炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック] レビュー・評価

2018年 7月21日 発売

炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック]

  • 新素材「プレミアム本土鍋」で香り立つ旨みを引き出す炊飯器。陶器の本場「四日市萬古焼」のプレミアム本土鍋に、熱伝導性を高める「炭化ケイ素」を配合。
  • 不要な水分を取り除き、保温もおいしい「つや艶内ふた」と、ひと粒ひと粒のもちもちとした弾力を引き出す「可変W圧力」を採用。
  • 無理なく始められる「麦1割」と健康効果の高い「麦3割」を選べる麦専用計量カップや、本土鍋に麦めし専用水目盛付き。「麦がゆ」メニューも搭載。
炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック] 製品画像
最安価格(税込):

¥54,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥54,800¥108,166 (2店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:圧力IH炊飯器 炊飯量:5.5合 内釜:プレミアム本土鍋 保温時間:24時間 年間電気代:2197.8円 炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック]のスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック] の後に発売された製品炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック]と土鍋ご泡火炊き JPH-A102を比較する

土鍋ご泡火炊き JPH-A102

土鍋ご泡火炊き JPH-A102

最安価格(税込): ¥85,170 発売日:2019年 6月21日

タイプ:圧力IH炊飯器 炊飯量:5.5合 内釜:プレミアム本土鍋 保温時間:24時間 年間電気代:2189.7円
  • 炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック]の価格比較
  • 炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック]の店頭購入
  • 炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック]のスペック・仕様
  • 炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック]のレビュー
  • 炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック]のクチコミ
  • 炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック]の画像・動画
  • 炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック]のピックアップリスト
  • 炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック]のオークション

炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック]タイガー魔法瓶

最安価格(税込):¥54,800 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 7月21日

  • 炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック]の価格比較
  • 炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック]の店頭購入
  • 炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック]のスペック・仕様
  • 炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック]のレビュー
  • 炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック]のクチコミ
  • 炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック]の画像・動画
  • 炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック]のピックアップリスト
  • 炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック]のオークション

炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.67
(カテゴリ平均:4.24
レビュー投稿数:4人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.67 4.30 -位
使いやすさ ボタンの配置や、取っ手などの使いやすさ 4.67 4.24 -位
炊き上がり ふっくらしたお米が炊けるか 4.83 4.30 -位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 4.50 4.11 -位
手入れのしやすさ 掃除のしやすさ 4.67 4.11 -位
機能・メニュー 機能やメニューの豊富さ 4.00 4.21 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック]のレビューを書く

レビュー表示
表示対象
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

東風南光さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

炊飯器
1件
0件
エアコン・クーラー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
使いやすさ5
炊き上がり5
サイズ5
手入れのしやすさ5
機能・メニュー4

【デザイン】
360度デザインは良い。白色も良い。

【使いやすさ】
上蓋を閉じた時にカチッと音はせず、プシューと手動で圧力がかかった音がするのが少し気になったがすぐに慣れると思う。 蓋を開くボタンを押した時の蓋の開き方は、初代機種JPH-A100では口コミを見ると大きな問題があったようだが、この機種では全く問題なし(OK)。

【炊き上がり】
仕上げは、シャッキリ、標準、モッチリの3段階選べるが、どれを選択しても美味しい。

火加減(弱中強)の中か強で、仕様通りに「おこげ」がちゃんとできる。弱なら「おこげ」はできない。(OK)。
20年以上前の象印製のIH圧力炊飯器の「おこげ」では、その一部が薄い煎餅みたいにパリパリしてかなり美味しかった一方で、硬くて食べられない「おこげ」の箇所の方が多かった。一方、この製品の「おこげ」は全て食べることができるので良いが、その感触は厚さが1cm未満の柔らかいプラスチック(あるいはゴム)のような弾力が残るため、「おこげ」を初めて食べる高校生の息子には不評だった。
この「おこげ」の食感は評価(好み)が分かれると思う。「おこげ」はでは内釜に面しているご飯の6、7割にできるが、、息子には「おこげ」部分を給仕しないように気を付けて使用するか、無難に火加減「弱」で使用することになるかもしれない。

シャモジで炊き上がったご飯を軽く押しても、ご飯の粒が潰れ(餅状態になり)にくい(ご飯粒に弾力がある)(OK)。

【サイズ】
ちょうど良い(東芝RC-10VXF、一升炊圧力センサーIH炊飯器とほぼ同じ大きさで、高さがやや低い)

【手入れのしやすさ】
良好。玄米3合あるいは無洗米4合炊飯後には、
1)スチームキャップ内に水蒸気が冷えて生成された水分が目立って溜まっているので、炊飯前にそれを洗うのが良い。
2)内蓋とそのパッキンは汚れていないように見えるが、調圧ボール箇所は水流で洗うのが安心。
3)内鍋の内側面へのご飯の付着はほとんどなく、あっても簡単に落とせるので良い。(OK)。
4)内釜は東芝(前述)の内釜と比べて、やや重いが、割れないように用心して扱えば、問題ない。(OK)
5)炊き上がった直ぐに次の炊飯の為に、内蓋を外して洗歌目に外した時に、内蓋を装着する側のアルミに触れて火傷しそうになったが(それは他のメーカーも多分同じ)、2回目は気をつけるから大丈夫だろう。

【機能・メニュー】
メニュー操作時には白色バックライトが光るので可視性は良い。

メニューに無洗米が無いが、炊飯ボタンの2度押しで選択できる(取説を読んで分かった)のでOK。 

音声ガイドはあって良い。

炊き上がりを知らせる音は、初期設定ではCMメロディで印象的だが、他のメロディに変更できるので問題ない。
保温時の真空ポンプの動作音もない(その機能がないので当たり前だが)ので快適。
(東芝RC-10VXFは、早炊の時間がかなり短く、白米の48時間保温性能はすごく良いのだが、キッチンに面したダイニングでは保温時に時折、真空ポンプの動作音がして喧しくてそれがずっとストレスだった。)

炊飯時の残り時間や保温時間は分単位表示ですごく良い。(前述の東芝のは5分単位だったような)

JPH -A101の内釜の「プレミアム本土鍋」は、[四日市萬古焼]四度焼きで「炭化ケイ素」成分を配合して熱伝導性を高めた、表面6層コート仕上で、沸とう維持工程で(かなり? 最高温度はメーカーWebに記載が見当たらず)高温で細かい泡立ちを強め、メーカ保証は一般的な1年間。

一方、

後継機種のJPH-A102や2021年製のJPH-J100やJPL-G100は、「本土鍋」[四日市萬古焼](四度焼きとの記載はメーカーWebには見当たらず)で、「新フッ素コーティング」での表面5層(メーカーWebには6層と記載あるが、説明図を見る限り、私は5層だと思う)コート仕上げで、内なべ割れ保証は3年間(JPL-G100は5年間)。
この「新フッ素コーティング」はフッ素とプライマーを混在させた仕上げにより、沸とう維持工程で泡立ちを強め、最高温度250度(JPH-A102は265度)にして、お米の粘りと甘みをさらに引き出すらしい。

【総評】
購入して約2週間、毎日炊飯に使用した。炊飯時間が東芝(前述)のと比べるとやや長いが、炊き上がりの味は今のところ、家族4人にすごく好評である。

本品は大型家電品店にアウトレット商品として在庫となっていたらしいが、価格COMの価格推移で売り出し当初価格の3、4割の時に購入したのでお得感がある。 土鍋製の炊飯器は好評のようで、売り出し価格に近い価格に高騰することや、3割程度に下落することを繰り返すこともあるようなので、購入タイミングは要注意。

最新機種(2021年製)との比較では、

JPH-J100(2021年製)と比較して、(粘り加減選択、可変W圧力、少量旨火炊、圧力洗浄コースなどの付加機能を除いて)、基本機能や仕様や性能(炊き上がり)に大きな違いは無さそう。

さらに上位機種のJPL-G100(2021年製)と比較して、(銘柄炊き分け選択、炊き分け5段階、炊き込み5種類、おひつ保温、ハリつやポンプ、一合炊き専用内蓋、内鍋割れ保証5年間、お手入れ2点(スチームキャップ無し)を除いて)、基本機能や仕様や性能(炊き上がり)に大きな違いは無さそう。

なお、炊き上がりの観点で、三菱の最新の炭釜とのWeb上での機能や性能比較は後日追記予定。

炊飯量
4人分

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

最終消費者Aさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

炊飯器
2件
0件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
電子レンジ・オーブンレンジ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
使いやすさ3
炊き上がり4
サイズ3
手入れのしやすさ4
機能・メニュー3

店舗で土鍋の質感に魅かれ購入しましたが、水加減の目盛が見にくい。
お焦げがまずい。
もっちり、弱火で何とか食べれるレベル。
以前はパナ製の釜でしたが、そちらの方がおいしかった。
最近にない失敗でした。

4か月経過の再レビューです。
米どころの温泉宿(割りとハイクラス)に家族ででかけ、朝食の時気付いたこと。
お米がおいしくない!!そうか、うちの炊飯器はおいしく炊けてたー再認識しました。
また、竹の子ごはんを炊いたところ、
お焦げが好評で、孫たちが4回もおかわり。
大人が食べれない有様でした。
ここでまた、我が家の炊飯器を再評価しました。
最初、開発したかたに失礼なレビューをしてしまい反省しております。
土鍋ですが、厚みの割りには重たくないです。洗いやすいことも後から気付いたことです。

炊飯量
3人分

参考になった10人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

小役人さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

液晶テレビ・有機ELテレビ
0件
48件
エアコン・クーラー
0件
40件
冷蔵庫・冷凍庫
0件
19件
もっと見る
満足度4
デザイン5
使いやすさ5
炊き上がり5
サイズ4
手入れのしやすさ5
機能・メニュー4

【デザイン】
しっかりと体積を感じる四角デザインで安定感があります。お釜の周りの汁受け部が金属でつや消し加工が施してあるなど、価格以上の高級感もあります。

【使いやすさ】
音声ガイドがあって、機械操作に不慣れな方でも使いやすいでしょうし、音声・操作音とも消したり選んだりできて便利です。
表面的な操作の種類は限られており使いやすいですが、炊き上がりや「おこげ」の仕上がりはメニューの深部でマニュアル調整できるなど、操作性と機能性がうまくバランスされていると思います。

【炊き上がり】
炊き上がりを3段階選べるのですが、土鍋炊飯ですので、基本お米一粒一粒がしっかりと炊き上がる「しゃっきり」タイプです。お米本来の味を味わいたい人にはおすすめです。お弁当にもっていって冷えてもおいしいです。
一方で、他社お釜圧力式のコメの沸騰汁を繰り返しかけて、ツヤツヤモッチモチに炊き上がるコメに慣れた人には不満かもしれません

【サイズ】
結構大きいですが真四角で、他社のフルフェイスヘルメット型のものより奥行きが短いので我が家では使いやすいです


【手入れのしやすさ】
毎回洗うパーツが激増している圧力炊飯器の中にあっては洗浄点数が少なく、手入れしやすいのではないでしょうか

【機能・メニュー】
白米に関しては炊き上がりが3段階、おこげの仕上がりが3段階のシンプルさです
我が家では使うことはたぶんないですが、麦ごはんメニューが充実してます

【総評】
前述しましたように、土鍋で炊いた、おこげがあるようなしっかりとした炊き上がりが好きな人。一粒一粒をしゃっきりと味わいたい人にはおすすめです。私はこの経験したことがなかった土鍋ご飯が好きになりました。
逆にツヤツヤもっちり派には少し不満かもしれません。

しかし、この高級感ある仕上がりかつお釜は土鍋で実売4万円ほど。コスパは相当高いと思います。

炊飯量
4人分

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アゲベルさん

  • レビュー投稿数:55件
  • 累計支持数:359人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
5件
0件
扇風機・サーキュレーター
5件
0件
マウス
4件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
使いやすさ5
炊き上がり5
サイズ5
手入れのしやすさ4
機能・メニュー5

タイガー炊きたてのレビューになります。
象印にするかタイガーするか迷いましたがこれまで使っていた
タイガーに。
「プレミアム本土鍋」+「つや艶内ふた」 +「高温蒸らし」が
アピール点になっており、うま味が凝縮された本当においしいお米が
炊きあがります。
プレミアム本土鍋は重みがずっしりあって重いですが、これがおいしい
ご飯が炊ける源だとおもいます。
可変W圧力なので、ふっくらもちもちな炊きあがりになりますよ。
内蓋にも工夫が凝らされていて、水滴がつきにくい構造になっているので
蓋を開けたときに、水滴がご飯に落ちたりしません。また、保温時には内蓋表面に
水の膜をはるような感じになっていおり、ご飯をしっかり保温してくれます。
エコ炊きメニューや予約吸水タイマーなどオプション機能も充実しています

炊飯量
2人分

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック]
タイガー魔法瓶

炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック]

最安価格(税込):¥54,800発売日:2018年 7月21日 価格.comの安さの理由は?

炊きたて JPH-A101-KE [アーバンブラック]をお気に入り製品に追加する <80

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

  • 【おすすめリスト】グラボ
  • 【欲しいものリスト】自作PC
  • 【質問・アドバイス】a
  • 【欲しいものリスト】sosui2
  • 【欲しいものリスト】sosui1

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(炊飯器)

ご注意