフォーマンスを実感できて良かったです。
もしかしたら、クローン化ではなく、OSクリーンインストールであれば、起動ディスクとして認識するかもしれないので、その時にまた挑戦したいと思います(今回はクローン化して切り替え、という安易な考えでしたが、SATAとNVMeでは根本的な考え方が違うようなので)

【環境】
マザーボード:B85-Plus
OS:Windows10 pro 64bit
PCI-E変換インターフェースカード:AIF-06A [M.2]
PCI-E動作モード:2.0

【NVMe-SSDを使うときの注意点】
私なりにインターネットで調べたことを備忘録として、まとめておこうと思います。
・NVMe接続の場合、新品時にはUEFIファームウェアでは基本的には認識しされない。
・NVMeデバイスはブートローダーの登録がないとUEFIファームウェア上からは認識されない。
 (UEFIから起動したOSのインストーラーやwin10のディスク管理からは認識可能)
・マザーボードのBIOS設定が、OSをインストールする NVMe SSD ストレージだけでなく、インストールするメディア(DVD等)が入ったオプティカル・ドライブ(DVD、Blu-Rayドライブ等)も UEFI モードになっている必要がある。
・Intelが正式サポートしているSkylake(Z170)世代以前のマザーボードでは、BIOSを改造しないといけない可能性がある(自己責任)。→BIOS改造必須の場合は、諦めます・・^^;。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった6人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

BOPEさん

  • レビュー投稿数:64件
  • 累計支持数:127人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
1件
124件
タブレットPC
1件
6件
SSD
7件
0件
もっと見る
満足度4
読込速度5
書込速度5
消費電力無評価
耐久性無評価

   

   

Lenovo E585に使用
TranscendのTS256GMTE220Sがブルスク連発だったので
コスパ重視でAGIのこちらのSSDに載せ替え
その後ブルスクは出なくなりました。

スペックを考えれば速度は十分かなと思いますが
若干温度が高いような気がします。

E585には元々板状のヒートシンクがついていますが
それでもネットサーフィンで50度くらいには上がってしまいます。
TranscendのSSDは30度台だったので
自分的にはかなり温度が高くなったと感じてしまいます。
何か対策したいなと思います。

レベル
初めて自作
重視項目
コスト重視

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

2084さん

  • レビュー投稿数:36件
  • 累計支持数:61人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

PC用テレビチューナー
2件
285件
ブルーレイ・DVDレコーダー
3件
113件
ノートパソコン
3件
107件
もっと見る
満足度5
読込速度5
書込速度5
消費電力無評価
耐久性無評価

 組み込み方を理解するのに 約3週間。購入したのがひと月前(3,980円)。

インテルバージョンF2.SSDの、H170での組み込み方を そっくり 真似ました。

 クローンのクローーンて形になりました。

@ssdにクローーン。

Assd を、 マザーボードシリアル端子に繋いで。−−でディスクの管理ツールでは 1. 

B F2.ssdを、 思い切って セットしました(緑の点滅ランプが 格好いいね。 ”” これが 0.

 HD革命5のクローーンで、無事終了。−−もとのシリアル端子1が空いたことになりました。

速さは、体感可能ですーー以前ピクセラのテレビがGPTフォーマットだと細切れになるとぼやきましたが、
 大幅に改善しました、3倍以上は速いと思います。
 参考程度にーーちなみにマザーボードは HPコンパックのB250です。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

AGI256G16AI198のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

AGI256G16AI198
AGI

AGI256G16AI198

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2018年12月10日

AGI256G16AI198をお気に入り製品に追加する <41

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[SSD]

SSDの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(SSD)

ご注意