Sound BlasterX G6 SBX-G6 レビュー・評価

Sound BlasterX G6 SBX-G6 製品画像
最安価格(税込):

¥14,580

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥14,580

ドスパラ

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥14,580¥16,280 (14店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥14,652 〜 ¥14,652 (全国66店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:外付け インターフェース:USB 出力サンプリングレート:32bit/384kHz 入力サンプリングレート:32bit/192kHz Sound BlasterX G6 SBX-G6のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Sound BlasterX G6 SBX-G6の価格比較
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6の店頭購入
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6のスペック・仕様
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6のレビュー
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6のクチコミ
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6の画像・動画
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6のピックアップリスト
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6のオークション

Sound BlasterX G6 SBX-G6CREATIVE

最安価格(税込):¥14,580 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 8月中旬

  • Sound BlasterX G6 SBX-G6の価格比較
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6の店頭購入
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6のスペック・仕様
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6のレビュー
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6のクチコミ
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6の画像・動画
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6のピックアップリスト
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6のオークション

Sound BlasterX G6 SBX-G6 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.12
(カテゴリ平均:4.20
レビュー投稿数:15人 (プロ:1人)
  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
安定性 安定して動作するか 3.98 4.26 2位
音質 音質のよさ 4.43 4.34 3位
機能性 機能の豊富さ 4.31 3.91 3位
入出力端子 入出力端子の豊富さ 4.02 3.95 3位
付属ソフト 付属ソフトの質と量は適切か 3.33 3.44 4位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Sound BlasterX G6 SBX-G6のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:26人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
12件
0件
ノートパソコン
2件
0件
PCモニター・液晶ディスプレイ
2件
0件
もっと見る
満足度3
安定性2
音質4
機能性3
入出力端子3
付属ソフト4

【安定性】
ESETとの相性が最悪なので、問題点がわかるまで何度もインストールを繰り返した。最終的にはこれを使うPCはNortonに変更。

【音質】
音楽や動画では普通。ゲームにおいては隅々まで、敵を察知できるのでいいかな。

【機能性】
特筆すべき機能はないかな

【入出力端子】
普通

【付属ソフト】
結構色々な機能がついていて楽しい。ボイスチェンジャーは気軽に遊べるので試して欲しい。

【総評】
ゲーミングアンプとしては標準的な機能かな。
音楽はこれで聴いてないので未評価ですが、特別良くも悪くもない。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

terumhさん

  • レビュー投稿数:88件
  • 累計支持数:110人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

PCモニター・液晶ディスプレイ
8件
0件
マウス
8件
0件
キーボード
7件
0件
もっと見る
満足度4
安定性4
音質5
機能性4
入出力端子5
付属ソフト3

【安定】
ものすごく相性が出やすく、安定動作まで設定を見直さないといけません
再生プレーヤーでの相性もあり、ASIOは使い物にならなく、WASAPIで再生してます。

【音質】
音質は意外と低音が効き、悪くありません、入門で使うならありだと思います。

【機能性】
デジタル、アナログ、USB入力ができボリュームも調整できます。
ゲームモードもついてて、悪くはないです。

【入出力端子】
先に述べましたが、入力はUSB、アナログミニジャック、デジタルミニジャック、マイク端子
出力は、アナログミニジャック、デジタルミニジャック、ヘッドホン端子
この内、アナログとデジタルのミニジャックはどちらかの使用になります。

【付属ソフト】
最低ですね、いらないくらいです。
まず、自分の環境でデバイスを認識していない、WIN10ですが自動的にドライバが入るので入れる意味がないくらいです。
どのような動きをするのかも確認できません。

【総評】
サウンドブラスターは、いくつか使用したことがありますが、今回ハイレゾ再生を試したくて購入しました。
自分は、デジタル出力が欲しかったのでこれにしましたが、そういう意図がなければ、同価格帯の他のものを選択肢に入れたほうが良いかもしれません。
癖が強いので、万人に勧められるものではないですね。

追記
ソフトが更新されてデバイスが認識しました。
ゼンハイザーのヘッドセット購入したのですが、組み合わせが思ったよりいいです。
音楽プレーヤーをミュージックビーで使用してますが自分には合ってました。
後は、ソフトウェアが更新早ければ言うことないです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった3人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kemukemu19さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

サウンドカード・ユニット
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性4
音質5
機能性5
入出力端子3
付属ソフト5

音質向上のために購入しました。
購入前のオンボードよりも音質はかなり良くなりましたが、パソコン起動時に原因不明の音割れが稀に発生することがあります。
USBのほうのケーブルを抜き差しすると直ります。
端子は少ないと思います。ケーブルを分配するものが無いと、一つの出力機器しか繋げません。
見た目がかっこいいのと、上部真ん中にあるロゴの発色は設定で色々変えることができて気に入っています。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

亀吉1228さん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:96人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
55件
レンズ
2件
9件
スマートフォン
2件
8件
もっと見る
満足度5
安定性4
音質5
機能性3
入出力端子4
付属ソフト3

【安定性】
たまに認識しない時がありますが、使っている最中に問題が起こることはありません。

【音質】
主にFPSをやりますが、凄くいいです。臨場感あるサウンドが楽しめます。公式HPにも謳っているように、これはゲーミングDACですね。たぶんミュージック用としてはあまり効果がないように思います。

【機能性】
特に問題はありません。

【入出力端子】
必要十分です。

【付属ソフト】
最初からプリセットが何種類か入ってます。自分のお好みで調整することも可能です。

【総評】
最初は内蔵型にしようとしたのですが、ノイズなどの心配があり外付けにしました。
これを買って大正解でした。FPSがより楽しくなりました。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

gogoGoogleさん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

SSD
3件
0件
PC用テレビチューナー
3件
0件
マウス
2件
0件
もっと見る
満足度2
安定性4
音質2
機能性無評価
入出力端子3
付属ソフト無評価

満足度は2点弱です。
音楽がメインです。(外国の)
他の人と異なり、評価は低いです。
サウンドカードが追加になっても、微妙に変化に余り気が付かない。
たまに、イラッとして外して、2.1chのスピーカーを直に付けることもあり(他メーカー)
またcreative 5.1ch スピーカーにもイラッとして2.1chのスピーカーに変えたり(他メーカー)、メーカーに返品要求するも大した返事無し。
なぜ、どうして?creativeサウンドカードが人気ある意味さっぱり分からん????/
トラブルみたいなのは、とりあえずないのだが。。。。

creative スピーカー or creative サウンドカードの人気ある意味、どなたか暇ありましたら教えていただけないでしょうか?

os :Win 7
cpu :i7
memory :32
グラフィック :2GB
ssd :1TB
その他のスペックは省く。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

midupperさん

  • レビュー投稿数:44件
  • 累計支持数:47人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
4件
0件
LANケーブル
3件
0件
Bluetoothスピーカー
2件
0件
もっと見る
満足度4
安定性3
音質4
機能性4
入出力端子4
付属ソフト3

ゲームには使っていません。PCオーディオ用としてのレビューです。

【安定性】
入力出力とも反応しないことがあります。
再起動すれば回復しますが、挙動にはやや不安があります。

【音質】
ノイズ少なく、綺麗な音です。
音の深みとか迫力といったものは今一つと感じます。小型軽量ゆえでしょうか。

【機能性】
PCでの録音再生用として十分な機能を持っています。

【入出力端子】
入出力ともラインと光兼用端子です。アナログとデジタル同時に接続はできません。

【付属ソフト】
環境音ハイライトやバーチャルサラウンドなど、ゲーム音声向けとして非常に多機能のようです。
私はダイレクトモードしか使いませんので細かい評価はできません。
ひとつ、USB抜き差しした場合、Windowsはデバイスを認識しているのに付属ソフトでは認識しません。設定変更/確認は本体ではできずソフトが必要なため、PC再起動を余儀なくされます。この点は不満です。ソフトのアップデートを望みます。

【総評】
出力32bit/384kHz、入力32bit/192kHzの高スペックに惹かれ購入しました。たいへん綺麗な音でした。1万円と少しの価格を考えれば良い製品と思います。ソフト含めての安定性は改善を望みます。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Xaicoroさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:35人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

サウンドカード・ユニット
3件
4件
PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
0件
メモリー
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性4
音質5
機能性3
入出力端子3
付属ソフト3

SBConnectにあるヘッドホン/スピーカーの切り替えスイッチ

スタイリッシュなイコライザー、出力レベルの一括調整は廃止に

プリセット選択式のみの新しいボイスチェンジャー

G5からの乗り換えで購入したため基本部分は他の方のレビューを参考に
していただくとして、主にG5との比較を中心に書かせていただきます。
また、私はオーディオ関係に造詣が深いわけではありませんので表現が
拙い部分もあるかと思われます。

【G5からの変化とその感想】
主観的に変化が見られたところに触れていきます。

●スペック上ではサンプリングレートが32bit/384kHzにアップ
 G5よりも音の情報量では倍以上というトンデモ進化です。
 が、私には劇的に音が変わったようには感じられませんでした。
 G5のスペックでも高いくらいだったので私には知覚できないようです。

●光入力がDolbyDigitalに対応
 PC以外のUSB接続ではステレオになってしまうため、多チャンネルに
 対応するにはDolbyDigitalの光入力を使うしかありません。
 これでようやくG6単体でもサラウンドで動作してくれるわけですね。

●本体LEDの色や光り方を設定可能
 いま流行りのイルミネーション設定です。音に合わせて明滅させたり
 ゆっくりと色を変化させたりすることが可能です。ただ、本体上部の
 X字のロゴのみなので個人的にはその存在意義に疑問が残ります。
 この設定は本体には記憶されないため、ライトをOFFにするにしても
 違う色に光らせるにしてもSBConnectを起動させる必要があります。

●USBダウンストリームポートの排除
 最近のPCはUSBポートの数が多いので問題になりにくいかと思われますが、
 個人的にはG6が埋めた1ポートの代替がなくなってしまったので残念です。
 ハブを使用するまでもないけどポート数もギリギリという私の環境では
 不満に思いました。

●端子を接続したままスピーカーとヘッドホンを切替可能
 ズバリ買い替えた理由です。内部部品に白いリレーボックスが見えたのと
 SBConnect左下の切り替えスイッチが見えたのでもしやと。
 この切り替え機能については後ほど掘り下げます。

●プロファイルの扱いが変化
 G5では3つのプロファイルを切り替えることができましたが、G6では
 スピーカーとヘッドホンの2つだけになりました。出力先を切り替えると
 それぞれのプロファイルが自動で有効になります。出力先を固定で
 シーンごとに使い分けしていた人にとっては改悪に感じるでしょう。
 ここは是非が分かれるところです。

●設定ソフトがAcousticEngineからSoundBlaster Connectへ
 新しい世代になった、というところです。全体的にやや扱いづらく
 個人的にAoucticEngineのほうが好きでした。
 DSPも変化していないのでサラウンド等の音響効果はほぼ同じです。
 設定項目もガラッと変わり、イコライザに出力レベルの設定が
 なくなっています。
 本体にはボリュームの設定を記憶させることができないため、
 記憶可能なボリューム設定が事実上失われたことになります。
 また、マイク設定ではノイズゲートを任意にON/OFFできる反面
 ボイスチェンジャーはプリセット選択のみになり、声の成分を自分で
 作ることができなくなっています。

【導入時に気づいたこと】
ドライバーとソフトウェアを導入するにあたって、公式からダウンロード
するときに気になる一文がありました。
「このソフトウェアをインストールするには、
 PC BIOSでUEFI起動をオフ/無効にします。」
FastBootのオフならわかりますがUEFIオフって何でしょうかね・・・
GPTにしてすでにUEFIインストール済みなので避けられないのですが。
そのままインストールしてみましたが、G6を認識するものの正しく動作
しませんでした。一旦すべてアンインストールしてセーフモードから
インストールすることで問題なく動作しました。

【出力切り替えについて】
G6ではSBConnectの左下にあるアイコンを押すことでプラグを挿したまま
出力を切り替えできるようになりました。本体ボリュームノブを押しても
できますがどちらも一手間で手軽にというわけにはいきません。
そこでホットキーで出力を切り替えるソフトを作成して常用しています。
興味がある方はこちらに置いておきますので自己責任の上でどうぞ。
中のテキストに必ず目を通してください。
http://www.mediafire.com/file/rs7pp74q78s21p9/G6Switch.zip

【総じて】
DolbyDigital対応と出力切り替えによって個人的には最高のデバイス
と言っていい仕上がりになっていました。ただしG5から切り捨てられた
機能も少なくないため、「PS4をサラウンドでプレイしたい」「スピー
カーとヘッドホンを切り替えて使いたい」という場合を除き
あえてG6にする必要はないと感じたのも事実です。
どちらを選んでもオススメのデバイスですので予算と用途にあわせて
選んでみてはいかがでしょうか。

比較製品
CREATIVE > Sound BlasterX G5 SBX-G5
レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tora580さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:37人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
2件
0件
SDメモリーカード
1件
0件
PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性2
音質5
機能性5
入出力端子4
付属ソフト2

手持ちのヘッドホンでバーチャルサラウンドを体感できる製品としてSU-DH1を愛用しておりましたがすでに生産中止しているため代替製品を探しておりました。
いくつかの製品を試しましたがこの製品の使用感が一番良かったです。

【安定性】
安定感バッチリとはいかないいつものクリエイティブ品質ですね。
たまに専用ソフト側やWindows側から認識しない事があります。
専用ソフトを再起動させれば正常動作してくれますので致命的欠陥という訳ではありません。

【音質】
ノイズ等もなくこの価格帯の製品では悪くないと思います。
個人的に一番心配だったバーチャルサラウンド機能有効時の音質も悪くなくサラウンド感は優秀です。
SU-DH1を比較すると最初は違和感がありましたがフィルターをファストロールからスローロールの変更した所、SU-DH1のサラウンド感覚に近い設定ができました。

【機能性】
機能は豊富です。
イコライザーからサラウンド設定、ライティングの設定と幅広く揃っております。
ヘッドホンの定位も悪くなくScout Modeと組み合わせるとFPS等では確実にキルレが上がるでしょうね。

【入出力端子】
USBだけでなくSPDIF入力もできますので悪くはありません。
欲を言えばNintendo Switch用にHDMI端子も欲しかったですが。

【付属ソフト】
これは安定性の評価と重複しますがソフト側の安定性がイマイチです。

【総評】
自分の購入動機であるヘッドホン用バーチャルサラウンド製品としては大満足です。
動画やゲーム等では臨場感あるサラウンド機能を体感できます。
またゲーマー用サウンドカードてしても十分及第点でしょう。
従来のSound Blasterで使えていた機能は一通り使えますしお値段も手頃なので内蔵型のサウンドカードから切り替えたいと思ってる人は筆頭候補に挙げていいと思います。
残念なのはUSB端子でNintendo Switchと接続しても7.1chとして認識してくれない事でしょうか。
まあ音質は確実に上がるので接続するのは無意味ではありませんが。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ダイナマイト屋さん

  • レビュー投稿数:69件
  • 累計支持数:353人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

CPU
2件
220件
マザーボード
2件
145件
自動車(本体)
1件
135件
もっと見る
満足度5
安定性5
音質5
機能性5
入出力端子3
付属ソフト4

【安定性】
今のところ問題ないです

【音質】
MIX AMP PRO TRと比べてみましたけど細かくいじれるのはこっちなんで好みの音にしやすいのはこっちかな
【機能性】
PS4でもボイスチェンジャーが使えるようになるのは楽しい

【入出力端子】
少ないですけど最低限のものはあるのでいいかな

【付属ソフト】
プリセットが色々あるのは楽しいけど何パターンか登録できてPC無しで本体で切り替えられたらもっとよかった

【総評】
G5はPS4で使う分にはステレオにしかならなかったので買い替えましたが定位もさながらG5より色んな音がハッキリ聞こえるようになりました。ゲームによってはいらない音まで拾ってますけど

使い勝手でいえば新型ASTRO MIX AMP PRO TRに分が上がりますが音質と値段ではコチラに分がありますね。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

etemoさん

  • レビュー投稿数:55件
  • 累計支持数:97人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
0件
23件
マザーボード
0件
18件
イヤホン・ヘッドホン
6件
11件
もっと見る
満足度4
安定性5
音質4
機能性4
入出力端子5
付属ソフト3

PCIe Sound Blaster Z SB-ZからSBX-G6へ

mediamonkey stereo-tool shure-se535ltdで利用しています

・SB-Zで物足りなかった感じが良くなった
・SB-Zより、耳と音の距離が遠くなったのが良い
・個々の音(ドラム、ギター、ベース)がハッキリ聞こえる。分離って言うのかな?
・本体のボリュームとSound Blaster Connectソフトのボリュームは連動している
・低音が大きくなった

・ホワイトノイズがある。ハッキリ聞こえる。
・イコライザの設定はSB-Zの方が分かりやすかった。

比較製品
CREATIVE > PCIe Sound Blaster Z SB-Z
レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

オールドモグラさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

サウンドカード・ユニット
1件
3件
もっと見る
満足度4
安定性2
音質5
機能性5
入出力端子5
付属ソフト2
   

ライン出力−ライン入力ループバック192kHz16bit周波数特性

   

 私はゲームはやりませんが、PCで高音質で音楽再生したいのと、オーディオアナライザー的な使用目的のために購入しました。
 購入にあたり、音楽CDの44.1kHzでWASAPIの排他モードが使えること、入力でなるべく高い周波数まで可能であることを条件として製品を探しました。メジャーどころのクリエイティブさんに質問したところ、条件を満たしており、購入しやすい価格で、決め手はイコライザー機能がありWindowsのAudioEngineを経由して音をいじる必要が無く、製品側で対応できることでした。

【WASAPIでの使用可能フォーマット】
 WaveGeneとWaveSpectraで確認しました。
 ただし全ての動作まで確認したわけではありません。

 ・WASAPI再生での使用可能フォーマット
 44.1/48/88.2/96/176.4/192/352.8/384kHz, 16/24/32bit の全ての組み合わせ

 ・WASAPI録音での使用可能フォーマット
 44.1/48/88.2/96/176.4/192kHz, 16/24/32bit の全ての組み合わせ

【電気的特性】
 ライン出力−ライン入力ループバックで、入出力とも192kHz16bitでの周波数特性を画像添付しました。ほぼ80kHzまで伸びており、なんちゃってハイレゾではなく良好だと思います。
 量子化ノイズにも注目して測定してみましたが良好でした。とくにヘッドホンハイゲインでは、最大7V(ゼロ−ピーク)の出力電圧が得られ、ハイインピーダンスのヘッドホンでも余裕で駆動できるものと思われます。

【音質】
 ヘッドホン試聴での第一印象は、良いっちゃ良いが、やや軽い音と感じました。まあUSB電源であることを考えれば健闘していると思います。foovar2000のWASAPI排他モードから製品側ダイレクトモードでの音質は最高でした。

【サウンドブラスターコネクト アプリ】
 PCがスリープから復帰後、製品との通信が切れてしまい、PCを再起動しないと回復しません。クリエイティブのサポートと連絡を取り、色々と対応している最中です。アプリの操作でもおかしな点があり使い難いです。安定性の評価はアプリを含んだ評価となります。これらの点により、総合評価は星一つ下げました。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

藤本健さん

  • レビュー投稿数:81件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールDTM、デジタルレコーディング、デジタルオーディオといった分野を中心に書いているライター。高校・大学在学中よりシンセサイザ、シーケンサなどの開発、製品化を行っていたが、1989年にリクルートに入社して編集者に。2002年に早期定年退職をす…続きを読む

満足度5
安定性5
音質5
機能性5
入出力端子5
付属ソフト5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

384kHz/32bitの再生が可能な小さなオーディオI/F Sound BlasterX G6

フロント中央にボリュームノブ、左右にミニジャックが装備されている

リアのミニジャックは左がLINE IN兼S/PDIF IN、右がLINE OUT兼S/PDIF OUTとなっている

Sound BlasterX G6は384kHz/32bitの再生が可能な小さなオーディオインターフェイス。Sound BlasterXシリーズには、USB接続の外付けタイプの「Sound BlasterX G6」、PCI Express x1接続の内蔵型タイプの「Sound BlasterX AE-5」が存在し、いずれも再生は384kHz/32bitに対応するスペックを持っている。

ほとんどのオーディオインターフェイスのサンプリングレートは192kHzまでとなっている中、手頃な価格で再生が384kHz、録音で192kHzに対応している製品は少ないので、試してみる価値はあるだろう。

さて、本体を見てみると、すぐに感じるのはとってもコンパクトな機材であるという点。多くのオーディオインターフェイスはXLRの入力を装備しているので、必然的に大きくなり、一般的にはハーフラックサイズ以上となっているが、これは手のひらに乗るサイズであり、見かけ上はポータブルヘッドホンアンプみたいだ。

フロント中央にはボリュームノブがあり、左右にミニジャックが装備されている。2つのミニジャックは左側がヘッドホン出力、右側がマイク入力となっているが、マイク入力はファンタム電源が使えるわけではなく、内蔵のマイクプリアンプも音楽制作用というイメージのものではないので、それほど期待しないほうがいいだろう。

ちなみに、このヘッドホン出力に接続するヘッドホンのインピーダンスに応じて、出力を変えることができるのもSound BlasterX G6の特徴だ。サイドにあるGAINというスイッチを用いて16〜149Ωの場合はL側、150〜600Ωの場合はH側にすることで、最適なレベルに調整することが可能となっている。

一方、リアにはPCと接続するためのmicroUSB端子と、ミニジャックが2つ搭載されている。このリアのミニジャックは左がLINE IN兼S/PDIF IN、右がLINE OUT兼S/PDIF OUTとなっている。なので、ステレオミニジャックを挿せばライン入出力として機能し、光オプティカルの丸型端子を挿せばS/PDIFデジタルとして機能する仕組みになっている。

このSound BlasterX G6の対応機器はWindows、Mac以外にもPS4、Nintendo Switch、Xboxシリーズに対応している。Windowsの場合はドライバ、ユーティリティソフトが用意されており、これを使うことでASIOドライバも利用可能となる。Macの場合はとくにドライバは用意されていないが、CoreAudioドライバが機能しCubaseやStudio Oneほか各種DAWで使うことができる。

またレイテンシー問題に関しては、WindowsのASIOドライバの設定項目を見てみると、バッファサイズを直接指定するのではなく、レイテンシー自体を指定する形になっており、最小で1msecまで設定できるようになっている。この1msecに設定しても特にマシン負荷が大きくて使えないということはなく、実際に使うことができる。

ゲームや映画鑑賞、DTMでも使えるコンパクトなオーディオインターフェイスがこの価格で入手できるので、モバイル用途に1つ持っていても損はないだろう。

私が運営しているDTMステーションではSound BlasterX G6について、もっと詳細に紹介しているので、ぜひそちらも参照していただきたい。

「384kHz/32bitの再生も可能な15,000円の小さなオーディオインターフェイス、Sound BlasterX G6の実力」
https://www.dtmstation.com/archives/22545.html

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Toyo6811さん

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:127人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
14件
80件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
2件
ヘッドセット
2件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
音質5
機能性5
入出力端子無評価
付属ソフト無評価

PCメインでは無くPS4スリムでの使用。
現在のところ当方FPSはしません。チーターや荒らしが蔓延するオンラインゲームが大嫌いなので。
プレイするのは現在のところウィッチャー3ワイルドハント。今後もプレイするのはオンライン要素の無いアドベンチャーやアクション、RPGくらいでしょう。
PS4スリムなのでPS4からテレビへのHDMI出力の間にHDMI光音声分離器を介して居ます。一部では一旦HDMIでテレビへ入力し、テレビの光出力からG6へ入力すれば良い等の記述が見受けられます。確かにそれでも使えますが、SBXインジケーターが点灯しませんのでバーチャルサラウンドは機能しません。必ず分離器を介するか、素直にPS4を買いましょう。僕もいずれはPS4pro2TBに買い換えるつもりです。
細かいイコライジングはPCにて行う必要が有りますが、PCへのコンパニオンアプリインストールがやや困難でした。普通にインストールしただけではG6を認識せず、サポートに問い合わせたところ、セーフモードで起動した状態でコマンドプロンプトでインストールする様アドバイスを受けました。ヒヤヒヤながら言われた通りに実施すと無事インストール成功。PCにも微細な不具合も無く使えています。
コンパニオンアプリのプリセットイコライザーにウィッチャー3 が有りますのでその設定をG6に記憶させて使用していますが、素晴らしいですね。臨場感没入感がかなり向上して楽しいです。
ウィッチャー3 は現在では古い部類のゲームですがGOTYに選ばれる程の名作。何周しても飽きが来ない。オープンワールド系ゲームの指標となったゲーム。
ヘッドホンはDENONの1100ですが、いずれはもっと音質の良いヘッドホンでプレイしたいです。
Mix ampやgame DACの様にゲーム音量やチャット音源のボリュームや比率を調査出来る機能はありませんが、オンラインゲームをしない僕には無用な機能。
G6で充分。
またG6の内臓DACチップがハイレゾ対応なので、PCに繋げばハイレゾDACとして使えるのも有難い。
良い買い物でした。

重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ガリ狩り君さん

  • レビュー投稿数:238件
  • 累計支持数:664人
  • ファン数:30人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
18件
2016件
SSD
11件
799件
動画編集ソフト
11件
633件
もっと見る
満足度4
安定性5
音質4
機能性5
入出力端子5
付属ソフト4
 

イコライザーカーブ

アコースティックエンジン

 

一時の繋ぎ目的に購入したBTOノートPCから、そのままジャックに差しての利用では、充分な音量を得ることも厳しいヘッドホンを使っている為、今回はこの製品を購入しました。
ゲーム利用目的ではございません。


【安定性】

今のところ特に目立つ不具合もなく、安定して利用できています。
利用される際には、この製品をPCに繋ぎ認識させた後に、ドライバーならびにプラグインアプリ類を、メーカーサイトからダウンロードしてインストールしてください。


【音質】

USB接続からの入出力となりますが、目立つようなノイズもなく、ハイインピーダンス仕様や能率の低いヘッドホンであろうと充分な音量を得て、特に不満なく利用できています。

ゲーム用途色の強い製品ではあるものの、イコライザー設定等を使うと、より良い音で楽しめるものと思います。
EQ調整等の機能利用には、Sound Blaster connect2をインストールしてください。
USB接続では出力サンプリングレート32bit/384kHzなので、この値段から見ても充分な内容でしょうね
プラグインによるフィルター機能を好まれない場合は、ダイレクト設定によりエフェクト効果を無効化できますが、イコライザー設定は無効となります。

アコースティックエンジンによりエフェクトを盛りすぎると、異様な音の出方になるので、最小限の機能有効化が望ましいですね。
音楽の試聴用途でしたら、参考画像の様な感じがバランス良いものと思います。
イコライザーカーブは極力緩やかに設定して、DAWやDTMによる編集制作の利用では、ダイレクト設定と切替えながらの確認
は避けて通れません。
ミュージック試聴の利用では、足しすぎたり効果を強め過ぎてしまうと、逆効果(または悪影響とも言う)になるエフェクトも含まれるため、この辺で評価を一つ下げました。


【機能性】

この製品のイルミ設定など、細かい調整は可能。
ヘッドホンのインピーダンス(ゲイン)に応じて、側面部のスイッチにて切替えはチョット面倒です。

DTM利用では内容は充分です。


【入出力端子】

メーカーWebサイトに記載の仕様通り。


【付属ソフト】

付属ソフト(プラグイン)とドライバー類はメーカーサイトからのダウンロードとなります。
Sound Blaster connect2は多様な設定ができる代りに、DTSのプラグインに慣れてしまうと、逆に面倒と思う場もありました。


【総評】

イコライザー調整含めて30分程度触り、 簡単にセッティングができましたので、持ち運んで利用も楽なものと思います。
AHT-R70xやT60RPの様に一癖あるヘッドホンも、難なくドライブさせることもできました。
無駄数打って機能を有効化するのではなく、必要な機能だけ有効にして、足し算引き算の利用が望ましいのかもしれません。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

パッスン3830さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
0件
7件
デジタル一眼カメラ
0件
1件
サウンドカード・ユニット
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性5
音質5
機能性4
入出力端子3
付属ソフト3

以前G5を使用してガッカリだらけだったのですが、今回光入力でも5.1chをサポートしたとのことで購入してみました。

G5ではPS4との接続で光端子を使うにもかかわらずステレオだったのですが、G6では5.1chに対応。
パソコンでBFVをプレイしたところ、ダイレクトモードが一番聞きやすかったです。
PS4ではダイレクトモードが使えないのでスカウトモードが良いです。
エフェクトをかけると定位がイマイチで、エフェクトをかかて使うのは映画鑑賞がメインになりそうです。
あとG5にはあったUSBタイプA端子がなくなっています。
あくまでバーチャルサラウンドですが、この値段でこの性能は良いと思います。
パソコンでハイレゾ音源を聴くには公式HPよりドライバーをダウンロードしなければならない。
USB入力とライン、光入力を同時に聞けるがヘッドホン出力とライン出力は排他。
ダイレクトモード、スカウトモード、エフェクトモードも排他。
マイク入力を本体で調整できるようになったのは◎
ヘッドホン出力とライン出力両方接続した時にライン出力が優先されるが、切り替えスイッチが無いのが△
切り替えにはパソコンで操作が必要

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Sound BlasterX G6 SBX-G6のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Sound BlasterX G6 SBX-G6
CREATIVE

Sound BlasterX G6 SBX-G6

最安価格(税込):¥14,580発売日:2018年 8月中旬 価格.comの安さの理由は?

Sound BlasterX G6 SBX-G6をお気に入り製品に追加する <117

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[サウンドカード・ユニット]

サウンドカード・ユニットの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(サウンドカード・ユニット)

ご注意