ROG STRIX Z390-I GAMING レビュー・評価

2018年10月下旬 発売

ROG STRIX Z390-I GAMING

  • Z390チップセット搭載のインテル製CPU向けMini-ITXマザーボード。ゲーミング向けで、第8世代/第9世代 Coreデスクトッププロセッサーに対応。
  • 内蔵I/OシールドとVRMヒートシンク、ダブルデッカーM.2ヒートシンクを搭載し、包括的に冷却を行う。
  • 「SupremeFX S1220A」と「Sonic Studio III」の組み合わせで奥行きのあるサウンドを実現し、アクションへの没入感が向上。
ROG STRIX Z390-I GAMING 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥― (全国20店舗)最寄りのショップ一覧

フォームファクタ:Mini ITX CPUソケット:LGA1151 チップセット:INTEL/Z390 メモリタイプ:DDR4 ROG STRIX Z390-I GAMINGのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • ROG STRIX Z390-I GAMINGの価格比較
  • ROG STRIX Z390-I GAMINGの店頭購入
  • ROG STRIX Z390-I GAMINGのスペック・仕様
  • ROG STRIX Z390-I GAMINGのレビュー
  • ROG STRIX Z390-I GAMINGのクチコミ
  • ROG STRIX Z390-I GAMINGの画像・動画
  • ROG STRIX Z390-I GAMINGのピックアップリスト
  • ROG STRIX Z390-I GAMINGのオークション

ROG STRIX Z390-I GAMINGASUS

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年10月下旬

  • ROG STRIX Z390-I GAMINGの価格比較
  • ROG STRIX Z390-I GAMINGの店頭購入
  • ROG STRIX Z390-I GAMINGのスペック・仕様
  • ROG STRIX Z390-I GAMINGのレビュー
  • ROG STRIX Z390-I GAMINGのクチコミ
  • ROG STRIX Z390-I GAMINGの画像・動画
  • ROG STRIX Z390-I GAMINGのピックアップリスト
  • ROG STRIX Z390-I GAMINGのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > マザーボード > ASUS > ROG STRIX Z390-I GAMING

ROG STRIX Z390-I GAMING のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.40
レビュー投稿数:6人 
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
安定性 安定して動作するか 5.00 4.52 -位
互換性 パーツとの相性など 4.80 4.41 -位
拡張性 拡張性スロットやポートは十分か 3.55 4.11 -位
機能性 付加機能は十分か 4.51 4.25 -位
設定項目 設定項目は豊富か 4.81 4.21 -位
付属ソフト 付属ソフトの質と量は適切か 3.50 3.77 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ROG STRIX Z390-I GAMINGのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:60件
  • 累計支持数:59人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

CPU
12件
14件
マザーボード
14件
5件
グラフィックボード・ビデオカード
7件
2件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性4
設定項目4
付属ソフト無評価

【安定性】普通に安定します

【互換性】普通にZ390として

【拡張性】求めては駄目だと思う

【機能性】充分

【設定項目】豊富

【付属ソフト】使ってません

【総評】小さいながらも良くできたマザーボードです
メモリも良く回ります(ASRockとは段違い)
Z390で小さいゲーミングPC組むならコレが最良です。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

D830さん

  • レビュー投稿数:55件
  • 累計支持数:169人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
13件
307件
PC何でも掲示板
0件
296件
CPU
11件
269件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性3
機能性5
設定項目5
付属ソフト無評価

ITXマザーですが、最新のBIOSで9900KSも問題無く使用できます。
デフォルト設定で高負荷時は30秒程で全コア5GHzからクロックダウンしますが、BIOSでパフォーマンスモードにすれば高負荷時もクロックダウンすることなく動作可能になります。
冷却性能は必要ですのでそれなりのクーラーでご使用ください。

また、オーバークロックもNoctua NH-D15ブラックを使用で9900KS 5.2GHz DDR4-4600でも動作可能でした。
少々お値段はしますが、性能的に優れたマザーだと思います。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

80Bさん

  • レビュー投稿数:32件
  • 累計支持数:151人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
3件
1件
薄型テレビ・液晶テレビ
3件
1件
グラフィックボード・ビデオカード
3件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性4
設定項目5
付属ソフト無評価

AMD Ryzen全盛の昨今ですが、やはり安定性には一日の長があると判断し、常用サブマシン用に購入。

ITXなので拡張性や機能性に難があるのは承知のうえで、それでも有線LANポートは二個欲しかった。
それ以外の点では文句なし。
組みやすさも作動後の安定性もさすがのAsusとしか評しようがありません。

Z390用のITXマザーボードではROG(Republic Of Gamers)ブランドでの発売になっており、その方面に特化したチューニングがされている模様ですが、普通に常用マシンとして重宝してします。

付属ソフトについては利用する気が無いので無評価とします。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ムンムン3さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性4
拡張性4
機能性4
設定項目5
付属ソフト無評価

高スペックなコンパクトPCを作るためにこのマザーボードを選びました。
主な構成としては、

CPU  Core i9 9900K 
GPU RTX 2080Ti
メモリ TRIDENT Z RGB F4-3200C16D-32GTZR(16GB)
となります。
本格水冷でCPU、GPUを冷却しています。

このマザーボードでもCore i9 9900Kを全コア5GHzで常用することが可能です。  
その場合は冷却に気を使いますが、冷却がうまくいけばOC自体は楽です。
I/O部分にまたがる大きなヒートシンクのために使えるCPUクーラーに制限が出てくるので寸法を事前に確かめる必要があると思います。
グラフィックボードを取り付ける際にこの大きなヒートシンクがバックプレートと干渉することを危惧しましたが、ぎりぎり大丈夫でした。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

じゅりあんままさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
3件
NAS(ネットワークHDD)
0件
4件
有線ブロードバンドルーター
0件
2件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性無評価
機能性5
設定項目5
付属ソフト4

外に抱っこラジエーター(笑)

耐熱絶縁用のカプトンテープとも呼ばれるタイプの物でマスキングしました。

こんな感じでいいのかな?

 

神に習いティッシュ(笑)

テンパって塗った写真撮ってなかった(^◇^;)

 

しつこくお邪魔します。
以前、窒息ケースの続編の再投稿です。
目標はCPUPackage温度MAX80度(なので基本70度台推移とする)のエンコードマシンにする事。せっかくの9900Kなので5GHzキッチリ動かしたくなってしまいました(^^)
このケースを手放せば楽に冷えるのにムキになってその制約下で遊んでます。
アレから9900Kは冷やした分だけ回る子だと知ったので
可能な限りの構成を見直しました。
で変更した現在の構成ですがこれです

CPU:Intel Core i9 9900K
☆→殻割り+液体金属サンド
CPUクーラー:Ainex IS-40X
☆→Cryorig A40 Ultimate
M/B:ASUS ROG STRIX Z390-I GAMING
MEM:G.Skill F4-3600C19D-32GSXWB [DDR4 P C4-28800 16GB 2枚組]
SSD:ADATA SU800 2TB
HDD:WD 4T + SEAGATE 8T
ODD:Pionner BDR-211JBK
PSU:ENERMAX EMD425AWT
☆→ENERMAX EPM750AWT
CASE:星野金属 windy majesta rhapsody
OS:Windows10 64bit版 v1803
BIOS:Ver.2417

横に風穴を開け簡易水冷ラジエーターを設けました。
通常の27.5mm幅よりも幅太な38.5mmで3連のラジエーター容量に近いので3連に肉迫した性能が出るのでは?と勝手な妄想による選択です(笑)

設定値は
Core i9 9900KのOC設定は「CPUクロック倍率:50」「CPUキャッシュ倍率:47」「CPUコア/キャッシュ電圧:1.290V(固定モード)」「ロードラインキャリブレーション: Level 7」「SVIDサポート: Disabled」「C State: Disabled」「AVX offset : 0」「メモリ周波数:XMPにて3600MHz」としています。
この設定で何とかCPUPackage温度が一瞬80度な達する時があるものの、ほぼ70度台でエンコードできるようになりました。サーマルスロットリングも起きてなく
、AVXにも耐えてくれています。
上記の設定から「CPU倍率51」「CPUコア/キャッシュ電圧:1.325V(固定モード)」への変更も使用できますがCPUPackage温度が86度に達してしまうのでエンコード目的としては却下としました。
これで4K、H.265をガツガツエンコードできます。
友人のバンドのライブ映像を4KのUltra HD Blu-rayが出来た時は少し感動しました。
でも友人がUltra HD Blu-rayや4Kテレビを持ってませんでしたけどね(笑)

目的達成と判断した自分基準↓
CinebenchやOCCTで
@ストレス試験通る事
Aサーマルスロットが無い事
BCPUPackage温度がMAX80度に収まる事
をクリア出来たら肝心のエンコードにても上記範囲内で動作する事

前回倍率41まで落ちていた時を思えばかなり進歩しました。見様見真似設定で現在の知識で効果のあった事しか出来てませんがとりあえずカタチになりましたので区切り投稿となりました。
長文失礼しました。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった4人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

michael_193さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性4
拡張性3
機能性5
設定項目4
付属ソフト3

今回、本製品を購入してサブ機を組みました。

構成
CPU: intel Corei3-9350KF
MB: ASUS ROG STRIX Z390-I GAMING
GPU: ASUS ROG STRIX-GTX1060-O6G-GAMING
RAM: CENTURY MICRO CD8G-D4UE2400
クーラー: GAMDIAS CHIONE E1A 120R
SSD: Crucial P1 500GB
ケース: INWIN A1

【安定性】
特に不満もなく動作しています。

【拡張性】
Mini-ITXであるため、拡張スロットはPCIe x16が一箇所です。
ストレージに関しては、M.2スロットがありストレージの拡張性も良いと思われます。

【機能性】
I/Oパネルが既設されているため、組み立て時にとても楽でした。
RGBヘッダとアドレッサブルRGBヘッダが1つずつあるため、それぞれの光り物を設置接続することが出来ます。
今回は使用しませんでしたが、フロントUSB3.2 Gen2ヘッダがあり、対応したケースで使用することが出来ます。
IEEE802.11ac/n/a/g/b対応のWi-Fiモジュールが内蔵しているため、不満もなく無線でネットに繋がりました。
前面のM.2スロットにはしっかりとしたシートシンクが設置されています。

【設定項目】
ROG STRIXシリーズの製品だけあって、Mini-ITXであるにも関わらず細かい設定をすることも出来ます。(Z390であるためOCも可能)

【総評】
Mini-ITXで組む際、間違えのない選択肢であると思われます。
全体的にしっかりとしたヒートシンクが設置されているため、OC等の際も安定して動作できると思われます。
RGBヘッダとアドレッサブルRGBヘッダが1つずつある点で、Mini-ITXで光るPCを組む際にとても使いやすいと思われます。(下位モデルのROG STRIX H370-I GAMINGでは、アドレッサブルRGBヘッダ1つしかありません。)

小さいPCで光ってOCしたいなら、このマザーボードで決まり!

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

ROG STRIX Z390-I GAMINGのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

ROG STRIX Z390-I GAMING
ASUS

ROG STRIX Z390-I GAMING

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年10月下旬

ROG STRIX Z390-I GAMINGをお気に入り製品に追加する <101

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[マザーボード]

マザーボードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意