VECLOS EPS-700 レビュー・評価

VECLOS EPS-700 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥44,280 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2018年 8月31日

店頭参考価格帯:¥44,280 〜 ¥44,280 (全国32店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:両耳 駆動方式:バランスド・アーマチュア型 再生周波数帯域:10Hz〜16kHz VECLOS EPS-700のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • VECLOS EPS-700の価格比較
  • VECLOS EPS-700の店頭購入
  • VECLOS EPS-700のスペック・仕様
  • VECLOS EPS-700のレビュー
  • VECLOS EPS-700のクチコミ
  • VECLOS EPS-700の画像・動画
  • VECLOS EPS-700のピックアップリスト
  • VECLOS EPS-700のオークション

VECLOS EPS-700サーモス

最安価格(税込):¥44,280 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 8月31日

  • VECLOS EPS-700の価格比較
  • VECLOS EPS-700の店頭購入
  • VECLOS EPS-700のスペック・仕様
  • VECLOS EPS-700のレビュー
  • VECLOS EPS-700のクチコミ
  • VECLOS EPS-700の画像・動画
  • VECLOS EPS-700のピックアップリスト
  • VECLOS EPS-700のオークション

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.28
レビュー投稿数:2人 (プロ:1人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
デザイン 5.00 4.16 -位 見た目のよさ、質感
高音の音質 5.00 4.15 -位 高音部の音質の良さ
低音の音質 5.00 4.14 -位 低音部の音質の良さ
フィット感 4.00 4.08 -位 装着したときのフィット感など
外音遮断性 5.00 3.80 -位 外の音を遮断するか
音漏れ防止 5.00 3.76 -位 音漏れを防止するか
携帯性 4.00 3.77 -位 コンパクトさ
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

VECLOS EPS-700

VECLOS EPS-700のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

質感のご参考に

付属のイヤーチップ

付属のポーチとプラグ部

メーカーからサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
Shanling M0と組み合わせ、主にハイレゾ音源で試聴しました。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
真空構造のため、薄板を成型しているので、金属製でも削り出しに比べると柔らかな雰囲気です。

【高音の音質】
本機に付属のケーブル(OFC 3N)はそのままに、EPT-700、EPS-500、と聞き比べしてみました。
まず本機の基本性能として、高域の解像度や伸びが高いにも関わらず刺さり感が皆無など、高級イヤホンとしての土台を備えています。音調は明るく軽やかな傾向で、空気感を重視する方に好まれると思います。
チタンモデルのEPT-700と比べるとさらにその傾向の違いは明らか。EPT-700はボーカルを含め中高域は落ち着いた印象ですが、本機は明るく元気な印象。どちらが良いかの判断は、聞く音楽のジャンルや好みで決まると思いますので、是非ご試聴を。
BAドライバー一基のEPS-500と比べると、明るく元気な音調は似ていますが、ボーカルの分離が良く、ニュアンス表現も豊かなど、価格差に見合う違いが体感できます。

【低音の音質】
BAドライバー一基のEPS-500に対し、本機は2Wayの2基構成です。聞く音楽によっても印象は異なりますが、例えばEDM系の低くパンチの効いたバスドラムは、本機が圧倒的に有利。量感こそ控えめですが、低く深く懐の深い、リッチな低音が楽しめます。

【フィット感】
金属製ですが、素材は薄いステンレスでサーモス独自の真空構造。削り出しの製品に比べて軽量で、装着感は上々です。
イヤーチップは、シリコン製が3サイズ、フォームタイプが3サイズ、合計6組付属していて、どなたにもフィットすると思います。

【外音遮断性】【音漏れ防止】
カナル型としては一般的な範疇です。
遮音性を高めたい場合は、フォームタイプのイヤーチップを選ぶと良いでしょう。

【携帯性】
小型軽量で携帯性は良好です。ソフトポーチが付属しています。

【総評】
VECROSイヤホンは、素材がチタンまたはステンレス、ドライバーが1基か2基かで、合計4モデルあります。
選び方ですが、しっとり落ち着いた雰囲気を好むならチタン、明るく元気な音調が好みならステンレスを選ぶと良いでしょう。優劣ではなく、好みで。
本機(2ドライバー)とEPS-500(1ドライバー)の違いですが、低域の再現性やボーカルのクリアさなど違いは少なくなく、予算が許せば本機を選ばれると良いと思います。価格差以上の満足度が得られると思います。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ウーロンタカさん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:116人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
5件
41件
デジタル一眼カメラ
2件
15件
イヤホン・ヘッドホン
6件
6件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4

同時発売のVECLOSのイヤホン4機種、ヘッドホン2機種をすべて試聴し、その場でEPS-700を即決購入しました。同時に発売されたイヤホンの中では、このEPS-700だけが別次元の音作りだと感じました。どうして他と同じような型番つけたのでしょうか・・・(笑)

総じて、「元気な音楽」と「豊かな高音」が好きな方にとてもおススメの、唯一無二のイヤホンです。

普通、ここまで高音を推すとすぐに音が刺さりだすので、サーモスさんはよく一発目からこんな挑戦的な音作りを完遂されたと思います。尊敬の念を込めて、レビューします。

【シリーズの他機種との比較】
EPT-700・・・音場が広く上質。クラッシック耐性高し。
EPS-700・・・高音推し元気番長。(★当機種)
EPT-500・・・モニター的だがヴォーカルに艶がありキレイな残響を発す。
EPS-500・・・残響感が少なくモニター的。いかにもステンレス筐体らしい音。

・・・「おいおい新入りの中に一人だけ金髪ロックスターいるじゃんかよ!」という感じの衝撃を受けました。

【EPS-700の売り】
一言でいえば、豊かで抜けの良い高音です。すべての曲を「やさしく紳士的」に変えてくれるのがWESTONEのW40ならば、このEPS-700はすべての曲を「元気はつらつ」に変えてくれる「魔法」を持っています。
散歩しながら聴くと思わずリズムを刻みたくなるようなノリノリの抜けの良さ。さらに、音量を上げてもヴォーカルのサ行やシンバルの音が刺さらず、懐が深い高音耐性です。

他のVECLOSイヤホンも価格に見合う素晴らしい音なのですが、あのメーカーのあれと比べて○○、これと比べて○○、コスパが・・・などと批評的に比べられる領域にいます。しかし、上記の特徴により、当機種はあまり細かく批評したくなる機種ではありません。
「ぶっちぎって楽しいから、まあいいじゃん!」って言いたくなります。

【他製品との比較】
・・・とはいえ、念のため手持ちの同価格帯の製品と比較しようと、同じく「高音が得意なBAイヤホン」であるfinalのF7200を持ち出し、同じ音源、同じDAP(ONKYO GRANBEAT)で比較させてもらいました。

結果ですが、やはり全然ベツモノの音作りでした。あの評判の高いF7200から見ても当機の元気の良さは圧倒的です。一方、解像感や繊細さはF7200の方があるので、女性ボーカルの艶っぽいの表現はF7200に分があります。どちらも唯一無二で、甲乙つけがたい。手持ちにF7200があったとしても、当機種の魅力は全く減衰せず、でした。

【VECLOSはどの機種も試聴がおすすめ】
当機があまりに個性派なので、当機を基準にすると、他のVECLOSのイヤホン3機種は同じような音かと思ってしまいますが、実際聴いてみると、他の3機種も単に「上位下位」というヒエラルキーにとどまらない個性があるので、VECLOSのイヤホンはすべて聴いてから買ってみることをお勧めします。現時点では、ブランド全体で音作りの方向を1つにまとめようとはしていないようです。

【当機種が好きだけど予算がない場合の代替案】
試聴してみて当機種が気に入った場合、おそらく最大の障害はお値段かと思います。何でもこなす優等生ならまだしも、個性派に4万円は出せない! だけど自分はロックな曲が好きなんだ! ・・・という方には、MarshallのMODE EQを推したいと思います。MODE EQは、解像感では及ばないまでも、低音のビート感で納得させてしまう「魔法」を持っています。一見、高音が得意な当機種とは逆方向を向いているように見えますが、魅せ方が違うだけでロック好きの魂は同根だと感じます。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった8人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

VECLOS EPS-700
サーモス

VECLOS EPS-700

最安価格(税込):¥44,280発売日:2018年 8月31日 価格.comの安さの理由は?

VECLOS EPS-700をお気に入り製品に追加する <7

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホン・イヤホン]

ヘッドホン・イヤホンの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意